CODの測定方法には幾つかの種類があり、それぞれに特徴があると聞きました。

過去の「教えて!goo」の質問と解答から、
「日本では比較的酸化力の弱い、過マンガン酸カリウムを利用しており、
 国際標準では酸化力の強い重クロム酸法が利用されている」と知りました。

ところが、私の聞いた所では「日本と米国とドイツでは測定法が違う」との事です。
そうなると、まだ他の測定法があるものなのでしょうか?

A 回答 (2件)

各国の公定法については、知見がありませんが、日本における公定法(上水道試験方法、下水道試験方法、排水試験方法、環境関係の試験方法)は、酸性下過マンガン酸カリウム法を採用しています。

(米国・ドイツはおそらく重クロム酸法だと思いますが)

COD測定において基本的に使用する酸化剤は、過マンガン酸カリウムか重クロム酸カリウムです。
ただし、それを、酸性もしくはアルカリ性下で行うか、酸化させるための加熱時間(だいたい15分~2時間)により測定法が異なります。または、まったく加熱をしないで酸化させる常温酸化法といったものがありますが、おおかたの測定法では加熱します。

過マンガン酸カリウム法の利点としては、測定に時間がかからないこと、測定廃液処理が容易であることで、再現性が高いことですが、酸化力が弱い部分があります。

重クロム酸法の利点としては、酸化力が強いので、水中の被酸化物の総量がほぼわかりますが、測定に時間を要すること、測定廃液処理が難しいことや、再現性があまりよくないことがあります。

ですので、どの測定方法を採用するかは、各国で水質思想が異なる部分があるわけで、一概にどの測定法が良いというのはありませんし、水質工学専門家でも意見が種々あるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

酸化剤だけで無く、測定条件にも違いがあるのですね。
確かに、国ごとに思想が入ってきますよね。
大変参考になりました、ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/14 08:41

米国やドイツでの測定法はわかりませんが、


JIS K0102-1993で定められたCOD測定法には、
17.CODmn
20.CODcr
の他に、
19.CODOH=アルカリ性過マンガン酸カリウムによる酸素消費量
があります。
これは、CODmnやCODcrが塩素イオンを除去してから測定するのに対し、
塩素イオンの影響を受けない測定法ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
日本国内でも様々な様式があるのですね。
データ等を見る時に、測定方法等も気をつけて見る事にします。

お礼日時:2001/06/12 12:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCOD測定で最後、過マンガン酸カリウムで滴定する量はいくつになっても良

COD測定で最後、過マンガン酸カリウムで滴定する量はいくつになっても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

まあ、人によっておっしゃることは違うと思います。厳密に言えば3.5ml~5.5mlの範囲内となっていたと思いますが・・私の場合は3.5ml~6ml程度の範囲に収まると、まあ良いかと思い再試験は行いませんでした。 この場合、前処理の希釈作業が上手くいったかな・・と思いましたね。 私の場合、経験的に、希釈作業が上手くないと、測定誤差も多くなるような気がしていました。希釈倍率を変えて、同時に試験なさると良いと思いますよ。 

 私の場合、河川水と特定業種の工場排水でしたので、ほとんど塩素は無いだろうということで、妨害塩素の塩素を封鎖する目的で加える硝酸銀の添加量は少なめにしました。 硝酸銀を加え過ぎると、微妙な色の変化が分かり難くなりましたね。 

  

 
 

Q過マンガン酸カリウム消費量を減少させる方法について

あるプールの水質検査で「過マンガン酸カリウム消費量が大きい」という結果が出ました。これを減少させる最も効果的な方法(1日程度で実施できる方法)を教えてください。

Aベストアンサー

すぐ出来る方法
・次亜塩素酸ソーダを注入する
・一部を水抜きし水道水を補給して希釈する。
過マンガン酸カリウム消費量とは有機物類存在の指標値です。基準値はプールの場合12mg/l以下
塩素剤の注入すれば多少低下させる事が期待できますが
注入しすぎると遊離塩素が1.0mg/lを超過するので注意。
水道水基準は10mg/l以下ですが実際供給されているのは
2~5mg/l以下ですので、両者を併用するで低減は可能。
(ろ過器はついていますか?)

・最も効果的な方法は、活性炭処理で有機物類を活性炭に吸着させる方法です。その他オゾン処理もありますが非常に高い(いずれもすぐにはできません設備が必要)

Q過マンガン酸カリウムが酸化剤として適している理由を教えてください

上記の通りです…

一般向けから化学初心者向けに分かるように
ご説明頂けると嬉しいです^^;

お願い致します。

Aベストアンサー

結構ムツカシイ質問です。なぜか、「適している」の内容が分かり難いから。

一応簡単に。^^
1.酸化力が強い(酸化還元電位が…、やめよう)。例えば同じ酸化剤の過酸化水素を酸化して酸素ガスにしてしまいます。
2.補助試剤が要らない。例えば同じ程度の酸化力を持つ二クロム酸カリウムは酸化に際して酸性にしてやる必要がありますが、過マンガン酸カリウムはそのまま使える。ただし酸性(通常希硫酸を使う)になれば酸化能力は有機化合物の酸化による合成反応に使える程強くなる。
3.紫色が濃い。この色が消えるのもメリット。消えたということは反応したということ。また同時に色が消えれば酸化能力はないので安全。
4.上記2.で比較した同じく有名な二クロム酸が六価クロムとして環境汚染の対象として問題になったのも酸がないと酸化還元反応しない(正確に言えば遅い)から。過マンガン酸は酸化還元反応の条件が緩いので回りのものと反応して直ぐ有名な二酸化マンガンになってしまい、これは水に溶けにくい。
なるほど、こうやってまとめてみると学生実験で過マンガン酸カリを使わされた意味がよく分かる(って白髪になるまで判らなかったのかよ、汗)
googleさんに聞いたら過去問もありました。
「プールの過マンガン酸消費量を減らす方法について」
CODですね。http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1067315
下記引用URLは環境中の化合物の酸化除去の論文です。

参考URL:http://www.nippon-chem.co.jp/creative/cre2002/cre2002-6.pdf

結構ムツカシイ質問です。なぜか、「適している」の内容が分かり難いから。

一応簡単に。^^
1.酸化力が強い(酸化還元電位が…、やめよう)。例えば同じ酸化剤の過酸化水素を酸化して酸素ガスにしてしまいます。
2.補助試剤が要らない。例えば同じ程度の酸化力を持つ二クロム酸カリウムは酸化に際して酸性にしてやる必要がありますが、過マンガン酸カリウムはそのまま使える。ただし酸性(通常希硫酸を使う)になれば酸化能力は有機化合物の酸化による合成反応に使える程強くなる。
3.紫色が濃い。この...続きを読む

Q6価クロムの測定方法について

6価クロムを測定する方法としてはジフェニルカルバジド法がよく使用されていますが、
6価クロムは明らかに黄色をしているので、その黄色の濃さを測定してはいけないのでしょうか?
pHによって黄色の度合いが変化したりするのでしょうか?

Aベストアンサー

もちろん可能です。

しかし、黄色の吸光度で測定可能な濃度範囲はどのくらいでしょうか?
また、測定波長は簡単に測定、または調べられますが、その近接波長に存在する妨害物の影響はどのように排除しますか?

また、なんのためジフェニルカルバジドを加えるのでしょうか?
そしてその時の測定可能な濃度範囲は?

さらに、必要があれば、ジフェニルカルバジドの発色物を溶媒で抽出して(可能であれば)検出限界をもっと下げるという発想も出てくるはずです。(実際には、ICPなどを使ったほうが早いが)

すくなくともJIS-K-0102は知っているようなので、硫酸イオン、クロムの項を見ればすぐ解決する問題です。

”6価クロムの黄色 ”に対して酸化還元の影響はありますが、pHの影響はあまりないと思います。(カルバジドの場合は大有り)

Q過マンガン酸カリウム消費量の値について

 水質の試験の結果が手元にあるのですが、
過マンガン酸カリウム消費量の件で教えてほしいことがあります。これは、有機物の
指標で、水のきれいや汚れているということを
示したように覚えています。

0.9mg/l という値は、水道水の基準値(10mg/)以下という
ことは、わかっていますが、この値がすごくきれいな
水の値なのか、それとも、これぐらいは、普通なのかを知りたいのですが。
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

過マンガン酸カリウム消費量は水に含まれる有機物(せん苔類・動物の排泄物・動植物の腐敗物質・肥料等)の量が多いか少ないかの判断材料です。

質問の内容が水道水と判断して回答させていただきます。
水道水の基準値はkanntennさんのおっしゃられている通り10mg/L以下ですが、水の味を損なわないための過マンガン酸カリウム消費量は3mg/L以下という基準があります。
それなので、kanntennさんが質問されている水は大変きれいだと思います。

しかし、現在は上水試験法(水道水の試験法)が改定され、有機物以外にも過マンガン酸カリウムを消費するものがある等、水中有機物の指標としては不十分であるなどの理由で過マンガン酸消費量に替わりTOCになっています。TOCの基準値は5mg/L以下となっています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報