昔、貨幣として金や銀を原料とした小判を使っていましたよね。

当時の小判の価値ですが、今の円に換算すると一枚いくらくらいだったのでしょうか?

もちろん小判にも種類があると思いますが、適当に例を挙げていただければと。

また同時に、当時の金銀の価値はどの程度だったのでしょうか?

金銀の価値=小判の額面

でなければ、勝手にお金を作る、もしくは勝手に小判を溶かし金銀として売ってしまう人が続出しまうと思うのですが、当時はどうだったのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>当時の小判の価値ですが、今の円に換算すると一枚いくらくらいだったのでしょうか?


換算するときに何を基準にするのかで変わります。
お米の値段を使うか、他のものを使うのかで変わってきます。
時代小説ファンの方達は1両=10万円とすることが多いですが、昭和40年代ごろになんとなく流布した見方です。
お米の値段は、現在は政府の統制があり、あまり当てにならないというのが現在の考え方です。
まぁ~かけ蕎麦の値段などが、生活感としてはいいのかな、と思っています。
かけ蕎麦=16文 1両=4000文~6000文 これでいくと、1両=25万円~30万円 となりますがいかがでしょうか

>もちろん小判にも種類があると思いますが、適当に例を挙げていただければと。
小判の種類に関わらず1枚=1両です。
現在の貨幣と同じ考え方です。

>また同時に、当時の金銀の価値はどの程度だったのでしょうか?
江戸では、幕府が決めた通貨が主として使われていましたが、大阪では銀の固まりを通貨として主に使っていました。
この銀の固まりは重さで表示されていました。
大阪で「ぜに○○もん」と言ったときと江戸の人が「ぜに○○もん」と言ったときでは内容が違います。
大阪の人の「もん」は匁(もんめ)で江戸の人は「文」です。
これは歌舞伎でも起きています。元禄時代につくられたものは「匁」の方を使っていすが、江戸歌舞伎では「文」を使っています。
この銀の固まりを小判や銭に交換する相場市がありました。(現在の外国為替市場とほぼ同じです)
両替商と呼ばれる人達は、この相場の変化で利益を上げていました。
相場ですから、毎日変わっていました。
平均の例としては
1606年 1両=72匁6分~75匁
1621年 1両=57匁5分~63匁
1841年 1両=62匁5分
1863年 1両=85匁9分
御存知の通り小判の金の含有量は時代ともの減っていますので、それだけ金の地金は値上がりしていました。

ここでもっとやっかいなのが、銭と小判との両替も相場だったということです。
今で言えば、1円玉と1万円札を交換するのが、その日の相場で決められていたということです。
現在のドルと円との交換と同じように考えて下さい。
平均
1688年~1703年(元禄時代) 1両=4000文前後
1700年~1820年         1両=4500文前後
1820年~1865年         1両=6500文前後
注:1000文を1貫と呼びました。(重さの単位と同じ言葉が使われているので、ややこしいです)

庶民が小判を手にすることはまずありませんでした。
現在でも10万円札など出てきたら、日常生活には不便で使えません。
庶民は全国共通で銭(文)を使っていました。
全国を横断する大口の取引には小判を使いました。
つまり、銀は大阪(関西)の地域通貨です。人の交流に従って江戸へ流れ込みました。

参考
1両=4分……幕府が始まったときには 1両=4000文と決めました。
1分=4朱
通貨としては1文銭 4文銭 1朱、2朱 1分 1両 丁銀 小玉銀(こつぶ)です。

(天保銭などというのが出てきたのは幕末です)

>勝手にお金を作る、もしくは勝手に小判を溶かし金銀として売ってしまう人が続出しまうと思うのですが、当時はどうだったのでしょう?
いました、いました。
作っても、使っても、持っていても、捕まれば即刻首を切られました。(いまのような裁判もへちまもありません)
贋金造りは、何時の時代、何処の国でもやっていました。

とにかくややこしい通貨制度です。
江戸時代の人が算盤が上手いわけです。
読み、書き、算盤が必修だったのも良く解ります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。とても難しいですね…
昔の人は頭が良かったのですね^^

お礼日時:2013/10/26 00:26

コレクターの方のサイト


http://www.teiocollection.com/kansan.htm
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塗装型枠とオーバーレイ型枠の違いを教えてください

現場でオーバーレイ型枠なんて言ったことないですが、今まではパネコートなんかの塗装型枠が広義な意味でのオーバーレイ型枠。
オーバーレイとしての手法が塗装された型枠かと思っていました。
しかしネットで色々見ていると「塗装型枠やオーバーレイ型枠・・・」の表現で分けて表記してあります。つまり塗装型枠とオーバーレイ型枠はどうも違うものだということになるようです。
さて、このオーバーレイ型枠とはどう言う型枠を指すのでしょうか?

Aベストアンサー

塗装方枠は表面は塗膜。
オーバーレイは樹脂を板(フィルム)状にしたものが積層(この積層を「プライ」ではなく「オーバーレイ」と考えてください)されている状態のもの。
貼るものはポリエステル樹脂や塩ビ樹脂ですね。
ポリ、塩ビの化粧合板だと考えればよいでしょう。

ですので見方を変えれば塗装型枠もオーバーレイ型枠の一種ということにはなります。
なので検索すると別けて書いているところと一緒にしているところがあるのでしょう。

Q何で金や銀は貨幣としての価値を持つのか

 世界史を勉強していて疑問に思ったことがあります。
 
 古代ギリシャのラウレイオン銀山やらボリビアのポトシ銀山やら日本の石見銀山やら、銀を多く算出(獲得)した国はその後繁栄しています。
 これは何故ですか?

 銀に石炭や鉄以上の実用性があるとは思えないのですが、どうして銀は世界的に取引の材料にされたのでしょう?

 ご存知の方、どうか受験生に分かるように教えていただければうれしいです。

Aベストアンサー

逆に通貨が全く信用されなかった国があります。
日本です。

新銭になる度に1000%もデノミする物だから
庶民は信用が全くなくなり物々交換に頼るようになります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E6%9C%9D%E5%8D%81%E4%BA%8C%E9%8A%AD


古代ギリシァのコインは世界中(当時の文化圏)で通用しました。
つまり、それを持っていれば世界中で買い物出来たのです。

当時は物々交換が主流であり、
保存の利く米や小麦が通貨代わりでした。

物々交換の原則はお互いの信用です。
全く知らない人と米と魚を交換します。

腐る寸前の魚を売り付けられたり、良く分からない肉だったりと、大損する事は普通でした。

通貨は

保存出来ます。
小さいので倉庫がいりません。
身近に保管出来ます。

魚を取ったらすぐに銀貨へ変える市場(社会)はすぐに誕生します。
銀貨はたちまち流通社会を生んだのです。


銀貨は簡単に偽造出来ません。
銀は重いので銀本位では重さで取引されました。


古墳時代、中国はどんどん日本の銅を輸入しました。
日本の銅鉱石には銀が多く含まれ、中国はそれを分離する技術を持っていたからです。

逆に通貨が全く信用されなかった国があります。
日本です。

新銭になる度に1000%もデノミする物だから
庶民は信用が全くなくなり物々交換に頼るようになります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E6%9C%9D%E5%8D%81%E4%BA%8C%E9%8A%AD


古代ギリシァのコインは世界中(当時の文化圏)で通用しました。
つまり、それを持っていれば世界中で買い物出来たのです。

当時は物々交換が主流であり、
保存の利く米や小麦が通貨代わりでした。

物々交換の原則はお互いの信用です。
全く知らない人と米と...続きを読む

Q小判のゴザ目幅

小判でゴザ目が詰んでるのは献上小判などを除くと慶長小判だけなんですか?

Aベストアンサー

小判では慶長だけのようです。

Q当時の価値を現在の価値に換算する目安になるサイトを探しています。

たまに明治のお金を現在の価値に換算すると何円とかテレビでやっていたりしますが、各時代ごとの換算の目安にやるようなものをまとめたサイトってないでしょうか?

Aベストアンサー

まとまったサイトはなかなか無いようですね。
実際問題として、商品自体の価値変動も非常に大きいので、何を基準にするかでぜんぜん換算価格が変わってくると言うのが実情みたいです。

明治中期~後期で考えると、
 地金価格で換算すると、当時の1円=今の1000円
 米価で換算すると、当時の1円=今の5000円
だそうですが、いろいろな文献を漁ると、個人的には当時の1円=今の10000円くらいが妥当なように思います。

頼りになるのは文学作品(特に明治時代は「自然主義」と言われた人々の作品)で、田山花袋の「田舎教師」には明治35年頃の商品の価格が以下のように記載されています。(1円=100銭、1銭=10厘です。)

煙草:10銭 車(人力車)代:30銭 弁当:4銭5厘 ラムネ:3銭5厘 梨:1銭5厘 
認印:25銭 名詞:22銭 歯磨きと爪楊枝:3銭5厘 筆2本:8銭5厘
硯:14銭 帽子:1円15銭 羽織:1円75銭 へこ帯:30銭 下駄:14銭5厘
遊郭での遊び:2円

この物語の主人公(埼玉県羽生近くの小学校の新任教師)の初任給:7円60銭

まとまったサイトはなかなか無いようですね。
実際問題として、商品自体の価値変動も非常に大きいので、何を基準にするかでぜんぜん換算価格が変わってくると言うのが実情みたいです。

明治中期~後期で考えると、
 地金価格で換算すると、当時の1円=今の1000円
 米価で換算すると、当時の1円=今の5000円
だそうですが、いろいろな文献を漁ると、個人的には当時の1円=今の10000円くらいが妥当なように思います。

頼りになるのは文学作品(特に明治時代は「自然主義」と言われた人...続きを読む

Q型枠大工

求人を見て型枠大工の仕事が目に留まってその仕事をやろうか迷ってるんですが、型枠大工って難しいですか?

型枠大工のことに関してあんまり分からないもんで^^;

Aベストアンサー

今は木造主体の現場監督ですが、昔はRCやS造の現場監督をしてました。

鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート造では、
工期、工費、仕上がり精度が型枠大工の腕でかなり左右されます。
重要な職種です。
昔は型枠大工や鉄筋屋に、設備屋・電気屋・仕上げ工事屋などがお酒等をあげて機嫌をとらなければならないぐらい、大変威張った職種です。
外工事ですが、暑くても風雨にさらされても基本工事は休みません。
大変つらいと思います。

でも、造作大工ほど道具を必要としません。
初期投資をせずに出来るので初心者でも体力と少しの頭脳を持てば出来ると思います。

Q小判の金焼け

小判で言われる金焼けとはどう言うことですか?金色が薄らいでると言う事ですか?

Aベストアンサー

「金焼け」とは、金製品の色調が経年変化することです。どのような色に変化するかは、金以外の混合物の種類や割合によって異なります。

小判表面の金の純度は、色揚げによって100%近くまで上っていますが、それでも若干の銀が残っています。この銀が空気中の物質(主として硫化物)と反応し、黒色に変化します。したがって小判の表面には、ややくすんだ、ぼけたような色調の部分が生じます。

小判の金焼けは、時代の風情を感じさせるものですが、金焼けが進むと金貨としての価値を損ねますので、空気を遮断した密閉ケースに保管することが必要です。

Q井原西鶴 武家義理物語の小判の話

井原西鶴の武家義理物語の小判の話の内容について教えてください。今アメリカに住んでいて井原西鶴の武家義理物語が手に入らないので、困っています。読んだことがある方、できるだけ詳しく小判の話について教えてください。どうやらその話は、、。武士が集まって小判の見せ合いをしていたら、小判が無くなってしまった。他の人が疑われてはいけないと泥棒をかばって自分の小判を置いていったら小判がが増えてしまった。つまり皆が同じことを考え、小判を置いていったから。その後無くなった小判がでてきて小判を出した人は持ち帰るようにと指示するのだが、誰一人とも出した小判を持ち帰らなかった。どんな集まりだったんですか?どんなところで行われたんですか?いつの話ですか?詳しい描写を教えてください。

Aベストアンサー

 No.1です。

 朝、出かける前にあわただしく書き込んだのですが、どうも気になったので確かめてみました。

 まず、お尋ねの小判の話は『武家義理物語』には、含まれていません。小学館『新編日本古典文学全集』版で確認しました。

 該当の話は『西鶴諸国ばなし』巻一の「大晦日(おほつごもり)はあはぬ算用」です。N.1の参考URLにあげた太宰の『新釈諸国噺』の「目次」にも、「貧の意地」の出典は「諸国はなし」になってますね。

 原話が比較的簡潔な描写なのに対して、「貧の意地」は太宰が細部をふくらませて長めの話になっていて、脚色されてはいますが、話の展開はほぼ同じです。

 したがいまして、「諸国ばなし 小判」で検索なさってくださいませ。

 次のURLで読めるようです。

http://inkas.or.tv/koten/ofo1.htm

参考URL:http://inkas.or.tv/koten/ofo1.htm

Q明治末期の貨幣の価値

明治末期(1900年代)から大正年代の1円、1銭は現在のレートで言うといくらぐらいになるのですか?
だれかご存知であれば教えていただけますか?

Aベストアンサー

明治30年頃の1円が現在の貨幣価値にすると、大体2万円ほどだということです。

参考urlもご覧ください。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s994.htm

Q型枠(仮設)は、構造物になるのか。

既設境界コンクリートの上部に継ぎ足しコンクリートを打設しようと思っていますが、隣のコンクリートブロックが境界コンクリートから1cmくらいの位置にあり、既設境界コンクリートと同じ厚さのものを作ろうとすると、型枠(コンパネ12mm)分が隣の敷地に入ってしまいます。
このような場合、隣の敷地内に型枠が入っているということで違法になるのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

条件
(1) 既設境界コンクリート B=15cm 継足しコンクリート B=15cm H=45cm
(2) 型枠は、コンパネ12mm、セパレータを使用する。セパレータを使用するためコンクリート打設後、型枠を引き抜くことはできない。
(3) 仮に隣がコンクリートブロックを作り変え等の為取り壊すようなことがあれば、型枠を取り除くことができる。
(4) 型枠があることによって、隣の生活に支障が生じることはないし、目にすることもない。
(5) 型枠は、コンパネなので、年月が経てば腐食してなくなる。
(6) 継足しコンクリート(本体構造物)は、敷地外には出ない。

Aベストアンサー

仮設の建築物でも認められるのは1年ですからね。本体が建造された後に撤去できない型枠は構造物ではなくても仮設とは認められないでしょう。埋めごろし状態ですよね。

気づかなければ問題ないだろうとか、隣には支障がないはずだというのは勝手な論法ですよ。
朽ち果てるのだからいいだろうということもないように思います。
万一どちらかの持ち主が変わって敷地境界はコンパネの位置までだと主張したり、このコンパネはどういうことだなどどなった場合は、困るでしょうね。
常識的に埋め殺しするならば隣の許可を取るべきでしょう。そうでなければフェンスやブロック等問題のない工法を選ぶか、コンクリートの厚みをそこだけ薄くするなどすべきでしょう。

厳密にいえば不法占拠であり、違法ですが、隣が認めば当座はもめごとを避けることができるでしょう。
しかし、私が隣なら決して喜ばしい話じゃありません。

Q10万貫という貨幣単位は今の価値で言うとどれくらいでしょうか?

色々な前提でさまざまな回答があることを承知の上で質問させていただきます。

物語で10万貫というお金の単位が出てきました。

これは今の貨幣価値になおすといくらくらいに相当するのでしょうか?

かなりアバウトでもよいので教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

結論としては、『銭』10万貫であれば、現在のお金で約10億円のようです。
「貨幣価値の換算」が「色々な前提でさまざまな回答があることを承知の上で質問させていただきます」ということは既に理解されているようですが、
http://hirose-gawa.web.infoseek.co.jp/mame/kahei.html
が参考になるでしょう。
銭1貫が約1万円とすれば、銭10万貫は約10億円という計算になります。概ね「普通の人が想像できる範囲の巨額のお金」ではないでしょうか。

ただし
「10万貫=銭10万貫=現在価値10億円」
というのは、江戸を中心とする「金遣い経済圏」の話です。

大坂を中心とし、東北地方の日本海側にまで広がる「銀遣い経済圏」の方が江戸時代の日本では大きかったのですが、そこでの話であれば
「10万貫=『銀』10万貫=現在価値1千億円」
となります。上記のHPを再度参照して下さい。
(銀1貫=現在価値100万円)

ただ、いくら物語であっても「銀10万貫」というのはあまりに金額が大きすぎて現実的ではないでしょう。

江戸時代の大商人で「越後屋」を創業して大成功し、現在の三井グループにつながっている三井高利という人がいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%BA%95%E9%AB%98%E5%88%A9
天下の大商人と言われた三井高利の遺産は、銀4900貫であったようです。現在価値で言うと50億円です。銭に直すと50万貫になります。
http://www.hakaishi.jp/tomb/tomb/02-19.html

結論としては、『銭』10万貫であれば、現在のお金で約10億円のようです。
「貨幣価値の換算」が「色々な前提でさまざまな回答があることを承知の上で質問させていただきます」ということは既に理解されているようですが、
http://hirose-gawa.web.infoseek.co.jp/mame/kahei.html
が参考になるでしょう。
銭1貫が約1万円とすれば、銭10万貫は約10億円という計算になります。概ね「普通の人が想像できる範囲の巨額のお金」ではないでしょうか。

ただし
「10万貫=銭10万貫=現在価値10億円」
というのは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報