個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

 以前から、大阪の仁徳天皇稜が日本一大きい古墳と言う事は歴史で勉強して来て基礎の段階の歴史と記憶していますが、堺市にこの度引越しを期に堺市全体を見ていて古墳の多さに驚きました。
 それも、集中的に固まっていると思うんですね。
 堺の風土が古墳建設に良い場所なのか、当時の国を治める方がこの地を制定していてかは、歴史が頓珍漢な私では、お手上げです。
 そこで、関西地区の泉州地域に古墳が多い背景をご存知の方、ご教授ください。

A 回答 (3件)

5世紀の大王達の奥津城「百舌鳥古墳群」ですね。


古墳群の概略的解説は下記ページを参照して下さい。
巨大な古墳群がなぜ「百舌鳥」の有るのかはここで簡単に答えられる問題では有りません。
当時の様々な要因の結果としてそこに作られたのです。
その様々な要因を解き明かす研究こそが歴史学なのです。
まずは地元堺市の図書館でお調べになってみては?

参考URL:http://www.tabiken.com/history/doc/S/S140C100.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急の回答有難う御座いました。
 阪和線に百舌鳥と言う駅有りますね。
 ここから来てるんですね。

お礼日時:2004/03/07 17:10

こまかいことをいえば、


仁徳天皇陵、というのは、裏付けのない名称で、誰の墓なのかは確認されていないはずです。
「だいせん古墳」というのがとりあえずは正しいようです。
中国地方にも古墳の多い地域があります。
実力者とその一族が権力をひけらかしていたんでしょうか。
    • good
    • 0

日本の4世紀から6世紀までは、日本について述べた外国の文献も少なく謎の時代なんで背景を知るというのはむずかしいでしょうね。


遺跡は何も語ってくれないですから、遺跡や出土品から類推するしかないと思われます。

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/kofun/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古墳について調べるには?

小学生高学年の子どもが今年の夏休みに古墳について
(自由研究)調べたいと言っています。
(児童書)古墳の本を買いましたが
どのように調べてまとめるのがよいか
今から考えておかないと、と思っています。
古墳めぐりもしたいのですが 参考に出来るサイトや
本などありましたら是非教えていただきたいです。
(古墳が上から見下ろせるといいのですが、
そんな都合のいい場所ありますか?)
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お住まいのエリアが何処だか分かりませんが、千葉県の房総風土記の丘のサイトをご参照ください。学校団体向けの学習体験なども書いてあります。ここは、TDLより楽しいですよ。ぜひ一度足を運んでみてください。

参考URL:http://www.chiba-muse.or.jp/MURA/

Q最初の天皇はなぜ誕生したのか?

初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?
神武天皇は、国王(日本で一番偉い人)みたいなものだったのですか?

Aベストアンサー

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたのであろう。と予測する立場があるんですね。
ですから国家や天皇の成り立ち自体はよくわかっていない中で、神話などの古伝承から国家や天皇の成り立ちを整合性を以って説明できるのでは?と目下奮闘中といった人々もいる。とのあり方が現況では一番進歩が見られるスタンスであり、逆にそのような暗中模索な状況こそが、現在の学界における日本国家成立の研究、ないし天皇支配の淵源の研究などの現状だと思います。

そして天皇(大王)を中心とした国家といった概念が表れたであろうとされるのが、いわゆる4世紀の古墳時代と呼ばれる時代であったことは、考古史料から、特に前方後円墳などの規格性の強い墓制の出現で見当がつきつつあるのですが、そこの詳しい実態は、日本はもとより、3世紀段階における日本の国情を伝えた古代中国の史書などが4世紀時点ではないためよくわからないんです。いわゆる「謎の4世紀問題」ですね。

いずれにせよ『魏志』倭人伝などの記述から、卑弥呼が活躍する前後(3世紀)にあっては「倭国大乱」と評価できる内戦状態が、その規模は別として事実あったのでしょうね。もちろんその戦闘状態は天皇の出現と無関係であるとも思えないんです。その様な中、詳しい経緯はわかりませんが、倭国大乱と呼ばれる混沌とした戦乱の世にあって、統一的国家としてのヤマト政権を樹立するだけの武力ないし交渉力が、4世紀段階における天皇(大王)の祖先にあったことは疑う余地はないのかな?と思いますし、考古史料などが語る結果から帰納法的に糸を手繰りつつ明らかにしようと試みている、3世紀から4世紀にどのような経緯で歴史がつながるのか?といった問題は、識者はもとより僕に限らず古代史に興味を持つ者が一番知りたい部分なのです。

ですから率直に申し上げれば「初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?」という質問については「こっちが知りたい部分です」といった頼りない回答になり、せっかくのご質問に明確にお答えできないことを心苦しく思いながらも、現状をご理解いただければありがたいと思う次第です。

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたの...続きを読む

Q「文化住宅」の謎・・・?

大阪に移り住んでまもなく、「文化住宅」なるものを初めて見て、びっくりしました。(カルチャーショックといってもいいかも)私は東京出身ですが、これの類のものは見たことありません。いわゆる木賃アパートでもなく、古いテラスハウスといったわけでもない・・・
 
~古い(並ではない!)木造の2k~3k、風呂なし(トイレは共同?)1階と2階はつながって一戸の単位らしい、洗濯機が玄関脇にズラッと並ぶ(圧巻!)、そこには、長屋にも通じる独特の濃密な人間カンケイがあるらしい、寝屋川とか京阪の沿線に多いのは、昔、松下サンが戦後それを沢山作って、社員の住宅に充てたから・・・~ ここまでが、私の知識です。(間違っていたら訂正してください)

他に、いくつかの都市でも生活してきましたが、大阪(あるいは関西?)でしかみたことないです。

びっくりするのは、あれだけ古いのならどんどん他に適当なアパートとかに取って代わられてもおかしくないのに、結構いっぱい残っている・・・(東京の実家に帰ると、しょっちゅう新しいアパートが建ってます。)不動産屋さんの広告も「文化住宅」「アパート」「マンション」別に分かれてます。(コーポというのがないような気がする・・・)需要と供給のバランスがとれているのか?吹田にいた時は、床が傾きかけているのに人が住んでるオソロシイ物件も見ました。

「文化住宅」って何なんでしょう?どうして、いまだに生き残っていられるのでしょうか?(もし、住んでいられる方がいらしてもお気を悪くなさらないでくださいね・・・)大阪を離れて久しい今でも、とっても不思議なのでお尋ねしたいのです。「文化住宅」についてなんでもいいので教えて下さい。お待ちしています。

大阪に移り住んでまもなく、「文化住宅」なるものを初めて見て、びっくりしました。(カルチャーショックといってもいいかも)私は東京出身ですが、これの類のものは見たことありません。いわゆる木賃アパートでもなく、古いテラスハウスといったわけでもない・・・
 
~古い(並ではない!)木造の2k~3k、風呂なし(トイレは共同?)1階と2階はつながって一戸の単位らしい、洗濯機が玄関脇にズラッと並ぶ(圧巻!)、そこには、長屋にも通じる独特の濃密な人間カンケイがあるらしい、寝屋川とか京阪の...続きを読む

Aベストアンサー

 答えになるかどうか、ある経験談を。
 1958年頃大阪の設計事務所にいた頃、昔いた製図工の方が独立して文化住宅の設計施工していると言うので、好奇心もあって見学に行った事があります。

 場所は地下鉄が開通したかしないかの頃の、田辺の先の方で、京阪沿線には安い土地が少なくなり、それなりの安価な文化住宅を供給できなかったせいだと思います。

 文化住宅と書いても、関西以外の方にはどんなものか判らないと思いますが道路側(正面)から見ると、一世帯の占有間口は2間半(4.5m)総2階建てで、度肝を抜くのは小さな入り口一戸ずつに、小さな切妻屋根の形の庇が付いた一見間口の玄関が自己主張をして個性を発揮しているのです。

 これを[1ユニット]として、東西に長い敷地に土地の巾に入るだけ詰め込み、10世帯前後を1棟として、多くの場合南北方向に数棟、びっしりと配置するのです。
 今考えると、どんな用途地域だったのか判りませんが、中には違反建築もあったと思われます。

 名前の件ですが「文化住宅」というのは東京で関東大震災の後、特に流行りだした様式?または形式で、いわゆる間取りが「八・六・六・四半・三+洋風応接間」と言うもので、中の上クラスのサラリーマンの住まいで流行った形式なのです。

 洋風応接間は、玄関脇の道路からよく見える所に造られ
母屋は和風の瓦でも応接間だけはスレート葺きで、床は板の間または「リノリューム」「コルク」張りですが10~15畳と最も広く、見栄で子供に習わせるための「ピアノ」殆んど読まない「漱石全集」「百科事典」などを設えて、自分の所属する階級をソコソコもっともらしく見せるという大阪人の言う「イジマシイ」建物だったのです。

 大阪の輝かしい極端に狭い「文化住宅」の方の命名の由来は残念ながら知りませんが、私流の大坂文化に対する理解では「吉本的パロディ」から、狭い長屋を「文化住宅」と愛着と自嘲をこめて言ったのだと思います。

 私の見た間取りは製作者によると良心的な方なのだそうで1階は玄関・手洗い・6畳・押し入れ2階は4.5畳と3畳・・・1階の階高を基準法ギリギリに抑えると、四隅以外長い柱を節約し、階段の段数も2段減らし・・・と、
コストパフォーマンスを考えると、同業他社との競争に勝てるのだそうです・・・でした!

 残念ながら住んだ事がないのですが、これに似た大きさのアパートは東京にもたくさんありますが、連続集合住宅の形式は関西独特のものでした。

 序でながら、若者憧れの代官山にあった「同潤会アパート」の一戸あたりの大きさは、風呂ナシの6・4半・3畳
程度の狭いもので、現代のマンションから考えると小さいものでした。

 答えになるかどうか、ある経験談を。
 1958年頃大阪の設計事務所にいた頃、昔いた製図工の方が独立して文化住宅の設計施工していると言うので、好奇心もあって見学に行った事があります。

 場所は地下鉄が開通したかしないかの頃の、田辺の先の方で、京阪沿線には安い土地が少なくなり、それなりの安価な文化住宅を供給できなかったせいだと思います。

 文化住宅と書いても、関西以外の方にはどんなものか判らないと思いますが道路側(正面)から見ると、一世帯の占有間口は2間半(4.5m)総2階建て...続きを読む

Q大阪府堺市、三国ヶ丘の生活環境について教えてください!!

こんにちは。今年末に大阪に主人の転勤が決まり、現在堺市、三国ヶ丘を引越し先としてネットで調べています。こちらは小学校2年生の娘がいまして、小中学校は公立に行かせたいので、比較的学校の良い地区を目指して引っ越したいと考えています。また、できれば車を持たずに生活したいのですが。詳しい生活環境をご存知の方、堺市、三国ヶ丘在住の方、ぜひ教えてください! 勤務地は、大阪市内ですが、近い将来関西空港に変わることも予測されるので、堺市がいいのでは、、、と思っています。 どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

三国ヶ丘・堺市駅界隈であればクルマは必要ないですよ。JR阪和線はどちらも快速停車駅で三国ヶ丘は南海高野線にも接続しています。関空云々の心配であればどちらでも問題ありません。公立中学への進学を考えるなら、榎小学校→三国ヶ丘中学校の校区がベストです。他の校区は、進学等の問題で考えるとあまりお勧めできません。塾については三国ヶ丘・堺東界隈には立志館や日能研系の進学塾もあり大変よい場所です。
買い物は堺市にはイズミヤ、三国ヶ丘にはライフやコーナン、ジョーシンなんかがあって便利です。少し足を伸ばせば堺東にそれなりにお店はありますし。基本は自転車でたいていオッケーですよ。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q「急!」大阪から小豆島まで『安く・早く』の交通手段は?

「急!」大阪から小豆島まで『安く・早く』の交通手段は?

はじめましてこの度
大阪→小豆島へ
訪れます。

一番は速さ、
2番目価格で
探しています。
☆新幹線・バス・船
いろいろみなさんの快適情報教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 車じゃないですよね。公共交通利用が前提ですね。
 小豆島は、どちらに用事ですか?それとも小豆島観光ですか?釣りか海水浴ができれば小豆島何処でもいいですか?
 小豆島といっても、けっこう広く山は険しく、バスは本数が少なく不便です。小豆島では迎えに来てもらえるとか小豆島なら何処でもいいなら、NO.1さんの言うように、大阪から新快速電車で姫路に行き、バスで姫路港に行って、姫路港から船で小豆島の北西の福田港に渡るのが安くて早いです。
 JR姫路から相生経由、相生からJR赤穂線で「日生駅」下車、駅前から小豆島の北部の大部行きフェリーも出ています。
 でも、大部も福田も小豆島の観光地などとは反対側で、車をフェリーに乗せていくか、迎えがあればいいですが、そうでなければ小豆島に着いてからが時間がかかります。
 小豆島の中心地の土庄などへ行くなら、JR大阪駅前などから、JR高松駅前行き高速バスに乗り、淡路島経由で高松まで約3時間半の高速バスの旅を楽しみ、高松駅前バスターミナルに着くと高松港がすぐです(徒歩約5分)。高松港からは、土庄港行き高速船(所要約30分)、土庄港行きフェリー(所要約1時間)の他、小豆島の池田港行き草壁港行きの船も出ています。また、土庄港に着けば、土庄港からは小豆島各地行きバスも出ています。
 小豆島や直島、女木島、男木島など瀬戸内海の島を観光するなら、JR高松駅前のホテルに連泊して荷物をホテルに預け、身軽に島へ渡るのがいいですよ。JR高松駅前の「全日空ホテルクレメント高松」は若干高いですが、高松港にも高松駅にもすぐ雨にも濡れずに行け、便利でいいですよ。このホテルの最上階21階のカクテルバーから瀬戸内海の夜景を見ながらの一杯は最高ですよ。また、高松泊なら讃岐うどん店めぐりもできます。高松駅前地下駐輪場でレンタサイクル(1日100円)を借りて、観光するのもいいですよ。
JR四国バス;http://www.jr-shikoku.co.jp/bus/
全日空ホテルクレメント高松;http://www.anaclement.com
香川県観光;http://www.21kagawa.com
讃岐うどん店;http://www.21kagawa.com/udon100/

参考URL:http://www.shikoku.gr.jp,http://www.jr-shikoku.co.jp,http://www.city.takamatsu.kagawa.jp

 車じゃないですよね。公共交通利用が前提ですね。
 小豆島は、どちらに用事ですか?それとも小豆島観光ですか?釣りか海水浴ができれば小豆島何処でもいいですか?
 小豆島といっても、けっこう広く山は険しく、バスは本数が少なく不便です。小豆島では迎えに来てもらえるとか小豆島なら何処でもいいなら、NO.1さんの言うように、大阪から新快速電車で姫路に行き、バスで姫路港に行って、姫路港から船で小豆島の北西の福田港に渡るのが安くて早いです。
 JR姫路から相生経由、相生からJR赤穂線で「日生駅...続きを読む

Q宮内庁はなぜ日本史の解明に非協力的なのか

よく宮内庁は皇室の歴史が明かされるのを嫌う傾向にあると聞きます。
仁徳天皇陵は全く調査をすることが許可されてないのでしょうか。
(社会科の先生からはこう聞きました)

日本は今や世界屈指の近代国家です。
しかし、日本の天皇の由来は全く混沌としています。

ならば、なおさら古代日本史の解明は国家の義務なのではないでしょうか。
その機関たる宮内庁が非協力的というのはどういう態度なのでしょう。
その理由が宗教上にあるというのなら、次に繋がるかどうかは別として
今回は一応納得します。

Aベストアンサー

皇室関連の質問をここでしたりすると、「皇室は千年の歴史があり、最も由緒ある皇帝でありそれは世界的に認められていて世界で唯一イギリス王室と並立する歴史的権威が云々・・・」という人たちが必ず現れます。そういう保守的な人たちはもちろん、現皇室は基本的にそういう立場というかそういう建前があって成立しているのですね。これは明治維新以降の皇室の歴史的かつ政治的な立場です。そして宮内庁はそれを「守る」立場にいるわけであります。それを否定してしまったら皇室の存在意義そのものが問われてしまいます。

で、そういう立場からすると、過去の「作られた歴史」が暴かれてしまうことは権威の根拠に関わってしまいます。例えば、天皇家というのは実は朝鮮半島から渡ってきた騎馬民族の末裔ではないかという話があります。倭国(日本)は百済の支援をして当時の倭国としては大軍事力を半島に派遣して白村江の戦いで敗れてしまいます。なぜ倭国が百済に過大なまでの支援をしたのか、単なる同盟関係であっただけではなく、実は百済が天皇家からみると「本家」で、倭国は百済の分家ではないのかという話があります。
日本ではその後いわゆる壬申の乱が起きて天武天皇が即位するんですが、大友皇子と大海人皇子の関係とかどうも日本書紀を読んだだけではよくわからんことが多いのです。そのへんについて日本書紀が改竄というか捏造というかそういうことをしたことは間違いないのですが、どのへんを歴史を書き換えたのかはよくわかりません。
もし仮に「皇室はかつて朝鮮半島からやってきた渡来一族の末裔である」ということが明らかになってしまったらどうなるでしょうか。嫌韓のネット右翼がなんと言い出すかどうか考えただけでも恐ろしいですね。今のところ皇室半島渡来説は荒唐無稽で根拠のない話ということになっています。なぜなら、日本書紀にも古事記にもそんなことは書いていないからです。しかし、日本書紀も古事記も時の権力者にとっての「大本営発表」なので歴史の削除、捏造、針小棒大などは当然あるわけです。あるけど、ないことになっている。それが我が国の古代史に対する学会の立場です。古代史は天皇家についてはアンタッチャブルの領域なのです。

また、皇室は一応ずーっと続いているということになっていますが、南北朝で相当ヤバいことになっています。血統の正当性という立場からいえば、南朝が正当です。しかし、北朝は時の権力者足利尊氏によって成立しており、最終的に南朝が北朝に吸収される形で再統一されています。このときの北朝系の血筋がね、どうなんだよってところなんです。私もその時代はそんなに詳しくないのですけれど。
で、戦後すぐに「我こそは南朝の末裔であり、正当な皇室の血筋である」と名乗り出た人がいたのです。世間でいわれるところの熊沢天皇事件というものなんですけどね。単なる気が狂ったおっさんが「わしは天皇である」といっただけならこんな歴史には残らないです。熊沢天皇事件が戦後事件史のひとつとして残っているのは「そういわれると、そうかもしれない」というのがあったからなのです。熊沢天皇は「北朝(現皇室)は南朝から帝位を簒奪し不法に即位している」と訴えたのですが、「そういわれりゃあ、そうだよな」ってところはあるんですよ。熊沢天皇は結局のところ南朝の末裔であることを証明することができなかったので最終的には「自称南朝の末裔」ということになったのですけどね。一時的であれ宮内庁は頭を抱えたのですよ。GHQは熊沢天皇に興味を持っていて、場合によっては昭和天皇を退位させて熊沢天皇を(GHQの手先として)即位させるんじゃないかと警戒したのですね。

宮内庁の仕事は、現在の皇室の伝統を次代に繋げることです。皇室にはなんとかの儀、かんとかの儀、と年がら年中しきたりだらけなのですが、それを続けることが最も重要なんですね。伝統の継続というものの頂点にある存在といってもいいでしょう。「歴史的に見て正しい」かどうかはむしろ邪魔なんですよ。まあ宮内庁関連の人といったら公家の末裔とか松平家の末裔とか父は貴族院議員とかそんな人たちばっかりですからね。しもじもの者が入りたいといっても入れてはくれません。

皇室関連の質問をここでしたりすると、「皇室は千年の歴史があり、最も由緒ある皇帝でありそれは世界的に認められていて世界で唯一イギリス王室と並立する歴史的権威が云々・・・」という人たちが必ず現れます。そういう保守的な人たちはもちろん、現皇室は基本的にそういう立場というかそういう建前があって成立しているのですね。これは明治維新以降の皇室の歴史的かつ政治的な立場です。そして宮内庁はそれを「守る」立場にいるわけであります。それを否定してしまったら皇室の存在意義そのものが問われてしま...続きを読む


人気Q&Aランキング