在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

新築図面等で基本となるGLですが…意味は分かるのですが一体どこから計るんでしょうか??色んな高さがあると何処がGLなのか分かりません(泣)宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>どこから計るんでしょうか??色んな高さがあると


の意味を理解しかねますが、次の説明で不明があれば補足してください。

新築完成後の敷地が水平であると仮定して説明します。

1.敷地の表面がGLです
2.予定地を測量して、道路より高い高さをGLに設計します。
 なお、道路より高く出来ない時は雨水を側溝に流すことができる高さをGLに設計します。
3.設計図の軒の高さ等はGLからの高さで表します。
4.設計図の天井などの高さは床からの高さで表します。
5.例えば2.で道路より150ミリメートル高くGLを設計した場合には
 GLを基準(±0)にして前面道路の中央に(-150)等と配置図に表示します。
6.ここまでの段階では、GLは設計上道路より150ミリ高いという抽象的なもので実体は存在しません。
7.工事が完成した時の敷地面が、見ることのできるGLです。
8.2.の測量時には、杭の頭に釘を打ち工事中に変化しないよう保護してベンチマーク(BMまたはKBM)を設置します。(境界杭等固定物で代用することもあり)
9.工事中はこのBMを基準にして施工します。
    • good
    • 5

A No2様の回答でほぼ語りつくされていますが、少しだけ補足を…




建物を計画する際に周辺状況や建物の内容を考慮しながら設計者は設計上のGLを自由に設定します。
設計や施工に当たっては、高さの基準点としてこのGLを用いる場合がほとんどで、これを「設計GL」と呼ぶことが多いです。

法規上の建物の高さなどは法規に則って測る必要があり、その基準点は設計GLとは異なる位置(高さ)から計測されます。
(道路中心線の高さであったり、平均地盤面であったりで、設計GLと一致する場合もあります。)

実際に、設計GLをどのように確定するかと言うと、No2様の回答の通りBMからの高さで指定することが多いですが、BMは長い間には変化したり無くなったりしてしまう可能性があるので、TP(又はAPあるいはOP:海抜)などを用いて指定される場合もまた多いです。
 GL±0(=T.P.+10.50)
とか。

最近は測量技術が進んでいるので、このような指定でも近隣の標高ポイントから比較的簡単に高さを移してくることが可能です。
このような指定だと10年経って周辺状況が変わったり、BMだったものが無くなってしまったりしても、建物の高さの設計上の基準点を再現することが可能となります。
    • good
    • 5

建築基準法では、地盤面は「建物周囲が接する地盤の平均高さ」と定義されていますが、


ふつう図面ではその定義の地盤面(GL)ではなく、「設計GL」を使って書かれます。これは、設計者が勝手に決めたGLということです。
いろいろ決め方はありますが、建物が一番多く接している地盤の高さ、玄関の位置などの分かりやすい部分の地盤の高さ、など、現場で便利なように決められることが多いです。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGL値って?

いつもお世話になってます。
過去Q&Aを参照したのですがよく分からないのでお教え下さい。

当方建築予定の物件ですがGLから下(地面?)に450mm(下から砕石120mm・捨てコン30mm)上に550mm(基礎高?)となっています。
建築に際しHMからGLの値ですが、外構との兼ね合いを含めて考えましょうと言われました。本来であれば詳しい話をHMに聞くべきだったのですが、時間が無く後日にする事にしてしまいました。

そこで、GLの高さ(基礎高??)の違い(高い?低い?)によるメリットとデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

GLとはGroundLevelの略です。従って基礎を立ち上げる高さの元になる高さです。
こう言っても意味不明かもしれませんが、例えば、ある動かない位置(側溝の端など)をベンチマークに定め、それを基準値(MGL±0)として建物、構造物の高さを決めます。また設計図(配置図など)に何処がベンチマークポイントかは必ず明記されています。
その高さからどれだけ上がった所を基礎の高さ(GL)にするかと決めます。
従って、GLとは通常道路から家の土地がどれだけ上がっているかということになります。
そのため、外構工事等の兼合いがあるとHMが言ったと思います。
余り高くするとアプローチに階段が何段も付くことになったり、土を沢山入れることになったりするので、結構金額的に跳ね上がってくることになるのです。
私の考えは、水害等の心配がなければ、そんなに高くする必要はなく、精々250mm~300mm程度で良いのではないかと思います。

QGLの設定

専門家の方に質問です。
住宅の基本設計の際、GL設定の基準を教えて下さい。
出来れば失敗した経験や裏技などあれば嬉しいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

GL設定ですが、下水道の深さ若しくは、浄化槽設置の深さを考えるのが1番ですが、最終的に近隣とのGL高さや外構完成をじっくり見てから決めた方が良いです。下水道・浄化槽の高さを気にしないでGLを決定できるとしたら、外構工事完成図を先に作成した方が良いと思います。後からの外構工事ですと外部桝調整などいろいろいらない工事が出てきますので。

Q設計GL

「設計GL」って簡単に言えばどういうことですか??

Aベストアンサー

GLとは、建築物の高さを決める為に基準となる点です。
どこを基準にするかは設計者によります。
 敷地境界杭の天面、道路最隆起部などなど
その基準点に対し床面が+800等という風に表現されます。

設計GLとは、設計時点でのGL(基準点)自体を指していると思います。
 (若しくはGLに対する高低差か)

QBM(ベンチマーク)と敷地の高さについて。

誰か詳しい方教えて頂けませんか?

今週、新築の引き渡しを予定しています。
古家を解体して家を建てましたが、ベンチマークよりも敷地が低くなってしまいました。前面の道路よりも多少低くなっている状態です。

そこでHMに聞いたところベンチマークに合わせるように土を盛るそうです。土の支払いが発生するとのこと。HMに解体を頼んだのですが、私としては土の持って行き過ぎと違うかな?って思うのですが。。。

やっぱり施主が払わなければいけませんか?
サービスではしてくれないそうです。
分かりづらい文でしたらスイマセン。

Aベストアンサー

外構工事を専門にやっております。

文面から理解して、
家を解体して、新築したが、道路よりも敷地が低くなったということでよろしいでしょうか?

まず、解体工事をお願いする際に土を取り除くという話をしたのでしょうか?

通常は、解体工事屋さんは、勝手に土を持っていくことは、ないと思います。

例えば、質問者さんの古家が、道路より低い位置にたっているとします。
そうすると、必ず、外構屋なり、HMなりがアドバイスするはずです。

低い場合は、必ずアドバイスします。
土をもりましょうか?と。

(1)そして、当然のことながら、その料金は施主負担です。

(2)もし、仮に、解体屋さんなり、HMなりが、質問者さんになんの
断りもなく、工事を進めて、現在のような状況になっているとするならば、
間違いなく、解体屋さんや、HM負担で現状復帰というのが、常識です。

なぜ、そうなったのかという、経緯が書かれていないので、
わかりませんが、通常のパターンで答えさせていただきました。

QFL(床面)とGL(地盤面)の違い

FL(床面)とGL(地盤面)の違いがよくわかりません。例えば舗装などの場合、仕上がりの高さはFLと表記するのが正しいのでしょうか?それともGLと表記するのが正しいのでしょうか?またはどちらでもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

建築ではGL(グラウンドレベル)、FL(フロアレベル)といいますが、土木ではGH(グラウンド高さ)、FH(フォーメーション高さ)といいますね。
当然、現状の高さがGH、計画高さ(完成後の高さ)がFHということになります。
ご質問の舗装の仕上げ高さはFHとなります。

QTP+19.0mとは

建物の設計図面や建築図面に記載されているTP+○○m(EX:TP+19.0m)の意味を教えてください。19.0が標高(GL)ととらえてよいのかどうかが分かりません。設計者等はどういった意味で使っているのか教えて頂ければと思っています。

Aベストアンサー

>TP+○○m(EX:TP+19.0m)の意味を教えてください。
トウキョウ ポイントの略だったかな。(自信なし)
東京湾の平均海水面を基準(0地点)とした表示方法です。標高(海抜)と読み替えても、おおよそのところでは正解です。

>標高(GL)ととらえてよいのかどうかが分かりません。
前述の通り、標高としてもよいですが、(GL)と標高は別のものです。
GL=T.P.+19.0mはGLを標高19mに設定した、ということでほぼ正解です。

Q設計GL?地盤面?について

道路と敷地に50センチの差があります。設計GLは道路との段差に関係なく設定できるのですか?最高の高さの制限が10メートルであれば、この土地には道路から10メートル50センチの高さの建物が建てられるのでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

回答2と3の方が答えられているように建築物の高さは、建築物が周囲の地盤と接する位置からの高さになります。建築物の周囲に高低差がなければ単純に地盤の高さは決まります。今回、相談者の方の敷地が、道路面から50cm高くなっている場合で、カーポートを設けるために地盤の一部を掘り下げる場合、この掘り下げた部分が、建物に接するとしますと、ここで平均地盤面の計算が出てきます。道路面から建築物の高さが規定されるとしますと、道路から10m高い敷地の上に建築物を建てようとすると、平屋であっても第1種住居専用地域の高さ制限10mに抵触し、建築物が建てられないという不合理が生じます。

Q戸建住宅駐車場の傾斜は何%にすれば良いの?

新築戸建の着工を11月17日に控えていますが、外構部分の打合せがやっと昨日始まったところで、いきなり難題が発生!
「駐車場スペースの傾斜は2.8%で良いですか?」というものです。
初めての経験で見当がつかず、決めかねています。そこで、皆様のご意見を是非お伺いしたく投稿してみました。
駐車スペースは縦列駐車型で全長11m。入口部分を±0とすると最終的に+30cmになります。
私達の希望は、なるべく平に近い状態で作りたい。という事です。
積雪地域(積もっても15cmぐらいですが)の為、スリップは避けたいと思っている為です。2.8%は急坂の方ですか? また何か良い案をお持ちの方は是非教えて下さい!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

駐車場の傾斜としては、1/100だとかなりゆるくて排水がきちんとなされにくいほどになります。見た目は全く平坦です。ただこれだと傾斜がゆるすぎるので、水があまり流れずにたまるところが生じる可能性があり、寒冷地では逆にそこが凍ることも考えられますので、もっと傾斜させた方がよいです。

故に傾斜は2~3/100程度は欲しいところです。提案では2.8%(2.8/100)とのことですから、見た目はほとんど平坦に近く、通常傾斜を感じることはないけど、水は流れるので駐車場にたまってしまうことは避けられるのではと思われます。

Q新築工事完成間際ですが、設計GLについて、教えてください。 外構に着手したところ、業者から連絡、 設

新築工事完成間際ですが、設計GLについて、教えてください。
外構に着手したところ、業者から連絡、
設計GLに合わせて整地すると、隣地境界ブロック塀が、全体に浅く、設計GLが、ブロック塀の一番下の段の底面と同じ高さになってしまう、つまりブロック塀が、ほとんど地中にもぐらない、ひと蹴りで倒れてしまう危険な状況。
地面掘ってブロック塀をつくりなおすか、せめてブロック塀を補強することを、議論していますが、費用は全て施主持ちであることを、業者は主張しています。
設計GLの設定が初めから低すぎた為に、このような問題が生じたのだと考えると、これは、業者の責任なのでないかと考えますが、正しいでしょうか?
因みに、工事着手前に設計GLが、路面+300であることの説明はうけていますが、その際に、ブロック塀のことは何も説明がありませんでした。

また、業者によれば、着手時点のGLに戻しただけだと主張してますが、その割には、残土すき取り料金としてトラック8台分20万円を請求されてます。
GLを下げてないのにその様な残土が、生じるものでしょうか?業者は、基礎を掘った分だと言いますが、普通は基礎を掘った残土を利用して、GLを上げると言う話も聞きます。
この辺りに詳しい方、教えてください。

新築工事完成間際ですが、設計GLについて、教えてください。
外構に着手したところ、業者から連絡、
設計GLに合わせて整地すると、隣地境界ブロック塀が、全体に浅く、設計GLが、ブロック塀の一番下の段の底面と同じ高さになってしまう、つまりブロック塀が、ほとんど地中にもぐらない、ひと蹴りで倒れてしまう危険な状況。
地面掘ってブロック塀をつくりなおすか、せめてブロック塀を補強することを、議論していますが、費用は全て施主持ちであることを、業者は主張しています。
設計GLの設定が初めから低すぎた...続きを読む

Aベストアンサー

GLには、大別して、2種類あります。

「設計GL」と「現状GL」です。

「設計GL」=設計上の仮のGL(紙の上の便宜上のGL)
「現状GL」=実際の敷地でのGL
      (但し、現状の敷地もあちこちで、レベル(高さ)が、違いますので、この敷地では、
       この点の高さを、「現状GL」と設定する、と、設計者=工事監理者が決めます。
       決める要因は、工事中に高さの変動が無いところ。このため、前面道路のマンホールの
       蓋のレベルを基準として、これを「現状GL」と設定したりいます。)

1)「設計GL」を使う理由

 設計は、紙の上で行います。このため、高さ関係を決める基準の線を設定する必要があります。
 これを、「便宜的」に決めたものが、「設計GL」です。
 この基準の線から下の方は、「設計GL」から〇〇ミリの表示なので、「設計GLから、〇〇ミリ掘る必要がある。」と
 分かります。
 2階の床の高さが、「設計GL」から〇〇ミリと表示して、2階の床のレベルが、「設計GL」から〇〇ミリの高さにある、と
 分かります。

 詰まり、設計作業を行う上で、高さ関係のすべての数値の基準に「便宜的」に設定したものが、「設計GL」です。

 このため、この時点では、現地の「現状GL」と「設計GL」は、全く関連性がありません。

2)「現状GL」を使う理由

 先に述べたように、「便宜的」に、勝手に設定した「設計GL」を現地の現状に合わせる作業が
 必要となります。
 これが、「現状GL」の設定です。
 紙の上の(机上の)空論を、実際の現状に、対応させるための作業で、本来であれば、
 設計した建築士か、工事監理者(工事管理者ではありません。)が立ち合いのもと
 決定されます。
 
 実際にどのようにするか、と言うと、現状を把握し、「設計GLを現状GLから300ミリ上に設定する。」といった、
 決めごとをします。
 この時点で、前面道路のマンホール天端レベルから、空中に300ミリ浮いた高さを、
 設計上の「設計GL」に設定したことになります。

3)お話の内容

 説明がくどくて申し訳ありませんが、ご質問の内容から、HMが、上記の記載事項を
 全く理解しておらず、しかも、上記の流れに沿う「現場での確認作業」を全く
 していない、と思われます。

 仮に、「現場での確認作業」をしているのであれば、その記録が、追跡可能な形で
 残されていなければならず、まず、その記録を提出させるところからだと、思います。

 「設計GL」と「現状GL」の確認は、基本中の基本で、それを怠った場合、ご相談内容の
 ような事例が発生するのは、当然です。

 また、「設計GL」と「現状GL」の調整をし、「決定」をし、「責任を持つ」のは、
 建築士であり、工事監理者です。

 現状がどのような状態になっていても、そうなった責任は、施主側には無い(一般的には)と
 思います。

 上記、(一般的には)の意味は、現場を実際に見ておらず、また、打ち合わせ内容も
 把握しておらず、しかも、ここに提示された情報が全てか、確認できない、と言う
 意味です。

 長くなってしまいましたが、上記を良く理解され、業者に
 対応されたら、と思います。

 頑張ってください。

GLには、大別して、2種類あります。

「設計GL」と「現状GL」です。

「設計GL」=設計上の仮のGL(紙の上の便宜上のGL)
「現状GL」=実際の敷地でのGL
      (但し、現状の敷地もあちこちで、レベル(高さ)が、違いますので、この敷地では、
       この点の高さを、「現状GL」と設定する、と、設計者=工事監理者が決めます。
       決める要因は、工事中に高さの変動が無いところ。このため、前面道路のマンホールの
       蓋のレベルを基準として、これを「現状GL」と設定し...続きを読む

Q建築基準法上の「建物の最高高さ」とは?

自宅の南側に10階建てのマンションが建設中なのですが、建設業者の説明を聞いてもよく分からないところがたくさんあり、本当に困っています。
建物の高さに関して、下記の3点が分からないのですが、どなたか教えて頂けると助かります。

(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
(2)建築基準法上の「建物の最高高さ」とは、どこからどこまでの高さのことでしょうか?例えば、最上階にエレベーターが突出した所があるのですが、それも高さに含まれますか?
(3)建物の「最高高さ」と「建物高さ」って、どういう違いがあるのでしょうか?

以上です。
何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ
だいぶ大変みたいですね。
反対派の住民のみなさんの中に建築士や建設業界のかたが誰もいない状況ですか?
そういう職業の人がいれば町内会で顧問のような形で相談したほうが身内ですし
親切に安心できると思いますのでぜひご町内を探して見てください。

>(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
私達素人にはとっても難しいんですが、がけ地にマンションを建てるような場合
には水平な土地ではありませんので、高さの基準になるゼロ地点がどこにしたら
よいか困ることになります。
そこで、仕方なしに「形だけこれを水平面と仮定しよう」という線を一本引くこ
とになります。これが設計GLです。(GLはグラウンドラインの頭文字です)

水平でない地盤がだらだらと長く続いてしまう場合は3メートルごとに「平均地
盤面」を算出する決まりになっています。
・・・なので、だらだら長い斜面に巨大なマンションが建つような場合には、
A地点の平均地盤面、B地点の平均地盤面、C地点の・・・と3メートルごとに
たくさん地盤面が登場することになってしまうことがあります。
(建築基準法施行令2条2項だったけど最近変わったかもしれません)

>(2)建築基準法上の「建物の最高高さ」とは
これも私達にははてな印がいっぱい点滅してしまうんですが、「エレベーターが
突出した所」の面積が、マンション全体の建築面積の1/8以内のちいさいもの
だったら、12メートルまでは高さに含めなくてよい、といった免除の規定があ
ったりしてこれは非常に入り組んでますので、実地に図面を見る事のできる人に
相談して見てください。
(みんな12メートルかと思うと、実は低層の住宅専用地域だと5メートルとか、
変な但し書きがいっぱいありますので、掲示板だけではちょっと無理だと思いま
す)

〉(3)建物の「最高高さ」と「建物高さ」って
これは普通の平地なら、軒の高さと最高高さしかないんですが、がけや坂に建っ
ている大きな建物だと、(1)のようにいろんな地点での高さがあることになる
ので、それで使い分けているんじゃないでしょうか。
ご質問のマンションは斜面に建っているんですね、きっと。

ちょっとネット検索して見たら、わりと私たちにも親切に書いてくれているサイ
トがありました。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~katana/yougo.htm
すごくいっぱい説明されていて嬉しいのですが、あまりに多すぎるので
↑ここで「平均地盤面」とかページ内検索してみてください。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~katana/yougo.htm

こんにちわ
だいぶ大変みたいですね。
反対派の住民のみなさんの中に建築士や建設業界のかたが誰もいない状況ですか?
そういう職業の人がいれば町内会で顧問のような形で相談したほうが身内ですし
親切に安心できると思いますのでぜひご町内を探して見てください。

>(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
私達素人にはとっても難しいんですが、がけ地にマンションを建てるような場合
には水平な土地ではありませんので、高さの基準になるゼロ地点がどこにしたら
よいか困ることになります。
そこで...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング