アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

10月にもらった胡蝶蘭の花がすべて先まで咲いたので、切り花にして花瓶にいれて楽しんでいます。

そして、本体の株なのですが、一つの鉢に2つの株が、
裸根のまま発泡スチロールと水草でぎゅうぎゅうに寄せ植えされています。

4号の素焼き鉢を2つ購入し、水草も用意しました。

ですが、今は冬で住んでいる土地は氷点下になっています。
もちろん、室内に置いていますが、最低10℃を保つのでせいいっぱいです。

この状態で植え替えてもいいのでしょうか?
暖かくなるまで、このままの方がいいのでしょうか?

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ご丁寧なお返事いただき恐縮です。

植え替えになれていれば植え替え可能ですが、私の経験お話しします。
かって2度ほど冬に同じようなケース有り試してみましたが失敗でした。かなり勉強必要な気がしました。
それで春暖かくなって、鉢からだし、痛んでいる根を取り除き新しい水苔で植え替え、あまり水をやらずに少し乾燥気味にし、しばらく(1-1.5か月)直射日光に当てずにいたら何とかうまくいきました。
それと、胡蝶蘭や、君子蘭など うどんのような太い根で細根の無い種類は多少乾燥させてから植え替えるのが良いとあります。乾燥すると根が柔らかくなり折れにくいからです。根が潤っていると(水分含んでいると)固く折れやすく根を痛めてしまいます。)その点 植え替え時に気を付けて下さい。
追伸でした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます!
そうなんですね!体験談を教えていただきありがとうございます!
やはり、この時期には難しいようですね。。
最近、より冷え込んできたので今のままの状態で様子を見て、暖かくなったら植え替えてみようと思います!
ありがとうございました!

お礼日時:2014/12/22 10:25

御二方の意見も尤もなのですが、



> 裸根のまま発泡スチロールと水草でぎゅうぎゅうに寄せ植えされています。

でダメージがあり水苔が湿った状態ですと、根腐れする可能性が高いと思います。

> もちろん、室内に置いていますが、最低10℃を保つのでせいいっぱいです。

まして温度もギリギリなので、正常状態でも水苔を基本的に乾燥ぎみにして、霧吹きや葉水で水分補給するのがいいレベルです。

ですから植え替えというか、ともかく今の鉢からは救出してやった方がマシな気がします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません!
お返事ありがとうございます!
乾燥ぎみにと思っているのですが、発泡スチロールに囲まれていますし、鉢も陶器みたいな鉢なので、指が届かない部分は湿っているのかもしれません。
根の状態が気になります。
やはり、発泡スチロールを取って見てみようかと思います!

お礼日時:2014/12/17 10:03

>>最低10℃を保つのでせいいっぱいです。


>>この状態で植え替えてもいいのでしょうか?
>>暖かくなるまで、このままの方がいいのでしょうか?

気温が低い時期に植え替えをすると、体力の落ちた状態で根を酷く痛める事になり、回復できずに枯死する可能性が高まります。
もし、根ぐされを起こして枯れかかっているのなら、適期でないのを承知の上で植え替えないといけない場合もありますが(その後の処置や環境維持に注意が必要)、状態に問題がないのなら、暖かくなるまで植え替えは慎むべきです。

普通、胡蝶蘭は見映えを良くするため、ビニールポット植えの胡蝶蘭2-3鉢が大きな鉢にそのまま押し込まれているだけの事が多いと思います。その場合は、ポットを鉢から出して個別に管理するのがおススメですが、今回はポットなしの状態で寄せ植えされているとの事ですよね?
ポットから抜いただけの状態で寄せ植えされていたのであれば、そのまま根鉢と同じ大きさの素焼き鉢にすっぽりと納めて(ミズゴケを足したりせず)春まで管理すればOKですが、育っていた根をばらして寄せ植えされているのなら、根を痛めている可能性が高いと思うので、春(5月くらい)までそのままいじらずにいたほうが良いでしょう。また室温10℃が精いっぱいとのことなので、水やりは控えて(ぬるい水を3-4週間に一度)、昼間のうちに時々葉に霧吹きを掛けてやる程度で乾燥気味に管理したほうが良いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません!
お返事ありがとうございます!
胡蝶蘭の状態は、回答No.1さんのところにも書いたように見える範囲では良さそうです。
根の状態がはっきり見えないのが気になります。
水苔を取って見えた根は折れて萎びてるのも見えました。
勇気をだして、発泡スチロールを取ってみようかな。。
それで、ポットから出してそのまま植えてあるようなら、素焼き鉢に個別に納めたらいいですよね?

お礼日時:2014/12/17 09:57

植え替えの時期は春後半から初夏にかけてが最適なのですが、出来ないことはないと思いますが相当経験とか知識も必要な気がします。

(私は推奨できません)裸根のまま発泡スチロールと水草でぎゅうぎゅうに寄せ植えされています とありますので多分根は相当痛んでいると思います。今植えかえると根を痛めるので 水を控え目にしてそのままが良いかと思います。
(本当に2株がそのように植えられているか、ビニールポットに一株ずつのものを2個入っていませんか。
表面だけ見ると水草ー通常は水苔と言いますーでおおわれているだけで、それを取り除くと 中にビニールポットが見えたりするものです。どこかの園芸店で購入したものをもらわれたのなら可能性が有ります。贈り主が自分で作られたのならそうでもないでしょうが。)
もしポットだったら 一つ一つ取り出してポットごとそのまま別の鉢に入れて管理されると良いでしょう。冬は寒さによる凍傷でやられます。成長もしていないので
水はぎりぎりで過ごさせます。乾ききると水苔が水をはじくので鉢底から出たと安心するとただ特定の通路を通っているだけで根っこに行っていない場合が有ります。場合によってはバケツに水を入れてつけるくらいが良いのでは。わずかにぬるめ湯が良いですね。水やりは難しいですが週一、半月に一回、月一回と乾き具合で判断するしかありませんがこまめすぎるのはかえって失敗します。水やり忘れていたと慌てるぐらいでちょうど良いタイミングです。
保温は段ボールの箱とか発泡スチロールの箱の中でタオルで鉢を包むとかして入れて夜はふたをするくらいでも相当効果あります。
昼間はふたを取り、天気が良ければ日光に当てると良いでしょう。よほど寒くなければ軒下で1時間2時間でも自然の風に当てましょう。寒風吹きすさぶときはもちろん家の中。
暖房の部屋になると思いますので暖房かけているときは箱の外に出す方が良いかと思います。暖房の風やストーブなどの熱が直接当たらないよう気を付けましょう。注意点は昼と夜の温度差です。暖房して部屋が20度とか25度になり夜は10度とかそれ以下となると温度差で痛みます。人間でも同じで温度差有りすぎるとかえって悪くなるものです。家の中で別のところに移して一日あまり温度差の無い様気を付けて下さい。時折ー数日に一度暖かい時間帯に霧吹きで軽く葉っぱに水をかければよいと思います。
なれておられれば植え替えも可能でしょうが来年まで待つ方が賢明と思います。
花が終わり捨てられた胡蝶蘭を拾って来て仕立て直して花を咲かせたことも有りますが冬の植え替えはした事が有りませんのであまり参考にならないかと思いますが宜しく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません!
お返事ありがとうございます!
水草じゃなくて、水苔ですね(^_^;)
表面の水苔を少し取って見てみたら、根っこがそのまま見えていて、
ポットらしきものが見えなかったです。
もしかしたら、発泡スチロールを取ってみたらポットあるのかもしれませんが、ぎゅうぎゅうで取って裸根だったら、もとに戻せなさそうですので、怖いので取っていません。
今は葉っぱは元気です!2株とも6対12枚生えていて、ピンと上を向いています。
下の葉っぱは先が割けたりしているのもありますが、割けた部分も茶色く乾燥しているので大丈夫なのかなと思っています。
一応、消毒は吹きかけました。
保温は、段ボールに鉢を入れて、周りを新聞紙丸めて隙間がないようにつめて上から、空気穴を開けた透明のビニール袋を段ボールごと被せています。昼間もその状態でうっすら日が当たる部屋に置いてあります。
お水はほとんどあげてません。月に1.5回くらいで少しあげてます。
指を入れて根の周りが少し湿ってたら大丈夫と判断して時々夜に葉水してます。(昼間は誰もいないので、夜みんな帰ってきて暖房をつけます。)
温度差は10℃もないと思います。
こたつの部屋に置いてあるので、暖房は繋がってるキッチンの方しかつけません。
根がどうなってるのか気になるので、取ってみたい気もしますが、今のところ、目に見える部分に変化はないのでこのまま様子をみようかと思います。

お礼日時:2014/12/17 09:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胡蝶蘭/花が落ちてから

3株が入っている胡蝶蘭の鉢があるのですが、全部花が終わりました。
ネットでその後の育て方を調べてみると、根元から茎をきると、来年また新しいのがのびて来て花がつきます、とか、茎はきらずに、とか、様々なことが書いてあります。実際、どうするのがいいのかさっぱりわからなくなりました。
また、水やりについては、花が落ちた後のことはふれているサイトがなく、どうしたものか、と思っています。
どなたが詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教授ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おっと!危なかったですね。
茎というのは花茎のことです。棒のようなものです。
胡蝶蘭の茎というのは(わかりにくいですが)葉が出ている根本の部分です。ですから切ってはいけません。
また、古い花茎の元からコブ上(爪状?)のもの2つか3つ分ほど残して切っておくと、残った花茎から新しい花茎が出て花(二番花とかいいます)が咲きます。でも体力が弱っていると思われますから、やらない方が身のためです。

ではどうするか。こうするとランは喜ぶかも。
1 花茎を「二番花」が出ないように切ってください。
2 3株あるんでしょう? そのままでは鉢の中が過湿になりダメになります。鉢から抜いて素焼き鉢に1株ずつ植え替えましょう。たぶんぴったりの大きさがあると思います。だって出荷前にはそうやって別々に植えられていたんですから。素焼き鉢ですよ。縁が塗られている「駄温鉢」ではありません。
3 少し水を控え、1、2週間くらいたったら水やりを始めましょう。あとは愛情を持って育ててください。

ただし! 「3株のまま育てたい」というなら、かなりの経験がなければ専門のランやさんに預けた方が無難です。私も15年以上ランを育てていますが、例えば「3株のまま育ててくれ」といわれたら断ります。趣味でやっている人は、化粧鉢やプラ鉢で植えられて売られている状態を見て、「ああなんてかわいそうなんだ」思ってしまいます。
夏は植え替えが不適です。根が回っていて傷つけやすくなっているようなら、すぐ乾くような少しの水と葉水で過ごし、秋まで粘る方法もあります。根が回っていないならはっきりした根鉢が3つあるはずなので、そのまま3つともすっぽり同じ大きさの鉢に植え替えましょう。

おっと!危なかったですね。
茎というのは花茎のことです。棒のようなものです。
胡蝶蘭の茎というのは(わかりにくいですが)葉が出ている根本の部分です。ですから切ってはいけません。
また、古い花茎の元からコブ上(爪状?)のもの2つか3つ分ほど残して切っておくと、残った花茎から新しい花茎が出て花(二番花とかいいます)が咲きます。でも体力が弱っていると思われますから、やらない方が身のためです。

ではどうするか。こうするとランは喜ぶかも。
1 花茎を「二番花」が出ないように切って...続きを読む

Q胡蝶蘭の葉先が半分、黄色くなってしまいました

詳しい方、対処法をご教授ください!

・ファノプレシスという品種です。
・今年4月に花が咲いた状態で貰いました。
茎が2本で、葉が5枚でした。
陶器の鉢植えで、水苔?で覆われています。
・花があるうちは、室内の明るい(直射日光はあたらない)ところに置いていました。
・花が全部落ちた6月頃?(正確に覚えていません…)、茎を根本の方で切りました。
そのあとは、室外の1日直射日光の当たらない場所に置いています。
・植え替えはやり方がよく分からなかったので行っていません。
・茎を切ってしばらくした頃、一番下の葉先が2-3cm黄色くなっていましたが、最近まで黄色い範囲は広がったりはしませんでした。
・水やりは、大体夕方か夜で、ずっと1-2週間に1度くらいの割合で、下から流れるまであげて、溜まった水は直ぐに切っています。
・7月くらいから、水やりに加え、洋らん用の液肥をあげています。
・8月に入った頃に、新しい葉が上から出てきて、既存の葉の6割位のサイズまで育ちました。
・数日前、夜に水やり+液肥をあげたら、翌日急に黄色の範囲が、葉の半分位まで広がってしまいました。

このあと、どのようにしたら良いのでしょうか。
ネットで調べると、根ぐされした可能性が高そうですが、結局どうしたら良いのか、よく分かりません。
黄色くなった葉は切った方が良いのでしょうか?
何か不足している情報がありましたらお知らせ下さい。
どうぞ宜しくお願いいたします。

詳しい方、対処法をご教授ください!

・ファノプレシスという品種です。
・今年4月に花が咲いた状態で貰いました。
茎が2本で、葉が5枚でした。
陶器の鉢植えで、水苔?で覆われています。
・花があるうちは、室内の明るい(直射日光はあたらない)ところに置いていました。
・花が全部落ちた6月頃?(正確に覚えていません…)、茎を根本の方で切りました。
そのあとは、室外の1日直射日光の当たらない場所に置いています。
・植え替えはやり方がよく分からなかったので行っていません。
・茎を切ってしばらくした...続きを読む

Aベストアンサー

フウラン・ナゴラン などの着生ラン数種を、細々と栽培しております。コチョウラン自体は未経験なのですが、お邪魔致します。m(_ _)m

まず確認させて頂きたいのですが、今回の件で、質問者さまのコチョウランで「黄色の範囲が、葉の半分位まで広がってしま」ったのは、「一番下の葉」だけ ということでよろしいでしょうか? 以下は、その前提で書かせて頂きます。

● ランに新しい葉が出てきた などの場合に、一番下の葉が 黄色 → 茶色 になり・段々と萎びていって、最終的には 葉の根本からポロッと 自然に脱落することがあります。この場合、一番下の葉は 葉としての "寿命" であって、再利用できる養分 などを株本体に回収されてから、文字通り 枯れていく のだと教わりました。これは、異常ではありません。私は、今回の質問者さまのコチョウランの状況は、これではないのか? と推測致します。

上記の場合には、古い葉の養分をフルに回収してもらうためにも、古い葉が自ら落ちるくらいに萎びるまでは、勿体ないので 切除したりせずに放っておきます。ただそれだけです。^^

一応、今回の件は上記ではないのか? というサイトを、下記に貼らせて頂きます。

元気が無い2株も、少し復調か。その1 (胡蝶蘭をもらって日曜園芸)
↑ 画像を見て頂きたい用です。このタイトルの添付画像3枚の内の3枚目「こちらが今朝。新芽が育ってきている。右側一番下の葉が黄色に枯れてきたので、…」(原文ママ)の説明文が付いている画像(ページ中程)をご覧下さい。
http://tsuune.exblog.jp/i7

No.A2046 2007/01/10   【種類:葉っぱについて、葉っぱが病気かな?の相談/葉が黄色くなった】 (胡蝶蘭の育て方Q&A【胡蝶蘭の愛華園芸】)
↑ 「No.A2046 2007/01/10」以外にも 多くの例が挙げられていますので、ページを通読されると良いように思います。
http://www.aikaengei.com/060n041.htm

葉が黄色くなってきたのですが…何かの病気なのでしょうか? (iファーマー らんぼ店 楽天市場店)
↑ 「よく頂く質問Q&A」>「その他」の内の上記タイトルの記述をご覧下さい。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/e87ippin/ran/contents/qa/index.html


● 葉が黄変する病気も 確かにありますが(上記引用サイトにも記述有り)、その際には、「黄変する葉が「一番下の葉」だけとは限らない(上下の葉が無事なのに中段の葉がおかしい、複数枚の葉が一度におかしくなる とか)」「葉が乾燥していくというよりも むしろ、水分が多いぶよぶよした状態になる」「黄変部のあたりから異臭がする」などの症状が出てくるように思います。あと、実際の黄変具合も、原因究明の手がかりとなります(ので、本当は、画像を拝見できれば 有り難かったんですが… ^^; )。

質問者さまご指摘の「根腐れ」については、今回の箇条書きの水やりの頻度では、起こりにくいようにも思います(絶対に無いとは申しませんが)。実際に、水苔がいつも湿気って ブジュブジュになっていたりしますか?

「陶器の鉢植え」とのことですが、釉薬が塗られた鉢でしょうか(これは、水はけ・通気性があまりよくありません)? また、コチョウランでは、各株が ポリポットに入ったままの状態で(この状態では、水はけ・通気性がよくありません)、1鉢に寄せ植えになっていることも多いので(例えば 今回の鉢で言えば、2株〔「茎が2本で」より〕の寄せ植え とか)、もし そうであれば、各株からポリポットを外して、素焼き鉢 などの 水はけ・通気性のより良い鉢に交換する という手は、あるかと思います(但し、鉢交換の結果、新しい鉢の性質に合うように、水やりの頻度 なども調整する必要が出てくるかも知れません)。

さらに、直射日光による葉焼けでも 葉が黄変することがありますが、今回の箇条書きの状況では、これも考えにくいと思います。

今回引用のサイトは、全てよそさまのサイトです。ありがとうございます。m(_ _)m

長文失礼致しました。

フウラン・ナゴラン などの着生ラン数種を、細々と栽培しております。コチョウラン自体は未経験なのですが、お邪魔致します。m(_ _)m

まず確認させて頂きたいのですが、今回の件で、質問者さまのコチョウランで「黄色の範囲が、葉の半分位まで広がってしま」ったのは、「一番下の葉」だけ ということでよろしいでしょうか? 以下は、その前提で書かせて頂きます。

● ランに新しい葉が出てきた などの場合に、一番下の葉が 黄色 → 茶色 になり・段々と萎びていって、最終的には 葉の根本からポロッと 自然に脱...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報