引越しでおトクなインターネット回線は?>>

お忙しい中、お読み頂きありがとうございます。

私は現在、双極性障害II型の症状で精神障害者手帳3級を所持しています。
症状が悪化し、就労不可能の状態のため、貯金でなんとか生活しています。

今回、社労士さんのお力をお借りして障害年金の申請を考えております。
しかし、ネットなどで検索しても数多くの社労士さんのHP等が存在し
正直なところ選ぶ判断基準がつきません。

(居住区は東京都心部です。)


☆そこで、社労士さんを選ぶ際の「判断基準」をお教え願えないでしょうか?

 例えば、対応・料金等。設立年数や事業規模まで見た方が宜しいでしょうか。

☆精神障害の年金の場合、どの位の成功報酬・着手金・手数料などが相場なのでしょうか?


「着手金無料」とうたっていても、実際に問い合わせて見ると、
1~2万前後の手数料が申し込み時に必要だったり

何かお願いした場合(カルテをとりに行く・医師に手紙を書くなど)
5000円~1万5千円程度かかることもあるようです。

成功報酬についても、年金の2か月分だったり、全体額の10パーセントだったり、
さかのぼって請求する場合はプラスいくらかとられたり・・・

自分は知識がないので、どの程度までが一般的なのか
また違法?なのかよくわかりません。

もし知識のある方、「一般的な料金」や「選び方」
また「社労士さんにお願いした場合の成功率」など
全てではなくてもいいので、わかる部分をお教え願えないでしょうか?

宜しくお願いいたしします。
必ずお返事いたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

NO.1の回答者です。



私の場合は、当時一人で生活しておりましてたまたま巡回に来た警察の方に郵便物が溜まり、室内で倒れて意識のない状態で発見され、即入院。しかし当時体調悪化の為仕事は一切しておらず生活費もほとんど無い状態で入院費用も支払えない!との事で措置入院と言う事になりました。(入院にかかる費用は県でまかなう)要するに当時の私は今よりも酷く病棟に隔離され監視状態でした。人を信じられず、人を受付られない・暗闇が恐怖感を襲うなど酷かったみたいです。それと同じ位に実家の父親が認知症になるなどしていた為母親は「傍にいてやりたいけど・・・ごめんね」といつも電話の向こうで泣いていました。
しかし私には2人の息子が(当時学校で全寮生活)時々連絡をくれて勇気づけてくれてました。(夫は当時離婚後でいませんでした)

障害年金は、退院した後に生活が出来なければ自立出来ない!との事で主治医・ケースワーカー・市役所障害福祉課地域担当者・保健所の担当者・社会福祉協議会の担当者で話し合い、暫くは障害年金で生活をしつつ、いずれ授産所などの作業場で職業訓練し体調も考慮して自立しようと入院中に申請をしたのです。

その後退院して3ヶ月後から授産所に通い、2年後には障害者雇用の職場で勤務したおかげでだいぶ自立出来て来ました。が体調は時々悪くなる事が今もあります。
ただ今は2人の息子達も社会人になり、2年前に健常者である高校の同級生と再婚し、仕事も辞めて主人の給料・2人の息子の給料の一部で生活が成り立っています。障害者年金は実家の両親に全て送金しているかたちです。

すみません・・・長々と・・・
以上のように私の場合は主治医や周りの方々のお力により申請出来て、尚更2級の決定になったのです。

社労士さんが貴方の診断書判断で無理と言うのなら、主治医に貴方が今生活の為、病院への通院の為に障害者年金を申請して頂きたいと一度言ってみてはどうですか?主治医の診断書の記入一つで状況が変わるかも知れないので。
後もう一つ、最寄の年金事務所にその診断書のコピー(実物)とかを持参して直接「この診断書では障害者年金の申請出来ないのか?」と聞きに言ってみるのもひとつの手段ですよ。
その際、年金手帳・診断書・印鑑を一応持参してみて。

やっぱり社労士さんは1度位は無料の相談は出来ますが、お願いするとそれなりにまとまったお金が必要なので私はお金を掛けずに利用出来る、市役所・保健所・年金事務所・社会福祉協議会などに相談してみて下さい。

大変でしょうが諦めてはいけません。貴方には生きる使命が残っています。生活保護なんかに頼る位なら出来るはずなので。もしまた聞きたい事があれば聞いて下さい。私が知っている範囲にはなりますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答ありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ありません。

色々と大変なご事情があったようですね。
でも今はご結婚もされて良かったなと思います。

何件か労務士の無料相談に行きましたが
私の診断書では年金は無理だそうです。

貯金がなくなるまでは一人暮らしを続けて
無くなったら実家に帰ろうと思います。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/23 23:59

お加減は大丈夫ですか?



大変なときにネットなどで探してると
わかんなくなってしまいますよね。
私もそうでした。

私の場合は、着手金や成功報酬も頭に
入れつつ、自分に親身になってくれるか?
を優先に選ぼうと思い、気になったところ
すべてに連絡しました。

と、いってもいきなりお願いをするのではなく
ほとんどのところが、無料相談と謳って
電話やメールで1回だったかな?話を
聞いてくれるシステムがあるので、それを
利用し、きちんと回答してくれて尚且つ
先ほど書いた親身になってくれるところを
選びました。

よかったら、参考にしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、私も同じ考えです。
慎重に行動に移すべきだと考えています。

今のところ2件ほど電話で軽く概要を聞いてみました。

その後、その内の一軒の社労士の事務所を訪ねてみました。
しかし電話で社労士が言っていた「着手金無料」が嘘、
(と言うと悪い言い方になりますが)
最初から2万前後プラス・そのつど手数料かかるとのこと
を訪問して初めて言われ驚きました。

なかなか選ぶのは難しいですね・・・

ネットや大型書店で、社労士の選び方関係の本を
調べてみましたが、試験問題の本ばかりで役に立たなかったです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/15 03:07

私は統合失調症で精神障害者手帳2級保持者。

障害年金2級を取得しています。

今現在貯金で生活しているのなら大変でしょう。
双極性障害II型で障害者年金の申請をしなかったのですか?
(私の知ってる方は年金にて生活しています。)

社労士さんとの事ですが・・・依頼すると着手金などが発生するのでは?
年金の申請をするにしても主治医の意見書・診断書などで1万円位は必要なります。
それにもしかして、主治医が「貴方には必要ない!」となれば年金申請の診断書自体書いて頂けないので、
まずは主治医に年金の相談をして、それに応じてケースワーカーが貴方と一緒にどんな手続きをするか?を
教えてくれます。ケースワーカーが居なければ最寄の市役所の福祉の窓口で相談をするべきです。
必要な書類は主治医の意見書か診断書・障害年金請求書・病歴状況申立書などが必要になります。
請求書には今まで貴方が支払った国民年金・厚生年金に関わる職場(会社)の氏名と在籍期間を記入しないといけませんし、病歴状況申立書は一人では記入出来ませんので、市役所の方などと確認しながら行った方がいいでしょう。
社労士さんの費用がどれだけかかるか分かりませんが、一応小額で進めたいのならその方が良いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お恥ずかしながら、障害年金の知識が全くない状態で
通院に6年もの歳月を費やしてしまいました。

おっしゃる通りで、診断書や初診担当医などの諸資料代で
総額1万5千~2万円ほどはかかりそうです。
そこにプラス着手金だと4万以上は初期費用として見なければ
ならないような状態です…(成功報酬は含まない)

区の運営する無料労務士相談(ケースワーカー)に相談したところ
「この診断書内容では受給は無理」とのことでした。
※丁度、手帳の更新時期で診断書が手元にあったので参考までにそれを見せました

しかし、民間の労務士に見せたところ、
「3級なら通りそう、もしくは説得して2級も大丈夫かも」
とのことでした。

回答者様はお一人で年金受給までもっていけたのでしょうか?
もしそうならすごいと思います。
ADHDもある私にはとても複雑な作業に感じました。

手帳も2級とのことですし、症状も私より重いのもあるのかも
しれませんね。

回答ありがとうございました。
自力で受給できるコツなどあればぜひ教えていただきたいです。
もちろんお時間あればでOKです。

お礼日時:2013/04/15 03:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初診日を変更することはできるのでしょうか?

はじめまして。
障害年金を申請で大変困っています。
ご協力お願いいたします。

精神障害での通院で今は障害者手帳2級をもっています。
今まで年金の申請をしたことはないのですが、一人で暮らしていくことが大変難しいので年金の事を少し聞きました。
でも初診日から前々月1年分の1ヶ月が不足ということと。3分の2を支払うほうも不足でした・・・

初診日に通っていた病院と今の通ってる病院は違います。
先生の話ではもっとずっと前から原因と症状があったけど精神通院をしたのが初診日からになるとのことでした。
それ以前に精神通院はしていません。

社会保険労務士さんに少しだけ聞きましたが、病名がはっきりと判断できないと医者がいってたので・・
一人では外出できないし 男性恐怖症で男の人や人ごみにいくと熱があがって吐き気を伴い幼き頃にうけたことがずっと続いている状態にある
という言葉は医者は言ってました。
病名ははっきりだせないと言ってました。
今は睡眠薬 安定剤 偏頭痛薬を精神科で出してもらっています。
他に 内科で ステロイド剤と吸入剤を定期的にもらっています。
(これは生まれたときからなのでずっともらわないとです)
心臓内科で狭心症の薬ももらっています。
(異型狭心症の疑いがあるということで 狭心症のきちんとした検査はうけていません)
喘息治療では申請は難しいと言われました。
狭心症もちゃんと薬を飲めば大丈夫です。

前の精神科と今の病院は違っても新たに症状がわかったことになるから初診日はそのままになるのでしょうか?
年金受給は無理なのでしょうか?
大変困っています。
方法がないのか あるのか 皆様よろしくお願いいたします

はじめまして。
障害年金を申請で大変困っています。
ご協力お願いいたします。

精神障害での通院で今は障害者手帳2級をもっています。
今まで年金の申請をしたことはないのですが、一人で暮らしていくことが大変難しいので年金の事を少し聞きました。
でも初診日から前々月1年分の1ヶ月が不足ということと。3分の2を支払うほうも不足でした・・・

初診日に通っていた病院と今の通ってる病院は違います。
先生の話ではもっとずっと前から原因と症状があったけど精神通院をしたのが初診日からになる...続きを読む

Aベストアンサー

障害年金でいう「初診日」とは、
障害年金の受給理由となる傷病のために初めて医師の診察を受けた日、
のことを言います。
その傷病に関する診療科や専門医(質問者さんの場合は「精神科」)で
なくてもかまいません。
但し、その傷病で転院した場合には、
あくまでも「一番初めに医師の診察を受けた日」が「初診日」です。

障害年金を受給するためには、
原則として、以下の3つの要件をすべて満たすことが必要です。

注:
 初診日が
 「20歳前であって、何1つ公的年金制度に加入していない」
 という時期にある場合に限っては、
 下記に記す「保険料納付要件」は問われず、
 「20歳前傷病による障害基礎年金」を受給できる場合があります。

1.加入要件
初診日の時点で公的年金制度に加入していること。
(国民年金、厚生年金保険、共済組合)

2.障害要件
年金法でいう障害の状態(1~3級)であること。
● 国民年金・厚生年金保険障害認定基準による。
● 障害認定日(初診日から1年6か月経過後)の障害の状態を見る。

3.保険料納付要件
「「初診日が存在している月」の前々月」までの
「公的年金制度に加入していなければならない期間」のうち、
その3分の2以上の期間が「保険料納付済 + 免除済」であること。
● つまり、「未納」が上記の期間の3分の1未満であること。

4.保険料納付要件の特例(※ 上記「3」が満たされないとき)
平成28年3月31日までに初診日がある場合に限り、
「「初診日が存在している月」の前々月」から
さかのぼった直近1年間に「未納」が全くないこと。
(= この1年が「保険料納付済 + 免除済」以外ではないこと。)

質問者さんからのご質問を読むかぎり、
20歳以降(絶対に何らかの公的年金制度に加入しなければならない)に
初診日がある場合には、
「保険料納付要件が満たされていない」という段階で、
障害年金を受給することは不可能です。1円も出ません。
また、初診日を勝手に変えることも、絶対にできませんし、
してはなりません。
(そういった不正を行なっても、カルテなどですぐにバレますよ。)

結論としては、たいへん残念ながら、
「全く方法はない」としか言いようがありません。
 

障害年金でいう「初診日」とは、
障害年金の受給理由となる傷病のために初めて医師の診察を受けた日、
のことを言います。
その傷病に関する診療科や専門医(質問者さんの場合は「精神科」)で
なくてもかまいません。
但し、その傷病で転院した場合には、
あくまでも「一番初めに医師の診察を受けた日」が「初診日」です。

障害年金を受給するためには、
原則として、以下の3つの要件をすべて満たすことが必要です。

注:
 初診日が
 「20歳前であって、何1つ公的年金制度に加入していない...続きを読む

Q受診状況等証明書を医師に依頼する時の質問です

障害年金の申請として最初のステップで、受診状況等証明書が必要になりました。
今は転院しているので、初診の病院に頼まなければいけない事を前提として質問します。

まだ初診日から1年半経過していませんが(あと4ヶ月くらいで経過します)、早めに準備したいので、今の時点で依頼する事はできるのでしょうか。

私の状況が障害年金を申請しても却下される可能性があると医師が判断した場合、この証明書作成を拒否される可能性があるのでしょうか。

この書類は、必ず患者が医師と会ってから発行してもらわないといけないものでしょうか。
(郵送でも可能?)

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には、年金事務所に専用相談窓口がありますから、そちらでまず既往歴などをお話しになって下さい。
初診日の確定そのものは受診状況等証明書を取れるか・取れないか、ということにかかってくるため、ご相談の時点で年金事務所が確定して下さることはありません。
言い替えますと、ある程度のヒントを詳しく説明して下さるだけにとどまります。
しかし、このことは、以下の理由によって、たいへん重要なものとなります。

◯ Aというもともとの傷病がなければBという傷病・障害も起こり得なかったときは、AとBとは別々ではなく、ひとまとめにして取り扱い、あくまでもAの初診日で見る
(例:もともとのAが糖尿病で、その悪化によって網膜症や人工透析などというBの障害に至ったとき)

◯ ある傷病で受診していたが、転院などの理由が自らの意思であったときで、前医と転院先との期間に一定のブランクがある場合、治癒していると認められない場合は、前医の初診日を採用する
(例:治癒していないのにもかかわらず、医師の指示を受けず、自分で勝手に転院してしまったとき)

◯ 身体の異常のために内科などを受診したが、そのときに精神的な原因を指摘され、精神科や心療内科などを受診することになったときは、精神科受診日ではなく、内科などの受診日を初診日とすることがある

◯ 知的障害の場合は、出生日が初診日となる

◯ 発達障害の場合も基本的には知的障害と同じだが、20歳を過ぎてから初めて発達障害で受診した場合には、出生日ではなく、20歳過ぎの日が初診日となる

要は、何だかんだと申しあげても、やはり、年金事務所に相談なさってから進めてゆくことが大事です。
初診日の時点で加入している公的年金制度の違い(国民年金、厚生年金保険、共済組合)によって、受け取ることができる障害年金の種類(障害基礎年金、障害厚生年金、障害共済年金)が自動的に決まってきてしまうからです。
また、20歳以降に初診日があるときは、初診日の前日の時点で、初診日のある月の2か月前までの年金保険料の納付状況(国民年金保険料、厚生年金保険料)が一定の基準を満たしていないと、どんなに障害が重くても障害年金は受けられませんので、そういったことにならないように年金事務所で納付状況を調べてもらう必要もあるからです(窓口ですぐにチェックして下さいます。)。
さらには、初診日が決まらなければ、いつの状態の診断書を書いてもらえば良いのか、という診断書現症日も確定できません。

そして、障害認定日(原則、初診日から1年6か月が経過した日)には特例もあり、傷病によっては、1年6か月を待たずに早めに障害認定日を採るものも多いため、そのこととも関係してきてしまいます。
(例:人工透析、人工関節、心臓ペースメーカー、人工肛門、四肢の切断、在宅酸素療法、脳血管の神経系の障害、植物状態)

> 私の状況が分かりずらい中、とても詳しく回答してくださり本当に感謝しております。

プライバシー上の懸念から、なかなか個人的なことを書きづらい面はあろうかと思います。
しかし、少なくとも、生年月日・年齢・性別、発病日、傷病名、ご自身が初診だと考えている日、いままでの経過や現在の状態‥‥などを細かく記していただかないと、的確なお答えはできかねます。
いろいろとむずかしいところではありますが、今後はご注意下さい。
(ネット上で書きにくいものが多いのであれば、やはり、年金事務所にお出かけになっていただくしかありませんので。)

基本的には、年金事務所に専用相談窓口がありますから、そちらでまず既往歴などをお話しになって下さい。
初診日の確定そのものは受診状況等証明書を取れるか・取れないか、ということにかかってくるため、ご相談の時点で年金事務所が確定して下さることはありません。
言い替えますと、ある程度のヒントを詳しく説明して下さるだけにとどまります。
しかし、このことは、以下の理由によって、たいへん重要なものとなります。

◯ Aというもともとの傷病がなければBという傷病・障害も起こり得なかったときは、...続きを読む

Q障害年金2級とアルバイトについて

24年4月から障害年金2級の受給が開始されましたが、
アルバイトはしてはダメでしょうか?
国民年金の法定免除手続きもしました。

Aベストアンサー

障害年金を受けながら働いてはいけない、ということは決してありません。
ですから、ただその点だけを考えるならば特にご心配には及びません。

ただ、障害年金は、その障害の重さに合わせたものが支給されています。
障害が軽微なものから順に、3級、2級、1級‥‥といった感じです。
2級は、ご自分がどんなにがんばったとしても、日常生活や就労に何らかの制約が伴なわざるを得ない状態ですし、また、がんばり過ぎるとかえって障害が悪化しかねない状態でもあると思います。

ですが、あくまでもご自分でしっかりと自己管理ができることを前提にして、働きたいお気持ちが強いのであればアルバイトにチャレンジしてみても良いのではないか、とは思います。
ある意味で、日常生活の規則正しいリズムづくりやコントロールにつながる効果もありますから、主治医とできるだけよく相談された上で臨んでみると良いでしょう。

ちなみに、障害年金は有期認定が原則です。
このため、ひとりひとり間隔は違うものの、1年から5年までの範囲で、一定間隔ごとに診断書の再提出が求められます。
これを障害状況確認届(現況報告の一種です)といい、障害年金の受給者の義務です。
初回請求時の病歴・就労状況等申立書とは違い、提出を要するのは診断書のみですが、もちろん、提出時までの障害状況等の詳細がきちんと記されなければいけません。
当然、就労状況もきちんと記されなければいけませんので、アルバイトに限らず、就労すること・就労したことを主治医にきちんと伝えていただきたいと思います。

一般に、そこそこフルタイムに近い就労が可能になると、障害状況の軽減だと判断されます。
特に、精神の障害による障害年金の場合には、障害認定基準でもそのようになっていることから、こういった判断がなされることが多くなります。
その結果、障害年金の級が下がってしまったり、あるいは、支給停止になってしまうこともあります。
しかし、それと同時に、就労によって定期収入を得られるようになる・ある意味で社会復帰が可能になった‥‥ということでもあるわけですから、結果がどうなったとしても、前向きに考えられるようになっていただきたいなと思います。
 

障害年金を受けながら働いてはいけない、ということは決してありません。
ですから、ただその点だけを考えるならば特にご心配には及びません。

ただ、障害年金は、その障害の重さに合わせたものが支給されています。
障害が軽微なものから順に、3級、2級、1級‥‥といった感じです。
2級は、ご自分がどんなにがんばったとしても、日常生活や就労に何らかの制約が伴なわざるを得ない状態ですし、また、がんばり過ぎるとかえって障害が悪化しかねない状態でもあると思います。

ですが、あくまでもご自分でしっか...続きを読む

Q2級の精神障害があってPTA役員などできるんでしょうか

躁鬱病で障害年金2級です。

今は信頼できる人と最低限のお付き合いしかしていません。
子どもが4月から小学校に入ります。

書類に「PTAの役員かサポーターは必ずやってね」とイラスト入りで可愛く書いてありました。

年金2級の状況で、役員などできるものでしょうか?
(家族のすすめで通院し、服薬し、カウンセラーさんのすすめで年金受給しています)

カウンセラーさんは「今の状況では役員は絶対に断ってください」と言うのですが、そんな話が小学校で通用するのか心配で不安で朝起きると死にたくなってしまうこともあります。
医師に相談したら「仕事じゃないんだから、自分で断ってください」と言われました。

家事などは最低限やってますが、掃除は疲れてしまうのでヘルパーさんを頼んでいます。朝食は抜きで、夕食は子どもと保育園の帰りに外食しています。学校の説明会などは1時間で疲れきってしまうのでいつも途中で帰っています。人がたくさんいると混乱するのです。

もし役員を押し付けられたらどうすればいいのかさっぱりわかりません。(たぶん強く言われたら断る元気がありません)
経験上、母親同士の関係で、病気の説明をしても
「気のせいだよ」とか「私が協力するからがんばろうよ」とか
「私もよく欝になるからよくわかるよ」とか
あまり真に受けてもらえないので、もう絶対病気の話はしたくないし、
無理しても疲れるだけなので、だから母親同士の付き合いはしてません。

アドバイスお願いいたします。
この病気をかかえながら役員をされた方がいらっしゃいましたら
お話聞かせてください。

躁鬱病で障害年金2級です。

今は信頼できる人と最低限のお付き合いしかしていません。
子どもが4月から小学校に入ります。

書類に「PTAの役員かサポーターは必ずやってね」とイラスト入りで可愛く書いてありました。

年金2級の状況で、役員などできるものでしょうか?
(家族のすすめで通院し、服薬し、カウンセラーさんのすすめで年金受給しています)

カウンセラーさんは「今の状況では役員は絶対に断ってください」と言うのですが、そんな話が小学校で通用するのか心配で不安で朝起きると...続きを読む

Aベストアンサー

躁鬱病ではありませんが似たような生活レベルの者です。

我が子の学校でも役員免除規定は”役員経験者のみ”となっております。
でも、例えば誰が見てもわかるほど重度の病人に対して「絶対に引き受けろ!」とは誰も言わないですよね?当然ですけど。
”絶対に!”と書かれていても公表されていないだけで免除はしてもらえるはずです。
じゃあどの程度の体調の人なら免除されるの?となれば一般人に判断は無理。
理解を求めるだけ無駄です。

・カウンセラーさんに断るように言われていること
・家での生活実態
を学校に話し、間に立ってもらった方が良いです。
注意するのは現役員に話したり、役決めの場で説明を強要されても絶対に応じない事です。
現役員は所詮 今だけ役を引き受けている同じ”保護者”の立場の人です。
そこからどれだけ噂になるかわかりません。
ですが学校職員には守秘義務があります。
そこから誹謗中傷が一人歩きする心配はありません。

実際 私はこの方法で役員を免除してもらっています。


最初 担任に話した時に「学校とPTAは別団体なので免除要求などに関与しない」と言われたので教頭先生に相談に行きました。
そうしたら、担任の言葉とは違い
「教職員もPTA会費を払っているPTA団体の一員です。」
と説明頂きました。

現PTA役員から、「役決めの場に出席して病状説明をし会員の免除承認を得るように」と個人情報も何もあったもんじゃないような事を言い寄られたのですが、教頭先生に相談したおかげで、
経験者以外が免除要求をする際に個人情報を一保護者に向けてオープンにする事を強要しないように役員に話して頂けました。

躁鬱病ではありませんが似たような生活レベルの者です。

我が子の学校でも役員免除規定は”役員経験者のみ”となっております。
でも、例えば誰が見てもわかるほど重度の病人に対して「絶対に引き受けろ!」とは誰も言わないですよね?当然ですけど。
”絶対に!”と書かれていても公表されていないだけで免除はしてもらえるはずです。
じゃあどの程度の体調の人なら免除されるの?となれば一般人に判断は無理。
理解を求めるだけ無駄です。

・カウンセラーさんに断るように言われていること
・家での生活...続きを読む

Q障害年金の認定結果はどのくらいの期間がかかりますか

今月末までに障害年金の申請をします。

その場合、認定結果がでるのは何ヶ月くらいかかりますか?

ご存知のかたはおおしえください。

Aベストアンサー

裁定請求(申請ではなく、裁定請求といいます)を行なうものが、
障害基礎年金だけなのか、それとも障害厚生年金だけなのか、
あるいは、障害厚生年金+障害基礎年金なのか。
そのことは把握していらっしゃいますよね?
(障害基礎年金のみのときは、窓口が市区町村になりますので。)

裁定結果(認定結果ではなく、裁定結果といいます)は、
日本年金機構のサービススタンダード(標準処理日数)にしたがって、
次のように知らされてきます。
(請求から結果通知までの目安の日数。実際の振込はさらにその後。)

◯ 障害基礎年金で3か月以内
◯ 障害厚生年金では3か月半以内

但し、実際には、この日数内に終わることは少なくなっています。
平成22年度末現在、障害基礎年金では87.7%が期限内でしたが、
障害厚生年金では7.7%足らずでした。

平成23年度末現在は、障害基礎年金ではほぼ同様(9割近く)ですが、
障害厚生年金ではいまだ半数にも満たない状態(44%)です。

つまり、結果が知らされるまで、障害厚生年金のときは
半年近くの日数を要することが稀ではありませんので、
あらかじめ承知しておいていただいたほうが良いと思います。
(障害厚生年金+障害基礎年金のときもそうです。)

★ 注
初診日が厚生年金保険の被保険者期間中にあり、
年金法でいう障害の状態(障害者手帳の級とは全く無関係です)の
2級や1級に該当する可能性があるならば、
「障害厚生年金+障害基礎年金」としての請求になります。
(このとき、2級か1級ならば、同じ級の障害基礎年金も出るから。)

いずれにしても、請求後は、結果がわかるまで待っていただくしかありません。
また、結果がわかってから約40~50日後が実際の初回振込日です。
 

裁定請求(申請ではなく、裁定請求といいます)を行なうものが、
障害基礎年金だけなのか、それとも障害厚生年金だけなのか、
あるいは、障害厚生年金+障害基礎年金なのか。
そのことは把握していらっしゃいますよね?
(障害基礎年金のみのときは、窓口が市区町村になりますので。)

裁定結果(認定結果ではなく、裁定結果といいます)は、
日本年金機構のサービススタンダード(標準処理日数)にしたがって、
次のように知らされてきます。
(請求から結果通知までの目安の日数。実際の振込はさらにその後。)...続きを読む

Q障害年金更新 「日常生活に関する申立書」

 現在障害年金を受給しています。
 誕生月は2月なのですが、今回は24年1月現在の「診断書」・「日常生活に関する申立書」を2月末日までに送付して下さいと「診断書等」が送られてきました。
 
 「日常生活に関する申立書」の中で、1項目の日常生活の状況についての内容が先回の更新時の内容と同じで問題はないのでしょうか?改めて別なことを記入すべきか悩んでいます。
 また、なぜ今回は誕生月でなく1か月前なのかも判りません。
 ご指導の程よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

前回回答にも書きましたが、「日常生活に関する申立書」というのは障害共済年金独自の様式です。
国家公務員共済組合の場合ですと、下記PDFのような様式になっています。

精神障害を除く一般の障害者用
http://www.kkr.or.jp/nenkin/houtei/houtei_pdf/073-1.pdf
精神障害者用
http://www.kkr.or.jp/nenkin/houtei/houtei_pdf/073-2.pdf

その他の共済組合の場合にも、上記に準じているはずです。
日常生活の状況について大きな変化が見られなければ、まさか虚偽を記すわけにはゆきませんから、前回同様でかまわないでしょう。
逆に、「障害部位の動きなどに変化が見られる場合」「それによって行為に制約が生じている場合」「あるいは身体障害者手帳の等級が変わった場合」「その他障害者施策による諸制度を新たに利用することになった場合」等については、その旨を記したほうが良いと思います。
前回提出時のコピーは取ってあるのですよね?
むずかしく考え過ぎることはなく、ありのままを記していただければ良いでしょう。
(自分用にコピーを取っておくことは鉄則です。)

障害共済年金の更新(再認定)はおおむね1年から3年の間隔で、ひとりひとりの障害の程度によって異なります。
障害基礎年金や障害厚生年金での間隔(1年から5年)とも異なりますし、『障害基礎年金や障害厚生年金のほうでは「診断書提出不要(永久固定)」とされても、障害共済年金のほうでは再認定がほぼ常に求められる』という大きな違いもあります。
ですから、1・2級で障害基礎年金も同時に出る障害共済年金のときは、「障害基礎年金では診断書提出不要なのに障害共済年金では再認定が求められる」ということがしばしば起こります。

障害共済年金の更新(再認定)は、再認定年だけを定めている場合がほとんどです。
暗黙の了解として「誕生月末日までに診断書等を提出させる」のですが、このしくみは障害基礎年金や障害厚生年金のしくみを流用したものではあっても、必ずしも誕生月末日とは限らないようです。
このあたりはブラックボックスになっていて、障害基礎年金や障害厚生年金とは違い、そのしくみが公開されていません。共済組合ごとに異なります。
したがって、やはり、ご面倒でも所属の共済組合に直接お問い合わせ下さい。

更新が認められたか否かも、通常、特にお知らせが来ることは稀です。
障害基礎年金や障害厚生年金の場合には、必ず「次回診断書提出年月のお知らせ」というハガキが届く(更新時の書類を出してから、おおむね3か月程度あと)ので更新結果がわかるのですが、障害共済年金のときは、このようなハガキが送られてくるとは限りません。
何と、何1つ連絡がないことすら稀ではありませんよ。
(言い替えれば、ストップするようなときに限って連絡してきます。)
このため、認められたか否かや次回再認定年(次回の診断書提出年。障害基礎年金や障害厚生年金での年とずれてくることもある。)については、共済組合の組合員番号を伝えて、直接問い合わせるしかありません。

このような違いを踏まえていただかないと、正直、ややこしいことになってしまいます。
極端に言えば、共済組合ごとに細かいしくみに多々違いがあり、また、障害基礎年金や障害厚生年金のルールが通用しない(例えば、「いったん障害共済年金の事前認定がOKにならないと、障害基礎年金を請求できない」「職域加算がある」「在職中は原則として支給停止」「公務による障害の場合は別計算式での年金額になる」)ので、回答がたいへんむずかしくなってしまうのです。

どちらにしても、あれこれ心配し過ぎても始まりません。
共済組合に問い合わせていただくことが、結局は、一番の早道になると思います。
お力になれずに申し訳ありません。

前回回答にも書きましたが、「日常生活に関する申立書」というのは障害共済年金独自の様式です。
国家公務員共済組合の場合ですと、下記PDFのような様式になっています。

精神障害を除く一般の障害者用
http://www.kkr.or.jp/nenkin/houtei/houtei_pdf/073-1.pdf
精神障害者用
http://www.kkr.or.jp/nenkin/houtei/houtei_pdf/073-2.pdf

その他の共済組合の場合にも、上記に準じているはずです。
日常生活の状況について大きな変化が見られなければ、まさか虚偽を記すわけにはゆきませんから、前回同様でかま...続きを読む

Q精神障害者手帳2級とはどのレベルのなのでしょうか

最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。

普通に遊んでいますし、喋れます。料理もしているし、ゲームもしています。
普通の生活はできていると思います。

仕事はできないそうです。
たまに頭が痛くなるとか。

なぜこのような質問をしているかと申しますと
子作りをしていると聞いたからです。

薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。
私にも子供がいますが、やはり大変でした。
普通の人でも精神的に不安定になると思います。
ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。
友人だったら応援するかもしれません。
しかし、身内となると、そうは言っていられません。
何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。

※鬱病の方を批判しているわけではありません。

中立なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。
理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。
そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね

2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。
自己の判断もできない状況が多々あると思われます。
そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。
私もそんな状況で子育てには賛成できません

ですががやはり決めるのは本人です
あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。
強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。

Q精神障害者手帳3級:住民税・所得税の減額について

はじめまして。
私は、23年6月に障害者手帳3級の交付を受けた者です。
 私のケースで、住民税・所得税の減額が受けることができるのか、ご教授いただければと思いまして質問をさせていただきました。
 私は、大阪府に在住しております。
 各市町村によって、差異があるのかはわかりませんが、交付時に渡された「福祉のあらまし」という障害者手帳全般についての、サービス内容が書かれている冊子があるのですが、抜粋して下記のように記載されていました。

【所得税の控除】
●障害者控除:本人・控除対象配偶者・扶養親族が障害者・児
 [所得控除額]1人につき27万円

【住民税の控除等】
●障害者控除:所得税と同じ
 [所得税控除額]1人につき26万円
●医療費控除:所得税と同じ
 [所得控除額]所得税と同じ
※本人が障害者で前年の合計所得が125万以下の方→非課税
 本人が障害者で前年の合計所得が150万以下の方→減額・免除の制度があります

と記載がありました。

1.現在私は就業をしております。
2.就業時に書類を提出するときに「扶養控除等申告書」には、障害者控除の個所はなにも書かずに提出しています。(交付前でもあり、会社には障害者であることを隠して就業しているため)
3.現在の額面としての収入額は20万です。ですので、単純計算で20万×12ヶ月で240万の収入があることになります。
4.前年度所得としても、18万×12ヶ月で216万はあります。
5.23年6月現在、前年度所得に応じた住民税の納付書が普通徴収として送られてきています。

この現状で、精神障害者3級としてのなんらかの控除を受けることはできるのでしょうか。
もしできるとするならば、どのような方法、手続きの流れになるのでしょうか。

私が、判断するに住民税の減額・免除は受けることができないと判断しています。
収入がある為、申し出ても減額対象にはならないと思っています。

気になっているのが、所得税の控除なのですが、「会社にばれず控除が適応させることができるのか」という点です。現状のまま(会社に障害者であることを明かさず)で就業をし、年末調整が会社から入ります。その後、確定申告時に自ら出向き、障害者控除適応をさせる手続きをしたいと申し出て、修正申告をするという方法が可能なのか。と悩んでいます。
 しかし、修正申告をする=会社に内容が通達されるとなるのであれば、所得税の控除もできないということになるのではないかと考えています。

 あと、最後の質問ですが、もし住民税や所得税控除が適応できるのであれば、適応タイミングとしてはいつからになるでしょうか。現在既に届いている、前年度の所得を元に算出された住民税は、今申請しても適応にはならないですよね。交付日が6月であるということから、どのタイミングになるのか。気になっています。

長文になってしまい、申し訳ございません。
要約しますと、
1.所得税・住民税の控除を受けることができるのか。
2.もし、適応が可能なのであれば、いつからになるのか(現在来ている住民税の減額は可能か)
3.修正申告で、所得税の控除を受けることができるか、また、会社にばれることはないか
4.処理の手続き、流れはどのようになるのか

税金・福祉関係にお詳しい方いらっしゃいましたら、ご教授ください。
よろしくお願いいたします。

はじめまして。
私は、23年6月に障害者手帳3級の交付を受けた者です。
 私のケースで、住民税・所得税の減額が受けることができるのか、ご教授いただければと思いまして質問をさせていただきました。
 私は、大阪府に在住しております。
 各市町村によって、差異があるのかはわかりませんが、交付時に渡された「福祉のあらまし」という障害者手帳全般についての、サービス内容が書かれている冊子があるのですが、抜粋して下記のように記載されていました。

【所得税の控除】
●障害者控除:本人・控除対象配偶...続きを読む

Aベストアンサー

私も全く同じケースでした。

1、所得税・住民税の控除は受けられます。
2、今年度分から適応されます。
3、修正申告(確定申告)で控除を受けることもできます。ただし、会社にばれます。
4、確定申告に手帳を持って行って、精神障害者控除を受けると言えばよいです。

私も、控除を受けたいけれど、会社にはバレたくなかったので、色々と考えました(役所に相談にのってもらいました)。区役所(東京なので)に3回。税務署に3回相談に行きました。
「今年度分ではなく、2年たってから、2年前の分として控除してもらう。2年後の6月以降に控除申請をすればよいのではないか」みたいな裏ワザ的なアイデアも、某役所からでました。ところが、税務署によると控除申請は2年後の3月末までにしなくてはならないので、そのアイデアは現実的に無理だと言われました。
結局、どんな方法を使ったとしても、会社には「精神障害者控除がなされた」という連絡(?)が行ってしまうようです。

ただ、所得控除が27万円。住民税控除が27万円。
仮に、それぞれ10%ずつ返ってきたとしても、両方で5万4千円にしかなりません。(←これも役所の人に言われた)
5万円をもらうために、会社に精神障害者手帳を持っている者だとばれるのは嫌なので、私は控除を受けるのをやめました。

私も全く同じケースでした。

1、所得税・住民税の控除は受けられます。
2、今年度分から適応されます。
3、修正申告(確定申告)で控除を受けることもできます。ただし、会社にばれます。
4、確定申告に手帳を持って行って、精神障害者控除を受けると言えばよいです。

私も、控除を受けたいけれど、会社にはバレたくなかったので、色々と考えました(役所に相談にのってもらいました)。区役所(東京なので)に3回。税務署に3回相談に行きました。
「今年度分ではなく、2年たってから、2年前の分として控除...続きを読む

Q障害基礎年金申請にあたり受診状況等証明書の重要性

初めまして。
発達障害が発覚して障害年金を申請する準備をしているのですが、
困ったことがありましたので詳しくご存知の方がいらしたら、
どうか教えてください。よろしくお願いします。


【初診日があるA院への通院記録】
初診日・・・平成21年8月(19歳)
2回目・・・平成22年2月(20歳)
3回目・・・平成22年3月(20歳)

当時は気分変調症と診断され、主な原因が家庭内環境がであるとされていました。
薬物療法を薦められましたが、薬に抵抗があったことと、
一時的な病気というのに自分の中で合点がいかず、
投薬以外で様子をみたいですと院長先生に申し出たところ、
「今わたしの言うとおりにしておかなかったらね、今後どんどんひどくなるよ!」
と荒々しく怒鳴られてしまい、もう知りませんと帰されてしまいまいした。

ここに受診状況等証明書の作成依頼をすることに不安がありましたが、
「当時の診察内容を教えることはできないが書類提出が必要であれば発行する」
と電話で確認していたので作成依頼し、受け取って文書料3000円を払い帰宅しました。

中身を確認しましたところ問題点が3つありました。
(1)初診日が、2回目の平成22年2月になっている
(2)文字がつながっており全体的に読みづらく、判読不明な箇所もある
(3)内容が終始家族関係のことで、私自身の症状についての記載がなく、又、「薬物療法を行わずに精神療法のみを行っていたが、不平不満が・・・、同年3月29日の再診を最後に来診が途絶えた。以上。」と終わっており、事実(投薬が必要だと言われたが薬に抵抗があった為拒否)と少し合わない。

障害基礎年金申請にあたっての(2)と(3)の重要性がわからず
とりあえず(1)は絶対間違っていると思い電話しました。すると、
「最初に相談にかかられたのは21年8月だが、その日はあくまで相談のみで、正式に通院が開始された(2回続いた)のは22年2月からなので、そちらを書かせていただきました。」とのことでした。

再度連絡待ちなのですが、あまりにも不適切な証明書だと思い、書き直してほしいと思っています。
この場合、文書料を再び請求されると払わないといけないのでしょうか?
◆日付のみを訂正印で訂正する場合
◆日付と治療内容の訂正・書き加え
◆日付、内容、文字を新しくつくりなおし

障害年金申請に不利になるように書かれているような気がして困っています。
読みづらい文章になり申し訳ありませんが、
客観的な正しい知識をお持ちの方、どうか助言をいただければ幸いです。

初めまして。
発達障害が発覚して障害年金を申請する準備をしているのですが、
困ったことがありましたので詳しくご存知の方がいらしたら、
どうか教えてください。よろしくお願いします。


【初診日があるA院への通院記録】
初診日・・・平成21年8月(19歳)
2回目・・・平成22年2月(20歳)
3回目・・・平成22年3月(20歳)

当時は気分変調症と診断され、主な原因が家庭内環境がであるとされていました。
薬物療法を薦められましたが、薬に抵抗があったことと、
一時的な病気というのに自分の中で合点がいか...続きを読む

Aベストアンサー

お困りのようですね。
とにかく「正しい初診日時を書いていただく」ということが最も大きな目的となっている書類です。
以下、ポイントをひとつずつ説明します。

1)
初診日はどう見ても「平成21年8月」(19歳当時)となる。

「最初に相談にかかられたのは21年8月だが、その日はあくまで相談のみで、正式に通院が開始された(2回続いた)のは22年2月からなので、そちらを書かせていただきました。」

病医院の解釈は誤りです。
平成21年8月の医療相談じたいも「初めて医師にかかった日=初診日」であるので、正式な通院の開始がどうこうということとは全く関係なく、平成21年8月が初診日となっていなければいけません。
治療行為(投薬など)の有無ではなく、診察行為(相談を含み、たとえ投薬がなくとも、医師にかかればそこは受診[診察]とする)を見るからです。
したがって、ここだけは書き直していただくことが必要です。

2)
受診状況等証明書の「初診より終診までの治療内容及び経過の概要」に次のように書かれたとしても、これは、実はおかしなことではない。

「薬物療法を行わずに精神療法のみを行っていたが、不平不満が・・・、同年3月29日の再診を最後に来診が途絶えた。以上。」

医師から見て、実際にそのような経過だったのですから、発達障害等としての症状の記載がなかったとしてもやむを得ません。
また、家族関係に原因があると疑っていたわけで、同時に、その家族関係がおかしくなることが症状であると医師は見ていました。
であれば、家族関係がどういうふうになっていたかという記載があることをもって、当時のあなたの症状であったと解釈できます。
なお、医師は当時の診療録(カルテ)をもとにして記載しますので、その内容が事実であるかぎり、医師法に基づく証明書類である以上はここの部分(経過の記載)を訂正できません。
さらに、あなたが薬に対して抵抗があった・なかった、ということにかかわらず、「薬物治療を行なわなかった」という事実は間違ってはいないのですから、医師の記載はあながち不実なわけでもありません。

3)
今後可能なのは、以下のア。
ただ、文書料を再び請求されたとしても、ゼロからの作り直しとも言えるのでやむを得ない。
(文書料を再び請求するかしないかは、病医院の自由。)

ア 日付のみを訂正印で訂正する ⇒ 可能
イ 日付と治療内容の訂正・書き加え ⇒ 治療内容は診療録に基づいて書かれたものであるはず。訂正不可。
ウ 日付、内容、文字を新しくつくりなおし ⇒ アで十分であるし、ウのようにする意味はない。

初診日の日付こそが重要な書類です。
治療経過の記載も重要なのはもちろんなのですが、しかし、年金用診断書で記される経過・症状こそが障害の認定を大きく左右するので、そこを混同しないで下さい。
つまり、何よりも初診日の日付を重視し、治療内容の記載については二の次だと割り切って下さい。
判読不明な文字がある、などということも、これも割り切って下さい。
要は、あなたが、書類の性質(日付こそが重要)をよくわきまえた上で対応してゆくのです。
その上で、次の年金用診断書こそをきっちりと書いてもらうこと。これが大事です。

平成21年8月(19歳)の初診日から数えて1年6か月が経過した日は、いつになるでしょう?
平成23年2月にその日が来ると思います。
平成23年2月の時点で既に20歳を迎えているのならば、問題ありません。その日(平成23年2月)が「障害認定日」となります。
そうしましたら、平成23年2月の「障害認定日」から数えて、障害認定日後3か月以内に実際に受診した病医院があったかどうかを思い出して下さい。その範囲内の病状を年金用診断書に書いてもらわなければならないためです(当時の病医院で書いてもらわなければいけません。)。
つまり、年金用診断書に書かれるべき病状の日時の範囲も、初診日に左右されてしまいます。

そのほか、20歳前に初診日(但し、この初診日のときに何1つ公的年金制度に加入していないこと)がある場合は、国民年金保険料を全く納めなくとも、最短で20歳直後から障害基礎年金を受けることができます(「20歳前初診による障害基礎年金」)。
一方で、もしも初診日が20歳以降であると、今度は一定の保険料納付要件が必要で、それが満たされていない場合には障害年金を受けられなくなってしまいます。
(初診日の前日の時点で、最低限、初診日のある月の2か月前から13か月前までの1年間に未納の月がないこと=保険料納付要件)
 

お困りのようですね。
とにかく「正しい初診日時を書いていただく」ということが最も大きな目的となっている書類です。
以下、ポイントをひとつずつ説明します。

1)
初診日はどう見ても「平成21年8月」(19歳当時)となる。

「最初に相談にかかられたのは21年8月だが、その日はあくまで相談のみで、正式に通院が開始された(2回続いた)のは22年2月からなので、そちらを書かせていただきました。」

病医院の解釈は誤りです。
平成21年8月の医療相談じたいも「初めて医師にかかった日=初診日...続きを読む

Qうつ病による障害厚生年金の受給申請は難しいですか?

現在、うつ病の療養をしており、仕事をしていません。

年金機構の最寄りの事務所へ国民年金の免除手続きに行ったのですが、
その際に担当の方が、よろしければ障害厚生年金
(うつ病発症時はサラリーマンでしたので)のご相談をされてみてはどうですか?
と助言され、そのまま社労士さんにご相談をしました。

結果、障害厚生年金の申請用件は満たしています、
ただ、裁定はうつ病の場合難しい場合もあありますし、診断書も二枚で、
割高なので主治医と相談して、申請書を出すか考えてみてください

と助言いただきました。

私は2008年11月にうつ病発症、初診日に休職を勧める診断書を書いていただきましたが、
会社側との相談により就労制限を受けながら半年間勤務、結果症状が悪化し、
休職に入りました。

4ヶ月後、完治しないまま復職し、3ヶ月勤務後再休職、その後産業医・人事部長と話し合うも
復職を認められず、職務規定により強制退職?※となりました。

 ※この退職については、法的に適正なのか不明です。
 パワハラ、オーバーワークの強要、初回復職後リハビリ勤務時にオーバーワークの
 強要をされたにもかかわらず、労組、人権推進部もまったく動いてくれず、最終的に
 人事部長に「むいてないんだよ」と暴言を吐かれて心が折れ終わりました。

その後、ずっと療養をしていましたが(寝込んでいるのがほとんどでしたが)、昨年夏、
知人の会社に誘われ入社しましたが、事前の労働条件と話が違い夜勤・肉体労働をすることになり、
労働についていけず、病気が悪化し一ヶ月で退職となりました。

それからは、また病気療養を続けています。

今回、障害厚生年金のお話をいただき、受給できる可能性があるのなら申請したいのですが、
社労士さんも診断書が割高なのと、主治医の見解、裁定を下す医師の見解によっても割れるので
通るかどうかはなんとも言えないとのお話でした(私に限らず誰にでも)。

現在は自宅にいて、ほとんど外出せず(できず)、寝ているか少し起きてテレビを見たり、
インターネットをしたりしているような療養生活です。

外出できない状況になることもあり、診察日に病院にいけないことも多々あります。

このような状況ですが、裁定が通る可能性はありますでしょうか?
明らかに難しいようでしたら、障害厚生年金の診断書代は高いようので、控えようと思います。

ぜひ、ご助言いただけますと幸いです。

現在、うつ病の療養をしており、仕事をしていません。

年金機構の最寄りの事務所へ国民年金の免除手続きに行ったのですが、
その際に担当の方が、よろしければ障害厚生年金
(うつ病発症時はサラリーマンでしたので)のご相談をされてみてはどうですか?
と助言され、そのまま社労士さんにご相談をしました。

結果、障害厚生年金の申請用件は満たしています、
ただ、裁定はうつ病の場合難しい場合もあありますし、診断書も二枚で、
割高なので主治医と相談して、申請書を出すか考えてみてください

と助言いただ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、はじめまして。

私は、うつ病で障害基礎年金を受給していますよ。
まずは、主治医さんと病院のソーシャルワーカーさんに相談してみてください。

私の実感としては、1回きりの申請用の診断書代の高額さよりも、申請書類を自分で作成するのがものすごく大変だった記憶があります。社会保険事務所の方に添削(?)を受けながら3回くらい通って作成し、申請書類を提出し終えた時は疲労困憊していました。

でも、結果として、年金がいただけるのと、障害者手帳による税金や公共機関の助成がいろいろ受けられるので(携帯電話のプランもお安くなるし)、申請してよかったと思っています。
障害者手帳による助成は自治体に依って変わりますが、私が住まう自治体では交通費助成として「市の公共交通機関の全部フリーパス」かタクシーチケットを選べます。私はフリーパスを使ってますが、バカにならない恩恵です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報