電気通信主任技術者「第一種伝送交換」の資格はむずかしいものでしょうか?合格率はどれくらいでしょうか?
また、取得したあとの具体的な仕事(職場)としては
どんなところがありますか?
教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一級陸上無線技術士と第一種伝送交換(無線)両方取得しました。



受けた感じからすると一級陸上無線と伝送交換(無線)は難易度同じくらいかと。
伝送交換のほうには基礎工学の中に信頼性工学(品質管理)が結構大きい比率で含まれますので、コンピュータ系資格を持っているなど品質管理をわかっていたら、意外と簡単かもしれません。

この資格とっても就職にはほとんど役には立ちません。というのもこの資格は「従事者」資格ではなく「主任」資格なので、現場に資格者をおく必要がありません(運用上各県に1名いれば配置義務を満たすくらい)。ですから、無線従事者のようにこの資格の保有者をピンポイントで求人することは,伝送交換の資格ではほとんどありません。

自分の持っている技術を認定してもらうために受験する人が多いので、(もとより必要のない資格なので、まったく受からない人はまず受けない)会社や学校などから強制的に受験させられている人の多い陸上無線技術士あたりとは様子がちょっと違います。

資格自体は使い道が少ないのですが、比較的古い資格なので、ほかの資格を受験するときのの科目免除などは比較的豊富です。弁理士や無線従事者、工担、技術士補などの基礎工学系の科目が免除になりますので、工業系の専門学校卒業くらいのレベルが想定されているものと思われます。
    • good
    • 0

この手の試験としては簡単です。


正味の合格率(冷やかしでなく受けた人の合格率)が3割ありますから
概算で、3回受ければ受かります。
(見かけの合格率は参考URLにて)
他の試験、たとえば1陸は1割強ぐらいでしょうから、
比較的取りやすい資格です。

職場は有線電気通信事業者ですね。あとは、大規模プロバイダ。
ただし、NTT等は自社で養成していますし
新規電話会社の大量採用も終わってしまいました。

ただ、電話会社等を志望するのであれば
とっておいて損はありません。
必要人数は確保していても、それ以外の要員が
十分勉強をしている事は大きなメリットとなりますから。

それに、会社にとって関連資格者が必要になったときに
すぐに取得してくれるという期待も持てます。
(たとえば工担1種や1陸)

参考URL:http://www.mpt.go.jp/pressrelease/japanese/denki …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「電気通信主任技術者」と施工管理士の「電気通信工事」の関連について

こんにちは、
現在、電気通信主任技術者の試験合格を目指して勉強中です。
電気通信主任技術者を取得する目的は、現在、施工管理士の「電気工事」を取得しているので、施工管理士の「電気通信工事」を電気通信主任技術者試験に合格して取得したいと思っているからです。しかし、電気通信主任技術者を取得して、本当に施工管理士の「電気通信工事」の資格が得られるのでしょうか?

Aベストアンサー

電気通信工事に施工管理士はありません。

おそらく建設業法上の、主任技術者(現場)、専任技術者(営業所)のことをお尋ねのことかと思います。

それなら資格取得後、実務経験5年必要です。参考URLをどうぞ。

参考URL:http://www.shiken.dekyo.or.jp/chief/pdf/kenchiku.pdf

Q第三種電気主任技術者の合格発表

いつもお世話になります。

9月1日に第三種電気主任技術者の試験がありますが、
受験番号を入力することで試験合格または科目合格を
閲覧できるインターネット上のサービスは、試験後おおよそ
どれくらい経てば利用できるようになるのでしょうか。

よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

受験案内に書いてあります。

------------------------------------------
6-1.試験結果の発表等
(1)試験結果の発表予定日及び試験結果通知書の発送予定日は、次のとおりです。
試験結果の発表予定日       平成25年10月16日(水)
試験結果通知書の発送予定日  平成25年10月24日(木)

(2)下記のホームページ又は携帯電話で発表日(午前9:30 頃更新予定)から約1ヵ月間、合格者又は
科目合格者の受験番号が検索できます。(発表当日の検索は大変混み合いますので、つながりにくい
場合があります。あらかじめご了承ください。)なお、試験結果通知書(合否の通知)の発送は、発表日
とは異なりますのでご注意ください。
パソコン用アドレスht tp: //www.shiken.jp/pckensaku/index.html
携帯電話用アドレスht tp: //www.shiken.jp/mobile/ index.html

(3)試験結果通知書(合否の通知)を受験者宛に発送する予定です。試験結果通知書が発送予定日以降
1週間を過ぎても届かない場合は、当試験センター本部事務局まで電話にてお問い合わせください。
試験に合格された方には、公益社団法人日本電気技術者協会からの要請により、内容紹介パンフレ
ットを試験結果通知書に同封させていただきます。
------------------------------------------


ただ、開始直後(平成25年10月16日(水) 午前9:30 頃)は混み合うのでアクセスしにくい可能性があります。

参考URL:http://www.shiken.or.jp/guidance/pdf/35/file_nm01/H25tweb.pdf

受験案内に書いてあります。

------------------------------------------
6-1.試験結果の発表等
(1)試験結果の発表予定日及び試験結果通知書の発送予定日は、次のとおりです。
試験結果の発表予定日       平成25年10月16日(水)
試験結果通知書の発送予定日  平成25年10月24日(木)

(2)下記のホームページ又は携帯電話で発表日(午前9:30 頃更新予定)から約1ヵ月間、合格者又は
科目合格者の受験番号が検索できます。(発表当日の検索は大...続きを読む

Q電気通信主任技術者の受験について

お願いします。

11月の工事担任者 総合種を受験したあと、1月の電気通信主任技術者を受験しようと計画しているのですが、工事担任者受験の後の約3ヶ月で電気通信主任技術者の受験範囲を網羅し理解することは難易度的にも難しいでしょうか。

もちろん自分の努力次第だとは思いますが…。。。

どなた様かアドバイスのほどお願いいたします。

Aベストアンサー

電気通信主任技術者は、難易度的には高いと思います。
しかし、中身を見ると、広く深くとは言え、日経コミュニケーション、日経エレクトロニクス等を
日々読んで知識を付けていることで相当量の有効な知識になると思います。
3ヶ月あれば余裕でしょう。

過去問は一通りなめておけば十分、そのままは出ませんので出たトコ勝負です。

法規は相当の記憶力が必要です。出題パターンもひねくれており素直さが無いです。←私はこれが大変だった。
専門は得意科目を選べば良いので無勉でOKでしょう。過去問を一通りなめておけば十分。
(問いは「伝送交換」の側だけと解釈しています。)

Q電検三種(第三種電気主任技術者)試験の合格得点について

第三種電気主任技術者試験は何点取得すれば合格かご存知の方がいらっしゃれば教えてください。60点がボーダーラインかと思っていましたがそうではないという話を聞きました。場合によってはボーダーラインが下がることもあるのでしょうか。

Aベストアンサー

この種の国家試験は、基本的に合格ライン60%以上で、
多い場合には調整しないようですが、合格者数が少ない場合には、レベルを下げてくれるようです。
なお、H15年度は、機械のみ科目間調整が行われて、48点以上になったようです。

これらの情報は試験の実施責任者である(財)電気技術者センターが試験結果発表にあわせて公開しています。

H15年度については、下記を参照ください。

参考URL:http://www.shiken.or.jp/press/20031023/H15denken3.pdf

Q電気通信主任技術者

電気通信主任技術者は電気主任技術者のように講習をうければ電気工事士(通信の場合は担任者)の資格を取れるというような上位資格なんでしょうか。
それとも別々にとらなければいけないんでしょうか。

Aベストアンサー

電気通信主任技術者は伝送交換だけ取得しています。
この資格は取得後何年経過しても何かの免許をお目こぼしで得られる特典はありません。
逆に何かの資格を取得後何年か経過して、この資格を取得できるものでもありません。
単純に試験を受けて合格してください。
他の通信系資格で基礎だけ免除があります。それだけです。
基礎なんて簡単に受かりますので免除とは感じてないです。

Q第三種電気主任技術者 と第二種電気工事士の違い!!

皆様、はじめまして。第三種電気主任技術者と第二種電気工事士に興味があるのですが、どちらをめざすべきなのでしょうか?

おのおのの資格保有者数はどれくらいでしょうか?
求人数がおおいのはどちらでしょうか?

なにとぞ、おねがいいたします!!

Aベストアンサー

両者を比べる意味があるかどうかわかりませんが、

>おのおのの資格保有者数はどれくらいでしょうか?

参考URLで過去の合格者数を見ればわかりますが、第二種電気工事士の方が圧倒的に多いです。(10倍くらい?)

No.3の方もおっしゃっていますが、試験の難易度がまるで違います。
第三種電気主任技術者(電験3種)は一年では合格できない人も多く、3年かかってやっと4科目合格を達成する人もいます。


>求人数がおおいのはどちらでしょうか?

数だけで比較すれば当然第二種電気工事士の方が多いです。
いわば監督する人間と作業する人間の違いということです。


なお、参考URLに仕事の区分なども説明されています。
(受験するときにお世話になる試験の主催者のHPです。)

参考URL:http://www.shiken.or.jp/

Q情報処理技術者・第1種電気主任技術者・電気通信主任技術者、この3つの資格について

情報処理技術者
第1種・第2種電気主任技術者
電気通信主任技術者

この3つの資格について、取りやすさ・何に役立つのかなど
なんでも良いので教えてください。ちなみに電気は中学生レベル、
PC歴は10年ほどしかありません。

Aベストアンサー

他の2つについては既に詳しく解答済みだと思いますので情報処理技術者についてお話します。
他の二つはそのまま認定試験ですが、情報処理技術者という資格はありません。
IT技術者のための国家資格全般の資格を称するものであり、情報処理技術者試験の中に、初級シスアド・基本情報技術者・既述のシステム監査などの認定項目があります。
初級シスアドについては、まったくのIT初心者でも3ヶ月程度で合格でき、合格のためのテキストも山のように出版されています。
反面、これだけでITができた気になってはいけません。
あくまでこれからITレベルを目指す人が取る資格です。
他にもテクニカルエンジニアや上級システムアドミニストレータなどがあり、こちらについては、2~3年の経験者が6ヶ月程度みっちり勉強してようやく合格(合格率8~15%程度)するような内容です。
初級シスアドと違い、履歴書に記述があれば十分にアピールできます。
対策本も多数出版されていますので、難解ではありますが、ITで飯を食っていこうと決めた人が初心者からプロにレベルアップする際の目標になると思います。

しかし、すべての情報処理技術者試験に共通しているのは、電主技術者のような免許資格ではなく、英検やTOEICなどと同じように、知識を試す資格でしかないので、持ってるからどうしたのよ?と言われたらそれまでです。

さすがに最高位のシステムアナリストやプロジェクトマネージャーとなると只者では合格できなくなり、知識資格ではあるが、その効果と責任は絶大になります。

参考になりましたでしょうか??

他の2つについては既に詳しく解答済みだと思いますので情報処理技術者についてお話します。
他の二つはそのまま認定試験ですが、情報処理技術者という資格はありません。
IT技術者のための国家資格全般の資格を称するものであり、情報処理技術者試験の中に、初級シスアド・基本情報技術者・既述のシステム監査などの認定項目があります。
初級シスアドについては、まったくのIT初心者でも3ヶ月程度で合格でき、合格のためのテキストも山のように出版されています。
反面、これだけでITができた気になってはい...続きを読む

Q第三種電気主任技術者の取得について

私は来年第三種電気主任技術者の資格取得にむけて、勉強を開始しようと思っております。
しかしながら、本屋に行きどのテキストをみても、いまいちわかりにくものばかりで、
素人でもわかるようなテキストや、もしくはアニメーションなどを利用してわかりやすい解説が
なされているサイトなど、どなた様かご存じでしたら教えて頂けないでようか。
かなり難しい資格なので、自分に投資するつもりで少々お金がかかっても仕方ないと思っております。

ちなみに私は1種電気工事士、1級電気施工管理技士は取得しております。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

電験3種を保有しています。

厳しい言い方をしますが、テキストを理解できないのでしたら、この方法は止めて、一からの勉強のやり直しが必要です。学校の授業を受け直すつもりで、市販の講座を受けた方が良いです。

計算問題は殆ど中学レベルで、後はひたすら暗記です。文言が理解できないと思われますので、それを全て解説しているテキストとなると、幾らあっても足りないです。講座を受けて、終了時に講師の方に分からない部分を聞けば良いですから。

Q電気通信主任技術者試験について 電気通信システムの重さは??

大学である程度の単位を取得すると、電気通信主任技術者試験のうち、電気通信システムの試験が免除されるらしいのです。

まだあと5つくらい取らなければならない単位があり、1つでも落としたら免除されないと考えると、若干迷っています。

そこで、電気通信主任技術者試験における電気通信システムの重さはどのくらいなのでしょうか?

そこが全体の勉強時間の7割とかなら頑張ってみる価値もあるかなと思うのですが、そこだけ免除になっても他をものすごく頑張らなければ取れないというのでは、やめようかと考えています。

また、この資格の社会における価値はどのくらいなのでしょうか?

わかる方ぜひお願いします!!!

Aベストアンサー

既にご存知かもしれませんが、電気通信システム科目は電子工学・通信工学等の
基礎知識についての科目です。

ですので、学生の頃は電気通信システムが一番合格しやすい科目ではありますが、
社会人になると、どうしても計算問題からは離れてしまうため、学生の頃に
学習したことを思い出すための勉強をすることになってしまうかと思います。
社会人になると、専門知識を吸収するのに必死なので、自分の専門分野
以外の基礎知識、それも一度大学で学習していることを再勉強するとなると
無駄な時間を過ごしている気分にもなりかねません。

電気通信主任技術者試験の認定学校による試験免除は無線従事者試験と
違い、ずっと続くものなので単位を取っておくことをお勧めします。

電気通信主任技術者の社会的価値については一概に言えません。
大学を卒業されて通信事業者なり設備屋に就職するのであれば、強力な
資格ですが、メーカーに就職するとほぼ価値のないものになります。

Q電気主任技術者3種の免許取得のメリットについて

電気主任技術者3種を取得済みなので免状はありますが、まだ実務経験がありません。
実務経験を5年積んで免許を取得すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?
変電所の点検は免許がなくても可能でしょうか?
ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問内容に疑問があります

試験に合格したのならば、即免状が発行されるはずです

経験で認定取得できる学校を卒業したのならば、それだけでは免許取得にはなりません
実務経験をつみ、経歴証明書を取得し、地方経済産業局に免許申請し、そこで書類審査と口頭試問等を受けて、技術知識が十分で有ると認められれば免状が発行されます

質問にある取得済み は 勘違いは無いでしょうか?

点検等は、主任技術者の監督の元であれば、免許が無くてても可能ですが、点検結果の報告は、主任技術者が行います。免許の無いものは単なる下働きでしかありません


人気Q&Aランキング

おすすめ情報