石田三成はキリシタン大名だった、と聞いたのですが本当のところどうなのですか?小西行長のように、キリシタンだったから関ヶ原の戦いで敗戦したとき、自害を拒否したというのもあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

おっしゃるように、三成は「オーガスチン」という洗礼名を持つキリシタン大名でした(実は行長もオーガスチンなのですが・笑)。

「茶坊主であった」という説もあるくらいの人なので、もともと信仰の素養はあったと思います。

しかし、秀吉がキリスト教を正式に禁じた1589年以降は、表立った信仰を避けていたようです。三成がその後も順調に出世したところを見ると、形式的にせよ一度信仰を捨てて見せたのかもしれませんね。それとは対称的に、信仰を捨てきれなかった高山右近などは、秀吉によって一度追放され、小西行長に保護されています(右近は関ヶ原以後も生き延び、1614年には家康によってなんとマニラに追放されています!その地で生涯を閉じました)。

さて、自害を拒否したかという点ですが、家康側は最初から選択種を与えておらず、行長の「自害も易けれど~~切支丹の法により自害せず」というのはあくまで彼の負け惜しみと見る向きが有力です。家康は付き従った大名達を納得させるために、あえて斬首に処す必要がありました。武士にしか許されない切腹では、敗軍の将の体面が保たれてしまうため、あえて罪人と同じ形で処刑したものと考えられます。ちなみに処刑の際、三成と行長の二人は遊行上人の念仏を拒否しています。

長々と書いてしまいましたが、文献は『戦国武将』(奈良本辰也監修/主婦と生活社刊)によります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい説明どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/12 20:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキリシタンの扱い

私は最近遠藤周作さんの沈黙という有名な著書を読んだのですが、ここには実話が書かれていますよね??確か、そこで質問なのですが、昔の日本ではキリシタン弾圧がされていましたが、ちなみにここでも書かれていましたが、もしキリシタンだと判明したら踏み絵を踏ませてましたが、その後、キリシタンだった人々は特に司祭は、自分の国に帰らず、日本名をもらい生活していましたよね?これはなぜでしょうか?日本に留まらせておくのでしょうか??
また、ほかの彼の著書のキリスト教にそった、著書があればご存知なかたお願いします。

Aベストアンサー

江戸時代キリシタンは国禁を犯す者として追捕の対象でした。
捕らえた後、多くは改宗させる為、種々の拷問などに会わされました。

キリシタンの宗教を捨てて改宗した者についてはその棄教が本当かどうか監視下におかれました。

外国人の司祭や日本人の司祭は特に信仰が堅固な者でしたから特別の拷問などで棄教を迫り棄教した者はキリシタンの捜査や追跡に協力させました。  これは特別の用語や宗教上の習慣などを利用して摘発する必要があったからです。  彼らは「ころびキリシタン」とよばれました。

外人の「ころびキリシタン」は貴重な存在でしたから日本に帰化させ日本人名を与えて日本人として扱いました。

Qもし、関ヶ原の合戦で石田三成が勝ったら?

関ヶ原で石田が勝っていたら、そのあと、どうなった?

Aベストアンサー

普通に豊臣政権が続いた可能性が最も高いでしょう。
徳川が倒れた後に、豊臣政権に正面から戦える勢力は存在しません。
当時、秀頼という衆目一致する継承予定者が存在している豊臣政権を、正面から排除できるだけの可能性(実力)があったのは、徳川家康だけです。
その家康にしても、豊臣政権内の深刻な派閥対立という運と、関が原という一世一代のギャンブルをして、ようやく豊臣政権の排除に成功しました。

Q石田三成はキリシタン大名だった?

石田三成はキリシタン大名だった、と聞いたのですが本当のところどうなのですか?小西行長のように、キリシタンだったから関ヶ原の戦いで敗戦したとき、自害を拒否したというのもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

おっしゃるように、三成は「オーガスチン」という洗礼名を持つキリシタン大名でした(実は行長もオーガスチンなのですが・笑)。「茶坊主であった」という説もあるくらいの人なので、もともと信仰の素養はあったと思います。

しかし、秀吉がキリスト教を正式に禁じた1589年以降は、表立った信仰を避けていたようです。三成がその後も順調に出世したところを見ると、形式的にせよ一度信仰を捨てて見せたのかもしれませんね。それとは対称的に、信仰を捨てきれなかった高山右近などは、秀吉によって一度追放され、小西行長に保護されています(右近は関ヶ原以後も生き延び、1614年には家康によってなんとマニラに追放されています!その地で生涯を閉じました)。

さて、自害を拒否したかという点ですが、家康側は最初から選択種を与えておらず、行長の「自害も易けれど~~切支丹の法により自害せず」というのはあくまで彼の負け惜しみと見る向きが有力です。家康は付き従った大名達を納得させるために、あえて斬首に処す必要がありました。武士にしか許されない切腹では、敗軍の将の体面が保たれてしまうため、あえて罪人と同じ形で処刑したものと考えられます。ちなみに処刑の際、三成と行長の二人は遊行上人の念仏を拒否しています。

長々と書いてしまいましたが、文献は『戦国武将』(奈良本辰也監修/主婦と生活社刊)によります。

おっしゃるように、三成は「オーガスチン」という洗礼名を持つキリシタン大名でした(実は行長もオーガスチンなのですが・笑)。「茶坊主であった」という説もあるくらいの人なので、もともと信仰の素養はあったと思います。

しかし、秀吉がキリスト教を正式に禁じた1589年以降は、表立った信仰を避けていたようです。三成がその後も順調に出世したところを見ると、形式的にせよ一度信仰を捨てて見せたのかもしれませんね。それとは対称的に、信仰を捨てきれなかった高山右近などは、秀吉によって一度追放され...続きを読む

Q関ヶ原の合戦で石田三成はどうしてもかてない?

関ヶ原の合戦で石田三成は合戦で何が起きても、勝てないのですか?

Aベストアンサー

秀頼を総大将にして、毛利を自分の横に置いておけば勝てました。敗因は小早川隆景の裏切りです。
戦を知らない淀君が全てを指揮したから負けたのです。

Qクリスチャンとキリシタン どちらが正しいですか?

クリスチャンとキリシタン
どちらが正しいですか?

Aベストアンサー

どちらも正しい日本語ですが、違いがあります。

キリシタンは、主に明治以前に使われた言葉で、ポルトガル語の発音をカタカナにしたものです。現代はクリスチャンを用い、キリシタンと言えば明治以前のクリスチャンのことをさします。
一方、クリスチャンは英語の言葉で、英語の発音をカタカナにしたものです。

たとえば、イエズス(ロマンス語)というのと、イエス(ギリシア語→語尾の省略)というのと、ジーザス(英語)というのの違いは、どの言語の発音を真似たかによります。

以上、ご参考になればと思います。

Q石田三成と真田昌幸

石田三成と真田昌幸の正室は兄弟ですが、これは三成は昌幸と縁があり昌幸の紹介で婚姻したのか、たまたま同じ家の娘を正室にして縁ができたのか教えて下さい。

Aベストアンサー

own3さん、こんばんは。



真田昌幸の正室山手殿は宇多頼忠という人の娘ということから出たお話ですね。この人はもともと尾藤氏であり、最初信濃の小笠原氏、今川氏、そして武田氏と主人を変えています。理由は遠江の国人領主だったからです。このとき昌幸と縁続きになったのでしょう。永禄7年(1564)とのことです。兄は尾藤知宣といって織田氏や秀吉に仕えました。そのおかげで、武田滅亡の折には織田氏、次いで秀吉の弟秀長に仕えることになります。
秀長が大和郡山で100万石を領するとその重臣として13000石を知行しました。大体天正10年(1583)ころに石田三成と次女が結婚しているそうです。この後、彼は兄の罪に連座して、知行を返上し、三成のところに寄食しています。
結論から言って確かに頼忠の婿が昌幸であることは有名だったでしょうが、秀吉が三成に箔をつけるために縁組させたのでしょうか?あまり有名なお話も伝わっていないので、単なる偶然と考えるのが妥当でしょう。
むしろ後日談のほうが縁続きであるということ示しているでしょう。、尾藤知宣の息子を父の罪の連座からまぬかれるために頼忠が自分の養子にしました。そして、今度は三成の兄正継の養子にします。そこへ昌幸の娘と結婚させます。

詳細は下記のURLを参照ください。


宇多頼忠
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%A4%9A%E9%A0%BC%E5%BF%A0
尾藤知宣
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E8%97%A4%E7%9F%A5%E5%AE%A3
山手殿
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%89%8B%E6%AE%BF
真田昌幸
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E6%98%8C%E5%B9%B8

own3さん、こんばんは。



真田昌幸の正室山手殿は宇多頼忠という人の娘ということから出たお話ですね。この人はもともと尾藤氏であり、最初信濃の小笠原氏、今川氏、そして武田氏と主人を変えています。理由は遠江の国人領主だったからです。このとき昌幸と縁続きになったのでしょう。永禄7年(1564)とのことです。兄は尾藤知宣といって織田氏や秀吉に仕えました。そのおかげで、武田滅亡の折には織田氏、次いで秀吉の弟秀長に仕えることになります。
秀長が大和郡山で100万石を領するとその重臣として...続きを読む

Q「キリシタン」は差別的な言葉なのでしょうか?

「キリシタン」は差別用語に準じた表現なのでしょうか?

私はキリスト教信者を指して使っていましたが、
この表現をよく思わない人がいることを最近知りました。

これが差別用語だとは聞いたことがありませんが、
差別的なニュアンスが含まれているのでしょうか?

実際のところ「キリシタン」という言葉は、
一般常識ではどのように捉えられているのでしょうか?

キリスト教の信者はこの言葉を好まないのでしょうか?

Aベストアンサー

キリシタンはクリスチャンのことですから、その語自体に差別語としてのニュアンスがないことはもちろんです。しかし、明治になってキリスト教に対する禁教を解くよう諸外国から政府に圧力がかかった際、一般国民からも反対の声が上がったようですから、その当時は完全に差別語だったと言っていいでしょう。まあ、300年もの間政府が邪宗だ邪宗だ‥と国民に言い含め続ければ、そうならない方が寧ろ不思議です。

それから百数十年が経過した現代では、キリスト教に対する好悪感は別として、禁教時代のような差別意識で「キリシタン」と言う人は先ずいないでしょう。また「キリシタン」はその後「キリスト教(徒)、クリスチャン」などと呼ぶのが一般化したので、今ではこれは一種の歴史用語扱いになっていると考えられます。

しかし、キリスト教がキリシタンと呼ばれていた時代の歴史と言えば、日本での布教開始から豊関白による禁教令が出るまでの比較的短い期間を除き、大半が過酷な迫害を受け続けた暗黒時代です。信者以外にとっては単なる歴史用語の一つに過ぎなくても、信者にとってはやはり眉をひそめたくなる言葉じゃないかと思います。

「日蓮宗だってかなり弾圧されたけれど、今でも日蓮宗じゃない‥」
こんな考え方も出来るとは思いますが、キリシタンの場合はたまたま弾圧の歴史が終るのとほぼ時を同じくして「エゲレス → イギリス」と同じような呼称の変化があったため、どうしても「暗い歴史を語る言葉」というイメージが強く付き纏うのは否めません。
以上のことから、「キリシタン」は差別語や差別語的な言葉ではないが、歴史的背景を勘案し、その使用は歴史用語に限定するのが望ましいと私は思います。

キリシタンはクリスチャンのことですから、その語自体に差別語としてのニュアンスがないことはもちろんです。しかし、明治になってキリスト教に対する禁教を解くよう諸外国から政府に圧力がかかった際、一般国民からも反対の声が上がったようですから、その当時は完全に差別語だったと言っていいでしょう。まあ、300年もの間政府が邪宗だ邪宗だ‥と国民に言い含め続ければ、そうならない方が寧ろ不思議です。

それから百数十年が経過した現代では、キリスト教に対する好悪感は別として、禁教時代のような差別意...続きを読む

Q石田三成は何故水ではなくお湯を頼んだのでしょうか。

石田三成が関が原の合戦の後に捉えられ、その後斬首されましたが、その前のエピソードで刑が決まっているのにもかかわらず、喉が渇いたので湯を求めるシーンがあります。

ここで疑問なのですが、なぜ「お湯」なのでしょうか。
普通は手間のかからず、すぐ出せそうな水を求めるように思います。

これは刑が9~10月で肌寒かったからでしょうか? 
それとも余裕を見せたいが為に、少し手間のかかる湯を求めたのでしょうか? 
または生水は体に悪いのでお湯を選択したのでしょうか? 

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授下さい。

Aベストアンサー

「生水は体に悪いのでお湯を選択したのでしょうか?」
が正解でしょう。

当時、殺菌された水道水も、瓶に入ったミネラルウォーターも存在しません。現代のそれらのように雑菌を含まない清潔な水は「山の中の清流や湧き水」程度しかありません。

京の街中で手に入る水は
「井戸を掘って汲んだ水」
「川から汲んだ水」
などであり、清潔なものではありません。川の水には上流で流された汚水が混じっていますし、井戸水の水質も似たようなものです。

当時、細菌の存在は知られていませんが、経験則により
「生水を飲むと腹を壊すが、煮沸した湯、湯冷ましを飲むと腹を壊さない」
ことは知られておりました。
日本家屋に囲炉裏があり、鉄瓶に湯を入れて常に沸かしていたのは「いつでも湯を汲めるようにする」ためです。これは陣中でも同じだったでしょう。「生水は飲んではいけない」という認識は誰もが有しており、「陣を構えれば炉を築いて湯を沸かす」のが常識であったと思われます。

「手間のかからず、すぐ出せそうな水を求める」
キャンプでカレーを作ったりした人はご存じと思いますが、薪や炭の火で水を沸騰させるのにはかなり時間がかかります。ガスやIHで湯を沸かすのとは全く違います。
三成は「陣中で沸かしている湯を一杯頂きたい」と所望したわけです。

「生水は体に悪いのでお湯を選択したのでしょうか?」
が正解でしょう。

当時、殺菌された水道水も、瓶に入ったミネラルウォーターも存在しません。現代のそれらのように雑菌を含まない清潔な水は「山の中の清流や湧き水」程度しかありません。

京の街中で手に入る水は
「井戸を掘って汲んだ水」
「川から汲んだ水」
などであり、清潔なものではありません。川の水には上流で流された汚水が混じっていますし、井戸水の水質も似たようなものです。

当時、細菌の存在は知られていませんが、経験則によ...続きを読む

Qキリシタンの禁制撤廃から現代まで・・・

明治にキリシタンが解禁されてから現在までの日本(とくに長崎、天草地方)のキリシタン史をくわしく知りたいのですが、おすすめの本か、参考になるサイトをどなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

はじめてこのテーマを勉強なさるなら、遠藤周作の小説「女の一生」がよくまとまっていると思います。

Q石田三成の旗印について

石田三成の旗印「大一大万大吉」の読み方と意味を教えてください。

Aベストアンサー

「だいいちだいまんだいきち」と読みます。

意味は下記が参考になります。
http://www.packet.ne.jp/sakon/mitunari.htm

http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/haka-topic30.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報