みなし配当とは公開企業にありえますか。
もし、ありえるなら、どのような場合でしょうか

A 回答 (1件)

みなし配当というのは、会社が、発行済みの株式を買い取り、失効させ、1株あたりの指標を引き上げる目的でする、いわゆる、自社株買いに絡んで出てくる問題です。

通常、配当金は、法人税などの税金が引かれた後の税引き利益から支払われますが、実際に、配当金を受け取る側にも20%の源泉税が課せられます。このときに、自社株買いによって消却された株式も、発行会社が保持しているとみなされ配当金にも課税されるためにいわれる言葉です。いまは、税制改革で改善されたようですが。でも、税金の2重取りには変わりありませんが・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうも、ご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2001/06/03 18:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報