溶接機が全く付かなくなってしまいました。
考えられる不具合の原因、故障箇所を推測できる方 アドバイスをお願いたします。

Panasonicの半自動溶接機 パナオートミニ YD-160 R5という機種を使用しています。
使用ガスは炭酸ガスです。使用ワイヤー 軟鋼用ソリッドワイヤー YM-28 ワイヤー径0.8mm
パンパン跳ねる感じで、アークが安定せず、瞬間的にアークが途切れます。母材が溶け込まず、溶接しても触れば軽い力で簡単に剥がれてしまいます。
電流をいくら調整しても、電流を弱めて行くとアークが途切れる時間が長くなるのみで、いずれの電流で試しても同じ状況です。
溶接中も異常を示すランプは付いていません。

アークを飛ばさない状態でトーチを握るとスムーズにワイヤーが出て来ますが、溶接しながら送給ローラーを確認すると、トーチを握りっぱなしでも、ローラー(モーター?)自体の動きが、アークに合わせて一瞬止まる、もしくは遅くなるような状態です。

試してみた事
溶接機内部のエアブロー
送給ローラーの清掃、締め付け調整
チップ、ノズル交換、コンジットチューブ清掃、トーチボディ、コンジットチューブは後に交換。
電流調整、ガス量調整、トーチを握ると、トーチよりガスが出ている音はしています。
電源ケーブルの本体に接続されている側の一部が裂けていたので、ケーブルを途中から切断し、圧着端子を交換

この溶接機は、定格使用率オーバーによるダイオードの故障が多いとの情報を見て、
寸法、外観が全く同じダイオードが23個あり、型番や記号などの記載が全くなく、
同じダイオードを探す事が困難だった為、サイズが同じであった耐圧600V 1Aの一般整流用ダイオードに全て交換 

アルミ電解コンデンサ 底部から液漏れ? アルミ電解コンデンサのうち3個の底部に茶色い固まった接着剤のようなものが付着していました。
となりにあった抵抗等の部品にまでべったり付着していたのと、残りのコンデンサには付着が無かったので、接着剤ではなく漏れた液が固まったもの?と思い静電容量、定格電圧が同じで、動作温度が同等以上のものに交換してみました。
当方素人で、古い機種だったため、部品表や回路図等が入手出来ず、部品の選択が間違っているかもしれません。

基板の部品交換前と交換後で状態の変化は実感出来ませんでした。


交換した部品

ダイオード23個を下記のものに交換しました。

新電元 D1N60
一般整流用ダイオード
VRM:600V
Io:1A

アルミ電解コンデンサを下記のものに交換しました。

UDB1H6R8MHM1TO
静電容量 6.8μF
定格電圧(V) 50V
極性 無極性 リップル電流 540mA
動作温度 -40~85

EKZN500ELL101MHB5D
静電容量 100μF
定格電圧(V) 50V
極性 有極性 リップル電流 1.2A

EKZN101ELL101MJ20S
静電容量 100μF
定格電圧(V) 100V
極性 有極性 リップル電流 1.43A

ELXZ500ELL221MJ20S
静電容量 220μF
定格電圧(V) 50V
極性 有極性 リップル電流 1.05A
動作温度 -55~105

お手数おかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • ご回答ありがとうございます!
    溶接の種類がCO2/MAG/MIGと切替が可能な溶接機で、トーチのスイッチを握ると、トーチ先端からワイヤーが出て溶接するタイプの溶接機です。普段はCO2以外では使用しておりません。不具合発生前から、使用ワイヤーは交換しておりません。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/10/21 10:27

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

症状としてはワイヤーの送給が不良のように思えますね、もちろん基盤の可能性も高いです。


送給関係のトラブルではアークを出さずに単に覗いてみたりインチングでワイヤが出ても、トーチボディを構えた状態や放電で負荷がかかると送給が上手くいかないことはままあることです。
良くある原因としてはワイヤーの錆、コンジットチューブ・インナーチューブの内部に垢が溜まりそれが抵抗になっている、送給ローラーの溝に垢が詰まっている、チップの内部に鉄粉が付いたりスパッタが付いたりしている、といったところですが、これらはすでに質問者様が交換、清掃されているようですからちょっと違うかなあ。
使いこんだ溶接機なら送給装置のローラー溝がスリ減り(見てもわかりませんが)溝が大きくなっていたりすることがあります。インチングで普通に出ても抵抗がちょっとでもかかると不安定になったりしますね。特定の箇所でスリップするなら溝の局所的な減りや駆動シャフトの偏芯やベアリングも疑わねばなりませんね。
それらを点検してみても原因が特定できなければメーカーか指定工場に出す、ということだと思います。ただ機体が古いので基盤はもう無い可能性が高いです。送給装置は他の機種用でも使えるものがあります(リモコンなどの制御とかケーブル次第?)
どうしてもワイヤーが0.8でなければいけないのならしょうがないですが、ワイヤーを0.9にして試してみる手もありかも。0.9mmのワイヤーでも90Aくらいまでなら下げて使えると思いますよ。ワイヤーが太くなれば送給性は良くなりますからね。コンジットチューブはそのままで良いはずです。チップと送給ローラーは交換(0.8+0.9の2溝タイプならひっくり返すだけ)ワイヤーの単価も少し安いはずです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

詳細なご回答ありがとうございました‼
困っていたので、アドバイスして頂き感謝しております。
使用ワイヤーの錆は、今のところ目視では確認出来ませんでした。長年使っている溶接機なので、ご指摘のローラーの摩耗などによる送給トラブルかもしれません。
ローラーは0.6/0.8mm用でしたので、若干細くなってしまいますが、確認の為0.6mmのワイヤー、0.6mm用のチップを入手して、試してみたいと思います。特定の箇所でスリップしないかも、もう一度確認してみます。
摩耗が原因であればローラーを購入交換したいと思います。

お礼日時:2015/10/22 22:37

TIG溶接ですか? YAGですか?


溶加棒は変えていませんか?
母材が汚れているといっても、もうちょっと付きそうな気がします。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
ワイヤーを0.6mmに交換しても症状が変わらなかった為、駄目元で200Vの電源がある知り合いの工場に持ち込んで試した所、症状が改善し、溶接が出来たので、東京電力に依頼し、うちの電源を確認して頂きました。
結局、原因は溶接機ではなく、電柱のヒューズが一箇所切れていた事によるものでした。
自分で基盤の部品を交換した事によって、若干アークが弱くなった感じがしたので、部品を元に戻し、無事使用可能になりました。

お礼日時:2015/11/07 10:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q機と器

仕事で家電関係のメール質問対応を担当しています。

常々疑問に思っていたのですが、

「でんわき」は「電話“機”」

でも

「じゅわき」は「受話“器”」

ですよね。ほかにも掃除機、炊飯器、食器洗い機、消火器など・・・
機と器の使い分けでルールってあるのでしょうか?
オペレータさんの間違いを指摘するとき、うまく説明できればと
思うのですが・・・

どなたかご存知でしたらお教え下さい。

Aベストアンサー

辞書の注釈に、原動、伝導、作業の三機構を備えたものを「機械」とし、一機構を欠いたものを「器械」とすることもあるが、一般的には前者は規模の大きいもの、後者は規模の小さいものを指すことが多い、とあります。

Q突き合わせ溶接と隅肉溶接について勉強しているのですが、突き合わせ溶接は

突き合わせ溶接と隅肉溶接について勉強しているのですが、突き合わせ溶接は「部材厚が同じ材料をほぼ同じ面内で溶接する方法」隅肉溶接は「直行する二面の隅部を溶接する方法」という認識で良いと思うのですが

それぞれの溶接方法の使用箇所の制限やメリット、デメリットがいまいちわかりません。
調べた感じだと、突き合わせ溶接は部材が一体化するもののせん断力に弱そうですし、隅肉はその逆で引っ張りには弱いものの、せん断力には強そうですが、これらも自信がありません。

これらの溶接方法にはどのような長所、短所及び使用箇所の制限があるのでしょうか?

Aベストアンサー

(社)日本溶接協会より引用

溶接継手の強度を求める基本式は,突合せとすみ肉の別なく,次式で与えられる。すなわち,溶接継手の強度は,のど断面あたりの強度として求める。
のど断面は,のど厚と有効溶接長さを掛け合わせたものである。
Pmax=σw・a・ef
ここで,σw:溶接継手の強度(N/mm2)
Pmax:最高荷重(N)
a:のど厚(mm)
ef:有効溶接長さ(mm)

http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0010020040
http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0040020020

参考URL:http://www-it.jwes.or.jp/qa/sitemap.jsp

Q銀色の塗装について教えて下さい。 ポンプ等の器機の架台や配管等に見た目や錆止めの目的で銀色の塗装をし

銀色の塗装について教えて下さい。
ポンプ等の器機の架台や配管等に見た目や錆止めの目的で銀色の塗装をします。
この銀色の塗装には亜鉛メッキとアルミニウムペイントがありますが、どう使い分ければ良いのでしょうか?

Aベストアンサー

下記サイトによると、アルミニウムペイントは「仕上げ塗装」に使うようですね。
用途は、【熱線の反射や銀色塗装を要する一般鉄部、貯水槽の外面、ダクト、配管】とのこと。
http://sekouchishiki.ichi-ichi.info/modules/sekou/05_17tosou.html

下記は「溶射」に関するサイトのようなので、少し違うのかもしれませんが、亜鉛とアルミニウムの違いとして面白いと思いました。
ご参考にはなるかは不明ですが、余談として。
「Q18.亜鉛溶射とアルミ溶射のどちらを選べば良いでしょうか?」
の項目です。
http://www.nagato-m.com/thermal_spraying/yousha_faq.php#Q13

QDiy溶接 京都でdiyで溶接できるところを教えて下さい。 あなたの作った溶接作品を教えて下さい。

Diy溶接

京都でdiyで溶接できるところを教えて下さい。
あなたの作った溶接作品を教えて下さい。
映像があれば、ぜひ見せて下さい
私でも簡単に溶接できるものでしょうか?

Aベストアンサー

東京DIYショーで、スズキッドという名称で、材料費1000円程度の電気溶接で作るDIY体験コーナーあったから参加してみました。
アーク放電での火花が出るから、最初だけおっかなビックリしますが、総じて難しくはなかったです。
その時は、切り抜かれた文字プレートと装飾プレートを選んでアーク溶接で繋げる表札プレートを作りました。
使ったのはホームセンターで売っている溶接機です。このメーカーは動画も公開されていますよ。
■http://www.suzukid.co.jp/index.html
DIY用の入門用機器なら8000円~13000円程度です。
■https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9568964.html
京都で溶接体験出来るところは知らないけど・・・近畿圏ではDIYファクトリー大阪店で体験レッスンありますね。
■http://www.diyfactory.jp/trial/
スズキッドだと鎌倉にあるんですけどねぇ
■http://www.feneeds.jp/school_info.html

Q1台で2番号の使い分け可能な電話機

1台の電話機で、2つの番号を使い分けて音色も使い分けることってできますか?
そんな機能のある電話機、教えてください。

光電話で番号を増やす予定なので。

Aベストアンサー

パナソニック、シャープ、パイオニアなどの電話機で モデムダイヤルインサービス/ マイナンバー対応の電話機はあります。 

メーカのホームページで仕様を見たり取扱説明書をダウンロードすれば簡単にわかりますよ
参考に
http://panasonic.jp/phone/gp52/index2.html#spec
http://www.sharp.co.jp/products/phone/tel_fax/prod05/jd700cl/s_jd700cl.html

機能などについては取扱説明書などで確認を。(発信番号はどちらか固定になります。)

簡単な鳴り分けならモデムダイヤルインの機能がなくてもできますが。
http://www.nttwest-fc.com/faq/faqdet.php?faq_code=1089&s_code=&c_code=&keywdurl=&uintPage=2

Q半自動溶接と全自動溶接の違い

場所が少しずれているかもしれませんが、うかがいます。

半自動溶接と全自動溶接の違いはどういうものでしょうか。調べてみたのですが、今一つ分かりません。かってなそうぞうですが、半自動は芯のみが自動で送られ基本的に手溶接。全自動は芯が自動で送られるのに加え、人が居なくても勝手に溶接機自身が動いて溶接してくれる。と言う考えで合っているでしょうか。

あと、自動車の生産工場などで使われている、アームの付いたスポット溶接機など、あれも全自動の部類に入るのでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そういうことでよろしいようです。
http://kotobank.jp/word/%E8%87%AA%E5%8B%95%E6%BA%B6%E6%8E%A5%E3%83%BB%E5%8D%8A%E8%87%AA%E5%8B%95%E6%BA%B6%E6%8E%A5

スポット等も全自動ということでよさそうです。
http://www.youtube.com/watch?v=XSljt0Qgs24

Q漏電リレーと漏電火災警報器の使い分け

低圧配電盤で漏電を検出する計器として
漏電リレーと漏電火災警報器があります。
どの様に使い分けを行うのでしょうか?

Aベストアンサー

任意設置と言うことで、一般的な使い分けの考え方です。

漏電リレーには、通常接点を出すだけで警報機能が無く、感度切替無しか有っても2段階程度です。

対して、漏電火災警報器は機種にもよりますが、警報機能が一体化されたものが多く、感度切替も4~8段階はあります。

また、規格が違うため、漏電リレーは設定値の±10%以内で動作しますが、漏電火災警報器は設定値の40~105%で動作すれば良いことになっています。(設定値の55%程度で動作するようです。)

基本的には、漏電リレーはどちらかと言えば感電防止を主目的とし、漏電火災警報器は火災防止を主目的としていますので、漏電リレーは感度が鋭く、漏電火災警報器は感度が鈍い(設定電流が大きい)と考えて良いと思います。(ただし、漏電リレーには時延型が存在します。)

以上のことから、大雑把な使い分けとしては、末端に取り付ける場合は漏電リレー、大元に取り付ける場合は漏電火災警報器ということになろうかと思います。

なお、最近は漏電トリップ無しの漏電警報接点付き配線用遮断器も普及していますので、これも選択肢になる可能性があります。

任意設置と言うことで、一般的な使い分けの考え方です。

漏電リレーには、通常接点を出すだけで警報機能が無く、感度切替無しか有っても2段階程度です。

対して、漏電火災警報器は機種にもよりますが、警報機能が一体化されたものが多く、感度切替も4~8段階はあります。

また、規格が違うため、漏電リレーは設定値の±10%以内で動作しますが、漏電火災警報器は設定値の40~105%で動作すれば良いことになっています。(設定値の55%程度で動作するようです。)

基本的には、漏電リレーは...続きを読む

Q被覆アーク溶接とセルフシールドアーク溶接の違いは?

被覆アーク溶接とセルフシールドアーク溶接の違いって何ですか?両方ともフラックスを気化させて、シールドガスを作っているようですが。

Aベストアンサー

アーク溶接では溶接品質の確保のため大気中の窒素や酸素などが溶接部に浸入するのを防がなければなりません。
大雑把に言うと、「セルフシールド」は語義からいうと溶接材料(棒・ワイヤー)から自己的にガスを発生させ、溶接部の周囲を溶接に適した雰囲気で覆う、ということです。
言葉の意味だけでは両者とも同じことを指しているように見えますが、実際は違います。

「セルフシールドアーク溶接」は普通、フラックス入りワイヤーを用い、炭酸ガスのようなシールドガスを使用しない溶接を言います。いわゆる「ノンガス」ですね。
産業用途ではシールドガスを使った溶接にフラックス入りワイヤーを使うことも多いですが、これはシールドガスを使うフラックス入りワイヤーで別のものです。

「被覆アーク溶接」は被覆のついた溶接棒を用いる溶接法で俗に「手棒」とか「手溶接」と呼ばれるものです。

Q食器乾燥<器>と食器乾燥<機>の違い?

食器洗乾燥機はすべて<機>なのに対し、
食器乾燥器は<器>を使っているメーカーと<機>を使っているメーカーが混在しています。
これって何か理由があるのでしょうか?また一般的にはどちらかが正しいのでしょうか?
それとも両方正しいのでしょうか?

仕事で食器の取り扱い説明書を書くときにとても困ってしまいました。
(食器メーカーさんでも<器>に統一させるメーカーさん、<機>にさせる業者さん色々です)
ご存じの方教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

【器】小型の、また、それ自身には動力装置のない機械。「受話器」「電熱器」などの形で用いる。

【機】機械。装置。からくり。

ですので、もしかしたら
食器乾燥器=乾燥させる為の温風を吹き付けるなどの動力装置がなく、電熱のみで乾燥させる簡単な乾燥装置。電熱器に準じるので乾燥器と表記
食器乾燥機=乾燥させる為の温風を吹き付けるなどの動力装置や、ムラ無く乾かす為に食器を動かす動力装置があり、複雑な機構や動力を備えた物
で表記を変えているのかも知れません。

また、メーカーはパソコンを使ってるでしょうから、いつも「食器」などと入力していて「器」の文字の使用頻度が高くなっているでしょうから、漢字変換で「かんそうき」を「乾燥器」と誤変換してるのに気付いてない、と言うのがあるのかも知れません。

Q家庭用溶接機のコンセント増設についてアドバイスを!

古い建家で最大契約の30Aです。そこで引き込み工事で50Aへの変更を検討しています。家庭用ですが100Vと200Vの配線タップがついています。溶接機専用の200V20Aのコンセントを増設し炊飯や電子レンジ等の使用の時間をずらしての作業を考えています。最大板厚は鉄板5ミリ厚です。この計画についてどんな事でも結構です。アドバイスをお願いいたしますl。

Aベストアンサー

いろいろ相反する回答が出ていますが、電気工事の専門家としての見解です。

>溶接機専用の200V20Aのコンセント…

溶接器に最大 4kVA (4000VA) が入力されます。
“1500ワット”で切れることはありません。

>50Aへの変更を…
>炊飯や電子レンジ等の使用の時間をずらしての…

1kVA の余裕がありますので、照明やテレビなどは同時使用できます。

>そこで引き込み工事で…

引込線とメーターは電力会社のものです。
さらに一部の電力会社ではリミッタ (アンペアブレーカ) がつきますが、これも電力会社のものです。
これらの交換費用は月々の電気料金のうちで、特に費用を請求されることはありません。

とはいえ、引込点からメーターまで、メーターから分電盤までの電線はお客さものものです。
分電盤もお客様のもので、溶接機への専用配線まで含めると、やはり 10万前後はかかるでしょう。

>最大板厚は鉄板5ミリ厚…

十把一絡げに「家庭用 200V では無理」と決めつける必要はありません。
鉄工関係については門外漢ですが、4kVA の溶接器で何ミリまで可能かを問うべきでしょう。

また、契約容量を 50A でなく 60Aとしても、工事費用はほとんど変わりません。
60 A で照明も何も一切使用しない覚悟であれば、6kVA の溶接器が使用できることになります。

電気料金は電力会社によって異なりますが、10A (1kVA) 増やすごとに 200~250円のアップです。

いろいろ相反する回答が出ていますが、電気工事の専門家としての見解です。

>溶接機専用の200V20Aのコンセント…

溶接器に最大 4kVA (4000VA) が入力されます。
“1500ワット”で切れることはありません。

>50Aへの変更を…
>炊飯や電子レンジ等の使用の時間をずらしての…

1kVA の余裕がありますので、照明やテレビなどは同時使用できます。

>そこで引き込み工事で…

引込線とメーターは電力会社のものです。
さらに一部の電力会社ではリミッタ (アンペアブレーカ) がつきますが、これも電力会社のものです...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報