フランチャイジーとして、とあるフランチャイズの店舗を3店舗経営していたものです

1店舗目は、5年前に開始し、黒字で順調に経営していました
2,3店舗目は、3年前に契約し、赤字だけれどもすぐ黒字になるよと言われ、1店舗目は順調だったこともあり、がんばろうと思って、契約し、経営していました。

ところが、それぞれのフランチャイズ契約は5年契約で、1店舗の契約更新のタイミングが来た時に、契約更新しないと本部が言ってきました。

1店舗目の契約の時も、2,3店舗目の契約の時も、更新されないなんてことは無いですよね?と確認しており、そんなことは無いと言われていたので安心していました。残念ながら、口頭での確認であったため、証拠がなく困っています。

現在、店舗を本部に取られ、本部直営として運営されています。
2,3店舗目は、赤字は大幅に圧縮し、もうすぐ黒字化のところまで来ていたのですが、黒字の1店舗目を取られると、ただ赤字のみ残るだけなので、2,3店舗目も本部に取られるままにされている状態です。

裁判をしようと思うのですが、どうなるでしょうか?
なんとか損害賠償と勝ち取りたいのですが、どうしたら勝てるでしょうか?

なによりも、フランチャイズ契約の更新拒否を違法として訴えたいのですが、知恵をお貸しください。

どうぞよろしくお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • さっそくのご回答ありがとうございます。
    すでに弁護士に相談しています。しかし、担当弁護士がみるからに経験不足そうなのと、どうやら調べた結果、判決として前例がほぼ無い事例(恐らく示談等で済まされて来た話)のため、裁判所がどう判断するかわからない。どちらかというと主張が通るのは難しいのでは?といった雰囲気を感じていて、今の弁護士でこのまま進めていいのか迷っています。ただ、もう既にかなり進めていて、今更変えるのは、、、と思ってしまい、ずるずると進めて来てしまっています。

    弁護士によってやはりかなり違うのでしょうか?よくよく選んだ方がいいでしょうか?
    どうしたら今の弁護士の方で、より満足して進められるでしょうか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/01/31 08:03
  • そうなんです、フランチャイズ契約はきちんと法制化されていないので、一般のただの契約で処理しようとする弁護士がいて、問題が多発している領域ですよね。ほとんどは弱い立場の加盟店が泣き寝入りの様ですが、、、

    「信義則上、FC契約の更新拒絶には正当な事由が必要」と判断した裁判例として、東京高等裁判所平成25年6月27日判決が存在します(プレナスとほっかほっか亭総本部の事件です。但し、この事案では結論として正当事由ありとされています)。

    弁護士は、例えどんな無理なことであっても、弁護(その人の利益になるように主張して助けること。また、その人に代わって事情をよく説明してかばうこと)することを信条としているわけではないのでしょうか。やはり、弁護士は選んだ方がいいのでしょうか。良く会話すれば大丈夫でしょうか

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/01/31 08:45

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 判例があまり固まっていない分野での弁護士の仕事は、クリエイティブな仕事に近い部分があります。

知識経験が豊富であることは有用ですが、それだけではない「ひらめき」が必要になります。

 質問者さんが不安に思うのであれば、現に依頼している弁護士の先生に、質問者さんの不安を正直に話すのが一番だと思います。その弁護士が勝訴の見込みが低いと考えているのであれば、他の先生に依頼することについて反対しないと思います。ただし、着手金は返ってきません。

 質問文を読む限り、裁判で勝てるかどうか、やってみないとわからない事件と思われるので、弁護士としては負ける(敗訴)の可能性は説明せざるを得ません。質問者さんの弁護士が力不足だと断定することはできないと思います。質問者さんが不安であれば、とりあえず、他の弁護士に相談だけでもしてみたらどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

セカンドオピニオンとして、複数の弁護士の方に話を伺いました。「判例があまり固まっていない分野」、まさにご回答者様が仰っているとおりで、判例の積み重ねがまだまだ少ない分野の様です。ただ、「FC契約の性質上、正当な理由の無い更新拒絶は認められない」といった趣旨の判例が出ていますので、この裁判の構成を良く勉強して、頑張りたいと思います。

「クリエイティブな仕事に近い部分があります。知識経験が豊富であることは有用ですが、それだけではない「ひらめき」が必要になります。」、まさにただの代書屋ではなく、弁護士に相談する意義・期待はここにあると思います。弁護士を信頼し、共に知恵を出し合って、悪徳業者と闘って行きたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/01 17:46

ザー、ジーともに契約更新義務はないので、


「更新拒否を違法」として争うことは暖簾に腕押しに終わるでしょう。

そもそも「更新をしない」と本部が決定をした事由が判れば
是正することで解決の糸口が見えてくると思いますが。
本部指定外の商品を入れていた、とか
必要なデータを上げていなかった、とか
FCチェーンの一員として不適切な状態があった、とか。

>現在、店舗を本部に取られ、本部直営として運営されています。
 何ですかこの状態は。
 店舗物件の所有者は誰なのでしょう。
 賃貸借物件であれば、FCオーナーが更新すれば本部に取られるなんてことは無いので、
 本部契約(所有)物件をFCというより、MC店とかで運営していたとかでは
 ないのですか。
 それであれば、「黒字店にしてくれてありがとう。まぁ、あなたも稼いだことでしょう」
 くらいで、シャンシャンとなっても文句は言えない。
 何せ一般FC店に比較して、初期投資費用が遥かに少なかったでしょうから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。

法律問題についてあまりお詳しく無い様ですのに、コメントいただいてありがとうございます。相手方がそういった主張をしてくる可能性があるという想定主張例といて、対抗策をよく検討して行きたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/01 17:50

>フランチャイズ契約は5年契約で・・・



と言うことであれば、5年が経過する時点で更新の可否の判断は自由です。
それを更新しなかったと言って損害賠償請求権はないと思います。
損害賠償請求は契約違反か法律違反でない限りできないです。
「以前は更新を認めたが」と言う理由は理由にならないです。
全文を拝読する限り、残念ですが、どんなに斬れる弁護士でも敗訴となりそうです。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。

あまりFC問題や契約に関する判例についてご存じない様ですね。ただ、相手方はそういった主張をしてくる可能性があります。そういった主張に対処する心構えを持て、というアドバイスとして拝聴いたします。がんばります。ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/01 17:41

まずは契約書の内容確認と、更新拒否の際の書類確認です。


どのような理由でどのような請求をすべきかは、証拠と事実関係次第です。
質問文だけで判断することは危険ですが、更新拒否に正当性がない可能性が高いように思います。
できるだけ早く弁護士に相談して下さい。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

弁護士に相談しました。
FC問題は、訴訟になっても和解で処理されることも多く、過去の判例の積み重ねが少ない分野で、裁判所でどう判断されるかは個別のケースによる様です。ただ、FC契約の性質上、正当な理由の無い更新拒否は認められないという高裁の判決があります、これを一つの指針として主張を構成していきたいと思います。がんばります。ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/01 17:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同じ業界で他の店のフランチャイズ経営してもOK?

http://www.eiden.co.jp/home/top/tenpo/tenpo04.html
↑エイデン(中部地方中心の家電量販店)みたいに、auショップとソフトバンクショップとドコモショップと3つとも携帯ショップ経営していますが、このように3つとも経営してる携帯ショップ会社は他にもたくさんあるみたいです。最初これを知った時は驚きました。同じ業界の他の携帯会社のショップ経営していいのかと思って。

他の業界でもOKなんですか?
例えばフランチャイズで

コンビに業界
ローソン3店舗・ミニストップ2店舗・サークル5店舗を経営するとか

リラクゼーション業界(フランチャイズをやってるボディケア・リフレクソロジーなど)
ル・タン2店舗・relax3店舗・ナチュラルボディ4店舗を経営するとか

他の業界でもフランチャイズでこういう形で経営するのは許されるんですか?

Aベストアンサー

FCオーナーです。
すべて契約如何ですが、ほとんどの所は同業種
類似業種との契約は無理・禁止されています。
企業の機密・ノウハウの漏洩を守るためです。

Q内容証明受け取り拒否と裁判申し立て拒否について

旧債権に基づき、債務者のほうに内容証明にて催告書を二度送付しましたが、
相手からの返事は何もありません。

一度目は受け取り拒否。
二度目は確かに相手に渡ったと郵便局より配達証明書をいただいております。

このように、二度債務者が内容証明の受け取り拒否すると自動的に
裁判所へのお墨付きになると聞いてます。

さて、ここから、いきなり裁判ということになると思うのですが、
今後、裁判所から訴訟の通知に対し相手がそれにも応じない場合は、
どのようになるのでしょうか?

相手は完全無視で通すことがうかがえます。

アドバイスのほどお願い申し上げます。

ちなみに相手側への請求額は1500万円強です。

一応、友人弁護士の助けを経て現在アクションを起こしていますが、

不安になったので色々なケースがあるのではないか?

と思い、質問させていただきました。

不明な点は補足に詳細な説明をさせていただきますが、

不当だと感じた場合にはお答えしませんのでご了承くださいませ。

Aベストアンサー

> 一応、友人弁護士の助けを経て現在アクションを起こしていますが
であればお友だちに聞かれた方が確実でしょう。
こんな掲示板など書いた事に誰も責任を持ちません。
   
相手が無視をすれば欠席裁判です。
相手方は弁論をしないわけですから、あなたの言い分だけが裁判長に伝わります。
結果、あなたの言い分の方が通るという事です。
   
裁判結果も無視をして来るようなら、強制的に差し押さえをすれば良いかと。

Qフランチャイズ(保育園の経営)って大変ですか?

今、保育園の経営を考えているんですが、フランチャイズはたいへんだと耳にしますが、ロイヤリティーを支払うフランチャイズって実際どうなんでしょう。自分で1から立ち上げる困難を考えたらいい点もあるとは思いますが、メリットもデメリットもあると思います。フランチャイズについていろいろアドバイスおねがいします。少子化の時代といっても、今は待機児童がたくさんいるともいわれていますが。フランチャイズでのビジネスは一部の人しか儲からないのかなとか、なにぶん未経験なものでよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 再び#2です。

 詳しい内容をありがとうございました。

 なるほどねー。
 ちょっと、この数字を信じて始めてしまうと、えらいことになりますね。

 まず、40名をどうやって集めるかですが、
 最初の1年は、20名台で推移するんじゃないでしょうか。
 というのは、利用者って、かなり厳密にシュミレートしていますよ。
 家庭の状況、卒園年次、近隣の友人宅の子どもたちとの関係などなど。
 ですから、すぐには入らず、様子を見ている方が多いと思います。
 チラシや看板だけでは入ってくれません。
 1~2年めは、かなり厳しいと思いますよ。
 売り上げは、下手したら100万を切るかもしれませんよ。
 それでも大丈夫ですか?

 あと、経費ですが、#4の方がおっしゃるように、見積もりが
 少ないのでは?
 家賃などがわかりませんので、なんともいえませんが、
 衛生用品、消耗品の消費量ははんぱなく多いです。
 もちろん、教材もなにかといりますしね。

 それから、人件費ですが、50万だと、何人?
 地域の平均額にもよりますからなんともいえませんが、
 保育士は必ず2人以上必要です。それは、在籍が2人いればいいという意味ではなくて、保育時間中は必ず複数配置が義務付けられているんです。ということは、だれか休んでも、2人以上配置できるように雇っておかなくてはなりません。ただ、質問者様がご自身でカバーされるならいいですが。
 正規職員のみでなくて、パートを活用するにしても、パートは主戦力にはなりません。あくまで、補助です。利用者側からしてみれば、自分の子を、しっかりとみてほしいわけで、パートばかりたくさんいても、信用できず、預けられないからなんです。
 この業種は、経費のほとんどが人件費になるタイプです。160万の売り上げで、50万が人件費というのは、少し無理があるでしょうね。

 あと、つけくわえていえば、入園対象年齢をどうするかという問題です。40名のうち、ほとんどが4-5才というのであれば、わりあいスムーズにいきますが、現実にはそうではありません。2-3才の小さい子のほうが多いと思います。そうなると、保育士の配置は変わります。
 2才ですと、最低でも6名に対して保育士を1人配置する必要があります。(あくまでも最低ですよ。現実は、それでは足りません)
 売り上げを増やすために、だれでも入園させていいのではないわけです。

 給食もなさいますか? となると、調理職員の人件費もかかりますね。
 検便など、所定の検査費用もコンスタントにかかってきます。(調理職員のみでなく、職員全員必要です)

 というふうに、いろいろ考えてみると、本部が出している数字は、あまりあてにならないと思われます。
 よーく、考えて行動してくださいね。
 がんばってください。

 再び#2です。

 詳しい内容をありがとうございました。

 なるほどねー。
 ちょっと、この数字を信じて始めてしまうと、えらいことになりますね。

 まず、40名をどうやって集めるかですが、
 最初の1年は、20名台で推移するんじゃないでしょうか。
 というのは、利用者って、かなり厳密にシュミレートしていますよ。
 家庭の状況、卒園年次、近隣の友人宅の子どもたちとの関係などなど。
 ですから、すぐには入らず、様子を見ている方が多いと思います。
 チラシや看板だけでは入...続きを読む

Q行政の処分に関して裁判所で取消が認められるのってその処分が純粋に違法であるときだけでしたっけ。 違法

行政の処分に関して裁判所で取消が認められるのってその処分が純粋に違法であるときだけでしたっけ。

違法性だけでなく「不当性」も考慮する、という説明をどこかで聞いたはずなんですがそれは別の話でしたか?。

その不当性もあくまで法律の趣旨の範囲内で、ということですか。

墓地の判例で、保護されるのは公益であって個人(公益を構成する要素のはずなんですが)ではない、というところで頭が混乱しました

Aベストアンサー

行政処分の取消の訴えが認容されるには、当該行政処分が違法であることが必要です。不当な行政処分だとしても、それが行政裁量権の濫用や逸脱があったものではない限り、適法な行政処分ですから、裁判所は取消をする判決をすることはできません。行政不服審査法が、不当な処分も対象としていることへの対比を押さえておくことが重要です。

行政事件訴訟法

(裁量処分の取消し)
第三十条  行政庁の裁量処分については、裁量権の範囲をこえ又はその濫用があつた場合に限り、裁判所は、その処分を取り消すことができる。

行政不服審査法

(目的等)
第一条  この法律は、行政庁の違法又は不当な処分その他公権力の行使に当たる行為に関し、国民が簡易迅速かつ公正な手続の下で広く行政庁に対する不服申立てをすることができるための制度を定めることにより、国民の権利利益の救済を図るとともに、行政の適正な運営を確保することを目的とする。
2  行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為(以下単に「処分」という。)に関する不服申立てについては、他の法律に特別の定めがある場合を除くほか、この法律の定めるところによる。

行政処分の取消の訴えが認容されるには、当該行政処分が違法であることが必要です。不当な行政処分だとしても、それが行政裁量権の濫用や逸脱があったものではない限り、適法な行政処分ですから、裁判所は取消をする判決をすることはできません。行政不服審査法が、不当な処分も対象としていることへの対比を押さえておくことが重要です。

行政事件訴訟法

(裁量処分の取消し)
第三十条  行政庁の裁量処分については、裁量権の範囲をこえ又はその濫用があつた場合に限り、裁判所は、その処分を取り消すことが...続きを読む

Q同じ業界で他の店のフランチャイズ経営してもOK? 

http://www.eiden.co.jp/home/top/tenpo/tenpo04.html
↑エイデン(中部地方中心の家電量販店)みたいに、auショップとソフトバンクショップとドコモショップと3つとも携帯ショップ経営していますが、このように3つとも経営してる携帯ショップ会社は他にもたくさんあるみたいです。最初これを知った時は驚きました。同じ業界の他の携帯会社のショップ経営していいのかと思って。

他の業界でもOKなんですか?
例えばフランチャイズで

コンビに業界
ローソン3店舗とミニストップ2店舗とサークル5店舗を経営するとか

リラクゼーション業界(ボディケア・リフレクソロジーなど)
ル・タン2店舗とrelax3店舗とナチュラルボディ4店舗を経営するとか

他の業界でもフランチャイズでこういう形で経営するのは許されるんですか?

Aベストアンサー

業種と契約によります。
例えば飲食店やコンビにチェーンなどでは、一応「区域割」をしている場合があり、例えば××チェーンでは、東京の荒川区はAさんのFC契約としているような場合です。
××チェーンを他の区で経営しているBさんが、荒川区はAさんのエリアで××チェーンは経営できないのでライバルの○○チェーンなどと契約し、出店した場合、FC本部としては、自社のFCの利益を侵害しているため契約解除を申し出るなどの可能性はあります。
そういう場合は、なんらかの形で契約条項に入っていると思いますよ。入ってなければ可能です。

Q民事裁判で原告として現在判決待状態の中、被告らの証言が虚偽であるという訴えがあった場合

労働問題(退職金不当減額と出向先でのパワハラ)で大企業2社を相手に民事裁判を起こしていましたが、約1年半が経過して、やっと昨年末の原告・被告の証人尋問がありました。証人尋問を終えた直後に裁判長から被告らに和解勧告が提案されました。しかしその約3週間後に被告らは和解しないと回答しました。年が明けて2月初めの最終弁論を終え、結審され、判決は4月末に行われます。 このような状況の中で、被告が提出した重大な証拠に虚偽があったのが判明した場合(証拠に記載された人物が「おれはそんな会議には出ていないし、そんな発言や決定・命令はしていない。これは名誉毀損だ」と訴えた場合)、判決待ちの私の裁判は今後どのような展開になるのでしょうか?

Aベストアンサー

その人の陳述書を提出した上で、弁論再開の申立をするのがいいのでは。弁論再開をするか否かは、裁判官の判断ですが、控訴でひっくり返る可能性があると考えるなら、弁論再開するでしょう。

一審判決まで待って控訴審で争うより、一審で勝つチャンスを少しでも高める方がいいのではないですかね。

Qコンビニなどのフランチャイズ経営

親がフランチャイズ経営を始めようとして困ってます。メディアでは取り上げてませんがインタ-ネットや書籍などフランチャイズを行う上でトラブルやリスクがある事が出てますが、本人に見せても頑として受け入れなくて困ります。決して安い投資では無いので困ってます

Aベストアンサー

何故?

失敗するリスクばかり気にするのでしょうか?

本人の人生なんだから、開業させてあげてあげるのも良いと思いますよ

もしかしたら、成功するかも知れないしスレ主さんの思惑通り失敗するかもしれませんけど

スレ主さんも、何故?失敗することばかり思案するよりも、成功するにはで色々と考えてあげてみてはいかがでしょう?

Q地方裁判所⇒高等裁判所⇒最高裁判所で判決が変わることについて

ご存知の方がいたら教えてください。(法律には疎いズブの素人です)
同じ案件でも、地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所で異なる判決が出ていますよね。
これに非常に違和感を感じています。地方裁判所で有罪となっても例えば最高裁で無罪になることもあります。本当は無罪であるにも関わらず地方裁判で終えてしまうと、有罪ということですよね?
これっておかしくないですか?端的に言うと、すべての案件を最高裁で審議すべきという考えです。もちろん、それには時間的にも物理的にも今のままだと不可能ということは理解しますが、本来のあるべき姿とはかけ離れているようなきがするのです。今のやり方だと法律弱者が出てしまうような気がしています。どうしてこんな制度になっているのか、教えていただけませんか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>すべての案件を最高裁で審議すべき

最高裁は事実認定をしません。
下級審の判断が法律にあっているかどうかだけを判断します。


>本当は無罪であるにも関わらず

日本の裁判の場合、起訴されると99.9%以上有罪です。
これは裁判所が黒と判断する以前に、検察が確実に有罪に持ち込める事件だけを
起訴しているからです。


>同じ案件でも、地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所で異なる判決

基本的には刑事事件では判決(有罪)は変わりません。
判決が変わった(有罪→無罪or無罪→有罪)場合に大きく報道されるだけです。

Qフランチャイズのミニストップの経営者をやろうかと考えておりますが 儲

フランチャイズのミニストップの経営者をやろうかと考えておりますが 儲からない 自分の時間がないなどの意見があるのですが 実際儲からないものなのですか?

Aベストアンサー

コンビニなどの経営者は、結局は自分で資金を出して中間管理職になるというケースが多いです。
本部が最初に儲かる仕組みになっているので、なかなか実際の店舗で儲け続けるのは大変ですよ。
それだけの商才があれば、縛りのきついフランチャイズなどやらなくても儲ける事が出来ますし。

それだけのリスクを背負って、どれだけ儲かるのか。
フランチャイズの本部の試算でなく、ちゃんと自分で試算してみて考えてみてください。
もし自分で試算ができないようであれば、その時点で諦めた方が良いと思います。

Q【国際裁判・IDS条約】IDS条約による国際裁判になった企業対国家の裁判事例を教えてください。 い

【国際裁判・IDS条約】IDS条約による国際裁判になった企業対国家の裁判事例を教えてください。

いまグローバル企業は巨大化して発展途上国だと1つの会社より国の資本規模が負けていて国が企業を訴える時代から国より企業の方が強くなって契約違反だと昔は企業は泣き寝入りでしたが現在はバックに国際裁判という先進国の後ろ盾を付けて発展途上国の横暴な企業イジメが出来なくなって途中から条件を変えようと昔は強制的に弱い弱者の企業は泣き寝入りだったが、先進国の後ろ盾を付けた今は発展途上国はグローバル企業に逆に訴えられる事例が増えているという。

どれくらい増えているのでしょう?

今は他国に対国と契約する場合に国が契約違反をすると違約金を支払うというIDS契約を結ぶという。

訴えられた国の事例を教えてください。

Aベストアンサー

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/investment/
投資家と国との間の紛争解決(ISDS)手続の概要(平成28年10月)(PDF)
「よくあげられる仲裁判例」はどうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報