【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

こんにちは。
A-前方、赤色点滅信号を進行。
B-前方、黄色点滅信号を進行。
Aが交差点を通過する際、BがA-の後輪部にぶつかりました。
さて、どちらが悪いでしょう。

A 回答 (3件)

点滅信号は、「信号機により交通整理されている交差点」に該当しないため、民事では信号機のない交差点と同等の扱いとなります。



道交法施行令第2条により、赤色点滅は「車両等は、停止位置において一時停止しなければならない」とされ、民事では一時停止規制標識と同等に評価します。

双方が交差点を同程度の速度で直進中であれば、過失割合はA80:B20が基本です。
Aが正しく一時停止した後、Bとの距離を見誤って交差点に進入して接触した場合は、A40:B60。
Bは一時停止はしなかったが、規制速度の半分以下まで減速し、Bが減速していない場合は、A30:B70.
Bが規制速度の半分程度まで減速したが、Aが減速しなかった場合は、A10:B90です。

なお、この場合、衝突した箇所が車の前の方か後の方かは、コンマ何秒の差ですから、原則として過失割合には影響しません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/08/04 08:34

・赤色点滅信号を進行  ⇒ 一時停止して安全確認し進行


・黄色点滅信号を進行  ⇒ 徐行し安全確認し進行

>BがA-の後輪部にぶつかりました。

事故が起きた以上、AかBかどちらかに(あるいは両方に)問題があった。

一時停止や徐行をしなかったのかもしれない。したとしても、安全確認が不十分
だったのかもしれない。

>さて、どちらが悪いでしょう。

これだけではどちらが悪いか判断できない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/08/04 08:34

Aは止まれと同じですね。


Bは注意。

Aは止まれでの確認ミス。
Bはもしスピード超過してたならスピード違反。

でも10:0にはならない。
双方動いていたら良くて9:1.
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/08/04 08:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q点滅信号のある交差点で事故を起こしました

点滅信号のある交差点で事故を起こしました。事故の顛末を書きますと私は赤の点滅信号でしたので、一時停止をし右折するために交差点に進入しました。事故の相手車両は黄色でしたがかなりの速度を出して交差点へ直進するために進入してきました。結果、私の車は相手車両の左後方にぶつかり、相手車両はハンドルが切れなくなり進行先左前方のガードレールに乗り上げました。確かに私は一時停止はしたものの普段から交通量の少ない道だったため油断があったと思っています。私は事故の処理を保険会社に任せるつもりなので相手方にそのことを伝えましたが、相手車両の助手席には運転手の母親が乗っており、自分たちは0対10なので自分たちの保険は一切使わないと主張してきていますが、相手方の言う通りに責任は0対10なのでしょうか?
私の拙い文章では分かり辛いと思いますので上記を箇条書き+追加情報を記します。
■私は点滅信号の赤を一時停止後に右折した
■その際普段から通る道なので油断はあった
■相手方は点滅信号の黄色を直進してきた
■その際相手方の速度は適正な速度ではなかった
■結果相手方はハンドルがとれなくなり、前方左のガードレールに乗り上げた
■私の車両は前方が凹み、衝撃によりパワステが利かなくなった(小破)
■相手車両は左後方からボコボコになり左後輪も外れ掛けて状態となった(中破~大破)
■私はぶつかった衝撃で鞭打ちとなった
■相手方運転手はこれといった症状はなし
■相手方助手席の運転手の母親が事故処理の途中より胸を打ったと訴え、事故処理後レッカーを呼んでいる最中に近くの病院に行ったところアバラの骨が折れていた
上記の記述で、恐らくでいいので責任の割合をお教え下さい。
また状況等、私の説明不足で分かりづらいところがありましたらご指摘下さい。

点滅信号のある交差点で事故を起こしました。事故の顛末を書きますと私は赤の点滅信号でしたので、一時停止をし右折するために交差点に進入しました。事故の相手車両は黄色でしたがかなりの速度を出して交差点へ直進するために進入してきました。結果、私の車は相手車両の左後方にぶつかり、相手車両はハンドルが切れなくなり進行先左前方のガードレールに乗り上げました。確かに私は一時停止はしたものの普段から交通量の少ない道だったため油断があったと思っています。私は事故の処理を保険会社に任せるつもり...続きを読む

Aベストアンサー

点滅信号の場合は、信号機により交通整理が行われていない交差点に
相当します。

あなたが右折で左方車、相手が直進で右方車ですので、「判例タイムズ16」の
【68】事例に相当し、過失の基本割合は、あなた60%、相手40%となって
おります。(この場合、左方車優先の原則がすでに加味されています。)
一方、あなたには赤色点灯によって一時停止が義務付けられていますので、
著しい過失があり、その修正割合は10~20%となります。
したがって、修正要素を加えると、あなた70~80%:相手20~30%となります。
それを交渉によって、どこまで基本割合に持っていけるかが問題でしょうね。

相手が適正な速度でなかったという根拠を示すことは至難のワザです。
相手車の損害の程度からしますと、交差点で相手車がお尻を振ったのなら
ともかく、普通に考えると、相手車は腹を見せた状態で、そこにぶつかって
いったあなたの車の速度が大きかったことを予想させます。
つまりあなたは右折であるにもかかわらず、事故後相手車の左車輪が外れかける
ほどのスピードで衝突していったことになります。

しかも、相手車の同乗者はケガを生じており、おそらく2週間以上の治療を
要することになりますので、人身事故としてあなたは起訴されることは
避けられないでしょう。罰金と免停処分があると思われます。

右折の場合の一時停止とは、単に停車することではなく、左右を含めて
安全であることを確認することを意味しているのですから、今回はあなたに
とっては厳しい結果となるでしょうが、ほどほどの過失割合で合意を図る
のが良いと思われます。
(ただし、100:0にはなりません。)

点滅信号の場合は、信号機により交通整理が行われていない交差点に
相当します。

あなたが右折で左方車、相手が直進で右方車ですので、「判例タイムズ16」の
【68】事例に相当し、過失の基本割合は、あなた60%、相手40%となって
おります。(この場合、左方車優先の原則がすでに加味されています。)
一方、あなたには赤色点灯によって一時停止が義務付けられていますので、
著しい過失があり、その修正割合は10~20%となります。
したがって、修正要素を加えると、あなた70~80%:相手20~30%となります。
...続きを読む

Q黄色の点滅信号と赤の点滅信号がある交差点の優先順位

黄色側が右左折で赤側が直進の場合でも黄色側が優先ですよね?
最近赤側でも先に通る直進車が多くて、これが正しいのか悩んでます。

Aベストアンサー

こんにちは

はじめに「点滅信号の交差点」についてですが、
道路交通法では、点滅信号の交差点は、進め、注意、止まれ等の表示による交通規制が行われていないため「交通整理の行われていない交差点」と解されます。
参考判例
『一方の道路に黄色の灯火による点滅信号が作動し、他方の道路に赤色の灯火による点滅信号が作動している交差点は、交通整理の行われていない交差点にあたる。』
(昭和44年5月22日最高裁)

そして点滅信号の意味は道路交通法施行令第2条第1項に以下のように規定されています。

『黄色の灯火の点滅』
「歩行者及び車両等は、他の交通に注意して進行することができること。」

『赤色の灯火の点滅』
「車両等は、停止位置において一時停止しなければならないこと。」

「黄色の灯火の点滅」についての参考判例があります。
『黄色点滅信号の意味するところは、点滅のない黄色の灯火による信号の場合と異なり、自動車運転者は必ず徐行、停止しなければならないというものでなく、四囲の交通の状況に気を配り、人車と接触のおそれがないときは、そのままの速度で直進することを妨げないが具体的状況の推移に照応し適宜の措置に出るため、他の交通に十分意を配り、交差点内で他の車両等との接触、衝突等事故発生のおそれがある場合には、交差点内において徐行するなどして極力これを回避するよう十分注意しなければならないとするにある。
(昭和43年4月9日東京高裁)

道路交通法第43条(指定場所における一時停止)には
『車両等は、交通整理が行なわれていない交差点又はその手前の直近において、道路標識等により一時停止すべきことが指定されているときは、道路標識等による停止線の直前(道路標識等による停止線が設けられていない場合にあっては、交差点の直前)で一時停止しなければならない。この場合において、当該車両等は、第36条第2項の規定に該当する場合のほか、交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。』と規定されています。

「赤色の灯火の点滅」も一時停止すべきことが指定されているときと同様に解され、同条の『交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。』と考えられます。

結論は
「黄色の灯火の点滅」は他の交通に十分注意をして進行し、場合によっては減速、徐行、一時停止等をして事故を起こさないようにする。
「赤色の灯火の点滅」は必ず停止位置で一時停止をし、交差道路(黄色の灯火の点滅)を通行する車両等の進行妨害をしないようにする。

こんにちは

はじめに「点滅信号の交差点」についてですが、
道路交通法では、点滅信号の交差点は、進め、注意、止まれ等の表示による交通規制が行われていないため「交通整理の行われていない交差点」と解されます。
参考判例
『一方の道路に黄色の灯火による点滅信号が作動し、他方の道路に赤色の灯火による点滅信号が作動している交差点は、交通整理の行われていない交差点にあたる。』
(昭和44年5月22日最高裁)

そして点滅信号の意味は道路交通法施行令第2条第1項に以下のように規定されています。...続きを読む

Q点滅信号の交差点、車対車 直進同士の事故、過失割合と点数

初めて投稿させていただきます。長文失礼します。

先月下旬、住宅街の点滅信号のある見通しの悪い交差点で事故を起こしました。
ほぼ同幅の道路です。
私はミニバンで黄色点滅を直進、相手は会社の軽自動車で右方より赤点滅を直進、出会い頭の事故です。
私は交差点手前で減速、左右確認したものの不十分で相手車両に気付かず交差点内進入。相手は減速せず進入。
相手の右斜め前とこちらの前輪~運転席側ドアに衝突。タイヤはハの字に曲がり、ドアも変形。後部ドア~リアまで傷が入り、左側には130㎝位のポールがあり、それに左のサイドミラーとリア部分が接触しながら押し出される様な形で交差点外に停止、相手は交差点中央に引かれている十字線の辺りで対向車線にはみ出る形で斜めに止まっていました。
相手の軽自動車は運転席も助手席もエアバッグが出ていてシフトレバーが動かない状態。
相手もこちらも救急車で搬送。

後日こちらが診断書(頚椎捻挫その他諸々、5日間の加療見込み)を提出した後、相手も診断書(両関節、14日間の加療見込み)を提出したので実況見分があり、その際に警察から相手はブレーキ痕もあるし、スピードも結構出ていたっぽいと聞きました。
こちらの交差点手前には横断歩道のみ、相手は標識はないものの横断歩道前に停止線と止まれが書いてありました。
私は交差点手前で減速、10~15㎞位で走行し左右確認したが右方の安全確認を怠った、相手に怪我をさせたのは間違いありません。という調書に署名捺印。もしかしたら相手は交差点進入前に減速していたと証言してるかも知れないですが。

保険会社からは2:8スタートと聞いてます。
この場合、過失はどの程度まで少なく出来るでしょうか?
また、点数は何点くらい加点されるものなのかも知りたいです。

主人と子供が同乗しており、事故直後に主人が相手に向かって「赤やろ止まれや」と言った際「すみません」と謝ってきました。
検査を一通り終え、入院して様子を見るか聞かれたのですが、子供がいるので入院せず事故現場へ戻りレッカーの手配等していました。
少ししてから相手の会社の社長さんが来られ、謝罪と何かあれば連絡をと名刺を貰い、こちらの名前と番号を教えましたが私から連絡する事もなく勿論相手からもなく、今日に至ります。
両者動いているので過失があるのはしようがない事ですが、相手が誠意をみせ謝罪に来てくれれば現段階(確定していませんが)の過失割合で済ませようと思っていました。(今は謝罪等あまり保険会社からさせない様になっているんでしょうか?)
お互い歩行者や自転車、バイクでなかったのは幸いと思っています。もっとひどい事故になっていたかも知れません。反省すべきなのも重々承知しています。
でもやはり身体は痛く、家でほぼ寝たきりです。一番下の子は保育園へ行かせる事が出来ますが、上の子達は小学生で宿題の丸つけやご飯だっていります。旅行もキャンセルで海も花火も約束していたけど無理そうです。
保険会社や相手には、私達家族の生活なんてどうでもいいことだと分かっていますが、心身ともに辛いです。

後半がほぼ愚痴になってしまいすみません。
よろしくお願いいたします。

初めて投稿させていただきます。長文失礼します。

先月下旬、住宅街の点滅信号のある見通しの悪い交差点で事故を起こしました。
ほぼ同幅の道路です。
私はミニバンで黄色点滅を直進、相手は会社の軽自動車で右方より赤点滅を直進、出会い頭の事故です。
私は交差点手前で減速、左右確認したものの不十分で相手車両に気付かず交差点内進入。相手は減速せず進入。
相手の右斜め前とこちらの前輪~運転席側ドアに衝突。タイヤはハの字に曲がり、ドアも変形。後部ドア~リアまで傷が入り、左側には130㎝位のポ...続きを読む

Aベストアンサー

点滅信号では、黄色は「徐行」で赤は一旦停止が義務付けられています。
単なる交差点とは違い、信号表示となりますので過失割合は9:1程度になるかと思います。
交通事故の点数ですが、相談者側には2点の安全運転義務違反がくるかもしれませんが、警察の調書次第では違反点数が来ない場合も多々あります。
事故の状態からすれば、相談者側に回避することが出来たかで決まります。
相手の赤点滅無視、速度超過が主な原因となりますので人身事故の違反点数は相談者側には来ないと思います。
相手は、免停確実な違反点数が加算されます。

>相手は標識はないものの横断歩道前に停止線と止まれが書いてありました。
道路上に、上記の記載があると標識と同じです。
今回の場合、点滅信号の補助扱いになります。

Q交通ルール、黄色点滅VS赤色点滅

先日、こちら側の進行方向が赤点滅、向こう側が黄色点滅の信号機が設置されている見通しの悪い交差点での出来事なんですが、当然私の方が赤色点滅の為、一時停止をして、進路を譲り一台の車が目の前を通過していきました。その車も私の車を確認した為、徐行して(ほぼ一時停止状態)通過した次第です。(そこはほぼそんな状態で皆通過します)
そしてその車の通過後、まだ車が来ていましたが、距離がある為(私の判断ですが)私が発進しました。ところがその車はスピードを落とさず一気に交差点に入ってきてあわや【接触】の状態です。
向こうは黄色点滅だから優先だと主張して来ましたが、私の方は向こうも徐行路線だし、距離もあったので発進しました。私が発車する事はかなり早く確認出来たはずです。しかも交差点に入ってる状態です。
しかし徐行する事もなく黄色優先と云う事で(自分が止まるのが面倒くさい?)突っ込んできました。
まぁ、黄色点滅対赤点滅の意味や主張は分かりますが、見通しの悪い所です。しかも私の方がはるかに早く交差点に入っていました。でもやっぱり私が悪いのでしょうか?もしそれで事故が起きれば私の責任大なんでしょうか?

先日、こちら側の進行方向が赤点滅、向こう側が黄色点滅の信号機が設置されている見通しの悪い交差点での出来事なんですが、当然私の方が赤色点滅の為、一時停止をして、進路を譲り一台の車が目の前を通過していきました。その車も私の車を確認した為、徐行して(ほぼ一時停止状態)通過した次第です。(そこはほぼそんな状態で皆通過します)
そしてその車の通過後、まだ車が来ていましたが、距離がある為(私の判断ですが)私が発進しました。ところがその車はスピードを落とさず一気に交差点に入ってきてあわ...続きを読む

Aベストアンサー

 私もchosyuさんの心情と同じですが、法律上はどちらが早く交差点に入ったかではなく、赤色点滅と比べた場合は黄色点滅が優先となり、優先道路の通行を妨げてはいけない事になっています。

 万が一事故が起こった場合(例えchosyuさんが通過し終わる時の後部横に相手が横からぶつかったとしても)はchosyuさんが不利になってしまいます。
その場合も一方的に悪いという事はなく、比率にしたら7:3とか6:4位だと思います。(相手に大幅なスピード違反などが明かに認められた場合は割合が変わります)

 ただ、法律上よりも相手がそのような神経で、嫌がらせのようにしているのは見識を疑いますよね。どっちが優先というよりも事故なく運転したいものですからね。

Q赤黄色点滅信号交差点内の事故、過失割合

今朝、私が自家用車でバス通りを走行中、黄色の点滅信号の四つ角に進入した時、左側赤点滅の道路から進入してきた自家用車に左側面を衝突されました。
幸い、お互いに怪我はなく、私の車は、助手席側の扉の交換程度で済みそうです。

この場合の過失割合はどのようになるでしょうか。

相手は、立会いの警察官に「一時ストップして、左右を確認したのですが」と、言っていました。

この交差点は、同じような事故(衝突するのは必ず赤信号側です)が多発しているためかどうか、警察官は、双方の言い分を聞くのでもなく、15分くらいで引き揚げていきました。

Aベストアンサー

こんばんは。

今年のお正月明け、私も質問者様と全く同じ状況で
左側面に衝突されました。
私の事故の過失割合ですが、保険会社同士でまだ
はっきりとは割合が出ていないそうです。
こちらの保険会社曰く、1:9もしくは最悪8:2だそうです。

警察の方が、『黄色と赤の点滅でもお互い動いていた
場合でも当然赤点滅の方が割合は大きいですよ。』と仰っていました。

Q黄色点滅に徐行義務はあるか

先日、黄色点滅信号の交差点を通過中、赤色点滅信号で一旦停止しなかった車と、出会い頭に衝突事故を起こしてしまいました。
教習所では、黄色点滅信号は注意して進まないといけないが、徐行や一旦停止停止義務はない、と習ったのでそのように走っていました。
幸い人身扱いにはならなかったのですが、過失割合を調べようと保険関係のサイトを調べてみたところ、徐行義務を怠った黄色点滅側の車両は、過失が増えるとありました。
教習所で徐行義務はないと教えているのに、実際事故になったら、黄色点滅の車が徐行の有無が過失割合に関わってくるのは、おかしいと思うのです。
徐行義務はあるのか、ないのか、詳しい方どうか教えてください。

Aベストアンサー

確かに
「黄色の点滅信号は徐行して進まなければならない」
という○×問題が出れば、答えは×ですね。
徐行義務はありません。
よく「徐行して進むことが出来る」などという表現が使われますね。

義務ではありませんが、
信号がある→交通量が少なくは無いor見通しが悪い…etc→少し注意してみるか

というなるべく事故を回避する判断をした人の過失がしない人よりも少ないのは当たり前です。

Q点滅信号での交通事故の過失割合

先日、子供(小学校6年生)が交通事故にあいました。この場合の過失割合について教えてください。
状況は、子供が赤の点滅信号に一時停止せずに進入たところに右から軽自動車が来て横断歩道上で接触、子供は6~7mくらい跳ね飛ばされました。軽自動車の方は黄色の点滅、スピードは現場検証された警察の方の話では推定30km/hだそうです。
時刻は5時前で4月末ですのでかなり明るい状態でした。
幸い医師の診断では脳や内臓は無事で全身打撲・擦り傷・捻挫程度でしたが、一晩大学病院の救命救急センターに入院しました。
子供の右ひざ外側が相手車両の前バンパー左角に、腰がフェンダー左前部、頭がフロントガラスのほぼ中央にぶつかってバンパーとフェンダーが少しへこみガラスは面積の約2/3がくもの巣状にひび割れました。自転車もかなり壊れました。
これから相手方の保険やさんと話し合いになりますが相手はプロ、こちらは素人です。一般的にこれくらいの状況の場合の過失割合について教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お見舞い申し上げます。

十字路での事故で、自転車側に一時停止の規制がある場合、4(自転車):6(自動車)。これに左側通行か右側通行か?児童・高齢者・横断歩道通行といった点が修正要素として加減されます。

黄色点滅、あるいは赤点滅信号の交差点は信号機などで規制されていない交差点として扱われ、赤点滅信号側は一時停止の規制有りと考えます。

事故の原因としては80~90%は自転車側の責任です。自転車も車輌ですので法規に従う義務があります。相手が自動車だったので弱者救済の考えから上記の過失割合が適用されると思います。あくまでも一例ですので、細かい修正要素は状況が明確に把握できませんのではっきり断言できませんが・・・

Q車をぶつけられ、100-0の事故なのに、保険金で全額修理代を出さないと

車をぶつけられ、100-0の事故なのに、保険金で全額修理代を出さないといわれました。
 一週間前くらいに事故られ、100ー0であちらが全てもつ状態になりました。
 首に痛みを感じ、めまい吐き気もあり病院にも通院している状態です。車の修理代は全て向こうの保険会社が負担すると言ったのに関らず、つい先日修理をお願いした車屋から、修理代全てを保険会社が出さない、一部しか出ないと言われました(総額で30万であるのに、15万しか出さないといわれた)残りの金額は自己負担になるといわれて、私はあまりの悔しさに涙がでそうになりました。なぜ、事故を起こされ体を具合悪くしてあげく金を払わされる羽目にならなければならないのですか!!
 私は一銭も払うつもりはありません。皆さんが同じ境遇であれば同じように思うとおもうのです。それで、保険屋と徹底抗戦を考えているのですが、なにかアドバイス、法律的なことやこういえば保険屋をギャフンといわせれるなどいった事を教えて欲しいのです><

Aベストアンサー

>総額で30万であるのに、15万しか出さないといわれた…

失礼ですが、何年ほど乗った車ですか。
相手方 100% 責任の事故でも、補償額は事故に遭う前の時価が限度です。
時価を上回る修理額までは出さないのが普通です。

>保険屋をギャフンといわせれるなどいった…

入るときはえびす顔、出るときはえんま顔。
これが保険屋というものですから、ギャフンと言うことはないでしょう。

>事故を起こされ体を具合悪くしてあげく金を払わされる羽目にならなければならないのですか…

ですから、保険会社が払わない分は加害者本人に請求すればよいのです。
もちろん修理費用だけでなく、治療費や休業補償も含めてね。
あくまでも事故を起こした責任は保険会社でなく加害者本人なのですから。

Q人身事故を起こしましたが、罰金の通知が来ません・・・。どうしてでしょうか?

今年1月19日に物損事故を起こしてしまったのですが、後になって相手方が痛いと仰られたので、
2月8日に人身事故に切り替えでの現場検証と、警察に行って状況の説明をしました。
その時に警察の方に、「裁判所からの出頭命令が必ず来るから行くように」と言われました。
しかし、ずっと待っているのですがなかなか通知が来ません。
もう警察に行ってから2ヶ月と2週間程度になります。

相手方は全快し、車も双方共に直りました。
免許の点数も、6点の減点で違反者講習を受けてきました。
(2点が安全運転義務違反、4点は人身事故による付加点数です。私の過失は軽い、との事でした。)
後は、罰金だけだと思うのですが、一向に来ないのです。

周りの人に聞けば「罰金は来ない事もある」だとか「忘れた頃に来るよ」なんて意見ばかりで、スッキリしない気分です。
この手の話にお詳しい方や、同じような経験をされた方、アドバイス頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

幸い軽症の事故のようですし、不起訴処分になったのではないでしょうか?
既に違反者講習と点数の減点の通知が来ているのであればおそらく請求は来ないと思いますよ。罰金→減点の順で通知が来るはずです。
検察が不起訴処分を出した後に公安から減点処分が下ると思いますので。
安心したいのであれば、事故を担当した警察署の担当の方に電話して聞いてみればいいかと思います。回答していただけるはずです。

Q交通事故での医療費請求と過失割合について

過失割合が3(被害者):7(加害者)の場合、医療費は全額、加害者の任意保険に請求できるのでしょうか?
過失の割合が関与するのは車の修理代のみでしょうか?

Aベストアンサー

できません。

120万円までの治療費(慰謝料や休業損害含む)は、加害者の車両の自賠責保険に請求できます。
それ以上の治療費(慰謝料や休業損害含む)は、加害者の任意保険に請求しますが、過失相殺されます。
もっとも、相手が任意保険に加入しているのであれば、自賠責保険への加害者請求も相手保険会社がやってくれますので、別々に請求する必要はありません。

ちなみに、120万円を超えた額が過失相殺されるのではなく、治療費全額が過失相殺の対象となります。
たとえば、200万円が治療費であれば、

200万 x 0.7(過失相殺) = 140万円

なので、支払いは自賠責から120万円、任意保険から20万円となります。たまに、200万円から120万円を引いた80万円に、0.7を掛けた56万円をもらえると勘違いしている人がいます。
したがって、治療費は120万円に納まるようにするのが得策です。それを超える場合、健康保険を使用すると若干治療費を圧縮できます。


人気Q&Aランキング