今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

現在アメリカに住む者です。

出国前に民事訴訟を起こされましたが
事実と違った訴訟だった為
それに対応せずに出国しました。

しかし、ライフラインの引き落としが
できていない事が発覚しました。

原告側は口座番号等を知らないはずですが
口座凍結をされた可能性はあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>出国前に民事訴訟を起こされましたが事実と違った訴訟だった為それに対応せずに出国しました。


と言うのが間違いで、差し押さえという事は仮執行もしくは仮差押えの段階だと思いますので、貴方の裁判を行っている裁判所に連絡してみるしかありません、「渡米した後に口座が止まったので、確認を取ったら訴状が届いている事を知った」という事を嘘でも伝える以外に方法はないでしょう」そうでないと、裁判期日に出廷出来なかった理由になりません。
裁判の判決がまだなら、日本で弁護士を立てて、訴訟額を銀行に供託すれば、差し押さえは解除されます、供託で訴訟額を裁判所の許可が下りるまで動かせないお金として担保される訳ですから、それ以上の事は相手が行う権利は無いので、口座の凍結解除は裁判所が認めてくれます。
また、敗訴している場合は、訴訟額を相手に支払うしか、解除できません、まあ強制執行で、口座から相手が引き落とせば解除されますが、強制執行の申し立て費用や弁護士費用なども相手の申し立てどうりに、引き落とされる可能性はあります、上告が可能であれば、相手が貴方が渡米するのを見計らって訴訟を起したとでも言って、高裁で争うしかないでしょう。
とにかく裁判所を無視するのは、不利になります。
    • good
    • 0

欠席判決で敗訴になったものと思われます。


そうだとすれば、勝訴した者(債権者)は、dm2013さんの取引銀行がわからなくても差押はできます。(これに反する回答がありますが間違いです。)
銀行名も口座番号も判らなくても、考えられる銀行を複数列記した差押もできます。
(銀行で「取引なし」として裁判所に報告すれば、それでいいことになっています。)
以上のことから、差押となつていると思います。
なお「口座凍結」ではなく、「差押」です。
残高が債権額に満たなければ全額を、残高が債権額を越えておれば、残りは自由に出し入れできます。
電話でいいですから、裁判所にお聞き下さい。
    • good
    • 0

民事訴訟では、最低限相手方があなたの取引銀行(支店又は口座番号まで知っている必要があるかも)を知っていないと、その口座を差し押さえすることはできません。

またその金額も相手が訴えた額までです。
その手続きも、結構時間と手間がかかります。
ですからそのような可能性がない限り、引き落としができないのは、他の理由だと思います。
    • good
    • 0

口座を司法取引にて凍結している可能性はありますね。



日本も含めて訴訟を起こされてからは事実と違っても出廷

しなかった場合は原告の全面勝訴となります。事実かどうかは関係ありません。

出廷しないということは相手の言い分を認めたということですから。

アメリカに住む時点で収入のある口座とかは政府が把握しているはずですので

銀行口座などは司法にて凍結するというのは充分あるのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q口座の凍結から解除までの日数

親戚の者が、裁判をかけられて口座が凍結しました。しかしその後、裁判については、相手との和解をし裁判の取り下げの手続きを行い、銀行へ解除の内容を裁判所の手続きの方?とともに書類を提出したそうですが その手続きにはどれだけの日数がかかるのか、回答はないそうです。
1週間も経過しているのに凍結が解除されないことはありますか?
銀行によってちがうのか、また何か原因があるのか、通常であれば休日を含んでもどれくらいの
日時を費やすのかを教えて下さい。和解をした相手にお金の支払いの約束をしたらしいのですが
口座が解除にならず、支払いができずにまた問題が生じているようなのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

kuonmiyuuさんは「裁判をかけられて口座が凍結しました。」と言っておられます。
そして、銀行に対して解除の手続きも終わっているようです。
そうだとすれば、1週間もすれば口座の出し入れはできるようになります。
銀行からの通知はないです。
ここで注意しなければならないことは、その「裁判をかけられ」と言う部分が、通常の訴訟なのか、又は、仮差押か仮処分のことなのか、それがよくわからないです。
「裁判については、相手との和解をし裁判の取り下げ」と言うことですから、仮差押や仮処分ではなさそうです。
そうだとすれば、訴訟の取下と仮差押か仮処分の取下とは手続きが違いますので、これを確認して下さい。
「銀行へ解除の内容を裁判所の手続きの方?」と言っておられるので、おそらく仮差押か仮処分の取下げも終わっているように見受けられます。
それならば、裁判所から銀行に書類が届く時間さえあれば、口座は出し入れできます。
訴訟の取下と銀行口座の解放の手続きが違うことに要注意です。

Q凍結または差し押さえされた預金口座について

タイトルのように、
凍結または差し押さえられた銀行口座への
振り込みや入金もできなくなると考えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

口座凍結
相続があったことを知った金融機関が、相続財産となる預金を、一人の相続人に払ってしまうと責任を問われるために、所定の手続き(遺産分割協議書の提出、相続人全員の委任状など)が行われるまで、預金引きろしをできなくすること。
具体的には各金融機関で取り扱いが違うでしょうが、入金は受付されます。

差押
差し押さえ時点での預金の支払い請求権の差し押さえ。
預金通帳という紙切れを差押するのではなく、金融機関を第三債務者として、債権者(預金者)が持つ支払い請求権の差押がされる、債権差押です。
口座凍結とは違い差押えされた金額を別段預金にして、債権者からの支払い請求に応じる金融機関もあります。
別段預金に差押された額を移動する手続きをする金融機関なら、その後口座は以前同様使用できます。

仮に100万円残高がある時点で差押された預金は「100万円の普通預金の払い戻し請求権」として差押されるので、その後に振込や入金がされた預金額には差押の効力がおよんでませんので、金融機関は預金者から支払いを求められたら拒絶する理由がありません。
「差押時における預金残高+差押時までの利息の払い戻し請求権」の差し押さえですと、金融機関によっては解約手続きをとるので、口座そのものが消滅します。
すると入金も出金も当然に不能となります。

凍結と差押は違うものです。

振込先の口座が差押されたことなど、例えば家賃振込をしないとならない人は知りませんので、それが口座に入金できないという処理をされたら、店子は家賃滞納という不利益な立場になってしまいます。
指定された口座への振込は有効でないとこまります。
これこそ金融機関によって対応してることでしょうが、「差押」として引出しがされ、その後の入出金が記録されてる通帳を見たことがありますから、差押された額が支払いされてしまえば「自由の身」になってると思います。

口座凍結
相続があったことを知った金融機関が、相続財産となる預金を、一人の相続人に払ってしまうと責任を問われるために、所定の手続き(遺産分割協議書の提出、相続人全員の委任状など)が行われるまで、預金引きろしをできなくすること。
具体的には各金融機関で取り扱いが違うでしょうが、入金は受付されます。

差押
差し押さえ時点での預金の支払い請求権の差し押さえ。
預金通帳という紙切れを差押するのではなく、金融機関を第三債務者として、債権者(預金者)が持つ支払い請求権の差押がされる、債権...続きを読む

Q裁判に負けた後の銀行口座差し押さえについて質問

私の友人(自営業)が、裁判で敗訴し、口座の差し押さえ通知が来たそうです。
細かい話は、あえて聞いてませんが、差し押さえられると、彼の今後の生活に影響が生じるのですが、事前に、口座から引き出すのは違法でしょうか?


あと、私も自営なので、今後の参考にしたいのですが、今回の様に口座差し押さえなどを、
事前に回避する対応策などございましたら、ご教示頂けますでしょうか。

Aベストアンサー

判決などの債務名義による強制執行の場合,原則的には,その債務名義に記載がされた当事者に,判決等の効力が及ぶとされています。
一応,個人と法人とでは人格が別ですから,それぞれに対する強制執行をする場合には,それぞれの債務名義が必要となります。
例外は,財産隠しとみなされた場合です。が,この場合でも,訴訟を起こしたりして,因果関係が証明されれば,元々の判決の効力が及ぶことがあります。
債権者としては慈善事業をしている訳では無いので,債権回収をしたいと思うでしょう。一方で,生活等があるので,差し押さえは困ると思うでしょう。でも,借りたものは返すという信義則や経済活動の自由から享受したものもあるでしょう。それで社会が回っていることも事実ではありますから,基本的に,借りたものは返すことが,社会にける法人や人としての信用を高めることになると思います。
綺麗事ばかりでは生きていけないというのも,理解はできいますが,みんなが同じようなことをしたら,自由主義経済は立ちゆかなくなりますよね?
問題が大きくなる前に,破産をするとかの法的整理の方法を考えた方が,犯罪とされる可能性が低い分,まだよろしいかと思います。

判決などの債務名義による強制執行の場合,原則的には,その債務名義に記載がされた当事者に,判決等の効力が及ぶとされています。
一応,個人と法人とでは人格が別ですから,それぞれに対する強制執行をする場合には,それぞれの債務名義が必要となります。
例外は,財産隠しとみなされた場合です。が,この場合でも,訴訟を起こしたりして,因果関係が証明されれば,元々の判決の効力が及ぶことがあります。
債権者としては慈善事業をしている訳では無いので,債権回収をしたいと思うでしょう。一方で,生活等が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報