ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

宅地造成済みの土地を購入し新築を検討しております。
東側の土地が50cm低くなっており、土留め(擁壁)を施工する予定です。
東側の隣地境界から約1mの位置に住宅の外壁がくるような配置になります。

高低差50cmの場合にどのような工法が良いのでしょうか?
(1)CBブロックを3~4段積み(120mm厚)
(2)現場打ちのコンクリート擁壁(L型)
(3)2次製品のL型擁壁
が考えられますが、強度、耐久性、費用の面から迷っております。
東海地方なので地震に対する強度も確保したいところです。

計算上、建物荷重が土留めに及ぼす影響は少ないと思います。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

3.11被災地内の不動産業者です。


(1)でも埋設する分やレベルの均衡を含めると4段は積まなければならず、約80cm弱の高さになりますから、L字とするベース部分も幅40~50cm程度以上、これは配筋したものを作りアンカーを出し、それにブロックを連結させるような施工になりますから、業者に依ってはRC現場打ちと、総額はあまり変わりなくなるのではありませんか?フェンス取り付けするような、ステコン打ってのブロック積みではダメですよ。これの欠点は、長期間圧がかかると、孕む、ブロックを水が透過することです。土圧はかからないでしょうから、湿気の多いような地盤や地勢でなければ、RCと比較して見積もりにかなり費用差があるなら、これでも問題はないかと。

(3)は、費用も高く、地震等想定するならば、やめたほうが良いです。プレキャストは人が簡易にもてる様な重さではなく、隣地が地震などで沈下した場合など、継ぎ目がづれて凹凸ができてしまいます。道路に面するなら重機を用いて作業できますから良いのですが、重機が入らない場合、これの修復は他と比較して多額の費用を要します。他の構造は、その部分だけ手作業で撤去、補強・補修が可能です。
これは3.11で経験しました。

お勧めするのは(2)>(1) でしょうね。
隣地も宅地なら、水抜きからの排水は、法的には問題ありませんが、隣地所有者によっては、争議の種となることもあります。側溝とは言いませんが、暗渠ぐらいは配して、土留の水抜きから隣地へ極力排水しないような気遣いは必要かと思います。土留めの裏(建物側)は水がたまらないように石や砂利を積めて、通水性を保つ施工なので、想像されるより水は流れますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

過去の経験談からの回答ありがとうございます。
RCの方向で話を進めてみます。

分譲地全体として傾斜があるので、雨水の流出は仕方ないと思いますが、
当方の宅地内で可能な限り処理できる方法を検討してみます。

お礼日時:2013/06/06 08:12

参考までに



そもそも疑問ですが、現場打ちはなぜL型が前提なのでしょう?
重力式で十分です。
コンクリート量=0.5m3/m(天端幅0.3m,壁高1.0m,背面勾配1:0.4)
一般価格諸経費込で5万円/m前後。(規模による)

強度・耐久性・施工性・品質の面から見ると、(1)~(3)は『重力式』より劣る。
価格については、単価がバラバラだから一概に言えないが、一般論からすればほぼ同じ。


重力式は単なる重さ勝負ですので、シンプルで安全性(信頼性)も高いです。工費も安い。
L型は配筋に時間を要し、実勢価格も高い。また、鉄筋に対し上手にコンクリートを充填する必要があり、作業員の技量により品質がばらつく。二次製品も含めてL型は底盤幅が重力より広く、掘削規模が大きくなる。十分に転圧して埋め戻しても、その部分は周辺より明らかにルーズ(軟らかく)となり、もともとの地山との強度さも発生するので、極力掘削範囲は最小限にすべきで、L型は好ましくない。二次製品は据付にクリーンが必要となり、人力作業のみで行える重力式より一般的価格は高騰する。二次製品L型は2m製品なので、2mごとに継ぎ目ができるが、施工が悪いと各擁壁間でズレが生じる。ズレる量がたと数mmでも見た目が悪くなり、一連でつくる現場打ちと異なる。二次製品だからと言って、将来にわたって見栄えが良い訳でなく、作業員の技量(背面埋戻の転圧や基礎地盤処理など)により品質が左右される。
なお、(1)は論外です。現場打ちは、化粧型枠で見栄えを綺麗にすることも可能。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

現場打ちを提案された際にL型ということで説明を受けました。
L型以外にどのような方法があるのか、勉強不足なので色々と調査してみます。
隣地境界と住宅との距離がとても広いわけではないので、勾配のついた擁壁は検討外でした。
重力式で施工した場合に確保できる距離を確認します。

お忙しいところ回答頂きありがとうございます。

お礼日時:2013/06/06 08:17

安息角の距離から外れているので、土留めに家の重量はかからないですね。


後は土圧の問題ですが、CBではダメ、(2)のRC土留めで良いのではないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

CBは回避する様に検討します。
RCの土留めの方向で考えてみます。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/06/06 08:07

普通のコンクリートブロックは止めましょう。


ブロックを選択するのなら、CP型枠ブロック。
あとは現地調査のうえ建築士が決定します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

CP型枠ブロックというものを知りませんでした。
調べて、建築士に相談してみます。

お礼日時:2013/06/06 08:06

現場を調査して、設計できる設計士に相談でしょうね。


現場打ちが必要と思いますが、
水を抜く方向が人様の土地になってしまう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
相談してみます。

お礼日時:2013/06/06 08:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土留めの価格が適正か教えてください。

 家を新築をするにあたり土を盛り上げて地面を高くする予定です。下記のとおりの見積書をいただいたのですが、この金額は妥当ですか?教えてください。
           記
土留め工事 ブロック積みH400 3.7m2 単価12,000   44,400
ブロックベース          9.2m 単価3,500    32,200
土留め工事 L型擁壁 既設品H=800 9.1m 単価23,000  209,300
土留め工事 現場打ちH=800  22.0m 単価 26,000  572,000
掘削             一式         56,000
埋め戻し           一式
  56,000

  

Aベストアンサー

No.1です。

なるほど、既設品と現場打については判りました。
おそらく基礎の形状による使い分けなのでしょうね。安いほうを使えばいいのにと思ったものですから。

経費とは単価以外に計上される金額のことです。消費税のように全体の金額から数%上乗せされることがあります。質問者さんは「100万円位だった」と書き込まれていますから今回の場合は無いのでしょう。

構造は確認しておくことをおすすめします。通常の工務店なら構造図を持っています。念のため「地耐力にあったものか?」も聞いておくと良いでしょう。
土留が安全であるかどうかの根拠になります。

>基礎がある部分をそのまま使い、基礎のない部分について・・
恥ずかしながら建物について詳しくないのではっきりしたことは云えませんが、手続き上は難しいと思います。
建物の基礎が露出していると平均GL(建物はここの標高に建てますよという基準になる高さ)が下がります。そうすると建物自体も建てられる高さが下がってしまいます。
既に立ち上がっている建物が設定したGLからの制限高さいっぱいまで作られていると、平均GLが下がった途端オーバーしてしまいます。
これが理由で作る必要も無い土留を作ったことが何度かあります。

これは想像なんですが、もしかすると工務店も簡単なブロック積で済むと思っていたところに行政の指導でしっかりした土留を作らざるを得なくなったのかも知れません。

金額に関してはNo.2さんの仰るとおり妥当とみていいのでしょうが、それにしても着工してから見積提出って「ありえなくない?」という声が聞こえてきそうです。
「そんなに値段はかからない」って、「じゃあオマケしておいてください」って云いたいですね。普通100万円は大金ですから。

No.1です。

なるほど、既設品と現場打については判りました。
おそらく基礎の形状による使い分けなのでしょうね。安いほうを使えばいいのにと思ったものですから。

経費とは単価以外に計上される金額のことです。消費税のように全体の金額から数%上乗せされることがあります。質問者さんは「100万円位だった」と書き込まれていますから今回の場合は無いのでしょう。

構造は確認しておくことをおすすめします。通常の工務店なら構造図を持っています。念のため「地耐力にあったものか?」も聞いてお...続きを読む

Q【続:本当に困っています】新築での外構費用

今朝、新築外構費用の件で、ご相談させて頂きました者です。

HMとの打ち合わせが終わりました。結果200万アップと言われ、現在途方に暮れています。

外構費用だけで600万円。。。。こんな工事本当にあるのでしょうか。。。

家の購入はあきらめるべきか悩んでおります。

Aベストアンサー

質問にだけ再度回答します。
>外構業者は通常地盤調査とかされるのでしょうか?
やりません。宅地の造成工事レベルで3m以上程度の数十メートル擁壁を工作したり、築造する場合で軟弱な地盤の場合は、行いますが、通常の土留めや外構工事などでは必要ありません。やる場合はボーリング調査です。
または田んぼに土留めを建て、隣地が田なら、行う場合もあります。これもボーリングで水がどの程度の深さまで染みているのか?支持層がどれぐらい下なのか?把握するためです。

それは建物と違い、高さのない土留めなどは例えば全体的に1,2センチ下がったとしても影響はなく、倒れたり傾いたりしなければ、良いので余程の軟弱と想定される地盤でなければ、行いませんし、ベース(L字の土留めなどを載せるRCの基礎の様なもの)の幅や厚さ、その下の土壌改良程度で対策可能です。1.3m程度の土留めで厚さが15cm程度なら必要ありません。自重が重くないので沈むリスクは少ないですし、傾きはL字の底盤の長さを長くしてやれば、1点への加重も少なくなるので、必要ありません。
建物を建てている部分は改良不要で、同じような地質条件の外構部分に改良が必要などという、軽い工作物に改良を必要だと主張する意味が不明です。

参考までに土留め等で600万という数字は、3m程度の高さの角地を宅地造成等規正法に準じ2方向40m~程度擁壁を組んだりプレキャスト並べて、2台分のカルバート(掘り込み式の屋根のかかった車庫)を作り、階段を作りタイル貼って、擁壁の上に化粧ブロック2段積んでカタログ価格で1スパン3万~4万の高いフェンス等張って・・・・・ぐらいの工事ですよ・・・・・・・

質問にだけ再度回答します。
>外構業者は通常地盤調査とかされるのでしょうか?
やりません。宅地の造成工事レベルで3m以上程度の数十メートル擁壁を工作したり、築造する場合で軟弱な地盤の場合は、行いますが、通常の土留めや外構工事などでは必要ありません。やる場合はボーリング調査です。
または田んぼに土留めを建て、隣地が田なら、行う場合もあります。これもボーリングで水がどの程度の深さまで染みているのか?支持層がどれぐらい下なのか?把握するためです。

それは建物と違い、高さのない土留め...続きを読む

Q擁壁がある土地を購入した方

新築を建てる土地を探しており、
探しているエリアに気に入る土地が見つかりました。
南ひな壇の土地で、隣地と接しているのは南のみ。北、東、西は道路となっている三方道路の土地です。
南と西に高低差があり、南は1メートルほどなのですが、西は2メートル近い間知ブロックの擁壁です。昭和40年頃の施工だそうで、当時の資料は残っておらず、いわゆる不適格擁壁です。
東日本大震災の際に震度6を経験したエリアですが、岩盤の上のエリアのため、周辺の同じ擁壁で崩れたりしたところはありません。
自分でもできる限りの自己チェックはしましたが、大きな亀裂やズレなどは見当たりませんでした。
土地の広さは100坪ほどあり、擁壁から離して家を建てれば建てることは出来るのですが、将来的なメンテナンス費用を考えると踏ん切りがつきません。
擁壁がある分、周囲の平地の地価より300万ほど安いです。建築家と擁壁の施工経験者に現地を見てもらいましたが、地盤が強ければ、擁壁は古いがやり直すほどではないと言われました。
実際に擁壁のある土地を購入した方に、購入して後悔などしなかったか?
また、メンテナンスに予想外の費用がかかったなど、購入に踏み切る点で注意点などありましたら教えていただきたいです。
また、購入して良かったという意見もありましたら聞かせてください。

新築を建てる土地を探しており、
探しているエリアに気に入る土地が見つかりました。
南ひな壇の土地で、隣地と接しているのは南のみ。北、東、西は道路となっている三方道路の土地です。
南と西に高低差があり、南は1メートルほどなのですが、西は2メートル近い間知ブロックの擁壁です。昭和40年頃の施工だそうで、当時の資料は残っておらず、いわゆる不適格擁壁です。
東日本大震災の際に震度6を経験したエリアですが、岩盤の上のエリアのため、周辺の同じ擁壁で崩れたりしたところはありません。
自分でもでき...続きを読む

Aベストアンサー

私ととても似ている事例だったので思わず書き込みしました。

私も自宅土地購入時、擁壁についてはさんざん悩みました。欲しいエリアは坂ばかりでまともな土地がほとんどなかったからです。(ちなみに7年探したのも同じです。)

で、結局購入した土地は南側に古い間知石積み擁壁が最短でも3.5mある土地でした。
やはり擁壁からかなり離して家を建てることにより万一の時でも家族の命は守れると判断しました。
私の場合は、地震などで擁壁が崩れたらきっとこの辺りは全て同じ状況になるため、行政から補助が出るかもしれないし、ま、その時考えればいいか、っていうのんきな考えで決めてしまいました。
他にいい土地が見つかりそうになかったし、その他の条件が希望にかなっていましたので。

そして、今の感想ですが、とても満足しています。
メインの開口部が抜けているということは想像以上に気持ちのいいものでした。
庭が結果的に広くなったのも快適ですし、(今は畑になっている)隣に建物が建っても日当りに影響なさそうですし。

価格も安いようですし、場所に後悔がないのなら購入してはいかがですか?
住んだら古い擁壁は自分から見えないので何も気になりませんよ。メンテナンスにお金って必要ですか?
でも、きっと盛土なので柱状改良はまず必要でしょうね。
当方も地盤は強いエリアですが、うちは100万位かかりました。

私ととても似ている事例だったので思わず書き込みしました。

私も自宅土地購入時、擁壁についてはさんざん悩みました。欲しいエリアは坂ばかりでまともな土地がほとんどなかったからです。(ちなみに7年探したのも同じです。)

で、結局購入した土地は南側に古い間知石積み擁壁が最短でも3.5mある土地でした。
やはり擁壁からかなり離して家を建てることにより万一の時でも家族の命は守れると判断しました。
私の場合は、地震などで擁壁が崩れたらきっとこの辺りは全て同じ状況になるため、行政から補助が出る...続きを読む

Q擁壁工事の費用が適正なのかわかりません。教えてください。

南ひな壇の42坪のアパートの新築見積りをある鉄骨ハウスメーカーにお願いしました。
建物本体の価格より驚いてしまったのが、擁壁工事費用550万円かかるという点でした。
アパートの解体撤去費230万円というのも予算オーバーでしたが、主人はこのハウスメーカーと契約してしまいそうです。
この価格は妥当なのでしょうか。

すみません。何の知識もありません。よろしくお願いいたします。

南ひな壇はおおや石で、このままでは建築許可がでない。
東側と西側ともに4メートル道路と隣接していて、擁壁工事をぐるりと
コの字形にしなければいけません。
道路からの高低差は一番高いところで1メートル70センチくらいはあると思います。

ご専門の方、わかりやすく、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 #1です。

 見積りの内容を見ると、現場打ちですね。通常このくらいの高さであればプレキャストを使った方が工期が短く、見た目もきれいなのですが。
 ただ、ここに出された数量だけでは規模(長さ)が分からないので、適正かどうかの判断は出来かねます。
 ちなみに、プレキャスト擁壁(宅造用)だと1.5m位の高さ(根入れ含む)でだいたい4~5万くらい(1本/2m)です。設置手間は2.5~3万/mといったところでしょう。ただし、土工事(掘削、埋め戻し、残土処分)などは別になります。又、設置手間も高さによって異なってきます。

Q新築、盛土の土留めのやり直しについて

ただ今、畑を盛土してハウスメーカーで家を新築しています。
一応大手メーカーですが、非常に施工がひどく本当に腹立たしく、かつ困ってます。

今回盛土をし、土留めをCBでしたのですが
必要な鉄筋が入っておらず、交渉の結果作り直しとなりました。
コンクリートの基礎をはつり、作り直すらしいのですが、新規の盛土の土留めの為、
表層改良後のコンクリートはつり、土の堀返しは地盤に良いとは思えません。
地盤が心配だと伝えても良心のかけらもないメーカーですので、「ぜんぜん問題ないです」
直してやるんだからいいでしょ?みたいな感じです

表層改良は1.5m~2.8mを改良しており、表層改良では心配なので杭を打ってほしいと
言った所、これ以外は過剰改なので保障が出来なくなると言われ、しぶしぶ納得しました。
土留めは約1.4mCBでできてます。

作り直す場合は地盤についてHMに何を要求すればいいでしょうか?

Aベストアンサー

No3回答の添付図アップの調子が悪くて
土留~建築基礎間隔 1 m (イチ メートル) に見えますが
正しくは L m (エル メートル)です。
お詫びして訂正します。

Q擁壁工事の適正価格について

自宅新築にあたり、隣地境界に擁壁工事をすることになり、見積もりを施工業者からもらったのですが、私は素人なので、その価格が適正なのか、アドバイスをいただけたらと思います。

丁張り、スミだし 30,000円
H=300 直壁 単価5,000円
H=800 L型擁壁 単価15,000円
転圧10,000円
運搬費・諸経費 35,000円

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

擁壁の高さ、cmですよね。

丁針、スミだしは、単価が無いが、そんな物でしょう。

プレキャスト擁壁なら、地方によって単価は違いますが、
その位のお値段で安いか妥当位だと思います。

転圧は、特に単価も無いので、

運搬費は、通常重機を運んで貰っても20,000円位なので、
諸経費に15,000円って事でしょうね。

自分は、妥当な値段だと思いますけど

Q盛土の費用について

盛土の費用について
今度、建替えをしようとする土地が、周りの土地より40cm程度低くなっています。土地の広さは、60坪です。なので、盛土が必要なのですが、費用はいくらぐらいかかるでしょうか?
時間がないので、なるべく早く教えていただければ、幸いです。

Aベストアンサー

費用算出のための項目が無いので計算できませんが、一般的な話で読んでください。必ずしも該当しません。

198m2の0.4mなので、約80m3の山砂が必要ですね。転圧しますので、実際は100m3は必要ですので、単価5000円なら100×5000円で50万円。但し単価は地域によってバラバラ。
これに重機回送やその他費用で15万円かかったとして65万円。
出来高ですと正確には算出できませんし、場所やアプローチで違いますが、その程度は覚悟された方が良いかと。

情報をもう少し詳細に書かれたし。

Q宅地造成のコンクリートブロック擁壁

宅地造成の設計を行うことになりました。
地上高が0.8m以下の場合、
コンクリートブロック積(空洞ブロック)の
擁壁にすると前任者より言われました。
(1)コンクリートブロックの擁壁でいいのでしょうか?
(2)構造の根拠(基礎幅等)
(3)その他参考図等の掲載されている本、HP
以上がわかれば教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

「空洞コンクリートブロック(以下「空洞CB」と略します)」については,とんでもない勘違いをされている専門家が多いようです。町の至る所で,高さ1m前後の空洞CBの擁壁を,それも,一目見ただけで,傾いているのが分かるようなものを見かけます。

(1) 空洞CB,土に接して施工してはいけません。つまり,擁壁に使ってはいけません。土に接しない部分,即ち,塀ならば使えますが・・・
確かに,擁壁に使用したものをよく目にしますが,あれは全部,規準違反です。宅造法に出てくる「間知石練積み造・・・」には,空洞CBは含まれません。#2さんの言うブロック積み擁壁は,「天端の巾が大きく・・・」という文言から判断して,間知石等を念頭におかれた発言であろうと思います。(たぶん,土木系の専門家にとって当たり前な事だから。)

(2) 擁壁の構造については,宅造法に規定されています。URLを参照してください。
http://homepage2.nifty.com/kekkanzenkokunet/4-5-5=takuzoho&rei.htm
土木系では道路や鉄道などで別々の標準図集があり,用途が異なると適用できないことが多いようですが,建築系では何でもかんでも,節操なく準用してしまいます。それでも,空洞CBに関しては,準用する規定がないので,準用もされていません。
ブロック塀ならばあります。

(3) 「よって,正式な参考図や標準図は存在しません。もしあるとすれば,無知な業者又は誰かが勝手に作ったものであって,正式に認められたものではありません。

この場合は,#1さん,#2さんのアドバイスを参考にして,既製品を使用される方が良いと思います。

空洞CBは,擁壁やブロック塀に関する限り,日本全体の約80%程度が間違った使い方をしているというのは,学会の論文などでもよく目にする数値ですが,CBの下敷きになってOO人がなくなったと言う地震等の被害報告や報道があっても,それを真剣に受け止める人は少ないようです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/kekkanzenkokunet/4-5-5=takuzoho&rei.htm

「空洞コンクリートブロック(以下「空洞CB」と略します)」については,とんでもない勘違いをされている専門家が多いようです。町の至る所で,高さ1m前後の空洞CBの擁壁を,それも,一目見ただけで,傾いているのが分かるようなものを見かけます。

(1) 空洞CB,土に接して施工してはいけません。つまり,擁壁に使ってはいけません。土に接しない部分,即ち,塀ならば使えますが・・・
確かに,擁壁に使用したものをよく目にしますが,あれは全部,規準違反です。宅造法に出てくる「間知石練積み...続きを読む

Q隣との境界の土留について

空き地だった隣りが売れ、今建築中です。
私の敷地もお隣の敷地も道路より40cm程高くなってます。
隣りが、道路との段差を削って、うちとの境に駐車場を造るとの事で、
うちとの境に土留めが欲しいと言ってきました。

土留めは高い方が造るというのは解っているのですが、
後で建てた方がそちらの都合で土地を削った場合のその段差の土留めは、
どちらが造るのが普通なのでしょうか?

Aベストアンサー

NO.4です。
>只、隣りに誠意が無かった場合、削った土地とうちとの境界を、
削りっぱなしにして、雨でうちの土が流れてしまうのが心配です。
こうなった場合は、何か対処方等はあるのでしょうか?
 上記に対する対処として直接隣地の方に言うのでなく、
隣地の工事をしている施工業者に言いましょう。
 『そちら(業者)の計画でこちらの土地が崩れてしまうので、
崩れないようにしてください』と。
 そもそも一般的な常識なら隣地の施工業者が駐車場の掘り込み工事の計画段階で、
質問者さんに迷惑を掛けぬように隣地の方負担で土留め工事をするように
計画すべきなのです。
(同ケースの場合、私が担当した全ての依頼者は納得して自己負担で土留めをしています。)
 隣地の方にあまり言うと今後の関係に影響しますから、
隣地の施工業者に話をされてみてはいかがでしょうか。
 

QL型擁壁の工事費用について

2軒で田・畑を埋めて住宅用地を確保しました。その敷地の東側には素堀の水路(市の土地)があります。ただし、水は流れていません。
住宅建設にあたり、市の敷地との境界及び法面だと使用しづらいので、L型擁壁を設置しようと計画しています。
L型擁壁設置の延長は25mです。2軒で費用分担するため、私が負担するのは25mのうちの15m分です。
業者から見積もりをとったところ、私の分、15m分で67万円と見積書の提出がありました。25m一緒に工事するからかなり安くなっていますとのことです。
私は素人なので、この費用が安いのかわかりませんので、アドバイスをお願いします。
また、施工規模:L=14m、H=1.2m、W=2.0のL、H、Wの意味も教えてください。
また、このての工事だと標準で何日ぐらいかかるのでしょうか。


条件
○市道に面しており、作業はしやすいです。便利な場所です。水路は素ぼりで水はありません。
○工事は25m一緒にします。そのうち私の負担は15m分です。
○業者の見積もりには、施工規模:L=15m(根入れ共)、H=1.2m、W=2.0
 L型プレキャストブロックとなっていました。

2軒で田・畑を埋めて住宅用地を確保しました。その敷地の東側には素堀の水路(市の土地)があります。ただし、水は流れていません。
住宅建設にあたり、市の敷地との境界及び法面だと使用しづらいので、L型擁壁を設置しようと計画しています。
L型擁壁設置の延長は25mです。2軒で費用分担するため、私が負担するのは25mのうちの15m分です。
業者から見積もりをとったところ、私の分、15m分で67万円と見積書の提出がありました。25m一緒に工事するからかなり安くなっていますとのことです。
私...続きを読む

Aベストアンサー

別に高くないと思います。
現場でコンクリートを固めて作るならもっと高いと思いますが、既製品を使用するのでしょう。
L=14mは施工範囲でしょう。
H=1.2、W=2.0は、高さ1.2m幅2mの既製品を使うという事だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング