ちょっと耳にはさんだのですが、アイスの起源というのは
ずいぶん古いらしく、日本では奈良時代かそこらにのぼるという話しを聞きました。それをメモしてあったのですが、なくしてしまい、他でもいろいろ探したのですが、みつからなくなってしまい、ここに質問しました。
なんか信じがたい話ではありますが、詳しく知っている方がいたら教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お尋ねの習慣は「氷室(ひむろ)」という言葉で今日まで伝わっています。

関西(京都、奈良、大阪)に氷室という地名も残っています。

古く奈良時代から冬に氷室(天然の冷蔵庫、木々に囲まれた日当たりの悪い場所に
作ったと想像されます)に保管した自然の氷を、夏に天皇に献上したということです。後にはこの習慣が広まり、農民が殿様に同じように氷を献上することもあったようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な御回答ありがとうございます。とても勉強になりました。氷だったんですねぇ。なるほど、納得しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/24 00:23

氷室の氷を夏に楽しんだようです.


食べ物としては,「けずりひ(削り氷)」に「あまづら(甘葛)」をかけたものが
枕草子や源氏物語にも登場します.
アイスというよりカキ氷に近いですね.

参考URLは「アイスクリームの歴史」です.

参考URL:http://sugar.lin.go.jp/japan/view/jv_9908b.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な回答ありがとうございます。かき氷に近いものだったんですねーなるほど納得しましたぁ。ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/24 00:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q投網漁の起源

日本では投網漁はいつ頃から行われてきたのでしょうか?
私の母方の家には貝塚があり、貝殻や土器が出土しています。
以前に、野菜のウドの生産をしていた頃、深い穴を掘った時に
穴の開いた小石が数個出てきました。
投網の重石に使った物だと聞かされました。
今も母方の家に保管されています。
縄文とか弥生時代の頃にも投網漁は行われていたのでしょうか?

Aベストアンサー

松井章著『環境考古学』の記述の一部です。

全国各地の縄文期の貝塚から、船から網ですくわないと捕れないマイワシや片口イワシの骨が出土しています。
網その物の出土例は少ないですが、網の存在は分かっています。

「貝塚 網 錘」で検索すればいっぱいヒットします。
錘の写真が出ている例では、
千歳市美々貝塚
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/sbs/joumon/remains/is_bibi01.htm

愛知県海津市「縄文人海と出会う」 10ページ 
http://www.city.kaizu.lg.jp/mpsdata/web/919/zyoumonzin-umi-deai-l.pdf

鹿児島県水産技術開発センター
http://kagoshima.suigi.jp/ayumi/book/01/a01_01_14.pdf 
このHPの最初の一節です。

「貝塚にマイワシ・カタクチイワシの魚骨が見られることから,既に石器時代にその走りがある。イワシは,釣るに困難な魚であるので,網で操業していたことが想像される。このころは沿岸近く寄せてきたものを曳網・敷網の類で漁獲していたと想像される。」

「投網漁」の歴史については分かりません。

松井章著『環境考古学』の記述の一部です。

全国各地の縄文期の貝塚から、船から網ですくわないと捕れないマイワシや片口イワシの骨が出土しています。
網その物の出土例は少ないですが、網の存在は分かっています。

「貝塚 網 錘」で検索すればいっぱいヒットします。
錘の写真が出ている例では、
千歳市美々貝塚
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/sbs/joumon/remains/is_bibi01.htm

愛知県海津市「縄文人海と出会う」 10ページ 
http://www.city.kaizu.lg.jp/mpsdata/web/919/zyoumonzin-um...続きを読む

Q人類の起源について

人類の起源について様々な議論がなされ、ダーウィンの進化論
で一応の決着がついたようになっています。人類は猿から進化
した生物である。という定説が作られたのも仕方の無いことです。
しかしそれたけでは説明のつかない事も明らかになっています。
一つはオーパーツの発見であり、もう一つは遺跡に書かれた
恐竜と人間との共存の絵があることですね。
これは猿から進化した人間がいる前に、人間がいたという疑いが
もたれます。
現在の人類は本当にレジェンドなのか。その前に人類が存在して
いてその文明を受け継いだ存在なのか。それがまた謎を生みます。

はっきりしていることは鉄の精製技術です。鉄鉱石を掘り出す技術
など無かった時代に鉄製の剣があったという事実。その剣は隕石
の鉄から作ったという。だとしたら元々鉄製の剣というものがあっ
たのではないかという疑問です。

つまり言いたいのは現在の人類が発生する以前に、現在とは違う
人類がいて文明を築き、滅びた文明の遺跡から現在の人類が
文明を創り直した。という仮説です。皆さんはどう考えますか。

Aベストアンサー

十年ほど前まで盛んにシリーズでその手の出版を繰り返していたグラハム・ハンコックという人が居て、私は随分彼の本を愉しんで読んでいたのですが、ばったりと出なくなりましたね。最近の「ピラミッドのなぞ」という映画は彼の考えの2番煎じなのでしょうが、インカやマヤ、イースター島などの巨石文化も含めていろいろな先史文化の存在が窺われる証拠はたくさんあります。ハンコックが最後に手がけた海底の遺跡(「神々の世界上下」)も日本の沖縄近海やインドのベンガル湾などが確認されていて、もっと多くの人がしっかり調べればいいのにと思っていますが、現在の考古学の権威者はそういうことに首を突っ込もうとはしません。残念ですね。巨石文化がシュメール以前にあっても今の歴史学者は何も困らないと思うのですが。

ただ、この考えが弱いのは、もし現代文化に迫るものがあったら、いわゆるオーパーツがなぜこんなに少ないのかということです。おそらく先史文明はあったのでしょう。でも近代以後の文明はやはりわれわれの人類しか経験しないものだったのではないでしょうか。こんなことを決め付けるのはいけないかもしれませんが。

十年ほど前まで盛んにシリーズでその手の出版を繰り返していたグラハム・ハンコックという人が居て、私は随分彼の本を愉しんで読んでいたのですが、ばったりと出なくなりましたね。最近の「ピラミッドのなぞ」という映画は彼の考えの2番煎じなのでしょうが、インカやマヤ、イースター島などの巨石文化も含めていろいろな先史文化の存在が窺われる証拠はたくさんあります。ハンコックが最後に手がけた海底の遺跡(「神々の世界上下」)も日本の沖縄近海やインドのベンガル湾などが確認されていて、もっと多くの人...続きを読む

Q埴輪の起源等、埴輪の質問いくつか

埴輪について教えてください。
1.円筒埴輪と形象埴輪、それぞれの起源となる地域はどこですか?
2.朝鮮でも前方後円墳があったそうですが、埴輪のようなものもありましたか?
3.埴輪は古墳以外の場所でも見つかっていますか?(埴輪製造工場以外)
4.すべての埴輪の足(底部)は土の中に埋められていましたか?
5.全国の埴輪がみな同じような形態なのはどうしてですか?
 写実性がなく、地域による個性が少ない。
6.人物埴輪の顔がみな穏やで優しいのはどうしてですか?
 人物埴輪は女性が作ったのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

近くの古墳公園で埴輪を見て以来、不思議な魅力に魅せられてしまいました。
そして、何より驚いたのは大きさと数の多さです。
製作工房で多くの専門の工人の手によるものだと直感しました。

2について。
朝日新聞で読みましたが、埴輪は、わが国特有のものだそうです。

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201201190251.html
埴輪は3世紀に日本列島で生まれ、数百年にわたって用いられた日本列島の古墳特有の副葬品だ。朝鮮半島南部でも一部出土した例があるが、それは、日本列島から移り住んだ人々が作ったと言われている。典型的な「倭(わ)系」遺物だ。

下記論文でも同様です。「古墳の周濠の意義」抄録。
http://ci.nii.ac.jp/naid/120003501393

6について。
数の多さと、大きさ(重さ)から製作工房で男性が作ったものと思います。

橿原日記(個人のHP)
http://www.bell.jp/pancho/kasihara_diary/2005_08_01.htm 
たとえば焼成した埴輪の移動の問題だ。出来上がる埴輪は高さ2.4m、基底部の直径90cm、重量350~360kgの土の塊である。

「人物埴輪の顔がみな穏やで優しい」のは、葬送儀礼に関わっているからだと思います。
しかし、泣いたり笑ったりしている埴輪もあるそうです。

上智大学教授 北條勝貴氏のサイト
http://d.hatena.ne.jp/hojo_lec/20110530/1307584797 

5について。
南関東と畿内とに交流があったと推定されています。
昭和女子大学文化史研究「南関東における埴輪の受容」
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000985385

4について。
どうなんでしょうか。私も知りたいです。
埴輪が立った状態で見つかった例があるのでしょうか。
調べた限りでは、土中から掘り出したか、倒れて散乱していたかです。
ただ、古墳頂上部にあったものは、盛り土の流出を防ぐために、下部を埋めてしっかりと立てた、とされていますね。
古墳頂上部ではなく、地上の墳丘脇の「造出し」に置かれた埴輪では、並べるだけだったのか、どうでしょうか。

近くの古墳公園で埴輪を見て以来、不思議な魅力に魅せられてしまいました。
そして、何より驚いたのは大きさと数の多さです。
製作工房で多くの専門の工人の手によるものだと直感しました。

2について。
朝日新聞で読みましたが、埴輪は、わが国特有のものだそうです。

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201201190251.html
埴輪は3世紀に日本列島で生まれ、数百年にわたって用いられた日本列島の古墳特有の副葬品だ。朝鮮半島南部でも一部出土した例があるが、それは、日本列島から移り住んだ人...続きを読む

Q【遺伝子の話】人間の生命の起源としての遺伝情報に最も基礎遺伝子の状態に近いのが大腸菌です。 しかし人

【遺伝子の話】人間の生命の起源としての遺伝情報に最も基礎遺伝子の状態に近いのが大腸菌です。

しかし人間の祖先である大腸菌は今や人間にとって毒です。

大げさに言えば自分を産んだ母親が自分にとっての毒となっているのはどういう歴史を辿ったらそうなるんでしょうか?

あと人間の遺伝子情報量はこの地球上で最も多いわけではなくカエルの方が人間より複雑な遺伝子情報で創り出されています。

ということは地球の最も凄い遺伝子を持って産まれて来ているのが人間ではないということです。

人間より優れた遺伝子情報を持ちながら人間がこの地球上の生物の頂点に君臨しています。

本来ならカエルが人間を支配している世界になっている方が不思議ではなかった。

それなのになぜか地球を支配したのはカエルではなく人間だった。

これはなぜでしょう?

人間は現在の猿が進化して人間を淘汰する存在になることを怯えているが人間が恐れるべき存在は猿ではなくカエル、イモリ、肺魚、サンショウウオでは?

カエル→イモリ→肺魚→サンショウウオ→と徐々に進化していっているにが秩序に出ているのになぜか遺伝子情報が劣る人間の方が先に肺機能も手足も先に進化出来たのはなぜでしょう?

あと植物も人間より優れた遺伝子情報を持つ植物が存在している。

そら豆、ムラサキツユクサ、百合は人間より優れた遺伝子情報を持っている。まあ、さすがに手足がない植物に人間がヤラれて淘汰されるとしたら人間がそら豆、ムラサキツユクサ、百合を食べない限り大丈夫だし、植物が人間を淘汰するために毒性を急に進化させてきたら食べなければ良いだけなので植物の進化は人間の脅威にはならないと思う。人間より劣る遺伝子の植物を食べていれば生きられるのでわざわざ人間を殺す能力を発揮出来る進化した植物を相手にする必要はない。

恐るるはカエル、イモリ、肺魚、サンショウウオである。

【遺伝子の話】人間の生命の起源としての遺伝情報に最も基礎遺伝子の状態に近いのが大腸菌です。

しかし人間の祖先である大腸菌は今や人間にとって毒です。

大げさに言えば自分を産んだ母親が自分にとっての毒となっているのはどういう歴史を辿ったらそうなるんでしょうか?

あと人間の遺伝子情報量はこの地球上で最も多いわけではなくカエルの方が人間より複雑な遺伝子情報で創り出されています。

ということは地球の最も凄い遺伝子を持って産まれて来ているのが人間ではないということです。

人間より優れ...続きを読む

Aベストアンサー

最近でも「動物の王国」みたいな、アフリカの野生動物の番組で、弱肉強食、強いものしか生き残れない、強いやつしか子孫を残せない、みたいな番組やってるじゃないですか。あれって大ウソなんです。弱いやつでも生き残るし子孫を残すんです。でも、そういう価値観を植え付けられちゃうと、このような考え方になっちゃうのだろうなぁなどと思います。

E.coli(大腸菌)は、人間にとって馴染み深く、一番研究されている真正細菌(バクテリア)ではありますが、我々の祖先に一番ちかい生物でもなく(アーキア:古細菌が一番近いのではないかと言われています)、もちろん我々の祖先でもありません。

Q文化の起源について

フランス、トルコ、日本の大まかな文化の起源を教えてください。
フランスは西洋、トルコはオリエンタル文化の代表と考えているからです。

質問の内容が大味で曖昧ですが、文化の起源の場所と流れを簡単に知りたいので
大まかで単純・簡単で構いません。

例として私の勝手な解釈ですが、日本は中国文化の影響を受けていてその中国は
仏教文化であり、仏教の起源はチベット。よって日本文化の起源はチベットにある
といった感じです。

それぞれの文化は影響を受けながらも独自の文化を築いたのは承知ですが、おお
まかな流れを簡単に知りたい次第です。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

日本文化のきげんはチベットにあるというのは、チョット飛躍しすぎのように思います。
国立科学博物館とNHK、NHKプロモーションによって企画された「日本人はるかな旅展」のサイトがあります。
日本人の誕生、文化の発生などが解説されています。ぜひ眼を通して見てください。

http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/index.html

参考URL:http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報