この国のナショナリズムについて調べてます。
明治維新以降どのように変遷したと思われますか?
国民国家という言葉とも関係していますが。
それぞれの歴史的事件で、日本人のナショナリズムはどのように高揚し、または衰退したのかご意見お願いします。
あ、愛国心ってまだ根付いてないんですかね?この国は。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 私の曾祖父は長州の下級士族出身ですが、死ぬまで「日本人」という言葉に抵抗し、「おれは長州人だ」と言い続けたそうです。



 その大日本帝国の中で日本国民が形成されていった最大のきっかけは「日露戦争」でしょうね。あそこでほぼ国民国家は完成し、日本国民も形成されました。そのナショナリズムの強烈さはロシアとの講話に不満な暴徒が暴れ回ったことでも立証出来ます。

 韓国併合、日中戦争、太平洋戦争、いずれも「国民」の協力なしにはなしえなかったことです。特に日中戦争から太平洋戦争にかけては「総力戦」でした。国家総動員法という法律に支えられていますが、強烈なナショナリズム、愛国心なしにはなしえないものです。

 しかし、第二次大戦の敗北と大きな犠牲は,「盲目的なナショナリズム、愛国心」に対して大きな懐疑を生みました。すでに鬼籍に入った私の母は満州引き揚げ者ですが「二度とお上は信じない」というのが口癖でした。

>あ、愛国心ってまだ根付いてないんですかね?この国は。

 十分根付いています。それも健全な。でなければスポーツ競技、オリンピック、国際大会であれほどの熱狂はしないでしょう。さらに、相手国に対しても礼儀を尽くす、という極めて礼儀正しさが見られます。
 また2年前の大震災、あるいはあちこちで毎年起こる災害、あるいは悲惨な事件に対して、必ず義援金やボランティア活動が自然にわき起こります。完成された国民国家でなければあり得ない現象です。これほど、国民国家、国民意識、そして愛国心が健全に機能している国は数少ないでしょうね。

 どこかの世界一の人口を誇る国と比較すればその素晴らしさがわかります。中国共産党は国民国家を形成しようとしても出来ないことをよく知っています。その意味で日本国に嫉妬していますね。それほどの完成度ではないかと思います。 
    • good
    • 0

 


【序】あなたの心が旗めくとき ~ はてなアンケートより ~
 
 日本人が受賞すると、受賞しない日本人まで「日本人の誇り」と思う。
 日本人が逮捕されると、悪くない日本人まで「日本人の恥だ」という。
 日本人だから受賞したり、日本人だから逮捕されたわけではないのに。
 
http://q.hatena.ne.jp/1307680798 (20110610 13:40:00)
 パブロフの犬たち ~ 脳内ナショナリズム ~
http://q.hatena.ne.jp/1307680798#c208737 (20110721 13:59:57)
 
…… ナショナリズム【Nationalism】近・現代における思潮・運動の
一傾向。訳語の初見は雑誌『日本人』の「国粋保存旨義(1888)」国民
主義・民族主義・国家主義などの訳語があてられてきた。(国史大辞典)
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20110610
 おらが世 ~ 日の丸に心はためく人々 ~
 
【破】望郷と異郷 ~ はるかなる愛国心 ~
 
 わたしの友人は、一人はカナダに在住し、長女はデンマーク人と結婚、
日典混血の孫娘を産みました。もう一人はカンヌに定住し、次女は日仏
混血の孫を産んだそうです。
 
 もしも、カナダとデンマークとフランスと日本が、なんらかの理由で
敵対したら、われわれの友情はどのように変化すべきでしょうか。
 もし変化したりすれば、われわれの友情など、何だったのでしょうか。
 
 おらが村に橋をかけるために村会議員となり、ダムを建設するために
県会議員になるか、知事から市長に転進して国会議員の派閥代表となり、
いっそアメリカ52番目の属州となって、大統領選挙に出馬すべきか。
 
【急】最近Q&A投稿 ~ わたしの本棚から ~
 
 誤手順 ~ 読まない本を薦める回答者、読まずに感謝する質問者 ~
http://q.hatena.ne.jp/1368251442#a1200703
 罪と罰 ~ 読まない者とは語れない、読んだ者とは争えない ~
 
…… だれもが予想しながら、だれも阻止できず、だれも総括しない。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6996068.html (No.1 20110908 08:36)
 三島 由紀夫の再現、松本 清張の検証、司馬 遼太郎の拒絶。
 
http://q.hatena.ne.jp/1109085808#a264500 (No.4 20050223 02:22:21)
…… 生涯をかけて読むべき、畢生の戦争序曲です。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6679526.html (No.3 20110420 04:55)
 
    • good
    • 0

 少しばかり補足します。

近代日本(天皇制国家)がその正統性を証明するために歴史教育を活用したことはご存知のところと存じます。その前提として国史編纂事業がありまして、それは現在の東大史料編纂所の礎ともなりました。
 国民に対する刷り込みとして著名な部分では南北朝正閏論をはじめ津田左右吉の古代史研究に対する干渉と発禁処分などがあります。他に知られているところでは足利尊氏を逆賊扱いしたことなどがあります。それほど短絡的にとらえがちなやからは何時の時代にもおりますので、歴史の話をされる時には十分な注意も必要です。
 そして戦後の右旋回に関する論考ではジョン・ダワーの『敗北を抱きしめて』小熊英二の『民主と愛国』大澤真行の『ナショナリズムの由来』をお読みになることをお勧めします。
    • good
    • 0

 こんばんは、こうした問題に関しては丸山眞男が『現代政治の思想と行動』の中で第一部「超国家主義の心理」以下7本の論考で詳述しておりますので、そちらをご覧になった方がよろしいかと存じます。


 近代日本とその過程での「国家のありよう」が問われたのは階層により異なります。街中の蕎麦屋が国家という場合にはそれがNationであるとは限らず、それが自由民権運動に伴う新たな政治システムの構築といった場合には議会制度および政府と重なる部分ともとれる可能性があります。必ずしも「国家」という枠組みは確定的でもありません。
 因みに「愛国心」という言葉は悪党の最後の逃げ所ともされています。僕は愛国心という言葉を安易に口にする人に対して胡散臭さを感じています。殊にサッカーの国際試合などで約1本だけ日の丸ではない旗が臆面もないままに振られている光景を目にしますと恐怖を感じます、あれを降っているやからはあれの意味を本当に知っているのだろうかと。おそらくは何も知らない人達でしょう。知らないことが罪であることは最大の罪でもある。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一番おもしろかった歴史小説を教えて下さい。

みなさんが今まで読んだ中で一番おもしろかった歴史小説は何ですか?

Aベストアンサー

「炎立つ」ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/炎立つ_%28小説%29

平安時代の奥州というマイナーですが、本当にドキドキハラハラでした。

メジャーどころで言えば司馬遼太郎、山岡荘八、黒岩重吾の歴史物は外れがないと思います。

Q【明治維新150周年記念年】現在に残っている明治維新を触れられる観光スポットを教えてください。 来年

【明治維新150周年記念年】現在に残っている明治維新を触れられる観光スポットを教えてください。

来年の2018年は明治維新150周年を迎える記念の年である。


来年の2018年は明治維新を記念する行事が行われる。

あなたは明治維新とは?と聞かれたら何と答えますか?

明治維新とは?

---------

質問:

現世に残っている明治維新を触れられる観光スポットを教えてください。

Aベストアンサー

五稜郭(榎本、土方ら) 函館中島(中島親子) 江差(開陽丸)

Qおもしろい歴史ミステリー

歴史(日本・東洋・西洋問わず)とミステリーが好きです。
最近おもしろいものに出会えてないので・・・何かあれば教えてください。
今まで面白かったのは・・・「ダヴィンチ・コード」、高木彬光の「邪馬台国の秘密」です。

Aベストアンサー

こんにちはmondayと申します

鯨 統一郎 さんはご存知ですか?
「邪馬台国はどこですか」が面白かった。
短編ですが・・・。

Q幕末から明治維新の時代をどのようにお考えですか?

 今、幕末から、明治維新に関する本をいろいろあさって読んでいるのですが、読んでいるうちに、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の「餅つきの例え」を思い出しました。漠然とした記憶なので、調べてみると「織田がつき 羽柴がこねし 天下餅 座りしままに 食うは徳川」ということでした。江戸時代の狂歌(私は、狂歌というのがどういうものか知りません。現在のサラリーマン川柳みたいなものでしょうか?そもそも、歴史とか、文化にはオンチです。)なのだそうですが、これを「幕末から明治維新の時代に登場する人物や、出来事・事件に当てはめたらどんなことが言えるのだろうか?」という疑問というか、興味が、ふと湧いてきました。

 「戦国から江戸に至る時代」が単純だったとは思いませんが、「幕末から明治維新の時代」というのは、藩の立場、登場人物、思想の変化、事件の背景など、かなり複雑だった(わずかに本を読んだだけの知識に基づく個人的な印象)ような気がしますので、 単純に

  「織田がつき 羽柴がこねし 天下餅 座りしままに 食うは徳川」

などというようなことでは表現できないと思いますが、日本の歴史に関心を持たれている方が、「幕末から明治維新の時代」をどのようにとらえておられるのか、「教えてほしい」という気持ちになり、質問しました。

 幕末から明治維新の時代を「織田がつき 羽柴がこねし 天下餅 座りしままに 食うは徳川」というようなフレーズで表現していただければ、おもしろいと思いますが、「天下餅」という単語や、「天下餅=総理大臣(伊藤博文)」などという、人物に当てはめることにもこだわりません。明治維新を表現する興味ある「いいまわし」を教えて下さい。既存の「いいまわし」だけでなく、普段考えておられることなどをご回答いただければ、これから、勉強するに当たって参考になると思います。<(_ _)>

 今、幕末から、明治維新に関する本をいろいろあさって読んでいるのですが、読んでいるうちに、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の「餅つきの例え」を思い出しました。漠然とした記憶なので、調べてみると「織田がつき 羽柴がこねし 天下餅 座りしままに 食うは徳川」ということでした。江戸時代の狂歌(私は、狂歌というのがどういうものか知りません。現在のサラリーマン川柳みたいなものでしょうか?そもそも、歴史とか、文化にはオンチです。)なのだそうですが、これを「幕末から明治維新の時代に登場する人物や...続きを読む

Aベストアンサー

「黒船がつき 薩長でこねた日本餅 裏で仕掛けて 食うはイギリス」

明治維新は、産業革命後の近代化を迫られた日本という視点で見るので、てんやわんやしているように見えますが、基本的は政治の体制が徳川家から薩長連合に代わっただけで、天皇の存在は基本的には権威のみで変わらず、各藩の大名も爵位をもらって存続していますので、大きく階級を入れ替える革命とは全く異なっています。
薩長出身の政治家たちは結局大名家には頭が上がらずのままでした。

明治維新の発端とされているのは黒船です。当時アメリカは遅ればせながら植民地化をもくろんでいました。しかし、アメリカがこじ開けた日本の門戸ですが、その前後で薩長などを裏から支援したグラバーさんはイギリスの武器商人で、ロスチャイルド系のマセソン商会の代理人という立場です。かれはイギリスが中国を支配したタイミングで日本に来て、同様に内乱を仕掛けるために長州藩士の留学を手伝ったり、竜馬をけしかけたりしています。

ロスチャイルド系のイギリス資本はアメリカでもこのタイミングで南北戦争を仕掛けていて、せっかく黒船で切り崩しに来た(1953年)アメリカも、南北戦争(1961~1965)で植民地開拓どころではなく、この間にイギリスが馬関戦争の戦後処理で主導権を握りつつ安政五箇条条約(典型的な不平等条約)を結び、交易を盛んに行いました。
アメリカは自国内の戦争でこの機会を活かせず、イギリスが日本の交易の8割がたを握りました。
なぜアメリカからイギリスに?という問いが出ますが、実質裏でイギリスはずいぶん動いていたのです。グラバーさんなど有名人が多いのに、日本史ではここを明確に教えませんよね。

「黒船がつき 薩長でこねた日本餅 裏で仕掛けて 食うはイギリス」

明治維新は、産業革命後の近代化を迫られた日本という視点で見るので、てんやわんやしているように見えますが、基本的は政治の体制が徳川家から薩長連合に代わっただけで、天皇の存在は基本的には権威のみで変わらず、各藩の大名も爵位をもらって存続していますので、大きく階級を入れ替える革命とは全く異なっています。
薩長出身の政治家たちは結局大名家には頭が上がらずのままでした。

明治維新の発端とされているのは黒船です。当時アメ...続きを読む

Qおもしろい歴史小説を教えてください

お世話になります。

最近になって歴史小説・・といってもあまり肩こりしないものばかりですが、いろいろと読みあさっています。
佐伯泰英さん の居眠り磐根シリーズ、酔いどれ小籐次、
池波正太郎さんの剣客商売、他、
宮部みゆきさんの歴史物

などフィクションが多いのですが、ここにきて、

光圀伝(冲方丁)、親鸞(五木寛之)、堀部安兵衛(池波正太郎)

など、実在した人物に焦点をあてた小説を読んだところ、おもしろくてこの辺にもはまってしまいました。

ある程度の史実に乗っ取っていれば、フィクション、創作という形のもので構いません。というかその方が良いのですが、物語として、読みやすくおもしろい歴史小説をご推薦頂けないでしょうか?

幕末物は司馬遼太郎さんを中心に多少読んでいるので、できれば、それよりも前の時代の物が希望です。

尚、現在読んでいるのは 夢枕獏の沙門空海 です。

Aベストアンサー

司馬遼太郎著「風神の門」
http://www.amazon.co.jp/%E9%A2%A8%E7%A5%9E%E3%81%AE%E9%96%80-%E4%B8%8A-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%8F%B8%E9%A6%AC-%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4101152349
とても面白いです。

Q日本史の授業で明治維新に活躍した人物を調べています。

日本史の授業で明治維新に活躍した人物を調べています。
私は「勝海舟」に興味をもっているので今、調べている途中です。
でも、調べてもなかなかいいサイトが見つかりません。
いいサイトがあればぜひ教えて下さい。

また、明治維新で起こった事件が書いてあるサイトがあれば教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

素朴な疑問ですが、「インターネットで調べなさい」という課題なのですか?
そうでないなら調べ物には、図書(本)も使うほうが有益なのですが。

いくらネット検索でも(または誰かに「いいサイト」を教えてもらっても)、文章を読むのは自分でやらなければならないし、ノートやレポートにまとめるのも自分でやらなければなりません。
(それが出来ないならPCなんて使えないただの箱です)

「ウィキペディア」が便利ですが、記事によっては内容が間違っていることもあると言われております、ご注意を。
鵜呑みにしないで他の資料と比較してみるなど、自分で確認をしてくださいね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E6%B5%B7%E8%88%9F

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%8B%9D%E6%B5%B7%E8%88%9F%E3%80%80%E6%98%8E%E6%B2%BB%E7%B6%AD%E6%96%B0&lr=&aq=f&oq=

Qおもしろく、易しく、正しい日本の歴史がわかる本はありますか?

はじめまして。中学高校ときに歴史をほとんど勉強してなかったので、戦国時代から近代史(坂本竜馬や新撰組が何をしたのかも知りません。。)、どういう経緯で日本が太平洋戦争に進んでいくことになったのか、敗戦から今日に至るまでの歴史を今ごろになって勉強したいと思うようになりました。

そこで、日本史について、決して難しい本ではなくて、漫画や小説等ジャンルはなんでもいいのですが、わかりやすく、おもしろく、かつ正確な(偏ってないという意味で)歴史の本があったら是非教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
多分沢山のアドバイスがあるかと思いますが、ちょっと変り種(?)をお勧めします。

『幕末新聞』アスペスト刊
1853~1878年迄の出来事が新聞形式にて書かれています。パロディ風に仕上げてはいますが、史実に基づいています。見出しや写真の使い方は現在の新聞そのものですが、新聞風と言う事から現在進行形の報道がされていて面白さを感じそそられます。例えば、見出しはこんな感じ…

(1853年(嘉永6年)6月~7月)
浦賀に堂々黒船現る! 号外
アメリカ東インド艦隊司令長官 開国迫る

(1867年(慶応3年)10月~11月)
  慶喜 大政奉還
   徳川幕府
二百六〇年の歴史にピリオド

以下はAmazon.co.jpからの引用です。
内容(「BOOK」データベースより)
維新の英傑が紙面に踊る幕末・明治維新のヴァーチャル新聞。幕末史の縮刷版。
内容(「MARC」データベースより)
1853年、浦賀にペリー来航、1860年、桜田門外の変、1877年、西南戦争終結。幕末をいろどる大事件を、現代の新聞が報じたらどうなるか。大見出しと記事、関連図版で幕末を伝える。

確か、こんな感じで幕末以外にも歴史新聞があった様に思います。
では、ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4893666576/qid=1099818310/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/249-6525246-4177143

こんばんは。
多分沢山のアドバイスがあるかと思いますが、ちょっと変り種(?)をお勧めします。

『幕末新聞』アスペスト刊
1853~1878年迄の出来事が新聞形式にて書かれています。パロディ風に仕上げてはいますが、史実に基づいています。見出しや写真の使い方は現在の新聞そのものですが、新聞風と言う事から現在進行形の報道がされていて面白さを感じそそられます。例えば、見出しはこんな感じ…

(1853年(嘉永6年)6月~7月)
浦賀に堂々黒船現る! 号外
アメリカ東インド艦隊司令長官 開国迫る

...続きを読む

Q明治維新の「維新」について

選挙で「維新」と多く聞きます
その語源?である「明治維新」について質問です

明治維新の「維新」はその革命改革の時点で使われていた言葉なのでしょうか?
歴史を振り返って名づけられたものなのでしょうか?
よく歴史に出てくる戦争や革命などは 振り返ってつけられたと思います
(例えば大政奉還以降に維新革命党とかあったら判りやすいのですが)

また「維新」という言葉は明治以前からあったのでしょうか?

教えてください
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

確か、幕末に水戸の藤田東湖が作った造語だったと思います。
革命というと、君主まで変わってしまうことになりますが、日本の場合はそういうことは無く、
天皇陛下が治める日本国の政治体制を全く新しくするという意味で作ったものだと思います。

Q韓国の歴史小説でおもしろい本はないでしょうか?

韓国の歴史小説でおもしろい本はないでしょうか?
日本の歴史小説(時代小説)や中国の歴史小説はいろいろ読んで楽しんでいるのですが、ふと韓国はないなぁ・・・と思いました。
韓国人作家の作品を翻訳した作品でもいいですし、日本人作家が書いたものでもいいので、オススメの本を教えてください。
近現代ではなく、日本で言えば江戸時代初期ぐらいまでの年代の物語がいいです。
ということは、韓国ではなく朝鮮でしょうか。
史実の分量は多くなくてもいいです。神話的・伝説的なものでも。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

荒山徹『高麗秘帖』は絶対お奨めです。
慶長2年、秀吉が派遣した日本軍を迎え撃つ朝鮮水軍の名将 李舜臣の戦いを描く伝奇小説です。文庫で600ページ以上ありますが、サスペンスで引っぱり、長さを感じさせません。白兵戦や海戦の描写も迫力があります。
この作家は一貫して、朝鮮をからめた時代小説を書いていますので、この作品が楽しめたら、ほかの作品も読んでみてください。

Q西郷の欧州視察 明治維新で明治政府は大久保や木戸やその下の山県や西郷従道ら多くの志士を欧州視察に行か

西郷の欧州視察




明治維新で明治政府は大久保や木戸やその下の山県や西郷従道ら多くの志士を欧州視察に行かせているのに、なぜ西郷隆盛に欧州視察を勧めなかったのでしょうか?西郷が征韓論を持ち出した時に欧州帰りの政府要人は「おまえも欧州を見てくれば征韓論なんて到底無理だと分かる。」と西郷を(たとえ本人が嫌がったとしても)無理やりにでも欧州視察に行かせれば、そのあとの不平志族に担がれて西南戦争も起きなかったと思うのですが?

Aベストアンサー

なぜ西郷隆盛に欧州視察を勧めなかったのでしょうか?
   ↑
政権がまだ不安定で、国内を沈静化させる
ために、西郷を日本に置いておきたかったからです。
首脳の皆が皆、外国などへ出かけたら、反対分子が
暴れます。

現代でも、クーデターは国王なり、独裁者なりが
外国へ出かけた隙に発生している場合が多いです。




「おまえも欧州を見てくれば征韓論なんて到底無理だと分かる。」
    ↑
朝鮮半島は日本防衛の要です。
元寇だって、半島経由で日本を侵略しています。
半島が列強の植民地になったら、特にロシアですね。

ロシアの植民地になったら、日本の安全保障上
非常にまずいわけです。
だから、征韓論なのです。
ロシアに占拠される前に、占拠してしまえ、ということです。

日清日露戦争はまさに半島を巡る戦だったのです。


人気Q&Aランキング