あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

無添加と言うのオーガニックと言うのかわかりませんが、タオルで色々調べていますと、
高いブランド物のタオルから一般的に日本で売られているタオルは、ほぼ外国製(中国製)が多いようで蛍光剤が使われているそうです。

それら化学物質?を使っていないタオルの販売サイトを見ました。
蛍光剤が健康を害するような記述がありました。
購入者の口コミもかなりの数ありまして、沢山の方が購入しているようです

過去、界面活性剤の方は少し気になってボディソープを石鹸、歯磨きも無添加にしたりはしました。
それでも皮膚科の先生に言うと笑われましたが・・・

タオルって本当に一般に発売されてる安い物は危険なのでしょうか
蛍光剤の使用の有無を見て皆さん購入し使用していますか?
市販の一般的なタオルは使っていませんか?

また自分はタオルの使い始め(1回目)、吸収が悪いくらいなら別に良いと洗わず使ってました。
その際も染料や糊が残っているようですが、これも健康を害するのでしょうか?
(糊や染料が残ってるので絶対洗いましょう的な記述を沢山見たので、その理由が知りたいです。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

指定成分は、皮膚障害を起こす可能性のある成分の中で


過去にアレルギーや接触刺激、皮膚毒素、発ガン性等の症例から
報告されたものを中心に表示が義務付けられた成分のことです。

指定成分 で検索するといいですよ。

糊などついたまま使ってしまったタオルですが、
肌が荒れるようなことは無かったんですよね?
気にされない方がいいと思います。
今後は、蛍光剤など入っていない洗剤で洗いましょう。
お湯でゆすぐだけでもいいです。

余談ですが、使わず済むなら(使わないほうがいいなら)と
シャンプー、石鹸、歯磨き粉の使用をやめています。
お湯洗いだけって、最初は気持ち悪いと思いましたが快適です。

興味があれば、湯シャン、脱洗剤 などで検索してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。

売ってる物は厚生労働省の許可(検査済み)がおりている=「安全」(普通の使用頻度、使用目的では・・・)と思っていました。

発ガン性等の症例があるのは使われてないと思ってたのですが、表示して売っていると言う事なのですね。
後でゆっくり調べてみます。
あまり調べると怖くなりそうですが(汗)


肌には強い方で糊で荒れたりはしていないです。
あまり心配しないようにします。

お湯洗いだけでされてるのですね。
またこちらも検索して勉強してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/10 12:00

タオルに限らないと思います。


シャンプー、ボディソープ、歯磨き粉、洗濯洗剤、柔軟剤
消臭スプレー類、化粧品類、ヘアダイ、食器洗い洗剤、その他
たくさんの物に、危険とされる成分は入っていることが多いです。
成分表示をみると、厚生労働省の指定成分が表示されているものがよくあります。

全てを避けることは不可能なので
避けられるものは避けておくほうがいいと思っています。


「ごく僅かなため、健康に害は無い」ものであっても
「チリも積もれば・・・」ってこともあるかと・・・。

新しいタオルでも、知らない人(お店の人など)が触っていると思いますよ。
濯いだほうが清潔です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

本当に全ては避ける事は出来ない世の中ですよね。
一歩外に出れば上記質問よりもしかしたら影響のある、排ガス、副流煙等もありますし・・・

「厚生労働省の指定成分が表示されているもの」=安心ではないのでしょうか?
その無添加のタオルを蛍光剤が入ってる洗剤で洗っていれば無意味ですよね・・・

新しいタオルなんですが、清潔でないと言った以外には害はやはり特にないでしょうか?
今後は洗いますが、糊や染料って何か害があったかな?と気になっています。

お礼日時:2011/09/10 10:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング