ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

天皇がそのままに元号が変わる

孝明天皇の時代は災害などが起こると元号を変えていましたよね。
このように天皇がそのままに元号が変わるのは歴史上ではよくあることなのでしょうか。
また、今年は大きな災害がありましたが、平成から元号が変わることはありえますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


私は、自称「歴史作家」です。

>>今年は大きな災害がありましたが、平成から元号が変わることはありえますか。


明治維新とともに「一世一元の制」が提唱され、慶応4年(1868)を「明治元年」と改元した。その後、昭和54年(1979)6月6日に「一世一元の詔(みことのり)」が成立し、同月12日公布、同日より施行されました。いわゆる、「法律」として発布されたので、現代では今上天皇の在位中は元号は変えることはできません。


(よもやま話)
和暦の変遷ですが、
(1)帝王(天皇)の交代による・・・代始改元。
(2)吉事を理由にする・・・・・・・祥瑞(しょうずい)改元。
(3)凶事に際してその影響を断ち切るための・・災異改元。
(4)三革を区切りと見なして行われる・・・革年改元。
大別して以上の4つが主なものです。

もう少し詳しく説明すると、
(1)代始改元は、分かりやすいですよね。
天皇が代わったのを契機として元号を変える。
嵯峨天皇の即位「弘仁(810)」、清和天皇「貞観(859)」、令泉天皇「安和(968)」、後三条天皇「延久(1069)」、後白河天皇「保元(1156)」、二条天皇「平治(1159)」などがあります。なお、先の天皇が崩御されたた時などは、その年は「喪に服す」考え方で翌年から「新元号」としたり、隠居をし上皇などとなった時は、先の天皇(上皇)に敬意を表して、やはり、翌年から「新元号」とした場合もあります。

(2)祥瑞改元
大化6年(650)2月に穴門国(あなとのくに=長門国=現:山口県)から白い雉(きじ)が献上されたことを「吉事」として、「白雉(はくち)元年に改元しました。そして、白雉5年(654)まで数えられましたが、その後80年間は、元号の無い時代が続きました。天武天皇15年(686)7月20日に大倭国(やまとのくに=大和国=現:奈良県)から、今度は赤い雉が献上されたため、朱鳥(しゅちょう、すちょう、あかみとり)元年として「元号」が復活しました。しかし、これは「伝説」であって、実際は、天武天皇の病気平癒のための祈願を込めたものだ、とも言われています。事実、天武天皇がその年に崩御されると、朱鳥元年のみで、再び、15年間元号は断絶しました。文武天皇5年(701)に対馬(対馬ではないとの説もある)で産出された「金」が貢進されたため大宝元年が復活しました。

(3)災異改元
京都での地震発生や平将門の乱が起きたため、「承慶」から「天慶元年(938)」に変更。彗星(この星は災いを招くと考えられていた)が多く見られたので「永延」から「永祚元年(989)」・・・陰陽師の「安倍晴明」が活躍していた。平治の乱勃発で「平治」から「永暦元年(1160)」。全国的な飢饉が発生「寛喜」から「貞永(1232)」、関東での大地震発生と全国的な旱魃(かんばつ)で「正応」から「永仁(1293)」。江戸で大火発生「明暦」から「万治(1658)」。江戸で大火と全国的に大風(台風)による水害多発「明和9年(迷惑年)」と呼ばれ「安永(1772)」に。ペリーの来航で「「天明」から「安政(1789)」などがあります。

(4)三革とは
「辛酉(かのととり)革命」・・・昔は、干支(えと)の年号もあり、「甲子(きのえね)」から始まり、60番目の「癸亥(みずのとい)」までを繰り返す第58番目の年の呼び方。
「甲子(きのえね、こうし、かっし)革令」・・・干支の第1番目の年。
「戊辰(ぼしん)革運」・・・干支の第5番目の年。
いずれも、これらの年には、大きな「革命」や「大事件」が起きる、と陰陽道からの考えで、改元をして「運」を呼び戻そうとした考え方。

(5)昔は天皇が在位している間もコロコロ変わった・・・。
長い間「朝廷主導」で、まずは「朝廷関係」を取り巻く出来事があった時のみに「改元」がされ、やがて、朝廷も広く「民」の出来事にも目を向けるようになり、自然災害などでは、「開運」を願って「改元」しました。そして、江戸時代になると、朝廷も「朝廷」や「民」だけではなく「江戸幕府」の動きにも目を配るようになり、江戸で「大事件」や「天災」「火災」、あるいは、「人の生死」などが起きたりした時も「改元」して、「運気」を回復しようとしました。
ですから、日本の「元号」では、初期の頃は、「ゆったりとした」流れですが、やがて、「コロコロ」と替わるようになっていきました。

(7)元号の出展。
書経、易経、後漢書、文選、漢書、晋書、旧唐書、詩経、史記、芸文類聚・・・などが「ベスト10」。

(8)日本が中国を真似た「元号」。
大宝、神亀、天平、大同、仁寿、天安、貞観、承平、天禄、貞元、天福、乾元、元徳、建武、正平、天授、永和、至徳、文明、弘治、天正、元和、正徳、宝暦、天保・・・以上、26例。

(9)日本から中国へ渡った「元号」。
天慶、天暦、天徳、永暦、承安、嘉慶・・・以上、6例。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

長文のご回答ありがとうございました。
元号について少し詳しくなれそうです。

お礼日時:2011/07/23 15:21

「明治」に改元された時に、「一世一元の詔」が発布され、明治以降は新天皇即位時に改元する制度に変更されました。



第二次世界大戦後に、日本国憲法の制定に伴う皇室典範の改正があり、上記の元号の法的根拠は消滅しました。
しかし、慣例的に「昭和」の元号は使用され続けたのです。

その後、昭和天皇の高齢化を配慮して、1979年に「元号法」が制定されました。
この「元号法」により、「元号」は「皇位の継承があった場合にのみ改めること」(一世一元の制)と定められています。

従って、「慶応」以前のように、天変地異などの理由で、改元されることは、現在ではあり得ません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そのような経緯があったのですね。
参考になりました。

お礼日時:2011/07/23 15:20

歴史的に言えば


「元号を変える = 世界を変える」
なので, いいことがあったり悪いことがあったり何かがありそうだったりすると元号が変わります.
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね、様々な原因で元号が変わっているようです。

お礼日時:2011/07/23 15:19

よくあることです。



現在は、「皇位の継承」以外では変わりません。
元号法を参照ください(検索サイト等で検索できます)。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

現在では法律で定められているのですね。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/07/23 15:19

法律などの詳しいことは分かりませんが、


昔は元号といったって実際にそれを利用し、知っていた人は政治に関わりのある一握りの
人だけだったのではないでしょうか。だから元号を変えるのも簡単だったのだと思います。
今は知らない人がいないぐらい元号が普及(?)していますのでやたらに変えるとかえって
混乱の元になるのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
昔は元号が変えやすい理由があったのかもしれませんね。

お礼日時:2011/07/23 15:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天皇が即位するたびにつくられる元号。日の浅い伝統?

「天皇が変わる度に変わる元号」
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7304824.html

勘違いは、
>『新天皇の即位ごとに元号を変えるというのは大正天皇からのことです。古い伝統でも何でもありません。それまでは元号というのは天皇の在任中に何度も変更される事が普通でした。』
『そんなに歴史のある習慣ではなかったのですね』
の方ではありませんか?歴史は物凄くありますよね?

即位の時だけ改元するようになったのが近代であり、即位で改元するのは大昔からですよね。
即位で改元する伝統に、大正以降の歴史しかないような話になっていませんかね。

そこで疑問なのですが教えて下さい。

たとえば慶応4年と明治元年は同じ西暦年ですがどのように使い分けるのでしょうか。

立年改元とした元号は明治だけでしょうか。

その意味は維新による新政府だったからその元年に特別な完成度を遡って与えたのでしょうか。

冊封体制の朝鮮では毎年、シナの帝国と同じ元号を使っていたのでしょうか。あればそれは何年間ぐらいでしょうか。意外に朝鮮が冊封体制下に置かれていた事に関して情報が見つけられません。ぜひ教えて下さい。

日本でそういう冊封体制の事例がありましたでしょうか。

「天皇が変わる度に変わる元号」
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7304824.html

勘違いは、
>『新天皇の即位ごとに元号を変えるというのは大正天皇からのことです。古い伝統でも何でもありません。それまでは元号というのは天皇の在任中に何度も変更される事が普通でした。』
『そんなに歴史のある習慣ではなかったのですね』
の方ではありませんか?歴史は物凄くありますよね?

即位の時だけ改元するようになったのが近代であり、即位で改元するのは大昔からですよね。
即位で改元する伝統に、大正以降の歴史しか...続きを読む

Aベストアンサー

 朝鮮はずっと基本的に宗主国である中国の元号を使いました。独自の元号を使った期間は大変短いです。

 有名な朝鮮の正史『三国史記』の新羅本記に、
 新羅国が独自の元号を使っていることを中国(唐)が「生意気だ」と怒り、新羅が「ハッ、ハッ。ただちに改め、大唐皇帝陛下の元号を使わせて戴きます。」「新羅の官吏たちの服装も大唐風に改めさせて戴きます。」「また、大唐皇帝陛下への忠心を表すため、長安の守備警護の役に我々新羅の者を就かせていただくことは出来ないでしょうか?大唐皇帝陛下の御身をお守りするという仕事をやらせていただくことで、是非ともわが新羅を信用していただきとう存じます。」と新羅が言った。
 という内容の記述があります。『三国史記』現代日本語訳、平凡社東洋文庫を御参照ください。
 その通り、650年頃から後は新羅は勝手な元号をやめ中国の元号を使い、官職・貴族の服装も唐風の最新トレンディーな服装にし、貴族の若手男子らが唐のみやこ長安の守備につきました。その中には王位継承者クラスの人間もいました。

 後高句麗という時代に20年弱くらいの間、独自元号を名乗りましたがこれは、1人の人間が2~4年置きくらいにコロコロ変えて発表したもので、朝鮮史の中ではこの人(クンエ)は悪者扱いなので大して重きを置いてお考えになることはありません。

 李氏朝鮮では1894~95年の日清戦争により中国が朝鮮から兵を引き揚げ中国の勢力が朝鮮半島から一掃され朝鮮が独立したため、1986年に高宗という王が初めて元号を作って公布し使い始めました(建陽)。でも高宗は1・2年してすぐに別の元号に変えました(光武)。

 朝鮮半島では上記の通り、基本的に中国の元号を使いましたがやはり時間感覚がピンと来なかったんでしょう。自分たちの王様が王に就いてから○年、という言い方・記述をよくします。
 例えば李氏朝鮮が編纂した正史である『朝鮮王朝実録』の記述を見てみると。
 
・ ハングル文字を考案したことで有名な世宗王の時代のことを記した『朝鮮王朝実録』の中の『世宗実録』という部分の、一番最初の「総序」には世宗が生まれた年の記述として、
 「世宗・・・・太祖六年・・・・・大明太祖高皇帝洪武三十年也」
 とあります。
 「世宗は・・・太祖六年(李氏朝鮮を建てた太祖(李成桂のこと)が王になってから6年の年)・・・・・大明(明国への敬称、グレート明)をお建てになった太祖皇帝(朱元しょうのこと)の洪武(明の元号)三十年なり。」
 です。 明の元号と、朝鮮王が即位してからの年数の両方が書いてあります。

・ また韓流時代劇ドラマ『イ・サン』の主人公イ・サン(正祖)の息子で、イ・サン(正祖)の次に王に就いた純祖という王様のことが書いてある『朝鮮王朝実録』の『純祖実録』の一番最初のところには、純祖が生まれた年の記述として。
 「正宗大王二十四年 清嘉慶五年」
 とあります。
 「正宗(正祖に与えられた元々の名)大王二十四年 清国の嘉慶(清の元号)5年」
 のことです。 やはり前王の在位の年と、中国の元号が両方書いてあります。

 この、朝鮮の王の在位の年で表すのは別に元号ではありません。

 朝鮮はずっと基本的に宗主国である中国の元号を使いました。独自の元号を使った期間は大変短いです。

 有名な朝鮮の正史『三国史記』の新羅本記に、
 新羅国が独自の元号を使っていることを中国(唐)が「生意気だ」と怒り、新羅が「ハッ、ハッ。ただちに改め、大唐皇帝陛下の元号を使わせて戴きます。」「新羅の官吏たちの服装も大唐風に改めさせて戴きます。」「また、大唐皇帝陛下への忠心を表すため、長安の守備警護の役に我々新羅の者を就かせていただくことは出来ないでしょうか?大唐皇帝陛下の御身を...続きを読む

Q天皇が変わる度に変わる元号

昭和天皇が崩御された時昭和と言う元号を継続しようと言う意見があったと記憶していましたが結局平成となりました。
そして今、天皇の健康不安が報道されています。
不敬を覚悟で言わせてもらえればもし現天皇が崩御された時又新しい元号になる可能性があります。
天皇が新しく即位する度に元号が変わると洋歴(グレゴリオ歴)が主流になってしまい和暦が衰退していくのではないかと危惧するのです。
実際最近のカレンダーは洋歴のみのものが多いです。
いっその事開国した元号である明治にしたらどうだろうかと思うのですが皆さんはどう思われますか?

Aベストアンサー

 回答者の方にも勘違いされている方が多いようですので一言。

 新天皇の即位ごとに元号を変えるというのは大正天皇からのことです。古い伝統でも何でもありません。それまでは元号というのは天皇の在任中に何度も変更される事が普通でした。

 法的には昭和の頃に、一天皇、一元号になったと記憶しています。

 暦は国によって色々あるんですよね。2555年、これはタイの暦です。そう仏暦です。西暦と併記してあります。イスラムでは当然イスラム暦を使います。1***年くらいです。

 日本では大正から慣習となったと書きましたが、まあ定着していますね。天皇制がいつまで続くかわかりませんが、とりあえず法制化されていますので、新天皇即位=改元でいいでしょう。ちなみに私は、今平成何年かとっさには答えられませんでした。西暦オンリーですね。


人気Q&Aランキング