【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

どうも英文の読解が苦手でうまく訳せません。単語力は自信があるのですが。入試問題など正解を導けません。

色々本を読んでみると「抽象」→「具体」など日本語(日本語の起承転結のようなもの)と違う論理展開があると気付きました。

日本語の読解力と関係があるとは思うのですが、何か英文の成り立ちが分かるようになる上でのヒントがあれば教えていただきたいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 読解力をつけるためには、まず、英文の構成の基本を理解することが必要です。



 すでに指摘されているかもしれませんが、「論文」という形式の英文ならば、「序論」、「本論」、「結論」とい3つのパートで構成されていることが普通です。そして、その「本論」の中にはたくさんの「段落」が含まれているのですが、それぞれの「段落」の関係を把握することが大切です。

 すなわち、「英文の中の各段落においては(たとえその段落がどんなに長いものであっても)主張されることは一つである」ということを理解することがとても大切なことなのです。

 そのような、各段落の中で作者が最も主張したいと思っていることを表す英文を「Topic Sentence」と呼び、各段落の中のそれ以外の英文は「Supporting Sentence」と呼びます。後者は「(主張の)根拠」や「(主張を証明するための)具体例」であり、「Topic Sentence」の補強をするものです。このことを理解すると、どんなに長い長文であっても、精神的に落ち着いて対処することができるようになるものです。

 例えば、次のような英文で考えてみましょう。

Topic Sentence(主張): English has always been and will be one of the most useful languages in the world.

Supporting Sentence 1(根拠): It has been used in almost all the countries for a long time, especially in the business world.

Supporting Sentence 2(具体例): When you go abroad for example, perhaps you can manage to make yourselves understood not only at the airport or in the hotel but also in the souvenir shops as well, even in non-English-speaking countries.

 場合によっては、次のような「反論」が続くことがあるかもしれません。

Supporting Sentence 3(反論): However, some people say that in the near future Chinese will probably take its place , especially in Asian countires.

 しかし、このような場合でも、一つの段落の中では「書き手が主張していること」はあくまでも一つしかありません。ここでは「English has always been and will be one of the most useful languages in the world.」という英文です。

 したがって、あなたが読む「論文」の中に(序論と結論の段落を除いて、本論の中に)5つの段落があるとするならば、作者は言いたいことを5つのポイントに分けて言っているということになります。その5つの「Topic Sentnec」をつなげていけば、作者がその「論文」の中で最も主張したいことが見えてくることになります。

 「論文」以外の「小説」や「新聞の記事」などを読む場合においても、この「Topic Sentence」という考えを生かすことによって、英文全体の要旨がある程度しいかりと把握できるようになります。

 さらにひとつひとつの英文の意味をより正確に読み取ることができるような語彙力と文法力、そして行間を読みとる洞察力を身につければ鬼に金棒となるはずです。

 ご参考になれば・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答有難うございます。私の読んでいる英文もまさにこんな展開なものばかりですです。どんな文章もこのように書かれているのですね。少し安心しました。自分が英文を書くときもこのことを頭に入れて書いたらいい文章にが書けますね。「Topic SentenceとSupport Sentencen」何か英文が読めるきっかけになりそうです。大変参考になりました。

お礼日時:2012/09/22 06:50

大学入試として回答します。


---

すでに回答でてるとおり、
英文の構成、構造は簡単です。
僕が見た限り、
早稲田慶応の普通の学部も「簡単すぎ」です。構造面ではね。
(※国際系の学部はちょっと知らないけど)

回答でてるから、
これ以上書くこともないのですが、
あえてかくと、
とりあえず
z会「英作文のトレーニング 自由英作文編」
の始めのほうに目を通しておけば十分かと。

超端的に言えば、
「主張」と「そのサポート」、
このくり返し、この2本立てでしかない。
1段落内部の文同士、
および段落同士も
この関係にあります。

こういう事実を念頭に置いておくと、
段落それぞれの要旨や、
段落同士の関係(つまり論理展開)が
すいすい読み取れます。
---

実際の入試に際しての初級的なコツとしては、
段落ごとに要旨をメモって
最後にそのメモを見渡せば、
文全体の論理展開も一目瞭然になるかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「主張」と「そのサポート」非常に端的に解答をいただいて有難うございます。今後英文を読む上においてインパクトの残る言葉でした。

お礼日時:2012/09/22 05:56

 起承転結で言えることって、結局一般論から個別の議論への演繹ですよね。

英語でもそういうのもあると思いますが、入試に出るような小論文ならもっと論点を絞っていると思います。
 この場合の定石は、a)まず一般論を言う、b)次に論点を絞る、c)その論点について議論して結論づける、です。a)はc)の伏線になるように考慮されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答有難うございます。今後(a)「一般論」→(c)「議論して結論づける」このことを頭に入れて英文を読んでみます。

お礼日時:2012/09/22 06:03

はじめまして。


入試問題 というと高校か中学の生徒さんでしょうか?

少し難しいかもしれませんが、英文での理論の展開方法の一つである「学術論文での理論展開」について説明しますね。

私はアメリカの大学院を出ているため、英文での理論展開に則った学術的なペーパーは多数書いてきたのと
ライティングについての勉強を少ししたので、少しはお役に立つかもしれません。
ただ、私がご説明するのは学術論文の書き方についてですので、
それが新聞・雑誌、他の全ての論述形態にあてはまるとは限りません。

まず、英文の文章では日本でいう「起承転結」は使いません。

論文は「自分の主張を述べ、それが正しい事を読者に説得する場所」です。

なので、まず、自分の主張が冒頭(Introduction)に来ます。
本体(Body)は、なぜそれが正しいのかを、読者に納得してもらうべく論じていく場所です。
そして、最後(Conclusion)にて「ね、私が言ってること、正しいでしょ?」と、冒頭に書いた主張を再び述べて終了。

例えば、「最近はテレビ離れが進んでいる、何故ならつまらないと人が感じているからだ。」

と主張したいとします。

(Introduction) 最近はテレビ離れが進んでいる。 (過去と比べた具体的数値を出す)
     なぜならつまらないと人が感じているからだ。
(Body 1) なぜ、つまらないと人が感じるのか
(Body 2) なぜ、つまらないとテレビを見ないのか (ネットなどほかの媒体に移っている 等々を論じる)
          証明は続く・・・
(Conclusion) ね、つまらないから、テレビ離れが進むのよ。


単純な例なので、他の詳しい方からの指摘もあるかもしれませんが、これが英文の論理展開です。

入試問題でも様々な分野や論述形態の英文が出てくると思いますが、どういった文章が苦手なのでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に分かりやすい例を出していただいて有難うございました。最後の(Conclusion)の「ね、私が言ってること、正しいでしょ?」は私にとっては最高でした。英文を訳せるきっかけになればと思います。質問の件ですが、どういった文章と言うよりは、本を読むのがあまり好きではないので元々の読解力が無いのだと思います。

お礼日時:2012/09/22 06:21

大学入試に向けて頑張っている高校生でしょうか。




論理的に考える力は大学でも社会でも重要になってきます。

読書が好きな人はその力がついてる人が多いと思いますが。


抽象⇒具体とのことですが
そもそも評論文というものには「著者の言いたいこと」を述べるものです。

なので著者の考えを読者にわかりやすく説明する文章になっています。

いくつかの段落で構成されていると思いますが
意味のある段落で区切られており、すべての段落を遠して「著者の言いたいこと」を述べるのです。

例えばですが自己紹介を例にとって考えてみましょう。
相手に「私はコミュニケーション能力のある人物だ」という伝えたいことがあるとします。

しかしこれだけを伝えても相手からすれば「なんでそういえるの?」となりますよね。

そこで「私は部活の部長を勤めていましたからです」と答えるとします。

それでも相手にしてみては「だからといってなんでそうなるの?」となりますよね。

そこで「部長としてすべての部員を束ね、なんでも言い合えるような、団結して部活動のできるものにしました」などといえば
相手は「なるほど」となるわけです。

ここでの私の3つの言葉はすべて「私はコミュニケーション能力のある人物だ」という一貫したものですよね?

「部活の部長を務めていた」というのも「コミュニケーション能力のある人物」を説明するものであるし
「部員を束ねて・・・」というのも「コミュニケーション能力のある人物」を説明するものです。


つまり言いたいことがあって、それを読者にわかりやすく説明する必要があるのです。
例え話を用いたり、といったように。

よくある英語の長文というのは
最初の段落で著者の言いたいことを簡潔に述べます。
読んでいる人からすれば「なんでこういえるの?」となりますよね。
それを2段落から例え話や経験といった話を持ち出してわかりやすく説明するのです。

でもその話にしたって言いたいことは1段落目で述べているんですね。

だから読む人からすれば「これが言いたいからこういうたとえ話をいっているんだな」と頭で整理しながら
読んでいくことで、理解が深まるのです。


すべての文章が最初に言いたいことを述べるのでなく、
いきなり例え話から入ることもありますし、いろんな形があります。

「著者はなにを言いたくてこれを書いているのか?」を考えながら読めば、形にこだわらず理解していけるのではないでしょうか。


例え話などといった「著者の言いたいこと」を説明するものは
著者の言いたいことをわかりやすく読者に伝える補助的なものにすぎません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「部活の部長」の話は大変分かりやすかったです。例えば6段落あってもそのひとつひとつに「筆者は何を言いたくてこれを書いているのか?」を考えて英文を読んでみようと思います。有難うございました。

お礼日時:2012/09/22 06:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東北大英語

閲覧有難うございます。
長いです。

東北大を受験する者です。


今の英語の偏差は記述模試で60くらいです。
そんなに難しくないと聞いて英語の過去問(2010年)を解いてみたところ…

ダメでした…かなりのショックを受けました

恐らくダメだった理由は、問題文を丁寧に読みすぎたので、時間がなかったからなのですが…

ボクは長い英文をサラサラと読んでいくのが苦手なのです。
丁寧にやる時間があればいいのですが、焦ると何もできません。

なので、
「英長文の要旨を理解しながらサラサラと読む」
ためには何をやったらよいでしょうか?

たくさんの英文を読むと出来るものなのでしょうか?
今は、出来る限り多くのある程度難しい英文を何度も読んだりしています。
ただ、時間制限の基準などが分からないので、あまり時間を気にしていません。とにかく、速さが上がる気がしない(涙)


正直今とても気が沈んでいます
どなたかご親切なかた、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

■文を何度も読まなくて済む方法

・段落ごとに要旨があるので
1段落を読むごとに要旨を軽くメモっておくとよい。
ごく簡単にでよい。
ちなみに英語の論説系の文の、
各段落の構造は
主張文+サポート文になってるので、
要旨はわかりやすい。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7685960.html

また、要旨さえわかってしまえば、
その他の細部は、忘れ去ってよい。
設問でその細部が問われたときのみ、
そこを「読み返せばよい」。

・人名には、すぐ場所を特定できるように、
目立つようにマークしておくといいかも?

■根本的に速度をあげるための対策

・700選のはじめの約130文は
暗唱しておく。まずやってくれ。

・英文は頭から読む習慣をつける。返り読みしないこと。
スラッシュリーディングとも関係あり。
あと、頭から意味を読み取るということは、
前置詞など、単語一つ一つの意味をとらえていくことでもある。

・英文には「超頻出パターン表現」があるので
そういうのは、よく出るものとして「認識を強め」、
更には手早く読めるようにすること。
ここを長考するようだと日が暮れるので^^;

超頻出パターンというのは、
たとえば
want to do
try to do
tend to do
want 人 to do
ask 人 to do
ask 人 wh-節(またはif節)
know that節
find that節
realize that節
(in) this way
is said that節
see 人 ~ing
find 人 ~ing
・・・
・・・

たくさんあるけどね。(※単に「頻出動詞の頻出用法」のケースもある)
だいたい高1教科書に出て来るレベル。もしくは中学。
何が超頻出なのかは、
平易な英文をある程度読まないとわからない。
東北大志望なら、
教科書と入試レベル長文の本を1冊は読んだとおもうけど、
これはスターとラインと思ってよい。
つまり現段階は、とりあえず、文法単語熟語を、
認識しました、知りました、という状況なのね。
重要なのは、これから。

で、入試長文だと、
上記のような超頻出表現になかなかでくわさない。出くわす頻度が低い。
だから、こればっかりやっていても、速度は意外とあがらない。
(※ただし入試レベル長文は「入試レベルの語彙」の認識度、定着には
効果的と思うので、両方やる必要があるかと)

それはともかく、東北大うけるなら、
平易なリーディング教材という代物を1冊はつぶしてほしい。
とりあえずぼくが気に入ってる教材を挙げておきます。
「みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング」
「英語で読むスティーブジョブズ」

あと、教科書読み返してみるのもいいね。
すべてが頻出表現かも?
(※ただ他の本を読んでないと、「それが頻出かどうか」がわからない)

■頻出系の表現は
なるべく訳さずにダイレクトに意味を取る訓練を
してみるといいかも。ただしムリはする必要ない。

漫然とやっててもダイレクトに意味をとれるようにはならない。
1センテンスに対し、あるいは「その部分」を、
連続でくり返し5回とか10回とか読んで訓練したりする。
---

とりあえず、目安としては、
センター英語筆記を、
最低でも、時間内に解き終えることです。
くわしくはわからないけど、
10分余るようなら、
東北大英語は、何とかなるんじゃない?

■文を何度も読まなくて済む方法

・段落ごとに要旨があるので
1段落を読むごとに要旨を軽くメモっておくとよい。
ごく簡単にでよい。
ちなみに英語の論説系の文の、
各段落の構造は
主張文+サポート文になってるので、
要旨はわかりやすい。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7685960.html

また、要旨さえわかってしまえば、
その他の細部は、忘れ去ってよい。
設問でその細部が問われたときのみ、
そこを「読み返せばよい」。

・人名には、すぐ場所を特定できるように、
目立つようにマークしておくといいかも?

...続きを読む

Q日本語と英語の論理展開の重要視の度合いがかなり違うのはなぜでしょうか?

日本語では文と文、パラグラフ間の関係が英語に比べてはっきりしないと聞きます。また英語は文のはじめのほうで言いたいことが言われるのに対して日本語では最後まで話を聞かないと言いたいことがわからないともよく耳にします。
1.上記の2つの日本語と英語の違いはどうして生まれたのでしょうか?言語の構造上なのか、考え方の違いなのか、地理的、環境的なものなのか、、、
2.英語の論理がしっかりしてると上にも書きましたが、私の勉強不足故あまり実感がわきません。このことに関してなにか体験(実感)されたことのある方、教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

今度は、こんばんは。朝、私が書いてから、たくさんの方々が回答しておられたので吃驚しました。もう一つ驚いたことは、私が後で述べようと思っていたことをズバリと書かれた方が多いということです。

#2さんの「一般的には和文と比較して英文の方が論理的にしっかり書けているものが多いですね。これは文章の書き方について日本の学校などではあまり教えないのが原因のようです。」については、同感です。日本もこれからは情報発信型のコミュニケーションを目指さなければならないので、大事なことですね。

#3さんの、狩猟民族Vs.農耕民族説も大変面白いのですが(ひょっとして真実かもしれませんよ)、世界中の民族とその言語にそういう傾向があることを誰か証明して欲しいですね。

#4さんは全体に鋭い指摘が多いのですが、特に以下の部分に唸りましたね。「ある言語は外国人のために作られたり発達してきたわけではないので、自国民が意志の疎通が出来れば、論理性云々という問題はないと思います。」

実は私も、砂漠の民(遊牧民)は砂の種類を表す語彙を豊富に持っていること、イヌイットは微妙な雪の違いを表現できることに触れようと思っていたのです。つまり、文化によって、その言語の得意分野が違うということですね。

#5の方の指摘も大事だと思います。日本語の得意分野ですね。「英語では、I/youとしか書かないものを、日本語では、言っている・言われている人の背景をその単語ひとつで示す事が出来ます.男女の差だけではなく、その時の状況、また、としなりを知ることが出来ます. また、人間関係ですら示す事が出来ますね。」

日本はほぼ単一民族で、他民族との抗争も割と少なかったため、集団的、ムラ的社会を形成した。だから、その言語は「状況言語」となった、と私は考えるのですがどうでしょうか?主語が何であるかも状況で判断しますよね。いわゆる、以心伝心でよしとしたのでしょう。

一方、他民族との抗争を避けることが出来ない民族は、主義主張をはっきりさせることが必要だった。つまり、論理性を要求されたと思うのです。これからは日本も、より論理性を求められると思いますね。

#6の方の、『一言で言うと、英語は「誰が使ってもそれなりにうまく操れる車」、日本語は「うまく使わないとエンジンもかからない、でも走り出したらすごいポテンシャルを発揮する車」ではないかと私は思っております。』を読んだ時には、いやー参りました。

#7の方の、「欧米では何でも白黒はっきりさせるという傾向があり、日本を含むアジア文化では、多様性を重んじて灰色を認める文化の違いがあります。この事からあまり言い切る形を取らず、曖昧な部分を許容する傾向があります。」も重要な指摘だと思います。

これは、宗教によるところもあろうかと思います。つまり、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は兄弟宗教の関係にあり、ともに一神教です。一方アジアの仏教や、日本や韓国などにも影響を与えた中国の儒教は、それに比べれば寛容的ですね。

などと、仕切ってしまいました。皆様、ごめんなさい。

で、私は今回は(1)に対する考えを述べるのでしたね。そうですね。

上に述べたことをまとめますと、キーワードは、『自立的社会』対『ムラ的社会』あるいは『相互依存社会』、『交渉言語』対『状況言語』、地理的、風土的違いにより生まれた宗教の違いでしょうか。

長々と書きました。では。

今度は、こんばんは。朝、私が書いてから、たくさんの方々が回答しておられたので吃驚しました。もう一つ驚いたことは、私が後で述べようと思っていたことをズバリと書かれた方が多いということです。

#2さんの「一般的には和文と比較して英文の方が論理的にしっかり書けているものが多いですね。これは文章の書き方について日本の学校などではあまり教えないのが原因のようです。」については、同感です。日本もこれからは情報発信型のコミュニケーションを目指さなければならないので、大事なことですね。
...続きを読む

Q東進にするか河合にするか

東進か河合かで迷っています こんにちは。
高2の文系なのですが今、塾選びで迷っています
東進と河合塾で迷っているのですが
東進の評判は悪いと聞きました^^;

しかし、東進は家のすぐ近くにありいつでも行ける感じです
それに対し評判のいい河合は家からは遠くちょっと交通費がかかるし、不便かなという心配もあります。

僕は自習をガンガン使っていきたいのですが、東進は授業料が高いと聞いたのでためらっています。

そこで、皆さんの経験談なども踏まえてアドバイスをもらえたらなと思います
回答宜しくお願いします

Aベストアンサー

NO1さんのように具体的に挙げられるアドバイスに従うことを薦めます。
ネットなどだと凄くマクロなアドバイスになります。
結果的に現物とはまるっきり違ったりしますし、個々で感じ方が違うのが当たり前です。
例えば東進にしろ
北海道の田舎の衛星校の状況と23区内で公開授業を受けているのでは全然違ったりします。

地方ごとに「有名進学校○校生はX割引」なんてのもリアルにありますし、
値段も実は一律じゃないんですよ。
僕は薦められた代ゼミの私立文系クラスにすんなり入りました。余計なことを考えずに勉強に集中出来るのでそういう方が良かったりもします。
ネットでの評判は悪かったけど僕は凄く伸びました。使い方次第だと思います。
迷う時は実際に足を運んでリアルな価格を調べたり公開授業を受けて決めればいいです。
東進はすげえ高いと思います(笑)
良心的なのは河合ですね。
他に関西で言えばECCとか研伸館のような「地元では定評のある」予備校が結構ありますよね。

現在の4大予備校別での東大合格者数
■駿台予備校 1235名
■河合塾 1184名
■東進 588名
■代々木ゼミナール350名


こうやってみると「やっぱり駿台強いなあ」と思います。ただ駿台は昔から医学部や帝大御用達で生徒のレベルも高いので「量より質」と考えたらそんなもんでしょう。
後進の東進や代ゼミはこれはこれで凄いと思います。しかし実は奨学生がかなり含まれているはずなのでまるっきり数字を信じてはいけませんね。
独学とか鉄緑会やSEGのようなエリートも相当いるので軽く合格者総数の3108人を超えちゃいます。数字はあくまで数字と考え、自分に合った予備校を選択しましょう。


東進はいま1番伸びている予備校です。高い費用にせよ伸びるには理由があると考えるべきです。
ただしこれは東進のオンデマンド講義が、予備校の無いようなド田舎で受け入れられているとか、時間の無い部活生に「しょうがなく」受け入れられているからでもあります。

遠いと大変ですけど、1番と思うところに行った方がいいです。
駿台で言えば難波より梅田がレベルが高いと言ってわざわざ梅田に通ってる人もいました。
有名中や有名高に受かったら近くに引っ越す家庭も結構あります。つまりやる気次第って感じですね。
やる気ある人から受かります。

個人的には予備校や参考書はほとんど関係ないと思います。
受験の開始時期や本人のやる気の方がずっと大事です。
お金はあなたの家庭のことなので任せますがケチケチしたら結果的に損になることは多いです。

NO1さんのように具体的に挙げられるアドバイスに従うことを薦めます。
ネットなどだと凄くマクロなアドバイスになります。
結果的に現物とはまるっきり違ったりしますし、個々で感じ方が違うのが当たり前です。
例えば東進にしろ
北海道の田舎の衛星校の状況と23区内で公開授業を受けているのでは全然違ったりします。

地方ごとに「有名進学校○校生はX割引」なんてのもリアルにありますし、
値段も実は一律じゃないんですよ。
僕は薦められた代ゼミの私立文系クラスにすんなり入りました。余計なことを考えずに勉...続きを読む


人気Q&Aランキング