専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

自民党&阿部さんが政権を取り戻す見込みで、その阿部さんが日銀に「無制限の金融緩和」を求める発言を行ったとか。 そのため円売り/ドル買いが活発化し、どんどん円安が進んでいる、とニュースにあります。

この場合、なぜ円安になるのでしょうか? 頭の中では下の流れかと思ったのですが・・・

【金融緩和=日本経済活性=日本安定=外国が日本に投資=円を求める=円高になる】

簡単に説明していただけると、ありがたく思います。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

金融緩和=金利が下がり、お金を借りやすくなる。


すると
(1)投資(設備投資や住宅投資)や消費が増える→輸入が増える→支払いのためにドルを買う→円安になる。
(2)国内で預金するより外貨預金(や外債)を買う方が利回りがいい→ドルを買う→円安になる。

もっと簡単に言うと、
金融緩和→お金(円)がたくさん出回る→価値が下がる。外国通貨に対しても(=円安)、モノに対しても(=物価上昇)。
魚や野菜が大漁、豊作で安くなるのと同じです。
    • good
    • 4

選挙の後に、予想される政策の実施を折込に行っただけの話です。



 これを判りやすい言えば、自民党が政権政党に成り日銀に対して追加政策の圧力の増加が予想される。

 ただ、追加政策の圧力の増加で10兆円ほどの追加緩和だけではここまで動きません。実は5年に一回ある日銀総裁の人事権は内閣にあります。


 すなわち、政権交代後、しばらく後の日銀総裁の人事が大幅に金融緩和など、政権と一体する自分が選ばれて今後、政府と一体になり政策を実施に向かうことが予想されるからです。

 したがって、 選挙の後に、予想される日銀総裁人事を折込に行って、その結果円安に振れてきたのです。日銀に「無制限の金融緩和」を求める発言⇒そうなる日銀総裁の人事をしますってことです。

 具体的に言えば、GNPとの不足ギャップは日本は約30兆円ありますが25兆円が手当されてません。他の国、イギリス、ドイツ、アメリカでは不足分はほぼ埋める政策がされています。おそらく日銀でデフレータ不足分10兆円程度、政府で15兆円程度と政策予想されます。

 日銀の政策も限られており、ETF、リートなど追加購入で建築関係を大幅にテコ入れしてくれると思われます。さらに国債購入(買いオペ)も20兆円ほどの追加対策されてさらに市中にお金が出回ることが期待されています。

 
    • good
    • 1

金融緩和=金利下がる(お金が借りやすくなる・貸出し増加・お金が増えるので


経済活動が活発になる)=金利低下圧力がかかる=円安・
債権や預金より株式投資が得なので、株値が高くなる

みたいなことですかね。
いずれにしても金利が下がると市場には円があふれる
ことになるので、あふれた円に魅力はない。
ドルを買えば将来得をする。
これから円安になるのはわかっているので、そんな安い円はいらない。
それと、日本国債が格下げされるかもしれない・・・
という考えも円安の原因だと思います。

うまく言葉にできませんでしたが、これを私の考えとさせてください。
    • good
    • 1

【金融緩和=金利上昇=日本不安定=外国が日本に投資しない=円を求めない=円安になる】

    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか?

金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??

この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?教えて下さい。

後、下のようなケースが理解できません。よければこちらも教えて下さい。
下にある金利が何を指すのかも教えて下さい。

【Q】
2005年1月1日に、表面利率1%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
あなたは、それを100万円で購入します。
その後金利が上昇し、
2006年1月1日に、表面利率2%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
さて、あなたの持っている2005年債は一体いくらで売却できるでしょうか?
大切なのは、答えの絶対値ではなく、その算出の仕方にあります。
だから答えを先に書いてしまいましょう。およそ918,378円です。
金利が上昇した結果、債券価格は下落したとこになります。
その理屈と計算方法を答えてください。



よろしくお願いします^-^

Aベストアンサー

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5%に引き上げになるとします。すると明日以降に発行される債券は利率5%が並になる、と考えれば、今日までに発行されていた0.5%の債券を売却して明日以後発行になる5%の債券を求める動きが出るでしょう。
したがって、「金利が上昇すると、(今までの)債券は売られて価格が下落」します。金利下落時は逆です。

>【Q】
利率1%、残存9年の債券がある。今の長期金利は2%である。
これが50円ならあなた買いますか?普通買いますよね。なぜ? だって9年で値上がり分の50円と利息9年分9円の合計59円が入るから。50円の投資で9年かけて59円手に入るんだから。すごい効率ですよね。
じゃ60円なら買い?80円なら?95円なら?
これの損益分岐点を求めたものが回答です。利回り計算をすればいいんです。

〔{1+(100-x)/9}/x〕*100 =2
参考URL(最終利回り)をご覧ください。

この式の分子に来ているのは、結局「今後1年あたりどれだけの収入があるか」ってことです。
(毎年決まった利息)プラス(償還までの差益・差損の1年当たり分の合計)ですから。
(それをいくらの投資によって得られるか)が分母(購入価格)です。

参考URL:http://www.daiwa.co.jp/ja/study/knowledge/bond02.html

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5...続きを読む

Q円売りドル買いで円安になる仕組みがいまいちよく分かりません。日本の金融

円売りドル買いで円安になる仕組みがいまいちよく分かりません。日本の金融市場では円売りしたら円が減って円の価値が上がり円高になるんじゃないかって考えてしまいます。誰か金融に詳しい方ご教授願います。

Aベストアンサー

難しくお考え過ぎなのではないでしょうか?

サンマによく似た「エン」という名前のサカナがいます(いるとします)。

今年、このエンの不漁が続いており、築地市場でのエンの価格がどんどん上昇しています。

そこで政府はこれまで備蓄していた冷凍のエンを、一斉かつ大量に築地市場の売りに出しました。

エン売り介入です。

その結果、エンの不足は解消され、エンの値段も下がりました。

それだけです。



勘違いされているのは

>日本の金融市場で円売りしたら円が「減って」

の部分です。

サンマでもキャベツでも、原油でも、フリースでも、売りに出せば取引量は増えます。

そして価格は下落します。

(逆に、売り惜しみをすれば、流通量は減り、価格は上昇します)

Q買いオペレーションの意味について

「買いオペレーション」「売りオペレーション」という言葉は何度か聞くのですが、具体的に何をする事なのかわからないので教えてください。

日本政府が「買いオペレーション」と言う行為を行うと、市場のお金の量が減り、金利が上昇するとのことですが、
要は、政府が日本のお金をどこかにしまい、市場に出回るお金の量を減らす事を「買いオペレーション」と言うのでしょうか?

また、
「買いオペレーション」や「売りオペレーション」を行う事を、公開市場操作と言うのでしょうか?ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

逆です。買いオペレーションは市場から債権などを中央銀行が購入し、その
対価として通貨を市場に放出します。ですので「市場のお金の量が増える」
のが正解です。それとその行為を行なうのは中央銀行、日銀であって
政府ではありません。基本的に政府の政策と日銀の政策は独立している
と思っておいてください。勿論協調することもありますが、政府が一方的に
指示するような関係にはなっていません。

買いオペは中央銀行が市場に出回る通貨を増やすために市場から債権
などを買い上げ、その対価として通貨を市場に供給すること、が正解です。
売りオペはその逆。債権などを市場に売却し、通貨を吸上げるような
ことを売りオペ、といいます。

買いオペ、売りオペ、が「公開市場操作」のひとつであるのはその通りです。

Q日銀の指値オペってどういうことですか?

日銀の指値オペが今の日本の金融政策と言われてますが、具体的にどうなことをすることですか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、国債の債券相場が理解していないと
先に進まないと思います。

少し荒っぽいですが簡素化した例で
説明すると、
100円の10年物国債を売り出す
場合、年1%の利息がつくとすると、
90円となるわけです。

①90円で買って償還時100円で
 返ってくるといった感じです。

②この利息が年0.5%となれば、
 95円で買って償還時100円で
 返ってくるといった要領です。

つまり、
金利が下がれば、価額が上がり、
金利が上がれば、価額が下がる、
というわけです。

日銀の指値オペとは、日銀が国債の
価額がいくらになったら、買い取る
ってことを明言したというわけです。

①の状況で金利1%で90円だと
今後の物価上昇の足かせになる
と判断した日銀が『国債を95円
で買い取ると明言すれば、
債券相場としては高く買って
もらえるのですから、95円まで
価額が上がり、それにより金利が
0.5%に下がることになるわけです。

こうした操作をすることにより、
債券の金利を抑えることにより、
市場の金利をコントロールし、
物価を上昇方向にもっていこう
としている政策ということです。

実際はマイナス金利なので、
上記の例えは現状とは違い、
マイナス金利に対する国債相場となって
いるわけで、理解しがたい状態ですけど…

感覚的には効果は長続きせず、あまり
この政策(債券の操作による金利の
コントロール)がうまくいくかは
まだ不透明といった感じです。

いかがでしょうか?

まず、国債の債券相場が理解していないと
先に進まないと思います。

少し荒っぽいですが簡素化した例で
説明すると、
100円の10年物国債を売り出す
場合、年1%の利息がつくとすると、
90円となるわけです。

①90円で買って償還時100円で
 返ってくるといった感じです。

②この利息が年0.5%となれば、
 95円で買って償還時100円で
 返ってくるといった要領です。

つまり、
金利が下がれば、価額が上がり、
金利が上がれば、価額が下がる、
というわけです。

日銀の指値オペとは、日銀が国債の
価額がいくらに...続きを読む

Q居候している場合、郵便物等は「○○方」でいいのでしょうか?

正式な書き方がよくわからないのですが、
山田太郎さん家に居候(?)している、鈴木一郎さんに
郵便物を出す場合、

住所が、東京都千代田区○○3-3-3
だとしたら、
東京都千代田区○○3-3-3 山田方
鈴木一郎 様

でいいのでしょうか?
滅多にそういう書き方をしないので、困っています。
検索しても関係ないページがヒットします。
誰か助けてください。

Aベストアンサー

自分の住所を記入する際は

東京都千代田区○○3-3-3 山田方
鈴木一郎

その相手に手紙を書くときは

東京都千代田区○○3-3-3 山田様方
鈴木一郎 様

ですね。

Q土日でも為替の変動が見れるサイトは?

土日でも為替の変動が見れるサイトはありますでしょうか?

見たいのは円/USドルですが。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こちらですか?

http://www.ne.jp/asahi/cme/globex/fx4.html

ここの注意として土曜日にどんなに相場が動いても無視して下さい。
ほとんどの場合は日曜日に元に戻ります。
日曜日の26時(月曜の午前2時)すぎまで相場の変動がそのままの場合は月曜日の相場に影響がある場合があります。(9月10月に2回ずつ有りました)

Q米10年国債チャートについて

FX関連のニュースで 「 米10年債利回りの時間外取引で下落し・・・ 」 などとよく聞きます。

Yahoo ファイナンス 米国長期金利 のページでのリアルタイムチャートは、(http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/list/commodities)
日本時間での夜(NYダウと同じ時間帯?)しか動いていないです。

■質問■

米10年債利回りの時間外取引のリアルタイムチャートを見る方法をご存知の方教えてください。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どうぞ
http://jp.investing.com/rates-bonds/u.s.-10-year-bond-yield-advanced-chart

Q「日銀が国債を買う=国による借金返済」ではないか

黒田日銀総裁は毎月国債を7兆円買っています。日銀は国の一部であり、日銀法53条によれば、日銀の利益の95%は国庫に納付しなければならないことになっています。ですから日銀が国債を買うということは事実上国が借金の返済を行うということではないでしょうか。平成25年8月20日現在日銀保有の国債は157兆7233億円となっていますから、これだけ借金を返したと考えてよいでしょうか。

Aベストアンサー

要するに国が借金をするということは経済の源泉であり経済システムそのものということです。
マスコミのいうところの国の借金がなければ経済は機能しなく、マスコミの言う通りに国が借金返済を行なうと日本は破綻してしまいます。
また借金とは別名投資と呼ばれ経済循環の中で必要不可欠な存在です。

日本の政府部門の借金(投資)がこれだけ増えてしまったのは、ここ20年間民間企業が借金(投資)を減らし続けたためです。なぜ民間企業が借金を減らし続けたのかといえば、景気が悪い中で「国は借金を減らせ」と緊縮財政が推進され、そのたび経済に冷水を浴びせ景気は失速、民間企業は更なる不景気対応のために借金を減らし経済が危機的状態となり、結果政府は更なる経済対策に迫られるということを繰り返してきたからです。

ドル、円、ユーロなど、各経済圏でその通貨圏としての借金は常に増え続けなくては経済システムは成立しません。民間企業の借金が増えない限り(投資が増えない限り)政府の借金は(政府の投資は)減らすことは出来ません。民間の借金が増えない状況で国が借金を減らせば金融システムは立ち行かなく成り、どこかの時点で連鎖倒産が止まらなくなり恐慌へと向かうことになってしまいます。

現在日銀が国債を買い過ぎたため市中に出回る国債が不足し、日銀の当初の目的に反して長期金利が高騰気味になってしまっています。実は日銀が国債を積極的に買い入れるには時期尚早だったのです。国債が売り傾向に動いた時期から日銀が多少買い取りを増やせばよかったのです。また黒田日銀は増税や財政再建にも前のめり気味で、どうやら状況を見誤っている模様です。

要するに国が借金をするということは経済の源泉であり経済システムそのものということです。
マスコミのいうところの国の借金がなければ経済は機能しなく、マスコミの言う通りに国が借金返済を行なうと日本は破綻してしまいます。
また借金とは別名投資と呼ばれ経済循環の中で必要不可欠な存在です。

日本の政府部門の借金(投資)がこれだけ増えてしまったのは、ここ20年間民間企業が借金(投資)を減らし続けたためです。なぜ民間企業が借金を減らし続けたのかといえば、景気が悪い中で「国は借金を減らせ」と...続きを読む


人気Q&Aランキング