【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

最愛なると言う外国語を教えて下さい。
(いろんな国を知りたいです)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

英語  Dear


スペイン語・ポルトガル語 querido/a, estimado/a
エスペラント kara
イタリア語 amato/a caro/a

o/a は男性形/女性形を示します。 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

わざわざありがとうございました。

お礼日時:2004/05/10 20:24

韓国では「最愛」という熟語は使わず、「最も愛している」という意味の「カジャン サランハヌン」を使います。

ここではハングルの表記ができないので、日韓辞書で確認してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざありがとうございました。

お礼日時:2004/05/10 20:24

Malaysia, Singapore, Indonesia, Brunei語



yang tersayang (ヤン トゥルサヤン)

ヤン は 硫酸のサンのように発音する。
(簡単のタンのようにではなく)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざありがとうございました。

お礼日時:2004/05/10 20:25

フランス語


cher
chere
ex.Dear Mrs Duval
  Chere Madame Duval

☆chereの最初のeの上に アクサン・グラーヴがつきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざありがとうございました。

お礼日時:2004/05/10 20:25

中国語:そのまんまです。



最愛的~
最心愛的~
最親愛的~

チベット語
mdza' brtse ldan ba'i ~
(ヅァジェデンベーのように発音)

ヒンディー語(たぶんネパール語も一緒)
priyavar ~
priyatam ~

サンスクリット語
priyatama (但し語尾変化します)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざありがとうございました。

お礼日時:2004/05/10 20:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ語、イタリア語で「最愛」または「最愛の人」と言う意味の単語をご存

ドイツ語、イタリア語で「最愛」または「最愛の人」と言う意味の単語をご存知の方がいらっしゃればお伺いしたいのですが…

もし無かったら近い単語を教えてくださると助かります

携帯しか手段がなく自分でも調べてみたのですが見付からなくて…

Aベストアンサー

イタリア語で。
色々ありますが・・・

真っ先に思いつくのは、
Caro(カーロ)男性に対して、Cara(カーラ)女性に対して。
英語のDearに相当します。手紙にも使われます。

呼びかけでは、Amore mio(アモーレミオ)私の最愛の人、Tesoro mio(テゾーロミオ)私の宝物とか。

Q恋人を色々な外国語で訳してください。

「恋人」となる単語を探しています。
できたらヨーロッパ諸語以外のものでお願いします。

Aベストアンサー

インドネシア語ではPacarパチャールです。
kekasihクカシとかも使うかもですが、
パチャールが一般的です

Q「太陽」「月」「星」を外国語で

こんにちは。タイトル通りなんですが、「太陽」「月」「星」を外国語や神話などで言うとどうなるのかを調べています。
今のところ分かっているのが、太陽→サン・ソル 月→ムーン・ルナ 星→スター くらいです。出来れば、つづりとカタカナ表記、何語かを書いていただければ嬉しいです(分からない場合は、分かるものだけでもいいです)。
たしか、スペイン語で「月」というのをテレビで聞いたことがあるのですが、一瞬のことで、なんと言っていたか分かりませんでした。これも知っている方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

スペイン語

太陽   Sol ソル
月    luna ルーナ
星    Estrella エストレージャ

ポルトガル語

太陽   Sol ソル
月    Lua ルア
星    Estrela エストレーラ

エスペラント(語)
太陽   Suno スーノ
月    Luno ルーノ
星    Stelo ステーロ

いずれもラテン語系なので似通っています。

Q幸せのひととき・・・名前にできる響きのいい外国語!

こんばんは。

◆幸せのひととき
◆幸せな空間
◆ささいな幸せ

上記の言葉の訳、
もしくは似たような意味を表す言い回しをご存知の方いらっしゃいませんか?

フランス語でもスペイン語でも
何語でもかまいません。
かわいくて響きがよければ造語でも全然オッケーです♪


ただ、ブランド名にしたいので、できれば覚えやすく、短めの言葉希望です。


現在、卒業研究でアロマランプを制作しておりまして、そのブランド名がなかなか決まらなくてとても困っています(>_<)

いろいろな翻訳サイトで訳しては見たものの
長かったり、音があまりきれいではなかったりで、なかなか気に入ったものを見つけられませんでした;;


どなたかご協力していただけたら幸いです。
どうかよろしくお願いします!

Aベストアンサー

フランス語です。


幸せのひととき bon moment(ボンモマン)、moment heureux(モマンウルー)

幸せな空間   espace heureux(エスパスウルー)

ささいな幸せ  petit bonheur(プティボヌール)


などいかがでしょうか。

Q「愛しい人よ」を英語(各国語)で言うと何ですか?

「愛しい人よ」を英語で言うと何になるんですか?
極力短い言葉(1単語(?))でお願いします。
また、「愛しい人」と「愛しい人よ」だと、言葉も変わってきますか?
変わってくるのなら両方教えていただきたいです。

あと、英語以外でも上の言葉と同じ意味合いを持つ言葉をご存知
でしたら教えてください。国は指定しません。

お願いします。

Aベストアンサー

スペイン語
一語なら・・amor
他に・・・・mi amor, mi vidaなど。
恋人や孫等に対して・・・gordo/a negro/a negrito/a

愛しい人も愛しい人よも同じです。

Q猫の名前を外国語でつけたいです

今度ロシアンブルーの子猫を飼うことになりました。

そこでなんかいい名前をつけたいです。
「希望」「幸せ」「家族」「ほっこり」「癒し」とか
4月生まれなので「4月」とか
色にちなんで「夜」「月」などの
外国語をおしえてください☆
カタカナで読み方も教えてください☆

Aベストアンサー

はじめまして。

発音がかっこよく、意味が愛らしい、という点で次のような名前は如何でしょう。(ご質問文の提案例にはありませんが)

フランス語で

chou-chou(シュシュ)「かわいこちゃん」chouは「キャベツ」という意味でキャベツにくるまれているような可愛い、大事なコという意味で、フランスでは愛しい者(子供、赤ちゃん、恋人)に対して使われます。

他には、
ma chou-chou(マ・シュシュ)「私のかわいこちゃん」(彼女用)
mon chou-chou(モン・シュシュ)「同上」(彼用)
ma cherie(マ・シェリ)「私の愛しいコ」(彼女用)
mon cheri(モン・シェリ)「同上」(彼用)
cerisier(スリジエ)「桜」4月なので
lumiere(リュミエール)「光」
petit copain(プチ・コパン)「気の合うBF」(彼用)
copin/copain(コパン)「男友達」(彼用)
copine(コピーヌ)「女友達」(彼女用)
coquette(コケット)「気まぐれな」
chouette(シュエット)「イカス(男・女)」
allure(アリュ-ル)「気品」
rafine(e)(ラフィネ)「洗練された」彼女用には女性形のeをつけます。
gate(e)(ギャテ)彼女用にはeをつけます。

などなど、ご参考までに。

はじめまして。

発音がかっこよく、意味が愛らしい、という点で次のような名前は如何でしょう。(ご質問文の提案例にはありませんが)

フランス語で

chou-chou(シュシュ)「かわいこちゃん」chouは「キャベツ」という意味でキャベツにくるまれているような可愛い、大事なコという意味で、フランスでは愛しい者(子供、赤ちゃん、恋人)に対して使われます。

他には、
ma chou-chou(マ・シュシュ)「私のかわいこちゃん」(彼女用)
mon chou-chou(モン・シュシュ)「同上」(彼用)
ma cherie(...続きを読む

Q外国語で「夢」「希望」「お月様」など・・・・

カウンセリングルームを」開設します。

親しみがあり、呼びやすい単語で

夢や希望を叶えるような、笑顔がうまれるような

優しい、穏やか、平穏、喜び、幸福、祈りというイメージ

何語、スペル、読み方(カタカナ)の順で教えて下さい、お願い致します。

Aベストアンサー

再度m(_ _)m

フランス語で考えて見ました¢(。_。)

【フランス語】
祈りPriere (プリエール)
絆lien(リアン)
心ame(エイム)
友情amitie(アミティエ)
鐘carillon(カリヨン)
生命Bio(ヴィオ)
勇気couroge(クラージ)
純粋Pur(ピュール)
道chemin(シュマン)
春Printemps(プランタン)
お役に立てたなら幸いですが(^_^A;)

Qフランス語で『大切な人へ』は・・

お客様の注文で商品に
フランス語で『大切な人へ』と文字を入れることに・・・

しかしながら、
お客様も、もちろん私も
フランス語は出来ません。
大切な贈り物なので刻印を入れたいのですが
英語では恥ずかしいようです。
恐れ入りますが、
綴りと読み方を教えていただきたいのです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

Pour mon cher(プール・モン・シェール)
はいかがでしょうか?
pour は英語のforにあたる言葉です。
mon cherは大切な人っていう意味です。
ただし、これはその相手が男性の場合でのこと。

その贈り物を渡す相手が女性であれば、
ma chere(マ・シェール)
となります。
cher(ere)という単語は、英語で言えばdearですね。

もしくは、cheri という単語を使って、
相手が男性なら mon cheri(モン・シェリ)
相手が女性なら ma cherie(マ・シェリ)
と表すのもいいかと思います。
cheri(e)は”いとしい”とか”最愛の”を意味する形容詞です。
そういえば、マ・シェリっていう商品がありましたよね。
CMで滝沢君が出てたやつ。
あれ大切な人って意味なんですよ。

どちらにせよ、フランス語は男性形と女性形があるのでその使い分けと、
あとeのうえに斜めにアクセントがつくので、それも注意してください。

アクセントがここでは入力できなかったので、
図書館や、もしくは本屋で立ち読みでもして
辞書でcherとcheriを調べ、
アクセントの位置を確認してください。

要注意です!

Pour mon cher(プール・モン・シェール)
はいかがでしょうか?
pour は英語のforにあたる言葉です。
mon cherは大切な人っていう意味です。
ただし、これはその相手が男性の場合でのこと。

その贈り物を渡す相手が女性であれば、
ma chere(マ・シェール)
となります。
cher(ere)という単語は、英語で言えばdearですね。

もしくは、cheri という単語を使って、
相手が男性なら mon cheri(モン・シェリ)
相手が女性なら ma cherie(マ・シェリ)
と表すのもいいかと思います。
cheri(e)は”...続きを読む

Q英語以外の外国語

下記の単語を、英語以外の外国語で何というのか教えてください。
できればスペルと読み方も教えてください。

1.太陽
2.月
3.空
4.雪
5.星
6.流星
7.海
8.宇宙
9.惑星
10.存在

Aベストアンサー

 
  「風」も追加だそうですので、最初に「風」を記します。それと、イタリア語の発音が不確かだったので、もう一度確認したものを一覧で記します。(なお、すべての単語は、「単数主格形」です。ラテン語、ギリシア語、ロシア語などは、格変化します。それと、単語の後ろの m, f, n は、名詞の文法上の「性」を示しています。m は男性、f は女性、n は中性です。ギリシア語は、ho, hee, to の順序で、男性、女性、中性です。これは定冠詞です。普通、辞書では、定冠詞を書いてギリシア語では性を表示します。ホ・ヘー・ト、です。何か「いろはにほへと」に似ていますが、偶然です)。
 
  ラテン語  11.風  ventus, m ウェントゥス
  ギリシア語 11.風  ανεμοs,anemos, m アネモス
 
  イタリア語(訂正):
 
  1.太陽  sole, m ソーレ
  2.月    luna, f ルーナ
  3.空    cielo, n チエーロ
  4.雪    neve, f ネーヴェ
  5.星    stella, f ステッラ
  6.流星  meteora, f メテーオラ
  7.海    mare, m マーレ
  8.宇宙  universo, m ウーニヴェルソ *
  8.宇宙  mondo, m モンド
  9.惑星  planeta, f プラーネタ *
  10.存在  esistenza, f エシステンザ
  11.風   vento, m ヴェント
 
  * 注)universo, planeta は、一つの辞書にはあるのですが、もう一つの辞書にはありません。mondo は世界という意味ですが、宇宙にもなるでしょう。 planeta はないとおかしいので、あるはずです。
 
  ロシア語(ロシア語のローマ字転写は、わたし流です。幾つか方法があるようです。一応シリル文字で記し、日本語での近似発音を記しますので、ローマ字転写は参考としてください。これはラテン文字で表記しない言語について一般に言えます。ギリシア語は標準の転写法があるのですが、わたしは長音が表現できる、わたし流の方法で転写しています):
 
  1.太陽  солнце solntsje, n ソンツ
  2.月    месяц mjesjats, m ミィエスュツ(暦と天体), // луна luna, f ルナ(天体)
  3.空    небо njebo, n ニェブ
  4.雪    снег snjeg, m スュニェク
  5.星    звезда zbjezda, f ズュヴィズダ // светило svjetilo, n スュヴィティル(天体)
  6.流星  метеор mjetjeor, m ミティオル
  7.海    море morje, n モリュ
  8.宇宙  вселенная vsjeljennaja, f フスィリェンヌユ
  9.惑星  планета planjeta, f プラニェトゥ
  10.存在  существование sushchjestvovanije, n スシュシストヴァヴァニユ
  11.風   ветер bjetjer, m ヴィエティル
 
  注)何か奇怪な発音ですが、軟音を表記するとこうなるので、風などは、ヴェティルという方が自然かも知れません。たいていの軟音は、はっきり聞こえません。(shu=シュと sju=スュは別の音だと言っても、同じように聞こえます。無論、よく聞くと別の音です。存在の「シュシ」というのも、「シ」に聞こえるはずです)。
 
  アラビア語:
 
  1.太陽  ish shams, イシュ・シャムス(イシュは定冠詞。イッシャムスと続ける)
  2.月    shahr, シャフル // qamar, クァマル(暦)
  3.空    samaa, サマー
  4.雪    talg, タルグ
  5.星    nagm, ナグム // kaukab, カウカブ
  6.流星  ***
  7.海    ba[h]r, バフル *
  8.宇宙  il koon, イル・コーン(イルは定冠詞)
  9.惑星  kaukab saiyar??, (コウカブ・サイヤール……記憶では)
  10.存在  ***
  11.風   rii[h], リーフ(リーハ) *
 
  * 喉の奥で出す特殊な子音。
  ** アラビア語は色々発音があって、定冠詞は、イルの他、アルとも発音します。方言差がかなりあります。
  *** これらの単語は、辞書に載っていますが、アラビア文字がいま、もはや解読できません。惑星の「コウカブ・サイヤール」は、昔、アラビア文字が読めた時、調べた記憶です。これは「彷徨う星」の意味です。
  **** これは参考にしてください。基本的に子音部分は方言差でもほぼ同じですが、母音を何と読むのか、違いが出てきます。初級者向きの英アラビア辞書では、発音記号があるのですが、語彙数に制限があります。普通の英アラビア辞書では、アラブ文字がそのまま書かれていて、これが文字の通りに読んでも合わないのです。アクセントの位置で、書かれている通りの発音にならないのです。(大体、母音記号は、a, i, u しかありません。しかし、現実の発音母音はもっとあります。ウサマ・ビンラディンか、オサマ・ビンラディンかというのも、誰が発音するかで、音が違って来るし、オでもウでもないのでしょう)。
 
  ヘブライ語(子音表記で、かつ近似的な音です。アラビア語と比べてください。ほぼ子音が対応します。両方ともセム語だからです):
 
  1.太陽  ShMSh shemesh, f シェメシュ
  2.月    YRCh yareach, m ヤレアク(ヤレアハ) **
  3.空    ShMYYM shamayiim, m シャマイーム
  4.雪    ShLG sheleg, m シェレグ
  5.星    KWKB kokhav, m コカヴ
  6.流星  MTh#WR mete#or, m メテオル *
  7.海    YM yam, m ヤム
  8.宇宙  YQWM yekuum, m イェクーム
  9.惑星  KWKB LKT kokhav lekhet, m コカヴ・レケト
  10.存在  QYWM kiiyuum, m キーユーム
  11.風   RWCh ruuach, m ルーアハ(ルーアク) **
 
  * # は「アレプ」という子音。普通、日本人には聞こえません。
  ** Ch は、「ヘート」という子音で、「ハ」と「カ」の中間のような音で、確か、喉の奥で出す子音です。
 
  疲れて来ましたので、これぐらいで。後、オランダ語、デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェイ語などでも調べられますが、オランダ語などは、発音を何とか確認できますが、ノルウェイ語などは、綴りが分かるだけで、発音は確認できません。また、登場するかも知れません。
 

 
  「風」も追加だそうですので、最初に「風」を記します。それと、イタリア語の発音が不確かだったので、もう一度確認したものを一覧で記します。(なお、すべての単語は、「単数主格形」です。ラテン語、ギリシア語、ロシア語などは、格変化します。それと、単語の後ろの m, f, n は、名詞の文法上の「性」を示しています。m は男性、f は女性、n は中性です。ギリシア語は、ho, hee, to の順序で、男性、女性、中性です。これは定冠詞です。普通、辞書では、定冠詞を書いてギリシア語では性を表示します。...続きを読む

Qイタリア語で光というのは・・・

イタリア語で「光」「透明な光」「柔らかい光」「魂」「静かなる心」という言葉を教えてください。
もしよければそのような系統の言葉でなにかこころに響くようなよい言葉があれば教えてください。

Aベストアンサー

 
  イタリア語で、「光」に当たる言葉は、luce(ルーチェ, f)とlume(ルーメ, m)の二つが代表的にあります。luce はラテン語の lux から来ていて、「光、輝き、電灯」などの意味で、「夜のルーチェたち」というと、「星」のことになります。他方、lume は、ラテン語の lumen から来ていて、「光、明かり、輝くもの、灯火」で、luce と同じような意味です。luce の方が辞書的には用例が多いです。(キリストは、ラテン語の Credo で、「光からの光 Lumen de Lumine」と言われ、この場合、lumen です。しかし、「ルクス, lux」の光も一般的です)。音の響きのよう方を選ばれることです。luce がやはりいいと思います。
 
  「透明な光」は、「透明な」という形容詞を光に付ければよいのです。普通、traspar[e]nte(トラスパレンテ, [e] は、eの上に左から下への斜め線=弱アクセントが付いています) という形容詞があります。chiaro(チアロ)というのも、「明るい、澄んだ、透明な、清らかな」という意味の形容詞です。定冠詞を付けると(不要なら外せば問題ありません):
 
  la luce traspar[e]nte(ラ・ルーチェ・トラスパレンテ)
  il lume traspar[e]nte(イル・ルーメ・トラスパレンテ)
 
  la luce chiara(ラ・ルーチェ・チアラ)
  il lume chiaro(イル・ルーメ・チアロ)
 
  「柔らかい光」は、「柔らかい」という形容詞ですが、t[e]nue(テヌエ, [e] は弱アクセント,luce tenue かすかな光), gentile(ジェンティーレ)は、人の性質などに使い、英語の gentle に対応しますが、光や音にも使えます。「柔らかい、薄い、細い、かすかな」などの意味です。mite(ミーテ)は英語の mild に対応し、人柄などについて言い、気候にもいいますが、「柔らかい光」には少し合わないでしょう。d[o]lce(ドルチェ, [o] は、右から左に下がる小さな斜め線=強アクセントをoに付ける)は、「甘美な、甘い」という意味がメインで、「優しい、柔らかい、穏和な」などの意味があります。m[o]lle(モッレ, [o] は強アクセント)は、「濡れている、手ざわりが柔らかな、もろい、弱い」で、「柔らかい光」に適しているかどうか分かりません。光の「感じ」で選ぶことができます。mite は少し合わないと思いますが、それ以外は、違ったニュアンスで「柔らかい光」です。光に「硬さ・柔らかさ」などないので、「光がまぶし過ぎない、強過ぎない、快い」というような感じでしょう。
 
  以上の形容詞は、前が女性名詞、男性名詞に関係せず、形が変化しません。好きな形容詞で、言葉を造ってください。
 
  la luce tenue(ラ・ルーチェ・テヌエ)
  il lume tenue(イル・ルーメ・テヌエ)
   ……
 
  「魂」は、anima(アニマ, f)は、一般的な「霊魂、魂」です。psiche(プシケ, f)は、「霊魂、精神」で、神話に出てくるプシュケーのことですが、普通名詞もあります。
 
  「静かなる心」は、「静かな心、平静な心」でしょう。「心」は、cu[o]re(クオーレ, [o] は弱アクセント, m)で、これは英語の heart とほとんど同じ意味です。ラテン語の cor が語源ででフランスの coeur と同じ派生語です。
 
  「静かな」は、心ですから、「平静」でしょうし、そうなら、calmo(a) という形容詞になります。calmo(カルモ,女性名詞に付く場合は、calma カルマ)は、天候と人の心の「平静さ」に用います。「落ち着いた」というような意味です。
 
  il cu[o]re calomo(イル・クオーレ・カルモ)
  

 
  イタリア語で、「光」に当たる言葉は、luce(ルーチェ, f)とlume(ルーメ, m)の二つが代表的にあります。luce はラテン語の lux から来ていて、「光、輝き、電灯」などの意味で、「夜のルーチェたち」というと、「星」のことになります。他方、lume は、ラテン語の lumen から来ていて、「光、明かり、輝くもの、灯火」で、luce と同じような意味です。luce の方が辞書的には用例が多いです。(キリストは、ラテン語の Credo で、「光からの光 Lumen de Lumine」と言われ、この場合、lumen です。しかし...続きを読む


人気Q&Aランキング