デカルトの潜水夫のしくみについで教えてください。

A 回答 (1件)

以下のURLは参考になりませんか。



参考URL:http://homepage1.nifty.com/CXE06233/geo/fuchin.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/04 12:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q潜水艦のしくみ

 潜水艦が海に潜る時は、内部のタンクに水を入れて重りとして、海面に浮上する時は今度はタンクに空気を入れて水をタンク内から排出。
 では、この空気は何処から得ているのですか?
 また、中の乗員の酸素は潜ったままで、どれくらい持つのでしょうか?
 海水中の酸素などを取り出して使う装置とかって、存在するのでしょうか?

Aベストアンサー

浮力は、空気の重さでなく体積で主に決まります。

そのため、同じ量の空気でも圧縮して半分に縮めてしまうと浮力は半分になります。

このようになっているために、極限まで圧縮された空気は浮く力を持たず、タンクなどに入って体積が増えることで潜水艦を浮上させます。

Q潜水艦と潜水艇

潜水艦や、潜水艇が、潜水したり浮上したりってどんな仕組みで可能にしているんですか?詳しい方、教えてください

Aベストアンサー

「浮力」の原理。
・沈むとき、タンクに水を入れる。
・浮かぶとき、タンクに圧縮空気を送り水を排水する。
空の容器は浮いて、中身が入っていれば沈むのと同じ原理。

Q波動エンジン及び波動砲のしくみを教えて下さい。

波動エンジン及び波動砲のしくみを教えて下さい。

こんばんは。

波動エンジン及び波動砲のしくみを教えて下さい。
あの宇宙戦艦ヤマトに搭載されている動力源及び重火器のことです。

実写版映画は見ていませんが、昔のTV版アニメからすると、
あの巨艦を推進する凄いパワー及び核兵器に匹敵する破壊力を持っています。
でも核エネルギーを使っている訳有りませんよね。

●これのエネルギー源及び制御原理を説明して下さい。
●あと昔のアニメだと波動砲を撃つ時サングラスをしていましたが
今は要らなくなったのですか?

では宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

wikipediaに、意外とまじめにまとめられています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A2%E5%8B%95%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3

あくまでもSFですけど・・・・

Qデカルト座標について。

物理の問題がわかりません。もしわかる方がいましたら、是非回答してください><
デカルト座標(-2、2√3)に対する極座標を求めよ。

Aベストアンサー

どこまで考えたかを書いていただかないと削除対象ですが…

ヒントだけ、
「極座標(r,θ)」
rは原点からの距離です。実際にxy座標にこの点を描いてみればわかりますが、rは√(x^2+y^2)で求められます。
念のため、x^2→xの二乗

これでrは求められます。試しにやってみたところ、rは整数なので難しくはありません。

θ(シータ)は角度です。
θを直接求めよといわれると方法がわからないのですが、sinとcosを使って求めます。

ご存知かと思いますが、cos=x/r、sinθ=y/rという関係があります。
いまx、yが与えられ、rも求められましたからθを求めることができます。

たとえば、
sinθ=1/2
sinが1/2になる角度といえば、30度もしくは150度。
cosθ=1/√2
cosが1/√2になる角度といえば、45度もしくは315度。
この辺りは勘と経験なんですがね(^^;;

実際に計算しましたが、θはよく出てくる角度でした。

Q尻もちをついた時にかかる荷重を教えてください。先日足を滑らせて手には軽

尻もちをついた時にかかる荷重を教えてください。先日足を滑らせて手には軽い荷物を持っていたのでそのまま左の坐骨を床に強打しました、かなり痛かったのですがこの時左坐骨一点には何キロ位の力がかかったのでしょうか。身長170センチ・体重85キロです。くだらない事ですが興味が湧いたのでよろしくお願いします。計算式などありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

転んだ時に受ける力は衝撃力ですが、この力の見積もりはかなり難しいものです。
下記URLに見積もりの方法が書いてありますので、参考にしてください。
http:higgs.phys.kyushu-u.ac.jp/~koji/shougeki.pdf

計算例として、30mの高さから落ちた、体重60kgの人が衝撃吸収長さ1mとして4000kgf、
約4トンの値が出ています。
これを身長1.7m(重心位置0.85m)、体重85kg、衝撃吸収長さを0.4mとして換算すると
高さ 0.85/30 = 0.028 倍
体重 85/60 = 1.42 倍
衝撃吸収長さ 0.4/1 = 0.4 倍
4000x0.028x1.42/0.4 = 400 kg
となります。かなり大きな値です。

人間の場合、尻の脂肪や筋肉、関節の曲がり、体が転がる等々衝撃吸収の可能性が
多いので、実際吸収長さはもっと大きくなり、衝撃力も小さくなるかと思います。
転ぶ時に、庇い手をしたり受け身を取るのも更に衝撃を吸収することになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報