環境はこうです。隣の家から生えている樹木が、2m程度の公道をはさんで自分の家の敷地上空に達しています。その樹木の一部が倒壊しそうです。かつ、枯葉が雨水を流す樋につまりそうですし、枯葉が敷地に落ちてくるなど迷惑をしています。こういった場合、相手方に樹木を切るよう法律で指示できるのでしょうか?樹木は、単なる雑木林で盆栽でも何でもありません。

A 回答 (4件)

木の枝が空中から越境してくる場合は、所有者に切断するよう要求する権利があります(民法233条1項)。

権利ですから、相手は正当な理由なくこれを拒むことは許されません(勝手に切ることはできません)。また、樹木の倒壊により nagaim さんの家屋・塀等に被害が発生する恐れがある場合は、家屋等の所有権に基づき被害の発生を予防する適当な措置を要求する妨害予防請求権が認められます。その費用は当然相手方の負担です。
しかし、枯れ葉の敷地内飛散や樋への堆積は土地が相互に隣り合って存在することから当然発生する自然現象なので、故意に隣地への飛散させているような場合を除き、お互いに我慢すべき事項(所有権の限界)です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、ありがとうございました。非常に参考になりました。

お礼日時:2004/01/26 13:53

公道内に枝がでているのであれば、その道路の管理しているところ、


国道なら、国土交通省。県道であれば県の道路の管理している建設課か道路管理課
市道であれば市とかに相談をされてはいかがでしょう?
「通行の支障になる」という理由で相談すれば何らかの対処が望めるでしょう。
このとき、道路が私道(団地内の道路等)の場合は、別問題となります、先のお役人は介入できません。

土地の所有者は役所の税務課で調べることができます。
国有林や市(役所)管理であれば、しかるべきところに相談が必要でしょう。
個人には、役所からの改善命令(要求)が出せるはずです。(役所によって違う)
(迷惑条例・美化条例とか)
とりあえず役所に相談してみましょう。
(高い税金を払っているのです、このくらいやってもらいましょう)

勝手に切ると「器物損壊」の罪をもらうことになります。下手に切らないように。
多分、訴える様な人はいないとは思うけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、ありがとうございました。非常に参考になりました。

お礼日時:2004/01/26 13:53

 樹木類は、根っ子がある方に所有権があります。



 よってその木が災害などによってnagaimさんの家へ損害を与えた場合、責任はその木の持ち主へいきます。もちろんそれはあくまで実際に損害を与えてからの話です。
 が。今回は「倒壊の恐れあり」ということで、木の持ち主には何か処置をする責任が発生します。もしこれで事故があって、最悪通行人が死んだとなると、その人の管理不行き届きです。

 ただし、本当に倒壊する恐れがあるかどうかは、ちゃんと調査しないといけません。「大丈夫だろうけど何となく恐い」ではお話にならないわけです。樋に詰まる件も、「詰まりそう」であり、実際に詰まったわけではありませんよね。通例では、「葉っぱなんてどこからでも落ちてくるんだから」という解釈がなされるわけです。
 ですから、市役所などに連絡してちゃんとした調査をし、その結果をもって対処すればいいのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、ありがとうございました。非常に参考になりました。

お礼日時:2004/01/26 13:54

前に、200xリサーチでやっていたのですが、例題では、「柿木」でした。

これもnagaimさんの言っていたように、隣の家から延びてきた木の枝が敷地に入ってきた事で、この場合、「切って下さいと」nagaimさんは「お願い」出来ます。でも「お願い」だけしか出来ないそうです。かってに切った場合「器物破損」とか何とか(nagaimさんが不利になる様な事)が付いて来たりします。あと枝から、落ちている柿の実を勝手にとって食べてもイケナイそうです。ですから、相手と良く相談してから対処して行ったらどうでしょうか?私も良くは解らないのですが、もし違っていたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、ありがとうございました。非常に参考になりました。

お礼日時:2004/01/26 13:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神社の雑木林(枯葉・虫)で困っています

我が家は4m道路を挟んで神社の雑木林に面しています。
この季節は良いのですが、秋には落ち葉が酷く、屋根や雨樋にいろいろ対策は施しているものの、量もすごく、掃除はしても雨樋は詰まっています。
その雑木林はもちろん手入れもなく、伸び放題です。
道路にも空中に枝ははみ出ていますし、電線にも覆いかぶさっています。
まだ、具体的にどこにも問い合わせはしていないのですが、その木を切ってもらうよう(道路にはみ出ている部分だけでも)要請することは出来るのでしょうか?
前に、「神社は国の所有なので木を切ることは出来ない」と聞いた事があります。
個人的には、所有者が誰であっても、道路にはみ出た部分は切っても良いと思うのですが、どうなのでしょうか?
そもそも、神社ってみな国の物なんでしょうか?
そこの神社は小さいので誰も住んではいません。
本当にご近所一同みな困っているのですが、半分諦めムードでもあります。
何か解決方法がありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

 うちの向かいの神社も誰も住んでませんが、防犯上問題があるのでご近所サンでスッテンテンに切りました
 「神さんがいたはるんやから、掃除もしたらんとなぁ」という感じで勝手に誰かが掃除したり切ったりしてますよ

Q雑木林の迷惑

以前、下記の質問をさせていただきましたが、再度整理させてください。環境は、「隣の家から生えている樹木が、2m程度の公道をはさんで自分の家の敷地上空に達しています。枯葉が雨水を流す樋につまりますし、枯葉の清掃や敷地へに落ちてくるなどで迷惑をしています。なお、樹木は、単なる雑木林で盆栽でも何でもありません」。こういった場合、小額起訴のように、状況を説明できる資料がそろえれば、1日で解決するような法的な方法はあるのでしょうか?仕事をしている関係で、平日は動けませんので、時間をかけず、きちんと整理したいです。何か、法的な方法はあるのでしょうか?。

Aベストアンサー

民法のどこかに.
空中に気が伸びてきた場合に.(伸びてきた部分を)伐採して.工賃を木の所有者に請求できる.
という規定があります。探してみてください。ただし.支払いを拒否した場合には.みんそ法の手続きが必要です。
つまり
>日で解決するような
の条件が満足できません。

ただ.電線がある場合には.電線との距離が電気工作物規定・電気通信工作物規定(名称疑問)にあるので.こちらを使って.電力会社や電話・有線会社に伐採してもらったほうが楽です(工賃が電力会社持ち)。
あと.道路に倒れてくれれば.道路法が使えます。通行確保ということで.道路管理者が(1-2日で)木を撤去する義務が生じます。

Q自分の家の敷地と隣の家の敷地の境界線上の塀について

家を建てて早1年半ほど経ちました。当時、まだ隣は空き地でした。
そして最近その空き地に家が建ちました。(まだ引っ越してきてはないです。)
当時、隣の空き地との境界線上の塀をどうするか決める時に、「まだ隣は居ないので、塀を好きなように決めれますよ。」と、塀を作ってもらえる会社の人に言われたので作ったのですが、その時私は「代金は、将来、その空き地に引っ越してくる人と折半なんだろうな」と思って(境界線の上の塀なので)今に至っていたのですが、最近夫と塀の話をしていると、夫が「塀の代金は折半じゃないよ。うちが全部払っとる。」「その時まだ誰も空き地に引っ越して来る人決まってないから好きなように塀を作れると言われただけ。お前がちゃんと話聞いてないのが悪い。」と言われました。
そして、私は自分の母にこの事を話すと、「境界線の上なんだから、塀を作ってくれた会社に言ってもだめなら、自分で隣に引っ越して来た人にちゃんと言って半分払ってもらいなさい!」と、どこにそんな根拠があるのか分かりませんが、そう言われました。
明細書を引っ張り出して見てみると、もちろん、半額にはなっていませんでした。なので、旦那が言っていた通りで、私がちゃんと話を聞いていなかったのかな?と後悔しています。もし勝手に勘違いしていなければ、隣に引っ越してくる人がくるまで、塀を作らずにいたと思います。

この場合、あとからでも、新しく引っ越してきた人に、塀の代金、半分請求する事ができるのでしょうか?

請求できない場合、この境界線上の塀は私の家の所有物になるのでしょうか?
そして引っ越してきたお家のお子様とかが、わざとじゃなくても塀を破損等された場合は、修理代とか請求できるのでしょうか?

境界線の上の塀なので、どういう扱いになるのかがわかりません。(代金を折半しているなら、お互いのもの(?)と考えれるのですが・・。)

分かる方がおられれば教えてください。
よろしくお願いします。

家を建てて早1年半ほど経ちました。当時、まだ隣は空き地でした。
そして最近その空き地に家が建ちました。(まだ引っ越してきてはないです。)
当時、隣の空き地との境界線上の塀をどうするか決める時に、「まだ隣は居ないので、塀を好きなように決めれますよ。」と、塀を作ってもらえる会社の人に言われたので作ったのですが、その時私は「代金は、将来、その空き地に引っ越してくる人と折半なんだろうな」と思って(境界線の上の塀なので)今に至っていたのですが、最近夫と塀の話をしていると、夫が「塀の代...続きを読む

Aベストアンサー

境界線上の隣地双方の土地にまたがる境界塀の設置に要する費用は、原則として双方の折半負担(民法225条、226条)とされています。

母はこの法律の事を言われてるのかも知れませんね。

しかしこの法律は双方の合意、又は司法の判決が必要になります。

つまり質問者さん側が先に勝手に塀を作って、引越してきた人に半分費用を持て、は強引な話です。

つまりお隣は、塀は必要ない、あるいは、塀を作るなら自分にも好みがありその塀では気に入らない、というような事が考えられるからです。

むろん引越して来た人が、折半を納得すれば払ってくれるでしょうけど、強制することはできません。

自分の敷地内であればどのような塀を作ろうと、自分の費用でつくる限りは問題ありません。もっとも非常識に高くするなどして、隣の日照、通風を阻害しては問題になるでしょう。

>請求できない場合、この境界線上の塀は私の家の所有物になるのでしょうか?

質問者さんの所有物です。

>そして引っ越してきたお家のお子様とかが、わざとじゃなくても塀を破損等された場合は、修理代とか請求できるのでしょうか?

修理代は請求できます。しかし・・・
今現在の状況は、質問者さんの構築物が、わずかながら(塀の厚みの半分)隣地を侵害してる状態です。

なので逆に隣から塀をそちらの敷地内に建て直してください。と言われる可能性があります。

>(代金を折半しているなら、お互いのもの(?)と考えれるのですが・・。)

そのとおりです。境界線上に双方で負担して建てた塀は、共有物になり維持管理費用なども折半していくことになります。

境界線上の隣地双方の土地にまたがる境界塀の設置に要する費用は、原則として双方の折半負担(民法225条、226条)とされています。

母はこの法律の事を言われてるのかも知れませんね。

しかしこの法律は双方の合意、又は司法の判決が必要になります。

つまり質問者さん側が先に勝手に塀を作って、引越してきた人に半分費用を持て、は強引な話です。

つまりお隣は、塀は必要ない、あるいは、塀を作るなら自分にも好みがありその塀では気に入らない、というような事が考えられるからです。

むろん引...続きを読む

Q家の敷地が公売になりそうです!

Aさんの土地があります。

そこに平成1年に連棟式の戸建て(一つの建物で3つの家になっている)が建ちました。

その頃、Bさん、Cさん、Dさんがそれぞれを区分所有として建物を購入しました。
借地上の建物を買った形ですが、借地権設定などはありません。 単に簡単な地代取りきめの契約書があるだけです。

土地はAさん名義のままで、30年間の借地の契約です。

地代は、その土地の固定資産税額のみでしたが、これをBCDで三分割してこれまで約20数年払ってきました。(地代額はAさんが決めたものです。 つまり、Aさんはこの土地で利潤を得ていません)

ところがAさんが10年程前になくなり、相続人した方から最近になって連絡がありました。


税金滞納でこの土地が公売に掛けられる、というのです。


相続人の方に不動産の謄本を見せてもらいましたら、確かにこの土地には5年前に財務省の抵当権が、2年前には財務省の差押がついていました。


この土地上の建物所有者のBCDで落札できればいいのですが、お恥ずかしながら3人とも資力がありません。


もし、この土地が公売され他の人が所有者になった場合、これまで通り格安の地代で済むとは思えません。 しかし、平成1年当時の契約は30年間なので、契約期間としてあと7年ほどはこれまでの格安地代を払う事でやり過ごせるのでしょうか?

それとも、新しい土地の所有者さんが決める借地料を払わないといけないのでしょうか?

皆様のご意見をお願い致します。

Aさんの土地があります。

そこに平成1年に連棟式の戸建て(一つの建物で3つの家になっている)が建ちました。

その頃、Bさん、Cさん、Dさんがそれぞれを区分所有として建物を購入しました。
借地上の建物を買った形ですが、借地権設定などはありません。 単に簡単な地代取りきめの契約書があるだけです。

土地はAさん名義のままで、30年間の借地の契約です。

地代は、その土地の固定資産税額のみでしたが、これをBCDで三分割してこれまで約20数年払ってきました。(地代額はAさんが決めたもの...続きを読む

Aベストアンサー

地代取引契約書がアリ、 
固定資産税の2倍以上、
建物が存在する
以上の3点があれば、原則として借地権は認められます。

賃料は、固定資産税の3倍程度あれば、安価と言えないので、
多分値上げもされないと思います。
3倍以上あれば、値上げの裁判しても、簡単には値上げができません。

一般的に、 固定資産税の 2-5倍程度とされています。

Q公図の敷地と建築確認上の敷地

公図の敷地は一つでそこに建物を複数戸建てることは可能ですか?
(この場合のそれぞれ建物の所有者は同じと言う前提で)

建物は一敷地、一建物と決まっていますよね。

しかし、敷地境界線を決め敷地を確定し、その敷地で建築基準法を
満たせば複数戸建築可能だと言う事を聞いたことがあります。
(簡単に言えば適当に敷地を分割してそれぞれに建物を建てる)

つまり、土地家屋調査士などに分筆を依頼せずとも、建築確認申請上
敷地を確定していれば良いというのです。

確かに公図の土地にいくつかまたいで敷地を決定している場合もあり
その場合、あえて合筆などしませんよね。

この逆で、公図の敷地を便宜上区切って、建築基準法上の敷地を
決定する事は可能なのでしょうか?

そうすると地名地番は複数の住戸で重複する事になり、不都合などは
生じないのでしょうか?

申し訳ないのですが、詳しい方にご回答お願いします。参考図書や
参考になるサイトなども教えてもらえればうれしいです。

Aベストアンサー

>公図の敷地を便宜上区切って、建築基準法上の敷地を決定する事は可能なのでしょうか?

可能です。
但し、例えば建築敷地を二分割した場合には、それぞれの土地建物を個別に見た場合に、それぞれ接道要件や建蔽率・容積率、その他関係法令に適合している必要があります。

登記上、土地の地番及び建物の所在地番は同一ですが、家屋番号には枝番が付きますので建物は別物として登記されます。

いずれにせよ、公図上で任意に線を引いただけで認められる事柄ではなく、測量や測量図が求められるケースもありますので、実際の運用には建築専門家及び所轄行政と相談しながら進めてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報