ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

こんにちは、

先程、同じ質問を致しましたが、私なりの回答例を記載した際に仕訳の金
額が間違っていたので、訂正をさせていただきます。
ご回答準備されている方がいらっしゃったら申し訳ございません。

下記のケースによる経理処理についてご教示お願いします。

当社の関連部署のキャンペーンで子会社販売店で使える額面500円の
クーポン券の発行を致しました。
このクーポン券使用の際には額面以下の買い物であってもお釣りは出さ
ないことになっております。
利用のあったクーポン代金は後日、本社から子会社に支払いがされます。

ここで問題なのですが、額面以上の買い物であれば問題はないのですが、
例えば1000円のクーポン券で945円の買い物をし、そのクライアントが
追加の買い物をせず、55円を放棄した場合、どのような経理処理をすれ
ばよいのか正しい経理処理を教えてほしいです。

私は以下のような仕訳のいずれかではないかと思うのですが、明確で正し
い方法があればご教示よろしくお願い致します。


回答例1・・・・クライアントが放棄した差額を雑益で計上?
    55円分は商品を販売しているわけではないので、
    売上には計上せず、代金回収時に雑益とする考え方。

※販売時
(借方)売掛金   945    (貸方)課税売上   900
                       消費税       45
※代金回収時
(借方)現預金  1000    (貸方)売掛金    945
                       不課税雑益   55



回答例2・・・・クライアントが放棄した差額も売上で計上?
    実際55円分は商品を販売しているわけではないが、
    あくまでもクーポン代金全額を売上に計上する考え方。
    ただし、課税分と不課税分に分ける経理処理

※販売時
(借方)売掛金  1000    (貸方)課税売上   900
                       不課税売上   55
                       消費税       45
※代金回収時
(借方)現預金  1000    (貸方)売掛金   1000


以上、よろしくお願い致します。
                       

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

子会社名義のクーポン券が発行され、利用・回収されたクーポン券の券面額に相当する現金が親会社から子会社に支払われる、ということだな。



そうすると、一連の取引の元となる契約、特に券面額相当額の現金が支払われるべき根拠となる契約がどうなっているのかによる。


子会社が独自に発行するクーポン券につき親会社が資金援助する、という契約なら、次のような仕訳となる。(科目は一例)
販売時
 売上値引 900 / 売上 900
 消費税   45 / 消費税 45
代金回収時
 現預金 1,000 / 不課税雑収入 1,000(なお100%子会社なら益金不算入)

親会社が自ら子会社名義でクーポン券を発行し券面額を負担する、または親会社の意思に基づき子会社が独自にクーポン券を発行するものの金銭的負担を親会社が負う、という契約なら、前回回答のような仕訳となる。


なお、1番目は通常考えられる親子間取引とは言い難い。2番目だろうと推定している。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

複数回のご回答を頂戴し、有難うございました。

ご回答頂きました仕訳の考え方が当方と一致しており、ご教授してくださいました内容を参考に処理致しました。

初心者のうえ、今後も単純な質問をさせて貰いますが、宜しくお願い致します。

お礼日時:2013/10/16 17:05

子会社から見て、別法人である親会社が無償で発行するクーポンにより商品役務を提供し、後日クーポン額面を親会社から回収する、ということかい?未使用のクーポンについては親子間で金銭のやり取りをしない、ということかい?



そうだとして、子会社の仕訳は次のようなものとなる(科目は一例)。


販売時
親会社未収金 1,000 / 課税売上 900
              / 消費税 45
              / 不課税雑益 55

代金回収時
現預金 1,000 / 親会社未収金 1,000


簡単に説明すると、売掛債権の回収はクーポンの受領により終えている。受領時に顧客が差分を放棄したのだから、そのタイミングで不課税の雑益を計上する。それと同時に、親会社に対してクーポン額面の債権が発生する。そのため、このような仕訳になる。


なお、無償クーポンについては、景表法との関係で問題になることがある。念のため親会社の社内で確認してもらってもいいかもしれない。

この回答への補足

こんにちは、

早々、迅速な回答をして下さり有難うございます。
たいへん参考になりました。

私の説明が不十分で誤解を招くような内容でしたので、1の回答者様の方に補足説明(もう少し実態に近い説明文)をさせて頂きました。

ご都合の宜しいときにご確認いただければ幸いです。
宜しくお願い致します。

補足日時:2013/10/09 11:37
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答それぞれにお礼をしていなくて申し訳ありませんでした。

たいへん勉強かつ参考になるアドバイス有難うございました。
次回もご指導の程、宜しくお願い致します。

お礼日時:2013/10/18 16:30

回答例3・・・クーポン券を発行したときはどう処理しているのですか。

仕訳は起こさないでしょうから、差額の55円を認識する必要がありません。
 また、クーポン券を「売掛金」とするのは違和感があります。「売上値引」が一般的です。

〔販売時〕
売上値引  900   売上   900
仮払消費税 45   仮受消費税 45

未収金 1,000   雑収入 1,000(不課税)

〔クーポン券の代金を受け取った時〕
現金預金 1,000  未収金 1,000

この回答への補足

迅速なご回答をして頂き誠に有難うございました。

とても参考になりました。
ご回答を頂いてから気付いたのですが、説明文が分かりにくかったように感じますので、補足をさせて貰います。

もう少し具体的に申し上げると、親会社の一部部署が他社(同じ業種の企業です)と合併(名称が相手先になるので、吸収と判断出来ると思われます)し、キャンペーンという謳い文句でその親会社の一部部署を利用したクライアントに対し、当社の商品券(クーポン券)を差し上げ、買い物をして頂こうという企画のものです。

それぞれの企業は事業年度をまたぐ事はありませんが、クーポン券の配布はH25年11月末、利用期限はH26年1月末とし、H26年1月末を以って締めを行い、利用分の代金(クーポン券×枚数分)を2月ないし3月に一括で合併先の企業が振込をしてくることが大筋の流れとなっています。

質問の主旨としては、クーポン券を使用される側の小売販売店の経理処理がイマイチ分からなくてご質問を致しました。

先の質問が中途半端でたいへん失礼しました。

補足日時:2013/10/09 11:30
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、たいへん失礼しました。

分かりにくい問合せに対し、丁寧なご回答感謝申し上げます。ありがとうございます。

実務担当者にも確認をさせ適切に処理が出来ました。
今後も何卒宜しくお願い致します。

お礼日時:2013/10/16 16:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクーポン券の会計処理方法

こちら、経理初心者です。
この度このようなケースがありましたのでご相談させて下さい。

【例えば】
コンビニなどで0円で持ち帰ることができる冊子(クーポン券)に掲載されているお店(飲食)です

お客様が10,500円(税込)の食事をしました。
(その冊子の)クーポン券を利用することによって1,000円が差引かれ、お客様から、9,500円の現金と1,000円のクーポン券を頂くことになります。

この場合の経理処理を教えて頂きたいのですが、宜しくお願い致します。

現  金 9,500円   /   売上 10,500円(課)
売上値引 1,000円(課)/

上記で宜しいのでしょうか?
それとも、掲載されるにあたって支払った広告宣伝費と相殺しても宜しいのでしょうか?
クーポン券の発行枚数は分かりません

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 前者の回答のとおりですが、私は、クーポン券の利用状況を把握しやすいように、下記の仕訳をしてます。
 現  金 9,500円 / 売上 10,500円(課)
販売促進費 1,000円(課)/
にしてます。参考になれば幸いです。

Qクーポン利用時の仕訳について

飲食店を経営しております。

某クーポンサイトのクーポンを持参すると、飲食代金からクーポン分を引いた金額を
お客様から頂き(現金又はクレジット)、
後日、そのクーポン利用額から手数料を引いた額が、クーポンサイト会社から口座に振り込まれます。

仮に、
クーポン1000円
飲食代金15000円
クーポンサイト会社の手数料5% とすると、

どのような仕訳をしたらよいでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

売上時  現金 14,000/売上 15,000
     未収金 1,000         

入金時  預金   950/未収金 1,000
     手数料   50

でいかがでしょうか。

Q割引券と消費税について

 日常使用している、理髪店がポイントを、1回につきいくらと発行しています。この度3000円分として、利用できる割引券をもらい
利用して理髪を、してきました。
通常の料金3800円*1.05=3990円
割引券を利用した時3800-3000*1.05=840円だと思っていたら990円と、いわれて990円支払ってきました。
消費税上の考え方は、どちらが正しいのか、
又どちらでもいいのかよろしくお願いします。     

Aベストアンサー

>消費税上の考え方は、どちらが正しいのか、

消費税も総額表示になりました

税込みでの考え方が一般的

単に3000円割引なら税込みでしょう

普通は券面に書かれているはずです、書かれていなければ税込みでも仕方ないでしょうね

割引券も「商品代割引」なら1050円購入で100円券などが主流です
その場合は代金から引かれるでしょう

Q自分の店で使える商品券の販売と、商品券使用での売上の処理について

自分の店(飲食店)と系列の店舗で使える商品券を発行し、販売している場合、

・商品券販売時の仕訳と消費税について
 現金/預り金(消費税は不課税)でいいのでしょうか。
 それとも、商品券なので非課税売上ですか。

 また、もし値引きして販売した場合
 (仮に1000円の商品券を900円で販売した場合)は
 現金  900/預り金 1000
 雑損失 100
 でしょうか。

・商品券使用での売上については
 預り金(不課税)/売上(課税)でしょうか。
 それとも、売上値引きでしょうか??

・商品券に有効期限がある場合、販売したにもかかわらず
 有効期限を過ぎて使用されなかった商品券については
 有効期限が過ぎた時点で
 預り金/雑収入(非課税?)でしょうか。

・商品券に有効期限がない場合はどうしたらよいですか。

 

Aベストアンサー

仕訳についてはNo.1の方の回答が実務的です。
少し補足がありますので税法上の収益計上時期については次の国税庁
質疑応答事例を

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shohi/12/02.htm

会計処理に関しては金融庁の

http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/dai2/siryou/20080618-1/01.pdf

をご参照ください。

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q割引クーポン使用時の領収書について

小売店でバイトをしています。
メンバーズカードを持っているお客様に発行される20%割引のクーポン券があるのですが、
それを利用したお客様に「割引前の金額で領収書が欲しい」と言われました。
この場合、割引前の金額で領収書を発行しても良いものなのでしょうか。
先日上記の事を言ってきたお客様がいて、分からなかったので店長に電話して聞いたら「ダメなんじゃないの」と言われ、
できないとお客様に伝えると「金券と同じなんだからできないはずがない」「お前らみたいな小娘と違って俺は商売やってるからわかるんだ」
等かなり激しくお怒りで、もう一度店長に電話したら「めんどくさいから出していいよ」と言われました。
信販会社の金券などは内訳に記入すれば金券使用前の金額を記入して良い、とは聞いていましたが
割引クーポンについては店長もよく分かっていないみたいなので、ここで質問させて貰いました。
このお客様には相当罵倒されてとても悔しい思いをし、店長が曖昧な事もあってはっきりとした回答が欲しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クーポン金額が差し引かれる前の金額の領収書は発行できません。
http://help.jalan.net/app/answers/detail/a_id/11356
たいていの会社はHPに説明がある。
割引クーポンに小さく金券としての利用不可と書かれている。

もし返品返金がおきたら、領収書の金額になってしまいます。

その人は経費をごまかして計上したいわけです。
税務署に相談していいですかといえばすっこみます。

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q個別対応方式の「課のみ」「非のみ」「共通」の見分け

経験の少ない経理担当です。

消費税が、いままでは非課税か不課税か課税の3つだったのに、
来期からは、課税の中をさらに3分割して「課のみ」「非のみ」「共通」に分けるそうです。

最終的には、税理士先生がチェックしてくれるとのことで、
わかる範囲で私にわけておいて、と言われました。
しかしネットで調べてもなんだか難しくてサッパリわかりません。

以前はどれを製造原価にしたらいいかわからない、と聞いたら
「工場で使うもの」だけとりあえず製造科目にしておいてくれたらよい、
と言われ、これは出来ました。

そういう風にわかりやすい基準はないのでしょうか。
とりあえずおおざっぱに、というくらいしか指示されないので、だいたいでいいのです。

そのだいたいすら目星がつかず、質問させて頂きました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

H25年の3月決算より売上高が5億円以上の会社は消費税の95%ルールを適用できなくなります。
御質問者さんが税理士に課税仕入を3つに区分してといわれたのはそれが原因になります。
さて、ある程度消費税の計算方法の知識がないと説明するのも難しいのですが、
この区分は(1)「課税売上対応仕入」(2)「非課税売上対応仕入」(3)「共通仕入」となります。

まずは判りやすい(2)から説明すると、
非課税売上として一般的なものは
1.土地の譲渡、貸付 2.住宅の貸付 3.受取利息などがあります。
(他は一般的ではないですが一応調べて目を通してみて下さい)
これらに直接対応する課税仕入は非課税売上対応仕入となります
例えば、貸住宅のエアコンの設置や外部への清掃費用などが該当します。
受取利息に関しては一般的には非課税売上対応仕入というものは発生しません
受取利息しか非課税売上がない会社については非課税売上対応仕入というものは発生しません

次に(1)の課税売上対応仕入ですが、課税売上にのみ対応する仕入となります。
例えば、工場の電気代、家賃、現場作業員の通勤費、原材料の仕入、外注費等あきらかに課税売上にのみ直接対応する課税仕入がこれに該当します。

厄介なのが(3)の共通仕入になります
土地や住宅の貸付等の非課税売上がない会社については非課税売上というのは普通預金
利息くらいしか無いケースというのは非常に多いです
それでもその数百円の受取利息のために仕入れを区分しなくてはいけません。

(3)に該当するものとしては、事務所の電気代、家賃、文具代、事務員の通勤費等その非課税売上を得るために少しでも影響をうけるものについてはこの区分になります。

やってみると非常に手間もかかり面倒なのですが、この消費税の区分を仕訳毎にすることを要求されています。
会社毎に区分の仕方も違うので、顧問税理士の方もこれはこの区分でという指示がまだできかねているのであろうと思います(決算のときに一気に修正をしたほうが効率がいいですからね)
ですので、利益に与える影響もそれほどはないため期中の仕訳の段階では大雑把にわけておいてくれと言う指示をされているのです

これでもまだ説明は足りないのですが、大雑把に説明するとこんな感じです。

これでもよく判らない場合は、消費税の計算の仕方と95%ルールについて調べてみて下さい

H25年の3月決算より売上高が5億円以上の会社は消費税の95%ルールを適用できなくなります。
御質問者さんが税理士に課税仕入を3つに区分してといわれたのはそれが原因になります。
さて、ある程度消費税の計算方法の知識がないと説明するのも難しいのですが、
この区分は(1)「課税売上対応仕入」(2)「非課税売上対応仕入」(3)「共通仕入」となります。

まずは判りやすい(2)から説明すると、
非課税売上として一般的なものは
1.土地の譲渡、貸付 2.住宅の貸付 3.受取利息などがあります。
(他は一般的ではない...続きを読む

Q保険金収入があったときの仕訳

おはようございます。
店舗内のガラスが割れてしまい保険会社より保険金が振込されました。

↓以下の処理をしようとしているのですが正しいでしょうか?
保険金収入は不課税処理

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
******* 修繕費  / 当座預金 *******
******* 仮払消費税/
※まだ決まってないので***
----------------------------------------------------
社内の人に聞いたら、相殺で残りは利益にと言われました。
(仮受金でとっておき修理の請求が来た際に相殺、あまりを雑種とのこと)
総額主義の原則に基づくと相殺は間違った処理だと思うのですが、それでも宜しいのでしょうか?上記の仕訳意外に処理方法などあるのでしょうか?

過去の質問等を拝見しましたが不安で質問させて頂きました。
新任で色々と行き詰っておりアドバイス頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

社内の人の言われる相殺とはどのようなことを示すのでしょうか

例えば、保険会社から 90万円を現金で受け取り、その日のうちに修理代を現金で80万円支払った場合

 1)総額主義
   現金 900,000  雑収入 900,000
   修繕費 800,000  現金 800,000

 2)純額主義
   現金 100,000  雑収入 100,000

ということはあり得ます。

でも保険金が当座預金に振り込まれ、修繕費も預金から支払えば、
特に入金日と支払日が異なる場合はなおのこと、ご質問者が書かれたように

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
800,000 修繕費  / 当座預金 800,000

のように総額主義になりますが。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報