日本語を勉強中の中国人です。「お気遣いありがとうございます」と「ご配慮ありがとうございます」の違いは何でしょうかか。どのように使い分けておられますか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

1.


「お気遣いありがとう」⇒「わたしのために、心配してくれてありがとう」というニュアンス。
たとえば、質問者さんがお茶を机の上にこぼしてしまった時、誰かがタオルで拭いてくれたとしましょう。
あるいは、「眠そうですね。はい、このコーヒー飲むと眠気が吹っ飛びますよ」と言われた時。
これらの場合は、「お気遣いありがとう(ございます)」です。
「ご配慮ありがとう」よりは適しています。

2.
「ご配慮ありがとう」⇒「わたしが(仕事などを)やりやすいように気配りしてくれてありがとう」「わたしの(仕事などの)面倒なことを解消してくれてありがとう」というニュアンス。
質問者さんが、大量の資料を読む必要がある時、誰かが、「必要なところに線を引いておいたから、そこだけ読めばわかるよ」と教えてくれた時。
あるいは、仕事でA社を訪問するとき、「A社での仕事が終わったら、そのまま、まっすぐ帰宅していいよ」と上司に言われた時。
「ご配慮ありがとう(ございます)」と言います。
これらの場合でも、「心配してくれてありがとう」と言いたければ「お気遣いありがとう」と言っても構いません。
ただ、「わたしの仕事をやりやすくしてくれてありがとう」と伝えたければ、「ご配慮ありがとう」と言うと、その意図が伝わります。

厳密な区別はありませんが、基本的に、このような使い分けをしていると思います。
    • good
    • 26
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。とても参考になりました。

お礼日時:2015/03/21 11:16

感覚的には、お気遣いがより直接的なもの、ご配慮はより関節てきなもの、おいう感じもします。


先の回答者の、ご配慮、のほうが範囲が広い、とほぼ同じ感じでもありますが。
>「お気遣いありがとう」と「ご配慮ありがとう」
実際にこの表現の通りの時は、私なら
ご配慮「いただき」ありがとう、とします、お気遣いありがとう、はこのままでも使用します。
文法的にはどうでしょう、配慮(漢語)で名詞、気遣い、は名詞ですが遣うの動詞から名詞化したものを含みます。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2015/03/21 11:25

まず質問文は「完璧」です。


ご質問に対しては、「配慮の方が、やや意味が広い」と回答致します。

ご質問の用法では、「ほぼ同義」ですね。
「○○ありがとう」と言う場合は、私も厳密には使い分けていないと思います。
また「お心遣い」なども同じです。

しかし「ご配慮」の方は、「ご配慮下さい」「ご配慮を願います」など、相手に配慮や気遣いを求める場合にも使えます。
逆に「お気遣い願います」とは言いません。

「慮」「気」は、どちらも「相手に対する思いやりの気持ち,考え」かと思いますが、「配す」「遣う」の部分で、ニュアンスが違ってくるのでしょう。

すなわち「配す(配る)」は「遣う(使う)」に比べ、考えを巡らす方向や範囲が広いから、失礼には当らないのかな?と思います。

たとえば「気」の場合、「気配り」と言う表現もありますが、「気遣い」が特定の人物に向けられる傾向に対し、「気配り」だと、「周囲に目が行き届いている」と言うニュアンスで、不特定,多数とか、人では無く、物や行為に対してでも使われます。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。難しいですね。いろいろ参考になりました。

お礼日時:2015/03/21 11:22

同義語ですが、気遣いは和語、配慮は漢語という語源の違いがあります。

(中国のことば=漢語/音読み、日本のことば=和語/訓読み。備考:日本で作られた和製漢語も多数存在しています)

それをどう使い分けるかというと straight to the point (businesslike) で硬い響きのある漢語は仕事などの公的(ビジネス的)な場面で使うのにふさわしく、柔らかい響きのある和語はより日常的な場面で使うのにふさわしいといったニュアンスの差が感じられます。具体例は No. 4 さんが述べておられます。ただし強いて言えばの差であって厳格な使い分けというほどではありません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2015/03/21 11:20

#3です。


ひとつ補足があります。
「お気遣いいただき、ありがとうございます」
「ご配慮いただき、ありがとうございます」
のようにすると、さらに丁寧な表現になります。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

はい、了解いたしました。何度もご丁寧に教えていただきありがとうございます。

お礼日時:2015/03/21 11:19

>お気遣いありがとうございます



A:今日は寒いですから、風邪など引かないようにしてくださいね。
B:お気遣いありがとうございます。

A:これ、ご両親へのお土産です。
B:お気遣いありがとうございます。

相手の思いやりや優しさに対する感謝の言葉でしょうか。

>ご配慮ありがとうございます

A:お帰りのタクシーをご用意いたしました。
B:ご配慮ありがとうございます。

A:中国の方なら紹興酒でしょう。
B:ご配慮ありがとうございます。

事務的な場面ですね。
「余計なことをするな」という気持を込める場合もあります。

「ご配慮ありがとうございます」は「お気遣いありがとうございます」に代えることはできます。

感覚的には「お気遣いありがとうございます」の方が、相手との距離が近い、よりフレンドリーな感じですね。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。なんとなくわかりました。いろいろいい勉強になりました。

お礼日時:2015/03/21 11:18

「お気遣いありがとうございます」と「ご配慮ありがとうございます」



「お気遣い下さってありがとうございます」と「ご配慮下さってありがとうございます」
さらに印欧語族的に厳格な文法的に改変すれば、
日本語の特徴たる「(にて=で)ある=自然に存在する」との状態文を使わずに
「感謝する」という一般動詞を使って明確に謝意を表す表現
「お気遣い/ご配慮 下さったことに(対して)感謝申し上げます」
とすれば教養有るとともに家柄が良い=育ちが良い家庭の出身者と感じてもらえます。
近年の日本語は省略が過ぎる=無礼になりつつあると言うことです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2015/03/21 10:58

全く同じ意味、同じ敬語と理解しています。


「お気遣い」も「ご配慮」も、相手方が気を配ってくれている事を表す言葉でしょう。
その時とっさにどちらを思い浮かべるか、だけの違いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2015/03/21 10:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qありがとう・・・ございます?ございました?

このカテにははじめて質問させて頂きます。
このOKwebを使っているとよく感謝の言葉を使いますよね。
で、僕はお礼をするときに時々迷います。
「ありがとうございます」「ありがとうございました」
どちらでお礼をしたらよいのでしょうか?
僕が思うに「ございます」の場合は、こちらが先に物を頼みこれから相手からしてもらう時に使い、
「ございました」の場合は、相手から「感謝すること」をされた後にこちらがお礼する時に使うんじゃないかと思っています。
ですからOKwebでは「ございました」を使うようにしています。
皆さんはどのように使い分けていますか?
または正しい使い分けなんてのはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 故古今亭志ん朝師匠でしたか、「"ありがとうございました"は正しくない使い方だ。あれは"ありがとうございます"でなきゃならない」といって、「ありがとうございます」しか使わなかったという噺家がいらしたということを聞いたことがあります。
 タは完了や過去をあらわす助動詞ですが、もともとは確認、つまりここにこれがあるということをはっきりとさししめすニュアンスを持っているので、それがかすかにおしつけがましい感じを与えると思われる方がいても、それは決して不思議ではありません。
 加えて感動詞(挨拶もこれに含まれる)は時制を持たない、というのが文法の基本ですので、「ありがとうございます」を過去時制「ありがとうございました」に活用させるのは文法的におかしい、ということもいえるかもしれまえん。「いただきます」の未来時制「いただきましょう」が挨拶(感動詞)ではなく、「食べましょう」という意思をあらわす表現になってしまうのと同様、という考えかたです。
 すでに日常生活のなかで「ありがとうございました」も定着している表現ですのでそこまできびしく考える必要もないとは思いますが、「ありがとうございます」から「ございました」のかたちが発生したであろうことはおそらく疑うことのない事実でしょうから、このような意見にも一理あるとはいえます。

 故古今亭志ん朝師匠でしたか、「"ありがとうございました"は正しくない使い方だ。あれは"ありがとうございます"でなきゃならない」といって、「ありがとうございます」しか使わなかったという噺家がいらしたということを聞いたことがあります。
 タは完了や過去をあらわす助動詞ですが、もともとは確認、つまりここにこれがあるということをはっきりとさししめすニュアンスを持っているので、それがかすかにおしつけがましい感じを与えると思われる方がいても、それは決して不思議ではありません。
 加えて...続きを読む

Q★外人に日本語の説明。(有難うございますVS有難うございました)

友達の中、日本語を勉強中のアメリカ人がいますけど、英語でThank youの言葉が、日本語では「ありがとうございます。」、たまには「ありがとうございました(文法的には過去形)」になるのが理解できないそうです。
(何故「ございました」になるのか、いつ「ありがとうございました」を使うのか・・など)。

やっぱこれは文化的な問題じゃないかと思うんですけど、できれば日本人として説明したいんです。どうやって説明すれば良いでしょうかね・・・

日本語でもOKです。ご意見お待ちします。

Aベストアンサー

普通に考えれば、相手にしてもらった行為の直後に言うお礼は「ありがとうございます」。過去にしてもらった行為に対するお礼が「ありがとうございました」だと思います。

ただこの「過去」と説明すると、外人には基準が曖昧と受け取られるかもしれません。5分前なら? 一時間前なら? と悩まれても困ります。英語の「過去形」とも違う感覚ですね。

日本人の感覚には合致しているとは言えませんが、
「お礼を言う対象の(相手の)行為があってから、現時点の間に、別の行動(会話、食事etc)をはさんだら『さっきはありがとうございました』になる」というのが、外人向けには理解しやすいのではないでしょうか。

Q「有り難うございます」と「ありがとうございます」

メールでのお礼の言葉で、私はいつも漢字を使って「有り難うございます」と書くことが多いのですが、私が受け取るメールでは「ありがとうございます」と殆どが平仮名なのです。

どちらでも正しいとは思っていますが、平仮名の方がより丁寧なのでしょうか?それとも何か理由がありますか?

ビジネスでのメールですが、社内でも社外の方とのメールでもそうなのです。
何かご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

「何か理由」は、ないと判断します。私は(ちょっとした物書きですが)、「ありがとうございます」ですが、ご質問の例示のほか「有難う御座います」などもありますネ。
「有り難う」には当てはまりませんが、常用漢字の範囲内とか、JIS第1水準の範囲でとか、いろいろ自分で決めれば、それが最高と思います。
ちなみに私は、原則「常用漢字」ですが、自分で例外を決めています。完全に常用漢字で、ということになると、「な良」「くま本」としなくてはいけません。また、「全」は常用漢字ですが、それには音訓の制約があって、「全く」は使えても「全て(すべて)」は使えません。
私自身の基準は、多くの人が接するであろう新聞の表記基準を参考にしています(自身は、新聞記者などではありませんが)。それによると、「めったにない」(有ることが難い)意味では漢字で「それは世にも有り難いことだ」「彼は有り難い才能の持ち主だ」としますが、感謝の表現では「ありがとう」「ありがたいお言葉で」「ありがた迷惑」のように漢字を使いません。私もそうしています。
ご参考まで。

Q【日本語】新年と本年どちらが正しいですか?明けましておめでとうございます新年もよろしくお願い致

【日本語】新年と本年どちらが正しいですか?

明けましておめでとうございます
新年もよろしくお願い致します

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します

Aベストアンサー

どちらが正しい? 使う場面によります。

新年=新しい年、正月で新たに明けた年。
本年=今年。

「新年が明けたので、おめでたい。本年(=今年)もよろしく。」

Qそれ以上でもそれ以下でもないという言葉は日本語表現として正しいのでしょ

それ以上でもそれ以下でもないという言葉は日本語表現として正しいのでしょうか。
上のような言葉が使われる場合は、まさに【それそのもの】だということを言いたいんだということはわかるんですが、実際に以上・以下という単語の意味を考えると【それそのもの】についても否定してしまっていますよね。
例えば数学的に考えると、例えば1以上でも1以下でもないという数字は実数では存在しないように

しかし「敷居が高い」だとか「役者不足」だとかいう慣用句の間違った用法がテレビ番組や書籍でめちゃくちゃに叩かれているのに、それ以上~がおかしな日本語だという話は聞いたことがありません。

もし仮に上の日本語が間違っているとするなら、それより上でもそれより下でもないというのが正しい言い方だと思うんですが、なんかもっさりしていて格好悪いですよね
数学の X<1 を言葉で表すとXは1未満というスマートな表現がありますが、X>1でスマートな表現はなにかないんでしょうか

過満とかどうですか?
それ過満でもそれ未満でもないって格好良くないですか?

Aベストアンサー

あなたの考え方はある意味正解です。

ただ、ここでは多分論点が違うのです。
(それ以上のもの)というのは、この場合、それよりもよいものである可能性をもっている、と言うことです。

何と言うか、範囲を比較しているのです。

「対象」をxとしますと。

x≧0
x≦0
x=0

はいずれもx=0の状態を示す範囲です。しかし、今扱ってるのはxが特定の値の話ではなく、上記それぞれではxの取りうる範囲が異なるということが大事なのです。

「x=0では無い可能性」は無い状態である、と言うことを言う表現と言うことになります。

「xは0以上でない」かつ「xは0以下ではない」と言うことではなく。
「xが非負ならxの範囲は0以上では無く0」かつ「xが正でないならxの範囲は0以下ではなく0」ということです。

厳密に言うと細かいですが、意味としてはこうでしょう。

ちなみに以上のうちイコールを含まないものは「超」と言うのが一般的なようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報