ア)「地上権活用購入システム」に興味をもったので地上権について調べてみました。
 http://www.kohjin.com/kasumi/point/index.html

イ)定期借地権に関する用語で 地上権=物権 賃借権=債権 を見つけました。
 http://www.mhe.co.jp/trade/q_a_a/q_kenri.htm

1.「物権」「債権」とは何でしょうか?
 「債権」とは債務=借金の反対語ではないのでしょうか?

2.アに示したURLでは
  地上権は土地の使用期間に制限のある“定期借地権”とは大きく異なり・・・
 と記載されています。
 イに記載の地上権とは異なるものなのでしょうか?

何やら法律の質問のようになってしまいましたが、住宅購入を考える者の質問として
噛み砕いてご回答いただければありがたく思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは!(^^)



同じ土地を使えるのに、「借地権」やら「地上権」やら「賃借権」やら色んな言葉があって、ややこしいですよね!
まず、「地上権」と「賃借権」をひっくるめて「借地権」と呼びます。
ですから、借地権というのは、総称の言葉なのです。

そして、「地上権」というのは、おっしゃるとおり「物権」。
「賃借権」は「債権」です。

物権である「地上権」というのは、債権よりも強い権利で、必ず登記できます。
なぜなら、土地を貸した人は、登記の協力義務があるからです。

例えば、Sinogiさんが建物を建てるために、Aさんに、土地を借りたとします。
地上権ならば、地主のAさんは、土地の登記簿に「この土地にはSinogiさんが土地を使える権利を設定しました。」と必ず登記させてあげないといけないのです。

ところが債権である賃借権ならば、地主のAさんが「土地の登記簿に登記させるのはイヤだ。」と言えば、Sinogiさんは登記できないのです。

登記簿に登記できるのと、できないのとでは、Sinogiさんの立場は、がらりと変わってしまいます。
地上権ならば、他人に登記簿を見せれば、「土地を使う権利は私のものだ!」と主張できますが、賃借権では登記簿には何も登記されていないため主張できないのですから。

ただし、借地借家法では、それではかわいそうということで、
Sinogiさんが借りた土地の上に家を建て、その家の所有権を登記すれば、
他人に「この土地を使う権利は私のものだ!」と他人に主張できることになっています。

定期借地権などは、債権である賃借権となります。
そこが地上権との違いなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。地上権についてもう少し調べようと思います。

お礼日時:2001/05/28 23:15

法律の専門家ではなく,手元に参照資料もないので


ややあやふやです。

物権は債権より(はるかに)強いと,お考え下さい。
 (このへんは民法の本を立ち読みでもすれば概略わかるはず)

土地を借りるケースであると思いますが,
 物権である地上権で土地を借りれば,地上権を担保にして借金ができます。
 ところが,賃借権で土地を借りる場合,一般的にはこれを担保に借金できません。
  したがって,借地人の立場からは地上権で土地を借りたほうが絶対いいわけですが,
 地主は嫌いますから,あまり地上権は流通していないと聞いています。
 (物権は「登記」できますが,賃借権はできません)。

定期借地権も地上権でも,賃借権のどちらでやることも可能だったと思います。
同様の理由から,地上権では地主はだしたがらず,
賃借権にするが,賃借権ではローンを組むのが難しい・・というのが
定借ではじめの問題点だったと記憶していますが,
最近は改善されているのではないでしょうか(調べていません)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます

お礼日時:2001/05/28 23:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「返済」の反対語

このカテゴリーで良いのでしょうか?

非常に初歩的なのですが、今会計をまとめている最中なのですが、ここには反対語辞典もありません。
返済の反対語、もしくは反対語が調べられるサイトご存じないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

相手が借入金の「返済」であれば、受け入れ側としては貸付金の「回収」になります。

Q借地権割合についてアルファベットがついていない路線価道路に面した借地権割合はどのように計算すれば良

借地権割合について
アルファベットがついていない路線価道路に面した借地権割合はどのように計算すれば良いのでしょうか。

Aベストアンサー

アルファベットがついていない道路は
一番最初に接道する道路に記載してる借地権割合になります。

Q「徳を積む」の反対語って…?

「徳を積む」の反対語って何でしょうか。

「罪を重ねる」「悪行三昧」、思いつくのはこれくらいです。でも、どうもしっくりきません。
反対語辞典を検索しても見つかりません。
どなたか思いつく方、知っている方おられませんか?

Aベストアンサー

業を重ねる。業に沈む。

Q借地権について

借地権についておしえてください。今借地にて商売をしています。両親も年なので商売をやめることを考えています、そのため借地権以外の40%分の土地代を地主さんに支払自分の土地にして、
それから、土地の半分を売買して残りの土地に改めて家を建てたいと思うのですが、こんなことは可能ですか、そんな虫の良い話はないですよねー。。。

Aベストアンサー

以前にも回答したような気がしますが。

物件次第、交渉次第です。
地主さんがお金が必要であれば、40%と言わずもっと安く買えるかもしれないし、半分を売ろうと思えばすぐに売れるような地域、土地の条件であれば可能です。

Q「惰性」の反対語は?

「惰性」の反対語は何?
辞典とか調べたけどわかりません。
誰か知っている方、教えてください。
なんか気になって気になって。

Aベストアンサー

「惰性」はなかなかやめられない(新しい方針に切り替える事が出来ない)習慣の事を指します。物理学では「慣性」と言いますが、これは外部からの力の作用を受けない限り、物体は静止し続けるという性質の事です。

ようするにこれらの用語にはそれぞれ対となる言葉が存在しない為、
「反対語」という概念がないんです。
使い方としては「惰性に流される」とか「惰性だけで生きる」などです。
気になるのは分かりますけど反対語はありませんからね。

Q借地権が存在するか。

亡くなった義理の両親が数十年に渡り住んでいた借地なのですが、家は自分で建てていて、それを地主に返却するとのことになっているらしいです。
義理の弟(別に住んでいる)の話によると、契約書に更地にして返すとあるらしいのです。
そこで、お尋ねしたいことは、契約書の文言がどうか詳細にはわかりませんが、借りた土地に家を建てて長年すんでおれば、借家権は無いにしても、住んでいた土地に対する借地権はあるのではないかと思うのです。
ですので、地主に返すとしても、その権利分の金額を請求できるのではないかと思うのです。
ただ、その権利を第3者に売却することは、契約書に転売不可となっておればできないのかも知れないのですが。
このようなケースの場合の権利にはどんなものがあるでしょうか。

Aベストアンサー

現代感覚での一般論ですが。
借地権は「土地の賃貸借契約」の成立によって生じる、借地人の「土地利用権」と言えます。
契約に先立って地主は、借地人がどのような目的で、その土地を利用するのかを問います。
住宅を建てて済みたいという理由であれば「契約した本人がその住宅に住み続ける限り」との条件または了解のもとに、契約が成立しているはずです。借地に建てられた住宅が賃貸に出されたり、借り主からの相続権を持たない者が居住することになれば、契約条件を満たさなくなるため、自動的に契約解除となります。居住以外の目的、例えば物置とか店舗営業とかに転用することも出来ません。
「借地権放棄への対価」と言う考えは、存在しません。そのような権利が認められれば、次々と借地権が転売され、元の地主は事実上所有権を失う結果になります。
契約に背反する事態になれば、何の権利の主張も根拠が無く、「更地にして返す」義務だけが残ります。

Q露わ(あらわ)、露骨の反対語は何ですか?

露わや露骨は、剥き出しにするという意味ですが、
その反対語が分かりません。
国語辞典で調べても載ってないので、分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

反対語・・・反意語と解釈してよろしいのでしょうか?
であるならば、「婉曲(えんきょく)」ではないでしょうか。
露骨:ありのままに外へ出すこと、あからさま。
婉曲:露骨でなく遠まわしに言うさま、かどが立たないさま。(Yahoo!辞書より)

参考URL:http://www.interq.or.jp/japan/sdb/schooling/ruigigo.htm

Q借地権利用の土地購入

主人の実家に同居しています。
現在、土地は借りていて、家は、主人の父親名義です。借地権を利用して、ここの土地を購入することになりました。なので、土地の名義は、父親の名義になるのですが、高齢のため、ローンが組めないので、購入代金は、主人が支払います。
親から子への、住宅資金などの贈与には、贈与税がかかってくると、聞きましたが、このような場合は、どうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

単純に見ると、土地の購入資金を「子」が「親」に「贈与」した。となりますね。
いくらの額かはわかりませんが、1000万程度でしたら200万以上の贈与税がかかる計算になります。

かわりの案として「子」が買い取って「子」の名義にするということはできないのでしょうか。

それもダメなら、「子」から「親」へ「貸した」という形をとり、「金銭消費貸借契約書」を作成し、「利子」もとる形で、「毎月」証拠が残る形(銀行振込など)で「返済」を行うことです。
これならば「贈与」となりません。


高額な贈与税が関わる問題ですので、お近くの税理士さんか税務署に相談された上で、適切な方法をとられることをお勧めします。
このときには「話だけ」ではなく、土地・建物の登記簿謄本や評価証明書を持参して「具体的に」相談するようにしてください。

Q「若い」の反対語

英和辞典で(youngの反対語として)oldの意味を調べると、「年取った、老いた、老年の」と書かれています。日本語で、「若い」の反対の意味の形容詞って存在しないですよね。

なぜ存在しないのでしょうか。

Aベストアンサー

私は専門家ではないので、多分に憶測がまざりますが以下のように思います。

・英語のoldには確かに、「年とった」という意味があります。しかし、「古い」という意味もあります。
また、oldという形容詞を使う表現(old people)は失礼な表現だと、どこかで読んだ記憶があります。
youngの対義語としてのoldの地位は、さほど確固としたものではありません。

・「年をとった」というのは「とる」という動詞を使っていますし、「老いた」は「老いる」という動詞を使っています。
これらは、単純に「年齢が大きい」と言っているのではなくて、過去に「年齢が小さかった」ものが、変化してその結果として、「年齢が大きい」という状態になっていることを意味します。年をとっている状態を単純に「~~い」と述べては、年を取った過程(経験とか)を無視しているような気がします。
(ただ、これは自分でもちょっとこじつけっぽい理由付けのような気がしますが。)

・日本語の形容詞には、比較級(older elder)や最上級(oldest eldest)というものがありません。
「若い」という形容詞に関して言うと、「AさんはBさんより若い」という表現はありますが、これは「比較級」という特別な形を使っているわけではありません。「若い」という形容詞自体は変わりません。「Aさんは、より若い」という表現は(できなくはないですが)普通使わないですし、この「より」は形容詞の一部ではありません。
したがって、比較を行えるような性質を述べる語句も、形容詞という形を取る必要がありません。だから、「年とっている」という意味の語句が形容詞である必要はありません。

・これは私の持つ感覚ですが、
目上の人のことを評価するのは、どちらかといえば控えるべきことのような気がします。
例えば、自分が一般社員だとして「部長って賢いですね」という表現は、なんか尊大な感じです。
年をとっている人は普通目上ですから、評価の対象にするのは失礼な場合が多いです。
人の性質を形容詞を使って述べるのは、その人を評価することを意味します。「若い」という形容詞は、単純に「年齢が少ない」という意味のほかに、「未熟だ」とか「生気に満ちている」というニュアンスがつきまとうため、評価になりがちです。
ということは、このような(目上の人の性質を述べる)形容詞はあまり発達しないだろうと思います。
逆に、「年を取る」という表現は、動作を述べる形をとっていて、人を評価するような機能はあまり大きくありません。

(あとは専門家の方にご回答いただくことにしましょう。)

私は専門家ではないので、多分に憶測がまざりますが以下のように思います。

・英語のoldには確かに、「年とった」という意味があります。しかし、「古い」という意味もあります。
また、oldという形容詞を使う表現(old people)は失礼な表現だと、どこかで読んだ記憶があります。
youngの対義語としてのoldの地位は、さほど確固としたものではありません。

・「年をとった」というのは「とる」という動詞を使っていますし、「老いた」は「老いる」という動詞を使っています。
これらは、単純に「年齢が...続きを読む

Q定期借地権の土地賃貸料について

知人からの相談です。

当該物件はある地方都市、県庁所在地の繁華街から徒歩30分以内の
利便性のいいところにあります。

① 土地の面積が約163平米ある実家を解体して更地になりました。

② そこにある企業の施設を建築する話があります。

③ 50年の定期借地権とかを利用して、土地の所有者に毎月
  土地代を支払うものです。
  建築等の費用他は当然、当該企業が負担します。

④ その土地は、駐車場として活用する場合、土地の形状と
  近隣の相場を考慮した場合、約5.5万円/月の売上
  になるであろうという先方の分析があります。

⑤ 一方、その土地を売却した場合、場所的には利便性のいい
  住宅地なので約2500万円以上でも売却可能ではないかと
  いう試算もあるようです。
  (坪50万円以上ということになります?)

さて、この土地の賃貸料ですが、先述した駐車場経営であれば
月5.5万円程度ではないかという分析ですが、土地の売却額を
ベースに考えると、別な数値になるのかもしれません。

ちなみに、この土地の固定資産税は、
    土地で 約37000円/年
    家屋  約16000円/年
だったと思われます。(築50年以上リフォーム有の物件でした)

果たして、この土地の賃貸費用は、どれくらいが妥当なのか。

その考え方を含め、どなたかご教示いただければ幸甚です。

宜しくお願い申し上げます。

知人からの相談です。

当該物件はある地方都市、県庁所在地の繁華街から徒歩30分以内の
利便性のいいところにあります。

① 土地の面積が約163平米ある実家を解体して更地になりました。

② そこにある企業の施設を建築する話があります。

③ 50年の定期借地権とかを利用して、土地の所有者に毎月
  土地代を支払うものです。
  建築等の費用他は当然、当該企業が負担します。

④ その土地は、駐車場として活用する場合、土地の形状と
  近隣の相場を考慮した場合、約5.5万円/...続きを読む

Aベストアンサー

不動産業者してます。

一般定期借地の賃料はいくつかの算定方法がありますが(基本的に民民の契約なので両者が合意した賃料ですが)弊社の場合は、その土地を売却した場合の価格の50~60%を50年分の賃料とするくらいで地主に提案します。つまりその土地の価格が現在2500万円とすると月額賃料は20000円~25000円くらいになります。

駐車場の賃料より安いですが、駐車場(更地)だと固定資産税の軽減措置が無くなるので現状より土地分の固定資産税は 6倍になるし、月極め駐車場が常に満車とは限りません。定期借地で貸せば賃料が途切れる事はなく、何より駐車場みたいに管理する必要がありません。

但し定期借地の契約は、保証金の授受や賃料の改訂、解約などの規定にノウハウが必要なので、本当は専門の業者に頼んだ方が良いのですが・・・。

検討を祈ります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報