【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

漢字の使い分けについて教えてください。

「ぐう」という読みで、熟語を書く際に、

待遇 遭遇 不遇 境遇 千載一遇

などは「遇」で、

偶然 偶数 偶像

は「偶」ですが、この使い分けの法則がわかりません。
テストで「ぐうぜん」「そうぐう」などと出た時に、どちらの「ぐう」を使うのか解らなくなるのですが、これは覚える他に方法はないのでしょうか。

同じく、「敵」「摘」「適」もわかりません。
匹敵 摘発 指摘 適宜 適当 適用 等。。。

お解りになる方よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

http://kotobank.jp/word/%E5%81%B6%E3%83%BB%E5%AE …
から抜粋。

【 偶 】 [音] グウ
(1) 対(つい)になること。 「 偶語 ・対偶 」
(2) つれあい。 「 配偶 」
(3) 二の倍数。 「 偶数 ・偶列 」
(4) 人形。 「 偶像 ・土偶 ・木偶 」
(5) 思いがけない。たまたま。 「 偶因 ・偶感 ・偶吟 ・偶作 ・偶成 ・偶然 ・偶発 」

【 遇 】 [音] グウ
(1) であう。 「 奇遇 ・遭遇 ・千載一遇 」
(2) もてなす。あしらう。 「 厚遇 ・殊遇 ・待遇 ・知遇 ・優遇 ・礼遇 ・冷遇 」
(3) めぐりあわせ。運。 「 境遇 ・不遇 」

>待遇 遭遇 不遇 境遇 千載一遇

待遇:もてなすこと、あしらうことだから「待遇」と書く。

遭遇:遭うは「好ましくない事にであうこと」なので、めぐりあわせや運で好ましくない事にであうことを「遭遇」と書く。

不遇:めぐりあわせや運が「不」なので「不遇」と書く。

境遇:めぐりあわせや運で出来た環境だから「境遇」と書く。

千載一遇:千載は「千年」の意味。一遇は「一度だけめぐりあう」の意味。千年に一度のめぐりあいなので「千載一遇」と書く。

>偶然 偶数 偶像

偶然:たまたま、思いがけず、然るべきことが起きたので「偶然」と書く。

偶数:対、つれあいになっていると、個数や人数は「2」になります。2は「偶(対、つれあい)になってる状態」だから「偶数」と書く。

偶像:人形の像だから「偶像」と書く。

「てき」も、それぞれの漢字の意味を覚えておけば、どの字を使うか判ります。
    • good
    • 13

 こんにちは、遅めの休憩時間を利用しての回答ですので、推敲の至らない部分がありましたら御寛恕を願えればと存じます。


 今年の「全国学力調査」の中学校「国語B」に類似した問題が出されていました。「暑いと厚い」を間違いなく書き分けるためにはどの様な点に注意することが必要ですか、との設問でした。
 大人からすれば、簡単に答えることができる問題です。「漢字」には「二種類の読み方」があって、それぞれ「音読み」と「訓読み」と呼ばれます。
 たとえば「暑」なら「音読み」ではショとなり、「訓読み」ではあつ・い、となります。一方の「厚」はコウとあつ・い、に分かれます。このことから解ることとして、漢字には「音声としての機能」と「意味(人や物の状態)を説明する機能」の二つの側面があることを表していると説明することができます。
 では、もしどちらの文字を使うかとの問題で迷った時にどう判断すればよいかとの具体的な質問になります。こうした場合は「そこに示されている言葉の意味」を考えてみると存外に容易く解決できることもわかります。
 「偶然」ならば、同じ意味を示す言葉に「たまたま」があります。そして「たまたま」を漢字で表記すると「偶々」もしくは一字で「偶」となります。だから「偶然グウ」は「偶」と書くと説明することができます。
 「遭遇」も「出会う」ことですから「遇う」と書くことは不自然でもありません。
「迷ったら、『もう一つ別の読み方』をしてみる」ことも大切です。
    • good
    • 3

遇:対面すること


偶:人に似せたもの、2つで対をなすもの、割り切れるもの、たまたま。

敵:対立しているものがある場合(誰々/何々に敵わない、など)
摘:何かの事柄を摘む場合(芽を摘む、など)
適:当てはま(め)る場合(条件に適わない、など)
    • good
    • 6

漢字は表意文字であり、文字そのものに意味があるのですから、漢字そのものの意味を理解すればそうは間違わないと思います。

漢和辞典を引いてみましょう。ネット辞書でもよいです。似たような漢字でも意味が異なります。
    • good
    • 0

漢字のもつ意味を理解すればいいんじゃないかな.

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q配偶者の『偶』と境遇の『遇』について

どうしてもまちがって書いてしまいます。
たとえば…
遇ー奇遇・境遇
偶ー配偶者・偶然・偶数 等…
何かよい覚え方はご存知ありませんでしょうか?

Aベストアンサー

《偶》
もともとの意味は「人の形に似せたもの」だからにんべん。
「偶像」「土偶」の偶はこれ。
ここから似たもの同士、さらに二つのものがペアになっている様子という意味が生まれた。
「配偶者」「偶数」の偶はこれ。
また二人の人がたまたま出くわすと言う意味も生まれた。
「偶然」がこれ。

《遇》
しんにょうは足ですすむ意味。(進、追、逃など)
「遇」のもとの意味は二人が歩いていてひょっこり会うこと。
「遭遇」「奇遇」の遇
さらにあった人に対する態度という意味が生まれ
「待遇」「優遇」
またその人がたまたま出会ってしまった運命、幸運という意味も生まれ「境遇」「不遇(幸運に出会えない意)」

しかし「偶然」はまだちょっと解りにくいですね。

おしえて!「偶(グー)」

Q既と概と慨の覚え方

既と概と慨の覚え方なにかないでしょうか?
既存・概念・憤慨、この三通りの漢字はよく書き間違えてしまいます。
漢字にお詳しい方なにか覚え方のコツなどないでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

コツは、3つ紛らわしいものがあるときには、
3つを一気に覚えずに、1つか2つだけ覚える、ということです。
残りは、消去法的に考えることができますから。

たとえば、

「慨」は、りっしんべんがあるから、心に関係する。
だから、「ふんがい」は「憤慨」と書く。
一つだけ例外があって、「気概」だけは、りっしんべんではなく、きへんで、読みは同じく「がい」。

と覚えておくだけでよいと思います。

すると、残りは覚えなくても、消去法的に、
・「既」は、「がい」とは読まない。
・心に関係しない「がい」は「概」である。
というふうに考えることができます。


以上、ご参考になりましたら。

Q蓄と畜の違い

蓄と畜の違いは何でしょうか。
意味は使い方等教えて下さい。

Aベストアンサー

「蓄」は「蓄える(たくわえる)」という意味であって、「貯」と似た意味の漢字です。
一方「畜」は「けだもの」とか「動物」という意味で、「家畜」とか「鬼畜」という使い方をします。
両者は字面は似ていますが、それは音読みで「チク」ということで同じような字体が使われているのであって、漢字としての意味は全く別物です。
このような例は漢字では多くあります。例えば「菅」と「官」などは草かんむり以外同じですが意味はまったく別ですね。

Q壁と璧のちがいって?

質問です
壁と璧の違いってなんですか?
使い分けや意味などを教えてください
お願いします

Aベストアンサー

「璧」とは、元々“平らで中央に孔のあいた宝玉”を意味し、完璧は「傷のない玉」、あるいはそれを壊さずに完全な形で手に入れることが本来の意味となります。
ですから、“かんぺき”の漢字は「完璧」であって、「完壁」は誤りです。

一方「壁」は、言うまでもなく「塗り壁」「家の壁」などの平らな壁面をいいます。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q慢・漫の使い方について教えてください

慢性胃腸炎・注意散漫・高慢な態度・浪漫・漫画etc
その都度どの字を当てるのかその違いがいまいちわかりません。
わかりやすく納得できる説明を詳しい方お願いいたします。

Aベストアンサー

「慢」=おこたること(怠慢)。あなどること(慢罵)。おごりたかぶること(高慢、自慢)。おそいこと。ゆるやかなこと(緩慢、慢性)。

「漫」=一面にひろがるさま(瀰漫)。とりとめのないこと、しまりのないこと(散漫、放漫)。深いわけもないこと(漫画)。

辞書によれば、字義の違いは上記の通りです。
この違いを覚えるしかないんじゃないでしょうか。

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q国会と内閣の違いを簡単に教えてください!!

国会・内閣・裁判所って三権分立であるじゃないですか?それで、裁判所と国会は建物もあるし、なんとなくは分かるんですけど、内閣って一体なんなんですか??内閣には国会議事堂や裁判所のような建物とかって無いですよね??(間違ってたら指摘お願いします!)
じゃあ内閣って一体どこにあるんですか?内閣で一番偉い人は首相。つまり今は小泉総理ですよね?じゃあ国会で一番えらい人って誰なんですか?今の僕の意識では国会の中に内閣がある。っていう感じなんですけど、コレって間違ってますか??教えてください!

Aベストアンサー

 簡単にいいますと、国会は法律を作り、内閣は実務(実際の行政)を担当し、裁判所は法の執行を行う
これが三権分立ですね。
どこが違うか?って全然仕事が違います。

 しかし、内閣は「こういう法律を作ってください」と言うことはできます。
法律案のほとんどは内閣提出です。
でも、それを認めるかどうかを決めるのは国会です。
今年度の予算をどういうふうに使うかを決めるのは、実際に仕事をする内閣ですが
国会はそれを事前にチェックしたり(予算審議)、
実際の使い方をチェックし、ミスを指摘する(こちらは決算)ことができます。
このように、お互い独立して仕事をしていますが
自分の担当だからといって自分勝手な行動をとらないようにチェックしあっているのです。
ですから、どこが偉いということはありません。
3つとも同じ地位にあります。
総理大臣は必ず国会議員ですから
「国会の中に内閣がある」というような気もしますが
そうすると、国会議員の中でも偉い人が総理大臣、
つまり国会より内閣の方が偉い!ということになってしまいますから
その認識は正確ではありませんね。

 内閣はどこにあるか?ですが
内閣には総理大臣のもとにたくさんの省庁がありますね。
外務省とか財務省とか、防衛庁もそうです。
その建物の一つ一つが内閣をつくっています。
仕事が膨大で職員の規模も大きいので、
まとめてどこかに置くというわけにはいかないのです。
内閣のまとめ役の総理大臣の城である首相官邸が一番小さかったりします。
紛らわしいですが、内閣府は内閣の一つの機関にすぎませんのでお間違えなく。

 最後に、国会で一番偉い人ですが
やはり衆議院、参議院の議長でしょうね。
議長は野党でも与党でもなく、中立の立場にいます。
議長、副議長になると、党を離れて無所属になるんですよ。
ですから、与党からも野党からも敬われる存在です。
とはいえ、話し合いを重んじるのが議会ですから
偉いからといって何でもできるわけではないですけど。

 簡単にいいますと、国会は法律を作り、内閣は実務(実際の行政)を担当し、裁判所は法の執行を行う
これが三権分立ですね。
どこが違うか?って全然仕事が違います。

 しかし、内閣は「こういう法律を作ってください」と言うことはできます。
法律案のほとんどは内閣提出です。
でも、それを認めるかどうかを決めるのは国会です。
今年度の予算をどういうふうに使うかを決めるのは、実際に仕事をする内閣ですが
国会はそれを事前にチェックしたり(予算審議)、
実際の使い方をチェックし、ミスを指...続きを読む

Q「捕える」と「捉える」

「捕える」と「捉える」の用法の違いはありますか?
手元のにある国語辞典には、「捉える」はありませんでした。(;;)

例えば、
  瞬間の映像を「とらえる」という場合、
「捉える」?「捕える」?「撮らえる」?
どれでも、いいような気もするし。どれも正解ですか?
また、
  イメージを「とらえる」
の場合は?

頭がごちゃごちゃになってしまいました。
お願いします。

Aベストアンサー

これはきちんと調べた上での話ではないことをお断りした上でお話ししますと、中国で生まれた漢字は無数と言っていいほど膨大な量があり、その中で漢字の字体が違っていても意味が全く同じというものが数多く存在するようです。

ご質問の「捕える」と「捉える」も元々同じ意味だったものを日本が中国から漢字を輸入したあとで、その形が違うところから、使い方やニュアンスも変えて使うようになったと推測します。

常用漢字云々はお上の決めたことですから、それを基準にすれば、「捕える」「捕らえる」はそのまま使え、「捉える」は「とらえる」と書くのが正しいということになるでしょう。

ただ、慣用的に使われている状況というのは、あくまで多くの人が見てどちらが自然な使い方に見えるかどうかということでしかなく、どちらが正しい、どちらが間違っている、というレベルの問題ではないと思います。

ですから私の感覚から言いますと、「この問題の捉え方が重要だ」、「逃げた猫をやっと捕らえた」という使い分けが自然に感じます。No.4の回答もその感覚を基準にしたものです。
しかし、No.5さんの『「映像を捕える」でも正解です。』にも納得できます。というのは、「映像」というものに対して「捕える」が正しいか、「捉える」が正しいか、「とらえる」が正しいかを説明できる理論的なものやオーソライズされたものがないからです。
ただひとつあるとすれば、先ほど申し上げた「常用漢字」に入っているかどうかです。昭和56年(1981年)に定められた常用漢字1945文字のひとつが「捕(ら)える」です。
この基準に従えば、正しいのは「捕(ら)える」と「とらえる」だけです。

しかし、お上は漢字の使用に関して、教科書などを除いて実質的な制限を定めていません。ですから「捉える」という表現も可能であり、例えば文学や歌詞の世界では「女」と書いて「ひと」と読ませたり、「昏い」と書いて「くらい」と読ませたりできるのです。

以上、自説ですが参考にしていただければと思います。

これはきちんと調べた上での話ではないことをお断りした上でお話ししますと、中国で生まれた漢字は無数と言っていいほど膨大な量があり、その中で漢字の字体が違っていても意味が全く同じというものが数多く存在するようです。

ご質問の「捕える」と「捉える」も元々同じ意味だったものを日本が中国から漢字を輸入したあとで、その形が違うところから、使い方やニュアンスも変えて使うようになったと推測します。

常用漢字云々はお上の決めたことですから、それを基準にすれば、「捕える」「捕らえる」はそ...続きを読む

Q「適確」と「的確」の違い

「適確」と「的確」の違いを教えてください。辞書では同義となっていますが・・・。

Aベストアンサー

No.4です。再び失礼します。
あれからいろいろ調べてみたことをまとめてみます。

「適」と「的」の違いを考えてみます。
「適」は「かなう」という意味で、「その条件」に合うかどうかということ。
「的」は「まと」ですから、「その条件」自体が「まと」であり、「的を射ている(条件に合っている)」ということでしょうね。

だから、意味がとても似ているのでしょう。

●適格・・・「格」は資格の格。「適」は「かなう」。資格に合っている、という意味。反対語は「失格」(「不適格」もありますね)。

●的確・・・「的」という字を用いていますので、「的を射た」あるいは「的を外さない」という意味。大事な点は押さえている(あるいは外していない)状態。いずれにせよ、「的」には面積がありますので、「ぴったり」(的の中心)から一定の許容範囲があります。

●適確・・・ほぼ「的確」と同義だけれど、あえて使い分けをするならば、「最善の」、「必要かつ十分な」という意味。法令用語としても、こう解釈すれば理解しやすいですね。あるいは、No.2様のご回答にある「適正確実」、「適切確実」と読み替えるのも一法。

http://www.bsmanner.net/2007/07/post-226.html
http://www.kyoiku-shuppan.co.jp/kokugo/tebiki.html

http://www.nararoudoukyoku.go.jp/gaiyou/h19gaiyou/04.html
ちなみに、このサイトでは、「適確」を「適正かつ効率的」、「的確」を「迅速・適正」の意味で使用しているようです。もっとも、国語として吟味されたわけではないでしょうが・・・。(さて、「適確」と「的確」はどこにあるでしょう?探してみてください。笑)

No.4です。再び失礼します。
あれからいろいろ調べてみたことをまとめてみます。

「適」と「的」の違いを考えてみます。
「適」は「かなう」という意味で、「その条件」に合うかどうかということ。
「的」は「まと」ですから、「その条件」自体が「まと」であり、「的を射ている(条件に合っている)」ということでしょうね。

だから、意味がとても似ているのでしょう。

●適格・・・「格」は資格の格。「適」は「かなう」。資格に合っている、という意味。反対語は「失格」(「不適格」もありますね)...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング