新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

駅前に停めてあるトラックの後ろを通りかかったとき、運転手はパワーゲートを降ろしていました。

それがちょうど通りかかった人間の頭上に降りかかり強打、救急車で病院へ。診断の結果、自律神経失調症と診断されました。なにもないのに、いまでも吐き気や汗が出ます。警察と保険会社の言い分は、


◆警察「パワーゲートの作業中なら、交通事故ではありません」

●保険会社「交通事故証明が出なければ、自賠責保険もお支払いできません」


現在、保険会社が調査中ですが、治療費さえ出ない可能性があるとのこと。ちなみに任意であれば、こちらの前方不注意で、4割の過失だそうです。この板挟みで、もう三ヶ月が経過しようとしてます。そのあいだ、一時払い、仮払いもありません。


なぜこんなに時間かかっているのかというと、警察が交通事故にならないので、刑事事件の可能性として、一時持ち帰ったこと。そして刑事事件であるがゆえに、保険会社の確認に応じなかったこと。

さらには、すでに刑事事件としてもあつかえなかったこと(こちらの前方不注意だそうです)を、


◆警察「保険会社に伝えた」

●保険会社「警察からは聞いていない」



つまり、交通事故にも刑事事件にもなっていません。もちろん当日、交番に行きましたし、病院で刑事さんに事情聴取も受けました。


現在は、保険会社の調査待ちです。再度なにかの書類を返送する必要があるので、もう半月はかかると言われています。


今回の事故は、だれでも被害をこうむる可能性があると思います。こんなとき、みなさんなら、どうしますか? 生活費がないので知人から借りていますが、もう難しくなってきています。

「警察「交通事故ではありません」」の質問画像
教えて!goo グレード

A 回答 (13件中1~10件)

>たとえば別居家族が任意保険に加入していた場合、加害者側の6割は支払われるということでしょうか。




任意保険に加入しているだけではだめです。
個人賠償責任特約を契約して貴方を含んだ契約であれば
交渉はしてくれるでしょう。
保険の家族という定義に貴方の現状が当てはまる場合ですが。

人身傷害補償は
その保険が貴方を包括したものであれば
怪我をして何日以上通院すればいくらかの一時金が支払われる仕組みです。
対外的に支払われるものではありません。額は数十万円だと思います。

その他に弁護士費用等補償特約をつけていれば
弁護士費用や訴訟費用も保険給付が受けられます。
保険会社に相談してください。
これらは
契約者にどういう契約でどういう特約をつけているか聞かないとわかりません。
何も特約をつけていなければ本人が起こした事故以外では補償されないでしょう。

>アルバイトをしていますが、できれば迷惑をかけたくありません。じっさいには今後の生活にも、すくなからず影響が出ると思います。

勤務中や通勤時であれば労災保険も適用になるでしょう。
休みの日や勤務の無い日ではだめです。
通勤時の場合、どこかに立ち寄った後や
届け出たルート以外のところで被災していると
保険適用の問題になる場合があります。

もし、会社が労災保険適用事業所でなくても
被災者は保険適用されますが
会社は遡って保険加入が求められ加入用件を満たしていて
時効にかかる以前の保険料の納付を求められます。
労災の申請は本人がやるもんです。
事業主が証明を拒否する場合は労働基準監督署に相談してください。
http://www.rousai-ric.or.jp/faq/tabid/72/Default …
http://www.rousai-ric.or.jp/faq/tabid/269/Defaul …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

"個人賠償責任特約"については、家族に確認してみます。その他に"弁護士費用等補償特約"ですね、たいへん分かりやすいです。

じっさいアルバイト先には長期休業でも待っていてくれているので、そのうえ迷惑をかけたくないんです。ただ最悪のケースも考えられるので、おぼえておこうと思います。

こうしたいずれかのなかから、選択していくのでしょうね。

お礼日時:2013/07/18 20:08

止まっている車に自転車でぶつかった場合と歩行者がぶつかった場合をごっちゃにしている人がいたようですが、これは明らかに誤りです。



交通事故とはなんぞやというのは道路交通法にきていがあります

車両等の交通に起因する人の死傷又は物の損壊

というのが交通事故の定義です

ですから質問者の方のケースは置いておくとして、止まっている車に歩行者がぶつかっても交通事故となることはありえません


さて、質問者さんのケースですが、車を止めてパワーゲートを下ろすことが交通に起因すると言えるかどうかということですが、最終的には裁判所などがはんだんすることかもしれませんが、交通事故ではないという警察の判断は誤りではないと思います。

これはあくまで「条文の解釈としては矛盾はない」というだけで、交通事故として絶対扱うことができないかどうかは私にはわかりかねます


車の動作は全て交通に起因するといえるかというとそれは誤りです

例えば、車はエンジンが止まっていればただの鉄の箱と見なされます

エンジンがかかっていなければバイクを押して歩道を歩いても違反ではないのはこのためです


エンジンがかかっていたとしても、今回のケースが交通に起因するといえるかというと、正直難しい気がします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

パワーゲートの作業中が交通事故になるのか、というだけでも、見解が分かれています。
ただし警察から拒否されたのであれば、最終的には交通事故として扱ってもらえないのかもしれません……


それでも、こうしてみなさんに相談させていただき、有難いことになにを確認しなければならないのか、が分かってきました。

週明けに法テラスさんもふくめ、またいくつか行動できる選択肢ができたことに、感謝致します。

またアドバイスがあれば、これからもよろしくお願いします。

お礼日時:2013/07/20 14:23

警察から交通事故証明がでないのであれば、交通事故に対しての損害を支払う自賠責保険も任意保険も支払いの対象外になる可能性が大きいです。



 自律神経失調症と今回の怪我の因果関係が有ると医師が判断しているのでしょうか?
 
  自律神経失調症 http://www.azegami.com/jiritu/#

  通常、この病気の原因と考えられるのが、

・ 生活のリズムの乱れ
・ 過度なストレス
・ ストレスに弱い体質
・ ストレスに弱い性格
・ 環境の変化
・ 女性ホルモンの影響 

 となっております。
 ですから、傷があるとかないとかではなく、もともと自律神経失調症の原因が事故という説明が出来なければ、治療費等の請求(救急車で病院に行った分は請求できると思います)は難しいです。

 今回の怪我(例えば、頭を打ったことによるムチ打ちの症状など)があれば、「損害賠償請求」をします。
 交通事故扱いになら無い場合には、自賠責・任意などの自動車保険を使って相手が支払いできないだけで、損害賠償請求の権利が無くなったわけではありません。

 「法テラス」には相談してみましたか?
   http://www.houterasu.or.jp/
 
 収入要件などがありますが、裁判費用の立替もしてくれます。

 ところで、貴方はアルバイトということですが、国保なのでしょうか?
 社会保険に加入しているのであれば、「傷病手当」の対象になると思います。お調べ下さい。

 相手への請求ですが、治療費・休業損害・慰藉料になると思います。
 治療費については、実費なので、すぐ計算できると思います。
 休業損害も、過去のアルバイトの賃金から計算すればよいでしょう。

 通常、どのぐらい請求したらよいか迷うのは、慰藉料です。
 とりあえず、今は仕事が出来なくて困っているのですから、慰藉料は後日相談ということにして、金額の確定しやすい治療費と休業損害を請求したらいかがでしょうか?
 (過失による減額はあります)

 どうぞお大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

現在は、整形外科でむちうちのリハビリ中です。もう数ヶ月経っているのに、頭が重いです。
1tほどの荷物を上げ下げするためのものだそうですから、仕方ないのかもしれません。
頭のケガは外傷がなくても危ない、と聞いたことがあり、事故からずっと怖いです。

国保を使っています。保険屋さんに使うよう、勧められました。

取り急ぎ「法テラス」にメール相談してみました。
相談できる電話番号を返信していただきましたので、週明けに連絡してみようと思います。

慰藉料は後日相談とか、分けることもできるのですね。助かります。
万が一、保険金が降りなければ相談してみます。
調べてみましたが、恥ずかしながら収入要件はおそらく大丈夫です。

お礼日時:2013/07/20 14:16

>今回は降りてきたパワーゲートの平たい部分にぶつかりました。


>切り傷がないと、先方に支払い義務がないということですか?
切り傷だけではなく、「打撲」等の診断がなければ、事故に起因する傷害がなければ保険適用対象にはならないのは仕方がありません。
保険は、事故等に起因した「怪我」が補償対象です。
相談者さんの「自律神経失調症」が、事故が起因であると医学的に証明されない限りは難しいでしょう。
そもそも自律神経失調症自体が、精神バランスを崩した時に発症したりと自己起因が殆どです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

現在はMRI等の検査を経て、整形外科のリハビリを受けています。

たしかに診断については、お医者さんに確認しなければいけませんね。

お礼日時:2013/07/20 14:05

>それがちょうど通りかかった人間の頭上に降りかかり強打、救急車で病院へ。


>診断の結果、自律神経失調症と診断されました。
腑に落ちないのですが、頭を強打して救急搬送され、検査結果で自律神経失調症?診断は神経科ですか?
これで通常であれば、整形外科での診断で「外傷性」という診断がされるはずです。
自律神経失調症というのでは、外傷性でもなく更には、今回の事故との因果関係が証明できないのではないでしょうか?
診断名が、外傷性でなければ保険も支払いを拒否しても違法とはいえません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

今回は降りてきたパワーゲートの平たい部分にぶつかりました。

切り傷がないと、先方に支払い義務がないということですか?

お礼日時:2013/07/18 22:33

停車している車のドアの開閉による事故と同じで,自賠責保険の対象になるはずです。

自動車備え付けのクレーンの操作すら「運行」にあたるとされています。

交通事故にしないという警察の対応も疑問です。

駐車中の自動車に,自動車がぶつかったら,当然,交通事故です。
駐車中の自動車に,歩行者がぶつかったら,これも,自動車が歩行者に変わっただけだから交通事故です。
駐車中の自動車のパワーゲートに歩行者がぶつかったとしても,やはり交通事故でしょう。

交通事故として受理しないという警察の対応には断固抗議すべきです。

まあ,結局は,保険会社に手続きを進めてもらうしかないですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そうなんですか!

無料弁護士相談のアドバイスは、正しかったんですね。

でも、警察に受け取らないと言われたら、わたしたちにはもう、どうすることもできないですよね……

お礼日時:2013/07/18 20:11

>警察「パワーゲートの作業中なら、交通事故ではありません」



そのとおりでしょう。
町を歩いていて
看板が倒れてきて被災した場合ならどうですか?
誰にも責任がないということにはならないでしょう。

>保険会社「交通事故証明が出なければ、自賠責保険もお支払いできません」

そうですよ。交通事故に対して補償する自賠責保険なら当然そうです。
でも、任意保険では加害行為による補償が特約であります。
貴方が車の任意保険に入っていれば
自分の車の保険の人身傷害補償が使える場合もありますよ。

なので車の保険ということではなく
事故の加害者に対して請求することになるので
自分でできなければ法律家に報酬を支払って依頼するしかないでしょう。
保険がなければ治療費は立替払いになりますし、休業補償や慰謝料は
交渉や訴訟でとるまでは支払われないことになりますね。
その事故の時、貴方は勤務中ではなかったのですか?
労災保険の適用にはならなかったんですかね?

この回答への補足

補足になりますが、こちらは車の任意保険に入っていません。無知ですみませんが、たとえば別居家族が任意保険に加入していた場合、加害者側の6割は支払われるということでしょうか。

それともやはり、有料で弁護士に相談するしかないのでしょうか。

補足日時:2013/07/18 14:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

アルバイトをしていますが、できれば迷惑をかけたくありません。じっさいには今後の生活にも、すくなからず影響が出ると思います。

もし自賠責保険が使えないとなると、つぎに任意保険となります。あいての会社は6割を支払えるでしょうが、こちらが4割を負担することはおそらく難しいです。

お礼日時:2013/07/18 14:46

要は「自賠責保険使わせんかい!」を言いたいのですよね。


そこで肝心なのが「何時でも走れる状態」または「走ってる状態」で起こる事故を「交通事故」と言います。
パワーゲートの操作中なら「エンジンは掛かってるが、ギアがニュートラルでサイドブレーキ引いて走れない状態」にしてると思うのですが・・・・・
パワーゲートの操作中=走行中・走行できる状態 とは言いません。
よってご質問者様は「無理難題を言って困らせている」状態になってます。

ここで一つ疑問があるのですが、トラックの運転手は何処行ったの?
>駅前に停めてあるトラックの後ろを通りかかったとき、運転手はパワーゲートを降ろしていました。
ここの「パワーゲートの操作」しか登場していない。
本来加害者として「警察・保険屋」と同列で語らないと駄目なはず。

さ・ら・に・・・
>それがちょうど通りかかった人間の頭上に降りかかり強打、救急車で病院へ。診断の結果、自律神経失調症と診断されました。
頭部の強打は「外科・脳外科・整形外科」のいずれかで「診断書」の発行です。
なんで「自律神経失調症」と内科的な診断書が出るのかが不思議。
先に頭部の診断書を出した後に、事故の因果関係で「自律神経失調症」になったのなら判るが。

画像タイプの「パワーゲート」は、荷台の扉にへばり付く様に立っていて
降ろすときに「バタン」と水平になる。その時に「強打」されたと思いますが
なんで運転手が作業中にわざわざトラックの後ろを通ったの?
もしかして「ボ~~ッ!」と頭が真っ白状態で、パワーゲートに吸い寄せられるように近づいたじゃ無いかな?
だから「自律神経失調症」と言われたのかも知れない。
と言うことは「怪我してない」で「ただの打撲」かな?
百歩引いて「でっかいたんこぶが出来た」位じゃないの?

今回の事例は「傷害事件」が妥当。
しかし
>こちらの前方不注意で、4割の過失だそうです。
と言うことなので「お互い様」ですね。

>今回の事故は、だれでも被害をこうむる可能性があると思います。
いやいや・・・誰も「ボ~~ッ!」とは歩かない。
まして運転手が「パワーゲートの操作」中にわざわざ近づかないよ。

>生活費がないので知人から借りていますが、もう難しくなってきています。
これはご質問者様の個人的な事情。生活費のための「自賠責保険」では無いよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうですね、できれば保険を適用するのがいちばんスムーズだと考えています。
たとえ交通事故ではなくても、休業損害等を曖昧にはできません。
診断書に書く場合には、なにか違うのかもしれませんが……。

 →この病院には複数の"科"があります。
  現在は、整形外科でのリハビリ中です。


状況としては、

・運転手はトラック左側後方でパワーゲートの作業中。
・歩行者はトラック右手前方から、斜め後ろを通りかかった。

 →つまり、運転手から死角です。
  とくにパイロン等の区画もありませんでした。

お礼日時:2013/07/18 14:37

こんにちは。



交通事故にならない、という事で
事故そのものの解決にお役にたてるか分かりませんが。。。


日弁連の交通事故相談センターで、
弁護士への無料相談ができるようです

http://www.n-tacc.or.jp/

「交通事故」相談センターではありますが

事故後の対応などについて、何か参考になるかもしれないと思いました。



交通事故の調査会社もありました。
事故の再現・検証調査をしてくれるようです。

http://koutujiko.net/



大ごとにする気はないのですが、
色々な可能性を考えて、納得できる選択をして頂ければと思います。

お大事にしてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。現在相談したところは、

・警察
・加害者側自賠責保険会社
・加害者側自賠責保険お客様センター
・法律相談センター(テレホンガイド)
・財)日弁連交通事故相談センター
・そんぽADRセンター(損害保険紛争解決サポートセンター)

交通事故でない(今回の)場合はすべて有料、という認識です。

いくら返ってくるかも分からない現在、可能であれば最初は(交通事故以外で)無料の相談所はないでしょうか。

お礼日時:2013/07/18 14:22

>運転手はパワーゲートを降ろして…


>それがちょうど通りかかった人間の頭上に降りかかり強打…

普通はじわ~っとゆっくり降りてくるものですが、いきなりバッタンと落ちたのですか。

>さらには、すでに刑事事件としてもあつかえなかったこと(こちらの前方不注意だそう…

確かに交通事故ではないでしょうけど、業務上過失傷害にも当たらないという結論だったのですか。

警察や保険会社の言い分を一方的に鵜呑みにするのでなく、あなた自身で法律の専門家に相談すべき事項と思いますよ。
一般に弁護士は 30分 5,250円などと言いますが、30分あればとりあえず訴えられる可能性があるかないかぐらいは聞けるでしょう。

この回答への補足

上からなので見えず、パワーゲートの降りるスピードは分かりません。

身長が150cm程度なので、もう降りぎわだったのかもしれません。

補足日時:2013/07/18 14:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

弁護士に相談したことがないのですが、30分でこのイレギュラーなケースをうまく説明できるかどうか……

それでも慰謝料がいくらもらえるか不明なまま、こうしたリスクを負うしかなのでしょうね。

お礼日時:2013/07/18 14:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング