ジャガイモのソラニンの毒性について教えてください。
どのような毒性があるのでしょうか。
どのくらい摂取すると人体にとって危険と言えるでしょうか?
簡単にでかまいません

詳しい方お願いします。

A 回答 (2件)

ソラニンはアルカロイド系の毒物です。


腹痛、頭痛、胃腸障害、意識障害を起こし、最悪の場合は死に至ります。
致死量は成人体重1kgあたり3~5mgだそうです。
(つまり体重50kgの人は150~250mg)

ジャガイモに含まれるソラニンは、1kgあたり20mg程度です。
単純計算だとイモ10kgを一度に食べると死にますね。
(中毒死するより胃袋が割けるのが早いでしょうが)
2.5kg以上を一度に食べると、何らかの中毒を起こす危険があるそうです。
ですが、ソラニンの9割が皮と芽に含まれています。
調理の際に取り除けば、まず心配する必要はないでしょう。

気を付けたいのが、光を浴びて緑に変色した皮です。
ここには通常より多くのソラニンが含まれており、
割合少量でも中毒を起こす危険があります。
国内でも年間30人程度が中毒を起こすそうです
(幸い今まで死亡した例はありません)。

参考URL:http://www.bekkoame.ne.jp/~asamak/e045.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明していただきありがとうございます。
そういわれてみると、緑色のじゃがいもを見たことがあります。
こんど気をつけて食べようと思います。

お礼日時:2001/06/11 12:14

> どのような毒性があるのでしょうか。



運動中枢神経を麻痺させる作用があります。

> どのくらい摂取すると人体にとって危険と言えるでしょうか?

致死量は、成人男性で 0.2g となってます。

詳しくは、参考URLをどうぞ。

参考URL:http://dell.umin.ac.jp/chudoku/chudokuinfo/i/i06 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変詳しい内容でとても参考になりました。

お礼日時:2001/06/11 12:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食物を生で摂取する危険性と利点

知り合いから、刺身の中から寄生虫が出てきたという話を聞いて
生の食材を食べるのにかなり恐怖を感じるようになりました。

なんとなく、野菜や果物でさえも・・・

食材はとりあえず55度以上の加熱調理をすれば、問題なく摂取できると考えてよいのでしょうか?

日本では刺身や寿司という食文化がありますが、あれは世界の食文化の中でも稀なメニューなんでしょうか? こういう料理から日本では忘れられがちですが、基本的に加熱調理が基本と食材は考えるべきでしょうか

野菜や果物は生で摂取すると考えられる危険ってありますか?

Aベストアンサー

 野菜や果物の栄養素には加熱すると壊れてしまうものも多いです。また野菜や果物につく菌はそれほど危険なものは多くありませんし、いまどき寄生虫のついたもの(昔は確かにあった)もないでしょうから、危険性はまずないと考えていいと思います。農薬も問題になるほど残留することはまずありません。一部のものを除いて、生で食べるのが栄養的には一番いいようですね。

 なお、家庭での調理で食中毒を防ぐためには「芯温度75℃で1分」加熱すること(例外はあります)といわれます。55℃だと寄生虫はともかく殺菌は不十分だと思います。

 魚の寄生虫については、たとえば鮭やサバ、イカなどで一番有名(?)なアニサキスは、漁場や魚種によっては寄生している率が100%になることもあるといいます。別段珍しいものではなく、ごく普通にいるわけです。
 日本人はそうした中、独自と言ってもいい魚の生食文化を築いてきました。確かにアニサキスに当たる人は年に何人(おそらく10人程度)もいますが、確率としては極めて小さいですし、死ぬ人はいません。
 魚の生食にはそれを看過するだけの利点があると考えていいと思いますよ。あんまり心配しすぎると食卓が貧しくなってしまいます。

 野菜や果物の栄養素には加熱すると壊れてしまうものも多いです。また野菜や果物につく菌はそれほど危険なものは多くありませんし、いまどき寄生虫のついたもの(昔は確かにあった)もないでしょうから、危険性はまずないと考えていいと思います。農薬も問題になるほど残留することはまずありません。一部のものを除いて、生で食べるのが栄養的には一番いいようですね。

 なお、家庭での調理で食中毒を防ぐためには「芯温度75℃で1分」加熱すること(例外はあります)といわれます。55℃だと寄生虫はとも...続きを読む

Q危険性が疑われていない合成着色料、危険性が疑われている天然着色料を教えて下さい

合成=危険、天然=安全という安易な発想が有るように思います。
実際、天然着色料であるコチニールに危険性の疑いがあるという声もあります。
反証として、危険性が疑われていない合成着色料、危険性が疑われている天然着色料を教えて下さい。

合成か天然かに関わらず、量を過剰にとらない限りは安全であると考えています。

Aベストアンサー

>雰囲気として天然を選ぶべきという感じになるようです。
 科学の世界では、「天然のものは安心」という推論に対して、たったひとつの反証、たとえば『ヒトの経口摂取による致死量は2-3mgで、経口摂取では青酸カリの850倍の毒性を持つ。』を示せばよいのですがね。
 ですから、このレベルの判断しかできない相手に「天然物質にも有毒なものがある」「合成物質は純粋で有毒物を含まない」なんて、まっとうな議論を挑んでも無理です。

 問題なのは、「化学物質」という言葉の持つ響きでしょう。
 それで私は、DHMOの話をします。
DHMO (Dihydrogen Monoxide) に反対しよう
http://www.komazawa-u.ac.jp/~kazov/Nis/etc/DHMO.html

 科学が身についていない人には、そもそも客観的にいくら説明しても無理なのです。それを{理科教育問題}といいます。
 逆に、科学を知らない人は、とっても「科学的言葉」に弱いのです。知らないから、逆に畏怖の念があり信じてしまう。DHMOの怖さを

Qジャガイモの芽

昔からジャガイモの芽には毒があるから食べてはいけない,
良く芽をとってから調理しなさいと言われていませんでしたか?
今日昼食時にその話題が出て,みんな知っていたんですが,その中の一人が
「ジャガイモの芽を食べて死んだお年寄りの話をニュースでみた」といっていました。

本当に毒があるんですか?
どれくらい食べたら危険なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本当です。
詳しくは参考URLの「毒性」をご覧ください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8C%E3%81%84%E3%82%82

Qピリッとするジャガイモ

時々ピリピリする味のジャガイモがあります。
外側が緑のが多いようですが、その緑の所を深めに切り取れば、ピリピリはなくなりますか?

Aベストアンサー

ごめんなさい。うまく送信されなかったと勘違いして、同じものをふたつも入れてしまいました。
スーパーで、値段を下げて売っているものの中には、緑色のものや、芽が出かかっているのも混じっていたりします。
お互いに、気をつけましょう。

Q間引き菜の毒性

家庭菜園でからし菜、水菜、春菊が15センチほどになったのを間引いて食べています。生で食べるとおいしいのですが、毒性はないのか気になってきました。食べているのは本葉より上だけなのですが大丈夫でしょうか。

Aベストアンサー

家庭菜園の野菜なら安全だとおもいます。なぜ間引き菜を食べてはいけないという理由は播種するときにアブラムシ、コナガ、キスジノミハムシ、ネキリムシとうの食害を防ぐため有機リン剤、やその他の薬剤で害虫を防ぐため粒剤が散布されます粒剤は比較的長く残留します。そのため収穫前の使用禁止期間が長いです。播種してから間引き菜食べる期間では農薬が残留している危険があるため農薬の使用説明書には間引き菜は食用にしないよう書いてあります。播種時に使用する農薬は毒性の強いものが多くほとんどが医薬用外毒物、や医薬用外劇物に指定されています。
生産用の種子のほとんどが種子伝染性の病害を防ぐため薬剤処理されていますからスプラウトには使用できません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報