あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

北アメリカの地形について、新期・古期造山帯、構造平野、準平野、卓状地、アパラチア山脈、ロッキー山脈、コロラド川、パナマ地狭
これらの語句を用いて説明して下さい。

本当にお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

北アメリカ大陸には多様な地形が存在します。


どの程度のレベルなのか分かりませんが、キーワードに関連する基本事項を箇条書きにしておきますね。

・カナダ~アメリカの西部に位置するロッキー山脈は、新期造山帯です。この山脈を水源とするコロラド川はコロラド平原を侵食し、グランドキャニオンと呼ばれる峡谷を形成しました。
・アメリカ東部のアパラチア山脈は古期造山帯です。
・安定陸塊である構造平野が侵食されると準平原が形成されます。アメリカの中央平原がこの代表です。
・卓状地、楯状地も安定陸塊です。カナダの東部に位置するカナダ卓状地は有名ですので覚えておくと良いかと思います。(他、シベリア卓状地や、楯状地ではバルト楯状地が代表的です。)

パナマ地峡だけは、どこがポイントかちょっと分かりませんでした…ごめんなさい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく説明して頂いてありがとうございます。

お礼日時:2012/02/15 21:04

北アメリカには新期・古期造山帯、構造平野、準平野、卓状地、アパラチア山脈、ロッキー山脈、コロラド川、パナマ地狭がある

    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング