正社員なのに社会保険、厚生年金がない個人開業は普通ですか?
有給、労災、雇用保険などは聞いていないのですが交通費と制服貸与はあります
正直国民保険で国民年金を払うのではバイトと一緒だと思うのですが違いますか?
けれどそれでも働いている方はいるわけで、そういう方は将来どうするのでしょう?
最低年金金額が66000円だと聞いたのですが生活できませんよね?どうしているのでしょう?
またなかなか面接に受からないので就活が嫌になってきて社会保険や厚生年金がなくても正社員なのだからいいかとも思っていますが一生働けるものでしょうか?
月収は13~17万で歯科助手です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「正社員なのに社会保険、厚生年金がない個人開業は普通ですか?」


との事、
そうだと思います。
詳しくは知りませんが他とは(内科、外科、皮膚科等の開業医)
明らかに雰囲気が違いますよね。
技術よりファッション性が強く出ていてここ大丈夫かいなとも
思ったりする所もありますよね。
それだけに従業員の出入りも多く歯科医で正社員、ピンとこない
感じですね。一般的に考えて、、、。

雇用される側にすればデメリットが多く、勝手な身分で縛る。
実情はパ-ト、アルバイトに近いのに「正社員でしょう」これで
束縛されると思いますよ。

曲りなりにでも「正社員」=「社会保険」こう考えるのであれば
一番遠いところの業種の一種だと思いますが、どうでしょうか?

最近の実際の状況について詳しくない者の回答ですので念のため。
(しかし概要は間違っていないと思います)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

やはりアルバイト、パートに近いですよね
正社員=社会保険という考えなのでやめておきます

お礼日時:2013/07/07 22:28

正社員なのに社会保険、厚生年金がない個人開業は普通ですか?


※ 規模の大きな歯科医院でなければ普通だと思います。また、歯科医師会に加入していなければ歯科医師国保に加入できないので市町村の国保に加入します。

国民年金のみでは将来不足するので貯蓄するか国民年金基金に加入するか民間の保険年金等を利用しています。結婚してご主人の扶養に入る方も多いので将来の年金額を気にする人は少ないようです。

医院にとって必要な方(いなくなったら患者さんが減ったり売り上げが減る。)なら給料も多くなるので定年まで働かれる方もいらしゃるようです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

国民年金基金や民間の保険年金を利用すればいいのですね

お礼日時:2013/07/03 21:51

歯科国保があると思いますけど?


一般の国保とは違い、ほぼ社保と同等です。厚生年金は無いようですが。

個人事業だと将来性はかなり疑問ですが、歯医者なら逆でしょ。地域にもよりますけど。十把一絡げにするのは乱暴すぎです。
もっとも、歯科助手は若い美人と決まってますので(オイオイ)
一生は無理かも、w

どっちかというと、年休が取りづらい、先生とうまくいかない、というような問題の方が大きいと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

歯科国保というのがあるのですね
でもそういった説明がなかったので入れないのかも…

お礼日時:2013/07/03 10:32

>社会保険、厚生年金がない個人開業は…



従業員数が 5人未満ならそういうこともあります。
法令類に触れるわけではありません。

>就活が嫌になってきて社会保険や厚生年金がなくても正社員なのだからいいかとも思って…

それならそれで腹を決めてください。
他人がとやかくいうことではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

従業員は5人以上です
でも有限なら入らなくてもよいのではありませんか?

お礼日時:2013/07/03 10:29

まずは試用期間などではありませんか?




あと私の会社は自己申告しないと社保はほったらかしです。ですから入社半年後に会社に申告して入りました。一度会社の経理の方に聞いて下さい。


ちなみに私の会社では(1)会社としては労使折半がもったいない(1)家族の扶養などの関係で入りたくない社員もいます(1)年金をもらいながら隠して働く社員などなど必ず社保に加入とは限らないのです。本来労基に反すると思いますがね。


あとは会社で聞いて下さい。

この回答への補足

回答ありがとうございます

恐らく試用期間中のことではないと思います
個人経営みたいなので直接院長さんに聞いたのですが国民保険、国民年金に入ってもらうと言われました
これは有給や雇用保険、労災もないのでしょうか?

補足日時:2013/07/03 10:27
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q正社員で手取り17万を稼ぐのは難しいのでしょうか?

こんばんは
題名の通りですが、今の就職状況を考えると手取り17万を貰うのは厳しいのでしょうか?
ハローワークの求人を見ると中国語ネイティブでできるという条件でさえも給料が18万とか見かけました。何の資格も無い人が手取りで17万を稼ぐのはほぼ無理なんでしょうか?ボーナスや昇給が明記されていない仕事も少なくありません。退職金も無しです。一生その給料?と考えると絶望感でいっぱいになります。

 どうしたらいいんでしょうか?とりあえず職に就くのは仕方ないにしてもキャリアアップすれば昇給できるチャンスはあるんでしょうか?派遣の方が稼げる場合(手取りで21万とか)もあるので、悩んでます。
派遣は終身雇用では無いと言いますが、手取り17万の正社員では似たようなもんだと思ってます。

どのように考えたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

先ず、どのような仕事がご希望かにもよりますが、交替勤務などなら手取りが17万を越えるというのは可能かと思います。
通常の勤務でといった場合、余程、スペシャルなスキルが無ければ、手取り17万以上というのは難しいかも知れません。
ただ、普通の会社であれば、SKILL-UPして上位の仕事を出来るようになれば、昇給は十分にありえると思いますが・・・。

Q正社員求人で雇用契約半年といわれ、そこの時点で正社員を考えたいといわれ辞退するか悩んでいます

ようやく、43歳で厳しい中、ようやく、転職が仮内定をもらい、今回は副社長面接でした。しかし、その席で、最初の面接担当者から聞いていないことを今回、聞いて就職に検討し直したほうがいいか悩んでいます。

それは最初では試用期間は定めなしとの表記で求人には書いてあるのですが、最初の面接でも試用期間から自動的にとも、言っていた感じだったので、今日最終面接では仮内定で6ヵ月雇用契約で、それから正社員を考えたいといわれました。えっ、これでは契約社員なの?と思い、半年後に営業職で新しい事業部なのでこちらとしてもどれだけの実力かわからないので数字か目標を少しでも結果を出してからというふうに副社長から言われました。でも自分にとっては営業経験ありますが、業界は未経験なので1から学べる腰を据えて仕事をできるからと思ったのですが、きょうは雇用で疑問がわきました。まだ雇用契約書は交わしていません。こういう場合、何といえば相手に相談したらいいでしょうか?また辞退はできますか?

Aベストアンサー

あなたの決断次第だと思います。
私ならば、信用できないので丁重にお断りします。
あなたがそれでもこの会社に就職したいのであれば、当初面接担当者からの説明とは違う旨を相談し、
納得できるような返答があれば就職するということでいいのではないでしょうか。

Q厚生年金、健康保険、雇用保険・・・?

20のフリーターです。
今年から国民年金を払うようなった事もあり、正社員になる事を考え始めました。
そこで質問なのですが、募集情報によく”厚生福利”や”社会保険”など、具体的によく分からない言葉が出てきます。
詳しい方、無知の私にも分かりやすく教えていただけたらありがたいです。

Aベストアンサー

#1です。

>社会保険に加入しない会社は、長期的に勤め易いとは言えないのでしょうか。
参考URLの”病気やケガで仕事につけないとき”の欄を
ご覧いただければ分ると思うのですが
社会保険と国民健康保険とでは
何かあったときに保障が違います。

また、社会保険には自分で入りたいと思っても
会社が入れてくれないと入れません。
また、厚生年金も通産で1年以上掛けておけば
将来厚生年金をもらうことができますので
ちょっとの期間でも加入しておけば
転職した時にも、その加入期間が換算されます。

その点を考えても、入れてくれない会社よりは
社会保険に入れてくれる会社の方が
良いのでは?と思います。

参考にしてみて下さい。

参考URL:http://www.pasonet.ne.jp/members/service/insurance.html

Q社会保険・厚生年金・健康保険に加入していない企業はある?

企業は社会保険・厚生年金・健康保険に必ず加入する事と法律で定められていますが、加入していない企業なんてあるのでしょうか?
またあるとしたらそれはブラック企業でしょうか?

Aベストアンサー

税理士事務所での経験のある者です。

ものすごい数あると思います。

個人事業で5人以上というものは少ないかもしれませんが、法人となれば強制加入です。
しかし、未手続きによる未加入という企業は多いはずです。

以前、社会保険庁の時代には、滞納などで保険料の徴収率が下がることを避けるため、滞納をするような企業については、強制加入事業所であっても、全喪事業所として脱退を仕向けるようなこともあったぐらいです。

すべてとは言いませんが、建設業・運送業などには、社会保険未加入の法人は結構あるように見受けられます。
私の知っている会社では、税務調査で税務職員に社会保険未加入を問題視され、日本年金機構などに連絡をされ、加入をさせられたということも聞いたことがあります。
私の経営する会社では社会保険完備にしていますが、周りの経営者仲間の会社の多くは社会保険未加入というところも多いようです。私の場合には、業界的に社会保険完備でないと人が集まりにくいということや許認可事業を行うために社会保険完備をチェックされることが多いため、厳しいですが社会保険完備にしています。

国保などに加入していれば等という人もいますが、国保よりも社保のほうが保険制度は手厚いですし、会社負担の保険料がある分、国民年金よりも厚生年金のほうが手厚い制度となっています。
年金を年寄りになった時のものと考えすぎてはいけません。もらえる年齢が上がっていることで損だとかいう人もいますが、若くして障害年金のお世話になる場合もありますからね。
それに、雇用主の義務を果たさない理由にはなりえませんしね。

マイナンバー制度が導入されることで、これらの問題も明るみに出ていくかもしれませんね。これを国などがどのように対処するのか、都合の良いところだけしか見ずに放置するのかわかりません。

未加入企業が多くても法律に反していることには違いはありません。

税理士事務所での経験のある者です。

ものすごい数あると思います。

個人事業で5人以上というものは少ないかもしれませんが、法人となれば強制加入です。
しかし、未手続きによる未加入という企業は多いはずです。

以前、社会保険庁の時代には、滞納などで保険料の徴収率が下がることを避けるため、滞納をするような企業については、強制加入事業所であっても、全喪事業所として脱退を仕向けるようなこともあったぐらいです。

すべてとは言いませんが、建設業・運送業などには、社会保険未加入の法...続きを読む

Q正社員で入社した際、福利厚生を拒否出来ますか?

友人の話です。
私は中途採用で、フリーターから正社員になりました(今夏)
友人は、専門学生で来春から社会人になります。
今は内定をもらった会社で、時給制の試用期間だそうです。
私のお給料は、手取り13万弱なのですが
内定をもらう前、友人は
「自分の仕事は医療事務で、ただの事務のあなたよりお給料が多い」と
言っていました。
なので、友人の内定が決まったときに
手取りはいくらもらえるのか訊ねたところ、16万だというので
8掛けして、16万ということは
引かれる前は20万ほどあるってことになるので
やっぱり医療は違うのね~、と言うと
「20万ということはない」
「じゃあ保険料引かれたら、13万くらいになるね」
「私の家は、会社で保険に入らなくていい家だって
親に言われてるから、正社員になっても、保険料は払うつもりない」
と、話していました。
正社員になれば、半分ほど会社負担で保険料を払ってもらえて、お得だから、みんな正社員になりたがるんだと思っていました。
実際、私はそうでした。
友人のような家の場合、正社員じゃなくて、アルバイトでも全然生活していけますよね?
どうして私の家は、友人の家と違うのでしょうか?
また、両親に聞くと、正社員になると福利厚生は拒否出来ないはずだと言われました。
実際のところ、保険料を払わずに正社員になれる会社は。多く存在するのでしょうか?

友人の話です。
私は中途採用で、フリーターから正社員になりました(今夏)
友人は、専門学生で来春から社会人になります。
今は内定をもらった会社で、時給制の試用期間だそうです。
私のお給料は、手取り13万弱なのですが
内定をもらう前、友人は
「自分の仕事は医療事務で、ただの事務のあなたよりお給料が多い」と
言っていました。
なので、友人の内定が決まったときに
手取りはいくらもらえるのか訊ねたところ、16万だというので
8掛けして、16万ということは
引かれる前は20万ほどあるってことに...続きを読む

Aベストアンサー

No..3の回答者です。

>でも、それだと、来春から勤務する会社はアルバイトになってしまうんですよね?
>(年収が103万円以下になるようにする)

いや、103万円というのは、扶養に入った場合の基準額です。
お友達が親御さんの会社の社員として収入を得ていて、健康保険、年金に加入している場合、親御さんの扶養家族ではなく、お友達自身の収入から保険料を支払っていることになるので、103万円という数字は関係ありません。

また、今度勤める会社が、副業を認めている場合、2つ以上の会社で正社員になることは可能です。なので、アルバイトとは限りません。
両方の会社で、健保、年金に加入した場合、2社合わせての収入から保険料が算出され、どちらか一方の給与から引き落とすことになるので、親御さんの会社からまとめて支払うことにしていれば、今度勤める会社の給与からは直接、保険料は引かれない可能性はあります。

以上はあくまでも可能性です。
副業の場合、就業時間が短いことが多いので、健保、年金などには加入しないことが多いです。
(今回の場合、親御さんの会社にはほとんど名前だけの社員というならば、こちらでは加入せず、今度勤める会社で加入することになると思います)
なので、お友達のケースがこれに当たるかは不明です。
しかし、可能性のない話ではないと思いますので、状況だけでアルバイトと決め付けることはできないと思います。

No..3の回答者です。

>でも、それだと、来春から勤務する会社はアルバイトになってしまうんですよね?
>(年収が103万円以下になるようにする)

いや、103万円というのは、扶養に入った場合の基準額です。
お友達が親御さんの会社の社員として収入を得ていて、健康保険、年金に加入している場合、親御さんの扶養家族ではなく、お友達自身の収入から保険料を支払っていることになるので、103万円という数字は関係ありません。

また、今度勤める会社が、副業を認めている場合、2つ以上の会社で正...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報