マンガでよめる痔のこと・薬のこと

コーヒー屋のおけるブレンドって

有名なチェーン店ではなく、色んな種類の豆を取り揃えているような個人で経営している店にとって、
ブレンドって、どのようなものなのでしょうか?

・ブレンドを作る際のだいたいの組み合わせ方がある。
それに少しその店の個性を加えたもの?

・ブレンドといっても、店によって豆の合わせ方がかなり違う

・単品種の豆は出来るだけ良質なものを売り、だいたいの比率は守りながらも、
古くなった豆、あまった豆をそこに加えて完成させる。

・ブレンドこそ一番売れる商品であり、その店を印象付けるものなので、かなり力を入れる。

・季節や在庫により味は変わっているが、あまり気付かれない。


色々疑問がわきますが、コーヒーショップにおけるブレンドってどんな存在でどんな風に作るのでしょうか?

A 回答 (2件)

コーヒー専門店のブレンドコーヒーの配合は、長年の上得意様にもニヤケルダケデ、お教えしない企業秘密です。

同じ産地の豆でも、年度。収穫月。焙煎などで、微妙な差があります。
ブレンドもホンのちょっとした焙煎の違いで、味が変わります。
単品でも上記のように違いますから、年間を通じて同じ味覚を味わっていただくには、保管方法から工夫します。
売れ残りが出ないように、仕入れは、細心の注意が必要ですが、出た場合は、出たように工夫します。其の最高の工夫の結晶が、アイスコーヒーなんです。焙煎を強くして、種々雑多な豆をごちゃ混ぜが、アイスコーヒーです。甘くしてコーヒーの香りと味がすれば、アイスコーヒーの豆の種類なんか、何方にもわからないでしょう。
怖いのは、最近、ノンシュガー党が増えたことです。コーヒーそのものを楽しむ方が多くなり、砂糖の甘みで粗悪品を誤魔化せなくなったからです。
エスプレッソや、カプチーノを楽しむ方に、コーヒーの神髄がお分かりの方は、少ないです。
コーヒー店は、何処も必死です。馬鹿でもチョンでも同じ味のコーヒーを抽出できる時代ですし、安売り店も軒を連ねるような時代ですから、ホンの僅かな油断も廃業につながります。
ですから、皆さんは工夫に工夫を凝らして、いかにおいしいコーヒーを提供できるか努力しています。
安売りは、致しません。しなくても満足を売れる工夫です。ですから、量販店と同じじゃありません。
店の親父の個性が売り物になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2012/11/05 18:12

ブレンドには、味のベースとなる豆が存在する



殆どのブレンドは、ブラジルとかコロンビアなどがベースとして用いられる
ベース豆は品質が安定していること、価格が安定していること、収量が多く欠品の恐れが無いことなどが必要だし、あまり味が個性的すぎても他の豆の個性を殺しちゃうので、味も中庸であることが大事

そのベースとなる豆に加えて、2~3種類のアクセントとなる豆を加える。
そのアクセント豆の選択や焙煎の具合の組み合わせが店毎の個性になる。

ザックリ言うと
ベース豆が3:アクセント豆Aが1:アクセント豆Bが0.5~1
と言うのが良くあるパターン

アクセント豆の価格が多少高価なモノであっても、全体としては程々の価格設定が可能


尚、店名の付いたオリジナルブレンドを飲むと、その店のポリシーが分かると言われる
※実際にはそう簡単では無いけど

>古くなった豆、あまった豆をそこに加えて完成させる
そう言う豆を入れて店の顔のブレンドにした場合、お店の看板を汚すことになるのだが
そう言う選択をする人は・・・・居るのかな? まあ中にはいるかもしれないけど常識で言えば馬鹿な選択はしない

そもそも焙煎前の豆なら長期保管できるから、売れ数を見込んで焙煎するので極端な売れ残りは基本的に起きない

少なくとも何でも良いから混ぜちゃえ!というごった煮=ブレンドでは無いよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました!ありがとうございます。

お礼日時:2012/11/05 18:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカフェの入り方・注文の仕方教えて下さい

こんにちは。
田舎から出てきた私は、恥ずかしながらカフェというものに入ったことがありません。現在暮らしている町には友人が少ないので、誰か知っている人に連れて行ってもらうということもしにくいのです。
でも、一人で街を歩いていて、お茶を飲みたくなった時、外にテーブルが出たようなお洒落なカフェにばかり目が行きます。是非、気後れせずにそういうお店に入ってみたいです。

都会暮らしで慣れっこの方、どうか、最低限必要な「カフェの常識」を教えて下さい。今のところ、思いつく限りで知りたいのは、
1)店外にテーブルがあるようなお店は、普通の喫茶店のように、座っていれば店員さんが注文を取りに来てくれるのですか?
2)ミスタードーナツのように、先に注文して全部トレイに載せてもらってから席を探すようなお店と、座っていれば店員さんが来てくれるようなお店の見分け方は?
3)コーヒーばかりいろんな種類があるようなお店では、どのように注文するのでしょうか。以前テレビで、中年の芸能人にそのような店で注文させるという企画をやっていて、四苦八苦しているのを見て、怖くなりました。
4)そのほか、一度もそういう店に入ったことの無い人間に注意点やアドバイスがあれば、教えて下さい。

どうぞよろしくお願いします。

こんにちは。
田舎から出てきた私は、恥ずかしながらカフェというものに入ったことがありません。現在暮らしている町には友人が少ないので、誰か知っている人に連れて行ってもらうということもしにくいのです。
でも、一人で街を歩いていて、お茶を飲みたくなった時、外にテーブルが出たようなお洒落なカフェにばかり目が行きます。是非、気後れせずにそういうお店に入ってみたいです。

都会暮らしで慣れっこの方、どうか、最低限必要な「カフェの常識」を教えて下さい。今のところ、思いつく限りで知りたい...続きを読む

Aベストアンサー

1)と2)について
まずは外においてあるテーブルに勝手に座らずに、お店の入り口に向かいましょう。
レジのところにメニュが貼り出してあったら、先注文でしょう。そのときは好きなものを買って、好きなテーブルに座れば大丈夫です。
席にて注文の場合はお店の人が「何名様ですか?」とか声をかけてくれるので、指示に従えば大丈夫です。
もし店内の席に案内されそうになったら
「外の席に座りたいのですが」
と一言声をかけてみるといいと思います。
恥ずかしいことではありません。

見た目で、先に注文してから着席するお店のオープンカフェにはテラス席に囲いがないことが多いです。逆に最後に伝票を持ってレジでお金を払うお店のテラス席にはなんらか囲いがしてあることが多い気がしますね。

3)について
私はカフェ大好きでよく行きますが、それでも時々わからないものもあるくらい、最近のメニューは難しいですね(^^ゞ
つまり中年のおじさんがオロオロするのがテレビのネタになるくらい難しいのです
そういう時は
メニューを指差して
「これは何ですか?」
って聞くのは全然恥ずかしいことではありません。
お店の人も慣れているのか、普通に教えてくれますよ。
それでお店を出ることには、今飲んだ飲み物の正式名称が出て来ない・・・なんてことはよくあることです(汗)

ちなみに「カフェモカ」というのは基本的にはコーヒーとチョコレートを混ぜたもの、「フラペチーノ」「スムージー」というのはシェーク状になったものと覚えておくと注文しやすいかもしれませんね。

4)について
注意点なんてありません。
ココは日本。言葉も通じますし、わからないことは店員さんに聞くといいと思います。
今は季節もちょうどいいし、オープンテラスでコーヒーを飲みながら読書・・・素敵ですもんね☆

1)と2)について
まずは外においてあるテーブルに勝手に座らずに、お店の入り口に向かいましょう。
レジのところにメニュが貼り出してあったら、先注文でしょう。そのときは好きなものを買って、好きなテーブルに座れば大丈夫です。
席にて注文の場合はお店の人が「何名様ですか?」とか声をかけてくれるので、指示に従えば大丈夫です。
もし店内の席に案内されそうになったら
「外の席に座りたいのですが」
と一言声をかけてみるといいと思います。
恥ずかしいことではありません。

見た目で、先に...続きを読む

Q今時、コーヒー300円は高いか?

コーヒーの味にもよるが、喫茶店のコーヒーは高い?
値段はいくら?

Aベストアンサー

 喫茶店の目的は客にコーヒーを飲ませることではなく店主が生活することですが、粗利が1ヶ月15万円を切るようでは家賃も払えず閉店です。コーヒー豆はどんなクズ豆を使っても一杯10円を切ることは難しく粗利は290円未満。土日も休み無く働き続けて毎日17杯を売る、これが目標ではなく生命線です。車に乗って子供の学費を払うには家賃コミで毎日50杯以上売り続けなければならないでしょう。市井の個人喫茶店ではよほど場所が良いかプラスアルファの魅力が無ければ毎日50人の客をこなすのは難しいでしょう。むさくるしいおじさんに居座られハイネの詩集でも読みふけられた日には死活問題です。それでも600円の日替わり定食で290円も粗利を取ることは難しくまたランチでは時間帯と席数の限界で稼ぎも限られるのですからコーヒーはまだしも経営上の頼みの綱というわけです。これが喫茶店でコーヒーを300円未満で売れない理由です。100円とか200円とかでコーヒーを売って成り立つのは自動販売機かまたはマクドナルド、スターバックスなど客が引きも切らないという相当な名前の力と場所が必要というわけです。300円のコーヒーがうまいか高いか、という以前に、コーヒーを250円で売って生活できるか、という問題がありますね。喫茶店が事業として成立するかどうかは住民に喫茶店に通う習慣があるかどうかにかかっており、鹿児島市では喫茶店にでも行こうという習慣が少ないので経営が成り立っている喫茶店の大部分はテーブル一台が毎月10万円を稼ぐと言われるゲーム喫茶です。WikipediaとITPで調べると鹿児島市は人口60万人で喫茶店335軒、千葉市は人口90万人で喫茶店229軒、香川県高松市は人口42万人で喫茶店508軒です。私が住んで感じた土地ごとの喫茶の習慣に符合しています。高松では「コーヒーでも飲もうか」という声を良く聞きました。鹿児島は喫茶の習慣が少なく大部分がゲーム喫茶であることに注意してください。

 喫茶店の目的は客にコーヒーを飲ませることではなく店主が生活することですが、粗利が1ヶ月15万円を切るようでは家賃も払えず閉店です。コーヒー豆はどんなクズ豆を使っても一杯10円を切ることは難しく粗利は290円未満。土日も休み無く働き続けて毎日17杯を売る、これが目標ではなく生命線です。車に乗って子供の学費を払うには家賃コミで毎日50杯以上売り続けなければならないでしょう。市井の個人喫茶店ではよほど場所が良いかプラスアルファの魅力が無ければ毎日50人の客をこなすのは難しいでしょう。むさく...続きを読む


人気Q&Aランキング