いつもお世話になっております。
ネット通販で受注生産品の販売をしており、Paypalを決済に導入しております。
その際、一番多い流れとして、
1,お客様がPaypalを利用して代金を先払いする。同時にPaypalの手数料が発生し差し引きされる。
2,後日商品完成後、配送をする。
3,月末にまとめてPaypal上に貯めた複数のお客様のお代を銀行に引き出す。
という日付でいうと3つでてきてしまい、帳簿付けで混乱しています。

恐らく前受金、預り金、手数料、売上、普通預金という科目を使い処理をするのだと思いますが、ネット上のPaypal導入時の会計の例を参考に読んでみると、もう少し簡単な例しかなく困っております。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

次のような仕訳でいいだろう。

(科目は一例)


1.未収入金/前受金 ¥お客様先払い額
 手数料/未収入金 ¥Paypal手数料

Paypalは、金融機関の預金とは異なり、決済代行ないし電子マネー類似の仕組みであり、経済的には利用者はPaypal社に対して金銭ないし金銭同等物と交換する権利を有することになる。

この権利を勘定科目で表すため、取引先に金銭を支払う側は「預け金」など、取引先から金銭を受け取る側は「売掛金」「未収入金」などの科目を使って仕訳を切るのが妥当と考えられる(売上入金のみでPaypalを利用しているのであれば「売掛金」が最も妥当する)。支払・受取の両方を利用しているのであれば、それぞれの取引で科目を分けるほか、いずれかの科目を統一して使ってもよいと思われる。

お客様が先払いした時点で、あなた側に商品発送義務が生じるので、その時点で「前受金」を計上する必要がある。

Paypal手数料は、「未収入金」等の減額として処理するのが簡単だ。


2.前受金/売上 ¥商品代金

売上計上基準に基づき、売上を計上する。例えば発送基準で売上を計上しているのであれば、発送時に計上する。


3.普通預金/未収入金 ¥入金額

Paypal社から銀行口座へ入金されたことを仕訳に表す。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

素早いご回答ありがとうございました!!
慣れない経理の作業で戸惑い困っていたので、とても助かりました。

お礼日時:2014/03/19 00:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPayPal利用時の仕訳について。

PayPal利用時の仕訳について。

どなたか、ご教示願えませんでしょうか。PayPalビジネスを利用しており、

PayPalに「売上」が入金されて、そこから「手数料」が引かれ、
また「費用」などを支払い、その残高が銀行口座に振り込まれる場合、
どのような仕訳をしたら良いのでしょうか。


①売上がPayPalに入る:100,000円
②売上から手数料(2,000円)が引かれる:100,000-2,000円=98,000円
③PayPalから経費(5,000円)が支払われる:98,000円-5,000円=93,000円
④残高の93,000円がPayPalから銀行口座に入金される


と売上は100,000円ですが、そこから手数料や経費が引かれ
最終的に銀行に振り込まれるのは93,000円になる場合、
どのような仕訳をしたら良いのでしょうか。


入金や出金にPayPalをはさんでいる場合の仕分けについて困惑してしまい、
どうしたら宜しいのでしょうか。

恐れ入りますが、
どなたかご教示願えたら幸いです。


※ご参考までに、現在の立場は、個人事業主で青色申告します。

PayPal利用時の仕訳について。

どなたか、ご教示願えませんでしょうか。PayPalビジネスを利用しており、

PayPalに「売上」が入金されて、そこから「手数料」が引かれ、
また「費用」などを支払い、その残高が銀行口座に振り込まれる場合、
どのような仕訳をしたら良いのでしょうか。


①売上がPayPalに入る:100,000円
②売上から手数料(2,000円)が引かれる:100,000-2,000円=98,000円
③PayPalから経費(5,000円)が支払われる:98,000円-5,000円=93,000円
④残高の93,000円がPayPalから銀行口...続きを読む

Aベストアンサー

仕訳例です(経費5,000円は請求したときにすでに発生していて、手数料2,000円は決済手数料という前提です)。

・仕事が完了したとき(便宜的には請求したとき)
売掛金 95,000  売上 100,000
~費   5,000

・Pay Palに入金されたとき
預け金(Pay Pal) 95,000 売掛金 95,000

・銀行口座に入金されたとき
普通預金 93,000 預け金 95,000
支払手数料 2,000
・・・・・・・・・・・・・・・・
のようにPay Pal入金時の仕訳を反映させると上記のようなものが考えられますが、実務的にはPay Palの関与は省いてしまって構わないでしょう

・仕事が完了したとき
売掛金 95,000  売上 100,000
~費  5,000

・Pay Palに入金されたとき
 (仕訳なし)

・銀行口座に入金されたとき
普通預金 93,000 売掛金 95,000
支払手数料 2,000

QPayPalから銀行口座へ引き出した際の記帳

PayPalの口座から銀行口座へ引き出した際の記帳について。

10月22日にPayPalから銀行口座へ50000円引き出し
10月25日に銀行口座に入金された

それぞれ記帳しなければならないと思うんですが、この場合はどの科目を使ってどのように記帳すべきでしょうか。
もしわかる方がいらっしゃいましたらお手数ですがご回答をお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会計ソフトの当座資産の区分に「当座預金」、「普通預金」などの勘定科目が標準設定されていますが、同じ当座資産の区分に「ペイパル預金」という勘定科目を、新たに設定しましょう。


◇10月22日にPayPalから銀行口座へ50000円引き出し

仕訳:〔借方〕現金 50,000/〔貸方〕ペイパル預金 50,000

記帳:現金元帳の借方に50,000、ペイパル預金元帳の貸方に 50,000
と記入します。

◇10月25日に銀行口座(普通預金とする)に入金された

〔借方〕普通預金 50,000/〔貸方〕現金 50,000

記帳:普通預金元帳の借方に50,000、現金元帳の貸方に 50,000
と記入します。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q売上げの全額を返金したときの仕訳について

個人事業主で、青色申告します。

複式簿記での、仕訳についてお教えください。


(仮に下記のような場合)
売上げの入金が、5月12日に、事業用口座へ、15000円あったのですが、

諸事情により返金することになり、2日後の14日、事業用口座から全額15000円返金として支払いました。


当方にはめったにない事例で、この場合の仕訳はどのようになるのかわからず、困っています。
どなたかお詳しい方、ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

個人事業ということですので、売掛金勘定を使用せず経理をしているとすると

5/12  普通預金 / 売上 15,000円
5/14  売上 / 普通預金 15,000円

ということになります。
売掛金勘定を使用しているとすると

5/12 普通預金 / 売掛金 15,000円
5/14 売上  / 普通預金 15,000円

こんなところでどうでしょうか?

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q関税の仕訳教えてください!!

輸入した際にかかる関税についての仕訳なんですが・・

立替金 運賃 94,930
    ターミナル 4,044
    保険料  4,482
    関税   77,400
    消費税  82,400
    地方消費税  20,600

通関諸掛  通関料 11,800  
      取扱料 6,000  
      貨物配達料 5,500

支払い合計 307,731円

なのですが、仕訳が解りません・・

輸入運賃なのか?輸入仕入なのか?宜しくお願いします。

    

Aベストアンサー

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取得価額)
第三十二条 第二十八条第一項(棚卸資産の評価の方法)又は第二十八条の二第一項
(棚卸資産の特別な評価の方法)の規定による棚卸資産の評価額の計算の基礎となる
棚卸資産の取得価額は、別段の定めがあるものを除き、次の各号に掲げる資産の区分に
応じ当該各号に定める金額とする。

一  購入した棚卸資産   次に掲げる金額の合計額

 イ 当該資産の購入の代価(引取運賃、荷役費、運送保険料、購入手数料、
   関税(関税法 (昭和二十九年法律第六十一号)第二条第一項第四号の二
   (定義)に規定する附帯税を除く。)その他当該資産の購入のために
   要した費用がある場合には、その費用の額を加算した金額)

 ロ 当該資産を消費し又は販売の用に供するために直接要した費用の額

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取...続きを読む

Q源泉所得税を支払った勘定科目は何ですか?

一人で法人を営んでいます。源泉所得税を六ヶ月に一回支払っています。(甲)

帳簿に記載する場合でお聞きします。

毎月法人として預かっている金額は科目として「預り金」で「収入」に記載すればいいと思うのですが、法人が支払った(甲)の科目は「預かり金」で「支払い」欄に記載すればいいのでしょうか?

税金なので違う科目があるように思うのですが・・

検索しても支払った時の(甲)の科目を説明したサイトを発見できません。

お詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

横レス失礼します。


議論が長引いているようですので、私の回答で納得して下さい。

以下、会計ソフトを使います。

ケーススタディとして、「11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

※仕訳の入力では、「振替伝票」の画面だけを使うようにして下さい。その他の入力画面、例えば「現金出納帳」、「入金伝票」、「出金伝票」、「預金出納帳」、「売上帳」、「仕訳日記帳」などの画面は決して使わないようにして下さい。間違いが起きやすいので。

◇11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。

〔借方〕給 与 300,000/〔貸方〕現 金 290,000
〔借方〕…………{空欄}…………/〔貸方〕預り金  10,000
※この「預り金」は、「所得税預り金」でも良い。

この仕訳が、自動的に総勘定元帳へ転記されます。
・「給 与」元帳の借方へ300,000と記入。相手勘定は「諸口」。
・「現 金」元帳の貸方へ290,000と記入。相手勘定は「現金」。
・「預り金」元帳の貸方へ10,000と記入。相手勘定は「現金」。
転記後の総勘定元帳を確認して下さい。

また、現金出納帳へも自動的に転記されます。
・「支出」の欄へ290,000と記入。相手勘定は「給与」。

《注》しかし、このとき、「預り金」は現金出納帳へは転記されません。
  そもそも現金出納帳とは、財布(金庫)の現金の増減を記録するとともに、現金の有り高を管理するのが目的の帳簿です。入金があったら記入し、出金があったら記入します。そして出納帳の残高と財布(金庫)の中の現金とが一致することを確認します。
  ここの「預り金」は現金の増加に伴って発生する「預り金」ではないので、この「預り金」の増加を現金出納帳に記録するのは誤りです。この「預り金」は、給与の一部の支払いを保留するために生じる負債を表示する「預り金」に過ぎません。

【重要】ここで「現 金」元帳と現金出納帳は同じ機能を果たしていることに注意して下さい。そうです。会計ソフトでは、現金出納帳は必要ありません。「現金出納帳」は、コンピュータ会計時代の前の古い時代、つまり手書き簿記時代の「遺物」に過ぎないのです。


◇12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した。

〔借方〕預り金 10,000/〔貸方〕現 金 10,000
※「預り金」で天引きした所得税を納税したときは「預り金」で支払いをします。「所得税預り金」で天引きした所得税を納税したときは「所得税預り金」で支払いをします。

この仕訳が、自動的に総勘定元帳へ転記されます。
・「預り金」元帳の借方へ10,000と記入。相手勘定は「現金」。
・「現 金」元帳の貸方へ10,000と記入。相手勘定は「預り金」。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということで、標題の御質問ですが、

>源泉所得税を支払った勘定科目は何ですか?

源泉所得税を支払う際の借方の勘定科目は「預り金」または「所得税預り金」です。

横レス失礼します。


議論が長引いているようですので、私の回答で納得して下さい。

以下、会計ソフトを使います。

ケーススタディとして、「11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

※仕訳の入力では、「振替伝票」の画面だけを使うようにして下さい。その他の入力画面、例えば「現金出納帳」、「入金伝票」、「出金伝票」、「預金出納帳」、「売上帳」、「仕訳日記帳」などの...続きを読む

Qシステム使用料の勘定科目

経理初心者です。会社で楽天のシステムを使用しています。システム使用料は勘定科目は何になるのですか?このような質問ですみませんが、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は
支払手数料 楽天 現金
で起票しています。

QEMSの仕訳

経理です。EMSの仕訳で、消費税区分がわかりません。免税だと思うのですが、免税という区分がないのです…非課税仕入か不課税仕入を使用しても良いのでしょうか?使用しているソフトは財務応援です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご指摘のように、国際スピード郵便(EMS)のような国際郵便の料金は、消費税法と消費税法施行令で「輸出免税等」が適用され、消費税は免税されます。

ですから、EMSを支払う時は、「財務応援」に「免税」区分がないのであれば、非課税仕入または不課税仕入のどちらかを使用して下さい。

消費税に関しては、不課税も非課税も免税も、消費税が課税されないという点では同じことなので。

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング