最新閲覧日:

新茶の美味しい時期ですね。いつも思ってたのですが、新茶は普通のお茶とどう違うのでしょうか。単に出始め、というだけなんですかね。新茶をまとめ買いして、それを年間通して飲んでますが。

A 回答 (2件)

新茶は味もいいですが、やはり香りが命。

これを楽しむために私は新茶を買っています。そして、香りは飛んでしまうのが宿命。新茶の命である香りはたとえ、真空パックされていても徐々になくなっていきます。
というわけで、お茶は、なくなりそうになったら買うようにした方がいいと思いますよ。
これとは別に、この季節だけに売り出される「生茶葉」があります。これは葉に水分を含んでいるために、冷蔵庫保管が必要で、香りと風味を損なうので1週間以内に飲み切らなければならない商品です。しかも高いんです。でも普通の新茶にはない、旨みと香りがあって、ものとしては最高です。機会がありましたら、ぜひ、お試しください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。「生茶葉」始めて聞きました。
一度飲んでみたいですね。

お礼日時:2001/05/12 05:33

◆Naka◆


もちろん「新しいから新茶」というのもありますが、そもそも新茶というのは、春、3月半ば~5月(八十八夜ってやつですね)頃までの間に摘まれた柔らかい「新芽」から作られる一番茶のことです。
その後、時期をずらして、「二番茶」、「三番茶」…と摘んでいくわけですが、やはり一番茶が一番美味しいですよね。
ミネラルを豊富に含んでいますし、色や香りも最高です。
ただ、最近話題の「カテキン」は、後に摘まれたものほど多くなります。これは、その分日光を多く浴びているからでしょう。
でも同時に、後になるほど、渋くなってくるんですよね~。 (^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。なるほど。日当たりの良い所のお茶は渋みが出る、と聞きました。まだあまり陽を浴びてないから新茶は渋みがなく、甘いのですね。

お礼日時:2001/05/12 05:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報