今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

こんにちは。

私は文章を書くことが好きで、新聞への投書などもよくします。

大学の先生からもあなたの文章は日本語の破綻がなくて読みやすいと褒めていただいているのですが、

ただ一つ悩みがあります。
いつも文章が長くなってしまうのです。
例えば、2000文字程度という文字数制限がなされたレポートだと2500文字くらいになり、卒論2万字も超えてしまって削るのに苦労しています。

300字までという小さな投書の文章とかでも、気づいたら900文字とかになっています。

冗漫な文章を端的にまとめるにはどのようなことに気を付ければよいでしょうか?

アドバイスいただけると助かります。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

一発で規定文字数に無駄なくピタリとはまるような文章を書けるのは、プロの物書きのレベルですよね。


私などもたいていの場合は第一稿は5割増しくらいの字数になってしまい、そこから削り込んで推敲しています。

> 冗漫な文章を端的にまとめるにはどのようなことに気を付ければよいでしょうか?
書き上げた文章を指定文字数にまとめるためのコツという意味でしたら、冗漫な部分、つまり繰返し・例引き・冗長表現など、削っても本題に影響の少ない枝葉から刈り込み、文章構成や表現を修正していけば良いわけです。

> 気づいたら900文字とかになっています。
他のご回答にもあるように、思いつくまま垂れ流しで長い文章を書くことは容易ですが的確で短い文章を書くのは難しいことです。
文章のどこを削りどこを残すのかは筆者の感性によりますが、その感性は文字数制限によってこそ磨かれるのだと思います。
俳句や短歌がその最良の例ではないでしょうか。

文字数制限がない文章であっても、ふだんから自分自身で文字数制限を課してみたらいかがでしょう。
ちなみにご質問文(本文286文字)を極限まで刈り込むと
「文章を規定文字数に合わせて書くコツを教えて下さい。」
と25文字になりますので、9割以上は冗長部分であるとも言えます。
ただ、その冗長部分のおかげでご質問文はリズムが出てきて読みやすくなっているし、質問者さんの人柄も何となく浮かび上がってきているのは確かです。
例えばご質問文を200字、100字、50字制限でそれぞれ自分で納得いく文章に書き直してみたらいかがでしょう。

頑張ってください。
    • good
    • 0

>冗漫な文章を端的にまとめるにはどのようなことに気を付ければよいでしょうか?



>冗漫な文章

と分かっている箇所を削ることです。

あと
書きたいことは我慢して書かず、書きたくないこと、これは絶対落とせないことだけに絞って書く事です。

いい短文を書くのは長文を書くより100倍難しいのは常識です。がんばってください。
    • good
    • 0

私にも覚えがあります。


文章は長く書いたほうが楽なんですよね。
重複や冗長を恐れずに丁寧に説明すれば、楽に
自分の主張を相手に伝えられます。
これはこれで大事なことなんですが、
それに甘えてばかりいると、
より簡潔でわかりやすい表現を身につける
ことがおろそかになってしまいます。

時々、もっと短くて、的確な表現を
考えてみる。これを日々続けるしか
ないと思います。

#半分自分に言ってます(^^;
    • good
    • 0

……プチ自慢が入ると見てる人がムカつくのは確か……かもしれない。



質問の文章は、たぶん半分くらいで済むだろうなとは思います。

不要か必要かは別にして、前の人の「指摘」もあるし、とりあえず、質問の文章を半分にしてみたら如何?
    • good
    • 0

こんにちは。



ご質問文の重箱の隅をつつく回答がありますが、気にしなくてよいでしょう。
必要な情報です。

コツは、レポートや論文の結論に直接結びつかないところを、勇気を持って消してしまうことです。
特に、参照した文献の内容を書いている文章の一部とかです。
    • good
    • 0

文章の目標が第一


次に、その目標への道筋・話の持って行き方。
そして常に頭を使い文章を書く

以上です。

2.3行目不要、「300字・・」も不要。
    • good
    • 0

質問内容だと・・・



>大学の先生からもあなたの文章は日本語の破綻がなくて読みやすいと褒めていただいているのですが

→これは、回答者にとって不必要な情報です。


>例えば、2000文字程度という文字数制限がなされたレポートだと2500文字くらいになり、卒論2万字も超えてしまって削るのに苦労しています。
300字までという小さな投書の文章とかでも、気づいたら900文字とかになっています。

→こちらも例が長すぎて、数字を追うのが面倒になります。


何を題材にして書くか、どんなスタイルでの投書が望ましいか、により異なりますが、
まずは、しつこいくらいに読み返すことが大切です。
それも「第三者の目」で何度も何度も・・・。
すると、まどろっこしい言い回し、不必要な情報、読者にはどうでもいい書き手の感情など、
必ず削れる部分が見えてきます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


人気Q&Aランキング