出産前後の痔にはご注意!

「愛しい」と書いて「かなしい」と読みますよね。これはどういう時に使われるのでしょうか。
状況や心理を教えて下さい。

他にも素敵な日本語がありましたら教えて下さい。
「きず」の「傷」「瑕」、「いたみ」の「痛み」「悼み」など色々な意味でとれる日本語や、季語に興味があるもので。
是非お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

日本語のもつ「愛」の本来の意味と、現在使われている英語のLOVEの意味が転記されたような「愛」とでは意味が違います。



もともとの意味は「いつくしむこと」「かわいがること」「大切にすること」「このむこと」「おしむこと」なのですが、仏教が入ってきた時点で「強い渇望」という意味が含まれてきたようです。

「いとしい(愛しい)」は「いとおしい」と同じで、こちらは「かわいそうにおもう」「かわいくおもう、大切に思う」という意味です。

また「おしい」とは「愛しい」とも書きます。

つまり「愛」とは本質的に「うしなったらこまる」ということなのですね。
だから「愛しい」と書いて「かなしい」ということが起こるわけです。

確かに、すごくすごく好きで大切で…っていう気持ちは、「かなしい」ときの気持ちとすごく似ているとは思いませんか?

私がステキだなぁ、と思う日本語は、なんといっても「さようなら」と「おやすみ」です。
どちらも、とても思いやりと思いのこもった言葉だと思います。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

回答有難うございます。昔の「愛」は色々な意味があったんですね。仏教が関係していたのは驚きです。「おしい」は初めて知りました。「うしなったらこまる」から「愛しい」と書いて「かなしい」となるというのには感動してしまいました。確かにとても近い感情ですよね、「愛しい」と「かなしい」は。
「さようなら」と「おやすみ」は私もとても素敵だと思います。それとセットで「お帰りなさい」も。
詳しい回答本当に有難うございました。

お礼日時:2004/03/26 19:08

こちらを参照してくださいね。


  ↓↓↓
http://ww81.tiki.ne.jp/~nothing/kanji/q/q_006.ht …愛3

参考URL:http://ww81.tiki.ne.jp/~nothing/kanji/q/q_006.ht …愛3
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お礼が遅れてしまい済みません。回答有難うございます。
素敵なサイトを紹介して下さって感謝です。漢字の成り立ちは面白いですね。感心してしまいました。最初はお腹が一杯が何故愛に成るのかと思ったのですが、「胸いっぱいの切なさ-それを愛というのである」。成る程!昔の人の感性は素晴らしいですね。「恋」と「愛」の話もとても興味深かったです。有難うございました。

お礼日時:2004/04/04 18:02

 人間の抱く情動を形容する基本的な言葉はどんなものなのだろうかと、まずは考えて見ました。


1.あし(悪し)
 荒々しく、卑しくて、好ましくない状態で生じる不快な感じ。
2.いし(美し)
 神妙で、けなげだり、好ましい感じ。
3.うし(憂し・愛し)
 物事に対し希望的になれずに切なく、気懸かりで胸塞がる悩ましい状態。
4.えし(善し・良し)
 よしの古語。巧みで正当であり、楽しくて睦まじく、幸いで快い感じ。
5.おし・をし(愛し・惜し)
 可愛くてもったいなく、心惹かれて手放したくなく、望ましく欲しい気持ち。

 こう改めて見た場合、仏教伝来に重なっている愛という漢語で充てられた大和言葉には幾傾向かオーバーラップしていると見ても良いのではないでしょうか。
1.うし(憂し・愛し)としての愛しは、相手に対して思うようにならない焦がれる気持ち。かなしい、したわしい、うるわしい、いとしいで、これがお問い合わせの傾向に近い方ではないでしょうか。
2.おし・をし(愛し・惜し)では、自分にとって手放し難く無駄にできないと尊く思う気持ち。めでる、いつくしむ、いたわしい、うつくしむ。
3.外来の観念としての愛
 仏教的な愛染や慈愛のほかにも、キリスト教での惜しみなく与える愛もあれば、有島武郎の逆説的な『惜しみなく愛は奪う』での愛に関する問いかけは有名ですね。
 とまれ、このような幾つかの傾向が重なり合り膨らんできたのものでは…などと思って見ました。

 まったくの余談ですが遥か昔に読んだ『指輪物語』での、あのゴクリの指輪への恐るべき偏愛ゆえの「いとしい、いとしい、いとしいしと! ああ、いとしいしと!」の言葉はいまなお脳裏にホットスタンプされています。これこそは盲愛・執着心として、もっともかなしい愛なのかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り得ないほどにお礼が遅れてしまって済みません。回答有難うございます。
「あいうえお」で「愛」に繋がるんですね。初めて知ってとても驚きました。感動です。この言葉と宗教はやはり強い結びつきがあるんだと感じさせられました。

お礼日時:2004/04/04 17:55

昔、漢文の先生が「おしいけども割く、これが割愛である。

愛はおしい気持ちである」とのたまわれ、できの悪い生徒であったわたくしなんぞはただひたすらに感心していたものです。
「おしい」「なくなるとさびしい」「いとしい」「かなしい」悲しみと哀しみと愛しみと。
これが愛というものらしい。

次の時間は英語の先生が「I miss you.」について解説してくださる。「この場合のmissは失敗や授業をサボるミスじゃない。あんたがいなくなるとさびしくって仕方がない、ってえミスだ」
とすると、missは愛のことなのだ。愛の対応語はmissなのだ。かなしみとかなしみとかなしみと。

ところが実際は、loveが対応語となっていますね。で、よくは分からんのですが、loveは人間同士の愛、エロース、ありていに言って肉体的愛。これとは別に「神の愛」というのがあって、これがアガペーなるしろものらしい。

観世音菩薩の慈愛みたいなものか。いや、きっと似て非なるものだろう。
ああ、ようわからん。
てんで、loveだけ残ってloveとして使われているんでしょうね、きっと。

このように「かたる」わたしは「語って」いるのか「騙って」いるのか。聴いているのか、聞いているのか、訊いているのか。答える、応える、堪えない。一体どれなんだ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい済みません。回答有難うございます。
日本語もそうですが、英語も奥が深いですね。loveとmiss両方とも愛の対応語として見られるけど、その解釈の仕方は異なる。言葉は面白いです。悲しみと哀しみと愛しみと、これ全部で「愛」なんだと実感。最後の「かたる」「きく」「こたえる」の部分には圧倒されてしまいました。

お礼日時:2004/04/04 18:13

【愛し(かなし)】肉親や恋人などに対する切ない気持ちをいった。



自分にとって大切な人、あるいは自分自身よりも大切な人に対しての言葉でしょうね。

色々な意味でとれる日本語。
希望される意味のものとは違うかも知れませんが、思いついたところで、
現在の常用漢字では、「よろこぶ」は「喜ぶ」ですが、
「慶ぶ」「歓ぶ」「悦ぶ」もあります。それぞれに意味がありますよね。
常用漢字外では、「欣ぶ」もあります。

「幸せ」にも「仕合わせ」があります。
これは「幸せ」の語源といわれたり、「為合(しあ)わす」が語源で、その当て字といわれたりするものです。
一般的にはあまり使われませんが、小説では見かけます。
恒久的な「幸せ」に対して、偶然性を重視する時は「仕合わせ」として使われる場合もあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。切ない気持ちで「かなしい」んですね。
「欣ぶ」は初めて見ました。早速調べてみたいと思います。「仕合わせ」は知っていたのですが、偶然性を重視する時に使われるというのは知りませんでした。日本語は素敵ですね。益々のめり込んでしまいそうです。

お礼日時:2004/03/26 19:18

辞書で調べたところでは、この「愛しい」で「かなしい」と読む時は、「身にしみていとしい。

切ないほどにかわいい。」だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。切ないほどにかわいいって、いいですね。やっぱり日本語って素敵です。

お礼日時:2004/03/26 18:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「哀しい」と「悲しい」の違い。

こんばんは、最近ふと疑問に思ったことを質問させていただきます。
「哀しい」と「悲しい」の違いについてです。
辞書を引くと同じ意味のようですが
こういう場合はこっちを使うというような決まりや両者の違いはあるんですか?
個人的には「哀しい」の方が情緒的な感じがするのですがどうなんでしょうか?

回答お願いいたします。

Aベストアンサー

こういう場合はこっちを使うといった明確な決まりは
ないと思いますが単純に使い分けよう思えば
『悲しい』は心が痛む感じの時で
『哀しい』切ない感じだと思います。

漢字の成り立ちからみると
『悲しい』は背中あわせの非の形から
二つの物が相反することに対するかなしさ
『哀しい』は口に衣をかけている形から
思いを口にださず胸の中に閉じ込めるなかなしさ

と考えられるので『悲』より『哀』の方が
より人間の想い、感情の意が強いような気がします。
したがって質問者様が『哀しい』の方が情緒的だと
思えたのもそのせいでもあるのではないでしょうか
勿論『哀愁』など言葉のイメージもあるでしょうが^^

Q古語で何と言うのですか?「好き」

「好き」は、古語で何と言うのでしょうか?
これかな…と思うものは、辞書で調べてみたんですが、少しニュアンスが違ってて、ここに質問させてもらいました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「好き」「好く」では駄目なわけですよね?
ニュアンスがよく判らないのですが、例えば
「愛し(かなし)」とか、「好まし」「好み愛す」「好む」「好もしがる」とか、「恋」「恋し(こひし)」とか。
気に入ったという意味なら「心に入る」「心に付く」「心付く」「心に懸かる」「心寄せ」とか。
あまり古文は得意ではないのですが、参考になれば幸いです。

Q古語の質問

古語の「かなし」は「愛らしい・愛しい・可愛い」の意味ですが、
では、古語で「悲しい・哀しい」の意味の言葉は何でしょうか?

古語の「おはれ・あわれ」は「しみじみと感傷的な気持ち」の意味なので「悲しい・哀しい」とは違うし。

古語で「悲しい・哀しい」の意味の言葉は何なのでしょうか?

回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。7/17の外国語のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<古語の「おはれ・あわれ」は「しみじみと感傷的な気持ち」の意味なので「悲しい・哀しい」とは違うし。>

1.「あはれ」にも「悲しい」の意味はありますよ。
例:
「よろしき事にだに、かかる別れの悲しからぬはなきわざなるを、あはれに(悲しく)いうかひなし」(源氏物語・桐壺)

2.用言化した「あはれがる」にも「悲しく思う」の用法はあります。
例:
「(天皇はかぐや姫の手紙を)ひろげてご覧じて、いといたくあはらせ給ひて(悲しく思し召して)、ものも聞こし召さず」(竹取物語)


ご質問2:
<古語で「悲しい・哀しい」の意味の言葉は何なのでしょうか?>

上記の「あはれ」のほかに下記のような形容詞もあります。

1.つらし:
意味は「心に苦痛を感じる」「悲しい」
例:
「契りけむ心ぞつらき七夕の年にひとたび逢ふは逢ふかは」(古今・秋上)

2.嘆かし(なげかし):
意味は「嘆かわしい」「悲しい」
例:
「嘆かしうおぼしわたる」(源氏物語・桐壺)

3.痛む:
意味は「強く悲しむ」「心痛する」
例:
「億計王痛み嘆きて」(顕宗紀・傍訓)

4.心憂し:
意味は「悲しい」「なさけない」「つらい」「苦しい」
例:
「わが容貌の醜くあさましきことを、あまりに心憂く覚えて」(徒然草・134)

5.心悲し:
意味は「心に悲しいと思う」「うら悲しい」
例:
「心悲しく夢に見えつる」(万葉集15・3639)

6.その他、心ぐし、心ぐみなども「つらい」「悲しい」の意味があります。

などなど、探せばいろいろあります。
以上ご参考までに。

こんにちは。7/17の外国語のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<古語の「おはれ・あわれ」は「しみじみと感傷的な気持ち」の意味なので「悲しい・哀しい」とは違うし。>

1.「あはれ」にも「悲しい」の意味はありますよ。
例:
「よろしき事にだに、かかる別れの悲しからぬはなきわざなるを、あはれに(悲しく)いうかひなし」(源氏物語・桐壺)

2.用言化した「あはれがる」にも「悲しく思う」の用法はあります。
例:
「(天皇はかぐや姫の手紙を)ひろげてご覧じ...続きを読む

Qいとおしい?の意味

愛しいという言葉は、どんなとき、どんな相手に対して使いますか?

Aベストアンサー

対象になる人が、かわいくてしかたない時、
胸が苦しくなるような感じですかねぇ。

恋人に対してとか、子供に対して。

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q「けなげ」と「いじらしい」の違いがわかりません。教えていただけないでし

「けなげ」と「いじらしい」の違いがわかりません。教えていただけないでしょうか?例文があるとなお助かります。

Aベストアンサー

#2です

両方使う場合もありますね。「いじらしい」を更に強調する感じで。

形容詞である「いじらしい 【可憐しい】」には、弱いものが頑張っている様をみて感じるきもち。かわいいがかわいそう。など意味合いがあり、その中には形容動詞として「けなげ【健気】」も含まれてます。


例◆運動会のリレーで子供が、傷だらけでも頑張って走り回っているのが健気でいじらしい。

Q赦すと許すの意味の違い

赦すと許すの意味の違いを教えて下さい
どこからかの引用ではなく、言葉で解りやすく説明してくれるとありがたいです

Aベストアンサー

意味としては、どっちも同じ使い方ができるんですが。私の解釈
赦す:罪などをなしとすること。宗教的なところで使われることが多いですし、そういう意味合いが強いかと。恩赦とかいいますしね。

許す:上の意味もありますけど、何かをすることを認める、許可するという感じかと。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Qおなかは減るけど食欲がない

いつもお世話になっています。
21歳女性です。
ここ数週間、タイトルのような症状がでています。
胃はカラッポという感じがして、ぐーとなったりするんですが、食欲がほとんどまったくありません。
なので、あたたかいお茶を飲んで胃をごまかしています。
なので、最近は付き合いで外食するとき以外はほとんどなにも口にしていません。
もともと大食いの方で、通常ならひとの1.5倍は食べれるくらいなのに、今は頑張ってもラーメン1杯食べれません。
まともに食事をとると、なにを食べても気持ち悪くなってしまいます。
さらに、咽頭が詰まっている感じがします。
精神的な原因などは思いつく点はないのです。
実はこんな症状は初めてではなく、今回もそのうち治まるだろうとは思っていますが、やはり少しおかしいと思うので、なにか病変ならきちんと治療したいと思っています。

こんな症状、いったいなんなんでしょう?
行くなら何科にかかればいいのでしょう?

Aベストアンサー

取り敢えず内科でよろしいのでは。または消化器科でも。
食欲と空腹感は別なものであると予防医学アーユルヴェーダでは言われています。

消化に良いものを食べるとか、好きなものを食べるとか、色々工夫されてはいかがですか?

ご参考までに本もでています。

参考URL:http://www.vpa-npo.org/foryou2/book/book1.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング