トレーニング上級者の方にアドバイス頂きたく質問させて頂きます。

昨年8月からダイエットを始め、軽い筋トレなどを行い現状下記のような状態です。
42歳 男性 身長 174センチ 体重 63キロ前後 体脂肪率 14%前後(オムロン体脂肪計)
そこで今後の目標として 2%位の体脂肪減少と2キロ位の筋肥大 をめざしたいと思っています。

現状は
(1) 週2回会社帰りにスポーツジムでマシーントレーニング
  12~3種類のトレーニングマシーンを10レップ3セット(のつもり・・・)
(2) その他の日はシットアップベンチで腹筋3セットと心拍平均130~135位でマウンテンバイクを1時   間半ほど
(3) 週1日位は仕事の都合などで不定期に完全休養

また食事は
(1) 筋トレ日
  朝 ご飯一杯 納豆 味噌汁 ヨーグルト SAVASホエイプロテイン牛乳で1食分(約21グラム)
  昼 あまり気にせず外食
  ジム前にエネルギ―ジェル(180カロリー位) 運動中にSAVASアクアホエイを水で1食分(約21グ  ラム)
  夜 脂質少なめおかずに、ご飯茶碗に半分くらい SAVASホエイプロテイン牛乳で1食分(約21グラ  ム)
(2) バイク日
  朝 ご飯一杯 納豆 味噌汁 ヨーグルト SAVASホエイプロテイン牛乳で1食分(約21グラム)
  昼 あまり気にせず外食
  夜 脂質少なめおかずに、ご飯茶碗に半分くらい
  腹筋・バイク後にSAVASホエイプロテイン牛乳で1食分(約21グラム)
(3) 休養日
  朝 ご飯一杯 納豆 味噌汁 ヨーグルト SAVASホエイプロテイン牛乳で1食分(約21グラム)
  昼 あまり気にせず外食
  夜 脂質少なめおかずに、ご飯茶碗に半分くらい
  寝る前にSAVASホエイプロテイン牛乳で1食分(約21グラム)
とこんな感じです。

改善したほうが良い点があればぜひ教えて頂きたいのですが、よろしくお願い致します。

※最近筋トレ後に筋肉の疲労感はありますが、筋肉痛はあまりありません・・・
  完全なマッチョを目指してるわけではありません・・・

A 回答 (4件)

#2です。



>例えば 1回目10回・2回目6~8回・3回目少し負荷を減らして6~8回 位な感じでもよろしいのでしょうか?

そんな感じでもいいですし、負荷を減らさずに最後のセットが連続4回ぐらいしかできなくても、5秒ぐらい休むと1~2回程度は無理やり挙げることができたりするんで、4回+(5秒休み)+1回+(5秒休み)+1回、みたいな感じでもいいです。
筋肥大には、とにかく筋肉に「もう限界」というのをなるべく感じさせてあげる必要があります。ストレートセット(あくまで3セット全部10回挙げる)だと、結局限界を感じるのが最後のセットの最後の1発だけです。人間の脳ってのは騙され易いので、限界と思っても本当の限界はまだ先にあったりするんで、本当に限界まで筋肉を使い切ってやるためには1セット目から全力出して挙げられないとこまでやってやる必要があるんですね。そうすると、特に初級者レベルの場合、ようやく本当の意味での限界ってのが、最後の3セット目に訪れてくれるんです。

あと、フリーウエイトですけど、マシンだろうとバーベルだろうとダンベルだろうと、きちんと対象筋を「効かせる」ことができれば、ぶっちゃけどっちだろうと効果は大差ないんですが、ただマシンてのは一見初心者向けのように見えるんですけど、対象筋への意識を持たなくても軌道が一定のため、無理やり挙げようとすれば挙がってしまう、というのがちょっとした欠点なんです。
なので、正しく対象筋を使えないフォームのままマシンの重量が上がっていくと、変な部分に負荷がかかって故障する原因にもなりますし、何よりトレーニングしたい部位に十分刺激を入れられないんです。
その点、フリーウエイトは正しく対象筋を使って正しいフォームで挙げないとフラついてそもそもウエイトが挙がりません。そういう意味では自然とフォームや対象筋への意識が身につき易いんです。(もちろん、最初に正しいフォームを学ぶ必要はありますけど)
なので、特に大胸筋の種目については、せめてダンベルを使ったフリーウエイトの種目(ダンベルベンチプレスやダンベルフライ)はやっておいた方がいいと思いますね。それにやっぱバーベルベンチプレスは筋トレの華です。やってみれば分かりますけど、記録が伸びてくのが楽しくなって筋トレを続けるモチベーションの向上に大いに役立ちます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわ!

度々のアドバイスありがとうございます!
本当に皆様参考になります!

フリーウエイトとくにバーベルベンチプレスやってみようかな・・・って気になってきますが、
ジムに行ったときに本当に上級者の中に混じっていけるかどうかはその時次第かな・・・^^;

<筋肉に「もう限界」>を感じさせるトレーニングしよう!
<体脂肪率・体重>は気にせずどんどん食べよう!
この2点を肝に銘じ今後の筋肥大に向かって頑張っていこうと思います!

この場を借りて回答を頂いた皆様に厚く御礼申し上げます!
本当にありがとうございました!

今回「教えてgoo」に関しまして初投稿となるため、ベストアンサーのシステムが良く分かっていませんが、2回の回答を頂いた「Crims0nKing」様にベストアンサーのお礼をさせて頂きたいと思います。
しかし繰り返しになりますが皆様には本当に感謝しています!
皆様本当にありがとうございました!(今後頑張って報告が出来るように努力します!)

お礼日時:2012/04/28 21:57

ここの質問やジムでトレーニングしている人の話を聞いていると


『本格的なゴリマッチョは目指していないけどホソマッチョになりたい。だからジムで軽めのトレーニングをしています』と言う話によく出くわします。
でも、実際に目標としてるのは、総合格闘技の選手だったり海外のサッカー選手だったりします。
正直いって、あそこまでの体になるには、相当ハードなトレーニングが必要であって、ゴリマッチョを目指して調度良いくらいだったりするんです。

質問者さんの場合、体脂肪2%ダウンと言うのはおそらく比較的簡単に出来ると思いますよ。
体脂肪率2%と言えば、計測機器の誤差程度の話です。

一方、筋肉量2kgアップを今のトレーニングで達成するのはかなり難しいかと思います。
(詳しいトレ内容は表記されてませんが、『12~3種目』『週2回』『マシントレーニング』『10回×3セット』等のキーワードからの推測です。)
増してや体脂肪ダウンと同時に…と言う話になると至難の業だと思います。

すでに回答にもありますが、
『当面は体脂肪ダウンは目をつぶる』
『トレの強度を上げる』
『体重を一旦70KG弱までアップ』
『その後トレ強度は出来るだけ落とさず食事を見直して体脂肪ダウン』
と言った順序が王道です。

また、トレーニング内容に関しては一般的に強度の低いマシントレーニングを多種目するよりも、可能であればフリーウェイトを各部位毎に2~3種目する事を是非おすすめします。
それも、細かい部分まで全身くまなくトレーニングするのではなく、当面は『大胸筋、広背筋、大腿筋』のトレーニングに限定しても、他の部位もそれなりに効果はでます。
当然、トレーニングに際しては『各セット限界まで』が基本です。
(細かいトレーニング種目に関しては、既に他の回答者さんが仰っているので割愛します)

またトレーニング初心者のうちはフリーウェイトだけで完璧に追い込むことができない場合もありますので、その際は補助的にマシントレーニングを上手く取り入れて丁寧に追い込めばいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちわ!

>『当面は体脂肪ダウンは目をつぶる』
 『トレの強度を上げる』
 『体重を一旦70KG弱までアップ』
 『その後トレ強度は出来るだけ落とさず食事を見直して体脂肪ダウン』

を目標に頑張ってみようと思います!
最初にアドバイスいただいた方のお礼にも書きましたが、スポーツセンター内のジムでのフリーウェイトは正直自分的にはハードルが高いです・・・
基本マシーンで負荷を上げ頑張ってみます。
皆様の回答を参考にし体脂肪減少については考えないことにしました!

アドバイスありがとうございました!

お礼日時:2012/04/28 13:08

筋肉増やしたいなら、食事の量を今より増やすべきです。


デブる必要性はないと思いますけど、筋肉は基本的に余剰カロリーがないと増えません。また、休養日だろうと筋肉は成長中なので、きちんと材料となるたんぱく質や炭水化物をしっかり摂取した方がいいですよ。

トレーニングですが、12~3種類のマシントレーニングを週2回ってのは、少々種目数が多過ぎる気がしますし、そんだけできるって事はあまり追い込めていないような気もします。
なので、ある程度種目数を絞った方が効率的かも知れません。

例えば、私だったらこんな感じでメニュー組みます。
<胸>
・ バーベルベンチプレス or チェストプレス 3セット
・ ダンベルフライ 2セット
<背中>
・ ラットプルダウン 4セット
・ シーテッドロウ 3セット
<脚>
レッグプレス 3セット
ランジ 2セット
<肩>
サイドレイズ 2セット
<腹筋>
荷重クランチ 2セット

これぐらいなら、1時間以内でトレーニング回せると思います。

ちなみに、「10回3セット」っていうのは、3セットとも10回できるような感じであれば、少々見直した方がいいかも知れませんね。
3セットとも10回できるのであれば、最初の1セット目は多分限界までやっていないでしょう。1セット目からきちんと10回が限界の重量設定でやるべきです。そうすると2セット目3セット目と、回数が減っていくと思いますけど、それでいいんです。極端に回数が下がってしまうようであれば3セット目は多少重量落としても構いません。とにかく全てのセットで限界までやるようにする方が効果は高いです。


>完全なマッチョを目指してるわけではありません・・・

ゴリマッチョになるには相当の年月が必要ですんで、心配せずにどんどん追い込んで下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます!

<少々種目数が多過ぎる気がしますし、そんだけできるって事はあまり追い込めていないような気もします>
なるほど・・・確かに追い込めてないというのは一理あると思います。
組んで頂いたメニューを参考にして今後トレーニングしたいと思います。
<3セットとも10回できるのであれば、最初の1セット目は多分限界までやっていないでしょう>
おっしゃる通りです!
逆に3回目が8~10回位になるような負荷で行っていました。
最初が10回ぎりぎりだと、3回目は下手したら5回もできないくらいになってしまうので・・・
例えば 1回目10回・2回目6~8回・3回目少し負荷を減らして6~8回 位な感じでもよろしいのでしょうか?
再度教えて頂ければ幸いです。

とのかく摂取カロリーは気にして増やすようにします。

本当にありがとうございました!

お礼日時:2012/04/28 08:12

>……今後の目標として 2%位の体脂肪減少と2キロ位の筋肥大 をめざしたいと思っています。




体脂肪の目標数値は可能と思われますが、筋量2kg増は、ちょっと困難であるような気がします。
なにより、筋肥大を目指すには余りに体重が少な過ぎるのです。174cmの身長ならば、85kg位までの増量が普通ではないのかなと思われます。従って、筋肥大を目標に定めた人は、一日五食にするなどしてひたすら食べまくります。実際、何も考えずに食べまくっているだけで、挙上重量はどんどん増えます。筋力は筋断面積に比例することになっていますから、挙上重量が増えているということは、筋肥大していることを意味します。

出来るだけ短期間で理想の体型を得たいのならば、一度、マシンではなく、フリーウェイトをやってみませんか。体重を増加させつつ、例えば、ベンチプレスの挙上重量Maxに挑戦し、初期段階よりプラス30kg、Maxが向上したところで食事量を元に戻して体を絞った時、あるいは体重は70kg前後までの減量が限界になってしまうかも知れませんが、着衣時であれば、63kg時と傍目には大体同様でしょう。で、その時、2kg以上の筋量増も達成されているのではないでしょうか。筋骨量のある人というのは、見た目と実際では+10kgくらい違ってきます。つまり、アスリートと殆ど同体型でも、アスリートの体重は、素人より10kgくらい多いものです。

折角ジムに通っておられるなら、ベンチのほか、バックスクワットとデッドリフトなどのフリーウェイトを一度経験しておきますと、何かと便利です。あるいは、もう少し年取って自重筋トレに転向などした時、自重のスクワットもプッシュアップも、フリーでのバックスクワットやベンチの経験が生かされて、自重筋トレでのフォームが全く違ったものになります。効かす為の正しいフォームが知らず知らずに身に付くのだと思われます。また、チンニングやディップスなどを含めて自重筋トレのみであると言って相当なマッチョ体型の人もおりますが、彼らは間違いなく、一度、フリーウェイトで体を作っている筈です。今現在は、自重のみと言っているだけなのですが、そそっかしい人は、本当に自重だけで良いものと勘違いします。実際、自重のみと言うマッチョに「ベンチは何kg?」と尋ねると、「120~130kg」などと即答しますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。

<筋肥大を目指すには余りに体重が少な過ぎるのです>
そうなんですか・・・
体重が少ないなんて思ってもみませんでした・・・
<一日五食にするなどしてひたすら食べまくります>
実は「痩せる」から運動を始めたので食事制限を最近までしていました。
やはり食べることが重要なんですね!
<フリーウェイト>
ですが・・・通っているのはジムといっても市のスポーツセンターです。
フリーウェイトをしている人たちの体系をみると、とてもじゃないけどその中に入っていく勇気はありません・・・職員よりもトレーニングをしている人のほうがよっぽど知識がありそうなので、フリーウェイトをしている人に話しかけて指導してほしいとは思うのですが・・・
ただアドバイスありがとうございます!参考になりました!アドバイスを参考に理想の身体に向けて努力します!

お礼日時:2012/04/28 08:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目の上 眉毛の辺りが痙攣します

皆様よろしくお願いします。
本日 11時に起床した後、11時30分位から
右目の上、眉毛の辺りがずっと痙攣していまいます
体に持病などはありません 高血圧とかはないです
30才代なので急をようする状態(脳出血等)ではないと思うのですが
普段は、痙攣とは無縁なので少々不安であります。
目が痙攣してるのであれば 眼科へ受診と思いますが
眉毛の辺りの痙攣だと、神経内科でしょうか?
ここは病院ではないので、問診はできないのはわかっておりますが
一般的にこういった痙攣とは危険なものでしょうか?
すぐに病院受診が必要等、それとも経過観察なのでしょうか?
今回の痙攣とは関係ないのですが、慢性頭痛の為、
先週 神経内科で頭部MRIとMRAを行いました 異常なしです
当方、毎日の殆どをパソコンや車の運転で過ごしてしまいます
思い当たる節があるとすれば、昨日・今日とほぼ休みなしで
連続8時間程度パソコンをしておりました、
痙攣の経験といえば、1年位前に目の痙攣が2週間程度ありました
3日目くらいで 眼科に受診し ビタミン目薬をもらい 2週間後に
ようやく痙攣が収まりました この間 痙攣が出っ放しでした
他には、半年ぐらい前に心臓の辺りが1日だけずっと痙攣していたので
翌日内科に受診しましたが、疲れとかでもなるといわれ
痙攣の症状も無い為、投薬・検査などはありませんでした、
内科医曰く、遠足とかにいってひたすら足をつかえば、足が痙攣するし
目の痙攣が2週間したとか言っていたけどそれは、疲れ目だよ
ビタミン目薬とかさしても あんまり効き目はないけどといわれました
皆様のご意見を頂ければ幸いです、よろしくお願い致します。

皆様よろしくお願いします。
本日 11時に起床した後、11時30分位から
右目の上、眉毛の辺りがずっと痙攣していまいます
体に持病などはありません 高血圧とかはないです
30才代なので急をようする状態(脳出血等)ではないと思うのですが
普段は、痙攣とは無縁なので少々不安であります。
目が痙攣してるのであれば 眼科へ受診と思いますが
眉毛の辺りの痙攣だと、神経内科でしょうか?
ここは病院ではないので、問診はできないのはわかっておりますが
一般的にこういった痙攣とは危険なもの...続きを読む

Aベストアンサー

>内科医曰く、遠足とかにいってひたすら足をつかえば、足が痙攣するし
目の痙攣が2週間したとか言っていたけどそれは、疲れ目だよ
ビタミン目薬とかさしても あんまり効き目はないけどといわれました

その通りだと思います。筋肉は使い過ぎると筋緊張が起こり血流が悪くなります。体は自らこれではいけないと判断し血流を良くしようとして筋肉を震わせますが、これが痙攣です。

PCの光の点滅による刺激は想像以上に交感神経を緊張させ筋緊張を伴います。なかなか気が付かないのですが、その影響は実は目だけでなく全身に及んでいます。痙攣が起きるほどになると目を休めることはもちろんですが、体全体をリラックスさせることが大切です。体が疲れてるわけです。

Q高1男子です。 身長164cm 体重52kg 体脂肪12% 夏にダイエットして現在まで体重・体脂肪率

高1男子です。
身長164cm 体重52kg 体脂肪12%

夏にダイエットして現在まで体重・体脂肪率キープ中です。
でもここ最近食べてるのに体脂肪が,
減っていきます。

何故でしょうか…

Aベストアンサー

運動部に所属して居るのであれば、筋肉を作る事と動かす事にエネルギーが使われていて脂肪にならないのでしょう。
更に、食べて居るつもりでも1日に必用な摂取カロリーに達せず、消費カロリーの方が多くて足りない分を脂肪燃焼で
賄っているのかも知れませんし。
身長から計算される標準体重(kg)は49.8~59.2~67.2の範囲となりますので、現在の体重は標準値内で下限値に近いですね。

間違ったダイエットだけはしない事です。
本に書いてあったとかテレビで紹介されていたとかと言うのをそのまま行うのは所詮自己流でしか有りませんからね。
ダイエットを行うのであれば自分の体を知り、それに見合った方法を取るのが安全且つ効率的。
それを間違えればリバウンド体質にしてしまいますから、運動を止めた途端に跳ね返ってきます。

Q眼瞼痙攣と瞬目不全について

わたしは最近ひどいドライアイになり、眼科では瞬目不全を指摘されました。
同時に、他院で、眼瞼痙攣を疑われたことがあります。
(眼瞼がピクピクするというものではなく、眼輪筋の不随意の収縮です。)

原因は一様でないにせよ、眼瞼痙攣は眼輪筋の強すぎる収縮、瞬目不全は眼輪筋の収縮の弱さに起因するものだというふうに理解しております。
ただ、ネット上を閲覧すると、眼瞼痙攣の症状として、瞬目不全を挙げておられるサイトがあります。

眼瞼痙攣と瞬目不全は逆の力関係のように思うのですが、なぜ眼瞼痙攣の症状に瞬目不全が挙げられるのでしょうか。
教えていただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「眼瞼痙攣」自体がはっきりした原因が解明されていないのと、
「瞬目不全」はドライアイの方がなりやすく、「眼瞼痙攣」はドライアイと症状が似ている

と言う点で混同されてしまったのかもしれないですね(´・ω・`)

Q筋肉量増加と体脂肪減少

閲覧ありがとうございます。

私は体重が68キロ、体脂肪が20%ほどです。
理想は63キロ、体脂肪を10%から13%にしたいです。

2か月ほど前から筋トレを始め、体つきは理想に近づいてきました。(有酸素運動はせず、ダンベルでの筋トレ、プロテインを続けました。)
そこで、今度は体重、体脂肪を落としたいと思っているのですがここで有酸素を取り入れてしまうと筋肉も一緒に落ちてしまうとどこを調べても書いてあります。
筋肉量をキープしたまま、体重だけを落としたいのですが(理想論で、現実では難しいとはわかっておりますが…)どのような運動にシフトした方がよろしいのでしょうか。
現在食事制限はしておりません。

ド素人で申し訳ありませんが、筋トレやダイエットに詳しい方いらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

体脂肪は全体的に増減する性質があります。
そしてどんな方法であれ最終的に筋肉によって消費されます。
また1日の消費カロリーの70%は基礎代謝、その約半分は筋肉が担っていることからもカラダの大きな筋肉を増やすことが体脂肪を減らすための最も基本になります。
こちらのエクササイズ等をご参考にしてください。
http://kenichisakuma.com/bodymake/bodymake_md/dietbig3/

Q目の痙攣について

みなさん、こんにちは。

今年に入って、毎日数時間、左の目が痙攣します。
仕事中になる事が多く、仕事に集中できません。
この目の痙攣を治す方法をご存知の方いらっしゃいますか?
(病院に行くのが一番だとは思いますが、病院に行った時には
 痙攣してなさそうなので…簡単に治す方法があったらなぁ~
 と思い、質問させていただきました)

Aベストアンサー

 こんにちは。

 お仕事が大変で、お疲れ目ではないでしょうか。
出来たら、お仕事はちょっと一休みされてみて
ゆっくり目を休めたらいかがでしょうか。
(精神的にストレスがたまっているときなども
瞼が痙攣することがあるようです。)
 お時間が許すならば、週末はゆっくり睡眠をとられてみてはいかがでしょうか。

 下記に参考URLを載せておりますが、

「痙攣が慢性的に続くようでしたら、片側性の顔面痙攣が可能性が考えられま。しかし、一時的に眼瞼がピクピク痙攣するといった症状であれば、これは眼瞼ミオキニアといい、特に疲れ目の時に症状が強くなるもので、ボトック治療の対象とはなりません。」

 と書いてありました。なかなか治らないようであればやはり早めに病院で検査を受けられたほうがいいかもしれません。お大事になさってください。

参考URL:http://www.yoshino-eye-clinic.com/kei.html

QBMIが標準で体脂肪率が高い場合のトレーニング

29歳男性です。

BMI:22
体脂肪率:25.5%
ウェスト:82cm

です。

ウェストを引き締めて(75ぐらいまで)、体脂肪率を20%以下(最終的には15%が目標)にしたいのですが、
BMIが標準で体脂肪率が高いというのは、筋肉量が少ないということなのでしょうか。
自分の体質的には油断するとすぐ太る(体重が増えるというか、体脂肪率が増える)方です。

学生時代も含めて、これまで運動はあまりしてきませんでした。

BMIが標準で、体脂肪率が高い場合のトレーニング方法は何かありますか。
アドバイスいただければと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

運動の経験があまりないなら、ジム通い等いきなり始めると健康を害します。

 自分の基礎代謝量が何キロカロリーかを測定し、それマイナス200キロカロリーくらいの食事を続けてください。
 短期間に体脂肪が落ちるでしょう。

 私はかつてそれで1ヶ月3~4キロ、3ヶ月で10キロ以上体重を落としましたが、軽い運動とあわせて行ったので基礎代謝は10kcal程度しか落ちませんでした。

 トレーニングというよりも、軽いジョギングやウォーキング程度でも、食事療法と併用すれば十分効果があります。

 BMIにはあまりこだわる必要はありません。
 特に筋肉量の多いアスリートはBMIなど何の参考にもなりません。

 自分なりの健康が維持できればそれでいいのです。

 


 

Q目の下の痙攣について

二週間前から左目の下がピクピクと痙攣します
最近は一日の痙攣回数も増えてとても苦痛です
左目のみの痙攣なのですが、顔の左側も感覚が重くなってきており歯のせいかなと歯科を受診したところ
虫歯はなく神経的なものといわれました
現在、産後二ヶ月で体はかなり疲労しています
このままいくと、顔面麻痺や顔面神経痛になるのではないかととても不安です
(1)目の下の痙攣などをほっておくと顔面神経痛などになってしまうのでしょうか
(2)また、ホームケアーで直るのであればどのようなことをしたらよいのでしょうか
(3)受けるとしたら何科を受診したらよいでしょうか

教えていただければと思います

Aベストアンサー

おそらく「fasciculation:ファスキキュレーション(筋そくつう)」といわれる現象と思われる痙攣の一種でしょう(腕や太もも・ふくらはぎなどの筋肉に起こりやすくそうした場合には神経筋疾患という幾つかの病気のひとつの症状として疑う必要があることもあります)。しばしばまぶたに起こることがあります(眼瞼痙攣と病名をつけたりしますが、必ずしもfasciculationと全く同じと考えるかどうかははっきりとは申し上げられませんが)。この眼瞼痙攣の原因ははっきりとしていない部分が多いようですが、何らかの疲労などが関係しているかもしれません。確かにこれが続くと集中して仕事をしづらくなったり、テレビをみたりするのにも多少の困難を伴うほどのこともあります。私自身も2回ほど経験しております。1回は完全に連続したわけではありませんが1週間ほどつづいて困りました(自然にいつの間にか治ってしまいました)。
 ただ、基本的にこの症状と関連して脳障害や顔面神経麻痺、三叉神経痛などになっていくことは極めて少ないかと思います。
 長く続くとやはりいやですので、気になるようなら「神経内科」を受診して下さい。場合によっては軽い安定剤や筋弛緩剤が処方されるかもしれません。
 お答えの順番が前後しますが、自宅でできることはできるだけ気にしないことや十分な睡眠と休養・栄養をとること、蒸しタオルで顔面をホットパックしたりしてみることがおすすめかと思います。
 どうぞお大事に。

おそらく「fasciculation:ファスキキュレーション(筋そくつう)」といわれる現象と思われる痙攣の一種でしょう(腕や太もも・ふくらはぎなどの筋肉に起こりやすくそうした場合には神経筋疾患という幾つかの病気のひとつの症状として疑う必要があることもあります)。しばしばまぶたに起こることがあります(眼瞼痙攣と病名をつけたりしますが、必ずしもfasciculationと全く同じと考えるかどうかははっきりとは申し上げられませんが)。この眼瞼痙攣の原因ははっきりとしていない部分が多いようですが、何らかの...続きを読む

Q女性の体脂肪率について 23才女です。私は体脂肪率は常に15%前後です。 ネットで健康的には20から

女性の体脂肪率について
23才女です。私は体脂肪率は常に15%前後です。
ネットで健康的には20から28%あった方がいいとのことでしたが、皆さんどれくらいですか?

Aベストアンサー

貴女の年齢の頃は22~23%でした。

女性で15%はかなり低いですね。
http://xaz.hatenablog.com/entry/2015/11/02/112930

Q目の痙攣と腎臓との関係について

あるサイトで目がピクピク痙攣していると腎臓に障害がある可能性があると見たのですが、どのくらい信用度のあるものなのでしょうか。
私は最近目の痙攣が頻繁に起きていて、更に尿の色がいつもより茶色っぽくて「ひょっとして腎臓が悪いのかな?」と思いました。腎臓の障害と言ってもイメージが湧かないのですが、具体的にどのような症状がでるのでしょうか。わたしの場合、目の痙攣と共に眼痛、頭痛が伴います。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

その情報の信用度はゼロです。

目のピクピクは眼輪筋の小さな痙攣ですが疲労やビタミンB系不足で出てきます。腎臓と直接の関係は全くありません。

腎臓疾患の自覚症状は全身倦怠感と背部の鈍痛が中心です。血尿があることもありますが、蛋白尿のほうが一般的でこれは尿検査をしなくては通常わかりません。

慢性疲労やストレスで目の痙攣は出てきますが体の病気を特定することはできません。

ご自身の症状としては、まずよく休みをとって症状がなくなるかを確かめることが第一です。疲労やストレスをかかえたままで「治らない」といくら病院で訴えてもナンセンスです。休んでいるにも関わらず治らなければ尿検査、血液検査、頭の断層写真という順番でしょう。

Q体重を変えずに体脂肪率だけ下げるトレーニング

30代、男性です。
身長170cmで体重76kgだったものを、
食事制限とジョギングによる有酸素運動によって、
4ヶ月で体重70kgまで落とすことができました。


現在、体脂肪率は20%程度なのですが、
このまま、体重を70kgから変化させずに、体脂肪率だけを12%くらいにまで落としたいと考えています。
そのためには、贅肉を落とし、筋肉を付ける必要があります。
そのための最短な方法を探しているのですが、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6265063.html

このページの回答No.8などには、
筋肉をつけるには、食事をオーバーカロリーにした上で「太る」必要があると書かれています。

また、回答No.4には、筋肉を増やすには有酸素運動と筋トレを同時に行うのは非効率であると書かれています。

それで質問なのですが、
体重70kg、体脂肪率20%→体重70kg、体脂肪率12%
にするには、

1. 食事制限無しで体重を変化されることなく、ジョギングと筋トレをそれなりの過度で行い、
体脂肪率の減少のみを追求するトレーニング

2. まず、食事制限を行い、有酸素運動中心のトレーニングを行い、体重を65kg程度にまで落とす、
それから食事をオーバーカロリーにした上で、筋トレ中心のトレーニングを行い体重を70kgまで上げる。
それから有酸素運動でまた65kgに落とす、というトレーニングを繰り返す。

のではどちらの方が効率的に体脂肪率を下げることができるのでしょうか?

30代、男性です。
身長170cmで体重76kgだったものを、
食事制限とジョギングによる有酸素運動によって、
4ヶ月で体重70kgまで落とすことができました。


現在、体脂肪率は20%程度なのですが、
このまま、体重を70kgから変化させずに、体脂肪率だけを12%くらいにまで落としたいと考えています。
そのためには、贅肉を落とし、筋肉を付ける必要があります。
そのための最短な方法を探しているのですが、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6265063.html

このページの回答No.8などには、
筋肉をつけるには、食事をオー...続きを読む

Aベストアンサー

その2つはどちらも正解には程遠いと思います。

選択肢1の問題点は、中心になる運動がジョギングだということ。
体脂肪率を下げたいというのにジョギングをやるというのは本来は逆効果でしょう。

選択肢2の問題点は有酸素運動中心のトレーニングを行うということ。1と同じですね。だから他の人も何度も言ってるように、有酸素運動というのは体脂肪率をなかなか下げられない。体脂肪率ってのは運動強度に従って上下します。軽い運動をしている人は体脂肪率が高い。激しい運動をしている人は体脂肪率が高い。解りやすく言えばこのように理解してください。

>また、回答No.4には、筋肉を増やすには有酸素運動と筋トレを同時に行うのは非効率であると書かれています。

これは別に目的次第です。非効率というのは、単に有酸素運動をおこなうと、筋肉が付きにくくなるというだけです。


ウェイトトレーニング、短距離走、格闘技などの、強度が高い運動をしていれば、その中身の濃さに従って皮下脂肪は限りなく薄くなり、かつ筋肉量は食事量の範囲において最大限に維持できます。運動内容が軽ければ軽いほど、即ち無酸素運動ではなく有酸素運動で、有酸素運動の中でも負荷の軽いもの、たとえばジョギング、ウォーキングなどに行くに従い、体脂肪率は下げられなくなります。
有酸素運動≒持久トレーニングの代表であるマラソンでさえ、だいたい時速18~20kmで走る。なかなか強度の高い運動なんですが、それでもやはり運動内容が軽すぎて体脂肪率は見た目以上に高い。細くガリガリなのは体脂肪率が低いのではなく、運動量が多いから筋肉・脂肪共に限界まで減っているからです。


選択肢は2つです。

1.筋トレ(ウェイトトレーニング)、短距離ダッシュなどの運動を習慣にする。食事量は体重が増減しない程度に食べる。

これは普通に運動している人がやってる方法であって、劇的な変化はありません。2年、3年かかると思います。でも、これだけでも方法少しずつ体脂肪率は下がり、体つきはシャープに変わって行きます。


2.筋トレ(ウェイトトレーニング)、短距離ダッシュなどの運動を習慣にするというのは同じ。食事をコントロールして増量・減量する。例えばまず500Kcal程度オーバーカロリーになるように食べ、筋肉を付ける。5~8kgぐらい太って、これ以上太るのが嫌だなと思ったらまた食事量を戻す。そうすると体重は70kgまですぐに戻る。運動内容のおかげで、太る時は筋肉が優位につき、痩せる時も筋肉が減らずに皮下脂肪だけを優位に減らすことができます。これで、前回の70kg時点より体脂肪率の低い70kgになります。だいたい1の方法で2年かかるぐらいの肉体改造が、3ヶ月~半年で終わります。これを2~数回繰り返せば、比較的早く12%前後の体脂肪率を目指せます。もちろん、筋トレの内容がどれだけガッツリ出来ているか次第で効率は変わります。


有酸素運動、ジョギングなどは、別にやってダメということはありませんし、必ずしもマイナスになるとは限りません。趣味ならやっても良いと思います。ただ、食事制限の補助として体重を下げるためには有効だが、体脂肪率を下げるには効率的でないし、有酸素運動を中心に行うつもりなら、体脂肪率はある程度高いままです。体脂肪率が低いと、持久的な有酸素運動はできないですしね。

有酸素運動は脂肪を中心に使う運動なのだから、それを習慣にすれば逆に脂肪を減らさずにため込む体質にならなければならない。体はその運動習慣に適応するため、体脂肪率の高い体を維持しようとします。

また、反対に筋肉のほうは長時間のジョギングなどの有酸素運動では必要ではなく、むしろ重くて邪魔な存在であるため、からだはこれを分解して減らそうとします。筋肉量は強い力を出すために必要になるものであって、軽い運動には必要ないからです。
むしろ持久的な運動になるほど、重くてしかも無駄にエネルギーを消費する筋肉というのは無邪魔になります。

運動強度が高く、あまり長時間運動しないことが、筋肉量が多く皮下脂肪の少ない体、即ち体脂肪率の低い体型になる秘訣。

その2つはどちらも正解には程遠いと思います。

選択肢1の問題点は、中心になる運動がジョギングだということ。
体脂肪率を下げたいというのにジョギングをやるというのは本来は逆効果でしょう。

選択肢2の問題点は有酸素運動中心のトレーニングを行うということ。1と同じですね。だから他の人も何度も言ってるように、有酸素運動というのは体脂肪率をなかなか下げられない。体脂肪率ってのは運動強度に従って上下します。軽い運動をしている人は体脂肪率が高い。激しい運動をしている人は体脂肪率が高い。解...続きを読む


人気Q&Aランキング