アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

コーヒーチケットを販売します。

10枚分の代金で、11枚綴りのチケットを販売します。
1杯350円のコーヒーなので、3500円になります。

この場合は、どのように仕分するのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

税法上の一般的取扱い、かつ税込経理の前提で回答します。



チケット販売時
  (借方)
    現金 3500
  (貸方)
    チケット売上 3500
    ※ 自店発行のチケット売上は消費税が不課税なので、一般の売上とは分けて計上すべき

チケット使用時(一枚使われた場合/端数切捨)
  (借方)
    チケット値引 318
    ※ 代金は受領しないので値引扱いとなるが、消費税は不課税なので一般の売上値引きとは分けて計上すべき
  (貸方)
    売上 318
    ※ 消費税が課税となる通常の取引(物品販売)



なお、会計理論としては、チケットの販売時には預り金として計上し、チケットが使われる都度売上に振り替え、一定期間経過しても使われないチケットについては雑収入に振り替えることとされています。ただしそのためには、販売したチケットの使用状況を個別に管理する必要があるので、税法上の一般的な取り扱いで処理する場合が多いと思います。
http://www.tohmatsu.com/view/ja_JP/jp/industries …

税務申告も会計理論に即して行いたい場合には、事前に税務署長の承認を得たうえで会計理論に即した経理処理を行う必要があります。この場合、未使用分を雑収入とするまでの期間は3年とされています。
http://www.cs-acctg.com/useful-kyuyo/000239.html

参考URL:https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/s …
    • good
    • 0

そのまま


コーヒーチケット 3500円
ですけどなにか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q回数券の会計処理について

例えば、前売回数券にサービスを付加し、期限付きで10枚綴りで販売した場合の会計処理ですが、

前売回数券が売却された
 現金預金 XXX /前受金 XXX
回数券が使用された
 前受金 XXX /売上 XXX
かと思っていますが、これでよいでしょうか?

もし回数券が期限を過ぎても使用されなかった場合は、
全て売上になるとしてよいでしょうか?

Aベストアンサー

法規制に関して
http://members.at.infoseek.co.jp/himi13/document/man019.htm
税法上の取扱い
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/02/02_01_06.htm
(商品引換券等の発行に係る収益の帰属の時期)
2-1-39 法人が商品の引渡し又は役務の提供(以下2-1-39において「商品の引渡し等」という。)を約した証券等(以下2-1-39において「商品引換券等」という。)を発行するとともにその対価を受領した場合における当該対価の額は、その商品引換券等を発行した日の属する事業年度の益金の額に算入する。ただし、法人が、商品引換券等(その発行に係る事業年度ごとに区分して管理するものに限る。)の発行に係る対価の額をその商品の引渡し等(商品引換券等に係る商品の引渡し等を他の者が行うこととなっている場合における当該商品引換券等と引換えにする金銭の支払を含む。以下2-1-39において同じ。)に応じてその商品の引渡し等のあった日の属する事業年度の収益に計上し、その発行に係る事業年度(適格合併、適格分割、適格現物出資又は適格事後設立(以下この章において「適格組織再編成」という。)により当該商品引換券等に係る契約の移転を受けたものである場合にあっては、当該移転をした法人の発行に係る事業年度)終了の日の翌日から3年を経過した日(同日前に有効期限が到来するものについては、その有効期限の翌日とする。)の属する事業年度終了の時において商品の引渡し等を了していない商品引換券等に係る対価の額を当該事業年度の収益に計上することにつきあらかじめ所轄税務署長(国税局の調査課所管法人にあっては、所轄国税局長)の確認を受けるとともに、その確認を受けたところにより継続して収益計上を行っている場合には、この限りでない。(

原則による場合の概算売上原価の計上について
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/02/02_02_01.htm
(商品引換券等を発行した場合の引換費用)2-2-11

以上から、sakura_10さんの方法は、例外によることとなりますので税務署に申請書等を提出してください。

法規制に関して
http://members.at.infoseek.co.jp/himi13/document/man019.htm
税法上の取扱い
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/02/02_01_06.htm
(商品引換券等の発行に係る収益の帰属の時期)
2-1-39 法人が商品の引渡し又は役務の提供(以下2-1-39において「商品の引渡し等」という。)を約した証券等(以下2-1-39において「商品引換券等」という。)を発行するとともにその対価を受領した場合における当該対価の額は、その商品引換券等を発行した日の属する...続きを読む

Qコーヒー代はどんな経費科目?

コーヒー代はどんな経費科目?でしょうか。

2人以上で仕事の商談すれば、交際費でしょうが、
1人で、仕事で使う場合は何費になるのでしょうか?

最近、会社ではなく、喫茶店などで仕事をする人が
増えておりますが、今回、特定のカフェで、月に
10回以上使用して、事務所のような感じで使用してます。

そういった場合、どんな経費科目で認められるのでしょうか?

Aベストアンサー

> コーヒー代はどんな経費科目?でしょうか。
ご質問文からは、想定されている事例が特定されて居りません。
○取引先(お客様、バイヤーなど)との打ち合わせ時に飲むコーヒー
 喫茶店に限らず飲食店・飲み屋に於いて、1箇所で使う金額が一人当たり5000円(税抜)までは「会議費」。5,000円を超える時には「交際費」だけど、コーヒーだけでこの金額は考えにくい。

○会社が社員用に購入した「お茶(又は紅茶)の葉」「ティーパック又はスティック形式のお茶(又は紅茶)」「(インスタント)コーヒー」の類は「(福利)厚生費」

○社員が勝手に買って来て飲んだ飲み物や、喫茶店を作業場にして居る際に頼んだ飲み物は、会社の経費ではない。
 それを会社の経費として処理するのであれば御社の勝手ですが、ルール作りが必要ですし、金額が張れば税務署から個人への給与として課税される可能性が考えられる。

> そういった場合、どんな経費科目で認められるのでしょうか?
誰に認めてもらうのかが不明。
・経営者や上司:あなたが判断することではない。
・税理士や会計士:会計士の勉強の際に講師に来た会計士が言っていましたが、企業がどのような勘定科目名を使うのかは自由。有価証券報告書等を作成する際に、法律等に従った表示にするだけ。
・税務署:「交際費の損金不算入」絡みを想定していると思われますが、『交際費』出計上した者だけが損金不算入ではない。勘定科目名で悩むのではなく、取引内容が交際費の範囲に該当するかどうかを適切に区分して、申告書を作成することが必要。

> コーヒー代はどんな経費科目?でしょうか。
ご質問文からは、想定されている事例が特定されて居りません。
○取引先(お客様、バイヤーなど)との打ち合わせ時に飲むコーヒー
 喫茶店に限らず飲食店・飲み屋に於いて、1箇所で使う金額が一人当たり5000円(税抜)までは「会議費」。5,000円を超える時には「交際費」だけど、コーヒーだけでこの金額は考えにくい。

○会社が社員用に購入した「お茶(又は紅茶)の葉」「ティーパック又はスティック形式のお茶(又は紅茶)」「(インスタント)コーヒー」...続きを読む

Qチケット売上は非課税?

イベント会社で経理をしています。

今回初めて野球のイベントを請負、
コンビニのチケット発行機械を使用して観戦チケットを販売しました。
チケット販売枚数の5%はコンビニの手数料として差し引きされ入金がありました。
使った宣伝広告費用支払い、残りはうちの会社の売上としてあげるのですが、
その場合、どうにかして非課税売上として売上できるのでしょうか?
売上は課税対象ですよね?
営業マンとしてはチケットを購入する時は非課税だから非課税で売上られるのでは
ないかといってきます。
ご回答おねがいします。

Aベストアンサー

自らが主催して行っているイベントですので課税売上になります。
販売した時点では不課税(前受金)となり、イベントが開催されて初めて課税売上として認識されます。
また、今回のケースでは委員会はあまり深く考えないほうが良いです。
経理上は委員会を通しているようにすれば良いだけです。
売上は手数料を引いた純額で計上するのではなく、チケットの販売代金の総額で計上してください。
手数料は手数料で計算します。
お金の動きは純額でも経理は総額にしてください。
純額だと税務上問題が生じるケースがありますので。





消費税が課税されるのは
(1)事業者が
(2)事業として
(3)対価を得て行う
(4)資産の譲渡又は役務の提供
この四つの条件が揃って初めて課税されます。

チケットが発行された時点では役務の提供を行っていませんので消費税が課税されません。

基本通達6-4-5
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shohi/06/04.htm

そしてイベントが開催されると役務提供が行われ四つの条件を満たしますので課税売上となります。

従って、会社の経理としては

【チケット販売時】
現金預金/前受金 ○○○

【イベント開催時】
前 受 金/売上高 ○○○


とすればよいと思います。

チケット販売とイベント開催が同一事業年度内に行われるようでしたら販売時点で売上計上(課税売上)してしまっても良いと思います。


営業マンがチケットを購入する時は非課税とおっしゃるかもしれませんがそれは金券ショップ等での話ではないでしょうか。
主催元から購入する場合は税込となっているはずです。

ポイントは販売した業者がそのチケットに係る役務提供を行っているかどうかです。

金券ショップ等の他社主催のイベントのチケットの転売は物品切手の譲渡となり、チケット代は非課税となります。
(正式には仕入値と売値の差額が課税売上になるのですが金券ショップ独特の処理なのでさらっと流して下さい)


御社の行っているチケット販売は、役務提供の前払金をしているのと同じで物品切手の譲渡をしているわけではありません。




できれば直接資料を持って近所の税理士さんに相談されたほうが良いと思います。
税務は非常に奥が深くて危険が多いので言葉で聞くのと書面で見るのでは全く見解が異なりますので。
(税務署に見られてまずいことが無ければ税務署へ相談に行くのが一番無難です)


ちょっと急いで書いたので文章的におかしいかもしれませんが許して下さい。
不明な点があればまた書き込みお願いします。

自らが主催して行っているイベントですので課税売上になります。
販売した時点では不課税(前受金)となり、イベントが開催されて初めて課税売上として認識されます。
また、今回のケースでは委員会はあまり深く考えないほうが良いです。
経理上は委員会を通しているようにすれば良いだけです。
売上は手数料を引いた純額で計上するのではなく、チケットの販売代金の総額で計上してください。
手数料は手数料で計算します。
お金の動きは純額でも経理は総額にしてください。
純額だと税務上問題が生じるケ...続きを読む

Q回数券売上の仕訳方法について

よろしくお願いします。
私は飲食店を営んでおります。
昨年から、固定客確保とサービス向上の一環として、「ランチ回数券」の販売と運用を開始しました。うちではランチは日替わり定食を1食500円で提供しているのですが、回数券は500円券13枚を一綴りにして5,000円で販売、会計時に現金500円か回数券1枚で支払い済みということにしています。

お陰様で回数券取扱い開始から新規常連のお客様も増え喜ばしい限りなのですが、さて年を越して確定申告の準備、となったところで、この回数券の帳簿上の取扱いに悩んでいます。

一応、毎日のジャーナルで回数券の売れた数、回数券を使って食事をしていただいた件数についての把握は可能な状態ですが、この回数券、単純に売れた日の売上高に計上して良いのか、回数券の売上及び回数券でのお食事提供を売掛・買掛金として処理しなければならないのか‥‥。

日々の会計帳簿記入と、これまでの単純な「売上高-諸経費=所得」という税務署への確定申告書の作成なら自力で可能ですがか、売掛買掛などの話になると、私は数学どころか算数アレルギー(だからという訳でもないのですが弊店のお品代は基本的にワンコイン・ワンペーパー制です)なので、もちろん簿記等の勉強をしていずれ自力で解決できるように頑張りますが、少なくとも今期については税理士さんのお力を借りるより法がないかもしれません。

そこで質問の本題ですが、

1 回数券の販売利益は販売日の売上高に単に計上していいのか
2 税理士さんに1期分の確定申告を依頼した場合の報酬の相場は?

以上になります。
申告期限にはまだ1月半の猶予がありますが、店を回しながらの申告作業ゆえ、なるべく早く問題を片付けたいと思っております。
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
私は飲食店を営んでおります。
昨年から、固定客確保とサービス向上の一環として、「ランチ回数券」の販売と運用を開始しました。うちではランチは日替わり定食を1食500円で提供しているのですが、回数券は500円券13枚を一綴りにして5,000円で販売、会計時に現金500円か回数券1枚で支払い済みということにしています。

お陰様で回数券取扱い開始から新規常連のお客様も増え喜ばしい限りなのですが、さて年を越して確定申告の準備、となったところで、この回数券の帳簿上の取扱いに悩...続きを読む

Aベストアンサー

>1 回数券の販売利益は販売日の売上高に…

ではありません。

・回数券を売った日
【現金 5,000円/前受金 5,000円】

・回数券を使われた日
【前受金 385円/売上 385円】

Q自分の店で使える商品券の販売と、商品券使用での売上の処理について

自分の店(飲食店)と系列の店舗で使える商品券を発行し、販売している場合、

・商品券販売時の仕訳と消費税について
 現金/預り金(消費税は不課税)でいいのでしょうか。
 それとも、商品券なので非課税売上ですか。

 また、もし値引きして販売した場合
 (仮に1000円の商品券を900円で販売した場合)は
 現金  900/預り金 1000
 雑損失 100
 でしょうか。

・商品券使用での売上については
 預り金(不課税)/売上(課税)でしょうか。
 それとも、売上値引きでしょうか??

・商品券に有効期限がある場合、販売したにもかかわらず
 有効期限を過ぎて使用されなかった商品券については
 有効期限が過ぎた時点で
 預り金/雑収入(非課税?)でしょうか。

・商品券に有効期限がない場合はどうしたらよいですか。

 

Aベストアンサー

仕訳についてはNo.1の方の回答が実務的です。
少し補足がありますので税法上の収益計上時期については次の国税庁
質疑応答事例を

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shohi/12/02.htm

会計処理に関しては金融庁の

http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/dai2/siryou/20080618-1/01.pdf

をご参照ください。

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q建設業の「安全協力費」の会計処理について

建設業の会計処理で、よく「安全協力費」が出てきます。これは実質は、元請けがかけている「労災」の下請け負担分ではないかと思っています。この会計処理ですが、「雑費」、「諸会費」などの通常の経費処理でいいのでしょうか?それとも「交際費」とする必要があるのでしょうか?ご教示よろしくお願いします。(消費税はいずれにしても、課税仕入と考えています。)

Aベストアンサー

こんにちは。
以下に記しますことは、私の独り言と思って下さいね。

「安全協力費」と書くと、いかにも安全のための費用と取られがちですが、実体は協力会の主催者側に確認してみないと判らないというところが真実だと思います。

確かに「安全協力費」の多くは、そこで集めた分を現場労災などの保険料に充当している場合もありますが、こちらの負担金と保険料掛金の対応関係が明確ではありませんし、最近では元請が力関係を行使して徴収を義務化し、使途は福利厚生等に充てている会もあるとのことです。
実際、主催者側に聞いてみても、明確に保険料に充てていますと答えてくれる方もいれば、保険料以外にも当該工事にかかる諸々の支払に充当していますという回答を受けたこともあります。

ですので、私が実務をしてた時は、まず関与先に処理方法を聞き、関与先の求める方法に従って処理してました。
そして、関与先自身もその内容が分からなく、元請さんなどに聞いてみてと言われた場合は関与先の同意を得た上で相手先に電話で聞き、それに基づいて処理していました。
建設会社に税務調査があった際などには、この質問を税務署員にしてみたこともありますが、その時も「協力会に確認して下さい」という回答で終わっちゃいました。


>「雑費」「諸会費」などの通常の経費処理でいいのでしょうか?それとも「交際費」とする必要があるのでしょうか?

勘定科目に関しては、「雑費」でも「諸会費」でも継続的に使用されるのであればどちらでもいいと思います。
私の場合は、主にC/Rの「雑費」で処理していました。
ただ、「交際費」ではないと思います。
「交際費」であるなら何らかの反対給付を期待できますが、「安全協力費」の多くは取られっぱなしです。
そして消費税については、相手先が明確に「内容は主に保険料」と答えられた場合は非課税、領収書等に消費税の課税対象である旨が記載されている場合や判断材料が無い場合は納税者有利に課税仕入としていました。


今後のためにも、一度協力会側に規約の確認を求められてはどうですか。
長々と記しましたが、melmelbanz様が求める回答ではなく第三者を不快にするような内容と思われましたら削除依頼をなさって下さい。
明確な基準がないことにもどかしさをおぼえる経験者の独り言でした。

こんにちは。
以下に記しますことは、私の独り言と思って下さいね。

「安全協力費」と書くと、いかにも安全のための費用と取られがちですが、実体は協力会の主催者側に確認してみないと判らないというところが真実だと思います。

確かに「安全協力費」の多くは、そこで集めた分を現場労災などの保険料に充当している場合もありますが、こちらの負担金と保険料掛金の対応関係が明確ではありませんし、最近では元請が力関係を行使して徴収を義務化し、使途は福利厚生等に充てている会もあるとのことです。
...続きを読む

Q保険金収入があったときの仕訳

おはようございます。
店舗内のガラスが割れてしまい保険会社より保険金が振込されました。

↓以下の処理をしようとしているのですが正しいでしょうか?
保険金収入は不課税処理

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
******* 修繕費  / 当座預金 *******
******* 仮払消費税/
※まだ決まってないので***
----------------------------------------------------
社内の人に聞いたら、相殺で残りは利益にと言われました。
(仮受金でとっておき修理の請求が来た際に相殺、あまりを雑種とのこと)
総額主義の原則に基づくと相殺は間違った処理だと思うのですが、それでも宜しいのでしょうか?上記の仕訳意外に処理方法などあるのでしょうか?

過去の質問等を拝見しましたが不安で質問させて頂きました。
新任で色々と行き詰っておりアドバイス頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

社内の人の言われる相殺とはどのようなことを示すのでしょうか

例えば、保険会社から 90万円を現金で受け取り、その日のうちに修理代を現金で80万円支払った場合

 1)総額主義
   現金 900,000  雑収入 900,000
   修繕費 800,000  現金 800,000

 2)純額主義
   現金 100,000  雑収入 100,000

ということはあり得ます。

でも保険金が当座預金に振り込まれ、修繕費も預金から支払えば、
特に入金日と支払日が異なる場合はなおのこと、ご質問者が書かれたように

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
800,000 修繕費  / 当座預金 800,000

のように総額主義になりますが。

Q商品券 消費税の課税区分

ディズニーランドのチケットやJCBのギフト券を得意先に贈呈しました。この場合の消費税の課税区分について質問です。チケットに関してはサービスの提供を受ける内容が限定される為課税仕入でJCBのギフト券は対価性が明確でない為非課税仕入で処理していいんでしょうか?

Aベストアンサー

物品切手等は非課税ですが、これはサービスの提供を受ける内容が限定されるかどうかは関係ありません。手許の手引書では、映画・演劇等の入場券も物品切手等に該当し非課税とされています。

Q修正申告の税金の納付の仕方について

 少し控除に誤りがあったので修正申告をしたいと思います。時間がないのでe-taxで書類を作って、郵送したいと思います。税金の納付は、税務署から納付書が送られてくるのでしょうか?

Aベストアンサー

修正申告の場合は、自分で修正にかかる増額分の納付書を作成して、金融機関の窓口で納付します。
その際、法令では「延滞税を付けて納付すべし」となってますが、一般人では延滞税額の算出は困難です。
税務署では、本税の納付があった後に延滞税が必要な場合には「延滞税の通知」を作成して納付書と共に送付してきます。

修正申告書を提出して「税務署から通知が来るだろう」として待ってると、来るのは「督促状」です。

これは修正申告書によって納付すべき税額の納付期限は修正申告書の日であり、同額は本人が納付書を作成して納付すべきものだからです。
「税務署から通知が来る」のではありません。

税務署から通知は来るのは、修正申告に係る過少申告加算税の不可決定通知書です。
ただし、自主申告による修正申告の場合には、この過少申告加算税は免除されます。

よく知らない人が、熟知してるかのように回答をするのがこのネット回答です。
ご自分で判断されるしかありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報