【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

キーエンスKV-3000について質問です。
PLCを扱ってまだ間もない初心者です。
とても初歩的な質問で申し訳ないのですが、どなたかご教授ください。

KV-3000の基本仕様として、入力リレー(R)出力リレー(R)内部補助リレー(R)の合計点数が16000点 1ビットと取扱い説明書に記載されています。
しかし、取説を読んでいると入力として使えるのはR000~R015までの16点のみとのことです。出力に関しても同様で、R500~R507までの8点のみとのことです。
これってどういうことなのでしょうか?
結局のところ入力として使えるのは16000点のうち16点だけで出力は8点だけってことで、そのほかは内部補助リレーとしてしか使えませんということですか?
それなら、なぜわざわざ合計16000点なんて書き方をするのか??

あと、1点質問追加ですが、
内部補助リレーRと内部補助リレーMRが用意されているのですが、それぞれの違いや使い分け方など具体的にあればご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>それ以外の15976点は内部リレーとしてしか使えないと。


>そういうことで間違いありませんか?

CPUユニット単体だけで使うならその通りです

ただ、KV3000をCPUユニット単体で使う事はほとんど有り得ない
普通はI/Oユニットを接続して使います
http://www.keyence.co.jp/seigyo/kv_special/unit/ …


コッチならCPU単体でもそれなりのI/O点数があります
http://www.keyence.co.jp/seigyo/p_plc/kv_nano/me …
更に増設I/Oユニットもあります
http://www.keyence.co.jp/seigyo/p_plc/kv_nano/me …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういうことなんですね。
CPU単体で足りない部分については入力専用のユニットと出力専用のユニットを買ってきてつなげれば、
外部からの(外部への)入力(出力)を増やすことができると、そういうことですね。

だったら、説明書に最初からそう書いてくれればわかりやすいですのにね。
合計16000点とか書かれると訳がわからなくなってしまいますよね。

基本的なことでしたが内容理解できました。ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/11 09:34

機械を動かす為にPLCを新規購入されているのですよね? 新規購入であれば営業担当者を呼ぶ (すぐ来てくれますよ)  



以前からどなたかがプログラムを組んだりしていたのなら 近くのキーエンスに電話をすれば必ず納得いけるまで 教えてくれるでしょう。

通常分かっている方が 全くの素人(失礼いたしますが)に理解してもらうにはとりあえず営業と連絡を取れば分かります

私 は  富士電機  キーエンス 三菱電機 OMRON を今何とか使い分けていますが マニュアルが理解できないときには 即 技術相談窓口に電話して聞きます。

現在携帯でもかけ放題を使っていますが ほとんどがフリーダイアル対応なので 時間がかかっても金銭の負担無く相談できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそれが一番早いですかね。

お礼日時:2014/11/10 10:31

http://www.keyence.co.jp/seigyo/kv_special/
KV3000の写真をよーーーく見ましょう
CPUユニット右側に40ピンコネクタが見えますね
詳細はマニュアル
KV5000/3000ユーザーズマニュアル084220
41/566ページ
各部の名称と機能 KV3000
 (5)入出力コネクタ

44/566ページ
R000~R009(汎用入力 10点)
R010~R013(高速A相/B相入力 2ch 計4点)
47/566ページ
出力仕様 R500~R503(高速出力 4点)

残りは入出力ユニットを必要なだけ追加します
接点入出力だけでなくアナログやサーボ位置決めユニット等あります
74/566ページ
拡張入出力ユニット


383/566ページ
ビットデバイス
入力/出力リレー R



>内部補助リレーRと内部補助リレーMRが用意されているのですが

KVシリーズ命令語リファレンスマニュアル084274
25/894ページ
ビットデバイス
入出力リレー(R1000 ~R999153)
外部機器からON/OFFの情報を取り込む
外部機器へON/OFF情報を送り出す
CPU 内部と拡張ユニットで使用できる


内部補助リレーMR000 ~ MR99915 16000点
CPU 内部でのみ使用できるデバイス



初心者に良くある質問に
「マニュアルの何処を読めば良いのですか?」

答え
「全マニュアルの全ページを百回以上読み返して暗唱するベシ」

読まねばならないマニュアルは
ユーザーズマニュアルの2ページ
KV-5500/5000/3000シリーズ関連マニュアル
ここにあるリストのマニュアルを全部ダウンロードして暗唱するベシ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
結局のところ、外部からの入力としては16点で、外部への出力は8点ということですよね?
それ以外の15976点は内部リレーとしてしか使えないと。
そういうことで間違いありませんか?

お礼日時:2014/11/10 11:00

混乱してますね。



仕様を見ると、たしかにビットデバイスの入力リレー出力リレーが16000点となっています。
これはビットデバイスです。

ここで頭冷やしてもらわないといけないので、別のところ見てください。
ワードデバイスの欄にデータメモリが65536点16ビットとなっています。

まさか、65536のうち16しか使えないのですか、と思いますか。
16ビットというのはデータバスで0番地から65535番地までの65536アドレスを指させるということですね。

自分で考えてみてください。

出力仕様の欄に、「R00500~R00503(高速出力4点)」「R00504~R00507(汎用出力4点)」とあって、これが合計8点ですね。
高速出力が100KHzで、汎用出力が10KHZです。
出力は8点1コモンです。
入力は同じような話でめんどくさいけど、定格電圧が違います。

自分でよく考えてみてください。

MRとRはどう違うか? それぞれのオリジナルスペルを考えたらわかるじゃないですか。
MRはMagnetic Relay です。電磁開閉するリレーですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ですが正直、おっしゃっている意味がよくわかりませんので追加で質問させていただきます。
16000点というのがビットデバイスであることと、次に記載いただいているワードデバイスの内容についてどういう関係があるのですか?

ビットデバイスが16000点であるということはまとめるとどういうことなんですか?
入力R000~R015まで16点
出力R500~R507まで8点
残り15976点は内部補助リレー

ということですか?

>16ビットというのはデータバスで0番地から65535番地までの65536アドレスを指させるということですね。
これについては理解できます。

これがビットデバイスの件と何の関係があるのでしょうか?

お礼日時:2014/11/10 10:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPLCの命令語の使い方について

PLCのラダープログラムを勉強し始めたところの初心者です。

各種PLCには様々な命令語が用意されています。(基本命令、応用命令、演算命令など)
これらの基本命令について、個々の動作については取扱説明書を読めば理解できますが、
実際にこれらの命令を使って装置のプログラムを書くときに、何をどう使うことが有効なのか?
この辺りがよくわかりません。

たとえば、データシフト命令について、内部レジスタを右にシフトしたり左にシフトしたり。
そういうことができるのはわかりますが、じゃあそれを使ったら装置ではどんなことができるのでしょうか?

データ転送命令などもよくわかりません。MOV命令でデータをレジスタに格納できることはわかりましたが、これが何の役に立つのやら…

全くの初歩的な質問で申し訳ないですが、取扱説明書を隅々まで読んでいますが、命令語の基本的な機能については紹介してくれていますが、実世界での使い方については全くと言っていいほど触れられていません。

どんな時に、こうした命令語が有効なのか?具体的な例を教えていただければ幸いです。

また、そうした具体例をまとめたようなサイトがあれば併せてご教授いただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。

PLCのラダープログラムを勉強し始めたところの初心者です。

各種PLCには様々な命令語が用意されています。(基本命令、応用命令、演算命令など)
これらの基本命令について、個々の動作については取扱説明書を読めば理解できますが、
実際にこれらの命令を使って装置のプログラムを書くときに、何をどう使うことが有効なのか?
この辺りがよくわかりません。

たとえば、データシフト命令について、内部レジスタを右にシフトしたり左にシフトしたり。
そういうことができるのはわかりますが、じゃあそれを使ったら...続きを読む

Aベストアンサー

機械語命令って、人体に例えると「筋肉1つ1つに、脳から緊張、弛緩の命令を出す」のと似ています。

脳から「緊張しろ」とか「弛緩しろ」とか闇雲に命令しても、コップ1つ持ち上げる事はできません。想定外の筋肉が予想外の動きをするだけです。

「どこの筋肉を、どのタイミングで、どう緊張または弛緩させるか」が理解できていないと、コップを持ち上げる事は出来ません。

しかも、コップの中身をこぼさないようにする為には、手応え、視覚からの情報など、フィードバックが必要です。

フィードバック無しで闇雲にコップを持ち上げたら、持ち上がってもコップが傾いて中身がこぼれてしまいますし、コップが紙コップなら、中身が入ったまま握りつぶしてしまうかも知れません。

「視覚からの情報を処理する場合」は「網膜が受けた刺激」を、どこか、脳細胞の記憶野に移して「一時的に保存」しないといけません。

じゃないと「網膜が受けた刺激」は、何処にも留まらず、神経細胞の興奮が収まったら「忘れ去られて」しまいます。

視覚情報(網膜が受けた刺激)をどっかに保存するには、転送命令でデータをレジスタに入れるのと同様の「転送して保存」が必要。

コンピューターも同様で「転送して保存」が必要なので「転送命令」があります。

「筋肉を今の半分動かす」には「どれだけ動いたかを、感覚的に2で割って」と言う「演算」が必要。

「筋肉を今の2倍動かす」には「どれだけ動いたかを、感覚的に2倍して」と言う「演算」が必要。

内部レジスタを右にシフトすれば「2で割ったのと同じ」になります。

内部レジスタを左にシフトすれば「2倍したのと同じ」になります。

つまり「シフト命令で、2倍したり、半分にしたり」が可能になる訳です。

以上を踏まえて。

「2倍」を2回やれば「4倍」も出来ます。

元の「1倍」のデータをどっかに転送して取っておいて、4倍したのと足し算すると「5倍」も出来ます。

5倍したのを更に2倍すれば「10倍」になります。

「10倍」が可能になれば「10進数演算」が可能になります。

2つの入力ポートから「2」と「6」を受け取り、2を10倍して20にしてから、もう一方の6を足せば「26」を求められます。

すると「2つの入力ポートを、十進数2桁の入力ポートとして使う」って事が可能になります。

こうやって「ミクロ的な1つ1つの動作」を大量に組み合わせて「1つの大きな動作」をさせる訳です。

それが「機械語プログラミング」です。

なので「1つ1つのバラバラな動作を組み合わせて、全体として何をさせるか」が重要になります。

全体が見えていないと「何をどうしたらいいんだ」って話になっちゃいます。

機械語命令って、人体に例えると「筋肉1つ1つに、脳から緊張、弛緩の命令を出す」のと似ています。

脳から「緊張しろ」とか「弛緩しろ」とか闇雲に命令しても、コップ1つ持ち上げる事はできません。想定外の筋肉が予想外の動きをするだけです。

「どこの筋肉を、どのタイミングで、どう緊張または弛緩させるか」が理解できていないと、コップを持ち上げる事は出来ません。

しかも、コップの中身をこぼさないようにする為には、手応え、視覚からの情報など、フィードバックが必要です。

フィードバック無し...続きを読む

QPLCとPCの通信

PLC経験者ですが、VBはまったくの初心者です。
"VB上のボタンが押されたらPLCのデータメモリに10を格納する"
というプログラムを作るには、どうすればよいのでしょうか?

PLCはキーエンスKV5000でイーサネットで通信しようと考えています。
VBの参考書にPLCのことは一言も書いてないので、
何か専用の関数、命令語があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>VBの参考書にPLCのことは一言も書いてないので、
>何か専用の関数、命令語があるのでしょうか?
PLCメーカーが、開発言語用にコンポーネント(API)の提供を行っていない限り、専用の関数というものはありません。

プログラムとして「相手が何か」というのは一切関係ないのです。
「相手と通信するためのI/Fとプロトコル」に合わせるということが重要で、実装が必要な部分になります。
まず、質問者さんが行わなければいけないのは、
>"VB上のボタンが押されたらPLCのデータメモリに10を格納する"
から
・GUIの作成

>イーサネットで通信しようと考えています。
から、
・PLCのプロトコルの確認
・VBでのイーサネット通信の実装
を行う必要があります。

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qラダープログラミングのマスターコントロールについて

私は、PLC制御・ラダープログラミング初心者です。

現在キーエンスのKV-Studioにてラダープログラムの勉強中なのですが、
三菱シーケンサーに備わっている機能でマスターコントロールというものがありますよね?
これと同じような機能を持ったものがキーエンスのPLCにも存在するのでしょうか?
キーエンスのPLCはKV-3000を使用することを想定してプログラムを書いています。

やりたいことは、工程1開始→工程1完了→工程2開始→工程2完了→・・・と
(ステップ制御?)いう動作を行う上で、各工程において運転準備のリレーがOFFしたら動作が停止するという動作です。
これを行う上で、マスターコントロールを使うと簡単との記載がされた資料があるのですが、その資料中で使用されているPLCは三菱製でキーエンスではありませんでした。
キーエンスのマニュアルを調べてみたのですが、見当たらなかったように思います。

もし、キーエンスにこのような機能が備わっていないのであれば、上記の目的の動作を果たすためには、どういった制御を行ってやればいいのでしょうか。

どなたか詳しい方ご教授ください。

私は、PLC制御・ラダープログラミング初心者です。

現在キーエンスのKV-Studioにてラダープログラムの勉強中なのですが、
三菱シーケンサーに備わっている機能でマスターコントロールというものがありますよね?
これと同じような機能を持ったものがキーエンスのPLCにも存在するのでしょうか?
キーエンスのPLCはKV-3000を使用することを想定してプログラムを書いています。

やりたいことは、工程1開始→工程1完了→工程2開始→工程2完了→・・・と
(ステップ制御?)いう動作を行う上で、各工程において運転準備のリ...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.keyence.co.jp/seigyo/#1
KV-5500/5000/3000/1000シリーズ
命令語リファレンスマニュアル(共通命令編)
162/894ページ

キーエンスでもやっぱりマスターコントロール「MC」

その他、ジャンプ、サブルーチンコール
FOR-NEXTもちゃんとあります


>やりたいことは、工程1開始→工程1完了→工程2開始→工程2完了→・・・と
本件は実プラントの制御なのか?
それともただ単なる学習なのか?
で、回答も変わってくるのですが

実プラントなら現在導入されてる設備のプログラムの基本パターンに合わせるのが原則
多くの会社ではPLCプログラムだけでなく設備基準と言うのが有って
制御回路(ハード回路)とPLCラダーもセットで標準回路化されてる
そうでないと保全課員が困るから

基本原則は保全課員が理解出来る回路にする事
機械が故障するのは土日夜間盆正月が多い
平日昼間に都合よく壊れてくれない

会社に拠ってはMCもJMPもCALLも禁止
単純ラダーのみで応用命令禁止と言う事例は少なく無い
プログラムステップが多少長くなろうとも
プログラムが読み易いのが最優先

初心者が勝手に作ったMCやJMPほど迷惑なものは無い
それなりのベテランが練りに練ってやっと使い物なる

機械は原点からしかスタートしないとは限らないから
自動運転途中に異常停止してからの復帰、再スタート
それらを考慮したMCを使う
MCとは簡単なようで実はかなり難しい

http://www.keyence.co.jp/seigyo/#1
KV-5500/5000/3000/1000シリーズ
命令語リファレンスマニュアル(共通命令編)
162/894ページ

キーエンスでもやっぱりマスターコントロール「MC」

その他、ジャンプ、サブルーチンコール
FOR-NEXTもちゃんとあります


>やりたいことは、工程1開始→工程1完了→工程2開始→工程2完了→・・・と
本件は実プラントの制御なのか?
それともただ単なる学習なのか?
で、回答も変わってくるのですが

実プラントなら現在導入されてる設備のプログラムの基本パター...続きを読む

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Qブレーカーの定格遮断容量について

カテゴリが違っていたら、申し訳ありません。
ブレーカーの仕様に定格電流と定格遮断容量とありますが、違いや意味を教えてください。定格電流は、その電流値を超えた場合にトリップするものだとは認識しているのですが。遮断容量は大きいほうがいいのでしょうか?詳しい説明をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に225Aの電流を流したとしても遮断器はOFF動作しません。
しかし、アメリカ製の250AF/225AT(フレームという概念についての説明は、割愛します)の遮断器に225Aの電流を流すと遮断器はOFF動作を起こします。
これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。
この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで(一般に数千回~数十万回)は、操作が可能である値という意味もあります。

一方、遮断容量は、その遮断器が、流れている電流を遮断できる最大の容量を表していると思います。
一般的に電気的な容量とは、電圧×電流×時間で表されます。これは、エネルギーの容量を表し、遮断容量の場合も同じです。よって、容量であるにも関わらず電流値であると捉えらえることは間違いだと思います。
しかし、現実には、遮断容量が、電流値で表されていることが多いのも事実です。
その理由は、日本の(多分全世界でそうだと思いますが?)電源事情が、定電圧送電方式となっているからです。即ち、電圧の項は、定数として扱えるため、変数となる電流値で表せば事実上問題がないのと、実用上合理的となるからだと思います。
実際の遮断器に書かれている、遮断容量の記載を見ると判るのですが、使う電圧によって遮断できる電流値が変わります。これは、遮断容量が変わるのではなく、遮断容量は同じであるため、遮断できる電流値が変わることを意味しています。
同じ型の遮断器を異なる電圧で使用する場合など勘違いし易いので、注意が必要です。また、動作時間が変更できる機能がある場合も遮断できる電流値は変わってきますので注意のほど。
電流を遮断すると言うことは、アーク電流によるエネルギー放出(一般的に、熱、音、光の形で放出される)を、遮断器構部分で絶えうる必要があります。
定格以上の容量を遮断しようとすると熱により接点が溶着したり、溶断してしまうことがあるようです。

最後に、遮断容量の大きいものの方が良いのかどうかと言う点については、必要な遮断容量が確保されていらば、最小値でかまわないと思います。
皆さんもご指摘している通り、遮断容量が大きくなると、値段、寸法、納期(受注生産品になったり)が大きく(高く、長く)なります。
必要な容量とは、その回路に流れる最大の電流値(容量を電流値で表した場合)で決まります。一般的に、最大電流値となるのは、短絡時となります。
ただし、エネルギーの供給源は、電源だけとは、限りません。例えば、三相誘導電動機が接続されていると電動機の運動エネルギーがエネルギー供給源となり数サイクルの間電源となりますので注意が必要です。
さらに、定格電流を超える電流値を、遮断した場合は、メーカーの保証動作回数までの動作が保証されるわけではありません。
短絡電流の遮断については、動作特性をよく調べて使用してください。経済性を無視すれば、一度短絡電流を遮断した遮断器は、交換すべきだという人もいます。

以上、だらだらと述べましたが、少しでも参考になればと思います。

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に...続きを読む

Q三菱製PLC:ファイルレジスタ(R)の使い方

現在他人が作ったシーケンサを読んでいます。
その中でファイルレジスタ(R)というものを使用しているのですが
それが、どういうものかというのは「QnUCPUユーザーズマニュアル(機能解説・プログラム基礎編)」
をよんでなんとなく分かりましたが、基本的な使い方がよく分かりません。

たとえば、Rの値を読み出す命令はあるのですが
  例) [* K6000 R480 D560]
     6000とR480の中身を乗算してD560へ格納

プログラムの何処を見渡してもRの値を出力、または値を定義している命令がみあたりません。
実態は何処にあるのでしょうか?
もしくは自動で振り当てられるのでしょうか?


**装置の構成としては**
三菱のQシリーズのCPUユニット(Q03UDECPU)を使用し
その他インテリジェント機能ユニットなども多数使用しています。
ちなみに「QnUCPUユーザーズマニュアル(機能解説・プログラム基礎編)」
を読んでも分かりませんでした。。。

初心者で申し訳ありませんがどなたかご教授をお願い致します。

Aベストアンサー

ファイルレジスタ自体はDレジスタと同じ機能です
Dレジスタとなんら変わることは有りません
ただ、パラメータ設定で容量を可変出来るだけです

>プログラムの何処を見渡してもRの値を出力、または値を定義している命令がみあたりません。
恐らくですが
BMOVやFMOV等でのブロック転送(複数レジスタを一括転送する)であろうと思う
---[BMOV D1000 R400 K100]

もしくはインデックスレジスタZ
---[MOV D1000 R400Z0 ]

さもなくばタッチパネルや上位パソコンからの入力

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む

Qシーケンサーとパソコンの接続

シーケンサーからのデータ例えば、生産量のデータをパソコンで読み取りC++等でデータ処理を行いたいと考えております。
接続の方法を教えて下さい。またどんな勉強をしたらいいのでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

シーケンサメーカーの純正ソフト・ハードを使う方法と、3rdパーティーの製品を使う方法の2通りがあります。
3rdパーティー製品は複数メーカへの対応も可能です。

キーエンス
http://www.keyence.co.jp/req/info/ac0014/show.jsp?done=/seigyo/index.jsp&motive=HP1

Melsec
SW1D5F-OLEX形Excel通信支援ツール
http://wwwf3.mitsubishielectric.co.jp/members/o_manual/plc/ib68998/ib68998a.pdf


シーケンサは基本的に数msの一定周期で順序動作をさせるものなので、データの取り扱いは苦手です。一方PCは割り込み処理などがないかぎりデータの読み取りは一定間隔で行うことが出来ません。たとえばある製品の重量を測定したとき、シーケンサの測定されたデータは、PCが読み取るまで保管していないとまずいことになります。

圧力などのトレンドを記録し、表示するような目的でデータを垂れ流すだけでよければ、データが多少抜けても問題ないですが。このあたりの設計が問題になります。

方法として、シーケンサ側からDIOしたデータをPC側でキャプチャする方法、シーケンサに通信ユニットやWebサーバー化するユニットを設けて、RS232CやEthernetでPCと通信する方法、シーケンサにデータ処理用のプロセッサを載せてシーケンサのBUS上に流れるデータを吸い取り、データ処理プロセッサとPCとをLANなどで接続する方法などがあります。

上記の方法は、取り扱うデータの量が小さい順から大きいに並べた感じです。

http://www.disec.co.jp/japan/usdata/fl-driver-mel.html

http://www.ryodensya.co.jp/Seihin/Seihin_2005_06_30_MELSEC-Q.htm

http://www.mcr.co.jp/product/ez/ezparts/index.htm

http://www.takebishi.co.jp/product/info/02/02/index.html

http://www.tsubakimoto.jp/product/detail.html?code=250_2_1_1_1

メーカー等が提供するミドルウエアを使用すれば、その使い方だけ覚えればエクセルにデータを取り込んだり、Webサーバーとして動作させてホームページのようにデータを表示させたりすることが簡単に出来ます。(Cやスクリプトを作らなくても)

商社さんに問合せれば、デモ機を貸してくれたり、講習会などをやってくれるかもしれません。

こちらは三菱のEラーニングのページです。Ether接続のコースもあるようです。
http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/fair/eln/eln_top.htm


勉強方法
シーケンサは主に自動車業界のニーズで進展してきました。一般製造業でやりたいと思っていることはたいてい実現できています。(その開発に投じた労力を回収するためにソフトとして外販している感じです)
したがって出来合いのソリューションは高価ですが開発の手間ひまをかけるよりは割安と思います。
むしろエクセルのスクリプトなどに注力してデータをどう取り扱うのか(これは業界ごとに違うので)からまず勉強されるほうがよいと思います。
いずれにしろ現物で試行錯誤するのが早道です。

シーケンサメーカーの純正ソフト・ハードを使う方法と、3rdパーティーの製品を使う方法の2通りがあります。
3rdパーティー製品は複数メーカへの対応も可能です。

キーエンス
http://www.keyence.co.jp/req/info/ac0014/show.jsp?done=/seigyo/index.jsp&motive=HP1

Melsec
SW1D5F-OLEX形Excel通信支援ツール
http://wwwf3.mitsubishielectric.co.jp/members/o_manual/plc/ib68998/ib68998a.pdf


シーケンサは基本的に数msの一定周期で順序動作をさせるものなので、データの取り扱い...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング