新築を検討中です。

コンセントの位置や数を決める段階なのですが、友人から台所のコンセント数で固定資産税が変わると聞きました。

友人も最近新築を建てて監査が入った時に台所のコンセント数を厳しく数えていったとか…

コンセント数で固定資産税が変わるならいくつ以内や範囲があるのか、
またそれは台所だけなのか家全体なのか、
誰か教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

固定資産税の計算、いろいろ基準があるみたいですが、建売だと一番初めに調査した家を基準に若干の加減をする程度、大きさや追加オプション工事分、贅沢なものは高く見積もられるみたいです。



しかし、一番チェックしているのは調査に協力しているかどうか、外見だけで高く査定されることもある、調査を断られると、建築確認申請書と比べ、目立つものを高めの査定で算出しながら加えて決定しているみたいです。

私の家の場合には、来た市役所の人が建築確認申請書と違う変更はないですかと聞かれ、外回りからチェックしていました。その後、中を丁寧にチェック、カーテンや照明をほとんど購入していない状態でしたので、照明は白熱電球中心で窓にはカーテンレールも未装着、冷暖房も古いものを2台だけ付け替えたものを入れていたので、最低限の状態でした。

外構も工事していない、これで工事は終了ですかと聞かれたので、駐車場は砂利を買ってきて水はけを良くするかもしれませんと答えました。

そこでどういう基準で固定資産税が決まるか尋ねると、調査させてもらえる人は基本価格から減額できる部分はしてくれる、建築メーカーごとの基準金額があるので、それを参考に決めますと言われ、私の家の建築メーカーは最も高い査定なのですが、最低限で作ってもらったということですし、その日の調査で確認できたので、当初の見積もりよりも大幅に安くなりますのでご了承下さいと言われました。

その後、照明も少しずつ買い替え、カーテンレールもつけたり、駐車場もコンクリートやレンガなどで作ってもらったり、冷暖房も買い足しました。家の建築代金に比較すると、外構分と冷暖房で3割以上アップしましたし、それがあるのと無いので査定が大幅に違うのも知っていたので、最低限の工事だけ済ました、コンセント数やガスの内部コンセントの数などもチェックしていましたが、多くても後からつけると高いのでと説明したら影響はほとんどないとのことでした。

全部でいくらかかりましたかと聞かれたので、工事の契約書を見せて確認したら、本当に安いのですねと驚かれましたが、請求された初年度の評価額を見ると工事代金の7割程度の金額が記載されていました。

http://www.token.co.jp/estate/tax/kotei/keisan/
>「固定資産税・都市計画税の計算」

これに比較して安いならいいのですが、私の場合には高かった、厳密に書くと、検査後にいろいろ追加でした分を加算されていないので、加算されたとしたら、大幅に安く済んでいます。

オプション工事などで追加料金が増えると、支払いも増える、結果、検査時に高めに算定される危険があります。

http://www.jibundetouki.com/lp/front-kotei001.html
>建物(家屋)の固定資産税は、『再建築価格方式』という評価方法で決まります。

http://suumo.jp/journal/2014/10/24/71691/
>建物の価格は「再建築価格」といって、今、同じ建物を建てるとしたら、いくらかかるか、という考えのもと、課税標準額が算定される。
>よほど華美な住宅でない限り、実勢の40~60%程度の価格になる

実勢価格というのが建築メーカーにより評価が変動するとのこと、私の家も高級な設定での工事だったみたいで、普通は支払った金額よりも3割も4割も高い値段が標準、検査に協力しないともっと高く請求されたらしいのを調査の役所の人から聞いて驚いたというだけです。

コンセントを複数増やしても年額で1000円も影響が出ない、むしろ、屋根付きの車庫とか、追加額が大きいものが重要です。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/ …
>「固定資産評価基準」総務省

全部読む必要はないのですが、最小限の工事をしてもらい、固定資産税の評価が済んでから追加で庭とか駐車場の工事などを発注すると目立たないものであれば追加で請求は来ないとのことでした。

隣りの家などは増築してあった家を登記もしていなかった、課税もしていなかったのですが、新築にして課税されて驚いていたみたいです。それでも、安い建築メーカーですので、大きさが私の家よりも大きくても課税額は安い、本人は文句言っていますが、私は何も言いません。近所で私の家と同じメーカーで建てた家の課税額を住人から聞いて知っていますし、決して高い金額を払っているのではないことを理解できたので、静かにしています。

年数が増えると、評価額も2割までは下がるそうですし、最初高くてもだんだん減ってくる、長く住むならコンセント数は多めが便利ですし、家の中を延長コードがあちこちよりも安全です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

とても詳しく具体的にありがとうございました。
サイトも見ました。
細かすぎて頭の悪い私にはクラクラしてしまいましたが要約してもらってましたので助かりました✨

外構や照明、カーテンレールの設置などは監査が来てからにした方がいいんですね。
そういう裏技もあったのだと主人と感心しました。

ありがとうございました!

お礼日時:2015/04/29 00:12

コンセントの個数を数えて行く方法と、建物面積の応じた標準点数に増減の補正係数を掛ける方法があります。



まあ、居室は部屋を軽く見渡すと部屋の隅の何カ所コンセントがあるか判ります。
台所は家電製品用に独立回路の配線が多くなります。
まあ、数を一つ一つ数えたり、キッチンカウンターの長さをメジャーで測ってみたりするのは、厳密に調べていると納税者に思わせるポーズのようなものです。
家屋調査に慣れてくると目測で判りますし、家全体の雰囲気で高い安いは判ります。

また、電気工事の多い少ないよりも、屋根が瓦か、カラーベストかとか、外壁がサイディングか、ガルバリウムか、塗りや吹き付けかの方が大きい差があります。

基礎の高さや、屋根の形状、軒出の長さ、窓の多少などいろんな評価ポイントがあります。
窓が多ければサッシ等の建具の評価は上がりますが、壁面積が少なくなりますから、内壁、外壁の評価は下がります。

大手のHMの建物なら、HMのモデル毎の標準点数が概ね決まっており、そこから面積やオプションの有無で補正を掛けて決定しているのが現状でしょう。
ただし、HM毎の点数は、各々の自治体で決めます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お答えありがとうございました!
ポーズだったとは…

お礼日時:2015/04/29 00:07

コンセント数ではマズ影響ないです。

 
シャンデリア、吹き抜け、電動シャッター操作位置から
洗面所のなど蛇口の構造から数までかったしから数えます。
高く見られるのが 耐火壁石作りタイル張り、ヘーベル等
柱太さ、等級、床が大理石、窓が大きい、天窓がある、キッチンが高級品
クローゼットなど造作品が多いとか壁の素材、ガラスの厚みまで 
一体型ソーラー等々きりが無いですね。 

ちなみに 有名メーカーさんのだと
図面見て歩いて終わりかもです。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

具体的にありがとうございました!

恥ずかしながらおっしゃっていましたものは特に入れてない…というかいれる余裕もなかったので高くならずに済みそうです(^^;

どうか固定資産税やすくなりますように!

お礼日時:2015/04/29 00:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新築の固定資産税軽減が半額でない?

去年自宅を新築し、その固定資産税のお知らせが来ました。
建物にかかる固定資産税は、120平米までは3年間半額になると思っていましたが、計算してみると軽減額は、半額ではなく三分の二くらいに軽減されている程度でした。
市役所に問い合わせてみると、この軽減措置は「半額」ではなく、税率を半分にすることだから、額そのものはちょうど半額にはならないという説明でした。
あらためていろいろなサイトを見てみると、やはり「半額」と明記してあります。
正解はどちらなのでしょうか?

Aベストアンサー

私も昨年、新居を建築し、今年から固定資産税を納税しています。

我が家の場合、延床面積が120平米を超えているので、固定資産税全体でみると1/2ではありませんが、120平米分は1/2されていました。

また、固定資産税と同時に、都市計画税も徴収されると思いますが、こちらは、軽減措置は特にないはずです。

ですので、本来の固定資産税+都市計画税からすると、今年の固定資産税+都市計画税は、2/3程度でした。

> 計算してみると軽減額は、半額ではなく三分の二くらいに軽減されている程度でした。

もし、延床が120平米以上の場合や都市計画税も含めて計算されている場合なら、2/3程度が正解な気がしますが、そうでないのなら、市の間違っているのかもしれませんね。

Q新築家屋の固定資産税評価方法

この度新築し、来週固定資産評価員がやってくるのですが、何か気を付けることってありますでしょうか?
新築家屋の固定資産評価は、その時の再建築価格にいろいろな補正係数を掛けて決定するということですが、設計図などからその家に使った材料などを網羅して、市の方で再見積もりするような形で決定されるのでしょうか?それとも今回実際にかかった建築費用を参考にして決定されるのでしょうか?
またエコキュートや外溝部分などの費用は評価額に含まれないように注意した方がいいと聞いたことがあります。車庫、照明器具などもそうでしょうか?他に除外すべきものはあるでしょうか?
とにかく初めてのことで何もわかりません。
どなたかよく知っている方、教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

調査は、図面(間取り、立面図、矩計図)と実際にお部屋を拝見して、内装等を見ていきます。これを固定資産評価基準という総務省がだす点数表に当てはめていきますので、ご質問のように「再見積」に近いものと言えなくもありませんね。来年は基準年度なので、平成20年建築の建物ですと、平成21年度基準表によって評価する事になります。設備でいうと、ユニットバス・システムキッチン、洗面ユニットは、主にサイズによる補正(標準より大きいか小さいか)ユニットバス等の給湯器は、追い炊き機能があるか無いかで大きく点数が違います。またインターホンは、白黒モニターかカラーモニターか、録画機能があるかによっても補正されます。外構工事や調度品は含まれません(これは明確にされています)。天井裏収納庫やベランダなどは、「その他の工事」という評点項目で、プラスαの要因になります。あとは、屋根・床・壁・天井の素材ごとで1m2あたりの点数が決められているので、この仕上材を見極めていきます。断熱材の有無も要素となります。調査時に、これらをきちんと見ているかは、立会い時に確認してください。また質問に丁寧に答えることが、評価補助員(調査の権限のある職員)の説明責任ですから、遠慮なく質問されてよいと思います。4月には縦覧制度があって他の家との評価額の簡単な比較はできますので、押えておくと良いと思います。

調査は、図面(間取り、立面図、矩計図)と実際にお部屋を拝見して、内装等を見ていきます。これを固定資産評価基準という総務省がだす点数表に当てはめていきますので、ご質問のように「再見積」に近いものと言えなくもありませんね。来年は基準年度なので、平成20年建築の建物ですと、平成21年度基準表によって評価する事になります。設備でいうと、ユニットバス・システムキッチン、洗面ユニットは、主にサイズによる補正(標準より大きいか小さいか)ユニットバス等の給湯器は、追い炊き機能があるか無いかで...続きを読む

Q新築の固定資産税節税対策

現在家を新築中です。
ほとんど完成してますので今さらですが、簡単に出来る固定資産税評価の節税対策はないものかとネットで探しましたが、
なかなか具体的なものが見つけられません。
詳しい方、下記質問にご教授願います。
1)ウォシュレットの有無で4000円/台も固定資産税が変わるとの記述を見つけました。
  http://www.tatemonotouki.com/honnintoukikoteisisan.html
  平成12年までと書いてありますので、現在は評価に関係無いのでしょうか?固定資産税が大きく変わるのならば、
  査定の当日はただの便座を付けて節税しようかと思います。
2)小屋裏に天井高さは1.4m以下の約30m2の物置があります。
  これにより固定資産税の評価は増額されるのでしょうか?
3)その他、完成後査定前に出来る節税対策はないものでしょうか?
以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

市区町村によって違うかもしれませんが参考まで。

インターホンが、音声だけ、画像も映せる(白黒)、画像がカラー表示、ということでも評価額が違うと言われました。当然カラー表示の方が高くなるそうです。
出窓も作り方で面積に入るか入らないかが違うそうです。

こんな事が前もって分かっていれば、最初はつけなければよかったと思いました。インターホンくらいだったら配線だけ済んでいれば自分でも取り付けられるので。
取り替えるというのは費用対効果を考える必要があると思いますが、あとから取り付ける事が出来るものはそうした方が良い、と思いました。

検査を受けた際の私の感想ですが、トイレも2つつけたけど、検査までは1つにしておいてあとからつけるとか。指摘されても「家族が増えた時のために配管だけしておいた。今は物置だ」と言えばよかったか?今となっては後の祭りですが、腹立たしい。

Q新築を購入したときの固定資産税について

建売の新築を購入した場合、購入した年の建物の固定資産税は課税されますか? それとも翌年から課税されますでしょうか?

Aベストアンサー

固定資産税はその年の1月1日の所有者に課税されますので、家屋の分は翌年からの課税になりますが、土地の分は業者から月数案分で請求されると思います。

Q新築の家は家屋調査で固定資産税の評価額を算出?

市役所の資産税課から新築の家屋の固定資産税の評価額を算出するために、家屋内を見せて欲しいと言われています。内装の資材などを評価するため、と言われていますが、これは書類で分かる事、という訳には行かないものでしょうか?2-3人で家の中を見ると言われていますが、見知らぬ他人に家財を含め、家の中を全て見せなければならない、というのはプライバシーや防犯の観点からも如何なものか、という気がします。法律上これは仕方のない事でしょうか?どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

固定資産税の基準になる建物評価額は、当該建築物の再建築価格の50~70%といわれています。
評価の定まっていない物件については、再建築価格の70%になるか近隣にある類似建物と同等の評価となるようです。

税金を集める側からすれば少しでも多く徴収したいわけですから、相手のいいなりで支払うと高くなる傾向にあります。
家屋調査を行ったからといって50%の評価になるとは限りませんが、行わない場合は最大値である70%になる可能性が高いと思われます。

家屋調査を行わずに高い評価額になったとしても再調査を申し出ることは出来ません。
3年後の評価替えまでは高い評価額のまま固定資産税額が算定されることとなります。

プライバシーを重視するのであれば、最高額を支払うので宅内への立ち入りを遠慮して欲しいといえば、家屋調査は実施されないと思います。

少しでも安くしたいのであれば、調査に積極的に協力し調査員に好印象を与えたほうが良いでしょう。
基本的には調査基準が定まっているため大きな違いはありませんが、調査員も人ですから「なるべく安くして下さいよ~」と笑顔で言えば、少しくらいの融通は利かせてくれるかもしれません。

固定資産税の基準になる建物評価額は、当該建築物の再建築価格の50~70%といわれています。
評価の定まっていない物件については、再建築価格の70%になるか近隣にある類似建物と同等の評価となるようです。

税金を集める側からすれば少しでも多く徴収したいわけですから、相手のいいなりで支払うと高くなる傾向にあります。
家屋調査を行ったからといって50%の評価になるとは限りませんが、行わない場合は最大値である70%になる可能性が高いと思われます。

家屋調査を行わずに高い評価額になったとしても再...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報