ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

私は将来様々な視点から考えた建物を創造する建築士になりたいです。
興味を持ったきっかけは、両親が新築を建てたことでした。図面と模型に興味を持った私に対し、建築士の方が人々のために空間をデザインしそれが形になる建築士という職業の素晴らしさを教えてくれました。その時の建築士の方の情熱をみて強い憧れを抱きました。そして、興味を持つことにより、建築物に注意がいく機会が増え、また自身で調べていくにつれ、芸術的観点だけではなく、その建物の目的や安全面などその他にも多くのことを考えなければならないことを知りました。それ故に、広く深い知識を持たなければならない、大変根気のいる職業だと考えました。しかし、同時にそれだけ自身の職業に情熱をかけられることは幸せなことだと思いやりがいにもなると考え、建築士になることを決意しました。その思いをより強くした出来事は、ヨーロッパへの留学でした。多彩な建築様式、中世時代の景観がのこる町並み等、それらはどれも崇高で美しく感動を覚えました。また、そこで建築を学んでいる学生たちとも知り合い語り合うことによって、彼らが建築について話している姿に心惹かれると同時に、自身の建築士になりたいという思いもより強いものとなりました。 貴校では、実力主義を唱っていることから、自身に確実な実力がつくと思い志望させていただきました。また、素晴らしい経歴を持つ教師の方々、授業カリキュラムにも魅力を感じました。他にも、第二部ということもあり様々な年齢層や境遇の人々がいることで、自身の人間的成長にもつながると考えました。
貴校に入学した後には、常に目標を形成しそれを見失わず勉学に励み、高い知識ー技術をみにつけた情熱を持った建築士になりたいです。

添削お願いいたします。
かなり要点をまとめて書いたのですが、もっと具体的に書いたほうがいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

元塾講師です。



 あなたの文章を見て感じたことは「感想文であって論文ではない」というものです。
 確かに、志望理由書は評論文でもなければ小論文でもありません。しかし、志望理由書は採点官が「自分はしっかりと物事を考えられ、またそれを書面で表現できる」という視点で見ていることも事実です。大学入学後に、レポートや卒論を書くにあたって、こうした「しっかりした文章」の書き方ができるか・できそうかを見ています。あなたの文章は、「あなた自身の思いは存分に込められているが、それを読む人のことを考えての文にはなっていない(考えて文章を構成・書いていない)」形になっています。「やる気(モチベーション)は感じられるが、学業・業務遂行能力に疑問符がつく」というのが採点官の印象でしょう。次の段落は私がそのように感じた理由を書きます。


 建築家の人が、建築の素晴らしさを教えてくれたのはいいですが、それが「どのようなアドバイスで、それを聞いてあなたがどう感じたか」がありません。あなたの頭の中にはあるかもしれませんが、読んでいる人には分かりませんし、読む側に(書かないという不足が原因の)補足をさせることは、書き手として「情報をしっかりと入れられない」と判断されます。小説などはわざと情報を入れないことによって、読み手に想像させるスペースを作り、多くの人の満足を引き出しますが、志望理由書では一切不要です。他にも「ヨーロッパ」とありますが、具体的な国名や地域を書くべきです。志望理由書であえて抽象的な言葉を使い、面接で細かい内容を話すことを考える人がいますが、「ヨーロッパ→国名」のところはそれをしても無意味であり(面接官がそこを細かく聞きたいわけではありませんし)、最初の段階で書かない時点で「書く能力の不足」と判断される確率の方が高いです。
 さらに、文章の最初に「さまざまな~」とありますが、その様々である理由が建築家の話で納得できるものでもありませんし、大学自体にそうした特徴があることも書かれていません。仮に最初がその志望理由書の主題であるとすれば、下の内容はその主題に対する説明でもなければ具体例・理由でもありません。そうしたことから、私は「主題以外のところは自分の思ったことを書いているだけ」と判断しました。

 「相手に補足させる(想像させる)」という意味が分かりにくいかもしれないので、ひとつ例を挙げます。
今回、あなたの文に書かれている「両親が新築を建て~」とありますが、犬の小屋の設計に建築士を使うとはさぞ大金持ちなんでしょうね。また「中古を建てる」という表現がおかしいことから、「新築を建てる→家を建てる」という表現で十分です。新築に住んでいることを自慢したければいいですが、それだけでも「考えて書いていない感丸出し」です。

 何かこの文章で分からないことがあればお礼にでもお書きください。再度回答させていただきます。またそのために質問がある場合にはすぐに締め切らないでください。
ご参考までに
 

この回答への補足

ご指摘ありがとうございます。
最初に書いた際はもっと具体的にそれこそ建築士の方の言葉なども入れていたのですが
それだと字数的に収まらなくなったので自身で添削し、このような形になりました
それでもどこかを省いて、より具体的に書いたほうがいいのでしょうか?
また、ヨーロッパの指摘ですが、何ヵ国かに行ったのでまとめてヨーロッパという書き方をいたしました。また、なかには日本ではあまりメジャーではない所にいったので
ヨーロッパという表現のほうが適切かと思いそうしました。
何ヵ国かの具体的な名前を明記したほうがよいですか?

補足日時:2014/11/20 13:38
    • good
    • 3

NO4の元塾講師です。



意匠設計と構造設計特に耐震設計…
 こうした興味がある内容は必ず書くべきです。今回は他の方の回答、それに対するお礼も踏まえて書きます。

 上にあるような細かない志望理由はしっかりと書くべきですが、注意点があります。それは「その内容が大学のアピールポイントである」ということです。本来大学というのは、「私は○○になりたい。それを実現するために最適な大学として△大学に行きたい」と、将来の夢があってその達成のために大学が存在しているのが受験生としてあるべき姿です。これが一致していないと面接などで「あなたは○○になりたいようだけど、なぜ×大学ではなくうちなんだい?」と突っ込まれます。
 大学としては、あまたいる受験生の中から自分たちに一番適した人材が欲しいわけであり、受験生もまたあまたある大学から自分のベストの大学に出願しているはずです(特に推薦やAOでは)。そのため合格する人は「自分にあった大学を選んできた人」であり、大学側も「受験生の中から自分たちに合う人材だけを合格させる」のが受験です。また「他の大学に適する人材=うちには適さない」と判断し、他の大学ではない理由をしっかり言えない状態では「他の大学をしっかり見たうえで自分の大学に出願していない=しっかり考えて出願していない」と判断されかねません。もっとも、どの大学も欲しがるような非常に優れた人材はいますが、それを話したら元も子もないので今回は省略しました。
 多くの受験生は大学が決まってから出願理由を考えますが、冷静に考えれば逆になるに決まっています。あなたの文章は、最後の方に大学のことが書かれていますが、「他の大学も調べたうえで、そこより貴学」という要素が見当たりません。志望校の特徴だけを書き、しかもパンフに書かれているような内容にとどまっている時点で「真剣か?」となります。他の大学(の特徴)をわざわざ書く必要はありませんが、志望校の情報が少なすぎるのはまずいです。

 大きな改善点がある以上、この質問でやり取りするより、書き直した文章で再度質問することをお勧めします。
ご参考までに

この回答への補足

回答ありがとうございます
書き直して再質問してみました。
お暇があれば、再回答お願いいたします。

補足日時:2014/11/22 21:20
    • good
    • 3

私も再回答、言いたいことが伝わっていないようです。



その構成を守るにしても「貴校では」より前は、実家の新築のことと留学のことの二文で済むわけです。

「かなり要点をまとめて書いた」ということですが、まったくまとまっておらず同じこと(あなたの情緒的な印象や思い入れ)を繰り返して字数稼ぎしているようにしか読めないのです。

家の新築がどうとかいうのはカットする必要はないけれど、ありきたりです。看護師になりたい理由として「母が看護師で~」なんていうのと同じくらい陳腐というかありがち。高校生で欧州留学なんてレアな体験しているのだから、そっちをもっとふくらませばいいでしょう。ただしふくらますというのは「好きです感動しました」というのとは違います。どこかで聞いたような言葉を使わないということです。

欧州には日本の「建築士」制度はないわけです。では彼らはいったいどんな経歴を積んで建築の仕事をしているのか。あなたは彼らを見て「建築をやりたい」と思ったのでしょう。繰り返しますが「建築士になりたい」というのは日本でそれを実現するための手段に過ぎません。職業ですらない「建築士」をことさら強調するのは、大学の先生から好まれないでしょう。大学は資格予備校ではないからです。
    • good
    • 0

再回答です。



「何故興味を持つに至ったか」の部分が冗長と感じますね。
・実家の新築
・留学
が要素ですから、極端な話、一行にでも圧縮出来ます。
勿論そこまでする必要は無いですけどね。
    • good
    • 0

・改行と段落分けが不十分


・読点「、」の打ち方が適当過ぎる
・大半の文が「でした」「ました」で工夫がない。

などのため、読んでいて疲れます。
また、読者を掴むべき冒頭の一文が駄目ですね。
といって、ただ読点を打つだけだとむしろ逆効果にすらなるのは、
他の回答の通りです。

内容的には前の回答に同感です。
大学の志望理由なのですから、
中心となるのは「~を学びたい」でないとおかしい。

この回答への補足

ご指摘ありがとうございます。
最初は意匠設計と構造設計特に耐震設計に興味があり学びたいなどと書いていたのですが
その場合字数が合わず大幅に削除し、今の形になりました。 
どこかを省いて、そっちをメインにして書いたほうがいいのでしょうか?
回答お願いいたします。

補足日時:2014/11/20 16:46
    • good
    • 0

大学の学部学科の「志望理由」ですよね。



建築士というのは単なる資格です。設計をやるなら取るべきもの。建築士の魅力を書きすぎで、それ以外がつけ足しに見えます。この資格は大学とは直接関係がありません。指定される学部を卒業した後でも実務期間が必要で(修士はこれに含まれる)、学部在学中には取得することができない資格です。

医学部を志望するのに「医師免許を取得したいからです」というでしょうか。免許を取得するために何をやるか、そして免許を取得し医師になった後、何をやりたいかを書くべきなのでは。

目的とそれを達成する手段を混同しているように読めます。二部なら合否の敷居は高くないとは思いますが。

この回答への補足

最初は意匠設計構造設計に興味がありそれらを中心に学びたいなどと
長く書いていたのですが、そうすると字数が多くなり
大幅に削除し、今の形になりました
序盤のそして興味を持つことにより~を削除し、最初の形に戻したほうがいいですか?
回答よろしくお願いいたします

補足日時:2014/11/20 16:50
    • good
    • 0

読む側の人が 読む気になる文章でなければいけません。



とりあえずもっと大胆に段落分けと改行をしてみませんか。

この回答への補足

ご指摘ありがとうございます
参考にさせていただきます

補足日時:2014/11/20 16:52
    • good
    • 1

私は将来、様々な視点から考え抜かれた、


建物を創造する建築士として、
社会で活躍したいです。
 
私の両親が新築を建設していた当時、
建築士の方が、図面と模型に興味を持ったこの私に、
人々のために空間をデザインし、それを形にする
職業の素晴らしさを教えてくれました。
 
その時の建築士の方の情熱を見て、
私は強い憧れを抱きました。
 
建築に興味を持つことにより、
建築物に注意がいく機会が増え、
また自身で調べていくにつれ、
芸術的観点だけではなく、
その建物の目的や安全面など
その他にも多くのことを
考えなければならないことを知りました。

それ故に、広く深い知識を持たなければならない
大変根気のいる職業だと思いました。
 
しかし、同時にそれだけ自身の
職業に情熱をかけられることは
幸せなことだと思い、やりがいにもなると考え、
迷わず建築士の道にいく事を決意しました。
 
その思いをより強くした出来事は、
ヨーロッパへの留学でした。
 
多彩な建築様式、中世時代の景観がのこる町並み等、
それらはどれも崇高で美しく感動を覚えました。
また、そこで建築を学んでいる学生たちとも
知り合い語り合うことによって、
彼らが建築について話している姿に心惹かれると同時に、
自身の建築士になりたいという思いもより強いものとなりました。

貴校では、実力主義を唱っていることから、
自身に確実な実力がつくと思い、
また、素晴らしい経歴を持つ教師の方々や
授業カリキュラムにも魅力を感じました。
 
他にも、第二部ということもあり様々な年齢層や
境遇の人々がいることで、
自身の人間的成長にもつながると考えました。

貴校に入学した後には、
常に目標を形成しそれを見失わず勉学に励み、
高い知識ー技術を身につけ、
強い情熱を持った 一流の建築士 になりたいです。




面接官につっこんで欲しいところは、あえて、
具体的に書きすぎないようにして、聞かれたら、
堂々と口で答えるといいのかもしれない。
 
読んでて、受かりそうな気がします。頑張ってください。

この回答への補足

添削ありがとうございます
参考にさせていただきます
頑張ります

補足日時:2014/11/20 16:51
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q志望理由書の添削よろしくお願いします!!!

書いてみたのですが、何か足りない気がして仕方がありません・・・。
アドバイスよろしくお願いします!

生活科学部生活環境デザイン学科でなにを学び、それを将来どのように役立てたいか、について記しなさい。(600字程度)

 私は、将来全てのものにやさしさを提供することのできる建築デザイナーになりたいです。
 現代社会では、人にも環境にもやさしいデザインが求められており、環境問題対策やユニバーサルデザインが建築デザインで重要視されています。私は、その全ての条件を満たした欠点のないものを自分の個性、感性、美的センスを最大限に生かしてデザインすることはできないだろうかと考えるようになりました。美しくかつ快適に過ごすことのできる住空間であり、それに加えて環境にもやさしいデザインをするには、そこで過ごす人が快適に過ごせる事、その周りの環境に合わせること、環境問題にどう配慮するかということを考えることができるようにならなければなりません。それに加えて、美しくデザインするためには美的センス、感性を磨かなければなりません。世界にひとつだけのデザインをするためには、自分の個性を磨かなければなりません。
 貴学では、アパレルメディア分野、インテリア・プロダクト分野、建築・住居分野の3つの分野を幅広く学ぶことができます。それは、私の学びたい建築の分野を1つの視点からだけではなく、違った視点からも見ることができるようになるので、自分の視野を広げることができ、より美しく、より快適なデザインを考えることができるようになるのだと思います。そして、海外研修という場で異文化の建築デザイン、技術を学ぶことができるので、さらに自分の視野を広げることができます。また、なにより貴学の教育理念である「人間になろう」は、人間とは何かということが追究することができるので、人として成長することができ、人の生活空間をデザインしていく中でも欠かせないことを学ぶことができると思います。
 大学生活では、何事も貪欲に学び、幅広い視野を持つために何事も積極的に取り組み、基礎からしっかり学んで建築デザイナーという夢を叶えたいです。

書いてみたのですが、何か足りない気がして仕方がありません・・・。
アドバイスよろしくお願いします!

生活科学部生活環境デザイン学科でなにを学び、それを将来どのように役立てたいか、について記しなさい。(600字程度)

 私は、将来全てのものにやさしさを提供することのできる建築デザイナーになりたいです。
 現代社会では、人にも環境にもやさしいデザインが求められており、環境問題対策やユニバーサルデザインが建築デザインで重要視されています。私は、その全ての条件を満たした欠点の...続きを読む

Aベストアンサー

30代社会人です。建築デザインについてはまったく無知ですので一般的意見です。

1. ひとつの文章が長すぎると思います。途中で主語と述語を確認しながら読む必要がありました。
  段落ももっと分けた方がよいでしょう。
2. 特定の単語の繰り返しが見られました。避けた方がよいでしょう。
3. ご自分の才能を生かしてお仕事をされたい意欲はよくわかりましたが、
  まだ大学に入る前ですので、あまりご自分の才能前提のような論調よりも、
  謙虚に学ぶ姿勢をアピールしたほうがよいかな、と思いました。
4. その他若干文章に冗長さを感じる箇所がありました。端的にした方がよいでしょう。
5. 将来のご希望が雄大なのはよくわかりますが、若干抽象論すぎる感じがします。
  もう少し、具体的に建物や暮らしが想像できる方がよいと思いました。
  まぁ、就職試験ではなく、大学入学前の若者の夢ですからこれでいいのかもしれませんが、
  よろしければ少し具体的にイメージされてみてはいかがでしょうか。

以下、僭越ながらリニュアル案です。あくまで私の私見です。よろしければ読んでみてください。
なお、最初にも書きましたが、私は門外漢ですので、特に後半以降の専門分野についてはよくわかりませんので、
国語の文章的な勘でつくってみました。したがって、上記 5.については修正できませんでした。

------
 私は、将来全てのものにやさしさを提供することのできる建築デザイナーを目指しています。
 現代社会では、人にも環境にもやさしいデザインが求められており、環境問題対策やユニバーサルデザインが建築デザインで重要視されています。私は、その全ての条件を満たした欠点のないものを自分の個性、感性、美的センスを最大限に生かしてデザインしたいと考えるようになりました。
 誰もが快適に暮らせて、環境にやさしく、なおかつ美しい住空間をデザインするために、私が学ぶべきことがたくさんあります。人が快適に暮らせるとはどういうことか、地域の環境に合わせるには何が必要か、土壌汚染や廃棄問題等、環境にどう配慮するかということを考えることができるようにならなければなりません。また美しくデザインするために、学術的にデザインを研究し、世界にひとつだけのデザインをするために自分の個性、美的センスも磨かなければなりません。
 貴学では、アパレルメディア分野、インテリア・プロダクト分野、建築・住居分野の3つの分野を幅広く学ぶことがでると伺いました。建築について多角的に学ぶことができ、自分の視野を広げることができ、より美しく、より快適なデザインを考えることができるようになるのだと思います。
 また、海外研修の機会を通じて、異文化の建築デザイン・技術を吸収し、さらに自分の視野を広げたいと思っています。
 なにより貴学の教育理念である「人間になろう」は、人間とは何かということが追究することであり、人の生活空間をデザインしていく中でも欠かせないことを学ぶことができると思いました。
 大学生活では、基礎からしっかり学ぶことはもちろんのこと、幅広い視野を持つために、何事にも積極的に取り組み、貪欲に学んで建築デザイナーになるという夢を叶えたいです。

30代社会人です。建築デザインについてはまったく無知ですので一般的意見です。

1. ひとつの文章が長すぎると思います。途中で主語と述語を確認しながら読む必要がありました。
  段落ももっと分けた方がよいでしょう。
2. 特定の単語の繰り返しが見られました。避けた方がよいでしょう。
3. ご自分の才能を生かしてお仕事をされたい意欲はよくわかりましたが、
  まだ大学に入る前ですので、あまりご自分の才能前提のような論調よりも、
  謙虚に学ぶ姿勢をアピールしたほうがよいかな、と思い...続きを読む

Q建築学科の志望理由

僕は、大震災の経験から、地震に強い建物を作りたいと思い志願したんです。でも、建築の興味を持ち始めたのは高1からなんです。それまでは、あまり無かったんです。そこでどういう風にかけばいいのかわからないのです。小さい頃に震災にあったのでその時から思いましたって言えば良いのですが、だったら高校は建築の方にすすめばいいじゃないか?ってかんじになります。
どうやったら良いか教えて下さい。

Aベストアンサー

ん~、それを云ったら、吹奏楽をやりたければ普通の高校じゃなくて音楽高校に行けと云うのと同じことでは?
そうはなりませんよ。思い過ごしです。
自分の経験から建築を志願したというのなら、その通りに書けばいいのですよ。
大学というのは幅広い志望理由から学生を集めるのですから、震災がきっかけで志願という人もいれば長年やりたかったけどお金が無くて、という人だっています。かくいう私が、建築はやりたかったけどお金が無くて他の学部を卒業した人間です。お金が貯まり次第建築にはいるつもりです。
だから、正直に志望理由なんて書けば良いんですよ。
こういう理由で志望して、こういう地震に強い建造物をこの手でしかも安く作り上げたい、ぐらいで丁度良いと思いますよ。
頑張って下さいね。

Q建築学部からの就職ってどんなのですか?

高3なんですが建築学部に行こうと思っています。はっきり言ってなりたいだけで中身がわかってないのですが、就職がどのようになってるかは知っとかないと思って質問しました。やはり親にお金出してもらうので。
一応事務はしたくないわけでありませんが、やはり夢は何か大きなものを立ててみたい。漠然ですみません。あと住宅の設計もしたいです。
こんな私はどんなところに就職したほうがいいのでしょうか?
そのための最低条件は何なんでしょうか?

はてなが多くてすみません。どんななことでもいいので書き込んでもらえるとありがたいです。お願いします。

Aベストアンサー

建築には企画(不動産業など)、設計(アトリエなど)、施工(ゼネコンなど)の3つの段階があります。
どの職種の人もこの建物は自分が建てたと言いますが役割は全く違います。
まず自分がどの部分をやりたいかを理解することが大事です。

建築学科からの卒業生の多くは建築系の会社に就職します。
アトリエ(安藤忠雄、伊東豊雄など)
組織設計事務所(日建設計、日本設計など)
ゼネコン(鹿島、大成、清水、大林、竹中など)
ハウスメーカー(積水ハウス、大和ハウス、住友林業など)
不動産業(三井不動産、三菱地所など)
公務員(国土交通省、経済産業省、地方上級など)
が主なところではないでしょうか。

私の主観ですが上の業種は以下のような感じだと思います。
アトリエ・・・仕事に夢はあるが労働時間長く給料低いアルバイトのよう。
将来的に独立する人が多く、その中から有名建築家になる人もいる。
組織設計事務所・・・仕事に夢はあるが労働時間長め、給料は少し良いが福利厚生は△
ゼネコン・・・労働時間長めだが、給料は良い。福利厚生も◎。現場と設計でだいぶ違うらしい。
また担当する物件の種類(オフィス、マンション、工場など)によっても忙しさ、やりがいが異なる。
ハウスメーカー・・・生活にもっとも身近でやりがい◎、給料は普通。
火・水休みが一般的で他業種の友人とはあまり遊べない。福利厚生は◎。
ただし客商売なので売上が非常に重要。労働時間は客次第。
不動産業・・・労働時間は長めだが、給料、福利厚生は◎。やりがいもある。
しかし入社は最難関ですさまじい倍率+コネがないと厳しい企業も・・・。
公務員・・・一番安定しており、給料普通、福利厚生◎。国家公務員はかなり難関。
仕事内容は多種多様。知り合いはあまり夢はないと言っていたが定時帰り可だそう。

大学に入ってからも十分時間があるので講義を受けながら進みたい道を
決めるのが良いと思います。
就職の為の最低条件ですがある程度レベルの高い大学のほうが
就職しやすいのは事実です。
アトリエは才能次第ですが、組織設計事務所は旧帝大、早慶が多く、
ゼネコンでは旧帝大、早慶、MARCH、日大などが多いです。

建築には企画(不動産業など)、設計(アトリエなど)、施工(ゼネコンなど)の3つの段階があります。
どの職種の人もこの建物は自分が建てたと言いますが役割は全く違います。
まず自分がどの部分をやりたいかを理解することが大事です。

建築学科からの卒業生の多くは建築系の会社に就職します。
アトリエ(安藤忠雄、伊東豊雄など)
組織設計事務所(日建設計、日本設計など)
ゼネコン(鹿島、大成、清水、大林、竹中など)
ハウスメーカー(積水ハウス、大和ハウス、住友林業など)
不動産業(三井...続きを読む

Q志望理由書の添削お願いします!!!! 不安で仕方ありません・・・

私は、AO入試を受けます
あさって出願する予定なのですが、
まだ何か足りない気がして不安です(;ω;)
誰かいいアドバイスを下さい!!!
お願いします!

志望理由↓
今日、自然との共生が社会で重要視されている。それゆえ、自然にも人にもやさしいデザインが求められているのではないかと私は考える。私の夢は、デザインは感性でするものではなく、優しさでするというのをポリシーとする建築デザイナーになることだ。
そのような夢を抱くきっかけとなったことは、第1に、私が幼い頃、両親が新築をしたことだ。一生に1度の事であるから、後悔したくないという、この思いを組む建築家と、設計の練り直しをしていくのを目の当たりにし、幼いながらに衝撃を受けた。
第2に、私は、長年に亘って、ジュニアリーダーとしてボランティア活動に参加し、プロジェクトを成し遂げたり、様々な環境に配慮したりする、という経験をしてきた。その経験から、思いやりの心が、全ての事に通ずる大切なことであると痛感した。
第3に、貴学のオープンキャンパスに参加したことにある。都市環境デザインコースの在学生とお話をする機会があり、貴学部には3つの視点からアプローチするという学びの特色があるということを伺った。フィールドワークが大切にされているという点で、常に自らの体で感じることを実践したいと考えている私にはとても魅力的であると感じた。同時開催されていた、展覧会も見学し、展示作品の迫力に圧倒され、感動した。
以上のことから貴学現代社会学部現代社会学科を志望する。

私は、AO入試を受けます
あさって出願する予定なのですが、
まだ何か足りない気がして不安です(;ω;)
誰かいいアドバイスを下さい!!!
お願いします!

志望理由↓
今日、自然との共生が社会で重要視されている。それゆえ、自然にも人にもやさしいデザインが求められているのではないかと私は考える。私の夢は、デザインは感性でするものではなく、優しさでするというのをポリシーとする建築デザイナーになることだ。
そのような夢を抱くきっかけとなったことは、第1に、私が幼い頃、両親が新築をしたことだ...続きを読む

Aベストアンサー

読んでみて、基本的に前後の文章が結びつかない。つまり、論理的でない。抽象的な表現が多く、聞き手が具体的なイメージを頭に思い描けない。 という感じがしました。

>今日、自然との共生が社会で重要視されている。それゆえ、自然にも人にもやさしいデザインが求められているのではないかと私は考える。…(1)
>私の夢は、デザインは感性でするものではなく、優しさでするというのをポリシーとする建築デザイナーになることだ。…(2)
(1)の問題提起に対して、(2)の結論に至る理由が解りません。
(1)に対する結論の事例としては、都市部のヒートアイランド対策としての屋上緑化や、風の路(例えば、東京湾から川と八重洲通りを経て東京駅へ向かう)などです。
(2)の“デザインは感性でするものではなく”としたら結びは、“理論に基づく”とか“経済合理性”などのことばが来るべきです。
つまり、感性(ハートで感じる)⇔論理(頭で計算する)の関係です。優しさは、感性の一部に属すると思います。

>そのような夢を抱くきっかけとなったことは、第1に、私が幼い頃、両親が新築をしたことだ。
>一生に1度の事であるから、後悔したくないという、この思いを組む建築家と、設計の練り直しをしていくのを目の当たりにし、幼いながらに衝撃を受けた。

“幼いながらに衝撃を受けた。” 幼いっていくつ?(幼稚園児?に本当にわかるのかな。) どんな衝撃? これを聞いた人ならば、疑問に思います。 例として、“将来、建築士なって、注文建築の設計に携わり、依頼主の夢を建築士の力で、家という形で実現できたらすばらしい… とそのとき思いました。”

>第2に、私は、長年に亘って、ジュニアリーダーとしてボランティア活動に参加し、プロジェクトを成し遂げたり、様々な環境に配慮したりする、という経験をしてきた。その経験から、思いやりの心が、全ての事に通ずる大切なことであると痛感した。

この内容が、あなたに志望学科にどう結び付くのかな? 教員や社会福祉を目指すならば、これで良いですが。
例えば、“ある日のこと、車椅子でも乗り降りできる障害者向けの駐車スペースに、一般車両が駐車していて、障害者の車が駐車出来ずに困っているのを見かけました。 周りの人の思いやりがあれば、このようなことが起こらないと思う同時に、建築物として視点だけではなく、人への働きかけが重要であると思いました。” こんな感じです。

>同時開催されていた、展覧会も見学し、展示作品の迫力に圧倒され、感動した。
 具体的に何に対して圧倒され、感動したのですか?

将来の目標は?
 例えば、“貴校で、2級建築士になるための講義を取得して資格を取得後、行政職につき、人と環境の調和がとれた社会インフラの整備を提案するに仕事に携われたらと思っています。”
これは、将来の目標があれば、入学後の勉学態度も積極的になることアピールするためです。

わかりやすくするために、具体例を多く挙げました。
あくまで、自分の気持ちをアピールすることが基本です。

読んでみて、基本的に前後の文章が結びつかない。つまり、論理的でない。抽象的な表現が多く、聞き手が具体的なイメージを頭に思い描けない。 という感じがしました。

>今日、自然との共生が社会で重要視されている。それゆえ、自然にも人にもやさしいデザインが求められているのではないかと私は考える。…(1)
>私の夢は、デザインは感性でするものではなく、優しさでするというのをポリシーとする建築デザイナーになることだ。…(2)
(1)の問題提起に対して、(2)の結論に至る理由が解りません。
(1)に対す...続きを読む

Q志望理由書で言う「抱負」とは?

大学への推薦入試の志望理由書を書いているのですが、入学後の抱負もふまえて書かないといけないんです。具体的にどのように書けばいいのかわかりません。「入学後は自分の興味のある分野を選択し、勉強して・・・」などしか思いつきません。
どのようなことを書くといいのか教えてください。おねがいします。

Aベストアンサー

高校で進路指導を担当しています。
まず…最初からかっこいい文章にしようと思うと、うなくいきませんね。(微笑)

やりたいことを箇条書きにしましょう。本校では「進路指導の先生の前で話してみる」⇒「先生と一緒にメモしてみる」⇒「その骨に徐々に肉をつけていく」という方法を実施します。

どの生徒も、確固たる志望理由があるわけではありません。本音で言えば「なんとなく行ってみたい」なんです。(微笑)
それを…それらしく肉をつけていく作業の中で…本物の志望に変えていくのですから…あんまり深刻にならにことです。以下に具体的な方法を書いておきます。参考にしてくださいね。

(1) なんでその学部に行こうと思った? きっかけは何?
(2) いろんな大学にその学部があるのに…どうしてその大学を選んだ? 君を引きよせた魅力は何?
(3) 注意!(1)と(2)の順番を逆にしちゃ~駄目です。まず…「やりたい学問」があってからでないと「行きたい大学」は決まらないでしょ? 実際は逆でも(笑)…がんばって(1)から考えましょう。
(4)将来はどんな職業につきたいと考えているの?
(5)(4)のためには大学院まで進むことが必要? 在学中に取得しなければならない資格がある?
(6)その大学のHPを開きましょう。いろんな研究室が紹介されています。その中で【一番行きたいな~】と思う研究室を1つ選びましょう。そして、その研究室に惚れた理由をがんばって字にしてみましょう。また、その研究室紹介のページには【難解なキーワード】があるはずです。それを調べてみると自分のイメージが具体化しますよ。
(7)(6)まででいろんなメモができるはずです。あとは、それを並べかえてひとつの論文にするだけです。がんば!

最後に
自分の未来を考えることは楽しいことです。悩んでいないで、動き出せば案外スパッと解決しますよ。あなたの健闘をお祈りしています。

高校で進路指導を担当しています。
まず…最初からかっこいい文章にしようと思うと、うなくいきませんね。(微笑)

やりたいことを箇条書きにしましょう。本校では「進路指導の先生の前で話してみる」⇒「先生と一緒にメモしてみる」⇒「その骨に徐々に肉をつけていく」という方法を実施します。

どの生徒も、確固たる志望理由があるわけではありません。本音で言えば「なんとなく行ってみたい」なんです。(微笑)
それを…それらしく肉をつけていく作業の中で…本物の志望に変えていくのですから…あんまり深...続きを読む

Q建築設計事務所に応募する際の履歴書の書き方

現在大学4年です。建築設計事務所に就職したくて応募を考えているんですが、志望動機などが上手く考えられません。
応募して受かった方はどういう風な志望動機や自己PRを書いたのか参考にしたいので教えていただけませんか?
正直な所、自分のその事務所を選んだ理由は新卒採用可であったことだけなのでどうしたらいいのか分かりません。事務所のHPも、とてもシンプルなもので志望動機の材料となるようなことは書いてなく、情報もあまりないんです。

Aベストアンサー

良い事務所選びのポイントは、
「たくさん仕事のある事務所」がよいでしょう。
20代、30代の若いうちにどれだけたくさん仕事量をこなしたかが、その後の人生を決めると思います。
情報収集能力も建築士には重要な能力と思います。
インターネットで収集する情報もあれば、リアルに先輩やいろいろな事務所の方に面談して得る情報もあると思います。
情報はたくさんあります。
こんなにたくさん情報がある世の中で、情報が無いというのは、その能力や努力がまだできていらっしゃらないのかも知れませんね。
まだ人生の4分の1ほどしか生きていないのですから、PRすることがたくさんあることの方が珍しいでしょう。
よって、これからの未来に対する気合い(自分への約束)を示すことが重要だと思います。

ちなみに、
九州であれば、オススメは、
福岡の株式会社諒設計(http://www.ryosekkei.co.jp/index02.html)
鹿児島の株式会社東条設計(http://www.tojo-aa.co.jp/)
です。
他にもよい事務所はたくさんあると思います。
幸運と努力をお祈りいたします。

良い事務所選びのポイントは、
「たくさん仕事のある事務所」がよいでしょう。
20代、30代の若いうちにどれだけたくさん仕事量をこなしたかが、その後の人生を決めると思います。
情報収集能力も建築士には重要な能力と思います。
インターネットで収集する情報もあれば、リアルに先輩やいろいろな事務所の方に面談して得る情報もあると思います。
情報はたくさんあります。
こんなにたくさん情報がある世の中で、情報が無いというのは、その能力や努力がまだできていらっしゃらないのかも知れませんね...続きを読む

Q国公立の大学で建築学科があるものを、偏差値順に教えてください!

国公立の大学で建築学科があるものを、偏差値順に教えてください!

Aベストアンサー

受験時の学科で表示します。
東京大学 理科1類 68
京都大学 工学部建築学科 65
東京工業大学 第6類 65
横浜国立大学 理工学部建築都市・環境系学科 62
千葉大学 工学部 建築学科 62
京都工芸繊維大学 造形科学域 デザイン建築学課程 60
首都大学東京 都市環境学部 建築都市 60
神戸大学 工学部 建築学科 60
東北大学 工学部 建築・社会環境工学科 58
かなりの大学があるので、以下のリンクを参照してください。
http://daigaku-ranking.matomeno.net/kentiku/

Q建築設計士の魅力って?

建築設計士になりたかった理由って、みんながみんな同じではないと思うのですが、みなさんはどんな希望、目的、夢を持って、取り組んでいったのですか?
自分も今、建築設計の専門学校に通っているのですが、これから将来、意匠、設備、構造、などのどれを専門的に勉強しようか迷っています。
ご助言をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分が関わったモノがそこに建ってるっていうのがとてもうれしいです(もしかすると、自分が死んでしまったあとでも残ってるかもしれないし)。
働いた成果が形として見える、というのがなんともいえずいいんですよね。

私は設計のセンスがないと在学中に気づいたので、構造関係に進みました。地味ですけど、一番重要なところだと思ってやっています。
専門学校の課題でいろいろやると思いますが、その中で興味の有る無し、向き不向きがわかっていくと思います。ご自分の方向に沿ったものを追っていくのが一番と思います。がんばってくださいね。

QAO入試、機械工学科です、添削おねがいします。私が貴校理工学部機械工学

AO入試、機械工学科です、添削おねがいします。私が貴校理工学部機械工学科を志望した理由は、世の中に貢献できるエンジニアになりたいと思ったからです。子供の頃から、ラジコンやプラモデル、自分で デザインなどを考えた模型などを作ったりすることが好きで、ラジコンにおいては、どうしたら速く走れるだろうかと、パーツを変えてみたり、組み合わせを変えてみたりして性能の違いを一人で研究して、その奥深さや完成した時の達成感を感じていました、その延長線上として将来は、ものづくりの仕事に携わりたいと考えています。また元々、車が好きなので、今話題となっているエコカーというものに興味を持っています。ハイブリットカー、電気自動車、水素自動車などがありますが、それぞれ以下の問題点があります。現在主流のハイブリッドカーでは、バッテリー製造でのCO2排出問題、低速域での走行音の無さ、電気自動車では、充電時間の問題、1回のバッテリー充電あたりの走行距離が実用的でない、水素自動車では、走る原料となる水素の貯蔵法、爆発しやすく取り扱いの危険、そして非常に高価格であるということです。これらの問題点を踏まえ、人や地球に優しい車を作るには、どうしたらいいのか、そういった事を、大学に入り研究したいと考えています。エンジニアという職業に魅力を感じた理由として、仕事の種類が非常に多く、その上幅広く社会に活躍しているという事です。また、技術大国日本の最先端で、日々研究、開発にあたり、「つくる」という喜びを直接感じられる職業は、他に無いと思いました。車だけに関わらず、幅広い分野で機械工学を勉強をし、将来どの分野においても、社会に貢献できるエンジニアになりたいと考えています。オープンキャンパスに参加させていただいた際、セミナーにおいて貴校の教育環境に説明を受けましたが、そこで話されていた、「機械工学を学ぶ上での設備が近畿でもトップクラスに入っている」ということに魅力を感じました、そういった設備の中で研究、勉強できるという事は、自分の将来の目標である世の中に貢献できるエンジニアになるために欠かせないことであると確信しました。また、入学後、高校での履修状況に十分配慮した教育を行っているという点にも魅力を感じました。そういった機械工学を学ぶ上でのサポートが徹底している大学は、他にないと思いました。
以上の理由により貴校理工学部機械工学科に志望します。

AO入試、機械工学科です、添削おねがいします。私が貴校理工学部機械工学科を志望した理由は、世の中に貢献できるエンジニアになりたいと思ったからです。子供の頃から、ラジコンやプラモデル、自分で デザインなどを考えた模型などを作ったりすることが好きで、ラジコンにおいては、どうしたら速く走れるだろうかと、パーツを変えてみたり、組み合わせを変えてみたりして性能の違いを一人で研究して、その奥深さや完成した時の達成感を感じていました、その延長線上として将来は、ものづくりの仕事に携わりたいと...続きを読む

Aベストアンサー

あなたのと同じようなことが書いてある志望理由書はいくらでもあります。
自分にしか無いところを書くようにして下さい。
このことから言って,エコカーの説明は要らないでしょう。
あなたの人間像が浮かんでくるような文章を大学側は期待しています。

Q「学科を選んだ理由」:理系の方お願いします!

こんばんは。私は現在工学部建築学科の2年生です。先日家庭教師の教え子に(理系クラスだけど進学学部は未定)「なんで建築にしたの?」と問われて・・・結構うなってしまいました。「美術も好きだったし、自分の家を設計したかったからかな?」なんていう曖昧な、しかも短絡的な回答しか出来ず(笑。そんな私からみなさまへの質問は「どうしてその学部学科を選択されましたか?」というものです。お気軽にご回答いただければ幸いでございます!どうぞよろしくお願い致します!!

Aベストアンサー

 私は理論物理学とかに興味がありましたが、進んだところは
理工学部電子工学科でした。私としては理想と現実の間の
ぎりぎりの選択だったはずでしたが、結構意外な展開に。


 もし私が中世よヨーロッパ貴族の学者だったら、物理学科に
進んでいたと思います。

 教科書に出てくるニュートンとかコペルニクスはみな昔の人。
今の物理学者はどうしているのだろうかとふと思ったとき、
思い当たったのがリチャード・フィリップ・ファインマン
でした。彼は今でこそファインマンダイヤグラムや経路
積分の発案者として有名な理論物理学者ですが、
大学院を卒業して、すぐ理論研究に打ち込んだわけ
ではありません。最初はメーカーに勤める、1技術者
だった。

 昔は貴族とか生活に余裕のある人たちだけが主に学術的
研究をしていたが、よくも悪くも今は違う。現代の学者は
自分の生活や予算の獲得に気を配らなければならない。

 最悪何の成果も上げられず、一生を終える可能性もある。
そう考えたとき、物理学科を出ても学校の物理の先生に
なるのが関の山。一研究者として人生を失敗した場合、
せめて生活面の余裕は欲しい。大きなプロジェクトに
参加できる機会も欲しいと思い、まずはメーカーに有利
に就職できる条件という現実を年頭におき、電子工学科
という道を選びました。

 大学に入学してから知ったのですが、私が入学した
1988年当時、1986年に発見された酸化物超電導体
の研究で、物理、電気、電子の世界は大フィーバーでした。

酸化物超電導体は今までの理論では完全に説明できない!

教授、助教授までが大学に泊まりこみ、日々実験を
重ねるという状態で、これはきっと神のお導きかと
思ったくらいで。

 大学院の修士課程まで進み、電子工学専攻でしたが、
大学院では学部よりさらに他の専攻科目がとりやすい
状態だったので、物理専攻の科目も好きに取れました。

 今は某メーカー勤務で、研究部門からも離れて
しまったのですが、酸化物超電導体の謎は今だ
世界的にも解明されたとは言いがたい状態で
興味の尽きないところです。

 大学院で物理専攻の授業を聞けたおかげで
いろいろ世界観が広がった感じです。

 ちょっと会社の給料は安いけど、小学生
のころからフシギに思っていたもろもろの
謎は解けたし、さらに解明すべき謎が
この世にはあることが理論的に理解でき、
非常に満ちたりた気分です。もっと
やらなくてはと新たな勇気も沸いている
今日このごろです。

 

 

 私は理論物理学とかに興味がありましたが、進んだところは
理工学部電子工学科でした。私としては理想と現実の間の
ぎりぎりの選択だったはずでしたが、結構意外な展開に。


 もし私が中世よヨーロッパ貴族の学者だったら、物理学科に
進んでいたと思います。

 教科書に出てくるニュートンとかコペルニクスはみな昔の人。
今の物理学者はどうしているのだろうかとふと思ったとき、
思い当たったのがリチャード・フィリップ・ファインマン
でした。彼は今でこそファインマンダイヤグラムや経路
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング