位置情報で子どもの居場所をお知らせ

今、東京メトロ副都心線の車内から書いているのですが、iPadで 西武線の車内アナウンスを聞いています。


この2つの車内アナウンスの英語バージョンの方でお聞きしたいことがあります。

中傷ならさないでくださいね。


東京メトロの方は 『池袋の次は新宿三丁目にとまります。』っていう部分の英語が 『the stop after Ikebukuro is Shinjuku―Sanchome』
ってなっているのですが、
西武線の方は 『小手指の次は入間市にとまります。』の部分の英語が 『after Kotesashi this train will stop at Irumashi』ってなっているのです。


特急電車や急行電車の停車駅は決まっているはずなのに、なぜ 鉄道会社によって、英語のアナウンスに『will』が入るアナウンスがあるのでしょうか?


何卒お導き よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

Willが入るのは「途中の駅を飛ばすから」です。



各駅停車の場合「意思」もなにも関係なく、次の駅が停車駅です。これは誰(鉄道会社・運転している電車・乗っている乗客・第三者)の「意思」でも同じです。英語はこういう部分にすごく拘るのです。

しかし、快速や急行の場合、乗っている人の意思はもしからした「各駅停車」だと思っているかもしれません。
ですから「この電車は(快速運転なので意思をもって)○○駅に止まります」とwillを使うのです。
この場合のwillは「意思」というより「(快速運転は)そのように決まっているので」という意味のほうが分かりやすいですが、このwillが入った文章を聞いたネイティブは「(快速運転等ことは分からなくても)なんらかの事情で駅の順番と停車駅が違うのだな(止まらない駅があるのだな)」と感じることができるのです。

ということで 『after Kotesashi this train will stop at Irumashi』は快速運転かなにかのはずですし、メトロは各駅停車のはずです(ただ池袋の次に新宿三丁目はありえないです。念のため)
    • good
    • 0

"after Kotesashi this train will stop at Irumashi"


いま小手指を発車して、入間市に向かっている「特定の」この電車なので、過去でも現在でもなく単純にこの先の未来事象を述べているので、willが付いています。

つまり、"this train stopped at Kotesashi, and will stop at Irumashi"ということ。
このwillに推量や意志の意味合いはありません。willがあるからといって、「入間市に止まるでしょう」と訳すのは、日本語としてはいまひとつで、やはり「入間市に止まります」とするのが自然。

一般的に「急行電車は入間市に止まります」という言い方なら、下記のようになるはずです。
"express trains stop at Irumashi after Kotesashi"
これは、電車の運行ダイヤから、停車駅はこうなっているという事実を述べた説明文ですね。
    • good
    • 0

#2様のを一部お借りしますが、



the stop after Ikebukuro is Shinjuku―Sanchome
「池袋の後の停車駅は新宿三丁目です」

after Kotesashi this train will stop at Irumashi
「小手指駅の後、この電車は入間市駅に停まります」


同じような「停車駅の案内」を言ってはいるんですが、ちょっと言い回しが違うんです。

電車が停まることに重点を置いた話し方だから、この電車は・・・と、this train will...になっています。

質問者様は英語の初心者というわけではないかもしれませんので以下は蛇足かもしれませんが、
日本語でも、同じことを言うにも、いろいろな言い回しがあったり、使う単語が違ったりしますよね。英語でもいろいろな表現の仕方があります。学校のテストみたいに「一つだけが正解」というわけではありません。
    • good
    • 0

"This train stops at ..."は、一般論としての言い方。


"This train will stop at ..."は、現時点での予定。
車内アナウンスというのは、現在、走行中で次の駅に向かっている状況下での案内です。
ですから、一般論ではなく、走行中の現時点での予定としてということでwillを使った表現のほうが自然、ということです。

なお、東京メトロの"the stop after Ikebukuro is Shinjuku-Sanchome"は、「池袋の後の停車(駅)は新宿三丁目です。」の意味ですね。
    • good
    • 0

あくまで予定である旨を強調したいが為でしょう。



新幹線などでは、

We'll be stopping at Kyoto station.

と未来進行形でアナウンスしています。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電車内の英語のアナウンス

常磐線で、次の停車駅は松戸です。という英語アナウンスは
The next stop will be Matsudo.

といっていますが、

なぜ
 The next stop is Matsudo. ではないんでしょうか。

will 「だろう」 では 電車が到着するかどうか 不明な様な気がします。

このへんのニュアンスの違いを 教えていただけたらさいわいです。

桐生市(Kill You! Shit!)出身のものよりw

Aベストアンサー

この場合のwillには、特に未来や推量や予定の意味はありません。ちょっとした婉曲表現です。
まさに日本語で、「~になります」という意味です。

The next stop is Matsudo.=次は松戸です
The next stop will be Matsudo=次は松戸になります。

どちらでも、特に不都合ということはありません。
ビジネスの場では丁寧な言い方としてたまに使います。

Who is responsible for this issue?
(この件の責任者は誰?)
That will be Mr. Urawa.
(浦和さんになります)

That is Mr. Urawa.より、すこしやわらかい感じになります。

Q山手線の英語車内アナウンスの全文を知りたいです。

毎日乗っていていつも気になるところがあるので、正しい全文を知りたいのですが、ご存知もしくは聞き取れる方、教えてください。
アナウンスの女性の声がちょっとかすれ気味なのも気になるのですが(いつもフレーズの最後が声かすれ気味・・・喉の調子悪かったのかしら?)、はっきり単語が聞き取れないところが何箇所かあって、毎回気になってしょうがありません。
優先席関係のフレーズと駅に到着する時の乗換関係あたりのあたまのフレーズです。
全文が出ているサイトなどでも結構です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

全部解かりませんので一部を書きます。

「この電車は~方面行き」は
This is Yamanote Line trains bound for 行先×2.

「次は~」は
The next station is 駅名.

「お出口は●がわです」は
The doors on the rightかleft side will open.

「~線はお乗換えです」は
Plaese change here for (the)~line (for~方面).

「足元に気をつけてください」
Watch your step when you leave the train.

「優先席をお譲りください」は
There are priority seats reserved for eldely and sickness(handicaped) passangers expectant mothers
この先はわかりません。

最後の二つは自信がありませんし、冠詞・複数形などはあいまいです。
つい先日聞いたときは優先席のハンディキャップのところはシックネスに聞こえたのですが参考URLの音声がハンディキャップなので()付きにしました

あくまでもご参考にどうぞ。

参考URL:http://www35.tok2.com/home/iwami/hassyabell/higashidensya/densya.htm,http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=753712

全部解かりませんので一部を書きます。

「この電車は~方面行き」は
This is Yamanote Line trains bound for 行先×2.

「次は~」は
The next station is 駅名.

「お出口は●がわです」は
The doors on the rightかleft side will open.

「~線はお乗換えです」は
Plaese change here for (the)~line (for~方面).

「足元に気をつけてください」
Watch your step when you leave the train.

「優先席をお譲りください」は
There are priority seats reserved for eldely and sickness(han...続きを読む

Q電車と列車の違いとは?

JR大船駅でのことです。
京浜東北線の構内放送で、「10番ホームに電車が到着します」と放送していました。ところが、向かいの横須賀線では、「8番ホームに列車が到着します」と放送しています。
注意して聞いてみると、駅員さんは電車と列車を使い分けているように思えます。
電車と列車の違いについて、教えてください。

Aベストアンサー

歴史的経緯としては、当初、電車は軌道(路面電車)、列車は鉄道に使い分けられてきました。都市部では電気車両はこの順で登場していますから、これが使い分けの根源です。
これが、国鉄の電化や都市間電化私鉄(小田急や新京阪、阪和)の登場で変化していきます。

旧国鉄では「省線」と呼ばれた区間を電車と呼んだり、「ゲタ電」(下駄履きで乗れる電車という意味で、ほぼ73系等のロングシート車運行区間です)を電車と呼んだりしています。
関西では、東海道筋の急行電車があったので、電車と呼ぶ区間は「ゲタ電」区間のみだった東京地区より広いようです。

私の子供の頃の東京だと、国鉄で電車と呼ぶのは、73系、101/103系運行区間の山手、中央線快速、中央・総武緩行、京浜東北、取手まで常磐線直流区間くらいでした(南武線や横浜線は縁がなかったので意識したことがないです)。クロスシート車の走っている東海道や横須賀線は列車です。
また、当時、電車ホームと列車ホームは高さが違いました。電車ホームは列車の床と同じ高さに造られていましたが、列車ホームは客車のステップにあわせた高さで、電車用より低かったのです。ですから、このホームがある線を走るのは列車になります。

東海道や横須賀線を列車と呼ぶのはその名残でしょうね、最近は4ドアロングシート車導入が進んでいて区別付かなくなりつつありますが。

歴史的経緯としては、当初、電車は軌道(路面電車)、列車は鉄道に使い分けられてきました。都市部では電気車両はこの順で登場していますから、これが使い分けの根源です。
これが、国鉄の電化や都市間電化私鉄(小田急や新京阪、阪和)の登場で変化していきます。

旧国鉄では「省線」と呼ばれた区間を電車と呼んだり、「ゲタ電」(下駄履きで乗れる電車という意味で、ほぼ73系等のロングシート車運行区間です)を電車と呼んだりしています。
関西では、東海道筋の急行電車があったので、電車と呼ぶ区間は「ゲタ電...続きを読む


人気Q&Aランキング