次の問題が分かりません。答えが合わないんですよ。

次の図形をx軸の周りに回転してできる回転体の体積を求めよ。

円 x^2+(y-b)^2=a^2 (0<a<b)

答えは2*π^2*a^2*bになるんですけど…。

A 回答 (3件)

リクエストにお答えして補足します。



大雑把な書き方でしたが(正のy)というのは b+√(a^2-x^2)、
(負のy)というのは b-√(a^2-x^2)のことと思ってください。
ちなみに√(a^2-x^2)は(a^2-x^2)の平方根のことです。
(コンピュータ関係ではsqrt(a^2-x^2)と書く方が一般的ですね)

ryumuさんの言われるように、この物体はドーナツ状ですよね?
これをx軸(回転軸です)に垂直な平面でスライスした断面形状を考えると、
外側の輪郭は半径が(正のy)の円、内側の輪郭は半径が(負のy)の円になります。
外側の円の面積から内側の円の面積を引いて
π(b+√(a^2-x^2))^2-π(b-√(a^2-x^2))^2
で断面積を出すわけです。展開してみてください。

私の方で何か勘違いしてる可能性もありますが、多分大丈夫でしょう。
ご確認下さい、それでは頑張って!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。ようやく分かりました。

お礼日時:2001/04/30 12:24

これは、0<a<bなので単なるドーナッツの体積ですね。


答のチェックなら、簡単に、”重心の軌跡×断面積”から体積が分かります。
この場合、重心=(0,b)で、x軸回転による重心軌跡は2πb。
断面積は、円の面積でπa^2。
よって、

 V= ”重心の軌跡×断面積”=2πb× πa^2

となり、答はあってますね。
”重心の軌跡×断面積”で回転体の体積が求まるのは、割と簡単に証明できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。そのような公式があったとは知りませんでした。

お礼日時:2001/04/30 12:25

過程は面倒くさいですが、正統派の高校数学の問題ですね。


随分と久しぶりなのであまり自信が無いですが、簡単にやってみましょう。

設問の円の曲線を書きかえると、
y(x)=b±√(a^2-x^2)になりますね。

この回転体を平面x=xで切った時、断面積は
π((正のy)^2-(負のy)^2)なので
π^2=4πb×√(a^2-x^2)になりますよね。
これをxについて-aからaまで積分すればおしまいです。

具体的にはx=asin(θ)の置き換えをやってθを0からπ/2まで定積分して答えを2倍すれば良いでしょう。

dθ/dxを使った積分式の書き換えは大丈夫ですよね?

8πa^2b×∫(cos^2(θ))dθ の[0,π/2]の積分式が立ったでしょうか?
これはcos^2(θ)を含む式ですが(1+cos(2θ))/2に置きかえれば積分可能です。

最終的にはC(θ)=8πa^2b(θ/2+sin(2θ)/4)について
C(π/2)-C(0)を求める式になるはずです。

察する所学校か受験の問題のようですし、詳細の確認は自力でお願しますね。
一度解かれたようなので大丈夫でしょう。間違っていたらごめんなさい。
果たして本当に合っているのやら…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。しかし,よく分からないところがあります。

>この回転体を平面x=xで切った時、断面積は
>π((正のy)^2-(負のy)^2)なので
>π^2=4πb×√(a^2-x^2)になりますよね。

この部分がどうしても分かりません。その他のところは分かったんですけど。

お礼日時:2001/04/29 15:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qe^-2xの積分

e^-2xの積分はどうしたらよいのでしょうか…。e^xやe^2xsinxなどはのってるのですがこれが見つかりません。お願いします。

Aベストアンサー

いささか、思い違いのようです。

e^-2x は、 t=-2x と置いて置換してもよいけれど、牛刀の感がします。

e^-2x を微分すると、(-2)*( e^-2x )となるので、

e^-2x の積分は、(-1/2)*( e^-2x )と判明します。

Q加速度と角加速度の関係について

速度と角速度の関係は
中心から質点までの距離がr,質点の速度がv,とすると
角速度ω=v/r [rad/s]
になると思うのですが,
加速度と角加速度の関係は
中心から質点までの距離がr,質点の加速度がa,とすると
角速度α=a/r [rad/s^2]
となるのでしょうか?
ご教示よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

半径rが定数とすれば、その通りです。
加速度、角加速度はそれぞれ速度、角速度の単位時間の変化量(時間微分)ですので、加速度は「a=dv/dt」、角加速度は「α=dω/dt」と表せます。
同時に、角速度の式「ω=v/r」の両辺を時間で微分すれば「dω/dt=(dv/dt)/r」となり、この式はすなわち「α=a/r」となります。
ただし半径rそのものが時間関数r(t)の場合はこの限りではありません。

Qlogとln

logとln
logとlnの違いは何ですか??
底が10かeかということでいいのでしょうか?
大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか??
解説お願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>logとlnの違いは何ですか??

「自然対数」は、natural logarithm の訳語です。
「ln」というのは、「logarithm 。ただし、natural の。」ということで、つまり「自然対数」という意味です。
一方、log というのは、底がeなのか10なのかがはっきりしません。


>>>大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか??

数学であれば、底がeの対数(自然対数)です。底が10の対数(常用対数)ではありません。
一方、log は、数学以外であれば不明確な場合があります。

私の大学時代と仕事の経験から言いますと・・・

【eを用いるケース】
・数学全般(log と書きます)
・電子回路の信号遅延の計算(ln と書く人が多いです)
・放射能、および、放射性物質の減衰(log とも ln とも書きます。ただし、eではなく2を使うこともあります。)

【10を用いるケース】(log または log10 と書きます)
・一般に、実験データや工業のデータを片対数や両対数の方眼紙でまとめるとき(挙げると切りがないほど例が多い)
・pH(水溶液の水素イオン指数・・・酸性・中性・アルカリ性)
・デシベル(回路のゲイン、音圧レベル、画面のちらつきなど)

ご参考になれば。

こんにちは。

>>>logとlnの違いは何ですか??

「自然対数」は、natural logarithm の訳語です。
「ln」というのは、「logarithm 。ただし、natural の。」ということで、つまり「自然対数」という意味です。
一方、log というのは、底がeなのか10なのかがはっきりしません。


>>>大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか??

数学であれば、底がeの対数(自然対数)です。底が10の対数(常用対数)ではありません。
一方、log は、数学以外であれば不明確な場...続きを読む

Qドーナツの外側の体積を求めるには

ドーナツの体積は、
断面積×中心線の演習長さ
で求められるようですが、

ドーナツの外周側半分の体積の求め方を教えてください。

Aベストアンサー

もとの全体積を出すやり方に立ち戻って考えればよいのです。ドーナツの断面の円の半径をr、ドーナツ自身の中心から断面の中心までの距離(半径)をRとします。ドーナツを水平面で切ってそのスライス(輪の形)の体積の合計を求めればドーナツの体積になります。
スライスの外側の半径はR+rcosθ
スライスの内側の半径はR-rcosθ
です。ここでθは、半径rの断面で、その中心からスライスした面とドーナツの交点へ線を引いたときの水平からの角度です。
V=∫π{(R+rcosθ)^2-(R-rcosθ)^2}dh...(1)
ここでh=rsinθですから、dh=rcosθdθです。これより
V=π∫(4Rrcosθ)(rcosθ)dθ=4πRr^2∫cos^2θdθ...(2)
ここで積分範囲は-π/2~π/2です。
∫cos^2θdθ=(1/4)sin2θ+(1/2)θ+C
ですから
V=(4πRr^2)*(π/2)=2π^2Rr^2...(3)
となります。これを外側半分の場合に適用するだけです。今度は
V=∫π{(R+rcosθ)^2-R^2}dh...(4)
となります。積分範囲は同じです。
V=π∫(2Rrcosθ+r^2cos^2θ)rcosθdθ
=πr^2∫(2Rcos^2θ+rcos^3θ)dθ...(5)
ここで∫cos^2θdθ=(1/4)sin2θ+(1/2)θ+C, ∫cos^3θdθ=(1/12)sin3θ+(3/4)sinθ+Cですから
V=2πRr^2[(1/4)sin2θ+1/2θ]+πr^3[(1/12)sin3θ+(3/4)sinθ]
で積分範囲が-π/2~π/2なることに注意して
V=2πRr^2(π/2)+πr^3(-1/6+3/4)=π^2Rr^2+(4/3)πr^3
となります。(多分計算違いしていないと思うのですがお確かめを)

もとの全体積を出すやり方に立ち戻って考えればよいのです。ドーナツの断面の円の半径をr、ドーナツ自身の中心から断面の中心までの距離(半径)をRとします。ドーナツを水平面で切ってそのスライス(輪の形)の体積の合計を求めればドーナツの体積になります。
スライスの外側の半径はR+rcosθ
スライスの内側の半径はR-rcosθ
です。ここでθは、半径rの断面で、その中心からスライスした面とドーナツの交点へ線を引いたときの水平からの角度です。
V=∫π{(R+rcosθ)^2-(R-rcosθ)^2}dh...(1)
ここでh=rsinθですから、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報