あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

洋菓子店を経営しております。
お店は15年になります。

前回の店舗の更新した後、仲介している不動産屋の方がいらして
「大家さんが立退きしてもらいたいといっている」と伝えられ立退き料がどのくらい必要かと聞かれたので、まだよくわからなかったので、とりあえずこの店を始めた時の開業資金と同じ金額伝えました。
そして数日後再び不動産屋の方が現れ「大家さんはお金出すつもりが無いようだから出て行ったら損するから出て行かないほうがいい」と言われました。それから不動産屋の方は何もいってこなくなりました。(その担当の方は先日亡くなられました)
それから大家さんに家賃を支払いに行くときに「そろそろ、自宅とそこ(店舗のある建物)を売って老人ホームに入りたいなあ」といわれたりするものの、はっきり立退きについて言って来ないので大家さんもまだ迷っているのかなあと考えておりました。

そうこうしているうちに次の更新まであと3ヶ月を切ったあたりで付き合いの無い不動産屋の方が来て「大家さんが立退きをするかこの建物を買ってほしいといっている。銀行にいくら借り入れできるか聞いてほしい。」と告げられました。

出来ればお店の引越しは避けたいので、そんなに乗り気ではなかったのですが、とりあえず銀行に借り入れ可能な金額をたずねたところ、とてもその建物を購入できる金額ではありませんでした。
するとまた不動産屋から連絡があり「立退きの金額を提示してほしい」といわれたので、同じく開業資金と同じ額を伝えたところ、不動産屋には「大家さんは家賃の2年分を提示していて(私の請求額の3分の1)そもそも常識的に考えてその金額(ほかの場所に店舗を借りて施工する金額)は請求できない。あなたもそれなりに負債を緒わなけれがならない」と言われました。

大家さんの都合での立退きなのにこちらが負債を負うことがどうしても納得いかないのですが、そういうものなのでしょうか?

出来れば負債を負うことなく(出来れば休業時の補償、その後の家賃の差額の補償なども受けたい)、次の店舗に移りたいのですが可能なのでしょうか。

ちなみにまだ書面での立ち退き通知はもらってません。

あと、契約期間を過ぎてしまったときの更新料、家賃などはどうしたらいいのでしょうか?
大家さんに家賃の受け取りを拒否されてしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?

あと、不動産屋にその請求額の根拠を出せて言われたので店舗施工会社に見積もりをお願いしたところ、「そんな金額じゃお店作るの厳しいよ。15年やってんなら15年分の家賃の金額請求しなきゃ」といわれてしまいました。
不動産屋は現状を参考にした金額(もちろん償却された金額)しか請求できないといいます。

一体どれくらいの金額を請求していいものなんでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず大家さんがその建物を処分しなくてはならないのかどうかがひとつ。


そして質問者が同様の商売を続けていく見通しがあるかどうかがひとつ。
大家さんが生活するのに高齢で面倒を見る人もなく
老人ホームに入らざるを得ないならば
売却もやむなしでしょうか。

常識的にと不動産屋は言いますが
こちらの生活の手段がなくなるならば
それは了承できなくて当然です。
まずはその事を前面に。

しかし実際立ち退き料としては普通は1年分くらいでしょうか。
ケースバイケースで何とも言えませんが
2年分は多いほうとは思います。
訴訟でもめるのも互いに大変なので
立ち退き時期を一年後くらいにしてもらい
その間に移転先を見つけることを条件に手を打ってはと思います。

契約更新はなんとなれば勝手に振込み
内容証明で
「立ち退きの要求を受け
立ち退き料の折り合いがつかず
契約更新日を迎え連絡をしたが所定の手続きをしてもらえなかったので
 月 日に   の金額を  銀行に振り込みました。
これを以って契約更新とさせていただきます。」
と送っておけば良いかと。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

御丁寧に真摯な御回答ありがとうございます。

大家さんはお子様も御親戚もいらっしゃらないので老人ホームに入りたいという気持ちは分かっているつもりです。
大家さんはお店のある建物の倍程度の土地を持っているのでここは売却しなくてももしかしたら老人ホームには入れるんじゃとも思うのですが、あまり勝手な憶測は建てないようにします。

とりあえず家賃の2年分だとお店を新たに移転する資金には足りない(開業時の半額以下)ので、とりあえずそうなった場合は廃業です。
その場合は違う形で保障してもらうことは出来るのでしょうか?

とりあえずこちらはお店を失うと困るのですが、大家さんも御高齢なのであまり揉めないようにしたいものです。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/04/17 00:09

大家さんの都合での立退きなのにこちらが負債を負うことがどうしても納得いかないのですが、そういうものなのでしょうか?


>やはり,納得いかないことも多いと思います。ただ,一方的に質問者様が負債を負う必要はありません。

出来れば負債を負うことなく(出来れば休業時の補償、その後の家賃の差額の補償なども受けたい)、次の店舗に移りたいのですが可能なのでしょうか。
>当然,話し合いがつけば,それも可能と思われます。

1 立退料として,後日大家さんが本件不動産を売却したときに,その売却代金の中から,新店舗の敷金,引越費用及び新店舗改装資金を払ってもらう。
*この和解をするのと並行して,新たな買受人を探してもらい,その人とも立退きの時期などを話し合っていかれるのが良いようには思います。

2 立退きの日を,半年間程度猶予してもらい,その間に新店舗を探せるようにしてもらい,かつ,その半年分の賃料を免除してもらう。

上記のような示談が落としどころのような気がします。

あと、契約期間を過ぎてしまったときの更新料、家賃などはどうしたらいいのでしょうか?
>契約書上支払う必要があれば,支払わなくて良いということにはならないと思います。

大家さんに家賃の受け取りを拒否されてしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?
>法務局に供託する方法などがありますが,弁護士・司法書士の関与が必要のように思われます。

あと、不動産屋にその請求額の根拠を出せて言われたので店舗施工会社に見積もりをお願いしたところ、「そんな金額じゃお店作るの厳しいよ。15年やってんなら15年分の家賃の金額請求しなきゃ」といわれてしまいました。
不動産屋は現状を参考にした金額(もちろん償却された金額)しか請求できないといいます。
一体どれくらいの金額を請求していいものなんでしょうか?
>店舗施行会社の15年分の家賃・・・を請求というのは,ぼったくりとしか思えません。いくらなんでも無茶苦茶でしょう。
不動産屋さんがおっしゃっているのは,よくわかりませんが,常識の範囲内ということなんでしょうね。

最終的に,質問者様がどのようにお考えになるかですが,家主さんもご高齢のようで,不動産を処分しなければ老人ホームに入れないということですし,ある程度質問者様が費用負担するつもりで話をしていかないと,結局この問題は解決しないんじゃないでしょうか?

揉めすると,精神的によくないですし,心が病む前に前向きかつ現実的な解決を模索されるのがよろしいように思われます。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

御丁寧に且つ真摯なご返答ありがとうございます。
とても参考になります。
大家さんはお子様がいらっしゃらないので老人ホームに入りたいお気持ちは承知しているつもりです。
それなりに負担しないとダメかなあとも思うのですが、今の家賃が比較的少なめで、大家さんが提示している金額ではお店を再建するのは無理なので、正直負担が大きくなるようだと、廃業の道を選ばねばなりません。

(大家さんはここの店舗のある建物のほかにも土地を持ってらっしゃいます)

大家さん側の不動産屋の方のいう「常識的」な感じで何とか廃業しなくていいようになればと思っています。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/04/17 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q店舗を借りていますが、立ち退きを要求されました

都内に店舗を借りてオートバイ店を経営をしております。
平成21年5月1日より2年更新で本物件を借り、寝食を惜しんで働いてようやく地元のお客様も出来て、商売も安定して参りました。
しかし現在1年と9ヶ月目になりますが、突然不動産屋より下記のような電話がかかってきました。

「区画整理の対象になったので次の更新ができません。他の物件にプレハブぐらいなら建ててやってもいいから移ったらどうですか」

調べたところ、区画整理は平成12年に計画が発表され、具体的説明については平成17年に行われていたようです。当然、賃貸契約を結ぶ21年4月にはそのような話は聞かされておりませんし、書面にも書かれておりませんでした。
それどころか、立ち退きに関しての費用の話はとりあってもらえず、具体的な費用についても返答がありません。それどころか敷金などの基本的な話もとりあってもらえず、移転費用などについても「そういった話は関係ない」と言われました。
確認したところ「次の土地」というのは本件関係者とまったく関係のない方の所有の更地で、不動産屋はそこに私にお金を出させて移転させようとしています。
プレハブを建てるというのもまったくの未定の話で、そこの土地の地主と交渉してみてはどうか、といっただけの内容でした。

「6ヶ月前に通知すれば、いかなる理由に於いても貸し主は本契約を解除できるので、まぁ6ヶ月は過ぎてますけどその分は契約満期の日から賃貸期間を延長してもらうとかの交渉は出来ると思います」

また、大家に直接聞きに行ったところ

「あの場所は俺が使うんだ!俺が使って車を売るんだ!」

と大声で言われたきり、後の私の質問に関しては無視です。大家は75歳になりますが、こんな対応とは恐れ入りました。
こっちはこれで仕事をして営業をして生活をしているのだからそこはどう責任をとってくれるんですか、と聞いても無視でした。私は迷惑をかけたことはありませんし(個人的に迷惑をかけられたことはありますが、問題にはしませんでした)、家賃を滞納したり物件に被害を加えたりもしておりません。

こちらは住居ではありませんし、営業をして利益を上げ、それで生活して家族を養っています。
また、区画整理が理由で立ち退くとしても、私にとっては寝耳に水な話で、関係ありません。

このような立ち退きが日本では許されているのでしょうか。私は店を追われて失業するしかないのでしょうか。どなたか教えてください。よろしくお願いします。

都内に店舗を借りてオートバイ店を経営をしております。
平成21年5月1日より2年更新で本物件を借り、寝食を惜しんで働いてようやく地元のお客様も出来て、商売も安定して参りました。
しかし現在1年と9ヶ月目になりますが、突然不動産屋より下記のような電話がかかってきました。

「区画整理の対象になったので次の更新ができません。他の物件にプレハブぐらいなら建ててやってもいいから移ったらどうですか」

調べたところ、区画整理は平成12年に計画が発表され、具体的説明については平成17年に行...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。
 補足説明を拝見しました。
 いやはや、私にも早合点があった様子です。こうした一方通行の対話は不慣れでもあってか実に難しいですね。

 そうした状況でしたら、優良な借主である質問者さんは益々有利ですね。
 と、申しますのは、民法で言えば賃借権、借地借家法で言う借家権によって建物の賃借人は手厚く保護され、仮に契約書で「6ヶ月前の通知によって、貸主はその理由を問わずに本契約を解除出来る。」等の借主に不利な特約は借地借家法によって無効とされますから、借主側の意向を無視して契約の解除が認められる例は殆どないに等しいのですが、頑固で高齢な貸主としては「俺の家作なのに何故自由に出来ないのか・・・。」と、単に納得が行かないのでしょう。

 これらは、不動産業者ならば知っている筈で、恐らくは業者による説得にも応じなかったのでしょうから、その業者が今後も仲裁に介入するのであれば、先の法に則っていないとの根拠によって断固拒否すれば、先方が事情を説明するでしょうから基本的な問題は済むと思います。

 そして今後、これらによって相手が何の根拠もなく、単なる嫌がらせとして賃料の値上げ等を強要したとしても、再び借地借家法等の壁によって阻まれるか、借主側にも対抗処置はありますので心配する必要もありません。

 大丈夫です。法は意外と優秀で貴方の見方に付きますよ。^^
   

 こんにちは。
 補足説明を拝見しました。
 いやはや、私にも早合点があった様子です。こうした一方通行の対話は不慣れでもあってか実に難しいですね。

 そうした状況でしたら、優良な借主である質問者さんは益々有利ですね。
 と、申しますのは、民法で言えば賃借権、借地借家法で言う借家権によって建物の賃借人は手厚く保護され、仮に契約書で「6ヶ月前の通知によって、貸主はその理由を問わずに本契約を解除出来る。」等の借主に不利な特約は借地借家法によって無効とされますから、借主側の意向を無視...続きを読む

Q飲食店の立ち退きについてご相談させて下さい

飲食店の立ち退きについてご相談させて下さい

現在、今年で4年目になる小さな飲食店を経営しております。
今年の11月に更新予定です。(大家さんの敷地内にある古い民家の一戸建て)

3月に不動産会社から一通の連絡書が届きました。
内容は昨年、大家さんが他界し相続の為(相続人が6人)次回の更新はできません
ということでした。
不動屋さんに問い合わせたところ、現大家さん(誰が大家さんかは不明とのこと)から詳しくは聞いていなくて借家人に手紙を書いて欲しいと代表の人に頼まれた。
その後、大家さんからの連絡を待ちましたがいっこうに連絡無しの状態でした。
正直、お隣に住んでいるのに何も言ってこない事に驚きです。

こちらとしては契約はできません。と言われても簡単に出ることはできないので
区の法律相談や宅建業者の方に相談をしました。
(契約した不動産屋は管理は任されていないので大家さんと直接話して下さいとのことでした)

両者からまず配達証明付の連絡事項へのお返事を書くよう提案され4月末に
送りました。
内容は、長くこの地で営業をさせていただく為に4年前に契約したこと。
建物を取り壊すなら、移転費用等を出していただかないと移転できないこと。
そして返答は必ず書面にて5月末日までにして下さい。

しかし大家さんからは何の連絡もありませんでした。

その後、6月8日に再度手紙を書きました。(口頭でのやり取りですと後で言った言わないになるのが
困る為です)
こちらとしては出来れば継続営業を続けたいこと。
(ただかなり建物が老朽化しているので最低限床の補修はして欲しいことを書きました)
法廷更新の場合20年間は自動的に借りれること、家賃を受け取らないなら供託します等。
やもうえず移転をしなければならないのなら移転費用等を出して頂けるのか?
そのお返事をいただけないと試算もだすことが出来ない。

誠意あるご返答をお願いします。と書いたのですが今だにお返事がきません。

お借りしてから家賃も滞納せずきちんと収めてきました。
昨年の4月迄は大家さん宛てに振込み、それ以降はご子息の方に振り込んでいます。
大家さん自身は昨年の夏に他界されようですが、昨年の3月位にご家族の方が不動産屋さんへ
振込先の変更を申しでられ、今後はご子息の所へ振り込んで下さいと
不動産会社から連絡が来たのでその指定口座へ現在も振り込んでいます。

法律相談等では相続の為の立ち退きは認められないので、そのまま営業を続けて
問題無いとは言われておりますが、あまりに現大家さんの誠意のなさに
憤りを感じております。

長々となりましたが、大家さんに対してきちんと返答をしていただく
方法は法的に何か無いでしょうか?

弁護士さんにご相談するにも料金的問題がある為、すぐにお願いすることが
できません。

この3ヶ月この件で悩みかなりストレスになっております。

ここまで無責任な大家さんなら今後お付き合いしていくのも
難しいと思い、正直出たいという気持ちもでてきています。

ただ、自発的に出るというのは納得がいかないのできちんとした補償なくしては
でることはできません。

つたない文章で申し訳無いのですが宜しくお願い致します。

飲食店の立ち退きについてご相談させて下さい

現在、今年で4年目になる小さな飲食店を経営しております。
今年の11月に更新予定です。(大家さんの敷地内にある古い民家の一戸建て)

3月に不動産会社から一通の連絡書が届きました。
内容は昨年、大家さんが他界し相続の為(相続人が6人)次回の更新はできません
ということでした。
不動屋さんに問い合わせたところ、現大家さん(誰が大家さんかは不明とのこと)から詳しくは聞いていなくて借家人に手紙を書いて欲しいと代表の人に頼まれた。
その後、大家さんから...続きを読む

Aベストアンサー

まず忠告ですが、寝た子は起こすなという諺があります。
理由ですが、確かに更新日を過ぎて大家が更新を望まなかった場合、法定更新になります。法定更新になると同条件で期間の定めの無い契約になりますので、飲食店であるなら今後20年間は営業を続ける事ができます。これは事実。
しかし気になる点が二つ。建物が老朽化しているとのこと。実はこの老朽化は大家側の立ち退きの正当事由となりうる事実です。つまり大家は「建物が老朽化し、今にも崩れ落ちそうなので、人命保護のために立退きをしていただきい」と法的な手法で申し出て、万が一それが認められると、立退き料を支払わずに契約を解除されてしまいます。その場合、店子は最大6ヶ月の猶予を持って退去しなくてはなりません。もちろん倒壊の危険でもない限りは認められませんが、可能性の一つとしてあると言う事です。
もうひとつは家賃です。相続が退去の事由にはなりませんが、遺産相続協議が不調な場合、本来家賃は誰に支払うべきかは定まっていません。ですので果たして息子さんの口座に振り込んでいる事が正しいのかどうかの判断が出来ません。本来は相続で振込先が変わる場合は、その店舗の権利を誰が相続したかという事を明確にしなくてはなりません。
もし、大家側が「家賃を勝手に息子に振り込んでいるが、本来の受取人ではない」と言われると、長期家賃滞納となってこれも立退きの正当事由になります。
供託できるのなら供託する方がいいのですが、それが厭なら必ず振込先変更依頼の書類を残しておく事と、振込した記録は残しておくようにしてください。
上記の事は可能性と言う意味であって、必ずそうなると言う事ではありませんが、知恵を付けられると、そういうござかしい手法を使ってこないとは限りませんので。
どうせ法定更新となっているのですから、今のまま営業し続けていても問題ありませんので、返事の無い大家など放っておけばいいような気がします。
返答を貰いたいという気持ちもわかりますが、返事をするかどうかは相手次第。法廷の場にでも持ち込まないと応じてはくれない可能性はありますし、そもそも法廷に持ち込みたくても相手が法定更新を黙認している以上、出来る事は、(弁護士を頼まないなら)内容証明郵便で立退き料の提示をし、それを頂けないならこのまま営業を続けると伝える事でしょうか。
立退き料は引越し先の敷金、礼金、引越し費用、引越し先の内装費用、移転のための広告宣伝費(顧客離れを避けるための)、現家賃と新家賃の差額2年間分程度を足した金額です。
住居なら家賃6カ月分ですが、店舗なら、家賃によりますが200万円程度ではないかと想像します。

まず忠告ですが、寝た子は起こすなという諺があります。
理由ですが、確かに更新日を過ぎて大家が更新を望まなかった場合、法定更新になります。法定更新になると同条件で期間の定めの無い契約になりますので、飲食店であるなら今後20年間は営業を続ける事ができます。これは事実。
しかし気になる点が二つ。建物が老朽化しているとのこと。実はこの老朽化は大家側の立ち退きの正当事由となりうる事実です。つまり大家は「建物が老朽化し、今にも崩れ落ちそうなので、人命保護のために立退きをしていただきい」と...続きを読む

Q賃貸で立ち退き料を払って貰えず訴訟を起こすことになりました

訴訟において立ち退き料をどれくらい請求できるのかアドバイスお願いします。 
 
築40年、家賃三万円の賃貸に9年前から住んでいるのですが、老朽化のため取り壊すので立ち退いてくれと管理会社(大家と同一)から通達が来ました。
通達が来たのは一月中旬で、四月末までに立ち退いてくれとのことです。
また、二月分から四月分までの家賃はタダにすることがつけ加えてありました。

私は管理会社に新居に移転する際にかかる費用(敷金 仲介料 引越し代等)を補償して欲しいと言いましたが、「ウチはそういうことは一切しません」の一点張りで「納得いかないなら法的手段に訴えてください」と言われました。
そこで民事訴訟を起こそうと思うのですが、一体どれくらの請求が妥当なのでしょうか?

追記 契約は敷金20万円 敷引き20万円 です。(取り壊す場合 敷引きは無効になって敷金が返金されるということはないのでしょうか?)

Aベストアンサー

管理会社(大家さん)には
「老朽化を示す公的な根拠の提示」
を求め、それが社会通念上適当でなければ退去しない旨伝え、来月以降も家賃は払って下さい。(受け取らない場合は供託して下さい)

老朽化が著しく取り壊す必要があるのでしたら立ち退きは法的に止むを得ず、また転居費用も大家さんが負担しなければいけない義務もありませんので残念ながら実費にて転居となります。
但し、取り壊しが目的ですから現状復旧費用は一切不要で敷金は全額返却が普通です。(敷引き自体が発生する要件をなさない)
そして、取り壊さなければならないほど老朽化した建物を賃貸ししていた責任を追及して遡った家賃の減額を要求すればよいと思います。
(すぐに取り壊さなければならないほど老朽化しているのでしたら直前1年間程は家賃半額等にするべきだと思います)

他方で、老朽化が居住するのに問題が無い程度の場合、転居の必要がありませんから住み続ければ良いと思います。

どちらにしても、貴方は退去の意思が無いことを示すだけで、法的手段に訴えるのは相手の方だと考えます。
(建物の程度にもよりますが裁判になれば入居者が有利だと思われます。最後は相手が出てくれと頼んでくるでしょう)

管理会社(大家さん)には
「老朽化を示す公的な根拠の提示」
を求め、それが社会通念上適当でなければ退去しない旨伝え、来月以降も家賃は払って下さい。(受け取らない場合は供託して下さい)

老朽化が著しく取り壊す必要があるのでしたら立ち退きは法的に止むを得ず、また転居費用も大家さんが負担しなければいけない義務もありませんので残念ながら実費にて転居となります。
但し、取り壊しが目的ですから現状復旧費用は一切不要で敷金は全額返却が普通です。(敷引き自体が発生する要件をなさない)
...続きを読む

Q住居取り壊しによる立退き料の相場なのですが。

大家都合による退去依頼がありました。

本来契約書内には、6ヵ月前までに居住者通知する必要があると
ありましたが、先日届いた通知には「3ヵ月後には退去してほしい」
と書いてありました。

大家からは、立退き料55万円(敷金2ヵ月分含む)を支払うので、
とお願いをされてます。

引越し費用や引越し先の敷金/礼金を考えると提示されている金額では足りません。
そこで交渉しようと考えていますが、ただその金額の相場がわからず、
教えていただきたいです。

現在の家賃は、月11万円、敷金は2ヵ月分支払済み。更新は去年済ませたばかりです。
また地震の保険も2年間分支払済みとなりますが、退去時は満了していない状態です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当方も家主都合により立ち退きを経験しました。
貴方が大家さんの一方的な都合で損をする道理はないので、貴方が損を感じず且つ退去できると納得した金額が立退料です。
今の物件の敷金は単なる預け金なので、立退料には含めず原状回復義務もないので全額返還が基本です。更新料を払っていて、契約が一方的に破棄されるなら更新料の返還もあって然るべきと考えます。

返還敷金の位置づけは揉めやすいので注意です。例えば、今の敷金を次の物件の敷金に充てるという提案をされるかもしれませんが、敷金はあくまでも今の物件に入った際の単なる預け金で貴方のお金。次物件に必要な「本来なら必要のない敷金」を発生させたのは大家さんの都合なので、返還後の使い道の指図を受ける義務はありません(もし貴方が次物件の敷金に充てても良いと思うなら、それも有りでしょう)。

とはいえ、相手が話し合いが出来る相手であれば貴方も歩み寄る努力も必要です。
揉め事に発展しないよう、注意深く交渉にあたってください。

もし、揉めてしまい、相手が不誠実で且つ貴方も徹底的に対抗するつもりなら弁護士に依頼することをお勧めします、揉めた場合の交渉は素人では無理です(当方の場合、大家は話し合いにすらならないような横暴な業者だったので、弁護士に頼んで争うことになりましたが)。
弁護士を交えて争う場合、退去で生じる実費に加えて居住権も考慮することが普通なので(立ち退きとは、貴方がそこに住んで生活する権利と生活実態を奪う行為に当たるので)、弁護士さんは退去に伴う実費に加えて貴方が現在地に住んでいる権利と利益/その住居を離れることによる不利益(路線価+居住年数+貴方の生活状況を元に試算します、借家で商売をしてると売り上げも加わります)を立退料として具体的な係争額としますので高額になる傾向があります。故に先の方が書いている法外と思える金額であっても、いざ争うとなると実際にあっても不思議ではない金額です。弁護士さんに依頼する場合は先に貴方の納得する目安額を具体的に考えた上か、もしくは現実的な落としどころを弁護士さんと相談した方がいいでしょう。

いすれにしろ、今の状況と請求可能な範囲を再確認する意味でも、一度、弁護士さんに相談はした方がいいと思います。

当方も家主都合により立ち退きを経験しました。
貴方が大家さんの一方的な都合で損をする道理はないので、貴方が損を感じず且つ退去できると納得した金額が立退料です。
今の物件の敷金は単なる預け金なので、立退料には含めず原状回復義務もないので全額返還が基本です。更新料を払っていて、契約が一方的に破棄されるなら更新料の返還もあって然るべきと考えます。

返還敷金の位置づけは揉めやすいので注意です。例えば、今の敷金を次の物件の敷金に充てるという提案をされるかもしれませんが、敷金はあくまで...続きを読む

Q立ち退き条件を提示するのに、どのような文章で書けばいいでしょう?

私の住んでいる借家で立ち退き話がでています。いろいろ調べ考えた結果、向こうが示した条件では立ち退かないという結論に至りました。
大家さんは代理人を立てて書面にて条件を提示してきましたので、こちらも「こういう条件でなければ立ち退かない」旨の文書を作成して提示しようと思っています。
そこで質問なのですが、どのような文章で書けばよいでしょう。文例をいろいろ検索してみたんですが、ビジネス文例集はあってもこういう場合の文例は見つけられませんでした。内容としては、
・立ち退きに応じる気持ちはあるが、提示された条件だと経済的にきついということ。
・こちら側の立ち退き条件(いくらで、という金額提示)
・返答は○月○日までに。それを過ぎると立ち退きの話はなかったことにする。
というようなことを入れたいと思っているのですが・・・。
それと、この書類を提出するのは、代理人でいいんでしょうか?
またその提出方法は?(郵送?FAX?直接きてもらう?)
具体的に書いてくださってもかまいませんし、参考になる文例集(法律)を書いてくださるのでもかまいません。どうか知恵を貸して下さい。よろしくお願いします。

私の住んでいる借家で立ち退き話がでています。いろいろ調べ考えた結果、向こうが示した条件では立ち退かないという結論に至りました。
大家さんは代理人を立てて書面にて条件を提示してきましたので、こちらも「こういう条件でなければ立ち退かない」旨の文書を作成して提示しようと思っています。
そこで質問なのですが、どのような文章で書けばよいでしょう。文例をいろいろ検索してみたんですが、ビジネス文例集はあってもこういう場合の文例は見つけられませんでした。内容としては、
・立ち退きに応じる...続きを読む

Aベストアンサー

美辞麗句を並べる必要もなく、ご自身の書き方で宜しいかと思いますが、それでは余りに不親切なので、例として記載します。

------------------------------------------------
借家の立ち退きの件

拝復、○年○月○日分の配信(コピー別途貼付)を、拝見いたしました。
お申し出でをお受けできるかどうか、当方で検討いたしました結果、この条件をお受けすることは困難という結論になりました。従って、正式にお断りさせていただきます。
尚、立ち退きに関わる経済的な損失を当方の基準で計算した所、○○円という結果となりました。このことを踏まえ、頂戴した条件に変更余地がある場合は、○年○月○日までにご連絡くださいますようお願い申し上げます。ご連絡なき場合は、立ち退きのお話はなかったものとさせていただき、以降の交渉は打ち切らせていただきます。
敬具
--------------------------------------------

>この書類を提出するのは、代理人でいいんでしょうか?

代理人契約書を明示され、全ての権限を代理人が持っているならば代理人ですが、そうでない場合は大家に直接提出すべきだと思います。勿論、両方に渡すことが親切です。

>またその提出方法は?(郵送?FAX?直接きてもらう?)

郵送で良いでしょう。特に書き留めなどにする必要もないと思います。しかし、文面のコピーを取っておく必要はあります。

文面はご自身でアレンジしてください。そのまま使用すると、著作権を保有する当サイトから訴えられる可能性がありますので。

美辞麗句を並べる必要もなく、ご自身の書き方で宜しいかと思いますが、それでは余りに不親切なので、例として記載します。

------------------------------------------------
借家の立ち退きの件

拝復、○年○月○日分の配信(コピー別途貼付)を、拝見いたしました。
お申し出でをお受けできるかどうか、当方で検討いたしました結果、この条件をお受けすることは困難という結論になりました。従って、正式にお断りさせていただきます。
尚、立ち退きに関わる経済的な損失を当方の基準で計算した所、○○円と...続きを読む

Qテナント家賃の値上げについて

不況な今、家主さんから店舗家賃を3万円(税別)の家賃値上がりをお願いされたのですが、金額や理由が妥当かどうかわかりません教えてください。

家主さんは4階建てマンションのオーナーさんで、以前一階部分を事務所に使用されていたのですが
8年前に貸し出しを決意され、私がタイミングよく借りることになりました。
当は24万(税別)で貸したいと言う家主さんの要望でしたが、地元である不動産屋の担当の方が、ここは裏通りで人通りも少なく、飲食不可物件なので22万が妥当でしょうと交渉してくれました。

そんな不動産屋の担当の方は、同家主の(うちの店舗含め)マンションごと担当していたのですが、
4年前にマンションの入居者が引越しの際、家主に不当な請求をされた為、裁判になり、不動産屋もさすがに不当と判断した証言をした為、入居者の勝訴に終わりました。それに腹を立てた家主さんが不動産屋さんを切ってしまい、4年前から仲介者もいないまま、更新も家主さんと直接手続きをしておりました。
今回の値上げについて、不動産屋さんの元担当に相談したところ、あくまでも、今の家賃は相場に合っているし、土地の値段は下がっているので、値上げは応じることは無い。と言われたので、家主さんに値上げは厳しいことを伝えたところ、
家主さんは、うちも経営が厳しく、土地の値は下がっているのに、税金は上がり、マンションを立ててから10年経ったから、修繕費やら経費が増えた為赤字続きで、新しい税理士から、今の店舗賃料は安すぎるので26万税別にしなさいと言われたが、それではいくらなんでもかわいそうなので25万(税別)にしてあげようと思っている。
それと、貴方が借りる前はうちが自営で使っていたから税金も安かったと。
本当は前から値上げはしたかったけど、今までしなかったんだから十分サービスしてきた。
とも言われました。
とりあえず、値上げの理由を書類でくれとお願いしたところ、「それは税理士が提案したことだし、そこまでしなくても・・」と曖昧な返事をされましたが、書類で貰う必要は無いのでしょうか?

そして、このような話が家賃値上げの理由になるのでしょうか?

不況な今、家主さんから店舗家賃を3万円(税別)の家賃値上がりをお願いされたのですが、金額や理由が妥当かどうかわかりません教えてください。

家主さんは4階建てマンションのオーナーさんで、以前一階部分を事務所に使用されていたのですが
8年前に貸し出しを決意され、私がタイミングよく借りることになりました。
当は24万(税別)で貸したいと言う家主さんの要望でしたが、地元である不動産屋の担当の方が、ここは裏通りで人通りも少なく、飲食不可物件なので22万が妥当でしょうと交渉してくれました。

そ...続きを読む

Aベストアンサー

原則としては値上げの根拠がないので、
あくまでお願い、あるいは契約変更の申し入れ、ですね。

家賃というのはそう簡単にほいほい変更できるものではなく、
周辺相場からかけ離れているなどの理由なしに
一方的に変更できるものではないです。
よく契約書に家賃の変更についての項目がありますが、
これが認められるのは、
あくまで周辺家賃相場との著しい乖離や
新たな付加価値を付け加えたことによる相場との差を埋めるなどの
根拠がなければ認められません。

今回の大家さんの家賃値上げの言い分は
完全に大家さんの都合のみですので、
あなたが否、と返答すれば
無理やり賃上げ等の措置はとれません。
(周辺相場に沿っているとのことなので、
 仮に裁判になっても認められる可能性は
 極めて薄いです。)
昨今の賃貸物件事情を考えれば、
いまだに借り手市場ですし、
家賃の値上げなど、大家側の甘えでしかないと感じます。

それから、大家の主張は書面でもらっておいたほうが、
あとで何か揉め事になったときに使えますし、
仮に今回値上げに応じたあとで、新たな値上げを要求されたときに
それを拒否する有効な根拠書類になりますので、
相手の言い分を書類で証拠の残る形でもらっておくのは
良いことだと思います。
逆に書面も出せないような要求は聞く耳持つ必要ないですしね。

ただ現実的に考えますと、
あまり相手の要求を法律を根拠に拒否していると
相手もかなりひどい手段を取ってくる可能性もありますので、
(わずかの滞納でも契約解除を通告してくる等)
余裕があるならば
新たな物件を検討したほうがいいのかなとも思いますが。

原則としては値上げの根拠がないので、
あくまでお願い、あるいは契約変更の申し入れ、ですね。

家賃というのはそう簡単にほいほい変更できるものではなく、
周辺相場からかけ離れているなどの理由なしに
一方的に変更できるものではないです。
よく契約書に家賃の変更についての項目がありますが、
これが認められるのは、
あくまで周辺家賃相場との著しい乖離や
新たな付加価値を付け加えたことによる相場との差を埋めるなどの
根拠がなければ認められません。

今回の大家さんの家賃値上げの言い分は
完全に大...続きを読む

Q借地料の適正価格の調べ方[教えて]

約50年前に借地(13坪)に居住用家屋を建てて今日に至っております。過去に幾度か土地代の値上げもありましたが約10年前から今日まで月額(\10,215/13坪)で借用していたところ、このたび地主から突然月額(\19,068/13坪)に値上げすると一方的に通告され賃貸借契約書を渡されまた。
そこで
(1)現在の土地代\10,215が妥当な金額なのか否か(安いのか、高いのか、こんなものなのか)客観的にしらべる方法を教えていただきたいのです。

(2)時の経過と共に評価額、相場も変わるでしょうから賃借料が変化するのはやむを得ないこともわかりますが一気に90%近く値上げするのは果たして同義的、法律的にいかがなものでしょうか?
土地の所在地は再開発とか商業施設も無く、ごく普通の変化の無い下町で土地の相場を左右するような条件はありません。

(3)値上げを拒否する方法はどのような方法でしょうか?

Aベストアンサー

※地代は個別性が強いので、以下の回答はひとつの見方(ヒント)として読んで下さい。

1.地代をコスト面から見た場合、一般に「地代=固定資産税(都市計画税も含む)+地主の報酬(必要経費も含む)」という算式で表されるので、まず、この土地の固定資産税等を調べることから始めて下さい。

 借地人は、土地所有者の承諾なしに、土地の固定資産税評価証明書を市役所で取ることができるので、借地契約書や身分証明書など必要書類を持参の上、市役所の担当課でこの証明書を発行してもらって下さい。必要書類は市役所によって異なることもあるので、事前に電話でご確認されてからのほうがいいです。証明書の発行手数料は、概ね500円前後だと思います(市によって異なる)。

 評価証明書には固定資産税と都市計画税の年額が記載されていますから、その金額の2倍~4倍が「借地権」を主張するための地代の年額の最低水準になります。月額地代は単純に12ヶ月で割れば算出できます。
 「2倍~4倍」と幅があるのは、市町村によって税の負担調整の適用状況が違うからです。

2.次の検証方法は、相続税路線価から推定する更地価格に地代利回りを乗じて地代を試算してみる方法です。
 国税庁HPを下記に貼っておきますので、「平成17年度路線価図」から自宅の土地の路線価を見つけて下さい。
http://www.rosenka.nta.go.jp/main/main_h17/index.htm

 例えば、路線価が「280」と表示してあれば、280000円と読んで下さい。路線価は時価の80%相当なので、28万円を0.8で割り戻せばおおよその更地価格を推定することができます(28万円÷0.8=35万円)。
 地代利回りは地域性や個別性に左右されるので、確定的な数値は出せないのですが、一般に住宅地の地代の期待利回りは1.5%~2.0%程度だと言われています。
 愛知県HPから、「定期借地権の活用による期待利回りと税負担」に関するページをご参考までに貼っておきます。
http://www.pref.aichi.jp/tochimizu/akispace/seminor/kiroku-take2.htm

 例示として期待利回りとして1.5%を採用した場合、35万円×1.5%=5250円と求め、これに土地の面積43m2(=13坪)を乗じて、年額地代225750円を試算します。12ヶ月で割って、月額18812円がこの路線価の場合、地代の標準的な数値になると思います(※なお、地代は個別性が強いので、本件のように土地面積が少ない場合、1.5%より高い利回りになることもあると思う)。

 なお、相続税で定期借地権の評価額を求める場合の利回りは、3.0%です。国税庁HPから「基準年利率」のページを貼っておきます。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/sonota/hyouka/1205/02.htm

3.このほか、同様の居住用家屋について自宅周辺の地代水準を調べて、それとの比較をするという方法が考えられます(市場性から検証する方法)。しかし、地代の相場は一般に公表されていないので、一般人が地代の事例を多く収集するということは現実にはとても困難なので、この方法は採用できないと思います。

 上記で紹介した固定資産税から検証する方法、相続税に地代利回りを乗じて検証する方法を基に、参考値としてコスト面から検証した地代の水準を試算してみて下さい。

4.借地借家法では、地代増減を当事者どちらからでも主張できるので、地主が「突然月額19,068円に地代を値上げ」しても有効な契約です(借地借家法11条1項)。「90%近く値上げする」というのは結果にしか過ぎないので、道義的にも法律的にも全く問題はありません。ですから、借地人は、指定された月から改訂された地代を支払うことになります。

※平成4年以前の借地契約は、基本的に旧法である「借地法」が適用されますが、説明をわかりやすくするため新法である「借地借家法」で回答しています(条文の趣旨や考え方はほとんど同じです)。

 ただし、改訂された地代に不服なら、そのことを地主と交渉して上げ幅を縮めてもらうことは可能です。それでも地主が折れなかったら、裁判で決着を付けるしかありません。
 裁判の結果、地主の地代が認められたら、改訂地代と現行地代の差額について年10%の利子を付けて地代を支払う義務があります(借地借家法11条2項)。
 逆に、借地人が主張する地代が認められたら、現行地代を支払っているだけでよいということになります。

 値上げを拒否する方法は、まず、地主と交渉をして上げ幅を下げてもらうこと、それでも地主が拒否したら現行地代はしっかり支払った上で(地代を支払わないと債務不履行になるから)、地代に関する裁判を地主に起こしてもらうしかないと思います。

※地代は個別性が強いので、以下の回答はひとつの見方(ヒント)として読んで下さい。

1.地代をコスト面から見た場合、一般に「地代=固定資産税(都市計画税も含む)+地主の報酬(必要経費も含む)」という算式で表されるので、まず、この土地の固定資産税等を調べることから始めて下さい。

 借地人は、土地所有者の承諾なしに、土地の固定資産税評価証明書を市役所で取ることができるので、借地契約書や身分証明書など必要書類を持参の上、市役所の担当課でこの証明書を発行してもらって下さい。必要書...続きを読む

Q助けてください。アパートの立退料の相談です。

東京都目黒区で築30年の63000円アパートに3年11ヶ月住んでおります。
滞納したことはありません。
先月、家賃の支払いをした際に更新の契約書(2年の普通借家契約)が届かない事を大家に伝えたところ、2ヶ月後くらいに老朽化という理由で立ち退きを突然言われました。
管理会社へ問い合わせたところ、管理会社も立て壊しの話を大家からの報告されていませんでした。
当然、1年~6ヶ月前に契約書等も送られてきていません。
通達もなく2ヶ月後に退去しなくてはなりません。

管理会社に立退料の交渉をしていただいたのですが、大家は一切払うきがありません。
管理会社に何度も問い合わせても答えは帰ってきません。

先日、今月分の家賃を渡しに行った際に自分で交渉してみましたが一切払うきがありません。
逆に、家賃有りで6ヶ月延長するか?と言われ
さらに、以前住んでいた物件でも同じクレームつけたんじゃないのか?と言われました。

かなり怒ってます。
怒りがおさまりません。
私が調べた限りで常識範囲の20~30万の立退料では許せなくなりました。
来月からは住みたくもありません。
もうお金でしか解決できないと思います。
近日中に弁護士に相談して最高の金額を請求するつもりでいます。

こんな状況ですがいくらくらい請求出来るものなのでしょうか?
インターネットの情報ではたりません。
リアルな金額を教えていただきたいです。
今月いっぱいの退去なので時間がありません。
よろしくお願い致します。



まとめ
・大家は70歳くらい。
・立地は目黒区祐天寺で4戸。
・入居時の敷金は1ヶ月分。
・2年目の更新は出来た。
・借り主の質問で発覚した2ヶ月後の退去。
・管理会社が大家の管理を出来ていない。
・普通借家契約なのに通達がない。
・大家の許せない発言。
・立て壊すのに延長はありえない。
・退去までに次の部屋は探せない。時間がない。
・隣に住んでいるのに大家からの連絡がない。
・他の住居人は黙って出て行くと大家は言っている。

以上、書き足りない事もあると思いますがよろしくお願いします。

東京都目黒区で築30年の63000円アパートに3年11ヶ月住んでおります。
滞納したことはありません。
先月、家賃の支払いをした際に更新の契約書(2年の普通借家契約)が届かない事を大家に伝えたところ、2ヶ月後くらいに老朽化という理由で立ち退きを突然言われました。
管理会社へ問い合わせたところ、管理会社も立て壊しの話を大家からの報告されていませんでした。
当然、1年~6ヶ月前に契約書等も送られてきていません。
通達もなく2ヶ月後に退去しなくてはなりません。

管理会社に立退料の交渉をしていただい...続きを読む

Aベストアンサー

相談者さんは、退去したいと思っているようですが、納得できる立ち退き料を
要求したいのなら、退去せずに法定更新を狙う方がいいです。

半年前までに通知しないといけないという点も大家側のミスがありますが、
そちらの物件は築30年ということですが、生活するのに危険性があると
思われますか?
例えば、去年の震災などがあったために、貸主が建物の診断をしてみたら、
とても危険な状況であることが判明した・・・というのなら仕方がないかと
思われます。
しかし、そういったものがなければ、金銭的(立ち退き料を払うことで)解決を
することができるでしょう。

ただ、相談者さんが、もうこんな大家嫌だということで退去してしまうと、
立ち退き料を請求しても貰えなくなってしまうことになることがほとんどです。
絶対に、立ち退き料を貰ってから引越しの準備をするようにして下さい。
約束だけでは駄目です。
立ち退き料を貰うという条件で引越し先を探したのに、貰えなかったので
引越し先をキャンセルしたらキャンセル料を請求されて払うことになった、
という事例もありますので。

今の時点で、弁護士に相談する必要はないと思います。
相談者さんとしては、このまま家賃さえ払い続けていればいいのです。
もし、よっぽど貸主が相談者さんを退去させたいということになれば、
相手の方から提案があると思います。
その時に、良い条件を引き出せればいいのです。

金額的には、最初に預けた敷金はお返ししてもらって、今の家賃の半年分の
金額が妥当なラインだと思います。
つまり、7ヵ月分の家賃分です。
あとは、本来なら半年前に通知しなくてはならなかったものを、2ヵ月前という
時期に伝えられたのですから、その差である4ヵ月分の家賃をかわりに貰えないかを
交渉してもいいと思います。
そうすると、100万は厳しいですが、もう、こんな大家と今後も付き合うのは
嫌だという気持ちも強いのであれば、そのあたりで交渉してみてはいかがかと
思います。

ところで、契約書には貸主からの契約解除の場合の規定は何かありますか?
貸主からの契約解除は6ヵ月前までに(ここまでは当然)、
文書によって通知しなければならない。
というような規定になっていませんか?
「6ヵ月前まで」という期間については、契約書に書いてあってもなくても
それが有効ですが、普通は文書で通知するものです。
これは、6ヵ月前までに通知したという証拠のために、文書(内容証明など)で
出すのが実務では多いのですが、もし、そのように書いてあるのに、文書で
出していないという点も突っ込みどころです。
確認してみて下さい。

他の入居者はあまり気にしない方がいいかと思いますよ。
すごく仲の良い人がいるとかでなければ、共同して立ち退き料を・・・という
ことは考えなくてもいいです。
逆に、入居者が相談者さんだけが残っている状態の方が、立ち退き料を多く
取れるということもあります。
全員が残っているとなると、では、立退きするのは延長しようか・・・と
予定を変更される場合もあります。

まぁ、基本的には、家賃をそのまま払い続けて、契約期間満了後は
法定更新ということでいいかと思いますよ。
ただ、前にも言ったように、早めに退去したいとなると、かなり難しい
ことになってしまいます。
長期戦を覚悟でする必要があります。

相談者さんは、退去したいと思っているようですが、納得できる立ち退き料を
要求したいのなら、退去せずに法定更新を狙う方がいいです。

半年前までに通知しないといけないという点も大家側のミスがありますが、
そちらの物件は築30年ということですが、生活するのに危険性があると
思われますか?
例えば、去年の震災などがあったために、貸主が建物の診断をしてみたら、
とても危険な状況であることが判明した・・・というのなら仕方がないかと
思われます。
しかし、そういったものがなければ、金銭的(立ち...続きを読む

Q道路拡張に伴う立ち退き補償について

わからないので、教えてください.
実家が道路拡張にかかり、市から立ち退きの話しがきました。
市との話し合いをしていくにあたり、こちらから要求できる補償の種類を知りたいです.
実家は、借地ですが、建物は所有しています。母が一人で理容業を営んでいます.
従業員は現在はなし。道路拡張には100%かかります。
現在の話し合いの状態は,すぐ近くに代替え地を斡旋してもらい,今住んでいる家の査定まで終りました.これから具体的な金額と話し合いになるのだと思います.
土地が借地でなければ、補償で充分新しい店をつくれるのでしょうが、借地であるので、その点が不安です。年老いた母一人の店ですので,借金もできず、なるべく市の補償でできるようにと願っています.
同じような経験をされたかた、法律の専門家の方、アドバイスでもよいのでお願いします.

Aベストアンサー

現在の国内での公共事業の用地買収について、
土地所有者など、買収される側にたって、適法に交渉を行い、
最善の補償を獲得する自信は有ります。
そのための、知識・経験も普通の人よりもあります。
否、平均的な用地職員より、知識、交渉テクニックを持っている
自信もあります

また、個別に相談を受けても、知っている限りの事はお教えする気持ちも
あります。

しかし、余人の雑音、その他の煩わしさ無しで、彼方と完全に私をつなげる
方法がないようです。
私の知識は、様々な人達の相談を受け、獲得していったものです。
その事を、おざなりにして、彼方とだけの相談を優先する事はできません。
私が、PCの前だけで、彼方とつながる方法があれば、別です。
申し訳ないですが、その方法は、彼方の方で見つけてください。
それが、可能となれば、御協力はさせていただきます。

Q立ち退き交渉

オーナー都合で立ち退きの連絡が、管理会社から来ました。
立ち退き理由は、老朽化で取り壊しだそうです。

ただ、立ち退き期日が4月末までと3ヶ月しかなく、準備も費用も何もない状態です。
契約書には6ヶ月前に連絡とあったのですが、3ヶ月前に来るとは思っていませんでした。

これから管理会社と交渉をしようかと思っているのですが、過去の質問を参考にしまして
●現状回復義務の免除
●引っ越し費用の負担
●新しい住居の礼金・敷金
●新しい物件の仲介手数料
●物件探しと引っ越しの日当と迷惑料
●今住んでいる家賃
以上の交渉を行えば良いのでしょうか?
今住んでいるところは敷金がなかったので、返金はないと思っています。

マンションや戸建の購入も検討しているのですが、その場合でも費用は貰えるのでしょうか?

アドバイスをいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>契約書には6ヶ月前に連絡とあったのですが、3ヶ月前に来るとは思っていませんでした。

まず貴方が主張すべきことはここだと思います。

交渉を有利に進める糸口としてこの部分を指摘すること。
そして立退き理由である「老朽化による取り壊し」が早急に必要であるか?という2点を追及するべきです。

貴方は原状を鑑みて「早急な取り壊しの必要が無い事」と「6ヶ月前の告知条項」を建てに、退去の拒否や延期を主張するべきであると思います。


退去費用に関しては相手方の提示を待ちましょう!

ただ、退去したくても貯蓄が無く引越し費用や新居の敷金・礼金が捻出できない事も、遠まわし?に伝えるべきだと思います。



次に立ち退き料の明確な相場はありません。
法的にも請求(支払)の権利(義務)もありません。

ですから、質問に掛かれているような内容が権利としてあるか?ないか?という問題では無く、あくまでも金額を算定する為の根拠でしかありません。


つまり貴方が退去する為には、最低限これだけの費用が必要であり引越すことでこれだけの不利益(家賃の増加など)を被る!だから、必要な費用と不利益の補てんがあれば退去しますよ!というのが立ち退き料の相場であると思います。


仮に貴方から立ち退き料を提示するのであれば
・引越し費用として
・敷金、礼金、諸費用として
・近隣家賃の相場との差額(1年分?)
その他の損害などを考慮して、80万(仮)程度の費用が無いと引越すことは出来ません。

というような交渉が宜しいかと思います。


仮に…大家(仲介業者)は以下のような条件を出してきたら
・引越しまでの現在の家賃は不要
・引越し先の候補を提示します。
・上記に引越す場合は敷金は負担し、礼金・諸費用は不要
・家賃も現状と同等(ただし更新までの2年間)
・引っ越し業者の手配と費用もする。
と言われれば、立ち退き料を請求する根拠は無くなるでしょう。

>契約書には6ヶ月前に連絡とあったのですが、3ヶ月前に来るとは思っていませんでした。

まず貴方が主張すべきことはここだと思います。

交渉を有利に進める糸口としてこの部分を指摘すること。
そして立退き理由である「老朽化による取り壊し」が早急に必要であるか?という2点を追及するべきです。

貴方は原状を鑑みて「早急な取り壊しの必要が無い事」と「6ヶ月前の告知条項」を建てに、退去の拒否や延期を主張するべきであると思います。


退去費用に関しては相手方の提示を待ちましょう!

ただ、退去し...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング