明治5年の文章に、泥棒が旅籠で二人の商人からお金2千百円を盗んだという話が載っていました。
当時の1円はどれくらいの価値があったのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

http://q.hatena.ne.jp/1156484521
http://okwave.jp/qa/q5360541.html

色々と参考に成ると思いますが。

>明治7年(1874年)の「巡査の初任給は4円」

で考えれば。
★この頃の「1円」は、現在の「4~5万円」くらい。

ですから「二千百円」と成れば、現在の『8千万~1億円』くらいの価値が有ったかも知れませんね。
    • good
    • 9

時間的な隔たりのある貨幣価値を比較するというのは、非常に難しいものがあります。



たとえば、主要な生活財で比較する方法がよく用いられます。わが国であれば、主食の米の値段や他の回答者さんが書いている「そば」の値段なんかがそうですが、これも実はその生産方法や技術革新などの影響を考慮するのか、はたまたしないほうがいいのかというような側面があって、簡単には言えません。労働力の対価という視点も同じことが言えます。

そんな中のひとつの方法として、金価格による比較もあります。

最近、ちと?な動きをしていますが^^;、、、経済学的にいうと金というのはアインシュタインの相対性理論における光速度と同じで絶対(最近こちらの理論も?になりつつあるようですが^^;)な存在です。金の価格が高くなったり低くなったりするのではなく、まわりのモノの価格が変動するわけです。

さて、明治期は兌換を前提とした金本位制です。明治4年に発行された1円金貨は1円=金1.5gという基準で造られています。正確には金1.503gと銅0.167gですが、今日の金相場がgあたり4,523円ですので6,798円。まあ、銅の値段なんかもいれて6,800円から7,000円ぐらいというようなところでいかがです^^。
    • good
    • 2

1年ズレますが明治4年の


庶民的なそばの値段で換算してみました。

明治4年のかけそばの値段が5厘。
今、富士そばのかけが280円。
明治4年だったら1円で5厘のそばが200杯たべられるので、

1円の価値は、
280円×200=56000円

ということで1円は今の価値で、5万6千円
    • good
    • 7

太平洋戦争から現在まで約7000倍のインフレーションがあったと考えると


1円=1万円は少々乱暴過ぎます。

http://homepage3.nifty.com/~sirakawa/Coin/J022.htm


明治の知事の給与が月300円。現代の総理の推定が約300万円。
約1万倍なのですが、

米価換算では2万倍となり、庶民に打撃を与えます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E4%BE%A1% …

戦前までは丁稚奉公が当たり前でした。
彼らは衣食住以外は無給が当たり前でしたからお金の価値は途方も無く大きいのです。

昭和40年代、日本人の牛肉消費量は1週間で9gの時代から食生活も大きく改善され、
社長と社員の格差が世界一少ない国であり、世界一高給な軍人の居る国から見ると

約1万倍。

バナナと卵は病気になると見れる物。
チーズは戦後に初めて見た。

こう言う庶民から見れば1円=数万円の価値だと思います。

>お金2千百円。

大臣ならその金額や重さを想像出来ますが、庶民では全く想像出来ない金額であったと推定出来ます。
    • good
    • 1

こんにちは。


私は、自称「歴史作家」です。

>>当時の1円はどれくらいの価値があったのでしょうか?

天璋院 / 篤姫(てんしょういん / あつひめ)が明治16年(1883年)11月20日に死亡されましたが、その時、所持金は3円゛だったと言われています。現在の価値にすると3万円だとされています。

従って、同じ年代ですので、

1円=1万円位だったのではないでしょうか。
    • good
    • 0

明治になり


1両=1円とする。
に貨幣単価が変わりました。
簡単には1両=10万円です。
ゆえに、2億円ですね。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治20年代の100円の価値は 現代ではいくら?

昨夜、NHK で宮崎あおいちゃん主演の オペラ蝶々夫人の「蝶々さん」を

みてたのですが、100円で 娼妓に売られる、、という内容でしたが、

明治20年代の100円って 現在でのいくらくらいになるのでしょうか?

Aベストアンサー

たとえば『長崎県統計書 明治20・21年/長崎県』によれば、
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/807980/164
「精米(1石)…(明治19年)6円47銭1厘(明治20年)5円98銭3厘(明治21年)5円73銭1厘」、
一方『東京府統計書 明治21年/東京府』では、
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/806568/116
「精米(1石)…(明治19年)6円39銭(明治20年)5円37銭(明治21年)4円98銭」と
若干地域差があります…

1石=10斗=100升=1000合=約180.39リットル、1合=約0.15kg、
0.15kg×1000合=150kgに基づいて一応単純換算してみますと、
「明治20年・長崎精米価格」…5.983円÷150=0.03988≒約0.04円/1kg、
当時長崎では100円で購入出来る精米が、100円÷0.04=約2500kg、
これを現在の精米価格400~500円/1kgに当て嵌めてみますと、
400~500円×2500=1,000,000~1,250,000円相当。

同様に「明治20年・東京精米価格」…5.37円÷150=0.0358≒約0.036円/1kg、
当時東京では100円で購入出来る精米が、100円÷0.036=約2777kg、
これを現在の精米価格400~500円/1kgに当て嵌めてみますと、
400~500円×2777=1,110,800~1,388,500円相当となって

精米換算では既回答者の皆様と同じく、概ね百万円余りの勘定にはなりますが、
現在の百万円と同等の価値と捉えるには無理があるようにも思います。

別な観点で捉えると、たとえば明治23年の長崎市での賃銭(賃銀)では、
『長崎県統計書 明治22・23年/長崎県』<163~165/322>
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/807981/163
「農作年雇・女・一ヶ月給料/<明治23年>(上)2円50銭(中)2円00銭(下)1円75銭」
「農作日雇・女・一日賃銭/<明治23年>(上)8銭(中)7銭(下)5銭」
「機織年雇・女・一ヶ月給料<明治23年>(上)5円00銭(中)4円00銭(下)3円50銭」
「下女・一ヶ月給料/<明治23年>(上)1円50銭(中)1円00銭(下)70銭」などから、
明治23年当時の100円は、長崎市での場合、
農作年雇女性(中)の50ヵ月分給料相当、機織年雇女性(中)の25ヵ月分給料相当、
下女(中)の100ヵ月分給料相当の価値があったとも言えます。

上記を単純に現在に当て嵌めてみますと、
農作業1ヵ月2万円、機織1ヵ月4万円、三食部屋付下女1ヵ月1万円、
果たして現在このギャラで働く女性はいるでしょうか?
現在なら日当でもおかしくない金額ですよね^^

以上のとおり 社会・経済構造や価値観に相当ひらきのある時代同士の比較は
結構難しいようです。

たとえば『長崎県統計書 明治20・21年/長崎県』によれば、
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/807980/164
「精米(1石)…(明治19年)6円47銭1厘(明治20年)5円98銭3厘(明治21年)5円73銭1厘」、
一方『東京府統計書 明治21年/東京府』では、
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/806568/116
「精米(1石)…(明治19年)6円39銭(明治20年)5円37銭(明治21年)4円98銭」と
若干地域差があります…

1石=10斗=100升=1000合=約180.39リットル、1合=約0.15kg、
0.15kg×1000合=150kgに基づいて一応単...続きを読む

Q明治40年代の一銭の価値は?

今、明治40年代のことを調べているのですが、
明治40年代の一銭とはどのくらいの価値があったのでしょうか?
例えば当時、**が一銭とか、カレーライスが*銭とかありますよね?
あれです。
また、現代のいくらに値するのでしょうか??

本でもかまいません。こういったことが載っている本はありますか??
時代を限定しているだけに、どういった本から調べていいかわからなくて…

ご存知の方、どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

以前、物価に関する質問に回答したことがあります。
(回答の中には明治期からの物価推移がわかる本がありますので)
お高い本は図書館でどうぞ。


質問:終戦直後からの物価の推移を調べたいのですが。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=182686

Q明治時代の貨幣価値

明治7年頃の1000円はいまのお金にしていくら位になるか教えていただけませんか。

Aベストアンサー

データ不足につき詳細な換算はできませんが、日本人の主食である米価(かつては配給制で、値段が統制されていました)を基準に計算してみました。
明治10年の白米10キロが51銭、昭和62年では3,780円でしたので、単純計算では約7412倍の価値があることになります。よって明治10年の1000円は昭和62年における7,412,000円ということになります。ただし私の近所では白米10キロを消費税別で2,800円前後(品種にもよりますが)で売っていますので、それで換算すると約5,765,000円ということになります。
もっと詳細なデータを入手できればいいのですが、このあたりが私の限界です。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/makibuchi-2/kyodoshi/31kai.html

Q明治時代の5万円は今で言うといくら?

タイトルどおりです。
今で言う価値はいくら?と聞けばいいんでしょうか?
教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

#4の訂正です。

白米(10kg)の現在価格が最近の生産者価格を元にしていました。消費者価格では10kgが4000円~5000円ほどなので、結果が大きく変わります。

白米10kgを4000円~5000円で計算し直してみました。

3億6千万~5億4千万くらいになります。

Q大正期の「1円」って今のどれくらい?

 100銭で1円といった単位についてはわかるんですが,大正時代の1円の価値が現在の価値に換算するといくらくらいの価値になるのか知りたいです。どなたかご存じありませんか?

 例えば,「当時の1円は現在の感覚でいえば●●円くらいだよ」というようなニュアンスで教えていただきたいのですが。宜しくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは♪
週間朝日編「値段史年表 明治・大正・昭和」から(参考URLからの孫引きですが)物価水準から比較をすると
【白米10kg】 大正 1年 1円78銭 平成16円 3,500円 から換算で 1,966円
【金地金1g】 大正 6年 1円36銭 平成16年 約1,500円 から換算で 1,103円
【国家公務員初任給】大正15年 75円 平成16年 201,376円 から換算で 2,685円
なので、1,200円から2,500円くらいの価値ということが言えそうですが、スッキリしませんね。
「これ!」というものがあれば教えて頂きたいです。

参考URL:http://www.mof.go.jp/singikai/kinka_kenkyukai/1_auctioncatalog/02.pdf

Q「一銭」はいくらですか。

「其の入院料の如きも、二十銭にして足れりと云ふ」

それは『支那漫遊記』からの文章ですが、一銭っていくらですか。
大正時代の一銭の購買力は今の何円に相当しますか。

Aベストアンサー

それは『支那漫遊記』からの文章ですが、一銭っていくらですか。

1円の百分の1です。
     10厘(りん)=1銭(せん)
     100銭=1圓=1円
    下記をご覧下さい。語源は1ドルの100分の1の1セントです。音がセント(cent)に似ていて、鋤を意味する「銭(銭)」を流用したものです。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%AD

     大正時代の購買力は、#1さんのおっしゃる通りです。

Q明治になって1両は何円とされましたか?

明治になり、貨幣の単位が変わりました。
1両は何円、1文は何銭とされましたか?
またそれはいつのことでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>明治になって1両は何円とされましたか?

誰にも分かるように、1両=1円です。
当時は「金本位制度」ですから、国家が持っている金の量が硬貨の発行限度でした。
「この通過は、金と同じ価値がある。金の裏付けが有る」という意味ですね。
単純に1両を1円にしたので、当時の1両小判に含まれていた金の含有量を逆に算出hしたのです。

>1文は何銭とされましたか?

1文銭は、1厘銭です。つまり、1000厘=1円、10厘=1銭です。

>またそれはいつのことでしょうか。

1871年ですね。

余談ですが・・・。
南北朝鮮の通貨である「ウォン」は、日本の「円」をハングル語で読む発音です。中国も同様です。
アジアで初めて国際社会に入ったので、各国とも日本のシステムを導入した結果です。

Q1890年代の15円とは、今で言ったらどのくらい?

 こんにちは。

 訳あって、田中正造さんについて調べています。
 調べていくと、「衆議院議員になるためには当時の15円の税金をはらっていなければならない」と聞きました。
 今では15円というと、すごい安いイメージですが、当時では、どのくらいの価値(現在でいくらくらい)だったのでしょうか?
 あと、知ってればでいいんですが、税金は、年単位で支払っていたのか、月単位で支払っていたのかも教えてくれたらうれしいです!

Aベストアンサー

単純に物価で比較した場合は、20万円程度です。
これだけだと大したことはないように見えます。
しかし、1890年頃の政府予算は約1億円でした。
今の予算規模90兆円の90万分の1ですので、
現代の感覚にすれば、年間15円以上の納税者とは、
年間1300万円以上の税を納めている人に該当すると思います。

田中正造自身はそれほど裕福な家庭の出身ではありませんが、
土地投機によって現在の価値で数億円もの利益を得て、
それを元手に政治活動したと聞きます。

Q昭和17年頃でいう5円は今で言うとどの位の価値なのでしょうか?

昭和17年頃でいう5円は今で言うとどの位の価値なのでしょうか?

Aベストアンサー

昭和15年春に私の両親は見合い結婚をしました。
母親(90)に聞いた話ですが、当時の結納金は200円だったそうです。
嫁入り支度に用意した会津桐の柾目箪笥は現在は100万円くらいですが、当時は100円で買えたそうです。
また、母親が嫁ぐ前に鉄工所の事務員をしてたそうですが、月給35円だったそうです。
父親が用意した新居は東京浅草でしたが、2千円で3階建が建ったそうです。
当時の物価は父親が好きだったカレーライスが10銭(100銭=1円)、映画館の入場料が50銭だったそうですから、物にもよりますが、現在の貨幣価値に換算すると5千~1万倍になります。
翌年の昭和16年12月8日に真珠湾攻撃から太平洋戦争に突入した訳ですが、特にインフレになった話はしてませんから、昭和17年頃の5円は現在の2万5千円から5万円近い価値があったはずです。

Q明治6年ごろの2銭で何が買えましたか?

明治6年に2銭銅貨が発行されています。
とても重厚な通貨ですが、当時どれくらいの価値があったのでしょうか?
2銭で買えたものがあれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

各年の物価などを載せたページによると、明治6年に白米10kgの価格が31銭だったそうです。
米1kgが2銭と書かれたページもありました。
http://chigasakioows.cool.ne.jp/ima-ikura.shtml

単純に数値だけ見て8300倍ほどの価値を計算すると、16600銭=166円となりますが、現在のお米1kgは300~600円ぐらい。
飽食の現在よりも当時は食料が貴重だったと思いますので、もっと価値があるかもしれません。
そばやあんパンの5厘(2銭の1/4)、家賃などと見比べると面白いですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報