ネットが遅くてイライラしてない!?

11月に買った鉢植えのシクラメンですが、今、出窓に置いて管理しています。
ピンクに紅色の覆輪が入ったきれいな花色のものでしたが、段々と花色が薄く
なってきて、今では殆ど白みたいになってきました。

原因は何でしょうか?置き場所は南向きの居間の東側の出窓です。明るい窓辺で、
暖房がもろに当たるような場所でもありません。

花色を戻すにはどうしたらよいのか、教えてください。

A 回答 (2件)

はじめまして♪



基本的に、「光量不足」あるいは「養分不足」だと思われます。

置いている環境から、極端な光量不足は考えにくいので、追肥を行なっていないのでは無いか?と想像されます。

また、終わった花をきちんと抜き取り処理を行なっていますでしょうか?
開花後は結実しようとして、そちらに養分を集めがちです、このため次の蕾は養分不足ぎみに成り易く成るのです。

人間の都合でどんどん品種改良を繰り返した観賞用の場合は、人間が適切に手を加えてあげないとイケナイのです。

他に、ごく少ないのですが、一時的に発色させるように特異な手を加えている物も有ります、この種の物は私達一般人ではどうにも出来ません。

農家も利益を得る為に色々と工夫をしています、基本的に出荷する頃には肥料分の残りが無いくらいに、ギリギリまでコストカットしていますので、購入時から1週間おきの追肥(液体肥料など)が必用です。

なお、肥料を与えてから発色が良くなるまで、また2~3週間以上はかかります。
数日や1週間程度で、まだかぁって、肥料を与え過ぎては逆効果ですのでご注意ください。

それから、液体肥料でも「観葉植物用」は厳禁です、蕾が出なく成って、葉っぱだけが育って来ますよ。
(そういう配合バランスの肥料ですからね。)

濃度が濃すぎるのも厳禁、指定より薄いのなら弊害は無い。

なお、基本的に、初期の開花より、後期の開花は色も薄く成る傾向ですし、花の大きさも小さく成る傾向は有りますので、購入時よりも大きくて色鮮やか、というところまで望まないで下さい。

ウマク行けば、年明けの頃にはそこそこ回復してくれると思いますので、焦らずに育ててあげて下さい♪
    • good
    • 6
この回答へのお礼

そうなのですね!出荷時には肥料分がほとんど残ってないのですね?!追肥を忘れていました。また部屋の温度がシクラメンには高過ぎたようです。

これからはシクラメンを居間に置くのは考えます。ちなみにそのシクラメンは葉だけになりましたので外の温室に入れました。蕾が少し上がってきたようですけど、美しい花は期待できなそうな・・・

いろいろなアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2014/02/04 16:00

花が古くなって枯れてきたのでは?


花茎の根元をねじ切ります。
環境が良ければ次々と新しい蕾が出てきます。
葉も枯れたら同様にねじ切ります。

シクラメンは寒さと日当たりを好みます。暖房のある部屋に置いてはいけません。
暑さで家茎が萎れます。しかし耐寒温度は0℃で外に置きっぱなしでは寒さにやられます。

拙宅のシクラメンはまだ戸外に出しています。今朝は取り込むのを忘れましたが(因みの最低気温は0℃でした)、夜間は暖房のない玄関に置き、昼間は戸外で日光浴させる方法が我が家のシクラメンには一番適しています。

なお塊根に水をかけてはいけません。根腐れの原因になります。底面給水鉢なら問題ありませんが鉢の上面から給水する場合は鉢の周辺に静かに与えます。水分が不足すると花径、葉が萎れてきます。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

多分部屋の温度が高過ぎたのだと思います。それと肥料切れ。いつも暖かい居間、人が集まる居間にきれいな鉢を置きたいものですから、ついつい・・・

ありがとうございました。

お礼日時:2014/02/04 15:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシクラメンの花が咲かないで葉っぱが巨大です。

今まで植物を育てたことがなかったのですが
一昨年の冬にシクラメンを頂き、
これだけは来年も
花を咲かせたいと思い、水は十分に与え、
時には高価な肥料も与え続けて来ました。
あれから1年以上過ぎたのですが、
葉っぱはものすごく大きくて元気なのですが
肝心の花が咲きません。
枯れずに育ってくれただけでそれなりに嬉しいのですが
何故花が咲かないのか?とても疑問です。
シクラメンに詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

専門家ではありませんが。

葉を成長させるのはチッソ分、花をつけさせるのはリンサンですので、使われた肥料がチッソが多かったのかも知れません。
ただ、自宅で咲かせると、市販より時期がかなり遅く咲きますので、今からかも・・でももう2月も下旬ですから厳しいかも知れませんね。

でも、枯らさずに葉っぱをそんなに元気に育てたなんて、すごいことだと思います。今年ダメでも来年楽しめるかも知れません。イキイキと美しい葉っぱなら、それまでは観葉植物のつもりで可愛がってあげてはいかがでしょう。

夏は、完全に水を切って休眠させるという方法の方が一般的なようです。そして九月頃からまた水をやるという方法て、私は2年目をクリアしましたよ。

これから、または来年咲くと良いですね!

Qシクラメンの葉がだんだん変色していて悩んでます。

先月花の咲いてないシクラメンを貰い受けました。
日の当たらない所に置いていたようです。
来年は花を咲かせたいと思っています。

今年の12月の始めから室内に入れています。
それまでは屋外の日の当たる所に置いていました。
シクラメンの置いた部屋は南側ですが、10時頃~13時頃まで日が当たります。
13時以降は別の日の当たる部屋に移動します。
しかし、だんだん黄色と茶色の葉になって、目立って来ました。
茶色くなり干からびた葉は、根元1.2センチくらいから剪定しました。
結構茂っていたのがスッキリした感じになりました。

水は下の受け皿のような所に入れています。

以下質問です。

1.茶色くなったのは日光が足りないのでしょうか?
それとも寒いのでしょうか?
普段置いている部屋も寝るまでは生活していて外に比べると温かいのですが、やっぱり寒いのでそれなら日中日が当たる良い屋外の場所に移した方がマシなのでしょうか?
緑の葉もあるのですがどうしたら良いのでしょうか?

2.根元から長さ3センチくらいの茎があり、その先に丸い蕾のようなのが、大量にあります。
蛇の頭のようです。
シクラメンの蕾で検索すると似た画像があったのですが、今年は日光が足りなくて成長の止まった蕾なのでしょうか?
まだ枯れてないのですが、切ったほうがよいのでしょうか?

3.茶色くなってきている葉は剪定した方が良いのでしょうか?
今は茶色く干乾びたのだけ切りました。

4.某掲示板で「弱っている時に活力剤を与えたらダメ」と書いていたのですが、私の場合でも与えない方が良いでしょうか?
前の持ち主はずっと活力剤を与え、水は定期的にあげていたようで黄色くなったことは無いそうです。
我が家に来てからは活力剤も与えず、水だけでした。

沢山質問してしまいましたが、よろしくお願いします。

先月花の咲いてないシクラメンを貰い受けました。
日の当たらない所に置いていたようです。
来年は花を咲かせたいと思っています。

今年の12月の始めから室内に入れています。
それまでは屋外の日の当たる所に置いていました。
シクラメンの置いた部屋は南側ですが、10時頃~13時頃まで日が当たります。
13時以降は別の日の当たる部屋に移動します。
しかし、だんだん黄色と茶色の葉になって、目立って来ました。
茶色くなり干からびた葉は、根元1.2センチくらいから剪定しました。
結構茂っていたのがスッキリし...続きを読む

Aベストアンサー

>水は下の受け皿のような所に入れています。

底面給水鉢のことですか? それなら最適です。塊根には水をやらないようにしましょう。


>1.茶色くなったのは日光が足りないのでしょうか?
それとも寒いのでしょうか?
普段置いている部屋も寝るまでは生活していて外に比べると温かいのですが、やっぱり寒いのでそれなら日中日が当たる良い屋外の場所に移した方がマシなのでしょうか?
緑の葉もあるのですがどうしたら良いのでしょうか?

葉の黄変の原因としては 寒さ、水不足あるいは高温(20℃以下に保つこと)が考えられます。

>2.根元から長さ3センチくらいの茎があり、その先に丸い蕾のようなのが、大量にあります。
蛇の頭のようです。
シクラメンの蕾で検索すると似た画像があったのですが、今年は日光が足りなくて成長の止まった蕾なのでしょうか?
まだ枯れてないのですが、切ったほうがよいのでしょうか?

たぶん花芽です。切らないほうがよいのでは?なお、シクラメンは枯れた葉も花柄もはさみでは切りません。根元からねじ切るように引っ張ります。

>3.茶色くなってきている葉は剪定した方が良いのでしょうか?
今は茶色く干乾びたのだけ切りました。

枯れた葉は根元からねじ切ります。

>4.某掲示板で「弱っている時に活力剤を与えたらダメ」と書いていたのですが、私の場合でも与えない方が良いでしょうか?

活力剤は不要です。 つぼみや花があるのなら液肥(ハイポネックス、花工場等)を週1回与えます。

シクラメンは寒さと日光が大好きです。暖房のある部屋にはおかないように。日中気温が上がる場合は戸外に出します。

15-20℃で日光が当たる室内で最も元気に育ちます。10-15℃でも成長は遅くなりますが元気に育ちます。20℃以上では葉や花が萎れます。是非温度計をそばに置いて厳密に温度管理してください。

私の場合は夜間は玄関に置き、昼間は戸外の日向に出しています。

>水は下の受け皿のような所に入れています。

底面給水鉢のことですか? それなら最適です。塊根には水をやらないようにしましょう。


>1.茶色くなったのは日光が足りないのでしょうか?
それとも寒いのでしょうか?
普段置いている部屋も寝るまでは生活していて外に比べると温かいのですが、やっぱり寒いのでそれなら日中日が当たる良い屋外の場所に移した方がマシなのでしょうか?
緑の葉もあるのですがどうしたら良いのでしょうか?

葉の黄変の原因としては 寒さ、水不足あるいは高温(20℃以下に保つこと)...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Q元気がなくなってしまったシクラメンの復活方法

ひと月前程に購入したシクラメンが、画像の通り、すっかり元気がなくなってしまいました。
購入した時は葉の数も多く、蕾も沢山あり、花弁の色ももう少し濃いめでした。
最初は良かったのですが、やはり育て方が悪かったのか、葉っぱがすぐに黄色がかった黄緑色になってしまったり、花が枯れる前に落ちてしまったりと、トラブル続き。
咲き終わった物や枯れかけた葉っぱは、こまめに根元から引き抜いてあげたり、水やりにも気を配っていました。
水やりは、受け皿に多めに入れて下から吸わせる方法であげています。
液体肥料は、2度ほど与えました。

先日、土が痩せて来ているのが気になって、土を買って来て植え替えをしました。
鉢の1/3程、土の袋に指定されてあった石を敷き、その上に土を入れてあります。

ネットで調べてみたところ、水やりは、下から吸わせるだけでなく、花や葉に直接触れない様にすれば、土に直接与えても良いとありました。
そちらの方が良いのでしょうか。
それから、液体肥料も1000倍液というものが良いとありましたが、そういった物が市販されているのでしょうか?
普通の液体肥料では駄目なのでしょうか。

少し前までは、元気がないながらに蕾も結構しかりしていたのですが、ここ数日は蕾が小さい内(茎が伸び切らない内)に枯れてしまったり、茎自体がしなしなになってしまったりと、元気のなさに拍車がかかっています。

日中、晴れている時は日光の当たる窓越しに置いたり、温度にも一応気を配っているつもりですが、夜などは、暖房の効いた部屋に置いておくよりも、廊下などに出す方が良いのでしょうか。

元々、濃すぎる色ではありませんでしたが、淡い感じの綺麗なピンク色だった花弁が、限りなく白に近い薄ピンクになってしまっています。
今の所、葉にカビが生えていたり、アブラムシがついていたりといった事はなさそうです。

ネットで調べた方法で、現在は新聞紙で囲う様に覆っており、丁度24時間位経ちますが、あまり変化は見られません。
この新聞紙に囲う行為は、どの位続ければ良いのでしょうか。

小さな事でも構いません、アドバイスを頂けたら幸いです。
宜しくお願い致します。

ひと月前程に購入したシクラメンが、画像の通り、すっかり元気がなくなってしまいました。
購入した時は葉の数も多く、蕾も沢山あり、花弁の色ももう少し濃いめでした。
最初は良かったのですが、やはり育て方が悪かったのか、葉っぱがすぐに黄色がかった黄緑色になってしまったり、花が枯れる前に落ちてしまったりと、トラブル続き。
咲き終わった物や枯れかけた葉っぱは、こまめに根元から引き抜いてあげたり、水やりにも気を配っていました。
水やりは、受け皿に多めに入れて下から吸わせる方法であげてい...続きを読む

Aベストアンサー

>水やりは、受け皿に多めに入れて下から吸わせる方法であげています。
まずこれを止めましょう。過湿を引き起こし、根腐れや球根腐れの原因になります。葉が枯れる病気も促進します。
根腐れは本来は鉢土の空気の通気性が悪い、つまり根に供給される酸素不足から起こるのが原因です。通気は鉢の上部からもありますが、鉢底からの通気も大事です。ゆえに鉢底を水で塞ぐのは良くありません。
下部から給水させる底面給水法もありますが、これは布や紐を使ってその毛管現象で水を吸い上げるやり方で、底に水を溜めるだけのやり方とはまた違います。
また底面給水法も時々は底蓋をはずして、鉢土の上から水遣りや液肥遣りを行います。
一応、鉢土の表面1cmぐらいが乾いたら底穴から流れ出るまでしっかり水遣りや液肥遣りをしましょう。(4~5号鉢基準)
水遣りは葉や花や蕾に出来るだけかからないように鉢土に流し込むようにします、球根にかかってしまうのは、実際には、ある程度はやむをえないところでしょう。

画像からはハッキリ見えませんが、植え付け時は球根を1/3から1/2は地上に露出させて植え付けます。シクラメンは過湿と高温を苦手とします。
まあ球根の上部が鉢土の表面ギリギリぐらいならば大丈夫かもしれません、土もゴールデン粒状培養土という通気性の良い土でシクラメン向きです。
しかしそれ以上深めに球根を植え込むと球根が腐りやすくなりますから、その場合は再度植え替えた方が無難でしょう。

特にプラ鉢が悪いという事はありませんが、鉢の側面からも通気性があるのは「素焼き鉢」と「駄温鉢」です。
通気性の良さから順にいえば、素焼き鉢>駄温鉢>プラ鉢です。
また植え付け時に元肥として、マグァンプKの中粒を土に混ぜ込んでおくと良いです。4~5号鉢でティースプーン2~3杯ぐらいの量です。1年の肥効があり、リン酸成分の多い緩効性化学肥料で花付きが良くなります。
またシクラメンは毎年9月あたりで植え替えします。

>それから、液体肥料も1000倍液というものが良いとありましたが、そういった物が市販されているのでしょうか?普通の液体肥料では駄目なのでしょうか。
液肥や置き肥は「追肥」と言います。シクラメンは花期が長いので咲き疲れさせない為にも、花期は追肥を与えます。
1000倍液というのは、原液タイプのものを自分で水で1000倍に希釈します。
具体的にはハイポネックス(原液)や花工場(原液)などがあります。
水で薄めないタイプの「ストレート液肥」でも構いません。シクラメン用と銘打ったものもあります。
拙宅では原液タイプを使いますが、これは拙宅では春~秋にかけて、他の植物も含めて、1回の液肥遣りで40Lの量を必要とするからで、経済的な理由に基づきます。頻度は週一ですね、大体日曜日と決めています。ストレート液肥では小遣いが無くなりそうです。(笑)もっとも今の時期では液肥の量は半分以下に減っています。
液肥は速効性で、原液タイプはいいかげんな希釈ではいけません。あまりシビアになる必要もありませんが、一応キャップ半分で水10L、キャップ4分目で水8Lなどの基準をつくります。希釈には目盛りつきのバケツを使います、バケツに注ぎ口があった方が、ジョウロなどに移しかえる際に具合が良いでしょう。
1000倍希釈は標準ですが、植物によっては500倍から2000倍希釈まで使い分けします。シクラメンは1000倍希釈でよろしいです。

置き肥は緩効性の化成肥料がよろしいでしょう。鉢の隅に必要量を置き肥し、肥効が切れたら取替えます。
なおこれら追肥は、植え替え後約2週間ぐらい経ってから与えます。
また植え替え後は、2週間ぐらいかけて日照の慣らしを入れます。最初1週間は日陰に置き、後の1週間は明るい日陰に置きます。そうしておいてから、日光に当てるようにします。

>日中、晴れている時は日光の当たる窓越しに置いたり、温度にも一応気を配っているつもりですが、夜などは、暖房の効いた部屋に置いておくよりも、廊下などに出す方が良いのでしょうか。
シクラメンは暑いのが苦手で、寒いのを好む植物です。0℃ぐらいまでは耐えます。暖地や温暖地あたりでしたら、雪や霜を被らない日当たりの良い軒下などの屋外の方が良いぐらいです。(必要日照時間は3時間以上)生育適正気温も15℃前後ぐらいが良いでしょう。
従って室内では0℃以下にならない限り無暖房の状態が良いです。20℃を超える室温は苦手とします。新聞紙囲いも必要ではありません。
とりあえずは早く元気にして葉をワサワサにする事です。まだ完全にダメになったわけではありません。
元気にするコツは、鉢土が乾く~湿る~乾く~湿る~の間隔を短してやる事です。長く鉢土が湿っている状態はよろしくないです。今拙宅での水遣り頻度は3日に1回ですね。春までこのような感じでしょう。
あと葉がワサワサになれば、「葉組み」なども検索して調べておきましょう。
http://www.hyponex.co.jp/catalog/index.html
http://www.hyponex.co.jp/catalog/05/index.html(いろいろな植物用。置き肥)
http://www.sc-engei.co.jp/guide/guide04.html

>水やりは、受け皿に多めに入れて下から吸わせる方法であげています。
まずこれを止めましょう。過湿を引き起こし、根腐れや球根腐れの原因になります。葉が枯れる病気も促進します。
根腐れは本来は鉢土の空気の通気性が悪い、つまり根に供給される酸素不足から起こるのが原因です。通気は鉢の上部からもありますが、鉢底からの通気も大事です。ゆえに鉢底を水で塞ぐのは良くありません。
下部から給水させる底面給水法もありますが、これは布や紐を使ってその毛管現象で水を吸い上げるやり方で、底に水を溜...続きを読む

Qプランター 鉢植えの花がすぐに枯れてしまう  泣

いつもお世話になっております。

昨年から鉢植えにトライしているのですが
毎回 枯らしてしまいます。
全くの初心者で 本を見たりして頑張っていますが、うまくいきません・・・


昨年は 水を毎日やりすぎて枯らしてしまった(と思います)。

それをふまえて 今年は 「水遣りは 土が乾いたら」 と心に決め、控えめに与えるようにしました。

しかし、、、、、

今年も ことごとく枯れて行きます。
全くの初心者なので 花の名前も分からないのですが
ペチュニアなんて、植え替えた2日後には シナシナ。
他の花も1週間程度で見る見る枯れてしまいました。

いつも植え替えたその瞬間だけ美しい。花ちゃん達を見てると可愛そうになります。(ご近所さんはいつも綺麗に育ってる)

プランターの下には 軽石?の様なものを敷き詰め、土もそこそこの値段の物を使っています。
肥料(白いつぶ)も撒きました。

ちなみに、先日 枯れてしまった花を抜いたのですが、簡単に”スポっ” と抜けました。
(全く根が広がらず成長してない感じ。)

植え替えのコツの様なものがありましたらご教示下さい。

(花の名前が分からないので恐縮ですが、お分かりになる範囲で結構です)

どうぞ宜しくお願いします。

いつもお世話になっております。

昨年から鉢植えにトライしているのですが
毎回 枯らしてしまいます。
全くの初心者で 本を見たりして頑張っていますが、うまくいきません・・・


昨年は 水を毎日やりすぎて枯らしてしまった(と思います)。

それをふまえて 今年は 「水遣りは 土が乾いたら」 と心に決め、控えめに与えるようにしました。

しかし、、、、、

今年も ことごとく枯れて行きます。
全くの初心者なので 花の名前も分からないのですが
ペチュニアなんて、植え替えた2日後...続きを読む

Aベストアンサー

枯れる原因は次の理由です。
1.苗の植え方が悪い。
2.肥料の与え方が悪い。
3.土が悪い。
 以上です。 
まづ
<No.1の植え方>
*購入した苗とできるだけ同じ土に植え替えること。
*根鉢は5分の一程度取ってから植える。 
*土はできるだけ排水を良くしましょう。 しかしある程度は
付き固めて土と根密着させないといけません。

<No.2>
 肥料は緩効性の肥料にします。 直接根に触れないように土と
よくまぜましょう。 あなたさまの場合は肥料は与えないで後から
液肥の規定倍率で与えるようにしたほうがよろしい。

<No.3 土が悪い>
 市販の良質の培養土にしましょう。 アイリスさんの****がよろしい。

 最後に今回の枯れた原因についてですが 肥料やけの可能性が濃厚です。 肥料は与えすぎると培養土内の濃度が高くなり根の水分を吸い取られるという現象が起きます。 つまり根の細胞が死んでしまうのです。 
 肥料は新葉が出揃って花が咲き始めてからにしましょうね。

植え替えは植物にとっては大手術と同じです。 人間と同じで傷口がいえて体力が回復するまでは肥料(お食事)は控えるのは当然と思いましょう。 
 もし今回のいろいろの方のアドバイスでやっても枯れてしまうのであれば綺麗に咲いているお隣さんに教えてもらいましょう。

最後に「根づく」という言葉をじっくり考えましょう。
わたしたちも使いますよね。 地域に根付ざした・・・・・。
 植物はまづ根っこが土になじまないと新しい根を出しません。 また土もある時間乾かないと新しい根を出しません。
 新根を出し始めるころを根付くといいます。 この状態になるには植物によって大体期間が決まっています。
 一年草等その年に咲いて終わるものは2~3週間です。 その期間は水遣りと土の乾燥を定期的なサイクルで繰り返してやると大変根付くのが早くなります。
 この期間水をやりすぎると新根が出ないので根腐れでかれてしまうこともあります。 
 土をどのように乾かして(時間・間隔)そしてどれだけ水を与えるかが植物栽培のポイントです。
 

 

枯れる原因は次の理由です。
1.苗の植え方が悪い。
2.肥料の与え方が悪い。
3.土が悪い。
 以上です。 
まづ
<No.1の植え方>
*購入した苗とできるだけ同じ土に植え替えること。
*根鉢は5分の一程度取ってから植える。 
*土はできるだけ排水を良くしましょう。 しかしある程度は
付き固めて土と根密着させないといけません。

<No.2>
 肥料は緩効性の肥料にします。 直接根に触れないように土と
よくまぜましょう。 あなたさまの場合は肥料は与えないで後から
液肥の規定倍率...続きを読む

Qシクラメンに白カビのようなものが・・・

茎の根元に白いカビのようなものが出来てしまいました。影響を受けた茎はすべて取り除きましたが、完全にはカビを取り除くことが出来ません。取り除いた茎の残りの部分と球根との間の狭い所にもまだ残っているようです。
 湿っていると良くないと思い、日中は葉を広げカビの影響を受けた所に日差しが差すようにしていますが、朝になってその部分を見るとやはりカビが少しだけ成長しています。見つけては取り見つけては取りの日々です。どうしたらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

現状を見たわけではないので、詳しいことは言えないのですが、
かび系の病気のようですね。
灰色かび病かな…。白いかびだと…う~ん。違うかも…。

簡単に出来る対処法として、
発病部(かびた部分)をピンセットなどで丁寧に取り除き、
球根に残った傷跡に、薬用石鹸液や、中性洗剤などを塗って、
傷口を日光に当てて乾かすというのがあります。

ひどい場合はTPN水和剤とかキャプタン水和剤とか、薬剤を使うしかないかも知れません…。
(商品名は書いてないですが、↑の言葉で検索すると出てきますよ。
植物名・病気名で検索しても対処法が見つかるかも。)
ホームセンターの家庭用農薬コーナーで探してみてください。
説明書に適用植物と病害虫、使用方法・頻度などが書いてあるので、
よく読んで、お使いください。

自分で病気が何なのか、ある程度しぼりこめるように、
病害虫に関する本を一冊持っておくといいかも知れません。
特定が出来なくても、症状を照らし合わせて、病害虫の名前から、
ネットなどで対処法を探せますし。
(…私のように素人の道楽になっても困りますが。)

カビはよく発生しますよね。
株元を分けて見たら、うわぁ…って…。
でも、かび系の病気なら、早くに手を打てば、
枯死まで行くようなことはあまりないので、
大丈夫ですよ。
細菌(軟腐病とか)やウィルスの病気だとまずいですが…。
夏越しさせる予定があるのなら、予防もかねて、
植え替えの前に殺菌剤を散布するといいかも知れません。
かく言う私も、まともに夏越しさせた経験がないので、
そこまでしたことがないですが…。

予防法として、(これはご存知かと思いますが)
水遣りの際に、球根部分や葉・茎に出来るだけ水がかからないようにする。
傷口が乾ききらないうちは、そこに水をかけない。
それと、
老け花・老化葉は病気の温床になりかねないので、
早めに摘み取る。
(摘み取るときはくるくるポン、と茎の部分から…。)
ぐらいでしょうか…。

それから、
奇形花や葉も出来れば摘み取る。
種が出来そうな(花びらの部分がポトンと落ちてさやだけになったやつ)のも種を取る予定がないなら摘み取る。

一日に一回ぐらいは葉っぱに積もったほこりや花粉を、
やさしく払いながら、出来るだけすべての葉に日が当たるように葉を組み直します。
傷つけないように…。
あんまり触りすぎてもストレスがたまるので、
加減が難しいですが…。

水の与えすぎ・乾かしすぎにも要注意。根が傷みます。
肥料の与えすぎも花持ちが悪くなるので注意。
温度は、なれさせればかなり低くても(5℃くらいまで)耐えられますが、
暖房のきいた部屋で暑すぎるのは…。(20~25℃くらいが適)

シクラメンって、意外と匂いが良い事に気付き、
見直しつつある今日この頃。
(香りがないのもありますが…。)
水遣り・身繕いの度に深呼吸して、香りを楽しみます。

質問者さまのシクラメンも、元気になると良いですね。

現状を見たわけではないので、詳しいことは言えないのですが、
かび系の病気のようですね。
灰色かび病かな…。白いかびだと…う~ん。違うかも…。

簡単に出来る対処法として、
発病部(かびた部分)をピンセットなどで丁寧に取り除き、
球根に残った傷跡に、薬用石鹸液や、中性洗剤などを塗って、
傷口を日光に当てて乾かすというのがあります。

ひどい場合はTPN水和剤とかキャプタン水和剤とか、薬剤を使うしかないかも知れません…。
(商品名は書いてないですが、↑の言葉で検索すると出てきますよ。
...続きを読む

Qたくさん咲いたアリッサム、その後はどうすれば?

マンションに住んでいるため、ベランダにプランターを置き、
寄せ植えやハーブを植えたりして楽しんでいます。

先日ポット苗で購入したアリッサム2鉢が、プランターで
たくさん花をつけ、プランターからこぼれるように咲いています。

なるべく長めに花を楽しむには、切り戻しなどは必要でしょうか?

ガーデニング初心者です。切り戻しなど必要であれば、
そのやり方なども教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

こんにちは。スィートアリッサムを育てていますので良かったら参考にして下さい。
 アリッサムは本来宿根草(1年で枯れない植物)ですので、5月下旬か6月の中旬ぐらいで、花がそろそろ終わってきたかな?と思われる頃に切り戻しを行います。この時割とガッチリすると良いです。具体的には地上部から10cmぐらいです。垂れ下がるように咲いていますので多分思い切りよくいく事になると思います。
 夏は比較的涼しい所で管理すると新芽が伸びてきて秋にはまた花を咲かせてくれます。具体的には出来るだけ西日には当てないように、またベランダでしたらコンクリートの照り返しがキツイので下から煮える事があります。スノコやレンガを離して置いた上に鉢をおくなどして下からの熱をできるだけ避けるようにして下さい。できたら午後からは日陰になって風通しが良い所なら最適です。
 夏の間は肥料もやらずに水だけは乾いたらしっかりやって下さい。ただし中の水が煮えるので朝早くか夕方涼しくなってから水やりを行って下さい。秋(10月頃)から肥料を規定量与えます。
 私も地植えですがこの方法で大抵うまくいっています(なかには枯れてしまうのもありますが(^_^;)3年目の株もあります)。ご参考までにm(__)m。
http://ja.at.webry.info/200704/article_23.html←具体的な切り戻しの写真が載っています。

こんにちは。スィートアリッサムを育てていますので良かったら参考にして下さい。
 アリッサムは本来宿根草(1年で枯れない植物)ですので、5月下旬か6月の中旬ぐらいで、花がそろそろ終わってきたかな?と思われる頃に切り戻しを行います。この時割とガッチリすると良いです。具体的には地上部から10cmぐらいです。垂れ下がるように咲いていますので多分思い切りよくいく事になると思います。
 夏は比較的涼しい所で管理すると新芽が伸びてきて秋にはまた花を咲かせてくれます。具体的には出来るだけ西...続きを読む

Qガーデンシクラメンの首が短い

10月中旬に購入のガーデンシクラメンです。
葉も多く花数もそこそこですが花茎が短く
葉の少し上で咲いてます。
購入時は花茎は長かったですが。
花茎が長い方がシクラメンらしいですよね。

マンションベランダ、南向きで終日日が当たります。
鉢は5号、液肥は2週間ごとです。
葉組みはたまにやってます。
首を長くする方法を教えてください。

Aベストアンサー

レスが付きませんね。難しいのでしょうね。
私もあまり自信がないけれど、回答してみましょう。
ガーデンシクラメンの匂いが好きなので、ここ3年ばかり育てています。鉢も5号か6号ぐらいになっています。(最初は4号ですが。)
G.シクラメンは生命力が旺盛なのですが、少し神経質というか時としてムズカル場合があるんですよね。
そのうち花茎も伸びてくるのではないかとも思われますが、少し気になるのが水遣り回数と施肥のことです。
シクラメンに限らず、大方の植物は花を咲かせるには水を欲しがります。
シクラメンは鉢土の過湿は球根が腐るため禁物ですが、球根を半分ぐらい地上へ露出させて植えつけてあったり、土や鉢の排水性が良ければ、花どきにおいては表面の土1cmぐらいが乾けば十分水遣りしたほうが良いと思います。(5号鉢基準)日当たりも良さそうですし、土が乾くのも割りと速いでしょう。
肥料も液肥だけでしたら少ないと思います。
花期が長いので途中でバテさせないように、置き肥と液肥も併用した方がよろしいと思います。
置き肥は5号鉢ならば緩効性の肥料を4個ぐらい鉢の隅に置き、指で軽く押して少し沈めます。
置き肥の種類は、錠剤型(プロミックなど)のもの、廉価なものなら発酵済み油粕玉肥やIB化成肥料(2個ずつまとめたものを鉢のまわりに4箇所、計8個。)など何でもかまいません。
http://www.hyponex.co.jp/catalog/05/index.html
http://www.mc-agri.co.jp/gijutu/ib_s1.html(製造業者。販売業者は別で多数あり。)
液肥はハイポネックス原液(例)あたりを1000倍に薄めたものを週一水遣りがわりに与えます。
来年の植え替えは9月上旬あたりになろうかと思われますが、このとき元肥としてマグァンプK(中粒)をティースプーン軽く3杯ぐらいを混ぜ込むのもよろしいでしょう。
(ちなみに私はハイポネックス社の関係者や回し者ではありません。ただの園芸愛好家です。)
まあこれだけの事をやって、しばらく様子をみられたらどうでしょう?
直接的な回答になっていないかもしれませんが、早く花茎立ちモードになれば良いですね。

レスが付きませんね。難しいのでしょうね。
私もあまり自信がないけれど、回答してみましょう。
ガーデンシクラメンの匂いが好きなので、ここ3年ばかり育てています。鉢も5号か6号ぐらいになっています。(最初は4号ですが。)
G.シクラメンは生命力が旺盛なのですが、少し神経質というか時としてムズカル場合があるんですよね。
そのうち花茎も伸びてくるのではないかとも思われますが、少し気になるのが水遣り回数と施肥のことです。
シクラメンに限らず、大方の植物は花を咲かせるには水を欲しがります。
...続きを読む

Q植物の色が悪い

ガーデニングを始めて、この春で2年になります。
2年前に、プロに庭を作っていただき、その際にもともとあった椿、アジサイを移植しました。
それぞれ葉の色が悪くて、アジサイは葉が茶色くなってしまい、花もよく咲きません。椿は、葉の色が2年間黄色っぽいままで、蕾はたくさん付きますが咲く前に落ちてしまいます。(それぞれ南向きに地植え)
また、自分で植えたクリスマスローズは、新しい葉も黒っぽくなってしまい、イフェイオン(ハナニラ)やチューリップなどは、球根から葉が出てきても葉の色が薄く弱弱しい感じです。
何か土に問題があるのでしょうか?それとも風が強い地域なのでそのせいでしょうか?
アメリカンブルーやマーガレットなどはキレイに咲くのですが。。
何か、解決のヒントがあれば教えて下さい。
(長文で申し訳ありません。)

Aベストアンサー

 植物は根っこの良し悪しでその後の成長が決まります。 アジサイやツバキが元気が無いのは植え方が悪かったせいです。
 しっかり根巻しましたか?。 ツバキは根っこが荒いので植えるときは根巻も当然ですが水極めというやり方でないと失敗します。
 ただ植えて土をもどしただけではダメですよ。 土を半分戻したら水をたっぷり入れて棒でこねてドロドロにしてさらに土を入れて水を入れてというやり方ですが、このようにしましたか?。
 ツバキに関してはすべての蕾を取り去ってください。

他には春から秋まで月一回のペースで木酢液の1000倍液をバケツでたっぷり株元にかけてください。
 これで幾分は元気になります。 アジサイも同じように土壌の活性化に努めてください。
 くどいようですが植物は根っこです。 根っこは良い土壌をつくることで活性化されます。 土です。 
 何事も土作りが先です。

 それとツバキは出来れば半日陰を好む植物で植えた場所が直射日光が強いと今回のような状態になることが多いです。 その場合は寒冷紗などで日よけしないとまずいです。 根付いて生育が順調になったら徐々に日光に慣らすことが大事です。
 自生地は常緑樹など高木の下に生えています。 半日陰ですね。

> アメリカンブルーやマーガレットなどはキレイに咲くのですが。。
  一年草などの草花は根っこの生育範囲が精々深さ20センチ幅30センチの世界で生きてます。
 水と適度な肥料そして日光があれば当たり前に成長します。 根っこも細根ですので植え痛みが少ないです。 

 植物は根っこの良し悪しでその後の成長が決まります。 アジサイやツバキが元気が無いのは植え方が悪かったせいです。
 しっかり根巻しましたか?。 ツバキは根っこが荒いので植えるときは根巻も当然ですが水極めというやり方でないと失敗します。
 ただ植えて土をもどしただけではダメですよ。 土を半分戻したら水をたっぷり入れて棒でこねてドロドロにしてさらに土を入れて水を入れてというやり方ですが、このようにしましたか?。
 ツバキに関してはすべての蕾を取り去ってください。

他には春か...続きを読む

Q観葉植物の葉がの先だけが茶色く枯れる

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。
別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。

葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。

どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか?

また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。
しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。
ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。
茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか?

説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない...続きを読む

Aベストアンサー

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。
元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?
[2002.10.10]
A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。
悪い腐った根は取り除きましたか。
用土は半分くらい取り替えましたか。
その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。
またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。
植替え後は日陰で管理しましたか。
水は乾いたら上げるようにしましたか。
葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。
そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。
これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。
用土になじむのに2週間はかかります。
これはどの植物も同じです。
ときおり液体肥料をあげます。
葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。
スパティは根がすぐに増える植物です。したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。
年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。また株わけも必要になってきます。
以上の注意点をもう一度考えてみてください

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~rinmodan/k-drtohei03q_list.html

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング