こんにちは。
経済学勉強中で、1点疑問がございます。

「実質金利=名目金利ー期待インフレ率」で決まり、
各国の実質金利は市場の調整作用によりおおむね等しくなると経済学の本にかいてあります。
ということは、実質金利を固定して考えると、デフレ脱却したいなら名目金利を上げれば期待インフレ率が下がることになるかと考えましたが、名目金利の引き上げは金融引き締め(マネタリーストックの減少)なので、デフレが加速する気がします。

どこかに考え違いがあるかと思いますが、ご教授いただけませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、


>各国の実質金利は市場の調整作用によりおおむね等しくなると経済学の本にかいてあります。

この前に、実質金利が調整されるために必要となる前提・仮定が色々と書かれていたと思われます。もしそういうのが書いていない本なら、別の本を使って勉強することをおすすめします。

国際金融市場によって調整されるのはあくまでも名目金利であって実質金利ではありません(なお、当然ながら中央銀行が操作する名目の政策金利でもありません)。実質金利が調整されるためには、国際金融市場で名目金利が調整されることに加え、財市場でも国際的にスムーズな取引が行われる必要があります(たとえば別の国のハンバーガーが安ければ、それを簡単に買える状態)。そして、それは当然ながら現実的ではなく、結果として実質金利は調整されません。よって、世界市場で決定するのだから、と固定して考えることはできません。


次に質問に関してですが、上記の名目金利を政策金利のことだとすると、これは政策によって操作するものですから、そこに市場による調整は働きません。期待インフレ率はこの政策金利を引き上げれば低下、引き下げれば上昇することになるので、実質金利も固定して考えることはできません。名目金利を上げれば、期待インフレ率が下がって実質金利が上昇するだけです。
    • good
    • 0

「実質金利=名目金利ー期待インフレ率」で決まり、





国が決める政策金利とかあるけど、経済の実感とは合わないよね?
じゃぁ経済の実感に合わせるにはどうしたら良いかなぁ?
せや せや インフレで目減りした分を引くと、実感的な金利になるよね

じゃぁ


「実質金利=名目金利ー期待インフレ率」 と 定義しよう


式の因果関係(というのかなぁ)で 言えば

名目金利(国単位で言えば政策金利とか)とインフレの期待値で実質金利が決まります
という事を主張しているわけで、実質金利は 独立変数ではなく 従属変数。

http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/ …

この記事で言えば

日銀は、0金利だから バンバン 金を借りて事業を開始してください!と頑張っているんですよ マスコミの皆さん。
と、言っていて経済音痴のマスコミは騙されているが、リアルの経済活動をしている人間は、実質金利で考えているので、投資より貯金に向かうということのようです。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
因果関係で言うと、マーケットで実質金利が定まり、名目金利や期待インフレ率が調整されるようです。マーケットに実質金利が他に比べて通貨があるなら、名目金利を少し下げても資金調達できる訳ですから名目金利が下がって、それにともない実質金利が下がる、というように調整されるのは理解できます。名目金利と期待インフレ率に因果関係があるのか、また別の要因を考えなければいけないのか、そこらへんをもう少し深く考えねばいけないようです。

補足日時:2012/06/28 23:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIS-LM分析の縦軸が名目金利でなく実質金利だったら

IS-LM分析の縦軸は名目金利だと思うんですが、もし縦軸を実質金利としたらIS-LM曲線はどのように変化しますか。
例えば、かくかくしかじかの経済情勢の時には、かくかくしかじかに変化する。とかいう事例で教えていただけると有難いです。
変な質問だと思いますが、とても気になって頭がおかしくなりそうなので助けて下さい。

Aベストアンサー

> IS-LM分析の縦軸は名目金利だと思うんですが

IS-LM 分析は静学的分析なので、物価変動の影響ありません。したがって結論は実質金利でも同じです。
ただし、流動性の罠の議論などは実質で議論すると利子率が負になることを許すために影響を受けることになります。

また、動学的な分析を行っても、いくつかの仮定の下では価格変動を考慮しても全く同じ結論が得られることが分かっています。

Q実質金利(世界)と名目金利(国内)

世界の実質金利(2009年)が2%で、A国のインフレ率(2009年)が5000%の場合、A国の名目金利はいくらなのでしょうか?

Aベストアンサー

フィッシャー式
名目金利=実質金利+期待物価上昇率
です。
期待物価上昇率はこの場合インフレ率で代用して下さい。

Q経済物理学と物理学は同じと考えていいですか? 経済物理学でも数式は使いますか?

経済物理学と物理学は同じと考えていいですか? 経済物理学でも数式は使いますか?

Aベストアンサー

経済物理学は、外国為替、金融ビッグデータ等、経済が大きく関わってきます。単なる物理学とは異なります。

http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/graspp-old/courses/2015/5123440.html

http://as2.c.u-tokyo.ac.jp/zentai-zou.html

Q名目・実質について

名目・実質GDP,名目・実質利子、名目・実質賃金などは高校の経済の参考書とかに載っているのでしょうか。海外に住んでるので東*書籍の参考書だけ持っているのですが、その本では見つからなかったんです。教えてください>0<

Aベストアンサー

手元に最近の高校の教科書があるので見てみると
利子率、賃金については名目・実質の区別はしないのが普通のようですが
GDPに関しては、山川出版と実教出版の政経の教科書では一応区別していました。
山川については政経だけでなく、現代社会の教科書でも同じように区別してます。

どちらも「実質経済成長率とは実質GDPの成長率のこと」という説明をする部分で
使っています。

教科書じゃなく参考書でも同じように名目GDPと実質GDPの区別をしているのは
いくつか見つかりました。

Q期待効用(ミクロ経済学)

ある個人の効用所得は、
U=x・0.5乗(x;所得)
であり、この個人の所得が0.6の割合で900万、0.4の割合で1600万とする。今この個人が合理的に期待する所得を保障する保険を購入できるとするとき、その保険に対して支払おうと考える最大の保険料はいくらか。ただし、この個人は期待効用の最大化を図るものとする。
問題の答えは24万となるはずなんですが、自分が解くと答えがどうしても合いません。わかる方、解説お願いします。

Aベストアンサー

U=x・0.5乗
ということはこの人はリスク回避性向がありますね。
所得が「0.6の割合で900万、0.4の割合で1600万」というのは
言い換えれば効用が「0.6の割合で30(root(900))、0.4の割合で40(root(1600))」ということです。
従って効用の期待値は0.6x30+0.4x40=36ですね。
36^2=1156ですので、この人にとって
「所得が0.6の割合で900万、0.4の割合で1600万」というのは
「所得が1156万」と等価な訳です。

一方で実際の所得の期待値は
0.6x900+0.4x1600=1180万ですよね。
ただこの人は1156万の安定した所得を貰えれば満足しますので、
差し引き24万が「支払おうと考える最大の保険料」になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報