親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

ヨーロッパのルネサンス期において、ミケランジェロやラファエロに代表される画家たちが、神話画(特にギリシャ神話のものが多いように感じます)を多く描いているのはなぜですか?

今ちょっとルネサンスについて調べていて、
古典の中から人間性を見出す人文主義の中、古典である、神統記や変身物語を読むにあたって、その中の一場面が描かれたりだとか、挿絵が描かれたりしたのでしょうか?
それとも、単純にパトロンが神話を好んだのでしょうか?

以前、ルネサンス期の絵画は神話画や宗教画でないと評価されなかったと聞いたことがあったので、このあたりもわかる方いましたらご回答いただければと思います。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 ルネサンスの文化や科学は、ギリシャ・ローマの伝統が、イスラム世界を経由して、再びヨーロッパに戻ってきたものと言われています。

その間、ヨーロッパはキリスト教の文化一色だったようですが、そこにスペインを支配したサラセン帝国(イスラム教徒)を通じて、キリスト教以前のギリシャ・ローマの文化が伝わり、また、東ローマ帝国の滅亡(1453年)によって、ギリシャ・ローマの文化を受け継ぐ人材がイタリアに大量移動したことが背景としてあったようです。

 ということで、ルネサンスは、キリスト教社会から、その前のギリシャ・ローマ時代への復古という色彩が強かったのだと思います。それまで神や聖家族、聖人を描くだけだったものが、生きた人間の絵や彫刻を作るようになったわけです。
 人間を描くといっても、生きた人間の裸体(特に女性)を描くことは社会通念上許されませんでしたので、それに代えてギリシャ・ローマの神話の題材、例えば「ヴィーナス」といった女神を描いたということなのでしょう。キリスト教の題材も、たとえばミケランジェロの「ダヴィデ像」やシスティーナ礼拝堂の「最後の審判」のように、裸体をさらしているものもあります。「ダヴィデ像」なんて、ギリシャ彫刻の伝統そのものですよね。
 なお、そうはいっても、題材の中心がキリスト教・聖書であったことには変わりなく、ダヴィンチの「最後の晩餐」やラファエロの聖母子画のように、キリスト教を題材とした作品もたくさんあります。

 「ルネサンス期の絵画は神話画や宗教画でないと評価されなかった」ということに関しては、「評価」するのはスポンサー(依頼主)で、この時代にはほとんどが教会もしくは支配者・富豪(フィレンツェのメディチ家など)ですから、やはり題材として宗教画・神話画が好まれた、ということなのでしょう。でも、「肖像画」というのも需要としては大きかったと思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
人文主義が起きた理由までくわしく、参考になります。

神話画が描かれたのには、流行だったというのも理由としていくらかあるのかもしれないですね・・・。

お礼日時:2012/11/19 00:54

なぜ神話画が多かったか。


堂々と裸婦画を描くには神話画を描くしかなかったから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

神話なら裸婦画が描けた、というのも理由として結構聞きますね。
パトロンは裸婦画を好んだのでしょうか・・・。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/19 00:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q西洋の美術史or宗教史に詳しい方、教えて下さい

 先日ボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』を見ていてふと感じた疑問について、質問させてください。

 当時(AC1500年ころ)のイタリアって、たしかキリスト教圏でしたよね。
 でもヴィーナスって、ギリシャ神話の女神ですよね?
 キリストやマリアの絵を描くのなら分かるのですが、なぜギリシャの神様を描いているのでしょうか。
 ボッティチェリに限らず、ルネサンス期にはたくさんの画家がギリシャ神話の絵を描いていたと思うのですが、どういう理由からなのでしょう。

 ギリシャの神様を信仰していたわけではないんですよね?(キリスト教圏ですものね)
 当時の人々のあいだでギリシャ神話が(聖書的な意味でなく)物語として大流行していたということでしょうか?
 それとも、女性のヌードを描くのには、ギリシャ女神の存在がちょうど良かったということでしょうか?(普通の女性のヌードを描くのは不道徳、でも神様的な人のヌードなら神聖なものだから描いてもOK。とは言えやっぱり聖母マリアみたいな信仰の対象のヌードを描くのは気が引ける。そこで他宗教の女神が採用された……みたいな感じでしょうか? でもこの説だと女神限定の話になってしまいますね)
 あるいは、とにかく古代ギリシャの作品の真似をしたかった、ということなのでしょうか?(ルネサンスって古代ギリシャ芸術とかを復興させるのが流行ってた時期のことですよね? 古代ギリシャ人は普通に信仰の対象としてギリシャの神々を描いて、ルネサンス期の人はそれを真似てみたってことなのでしょうか)

 長くなりましたが、質問を一言にまとめると「なんでキリスト教徒がギリシャ神話の絵を描く必要があったのか?」ということです。

 私は美術の知識も宗教の知識もほとんどないので、あまり難しい言葉は使わず、簡単におおざっぱに説明してもらえると嬉しいです。
 また、質問文中で見当違いなこと・勘違いなことも言っているとは思いますが、どうか多めに見て、細かい間違いは流してやってください。
 よろしくお願いします。

 先日ボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』を見ていてふと感じた疑問について、質問させてください。

 当時(AC1500年ころ)のイタリアって、たしかキリスト教圏でしたよね。
 でもヴィーナスって、ギリシャ神話の女神ですよね?
 キリストやマリアの絵を描くのなら分かるのですが、なぜギリシャの神様を描いているのでしょうか。
 ボッティチェリに限らず、ルネサンス期にはたくさんの画家がギリシャ神話の絵を描いていたと思うのですが、どういう理由からなのでしょう。

 ギリシャの神様を信仰していたわ...続きを読む

Aベストアンサー

この問題は「美術史」や「宗教史」という狭い範囲で考える方が、分からなくなると思います。

おっしゃるようにボッティチェリは、ルネサンス時代の人です。
ルネサンスというのは、それまでキリスト教でがんじがらめになっていた精神を解放しようとか、古典古代の文化の中に人間らしさを見出そうという人文主義が花を開いた時代です。

ルネサンス期までの絵画というものは、技術的なレベルが低かったというのもそうですが、題材が基本的にキリスト教に関係したものばかりだったんですね。そうではなく、宗教に捉われない自由な題材を芸術として表そうとしたわけです。
しかもこの時代は、キリスト教が生まれる前の古典古代の文化への興味が強まった時代でもあります。
この二つの理由を考えれば、ギリシャ神話などが芸術の対象になるのは、むしろ自然の流れではないでしょうか。

この時代の芸術家や人文主義者というのは、古いキリスト教の思想などに対して懐疑的・批判的な面があったと同時に、古典古代の文化に対して憧れのようなものがあったと思います。決して宗教としてギリシャ神話を信仰したりしていたわけではないと思います。「神」というものが出てはきますが、ギリシャ神話は「神話」であって、「宗教」とは捉えていなかったと思いますよ。

ちなみにボッティチェリの後半生は、宗教画ばかり描いていたそうです。サボナローラという宗教家の影響で、「ヴィーナスの誕生」や「春」のような絵は描かなくなり、過去に描いたキリスト教的でないものの多くは焼いたと言われています。
なので、これらはとても貴重な絵なんですね。蛇足かもしれませんが…。

この問題は「美術史」や「宗教史」という狭い範囲で考える方が、分からなくなると思います。

おっしゃるようにボッティチェリは、ルネサンス時代の人です。
ルネサンスというのは、それまでキリスト教でがんじがらめになっていた精神を解放しようとか、古典古代の文化の中に人間らしさを見出そうという人文主義が花を開いた時代です。

ルネサンス期までの絵画というものは、技術的なレベルが低かったというのもそうですが、題材が基本的にキリスト教に関係したものばかりだったんですね。そうではなく、宗教に捉...続きを読む

Qなぜヨーロッパの絵画には裸の絵が多いのか?

詳しい人がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

遠い昔、西洋美術概論の授業で習った事ですが・・・裸体画を描く事は、西洋美術の観点から行くと、古代と中世と近世では、裸体画の持つ意味合いが全く違うと思います。

先ず、ギリシャ・ローマ・ヘレニズム文化に見られるヌードは、写実ではなく理想を追い求める=神に近き存在となるべく、写実の上に理想美を付加した「完全体」を創りあげたものです。その殆どは男性の強さと美しさを兼ね備えた裸体像であり、それは人間の精神の理想理想を追い求める一媒体として、裸体表現は不可欠であったのでした。その為、この時代には裸体の彫刻が沢山見られるのです。

カトリック世界である中世に於いては、性を匂わす裸体は背徳であり、無意味な芸術・写実的裸体はご法度となりました。しかし、モチーフとしての「裸体」にメッセージを付加する事で許されていた部分があります。
例えば、創世記のアダムとイブのように、罪悪を知る前の「純真無垢」と言う意味や、着衣をしていない事で「剥き出しの心=真理」を表すようになってきました。
カトリック文化のこの時代、沢山の聖書をモチーフにした絵が描かれた中、そう言った意味でこの時代には裸体画が描かれてきました。

確かに近世になってからは、そう言ったメッセージ性も薄く、もっと世俗的になってきました。
今現在、「芸術」として見られている作品でも、肉体美を愛でるのではなく、貴族の男性などがこぞって画家に描かせ、部屋の奥深くで楽しんだりする為に描かれたものも数多くあります。目線も男性に媚びるものが多くなった為、19世紀後半にはフェミニズム運動を展開してヌード批判が行われた事もあります。
しかし反面、普遍的モチーフとして、最初にお話した「人間の精神の理想を追い求める一媒体」としての考えも残っているため、「神話・聖書的要素」になぞらえて、こぞってヌードを描いていたのではないかと思われます。

ちょっとうろ覚えの所もあるので自信はありませんが・・・御考察の一部に加えて頂けたら幸いです。

こんばんは。

遠い昔、西洋美術概論の授業で習った事ですが・・・裸体画を描く事は、西洋美術の観点から行くと、古代と中世と近世では、裸体画の持つ意味合いが全く違うと思います。

先ず、ギリシャ・ローマ・ヘレニズム文化に見られるヌードは、写実ではなく理想を追い求める=神に近き存在となるべく、写実の上に理想美を付加した「完全体」を創りあげたものです。その殆どは男性の強さと美しさを兼ね備えた裸体像であり、それは人間の精神の理想理想を追い求める一媒体として、裸体表現は不可欠であった...続きを読む


人気Q&Aランキング