出産前後の痔にはご注意!

当社からA社に60000円の請求があります
A社から当社には10000円の請求があり
相殺でということで50000円の振り込みがありました

A社からは10000円の相殺分の領収書が届いており
本日当社にも10000円の相殺分の領収書を発行願いますというFAXがきました。

いままで相殺はあまりしたことはなく
領収書の発行もしたことはありません

同じ額の領収書が行き来するのは変ではないですか?
頭がこんがらかってしまいました

どなたか教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

本来は6万円の領収書を発行するところでしょうが


振り込み分(5万円)は領収書が不要で残りの1万円
分の領収書を発行すればよいのでしょう。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

ありがとうございます
今まで相殺の領収書は発行されたこともしたことも
ありませんでした。同額の領収書の交換になるのですね

お礼日時:2004/04/09 14:26

税法上 相殺の場合お互いにそれを証明するため領収書の発行が必要です。


仮に 仕分けだけで領収書がなければ厳しい調査官の場合否認されます。

今回の場合
相殺領収書10.000円を発行するのが正解です。
残り5万円は相手方に銀行振り込みの領収書があるので
これで 相手方は合計6万円分の領収書がそろうことになります。
まあ 厳しい会社では6万円の領収書を希望するところもありますが
現在はごく少数となりました。

ちなみに付け加えますと
相殺の場合3万円以上でも印紙が必要ないのは 前の方のお話の通りですが
もう一歩進んで 摘要に 相殺 **円と相殺金額まで記入する必要があります。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変わかりやすかったです
ポイント発行して締め切ったと同時ぐらいの書き込みで
お礼の言葉しか言えないのが残念です。
さっそく発行します、勉強不足ですね・・・

お礼日時:2004/04/09 14:43

A社の請求額は10000円で領収書も10000円で発行してきてるのですよね?


でしたら貴社も同様に60000円の領収書を発行すればいいことではありませんか?
で、さしひき5万円が振り込まれてきた。何か問題があるのでしょうか?「10000円の相殺分の領収書を発行願いますというFAX」は5万円振り込んだけど、1万円は相殺したんだから6万円で発行してねって意味じゃないの?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます
今まで帳簿上だけの相殺処理で税務署の
監査も通ってきました。
同額の領収書発行依頼に?になったわけですが
よくわかりました。

お礼日時:2004/04/09 14:36

相殺した場合、領収書を交換する必要があります。



貴方の会社は、請求額の60000円が精算されたのですから、相殺をした10000円と、振込まれた50000円の合計60000円の領収書を発行すればよろしいのです。

なお、領収書には収入印紙が必要ですが、「相殺」と明記して有れば相殺分については印紙が必要有りませんから、振り込まれた金額分の印紙を貼ることになります。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました
振り込まれた金額に対しては領収書はいらないと
思ってます。相殺分だけ交換発行します

お礼日時:2004/04/09 14:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相殺領収書の書き方を教えてください

相殺領収書を発行してくださいと言われたのですが
入出金を担当したことが無いので書き方が分からず困っています。

取引先に¥86,626の請求を出しました。
当方には¥28,907の支払いがあります。
振込にて¥56,879(手数料¥840)と、¥28,907の領収書を頂きました。
当方の相殺領収書の額面は¥28,907でよいのでしょうか?

初歩的な質問で申し訳ありませんがお教えいただれば幸いです。

Aベストアンサー

>>当方の相殺領収書の額面は¥28,907でよいのでしょうか?

そうです(^-^)

当社の場合、但し書きには
「○年○月請求分と相殺」と書いて出しています。

ちなみに今回はもちろん、相殺領収書は金額がいくらであっても
印紙は不要です。

下記URLの
「売掛金と買掛金を相殺をする場合」をご参考に

参考URL:http://encyclopedia.aceplanning.com/15.htm

Q相殺後振込の場合、相殺の領収書は

代金支払で相殺がある場合ですが、例えば100万円の支払いで安全管理費3000円相殺後の 99万7000円を振り込む場合、相手からの3000円の領収書は郵送等で取り寄せが必要でしょうか。当方からの相殺の明細領収書は送っています。
相殺の場合双方とも領収書は必要、という認識でいまして、なおかつ今まで集金だったため合計で書いてもらっていました。 ただ大企業等で大量の件数を振り込んでいて、すべてにわずかずつ相殺がある場合、すべての相手から相殺分の領収書はいただいているのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

税法上、相殺の証明をする為に、お互いに相殺の領収書を発行します。
この場合、相手から安全管理費の3000円は、相殺という形で支払いました。という証明が必要です。

ふつう、相殺の明細領収書をもらったら、すぐ領収証をきって送ります。もしこないのであれば、相手に催促の連絡をしてもいいと思います。

また、私は大きい会社で経理をしていましたが、相殺の領収書は、金額に関わらず全てきっていましたし、もらっていました。

ご参考頂ければ幸いです。

Q相殺領収書の書き方を教えて下さい。

先方に相殺領収書の発行を求められました。
まだ領収書は渡していないのですが下記のように書きました。先方にお渡しする前に正しいのか不安になりご質問させて下さい。

当社は先方に4,000,000売掛金あり
先方より仕入が4,500,000で買掛金あり
通常ですと、相殺せずに4,000,000振込し、先方からも4,500,000着金があるのですが今回は債権相殺にし、差額500,000を当社から先方に振込するとなり実行。

そのような内容の中で領収書を下記のように書きました。
日付:差額振込日である12/24
金額:4,000,000の売掛金満額
但し書き:上記金額を相殺いたしました。と記載。
印紙:売掛金>買掛金で、金銭授受はないので貼り付けなし。

疑問
(1)上記の書き方で問題はないか?書き漏れ等
(2)今まで何回か相殺はあるのですが相殺領収書を発行するのは初めてです。今までは発行していないが会計上問題ないのか?今後は発行するべきなのでしょうか?
(3)先方から領収書が4,500,000でくるはずですが、確認すべき所はございますか?備考に500,000は振込で領収し、印紙200円が貼ってあるはず?

お忙しい中すみませんがご回答お願い致します。

先方に相殺領収書の発行を求められました。
まだ領収書は渡していないのですが下記のように書きました。先方にお渡しする前に正しいのか不安になりご質問させて下さい。

当社は先方に4,000,000売掛金あり
先方より仕入が4,500,000で買掛金あり
通常ですと、相殺せずに4,000,000振込し、先方からも4,500,000着金があるのですが今回は債権相殺にし、差額500,000を当社から先方に振込するとなり実行。

そのような内容の中で領収書を下記のように書きました。
日付:差額振込日である12/24
金額:4,000,000の...続きを読む

Aベストアンサー

経理担当及び経理責任者(上司)は取引について学ぶ必要があるように思います。互いに自社の事だけを優先して行動しているように思います。

相殺を行う場合は相殺権を理解しなければならない。また相殺契約をしなければいけません。少し説明します。

※相殺権 ・ ・ ・ (1)民法上,相殺によって自己の債務を消滅させる権利。

※相殺契約 ・ ・ ・ 当事者間に対立する債権がある場合,その内容に従って双方の債務を相殺する契約。

上記のような契約を交わしてください。この事によって事後処理は軽減されます。

※債権債務の取引で問題が起こるのは互いに数字を把握して互いに電話・ファックス等で確認をして相殺をするのです。

※それから相殺した残金を振り込む場合,よく振込み手数料でもめる時があります。これを相殺にしたり,請求するケースを見ますが,これは,振り込んだ側が通信費として計上します。

>上記のことを理解していなければ領収書だの収入印紙だのと無駄な費用と時間だけが過ぎてゆくのです。

Q相殺領収書の発行

いつもお世話になっています。
今回は領収書の件で教えてください。

売掛金と未払金が相殺され、当社へ入金がありました。

相殺された売掛金の金額の領収書が取引先より送られてきたのですが、
取引先の方いわく、当社からも同額の相殺の領収書を発行して欲しいそうです。
この当社が領収書をうけとるのは理解できるのですが、
当社が同額の領収書を発行するのは不自然に感じます。

やっぱり双方に領収書を発行するのが一般的なのでしょうか?

また発行する場合は、領収書の内容として「相殺」のみで
いいのでしょうか?

Aベストアンサー

相殺は、一方から相手方に対する単独の意思表示ですることができるが(民506条1項)、この規定は、当事者が反対の意思表示をした場合には適用しないこととされています。(同506条2項)

したがって、取引先の相殺領収書によって一応相殺がなされたことになるのですが、貴社が反対をすれば相殺が成立しないことになる訳です。

このため、相手方としては、貴社が相殺に反対していない証拠として貴社の相殺領収書をとりつけることによって相殺を確実なものにしたいということです。

相殺領収書に記載する金額は、当然相殺額だけです。なお、一般にビジネスマナーとしても相殺領収書を作成送付するのが普通です。

Q相殺領収証の日付について

相殺処理場合の領収証の日付について教えてください。
通常 相殺処理が発生し互いに領収証の交換をする場合
当社より差額支払がある場合は当社の支払日にて領収証
を相手方にも発行してもらっております。相手方より差額
支払がある場合は相手方の支払日に合わせ当社も領収発行しております。締支払の違う相手先にて相殺が発生した場合で前記のように領収証発行日をあわせてもらえない場合互いの支払日(月が違う場合も含む)にて領収証を発行しても有効なのでしょうか。
会計法か何か規定されているものも合わせて教えていただくと助かります。

Aベストアンサー

こんばんは。
詳しく書いてくださりありがとうございます。

まず、私の基本的な認識ですが、領収書とは「金銭の受取りを証する書付」ですから、金銭の受取が無い場合に領収書を発行するのは誤りであると考えます。

もちろん、ご質問のような相殺のケースで、領収書のやりとりをしているという商慣行があるのも存じております。

・・・と、このようなことを書きましたのは、私が考るところの「そもそも誤りである領収書」の「正しい記載内容」をどうお答えすればよいのか、正直悩んでます。

とりあえず、以下に私見を書かせていただきます。

相殺通知書の送付があった場合、相殺通知書を送付した側はその送付日付で経理処理をし、相殺通知書を受け取った側はその受け取った日付で経理処理をするのが正しい処理です。
この相殺について領収書の交換をされるのであれば、領収書の日付は、相殺通知書の送付側は相殺通知書を送付した日、相殺通知書を受け取った側は相殺通知書受け取った日としないと、相殺通知書の際の経理処理と相違が生じます。
この場合、相殺通知書の送付側は、相殺通知書の日付と相手から受け取った領収書の日付にずれが生じます。
「ずれ」は生じますが、お互いに正しい日付を記載しているのですからどうしようも無いことになります。

次に、債権債務の相殺の明細を記載して差額金額を請求する旨の請求書を送付する場合、請求側は差額金銭を受け取った日付で経理処理をし、支払側は差額金銭の支払をした日付で経理処理をするのが正しい処理です。
この相殺について領収書の交換をされるのであれば、領収書の日付は、請求側は差額金銭を受け取った日、支払側は差額金銭を支払った日としないと、上記経理処理と相違が生じます。
この場合も、相手側から受け取る領収書の日付は、正しく経理処理をした日付(差額金銭の授受をした日付)と相違が生じる可能性がありますが、お互いに正しい処理をしているのですから、どうしようもありません。

つまり、相殺通知書や相殺明細を記載した請求書という書類があるのに、さらに領収書を交換するという行為をするためにややこしくなっています。
場合によっては、一取引について二重に書付を発行しているという誤った行為をしている場合に該当するかと思います。

ながながとした文章で申し訳ありません。

こんばんは。
詳しく書いてくださりありがとうございます。

まず、私の基本的な認識ですが、領収書とは「金銭の受取りを証する書付」ですから、金銭の受取が無い場合に領収書を発行するのは誤りであると考えます。

もちろん、ご質問のような相殺のケースで、領収書のやりとりをしているという商慣行があるのも存じております。

・・・と、このようなことを書きましたのは、私が考るところの「そもそも誤りである領収書」の「正しい記載内容」をどうお答えすればよいのか、正直悩んでます。

とりあえ...続きを読む

Q相殺分の仕訳の仕方について

建設業の経理仕訳ではなく商業簿記での仕訳で教えていただきたいのですが、元請会社から材料費を相殺されて、毎月の出来高分を支払われます。
請求書は材料分も込みで請求をします。
その請求書をあげた時の仕訳と
相殺されて、残りが入った分の仕訳はどうすればよいのでしょうか?
(今までは、請求書を出した時点で、
 売上計上していました)

請求書 10万
 
入金時  現金     5万
     相殺分明細書 5万

申告締め切り直前で あせっております、どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の経験では、以下のように処理をしています。

・請求書を発行した時点

 売掛金 10万円/売上高 10万円

・入金された時点

 現金   5万円/売掛金 10万円
 仕入高  5万円
 (伝票で処理)

ご参考になれば幸いです。

Q相殺時の領収書は?

私の会社では、同じ取引先から売上と仕入れがある場合、支払の際に相殺をよくしますが、その相殺に対して領収書は発行したことがありません。ある会社では領収書を発行していると聞いたことがありますが、どちらが正しいのでしょうか? また、発行する場合、収入印紙は必要になってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

取引の経過をはっきりさせるために、通常は相殺でも領収書の交換をします。

この場合、相殺後の残額を現金などで決済した場合は、現金***円・相殺***円と記載します。

印紙税法では、領収書に「相殺」と表示した金額については、収入印紙の貼付は必要有りませんから、実際に現金などで決済した金額の部分で収入印紙の額が決まります。

Q相殺領収書の書き方

取引先との債権・債務のやりとりで相殺の領収書をきることになりました。
先方のものと照らし合わせて見たところ、発行の日付や金額は同じなのですが、但し書きの表記が相違していました。
(例)
 当社A=Aの○○(商品)○月売上分として(相殺)
 先方B=Bの売掛とAへの債務を相殺

内容はお互いに確認してあるのですが、企業の会計処理としてはどうなのでしょうか。
経理の初心者です。詳細教えて頂けると非常に助かります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お互い「相殺」の言葉が入っていますし、但し書きの標記は少し違いますが内容は同じことですので問題ないと思いますよ!

>企業の会計処理としてはどうなのでしょうか。

これは何かに入力処理する際のことを指しているのでしょうか。
そうではなく但し書きの相違のことだけでしたら、大丈夫だと思います。

Q相殺の領収書について教えてください。

相殺の領収書について教えてください。

うちから相手に、15,000円の売りがあったとします。
相手からもうちに2,000円の売りがあります。
なのでこの2,000円は相殺となり、相手先から12,685円(▲手数料315円)が支払いとして振り込まれるのですが、
入金前に2,000円の相殺分の領収書が相手先からうちに届きました。
そして、うちからも「相殺分の領収書を送付してくれ」とのお願いなのですが、この場合どうのような金額で領収書を切ればよろしいのでしょうか?
また、振り込みは来月されるのですが、こちらの領収書の日付は入金された日付でよろしいのでしょうか?

いろいろお尋ねして申し訳ないのですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

残金は振り込まれるのですよね?
じゃあ相殺金額の¥2,000で大丈夫です。
振込みの場合はちゃんと証拠になるけど、相殺は領収証をきらないと証拠が残らないじゃないですか。
その為に相殺は領収証をお互いに交わすようです。
ちなみに相殺はどんなに金額が大きくても印紙は貼りませんよ。
相手から相殺領収証が先に届いたようなので、その金額と同額で相殺領収証をきってください。
振込みに関しては、それぞれの会社で違うと思いますけどほとんどの会社が領収証は発行していません。
相手の会社は相殺の領収証を早く送ってきたようですね。
相殺(振込)が起こる時に行えばこんなに悩む事もないのに・・・ですね。
私でしたら、相手に『今月で相殺を起こしてもよろしいのですか?』と確認をします。

Q売掛金と買掛金の相殺

取引先の相殺の仕方が、私の理解している相殺の定義と一致しません。もしかして私の理解不足かなと思いましたので、こちらで質問させてください。
先方とは、月々の売り買いで、どちらが多くなるかが決まっていません。当社の売りが多い場合も買いが多い場合もあります。これを相殺処理しているのですが、先方は売り買いのどちらが多くても買掛金主体で相殺処理をしているようです。当社はどちらか少ないほうの金額を相殺処理しています。
当然残高は一致していませんので、現在、残高不一致の原因究明等を双方でしているところです。

先方
5月度 売掛金 100円 買掛金 200円 相殺 200円
6月度 売掛金 300円 買掛金 100円 相殺 100円

当社
5月度 買掛金 100円 売掛金 200円 相殺 100円
6月度 買掛金 300円 売掛金 100円 相殺 100円

どちらが正しい処理でしょうか?
営業畑で経理的な考え方が苦手な上司に、どのように説明すればわかりやすいか、も合わせてご教授頂ければと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 売掛金と買掛金の相殺は必ずって言っていいほどトラブルが起こります。確かに互いに自分に都合の良い取引をしたいのは分りますが、当社の債権債務は貸したら一旦受け取る。借りたら一旦返す。の原則を貫いています。

 最初は杓子定規と思うわれるけれど後でトラブルになりません。そうして相談があったときは素直に相談に乗ってあげ上司に相談をしてベストの形で取引をしています。

 今回のような取引は担当者が変わったときなど、どうして良いか途方に暮れます。相手先の担当者もあなたと同じレベルなら良いのですがレベルが違うとこのようにあなたも疑問になってしまうのです。ですうからこれからの取引は今一度思案して見たらと思いますが如何でしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング