中小企業の働き方改革をサポート>>

今日宇宙ステーションから帰還したとか騒いでいますが成果は一向に聞いたことがありません。
ものすごい高い費用を負担して何してるんでしょうか?

一時は新しい薬の研究とか言ってましたがこれといって役立つ成果を聞いたことがありません。
逆立ちしたり宙返りしたり・・バカみたい

中国なんかが参加しないところを見ると日本は金づるにされており、抜けるに抜けられない状況に追い込まれているのではないでしょうか

金持ち日本 世界中に援助

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

400億円と言ってましたか


国民一人当たり400円
働いてる人の一人当たりでも、1000円ぐらいじゃないのかな
そんなの返してもらったって、特に自分の生活に足しになるとも思わないので、人類の夢である宇宙開発に、日本人が参加するのを見てわくわくしたほうがいいです
興味がない人にはつまらないですかね

将来、自前で宇宙開発をやる必要に迫られるかもしれない
そのとき、技術や人材の蓄積をしておかないと何もできません
宇宙ステーションでやってる基礎研究は、いますぐ実用的な成果が出るようなもんじゃないと思います
宇宙ステーションを運営できたり、補給船を日本の技術で打ち上げたりするノウハウが蓄積されてることだって大事な成果だと思う
こういう投資は、目先のことで削らない方がいいような気がします

ただ、今朝のニュースで流れてたロボットと会話する実験とやらは子供騙しのようで、下らん気もしました、うーむ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどそういうご意見もあるのですね。
回答参考になりました

お礼日時:2014/05/15 12:23

一般市民の我々が目にするものは、TV用のパフォーマンスであって


偏差値が低い人にも分かり易い実験と言うべきか、、、お遊びを
放映しているだけで、本当はそれこそが無駄な経費なんです。

NASAに持ち込まれる各国各業界からの無重力、無酸素空間での
実験は民間では膨大な費用が掛かりますので、ある程度のお金を
積んででも委託するしかありません。
国家間はそこを狙いとし、個々の企業では実験が成功、立証されれば
将来の投資、つまり株価の上昇を見込まれる大きな宣伝にもなります。
時間を要して何かをするまでも無く、衛星通信や画像転送に使用
されている機材、宇宙ステーションに使用されている金属の耐久性や
腐食等のデーターは即座に軍事機器の売り込みPRに使用されるで
しょう。
実際には過去に3性質の金属(鉄、アルミ、ニッケル)を溶かした時に
冷める温度の違いから地球上の自然条件では混合不可能だったものを
可能にして、軽量化が図られ今のボーイング787やF1の外壁素材に
使われているとも聞いています。

人間は、一応睡眠を取らなければいけない生物なので、寝ている
その時間は無駄かもしれませんが、、、無重力、無酸素空間での
実験そのものは決してお遊びではありませんよ。
    • good
    • 0

日本の技術は、一位狙いはやめてこれからは世界の2位狙いにしますか



【2位では駄目なんですか】
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホントの所こんなちっぽけな島国が世界一なんてすごすぎ。
ベスト10だってすごいと思いますよ。
インドネシアなんてでかいですよ

日本よくやってますね 

回答ありがとうございました

お礼日時:2014/05/15 12:26

ロシアがソユーズ宇宙船によるISS送迎事業から手を引くようなことが言われていた(ウクライナ問題での取引材料?)ようですが、もしそのようになったらISS事業そのものが破綻することになるかもしれませんね。

そうなれば日本の有人宇宙船開発が急がれることになるかもです。
そのことによって日本独自のISSによる周辺国の地上監視能力の向上に繋がり、安全保障上有益かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それなら大賛成です
人のものに乗っているだけで大金を払うのはやめてほしい

日本独自の宇宙船をあげ それに乗って 中国や韓国が悪さしたら上から石を投げる なんてのはいいですね

回答ありがとうございました

お礼日時:2014/05/14 21:07

今日の7時のNHKでも今までで目会った成果が出ていないのでさ来年の予算は減額すると言う様な報道をしていました。


質問者の疑問もあながち間違っていないと言う事でしょう。(年間400億円とか)
私も長い宇宙滞在で帰ってきた時お祭り騒ぎしますけど成果報告(秘密もあるのでしょうけれど)がなされていない事に同様の疑問を感じていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですかNHKのニュースでですか。
すごい 案外私の 方向感覚も まんざらではないのかな
となんか嬉しく思います
いいお知らせをありがとうございます

私の意見などボロカスに言われる事があり落ち込んでいました

宇宙開発の成果は 最初は目標としては正しかったんだと思いますよ
でも 秘密成果は無いんじゃないですか だって多国籍ですもの
本音は 日本の中国への援助金みたいに止めるにやめられないんじゃないですか

回答有難うございました

お礼日時:2014/05/14 20:14

米国人以外いわゆる外人で実際に乗船できていた宇宙飛行士の数、比較的なんとなくでも日本人が多いような気がしませんか。


米国と日本との国家間の裏取引での合意が形成されているからです。
例えば、コンピューターに関して米国企業が独占状態の分野については、この分野の開発は日本企業にはさせないようにしてくれ、とか、その見返りに宇宙飛行士として日本人に多く乗ってもらえるように取り計らうから…。
このことは、マルチメディアがどうのこうの時代から、もう10年も20年も前からの話です。
これにより、実際に開発・研究・発表・実行etc.を断念させられた日本企業=超有名大企業からベンチャー企業に至るまで、存在します。
今でも、日本は米国の占領下にあり続けさせられている、という実態がこんな宇宙飛行士という一点からも窺い知れる、という訳です。
ところで、質問者さんは、こんなこと十分に承知のうえで、敢えて実態・事実の提起をされたのでは、と勘ぐった次第ですが、どうなんでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

全く裏情報など知りません。
ただマスゴミが例によってすごいとか良かったとか好意的一点張りの報道が胡散臭く思いました。
昔 映画なんかも日本公演を意識してどうでもいい場面に日本を入れるとか、アメリカの戦争映画で日本配信は敵をドイツにするとか、聞いたことあります。

確か宇宙ロケットは日本が資金提供しているので宇宙飛行士を日本人にするというのは聞いたことがあります。

それはある意味意義があるようにあもうのですが、もういい加減手を引いてはどうかと思うのです。

日本が金持ちだった時はよかったけど今原発止まっているのでエネルギー足元見られてぼったくりされてるそうですね

回答ありがとうございました

お礼日時:2014/05/14 19:21

 私も全面賛成というわけではないのですが、こういう科学研究や技術開発というものは長期間多大の経費がかかるのです。

そうして得た結果がすぐに何かの役に立つというわけではなくても、続けていくことがいつか大きな成果につながってくるのだと思います。理研にしたところで多額の税金を投入していますが、投資に見合う成果があるのかといえば何とも言えないというところだと思います。
 現実問題として、このような長期間の投資をしてきた国々が現在世界を牛耳っています。
 日本のこれから先のありようを含め、検討課題だとは思いますが、それが何の役に立つのかという近視眼的な見方だけで判断すると後悔することになるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか
そう言われると納得せざるを得ませんが私ども貧乏人は、
国の借金が1千兆を超えたとか言われると国も貧乏かなあと思ってしまいます。
回答ありがとうございました

お礼日時:2014/05/14 18:47

近代文明を支える科学技術の根幹的基礎研究の重要分野である構造生物学や材質工学では、無重量下での結晶生成が可能な宇宙実験棟というのはブレークスルーをもたらす金の卵とみなされてますので、ほとんど世界随一といって良い存在である宇宙実験棟「きぼう」は、良好に維持される限り今後もこの分野での重要拠点として活躍することは間違いないでしょう。

(天文学におけるハッブル宇宙望遠鏡、物理学におけるCERNのLHCと同じくらいのステータスがあると言えばわかるでしょうか?)
そして、その利用権の過半数を有する(全部ではないのはインフラ部分をアメリカのモジュールに依存してるので)日本は、たとえば薬学の基礎研究という個別の分野にとってすら国際的にきわめて高いアドバンテージを占めているわけです。

ところが、なにしろ基礎研究分野ですから、どれくらい役にたっているか一般人には分からない世界です。
上記の例であれば、タンパク質の構造解析というものが薬理分野でどれくらい重要なファクターであるか、その従来手法による技術限界がどこにあるのか、とか、そういった部分への理解が無いとまったく実感できないでしょう。
そもそも特定分野に特化した技術開発施設でなく汎用的な基礎研究施設ですから、新薬開発だとか分かりやすい成果がそこから出るわけではありませんので、その重要性が一般に正しく認識されるのは期待できませんし、宇宙開発という事業の高コストに目が行くのはやむをえないことでしょう。
しかし研究が先鋭化すればするほど、つまり研究設備に複雑巨大化が求められるほど、将来、それに比例して研究施設としての価値が高まることもまた、予測可能な事実です。

そして、実験棟「きぼう」のエリアは日本国の主権下ですから日本人が直接管理する必要があり、そのための貴重な(他の宇宙開発大国では考えられないくらい希少でもありますが)スタッフの筆頭格が若田氏であるということ、つまり8000億円にもなる莫大な出資者としての権利を守るためにも必須の要員配置だということです。
なにしろ宇宙飛行士の養成には軍用飛行機のパイロットよりも費用を要する上、彼らの運用責任が担うリスクは単位業務あたり10億円という破格のスペシャリストですから、主要各国は絶対に人材を流出させず、ノーベル賞級の科学者に匹敵するくらい保護されます。
日本の科学技術への人的貢献度という尺度で考えると、若田氏は一人で国立研究所の一分野のスタッフ全員に匹敵するくらい「役にたって」いると言っても過言ではないと思います。

問題は費用対効果ということになるでしょうが、尖閣諸島防衛のために増強される海自護衛艦群、あるいはCERNの次世代粒子加速器(これも日本が誘致合戦をやってますが)と同程度の費用、というのは、しょうじき評価の分かれるところだと思いますが、iPSを筆頭にバイオ分野で技術大国としての地位を再興したい日本としては決して無駄遣いということはないと、私は思いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

決して無駄遣いではない、若田氏は非常に役に立っている。
なるほど 難しいことはわかりませんが 納得しました
無駄遣いとは言わないようにします
詳しい回答ありがとうございました

お礼日時:2014/05/14 18:51

> 逆立ちしたり宙返りしたり・・バカみたい



判り易いパフォーマンスをしてくれているだけで、それをバカと言う方が「バカみたい」です。

本来は人間が棲息不能な宇宙空間において、人類が10年以上も連続的に居住していると言うだけでも、人類の未来に膨大な可能性がある点を示唆しています。
端的に言えば、人口問題や資源問題の解決とか、惑星レベルの危機に対しても、対処が可能になるかも知れません。

また、宇宙飛行士はピクニックに行ってるワケでは無く、どちらかと言えば、ヒマラヤ登山に近いと考えた方が正確です。
数名だけのISSでは、一人が些細なミスをしても命取り。
その中の1名に選ばれた若田さんは、世界の中から、その些細なミスもしない人物として、選ばれているのですよ。


> これといって役立つ成果を聞いたことがありません。

当然ながら、各国が可能な範囲は公表してますが・・。

実験の成果を簡単に言っちゃうと、地球上における全ての事象,現象は、基本的には重力やら大気などが作用しており、何らか地球環境の影響を受けています。
しかし、それはあくまで「仮説」や理論上に過ぎず、無重力とか宇宙空間で実際に実験しないと、証明とはならないのですよ。

そもそも「宇宙で〇〇したらどうなるか?」と言うのは、物理学者でも答えを間違うことがあるのです。

「これは重力の影響である」「これは大気/気温の影響である」などが、宇宙空間で実際に証明されることが、将来、どれほど有益に作用するか、計り知れません。

費用対効果は今は不明と言うだけで、宇宙に日本の実験棟を持つ意味,意義はあり、それに投資するかどうか?と言う話しです。

尚、費用は総額10兆円規模で、年額では1兆円前後。
その負担は圧倒的にアメリカで、日本,欧州が1割前後と続き、ロシアは現物支給です。
あとは各国のNASAやらJAXAなどは、自己負担。

決して安くは無いですが、たとえば上述の人口問題やら資源問題を、健全かつ平和的に解決し得る手段として宇宙利用のための開発費は、プライスレスじゃないですかね?

中国がISSに参加しないのは、独自でやるそうだから、主に軍事利用目的と言うことでしょう。

モチロンISSでも、軍事目的など極秘プロジェクトも存在するでしょうけど、部分的には米露まで手を組んでる可能性などもあり、中国が独自でやるにしても、参画はしておいた方が得策とは思いますが。

あるいは、もし日本が金ヅルになっているのであれば、「なおさら」です。

従い、恐らくは「中国がアホなだけ」かと思います。

参考URL:http://www.jaxa.jp/article/special/experiment/in …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2014/05/14 18:55

宇宙だからで実験なので、結果はでない。

宇宙実験のエリートじゃないので不可能。航空宇宙の条件を国民レベルで研究してる訳じゃないことが多いのでこれからも無理。
 
では、何が必要か。
~国民神話の創造。はやぶさと違い、ロケットが他国製。宇宙技術も他国製。伝説を作らないと、何一つニッポン製がなく、切り開く技術的野心が花開かぬ。
 
地上では回転すれば重力が働くが、宇宙では重力を発生させてしまうので、働きが違う。決め手に欠けるので、回転はしない方がいい。
※「きぼう」が作られたが、そこで技術的野心は開花しなかった。
※※「こうのとり」が使われた。
 
結果を出せる条件を持っても、欧米に譲ることでしか貿易できないので、しょうがないかな。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング